当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 2019年11月30日〜12月15日にかけて熊本県7か所で開催されたスポーツ大会で、現地である熊本市役所周辺に掲示されていた垂れ幕。全35種類で様々なキャッチフレーズがプリントされていた。
 ところが下記画像で引用リツイートされている呟きからバッシングが拡大した(元のツイートは既に削除されている)。

掲出されている垂れ幕の中で問題視されたのが「ハードプレイがお好きなあなたに」「手クニシャン、そろってます」の2枚。この写真がツイッターで拡散されると批判が殺到。ネット上では「信じられないほどひどい」「このキャッチコピーはダメでしょう」「マジでキモい。選手に申し訳ないと思わないのか」などと厳しい意見が書き込まれた。excite.ニュース記事より
 
 またツイッター上ではこれを「オッサン趣味」と断定する向きがあった。 

 ところが、実際には垂れ幕製作に関わった熊本国際スポーツ大会推進事務局広報課の女性課長を筆頭に、担当者も半数ほどが女性、チェックした日本ハンドボール協会側のスタッフにも女性がいたにもかかわらず、特に「下品」などのダメ出しは出なかったという。
 これは担当した人々がそれぞれ「他の人がやってくれる」といい加減にやってしまった、いわゆる多重チェックの弊害事例なのだろうか?
 実はそうではなく、これは心理学で言うところの文脈効果の模範的事例である。

 文脈効果とは、同じ文章や音、画像などが、背景になる別の意味やイメージで捉えられてしまうというものだ。
 たとえばこの画像が心理学の教科書ではよく挙げられる。左から読むか、上から読むかで、真ん中の文字の意味が変わって読めてしまう。


「ハードプレイ」という語も「テクニシャン」という語も、通常はスポーツ用語として何の違和感もない。他の垂れ幕に使われている語彙を見てみても「ディフェンス練習が、ほぼ、ぶつかり稽古」「選手より、戦士です」「時速100キロを、6mからぶん投げます」などと、他のスポーツに例えたり、ハンドボールが意外に激しいスポーツであることをアピールする言葉選びをしていることが分かる。それらの中に溶け込んでいる限り、特におかしな語彙ではない。もちろん、問題視された2枚が別にセットになっていたわけでもない。
 元のツイートでも、別にもともとこの2枚がくっつけて掲示されていたわけではなかった。離れたところにあったものを、ツイート主が別々に撮影して1つのツイートに貼り直したのである。さらに記事に取り上げられ、その記事に「女性蔑視」などのタイトルが付くことによって読者に先入観を与え、ことさらに女性に関係のある、性的な意味をフレーズであるかのような「文脈効果」を与えてしまったわけである。
 試しに他のフレーズと並べてみよう。
「ディフェンス練習が、ほぼ、ぶつかり稽古」
「ハードプレイがお好きなあなたに」
「選手より、戦士です」
「選手より、戦士です」
「手クニシャン、そろってます。」
「時速100キロを、6mからぶん投げます」

 まったく性的な感じは帯びない。
「差別表現」の糾弾事例については、このような文脈効果にも気を付けていきたいものである。


参考リンク・資料:
女子ハンド世界大会PR幕、「女性蔑視」で撤去 熊本
世界ハンド女子大会・炎上垂れ幕の真実 製作担当者の半数は女性だった
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます