当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

梅雨空に「九条守れ」の女性デモ

 2014年にさいたま県さいたま市の「かたばみ三橋俳句会」の70代女性会員が詠み、同年六月の秀句に選ばれたもの。
 同サークルの選出した月ごとの秀句は、三橋公民館(さいたま市大宮区)の『公民館だより』に掲載される慣例であったが、同公民館職員の拒否に遭う。同公民館長から作者に来た書面連絡によると「世論が二分するようなテーマの俳句は『公民館だより』には載せられない」「公民館の考えであると思われるのでだめ」ということであった。
 作者が家族と相談の上東京新聞(2014年7月2日に本件掲載)に連絡したところ、取り上げられて世論の注目を浴び、共産党などから抗議・請願が続出したという。また「『九条俳句』市民応援団」が結成され、支援の輪が全国的に広がっていったという。
 しかし話し合いは進まず、市側が不掲載を維持したため作者側が裁判に踏み切る。
 司法判断では1審・2審とも勝訴となり、第2審判決では以下のように判示された。
ある事柄に関して意見の対立があることを理由に、公民館がその事柄に関する意見を含む住民の学習成果をすべて本件たよりの掲載から排除することは、そのような意見を含まない他の住民の学習成果の発表行為と比較して不公正な取扱いとして許されない
原告の公民館の利用を通じた社会教育活動の一環としてなされた学習成果の発表行為につき、第一審原告の思想、信条を理由に、これまでの他の住民が著作した秀句の取扱いと異なる不公正な取扱いをしたものであり、これによって、第一審原告の上記人格的利益を違法に侵害した(中略)したがって、三橋公民館及び桜木公民館の職員らが、第一審原告の思想や信条を理由として、本件俳句を本件たよりに掲載しないという不公正な取扱いをしたことにより、第一審原告は、人格的利益を違法に侵害されたということができるから、三橋公民館が本件俳句を本件たよりに掲載しなかったことは、国家賠償法上、違法というべきである。
 
 そして2018年12月20日に最高裁第一小法廷は、市側の上告を棄却する決定を下し、上記判決が確定した。
 なお2015年の「表現の不自由展〜消されたものたち」、その続編として「あいちトリエンナーレ2019」内で開催された「表現の不自由展・その後」の両方で、句者が色紙に清書したものが展示されている。

参考リンク・資料:
「九条」俳句不掲載問題から考える  ─表現の自由、人権─
俳句不掲載 二審も「違法」
九条俳句、さいたま市が一転掲載へ「司法の判断従った」
展示を拒否された作品が並ぶ『表現の不自由展』で、過剰な自粛を考える
岡本有佳・アライヒロユキ編『あいちトリエンナーレ「展示中止」事件: 表現の不自由と日本』岩波書店

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます