当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 2018年12月29〜31日に東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催されたコミックマーケット95(C95)において、とあるブースに「韓国人中国人お断り」と記された貼り紙があったという怪情報が流れた。



 コミックマーケットは世界最大の同人誌即売会であり、数十万人の来場者がある。
 特にこの第95回コミックマーケットの来場者は過去最多を数え、のべ57万人が参加した(上記「目撃」ツイートの投稿日である31日には21万人)。海外からわざわざ参加するファンも多く、それは中国や【韓国】も例外ではない。会場ではところどころで、参加者の中国語による会話が聞き取れるほどであった。
 なおかつこの貼り紙があったというブース「I46b」というのは通路に面したいわゆる「お誕生日席」であり、特に人目につきやすい場所になっている。
 にもかかわらずこの「目撃者」が上記の人物と、後から「援護」した別のツイッターユーザーの合計2名しか存在しないのである。

 第2の「目撃証言」




 細かく見て行けば分かるように、第1と第2証言の間にはかなりの違いがある。
第1証言第2証言
使用言語韓国語と日本語(中国語はなかったと明言)日本語・韓国語・中国語の3ヶ国語
掲示方法貼り紙立てかけてあった。他のものに埋もれて目立たなかった(貼り紙でなくなった)
文言韓国人中国人お断り。過去に暴行されたという理由も書いてあった。中国人・韓国人お断り(順序が逆)暴行云々には触れず。
写真等の客観的証拠なしなし

 第2証言が「目立つものではなかった」と強調しているのは、3日目だけで21万人もの来場者がいる場所で他に誰もそんな貼り紙に気付かなかったという点を糊塗したかったものと思われる。目立たなかったという点を強調するため、他のものに埋もれていたことにした際「貼り紙」が「立て掛けてあった」に変更になったのだろう。
 しかしそのために却って「人を追い返す掲示なのに掲示の意味をなしていなかった」という不自然な証言内容になってしまっている。なおかつ、貼るよりもさっと置いて立ち去る方が楽なので、捏造の可能性も強くなってしまう

 コミックマーケットでは「アニメキャラのHな漫画」ばかり売っているわけではない。
 それはごく一部に過ぎず、全年齢の漫画はもちろん、それこそ昔の文豪が作っていた「同人誌」のような小説本から、自作音楽CDやゲーム、手作りのアクセサリーなど様々なものが頒布されており、大まかな種類ごとに一か所に固められて区分けされている。
 貼り紙があったとされる場所は俗に「評論島」と言われ、各々の興味に従ったデータや論評を掲載する「資料系同人誌」と呼ばれるものが売られているあたりだ。左右問わず政治思想関係のものもあり、当然それらのファンも来る。こんな内容の貼り紙があったら、強く記憶したり反応する思想の人は多い筈なのである。当の中国・韓国の人は実に悲しい気持ちで見たであろう、本当にあったのならば
 にもかかわらず、彼ら2名しか記憶していない。写真もない。よくやったという右翼の声も、その逆の人の抗議の声もない。

 貼り紙(立て掛け紙)自体への目撃証言はこれだけである。
 あえて証言者側に善意の解釈をするなら、中国人・韓国人を対象とした、注意書きという意味での「お断り」は実在した可能性がある。例えば人民元やウォンが使えないとか、日本語以外での対応はできかねる等の内容を「中国人・韓国人へのお断り」として掲示していたのならば、誤読した少数名以外の印象を掻き立てなかったとしても不思議ではないかもしれない。

 また、コミックマーケットでは恒例として終了後にサークル参加者と準備会の「反省会」というイベントが行われるのだが、ここでコミックマーケット準備会(運営スタッフ)に対し、貼り紙についての質問をした人物がいたという。このとき準備会側は初耳であると答えている。
 つまりネットだけでなく、現地で開催中に運営に抗議などをした人も誰一人いなかったということである。

 客観的に見ると、コミケ自体が終わり、貼り紙があったはずのブースが片付けられてしまったのを待つかのように「実は差別事件があったんですよ〜」と何の証拠もない発言だけが飛び出したということになる。
 なお、「反省会では『それ、うちです』と手を挙げた者がいた」とツイートして「貼り紙あった派」側に加勢しようとした者もいたが、それも数名であり、実際に現場にいた多くの人からは「そんな人は見なかった」という声が噴出している。あった派側もそこまでが創作力の限界だったのか、挙手以降の展開については何一つツイートしていない。
 また、この反省会の様子をまとめた運営側の「アフターレポート」も全くこの「自白者」に言及していないのである。

 情報を総合すると、この「貼り紙」が本当にあった可能性は極めて低く、捏造事件と断定して良いものと考えられる。
 情報の信憑性があまりにも低かったため、「あった派」であった反差別界隈側からは早々に「あったかなかったかは問題ではない! 運営がそんな貼り紙はダメだ反省会で言わなかったのが悪い!」と白旗&開き直りのツイートが続出することとなった。

 しかし、「有ったか無かったか問題ではない」というのなら、準備会が問われているのは「有ったか無かったかすらどうでも良いことの、さらに間接責任」ということになり、問題性はゼロに等しいことになってしまう。そもそも、差別行為の責任を問うのは第一にその差別をした本人であることが当然ではないか。
 さらには、貼り紙の法的な位置付けを問題にするにあたっても、準備会だけを問題にしていては始まらない
 なぜなら「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」いわゆるヘイトスピーチ対策法においては、「不当な差別的言動」ヘイトスピーチが成立するかどうか自体が、本人の動機を基準に定めているからだ。
 同法第2条によれば、
第二条 この法律において「本邦外出身者に対する不当な差別的言動」とは、専ら本邦の域外にある国若しくは地域の出身である者又はその子孫であって適法に居住するもの(以下この条において「本邦外出身者」という。)に対する差別的意識を助長し又は誘発する目的で公然とその生命、身体、自由、名誉若しくは財産に危害を加える旨を告知し又は本邦外出身者を著しく侮蔑するなど、本邦の域外にある国又は地域の出身であることを理由として、本邦外出身者を地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動をいう。
 そう、「地域社会からの排除」が目的でなければならないのである。そしてそれが目的であったかを確認できるのは唯一、本人からしかない以上、その本人の実在を第一に確認しなければならないのだ。コミケの準備会などという、反省会まで貼り紙の存在すら知らせてもらえなかった第三者ではなく。

 在日アジア系の差別捏造事件については他に、1994年頃のいわゆるチマチョゴリ切り裂き事件*1や、2018年にヨドバシカメラ京都店で、店舗側の転売防止策で商品を変えなかった「転売ヤー」の中国人が差別だと騒ぎ立てたという事案も起こっている。


参考リンク:
シンカ論:Y埖い気譴拭岾姐饋雄絞漫廛茱疋丱轡メラとC95
コミケに「中韓お断り」の張り紙騒動、目撃証言が続々……あれ?おかしいぞ?
コミックマーケット95撤収と反省会 #C95_反省会 #C95
コミックマーケット95アフターレポート

このページへのコメント

反論を受けつける気がない個人Wikiのつもりであれば、コメント欄を最初から閉じるか、せめてトップページにその旨は記載するべきではないでしょうか?
少なくともチマチョゴリ切り裂き事件を根拠なく捏造あつかいしている時点で、そういう人権意識と信頼性のWikiなのだと判断するしかありません。

3
Posted by ほっけ 2020年08月08日(土) 23:28:25 返信数(1) 返信

参考にはする・……!
参考にはするが……今回まだその時と場所の指定まではしていない
そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい
つまり……
我々がその気になれば改稿は10年20年後ということも可能だろう………
ということ……!

2
Posted by  hitoshinka hitoshinka 2020年08月11日(火) 09:13:01

 この記事の記述は複数の観点から事実に反します。

,修發修發海量簑蠅亮膣磴蓮屮悒ぅ板イ蟷罎あったかどうか」ではなく、準備会が一時はこのような張り紙を容認するかのような発言をしていたことです。この点に関しては以下の記事を参照してください。

・コミケは差別と対峙できるか? ヘイトスピーチへの反対表明すら「表現の自由」を掲げ抵抗する声の大きな人たち―wezz-y
・コミケ主催者がお詫び 「中国人・韓国人お断り」の目撃情報への回答を訂正―ハフィントンポスト
・コミックマーケット準備会、「中国人・韓国人お断り」貼り紙問題に正式コメント 「コミケットという『場』には適切ではない」―ねとらぼ

 なおこれらの参考記事が指摘している通り、準備会のヘイトを容認するかのような発言は撤回されています。

張り紙があったとする2つの証言が矛盾しているという主張ですが、
・第1証言の「掲示方法」を「張り紙」としているが、少なくとも引用されたツイートでは張り紙であるという明言はありません。
・「文言」が証言で異なるとあるが、第2証言は文言について「的な」と言っており、文言の正確な再現ではないことがわかるので順序が逆であるという指摘は無意味です。

『在日アジア系の差別捏造事件については他に、1994年頃のいわゆるチマチョゴリ切り裂き事件』があるとしていますが、特に根拠がありません。これに関しては以下のサイトを参照してください。

・チマチョゴリ切り裂き事件は自作自演?―反「嫌韓」FAQ(仮)

2
Posted by 新橋九段 2020年08月08日(土) 13:26:01 返信数(2) 返信

『がんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください』

6
Posted by  hitoshinka hitoshinka 2020年08月08日(土) 16:02:31

加筆修正を致しました。おそらくはあなたの意に沿わない形でw

5
Posted by  hitoshinka hitoshinka 2020年08月20日(木) 00:02:26

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます