スキル

乗員はそれぞれが固有のスキルレベルを持っています。乗員は船内での活動に応じて経験値を獲得し、一定値を溜めればレベルアップして対応する能力が向上します。
この性質上、重要な役割を持つ部署に配置した乗員はなるべく役割を固定して他の場所に移さない方が有利になります。
なお、システムがイオンダメージを受けている間は、経験値を獲得することができません。

船に初期配置されている乗員は全てのスキルレベルが0の状態で始まりますが、イベントやStoreで入手した乗員は初めから特定のスキルレベルが上がっていることもあります。
Clone Bayは死亡した乗員を復活させることができますが、その乗員は全てのスキルの経験値を少量失います。これによってレベルが下がることもあります。

Piloting スキル

乗組員をPilotingに配置することで回避率アップの配置ボーナスがつきます
回避に成功した場合にのみ経験値を1得ます(クロークを使っての回避成功はカウントされません)
小惑星地帯では操縦スキルとエンジンスキルが上がるのは戦闘中のみですが
シールドスキルは戦闘後も隕石を使って上げる事ができます→AEのアップデートで不可能になりました。
レーザー系の逃げない無人機など、守り切れる弱い敵の攻撃を避け続けることで鍛えることができます
エンジンの性能を上げることで回避率が上がりスキルも上がりやすくなります
乗組員のスキルレベル配置ボーナス
レベル0(スキルバークリア)回避率+5%
レベル1(スキルバー緑)回避率+7%
レベル2(スキルバー黄)回避率+10%

Engines スキル

Enginesに配置することで回避率アップの配置ボーナスがつきます。経験値を得る条件はPilotingスキルと同様です
乗組員のスキルレベル配置ボーナス
レベル0(スキルバークリア)回避率+5%
レベル1(スキルバー緑)回避率+7%
レベル2(スキルバー黄)回避率+10%

Weapons スキル

ウェポンコントロールに配置することで武器のチャージタイムを短縮できるボーナスがつきます
装備している兵器を一度発射するたびに経験値を1得ます。一回の攻撃で複数の弾を発射する兵器であっても貰える経験値は1だけです
敵の攻撃を完全に防げる状態で、イオン兵器や敵のシールド枚数以下の発射数のレーザー兵器を持っているなら、Auto Fire状態で簡単にレベルを上げる事ができます
ボムを自船に撃ってシステムを破壊したりする事で上げる事もできます(資源を使いますが修理スキルを上げるのにも役に立ちます)
その特性上、チャージが短い兵器(Ion Blash Mark IIやChain Vulcanなど)を使っていればレベルが早く上がります
乗組員のスキルレベル配置ボーナス
レベル0(スキルバークリア)チャージ短縮 10%
レベル1(スキルバー緑)チャージ短縮 15%
レベル2(スキルバー黄)チャージ短縮 20%

Shields スキル

シールドに配置することでシールド回復速度を上げるボーナスがつきます
敵のレーザーなどをシールドで防ぐ事で1発ごとに経験値を1得ます(Ion兵器をシールドで受け止めた場合は経験値が得られません)
シールドスキルは小惑星地帯で簡単に上げる事ができます。シールドが2枚ほどあれば後は放置するだけです→AEのアップデートで不可能になりました。
戦闘中のみ、小惑星からシールド経験値を得ることができます。
Piloting同様、弱い敵の攻撃を防ぎ続けることで鍛えることができますが、敵の攻撃を回避するとShieldsスキルは上がらないので、
Shieldsスキルを上げたいときはEnginesの電力を減らして回避率を下げましょう。
乗組員のスキルレベル配置ボーナス
レベル0(スキルバークリア)回復速度 10%アップ
レベル1(スキルバー緑)回復速度 20%アップ
レベル2(スキルバー黄)回復速度 29%アップ

Repair スキル

船の損傷を受けたシステム修理する事で経験値を得ます。経験値を得るのは修理を完了させた乗組員1人のみです
船体の裂け目の修理や火災の消火はカウントされません。レベルが上がる事で修理速度が上がります
レベルアップによる修理速度の向上は裂け目の修理や消火作業に対しても有効です

積極的にレベルを上げることが困難なスキル。敵の攻撃を受けずに上手く進行するほど、このスキルのレベルは逆に上がらなくなる。
そもそもこのスキルのお世話にならないことが望ましいのだが、いざという時のためにレベルを上げられるなら上げておきたい。
「複数のクルーに修理させて経験値が分散した結果、結局誰もレベルが上がらない」というケースは勿体ない。
余裕があれば、特定のクルーにだけ集中的に修理をさせることでレベルアップを早められる。

完全に破壊されたシステムを強化した場合、強化分もしっかりダメージを受けて反映されるのでその分修理数を量増し出来る。修理と強化を同時に行う機会があればやっておいて損はない。
非効率的ではあるが、自艦システムにボムを打ち込むことによって無理やりレベルを上げることも可能。その際上記の仕様を利用し、システム強化の際に意図的に破壊することで修理の荒稼ぎが出来る。
Missileに加えてHULLも浪費するためやはり効率の悪さは否めないが、強化幅が大きいほど荒稼ぎが見込める。

一応火災の延焼を利用してシステムに火災ダメージを負わせ、システムが完全にダウンする前に消火して修理する…ということを繰り返せば、時間は掛かるがいくらでも経験値を稼げる。
消火時にクルーが火災ダメージを受けることを考えると、この方法で経験値を稼ぎ続けるにはRockmanクルーかMedbayが必要となる。(Clone Bayでも良いが、復活時に経験値ペナルティがあるので非推奨)
また、火災でシステムが完全にダウンするとHULLに1ポイントのダメージが入ってしまうので、消火は早めに開始するべき。
乗組員のスキルレベル配置ボーナス
レベル0(スキルバークリア)ボーナスなし
レベル1(スキルバー緑)修理速度 10%アップ
レベル2(スキルバー黄)修理速度 20%アップ

Combat スキル

敵を倒した場合、システム及びサブシステムにダメージを与えた場合に経験値を得ます。二人で倒した(orダメージを与えた)場合は最後の一撃を与えた方のみ経験値を得ます
レベルが上がる事で与えるダメージが増えます
テレポーターLv2以上でHPが100以上なら無人偵察機に送ってシステム及びサブシステムを破壊する事で効率よく上げる事ができます
ただし、システムを大破(赤色)するとHULLダメージが入ってしまい、そのうちに撃沈してしまいます
そこで、あえて中破(橙色)にとどめて帰艦して自動修復を待てば、時間はかかるものの経験値を稼ぎ続けることができます
センサーシステムがLv4であれば敵船のシステムの破壊状況(および自動修復状況)が詳しくわかるので、中破にとどめやすいです
このとき、敵船の武器システムやドローンシステムを破壊して亀裂を入れて自動修復できないようにしておくと、自船の安全が保障されます
しかしこれは大変危険をともないます。敵船のクローク中には味方クルーを帰艦させることができないので、クローキングを装備している無人偵察機には送るタイミングに注意してください
クローキングシステムを破壊した上で亀裂を入れてクロークを封殺しておくか、素直にクローキングのない無人偵察機で経験値を稼ぐことを強く推奨します
Clone Bayによって復活した敵クルーを倒しても経験値は得られません
敵船の攻撃を完全に防げる状態であれば、ハッキングで敵クルーの進路を妨害するなどして時間を稼ぎシステム中破を繰り返すことで無制限に経験値を稼ぐことができます

レベル0(スキルバークリア)ボーナスなし
レベル1(スキルバー緑)10%ダメージアップ
レベル2(スキルバー黄)20%ダメージアップ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます