Blogの記事をまとめたつもりのサイトです。

P.15
下の図。 図28は、機能キーF11に対して条件を設定する例を示しており、方向が逆に設定されており、条件が「true」に等しくなるためにはキーがオンでなければなりません。 これは、目的の出力を有効にするために満たす必要がある条件になります。

図28.: Establishing a condition for F11

このようにして、デコーダで使用可能なすべての機能を、希望どおりに動作するように設定できます。 次のタスクは、関数に必要な出力を設定することです。

8.6.2関数マッピング、「Physical outputs(物理出力)」
出力ブロックには、条件が満たされたときに実行する必要があるアクションが表示されます。 これは、たとえば、関数出力またはサウンドエフェクトの切り替えなどです。 LokSoundデコーダーには、最大12の物理機能出力があります。 「Headlights(ヘッドライト)」と「Rear lights(リアライト)」は照明に使用され、残りは自由に使用できます。 その他の機能には、「Shunting Mode」、「Acceleration / Deceleration On / Off」、「Sound On / Off」などの仮想機能が含まれます。 コマンドステーションまたはスロットルの機能ボタン(「Fボタン」)は、機能出力を有効にします。 一般に、F0は照明ボタンですが、残りのボタンはF1から上に向かってカウントします。
「F0がオンで方向が反転している」という条件が真になったときにリアライトが点灯するようにF0の物理出力を構成する例については、図29の次の列を参照してください。

図29.: Setting a Physical output for Rear Light
複数の出力を選択することにより、複雑な照明構成を設定できます。 たとえば、前方を走行するときはフロントライトを明るくし、後方を走行するときは暗くしたいです。 これは、フロントライト(1)とフロントライト(2)をオンに設定してから、フロントライト(1)の機能出力をオン、フロントライト(2)を機能出力セクションの薄暗い設定にできます。 (図30および31を参照)

図30.: Setting a Physical output for Front / Rear
8.6.3関数出力、「Configuration(構成)」
関数出力の構成は、マッピング部分とは別の画面で行われ、各出力は個別に構成できます。フロントライトとリアライト、Aux1とAux2などの一部の出力には、実行などの特定のニーズを満たすためにそれぞれ2つの構成があります 前方に行くとフロントライトが明るくなり、逆にすると暗くなります。 図31および32のドロップダウンメニューオプションに示されているように、多くの構成オプションが利用可能です。

図31.: Physical output configuration for Front(2) dim


図32.: Setting a Physical output to trigger smoke chuff

P.16
8.6.4関数マッピング、「Logical functions(論理関数)」
論理関数は、マッピング用に選択された任意のファンクションキーに適用できます。 マッピング列によって定義される他のパラメーターと同様に、論理関数を選択する必要はありません。これは、目的の効果を得るために制御を提供する追加オプションです。 図33から34は、選択したファンクションキーに適用できるさまざまな項目を示しています。

図33.: Logical function column

図33は論理関数列を示し、次の2つの図は論理関数の内容を示しています。 論理キーをファンクションキーに割り当てると、以下に示すように、v4デコーダファミリで使用できる非常に強力なアクションが可能になります(図34および35)。

図34.: Logical function contents, part 1

注:各機能キーに複数の論理機能を割り当てることができます。これにより、必要に応じてキーを完全に構成できます。

図35.: Logical function contents, part 1

ここにリストされているのは、各論理機能の説明です。
Acceleration(加速)-このオプションを割り当てると、運動量効果が無効になります
Switching mode(切り替えモード)–このオプションは速度を半分にします。ヤード操作で役立ちます
Dynamic brake(ダイナミックブレーキ)–減速モーメンタム値(CV4)を効果的に半分にします
Firebox –火室のちらつき効果を生成します
Dimmer(調光器)-「調光可能」に設定されているすべての物理出力の輝度を60%低減
Grade crossing(勾配交差)-関数出力セクションで構成された勾配交差照明効果を有効にします
Doppler effect(ドップラー効果)-有効にすると、速度に基づいてドップラー効果音をシミュレートします
Fade out sound(音声のフェードアウト)-有効にすると、「音声設定」セクションの「音声のフェード」(CV133)の音量設定まで音声がフェードアウトします。トンネル、建物などへの進入をシミュレートできます。
Diesel notch up(ディーゼルのノッチアップ)-ディーゼル/電気音響プロジェクトの場合、キーを押すたびに1ノッチのノッチアップが可能(1秒サイクルまで)、または複数のノッチポイントに従事します。速度に関係なくノッチアップします。
Diesel notch down(ディーゼルのノッチダウン)–上記のノッチダウン。注:機関車が停止し、ノッチポイントがアイドルになるまで、手動ノッチが有効になったままになります。
Shift mode(シフトモード)-選択したサウンドフローパスが「shift = true」などの条件として「shift」を使用するサウンドフローチャートで分岐する場合(例:コールドスタートなどの代替起動パス、ダイナミックブレーキに関連するダイナミックブレーキアクションエンジンrpmがアイドル状態に移行した後、ノッチが続くなど、作動中4)
ESU smoke unit(ESUスモークユニット)-エンゲージすると、ESU、KM-0、Kissなどのインテリジェントスモークユニットに関連するスモークエフェクトが有効になり、標準スモークユニットもオンになります。 注:また、適切な機能出力の設定、および煙ユニットの設定が必要です
Volume control(音量コントロール)-設定すると、ファンクションキーをオン/オフに切り替えて、1ステップごとに6段階で音量を設定できます。 マスターボリュームを6ステップで変更します(CV 62)
Disable brake sound(ブレーキ音を無効にする)-作動すると、自動ブレーキ音がオフになります(CV459(CV32 = 1))
Uncoupling cycle(結合解除サイクル)-自動カプラーアクションをオンにします。また、自動結合解除のために、機能出力カプラータイプと機能設定セクションの設定が必要です。
8.6.5関数マッピング、「Sounds(サウンド)」
これは、サウンドが特定のファンクションキーにリンクされているファンクションマッピングの領域です。 サウンドスロットに名前が付けられている場合は、名前を展開するとリストに表示されます。 1つのキーに複数のサウンドを割り当てることができ、複数の場所にサウンドを割り当てることができます。 必要に応じて。 下の図36を参照してください。

図36.: Mapping sound to function key

P.17
8.6.6機能設定、「General(一般)」および「Automatic uncoupling(自動分離)」
上記の8.6.5で述べたように、論理関数をファンクションキーにマッピングするとき、場合によっては、ファンクションキーを使用したときに希望する応答を有効にするために、ファンクション設定も使用する必要があります。 一般設定は、照明効果を設定するためのもので、点滅ライトを必要とする照明状況(CV112)の点滅周波数を設定し、グレード交差保持時間(CV132)を設定できます。 保持時間は、グレードクロス効果が有効になっている時間です。
自動分離は、自動分離が有効になっている場所(CV246)で、1〜255の範囲(速度テーブルの範囲と同じ)で分離速度を設定できます。デフォルトは1(CV246)です。 プッシュ時間(CV248)は、自動プッシュが有効な時間(秒)です。 移動時間(CV247)は、機関車が連結されていない車から離れる秒単位の時間です。 もちろん、「時間」は、自動分離サイクルの期間中に設定された速度で移動した距離に直接関係します。 図37を参照してください。

図37.: Configure Function settings

8.7。 識別

8.7.1データフィールド、「User identification(ユーザー識別)」
ユーザー識別フィールドは、あらゆる目的に使用できるオープンフィールドです。 これらは「User ID #1(ユーザーID#1)」および「User ID #2(ユーザーID#2)」として指定されます。 CVはそれぞれCV105とCV106です。 両方の値の範囲は0〜255であり、個別にまたは一緒に設定できます。 これらのCVを設定してもデコーダーの動作は変わりません。これらはオープンコードセクションであり、特定のバージョンや機能キー構造を追跡するなど、あらゆる目的に使用できます。 両方の履歴書のデフォルト値は0です。 図38を参照してください

図38.: User Identification

8.8。 手動CV入力

8.8.1手動CV入力
変更デコーダーのデータ画面のこのセクションは、事前にフォーマットされたデコーダーのセットアップ画面とビューを使用せずに手動でCVを変更する場合に使用できます。 また、履歴書の調査にも非常に役立ちます。 デコーダーCVリストをエクスポートすると(「5.3ツール」、「CVリストのエクスポート」を参照)、エクスポート中に作成されるテキストファイルは、このビューに表示される同じデータで構成されます。
8.8.2 CVの変更
CVの変更は、任意のデータフィールドのデータを上書きすることにより直接行うことができます。 「Value」、「Binary」、または「Hex」は、希望する値を入力し、フィールドからタブで移動するだけでデータが変更され、他の2つのデータ列が更新されます。 もちろん、バイナリまたは16進データを書き込むよりも、「値」列に直接数値データを入力する方がはるかに簡単です。
変更が完了したら、「Write decoder data」を使用して新しい値をデコーダーに書き込むことができます(「5.2プログラマー」、図12を参照)
注:手動で変更を加える機能は非常に強力であるため、注意して使用する必要があります。 変更されたプロジェクトファイルを新しい名前で保存して、最後の既知の正常なデータをデコーダーに書き換えてミスから回復する方法を提供することを検討してください。 図39を参照してください。

図39.: Manual CV Input

8.9。モーター設定

ここで、v4デコーダシリーズの速度テーブル、負荷制御、PWM周波数、および過負荷保護設定を構成します。ここで提示する情報は、LokProgrammerツールを使用してデコーダを構成する目的の設定を直接扱うため、提示される詳細レベルはv4デコーダーマニュアルにあるレベルとは異なります。デコーダー情報の優先ソースとして、デコーダーマニュアルの第10章にある詳細情報を使用してください。
8.9.1速度テーブルの選択と構成(CV 2、CV 5、CV 6、CV 26、およびCV 67-97)
ここでは、3ポイント速度テーブル(図40)またはカスタム速度曲線(図41)を選択できます。 3ポイントテーブルを使用する場合は、最低速度と最高速度(CV2およびCV5)を設定し、必要に応じて中間速度(CV 6)を選択する必要があります。右側のスライダーを使用して、最高速度と中距離速度の両方を設定することもできます。乱暴な走行や異常な走行を避けるため、ミッドレンジ速度がスタート速度よりも高く、最大速度がミッドレンジ速度よりも高いことを確認してください(CV2 <CV6 <CV5)。

P.18

図40: 3 point speed table

独自の速度曲線を定義することもできます。CV67〜94に目的の値を入力するだけです(図16も参照)。 デコーダはこれらの28の値を実際の速度ステップに重ね合わせます。 したがって、走行性能を機関車に最適に適合させることができます。 スピードカーブオプションを使用して別のオプションを使用できます。プログラマーソフトウェアには5つの定義済みスピードカーブが保存されています。開始したいものをクリックするだけでこれらのいずれかを選択でき、必要に応じて変更できます。 図41を参照してください。

図41: Speed curve options and set up

必要に応じて28ポイントカーブを調整して速度曲線の形状を設定し、速度テーブル(CVの2および5)で最小速度と最大速度をそのまま設定し、デコーダーが速度曲線を最小速度設定と最大速度設定の間に適合させます。 デコーダー内の滑らかな28ポイント速度曲線で。 詳細については、デコーダマニュアルの第10章を参照してください。
8.9.2負荷制御/逆起電力(CV 53、52、51、55、および56)
負荷制御補正は、負荷制御セクションの上部にあるチェックボックスをオンにすることで、LokProgrammerを介して有効になります。その後、CVを必要に応じて調整できます。 ヒント:モデル機関車にデコーダーがインストールされている場合、初期パラメーターの設定に使用できる「auto set(自動設定)」機能があります。 この機能の使用方法の詳細については、デコーダーマニュアルの第11章を参照してください。 その後、さらに調整が必要な場合は、「read decoder data(デコーダーデータを読み取る)」ことで、微調整のために自動設定をプログラマーに読み込むことができます。 図42を参照してください。

図42: Load control / back EMF setup

LokSoundデコーダーを使用すると、CV 53、54、および55のモーターに負荷補償を適合させることができます。上記の推奨値が許容できる結果にならない場合は、さらに最適化できます。 特に低速運転セクター(速度ステップ1)では、CV 51およびCV 52を備えたLokSound V4.0でゲイン制御を変更します。 これにより、非常にゆっくり運転している間、けいれんを防ぐことができます。
CV 54に保存されているパラメーターKは、負荷制御が運転性能にどの程度強く影響するかを左右します。 値が高いほど、負荷制御が変化に応答し、モーターの回転数を調整しようとします。 機関車が不均一に動作する場合(振動)、パラメータKを調整する必要があります。 CV 54の値を5減らし、機関車を試運転して、改善があるかどうかを確認します。 速度ステップ1で機関車がスムーズに動作するまで、これらのステップを繰り返します。
CV 55に保存されているパラメーターIは、モーターの慣性の大きさに関する重要な情報をデコーダーに提供します。 大きなフライホイールを備えたモーターは、小さなモーターやコアレスモーターよりも自然に慣性が大きくなります。 機関車が停止するか、低速度(速度ステップ範囲の3分の1未満)でジャンプする直前に機関車が多少動いたり、単にスムーズに動作しない場合は、パラメーターIを調整します。 フライホイールが非常に小さいかまったくないモーターの初期値から始めて、値を5増やします。 大きなフライホイールを備えたモーターの初期値から始めて、値を5減らします。 もう一度テストし、目的の結果が得られるまでこの手順を繰り返します。
CV 53では、モーターによって生成されるEMF基準電圧を最大回転数に設定します。 このパラメーターは、トラック電圧とモーターの効率に応じて調整する必要があります。 スロットルが約4分の3に設定されているときに機関車が最大速度に達し、スロットルの3分の1が速度に影響しない場合、CV 53の値を減らす必要があります。値を5 – 8減らしてテストします 再び機関車。 スロットルが完全に開いたときに機関車が最高速度に達するまで、このプロセスを繰り返します。 一方、フルスロットルで機関車の動きが遅すぎる場合は、最高速度に達するまでCV 53の値を段階的に上げる必要があります。
LokSound V4.0デコーダーと共に、速度ステップ1で低速運転セクター全体のゲイン制御を個別に決定する追加のCV52が導入されました。機関車がゆっくり運転または始動するときの運転動作に満足できない場合、 中速および高速のステップではすべて問題ありません。CV52の値をCV 54で設定した値より5〜10高くする必要があります。ここでは、低速と停止から開始するモーターの慣性を個別に調整できます。 希望の値をCV 51に入力します。パラメータ「K slow」と「I slow」は、速度ステップ1と2の動作に共同で影響を与えますが、パラメータCV 54(「K」とCV 55(「I」) 残りの速度ステップを担当します。 デコーダーは、急激な変化を避けるために速度曲線を計算します。
デコーダーは、可能な限り正確にモーターを駆動するために、可変(適応)調整周波数で工場出荷時に動作します。 ただし、その結果、一部のモーターでは不快なノイズが発生する場合があります。 このようなモーターの場合、適応チェック周波数を有効にするためにボックスをチェックすることにより、一定値に調整周波数を設定できます。 スライダーを使用して、Back EMFサンプリング周期を調整することもできます。値の範囲は4〜8(CV10)です。

図43: Load control preset motors

「use motor control values from preset motor types(プリセットモータータイプのモーター制御値を使用する)」オプションをクリックすると、ESUがさまざまなタイプのモーターに対してテストしたプリセットを適用できます。図42および43を参照してください。詳細については、v4デコーダーマニュアルを参照してください。

P.19
8.9.3 DCモーターのPWM周波数(CV 49.1)
LokSoundデコーダーの負荷制御は、40 kHzで正常に機能します。 この周波数を半分に減らすと便利な場合があります。誘導性が高いため電力が少ないモーターの場合。
•サプレッサー(コンデンサー、チョークなど)が負荷制御を妨害するが、削除できない場合(たとえば、古いGützold®ロコ)。
プログラマーソフトウェアで目的の設定を確認し、40 kHzまたは20 kHzのいずれかにCV49 bit1を設定します。
8.9.4モーター過負荷保護(CV 124.5)
ESU v4デコーダーは、必要に応じてモーターの過負荷保護を有効にする設定を提供します。 これは、デコーダーマニュアルの6.10.1章で説明されているデコーダーの通常の熱保護とは異なります。 モーター過負荷保護により、デコーダーはさまざまな動作負荷に対するモーターのBEMF反応を監視できます。 デコーダーが(おそらく機械的な問題またはストレスによる)モーターの過負荷を検出した場合、デコーダーは他のデコーダーの動作や音に影響を与えることなくモーターを停止します。

8.10。 煙ユニット

ESU v4 DCCデコーダーは、ESUスモークジェネレーターや他のベンダーのスモークジェネレーターなど、スモークジェネレーターの幅広い選択肢を可能にします。
LED(発光ダイオード)、発煙器、または同様のデバイスなどのあらゆる種類の負荷を、デコーダー出力よりも少ない最大電流引き込みが機能出力に配線できます。 「テクニカルデータ」のデコーダーマニュアルの第20章を参照してください。目的の煙発生器の負荷がデコーダーに適していることを確認してください。 考えられる損傷を避けるために、インストールおよびプログラミングしているデコーダーの現在の機能の範囲内にとどまることが重要です。
デコーダー設定のこのセクションは、機能マッピング、物理および論理出力、機能出力など、このマニュアルのセクション8.6にリストされているいくつかの機能設定項目と連携して機能します。 必要に応じて煙の出力を制御するために、すべてのエリアを設定してください。
ESU v4 XLデコーダーはいくつかのタイプのスモークユニットを直接駆動できます。標準v4デコーダーとmicro v4はスモークユニットを完全に駆動できない場合がありますが、オプションを検討する場合は「smart(スマート)」またはサウンドドリブンスモークユニット操作を提供できます SUSIやリレーなど。ESUデコーダーのスモークユニット機能を使用する場合、マグネットやフォイルシステム、その他の複雑なトリガーデバイスを配置する必要はありません。 詳細については、図44、およびセクション8.6の機能マッピング図を参照してください。

図44: Smoke Unit set up
8.10.1 ESU煙ユニット(CVの140,138,139)
ここでは、ESUおよびその他の煙ユニットを制御する変数を設定できます。 スモークユニットの電源が切れるまでの動作時間を、1〜120(1〜600秒)の範囲で設定できます(CV140)。 適切なスライダー値を使用して、選択した煙の密度を提供するために、ファン速度(CV138)と温度(CV139)の両方を調整できます。 トリム設定のデフォルトは、0〜255の範囲で128(100%)です。
8.10.2スモークチャフ(CVの143,141,142)
スモークユニットのセットアップのこのセグメントでは、トリガー距離(CV143)に対するスモーク「パフ」の継続時間を0〜255の範囲で制御でき、トリガーイベントごとに最大1秒の継続時間を提供します。 スモークパルスの最小(CV141)および最大(CV142)の持続時間は0〜255の範囲で調整可能です。これにより、1秒の最大スモークパルス持続時間が提供されます。 これらの設定により、煙のパルスは機関車の速度に応じて変化します。これは、チャフの音が速度に応じて変化する方法と同様です。
すべてのスモーク設定は直接値であり、簡単に微調整できるようにPOMプログラミングに適しています。 SUSIインターフェイスは、デコーダー機能がスモークユニットの現在の評価を満たせない場合に「intelligent(インテリジェントな)」スモークを提供します。 SUSIインターフェイスを使用する場合は、デコーダーのSUSIを有効にしてください。詳細については、セクション8.3「互換性」を参照してください。

8.11。 サウンド設定

サウンド設定セクションでは、サウンドプロジェクトがデコーダーに書き込まれたときにデコーダーに保存されたサウンドの再生に影響するいくつかの領域を構成できるため、ユーザーはモデル機関車に合わせて操作を選択できます。 各セクションがカバーされているため、図45および46を参照してください。

図45: Sound settings part 1
8.11.1サウンド選択(CV48)
バージョン4のデコーダーとソフトウェアでは、事前に構成されたサウンドのグループを使用して、サウンドプロジェクトに配置できるテンプレートにまとめることができます。 例は、ホイッスルとホーンパックです。 各グループ内で、Nathan -P3ホーンなどの特定のサウンドには、パックの作成時にインデックス番号が与えられます。番号の範囲は1〜16で、特定のサウンドが各番号に割り当てられます。 サウンド選択設定番号を使用すると、ホーンパックがファンクションマッピングを介してファンクションキーに割り当てられたときに鳴らすホーンまたはホイッスルを選択できます。 CV48を直接記述して、操作中に変更することもできます。 (変更後に電源サイクルが必要になる場合があります)
8.11.2スチームチャフ(CV 57、58、250、249)
スチームロコチャフサウンドとホイールの回転の同期は、プログラマーのこのセクションで実行されます。 簡略化された方法がここにリストされています。詳細については、デコーダーマニュアルの13.4章を参照してください。 (次のページに続く)

管理人/副管理人のみ編集できます