ゲーム向けの素材の作り方やノウハウを補完していこうってwikiです。フリー素材もあるよ。

EDGEを使ってタイトルロゴっぽいものを作成してみます。
完成イメージはこんな感じ。


今回の画像サイズは480*320です。まずは背景レイヤーを作成し、真っ白に塗りつぶします。
次に新しくレイヤーを作成し、テキストツールを使って文字を挿入します。
今回はあえてMS Pゴシックを使ってみました。


挿入直後、文字部分が選択されているのでそのまま適当に別の色を選択し、
「イメージ」→「特殊効果」→「縁をくわえる」で縁をくわえます。
今回は6ドットの縁を加えてみました。


文字内部に色をつけます。塗りつぶしツールでグラデーションを「線形(↓)」を選択し、「トーン使用」「相対グラデーション」をチェックし、グラデーションする2色をカラーパレットから選択し、文字内部を塗りつぶしていきます。今回は濃い赤と普通の赤でグラデーションしてみました。


同様に、少し大きいサイズでもう1行文字列を追加してみました。後で位置調整しやすいように、別レイヤーにしてあります。


少しボリュームを出したいので、文字と同色で3ドットの縁を追加してみました。


一旦選択を解除し、選択ツールで「背景色は選択しない」をチェックして再度文字を選択し、別の色で縁をくわえます。
ここでは少し違った縁をくわえたいので、2ドットで縁を加えます。


同様に、別の色で縁を加えます。わかりにくいですが、白の縁を加えました。


さらに2ドットの縁を加えます。


文字内部をグラデーションで塗りつぶします。


次に背景を作成します、文字より下に新しくレイヤーを作成し、三角形を作ってグラデーションしてみました。


文字の位置を調整してみました。


全体に縁を加えたいので、レイヤーを結合します。普通に結合してもいいですが、今までのレイヤーを残しておきたいなら白で塗りつぶした背景レイヤーを一旦不可視にした後
「編集」→「コピー」→「可視レイヤから一枚画像としてコピー」して「編集」→「貼り付け」→「新しいレイヤに張り付け」するという手もあります。


結合したレイヤを例によって「背景色は選択しない」でロゴ部分全てを選択し、10ドットの縁を加えてみました。


位置を調整して、完成です。


※オマケ
「イメージ」→「特殊効果」→「影をくわえる」で影をくわえてみました。
今回はやってませんが、各文字に影を加えてみても面白いです。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます