ガンバライドに代わるデータカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジングについてカードデータ・そのほかのデータをまとめたwikiです


スキャンコンプリートとは

その弾のカードで登場しているライダーを使うと使用履歴が登録されるようになっている。
その内容はタイトル画面でお金をいれずに「ICカードorセーブ機能つきガンバライダーカード」を置いて赤ボタン押しっぱなしで開くデータ閲覧モードで確認できる。

すべてのデータが登録されると「●●弾カードスキャン」などの名目の特殊称号がゲットできるのだ。

注意事項

アイテムスキャンによるフォームは登録されない(元のカード準拠)

たとえばボトルマッチ4弾でビルドタカコミックフォームを登録したいので フルボトルスキャンで他のビルドをタカ+コミックフルボトルでタカコミックに

...したとしても登録はされない。
あくまでスキャン前のカードのフォームが登録されるからだ。

よってタカコミックフォームそのもののカードを引き当てなければならない。

過去弾の同じライダー、同じフォームを使うことができる(が...)

その弾のカード自体を使わずとも、過去弾の同じライダーや同じフォームなら登録できる。
...が、実は同じに見えても実は違っているケースというのが存在する。(↓に続く)

同じライダーに見えても実は違っている・別扱いという場合

仮面ライダーレーザーレベル1とレベル2
...実は同じように見える(レベル1もレベル2も同じレベル1の姿で レベル2は必殺技のみ登場の扱いだから)が、実は別扱いとなっていた。
その弾のラインナップにあるカードがレベル1名義ならレベル1で、レベル2名義ならレベル2でなければ登録されない。
過去弾スキャンコンプで実際にそういった事例が発生した。今後もあるかもしれないので覚えておこう
(下記も参照)
アマゾンアルファの「目」の違い
アマゾンアルファは目の色が緑と白との二種類があり、実は別扱いになっている。
その弾のラインナップにある目の色のカードでなければ登録されない。

目の色だけでなく、バースト時にかかる曲が違っている
(緑がアマゾンズシーズン1主題歌「Armour Zone」白がシーズン2主題歌「DIE SET DOWN」
オーズタジャドルコンボ・通常バージョンと最終回バージョンの違い
オーズタジャドルコンボは 実は通常版とボトルマッチ1弾メモリアルフィニッシュ・ライダータイム2弾GLR(バースト後・タジャドルコンボ)・ズバットバットウ2弾メモリアルタッグフィニッシュ・GG3弾ベストバウトCP(バースト後・タジャドルコンボ)で登場した最終回バージョンの2種類がある。
ボトルマッチ4弾・ライダータイム4弾・バーストライズ2弾・ゲキレツグランプリ2弾には通常版がラインナップされており ボトルマッチ1弾メモリアルフィニッシュやライダータイム2弾GLR、ズバットバットウ2弾メモリアルタッグフィニッシュを使ったとしても登録されないようだ。

これもバースト時にかかる曲が違うのと 実はよ〜く見てみると最終回バージョンのオーズドライバーに納まっているタカメダルにひびが入っている
  • ズバットバットウ2弾ではどっちでもOK
ズバットバットウ2弾は通常版と最終回バージョンが登場したが、タジャドルの枠は1つしかなく、どちらかを使っても登録となる。
クローズマグマのハザードトリガーの有無
クローズマグマのRT2弾LRはビルドドライバーにハザードトリガーを装着しており、
それ以外のカードとは別扱いになっている。
仮面ライダーディケイドと仮面ライダーディエンドについて(通常版とネオドライバーver)
仮面ライダーディケイドは現在、変身ベルト・ディケイドライバーが白(ディケイド当時のバージョン)と、マゼンダカラー(仮面ライダージオウ出演時バージョン)の2種類があり スキャンコンプリートも別扱いとなっている

同じく仮面ライダーディエンドも変身に使う銃・ディエンドライバーが青と黒基調(ディケイド当時のバージョン)とクリアブルー基調(仮面ライダージオウ出演時バージョン)の2種類で これもスキャンコンプリートも別扱いとなっている

アマゾンアルファと同じくバースト時にかかる曲も
前者が仮面ライダーディケイド主題歌「Journey through the Decade」、後者はジオウのライダー扱いという事か仮面ライダージオウ主題歌「Over "Quartzer"」と違っている。

きちんと区別するためか、ジオウ出演バージョンはライダータイム5弾より
「仮面ライダーディケイド(ネオディケイドライバーバージョン)」
「仮面ライダーディエンド(ネオディエンドライバーバージョン)」
と名称に明確に表示されるようになった。
ライダータイム6弾以降のウォズのスキャン登録について
ライダータイム6弾のウォズ(通常フォーム)、フューチャーリングシノビ/クイズ/キカイは
ライダータイム5弾以前のカードでは登録されない模様だ

〜ギンガ ファイナリーならライダータイム5弾の物でもOKとなっている。

実はウォズのカードは内部的に黒ウォズ仕様と白ウォズ仕様とでわかれており、
ライダータイム6弾のウォズのカードは全部黒ウォズ仕様であった。
ライダータイム5弾までのカードだと、初期フォーム(通常ウォズ、フューチャーリングシノビ/クイズ/キカイ)は白ウォズ仕様・ギンガファイナリーが黒ウォズ仕様となっていたので 白ウォズ仕様のカードだとライダータイム6弾スキャンに対応してないという事のようだ

(実はライダータイム5弾でも黒ウォズ仕様なクイズ(→バーストでキカイ)とキカイがあったが、そのカードが登録に使えるかどうかは不明である)

なおバーストライズ4弾において黒ウォズ仕様のウォズ(バーストでフューチャーリングシノビ)が登場した際、白黒どちらでもOKという事になっていた。

しかし後の弾で黒ウォズ仕様のカードが収録された際に白ウォズのカードを使っても登録できなくなった。恐らくだがBS5弾で白ウォズ名義のカードが登場した時にその辺の仕様が変わったのだろう。
またいつからかは不明だがRT5弾以前のウォズは
仮面ライダーウォズ(白ウォズ)
と表示されるようになり明確に表示されるようになった。

まとめると
・白ウォズを登録したい→RT5弾までのウォズか(白ウォズ)と書かれたカードを使えば良い
・黒ウォズを登録したい→RT6弾弾以降のカードを使えば良い
ということになる
ビルドジーニアスのハザードトリガーの有無
ビルドジーニアスのZB1弾LRはビルドドライバーにハザードトリガーを装着しており、
それ以外のカードとは別扱いになっている。
仮面ライダーディエンド(ウラタロス)について
ディエンドという名称だが 実際は通常のディエンドでは登録できない。
ちなみに相性値やチームボーナス称号などもディエンド扱いではない(ウラタロス扱い)。
ZB4弾の仮面ライダーポッピー※洗脳時について
ZB4-045 仮面ライダーポッピー ときめきクライシスゲーマー レベルX は今までのカードと違って洗脳状態(赤い目をしていてボイス内容も違う)という設定であり、
他弾のポッピー(青い目をしている)ではスキャン登録できない。
ZB4弾のシャドームーン(RXバージョン)について
ZB4-055 シャドームーン は今までのカードと違ってRX登場時という設定であり、他弾のシャドームーンではスキャン登録できない。

こちらはバースト時の曲も仮面ライダーBLACK RXになっており、スロットバトル時のキャラバストアップアイコン表示もグラフィックが違う,チームボーナス称号も設定されていない...と 完全に別キャラ扱いとなっている。
50th弾の仮面ライダービルド ラビットタンクフォームについて
50th-037 仮面ライダービルド ラビットタンクフォームは、ベルトに装填されているボトルがゴールドラビットフルボトル&タンクフルボトルの最終回仕様となっており、通常のラビットタンクフォームとは別扱いである。
RM1弾の仮面ライダーエターナルについて
ジオウ客演時のエターナル。名称はこれまでのエターナルと同じだが、通常の(W版の)エターナルでは登録できない。
スキャンやバーストの際に流れる曲も「Over"Quartzer"」である。
ネタバレなので伏せるが、ジオウ本編を見れば別扱いの理由も納得できるだろう。
また、チームボーナス称号もW版とジオウ版でそれぞれ違うものが設定されているようだ。
ガンバライダーについて
ガンバライジングオリジナルのキャラであるガンバライダー。長らくアバター版しかなかったがゲキレツグランプリ2弾にて非アバターのガンバライダーも登場した。GG2-050 ガンバライジングではガンバライダー(2013)が、GG2-051 ナイスドライブ、GG2-052 バッチリカイガン、GG3-079 ガンバライジングオールスターズではガンバライダー(2014)が登場する。これらはアバター版とは別扱いとなっているため、アバター版ガンバライダーでプレイしても登録することができない。
また非アバターのガンバライダーも2013と2014では別扱いとなっている。

これらのような事例があるので やはり厳密にはその弾のカードそのものを使った方がより確実ではある。

その他

ライダータイム6弾仮面ライダーエターナルのスキャンコンプ登録について
ライダータイム6弾でメモリアルフィニッシュとして登場した仮面ライダーエターナルは 劇中再現(Vシネマ)として黒いマントを装備した状態である。

となると、マントを装備していない過去弾のカードでは登録されないのではないか?

と思われたが、この場合はマント装備なしのカードでも登録された。
RT3-036 LR 仮面ライダー鎧武 スイカアームズについて
このカード、初の表から鎧武 スイカアームズと明記してある(表面イラストも鎧武 スイカアームズだった)ものの
ゲーム上ではやっぱり鎧武 オレンジアームズであった。(必殺技時のみスイカアームズへアームズチェンジする)

このためなのか、弾のラインナップに仮面ライダー鎧武 オレンジアームズがあった場合、このRT3-036 LR 仮面ライダー鎧武 スイカアームズを使った際仮面ライダー鎧武 オレンジアームズとしてスキャンコンプされる。
BS4-020 LR 仮面ライダーファイズ アクセルフォームについて
このカード、初の表からファイズ アクセルフォームと明記してある(表面イラストもファイズアクセルフォームだった)ものの
ゲーム上ではやっぱりファイズアクセルを装備した通常フォームのファイズであった。(必殺技時のみアクセルフォームへチェンジする)

このためなのか、弾のラインナップに通常の仮面ライダーファイズがあった場合、このBS4-020 LR 仮面ライダーファイズ アクセルフォームを使った際通常の仮面ライダーファイズとしてスキャンコンプされる。
ファイズアクセル装備か否かで扱いが分かれると思われたがそうではなかったようだ。
仮面ライダーW サイクロンジョーカーゴールドエクストリームについて
この形態は必殺技発動時のみゴールドエクストリームになる。(技発動時以外はサイクロンジョーカーエクストリームである)
そのためなのかこの形態がラインナップされている弾において、通常のサイクロンジョーカーエクストリームをスキャンしてもスキャンコンプされるようだ。
仮面ライダーゼロワン ブレイキングマンモスについて
この形態になるのは必殺技発動時のみである(技発動時以外はゼロワン ライジングホッパーである、実際スキャン時ライジングホッパー名義になっている)。
そのためなのかブレイキングマンモスのカードをスキャンしてもライジングホッパーを登録することができるようになっている。

複数フォーム及びキャラ登録可能なカード
鎧武弾であった「ダブルアームズチェンジ」や
ガシャットヘンシン(エグゼイド)弾のパック販売であった「ダブルチェンジレア」
ボトルマッチ5弾キャンペーンカード「勝利の選択」は
使うとそのカードに記載されているフォームがまとめて登録される。一度に3フォーム登録可能なのだ。覚えておくといいだろう

ただし上記にあるようにレーザーのダブルチェンジレアはあくまでレベル1名義なので
その弾のラインナップがレベル2名義だった場合登録されない点には注意。(「過去にそういった事例が発生した」というのはこれの事)

またバースト前と後とでキャラ自体が異なる
「レジェンドレアタッグ(LRT)」
・ボトルマッチ2弾CP及びベストマッチパック!2のSR「ライジングマッチ」
・50thアニバーサリー弾のCPアニバーサリータッグCP
・昨今のメモリアルバーストによくある「表面とバースト面でライダーが違うパターン(例:RM3-049 ゲイツリバイブ疾風→オーマジオウ(2019))
でも一度に2キャラ登録可能である。これも有効活用しよう。

複数フォーム登録ができないカード
●バッチリカイガン(ゴースト)弾であった「ゾクゾクゴーストチェンジ」やガシャットヘンシン(エグゼイド)弾であった「レベルアップコンボ」、ボトルマッチ2弾であった「平成ジェネレーションズ」、ライダータイム4弾「サイキョー!ブレーク」など
「必殺技で複数のフォームにチェンジしつつ必殺技」というカードは
使ってもその必殺技で出てくるフォームが登録される事はないので注意。

スキャンコンプの枠にそういった必殺技中にチェンジするフォームは最初から入っていない、という事からも こういった必殺技フォームチェンジは対象になっていない事がわかる。
(例:ボトルマッチ2弾平成ジェネレーションズCP:フォーゼベースステイツは必殺技でエレキステイツ、コズミックステイツにチェンジする
→だがスキャンコンプ欄はベースステイツだけだった)

●いわゆるLRSPといった「バーストするとランダムで複数のフォームにチェンジする」という方式のカードがあるが

残念ながらそういうバースト時ランダムフォームチェンジのカードでは表面のフォーム1つしか登録されない

LRSPだけでなく 【RT3-022 LR 仮面ライダーディケイド(2018ver)】もバースト時ランダムフォームチェンジ方式なのだが
これもディケイド(2018ver)しか登録されないので注意

例:ライダータイム4弾にてディケイド(2018ver)→ディケイドビルド という構成のカードがあるので
RT3-022 LR 仮面ライダーディケイド(2018ver)を使えば二つ登録...されず、ディケイド(2018ver)のみだった


●PBS-043 ゼロワンライジングホッパーは、バースト後にバーストブレイクの結果次第で2フォームにチェンジする仕組みなのだが
これを使ってもゼロワンライジングホッパーしか登録できない。
バーストブレイクの後にチェンジ、という方式のためだろうか
●PBS-030 ゼロワン(プログライズチェンジ)は、カードスキャン時に特殊画面で6種類のフォームを選択する方式なのだが
これに関しては使ったフォームのみしか登録されない。下記のメモリアルチェンジのように「おきなおしてチェンジ」という方式ではないから、だろうか?
●PRT-102 グランドジオウorゼロワン ライジングホッパー
●PBS-104 ゼロツーorセイバー ブレイブドラゴン
●PBS-107 セイバー ブレイブドラゴンorブレイズ ライオン戦記
これらもカードを置いた後に選択する方式で 複数登録できないようだ
「変身者違い」のカードについて
ライダー名称のあとに()づけで変身する人物の名称が書かれている、
いわゆる「通常とは別の人が変身した」という設定のライダー
「変身者が二人以上いる」ライダーといった物がラインナップされている場合、
その変身者違いのカードでなければ登録されない。

ただしなぜか「仮面ライダー斬月・真(光実)」だけは例外で、普通の斬月・真でも登録されていたようだ。
(一番最初に作られた変身者違いライダーのためか これだけチームボーナス称号の判定が普通の斬月・真の物だったりするなど 今現在の変身者違いライダーとは仕様が大きく異なっている。
設定上、元の変身者に成りすましてみんなを騙していたという話なので、ライジングのシステムも騙されているという事か?)
...だったのだが、ゲキレツグランプリ2弾時点で、普通の斬月・真をスキャンしても登録されなくなった。
ライジングのシステムも某パティシエよろしく偽物ということを見破ったのだろうか?(ちなみにチームボーナス称号判定などは通常斬月・真のまま)

「レーンを置きなおす事で複数人のキャラが使えるカード」で複数登録できるかどうか

複数登録可能なカード
「レーンを置きなおす事で複数人のキャラが使えるカード」であれば原則そのカードに登場するキャラが一斉に登録されるようだ。
対象カードが多くなってきたためクリックで一覧表示方式に変更しました。

 ←クリックで一覧表示


ただし、例外もあるようだ(↓参照)。
複数登録可能できないカード
ただしこれも例外があるようで

●ボトルマッチ4弾の店頭配布or抽選LRカードに
「ビルドラビットラビット/タンクタンクフォームの2種類が内蔵されていて レーンに置く/はずして再度置くたびに2種類がローテーションで切り替わる」
という、新機軸の仕組みを持ったカードが登場したが
片方使っても両方登録...というわけではなく 個別にきちんと2種類使わないと登録されなかったようだ。
(ちなみにライダー全国対戦ライダーシンボル条件でも個別に2回使わないといけない)
...しかしGG3弾で店頭配布の方をスキャンしたところ、片方をスキャンするだけで両方スキャンしていた扱いになった。
このような複数のライダーから置き直しで一人を選択するカードは本カードが初だったのだが、後にそのようなカードはたくさん登場したので後の仕様に合わせた可能性が高い。
なお店頭配布版では確認できたが、抽選配布LRの方は確認できていないため、仕様が変わっているのかは要調査である。
ということはもしかしたら↓のザビーもGG1弾で再登場した際変更されたかもしれないが、不明である

●BS4-026 仮面ライダーザビーについて
同じライダーでレーン設置ごとに3人の変身者が登場するが、
このカードの場合のみ、一人1枠ずつ登録枠があって3人全員使い登録する必要があるようだ。

検証ができていないカード
以下のカードも複数のライダーを使えるカードではあるが、いまだ検証ができていない。もし結果を知っている方がいらっしゃいましたらコメントで報告お願いします。
●GG2-048 運命の切札
●GG2-049 仮面ライダー電王
●BR1-009 ビルドラビットタンク/グレートクローズ


この傾向を見るに置き直しで複数のライダーが使えるカードはそのカードで使えるライダーが全て登録できるパターンが多いため、有効活用しよう。

スキャンコンプリートのコツ(?)

やはりスキャン目的とはいえ、なるべくなら勝利してプレイを終わりたいというもの。そのための効率のよいやり方を説明する。

●上の説明のように要注意な物は存在するが やはりその弾の低レアのカードよりも過去弾の高レアが存在するのならそちらで登録するのが効率がいいだろう。
●どうしても代用が見つからないという物は ひとりであそぶモードの簡単なステージで低レアのみしかないライダーを使って早めにすませてしまうとよい。

スキャンコンプリートの弾ごとの難易度

上記のビルドタカコミックフォームを例にしたように
独自キャラや独自フォームが高レアに集中している弾は そのカードを引かない事にはスキャンコンプリート出来ないので
非常に難易度が高い。
昨今ではSCR(シークレットレア)などで独自キャラが登場しまくっている・・

...しかもこればっかりは「カード引き運」という、腕前ではどうにもならない領域がある。
ど〜しても!!という場合はカードショップで買うという手もあるにはあるが、
プレイヤーの資金力とも相談し、無理だと思ったらすっぱりあきらめる事も肝心(?)

このページへのコメント

GG3弾のスキャンコンプリートで、最下段のJとアクートの間に入るのは、ガンバライダーと思われるのですが、ガンバライダーカードでは埋まりませんでした。
やはり、RZRを入手しなければ不可能なのでしょうか?

0
Posted by RKO 2023年01月31日(火) 12:20:47 返信数(4) 返信

前弾のCP、では無理だろうか・・今度やってみましょう

0
Posted by  bykelike bykelike 2023年01月31日(火) 18:38:01

バッチリカイガンスキャンでガンバライダー登録できましたので書いておきました
ウォズについてBS4弾以降はどちらでもOKと書かれていたので行けると思ったのですが今弾で勝利の選択ウォズを使ったときに登録されませんでした
ウォズ関連も加筆しておきました

0
Posted by  wonder_rising wonder_rising 2023年02月02日(木) 22:05:36

wonder_risingさん>
調査ありがとうございます。高レアカード限定じゃないのはありがたい。

0
Posted by  bykelike bykelike 2023年02月02日(木) 22:14:34

wonder_risingさん>
調査報告ありがとうございます!
今度早速実行してみます!

0
Posted by RKO 2023年02月03日(金) 00:48:36

ラビラビタンタンの店頭配布カード、知らない間に片方使えば、両方登録されるようになってました。

0
Posted by  wonder_rising wonder_rising 2023年01月26日(木) 14:55:20 返信

GG2弾のガンバライジング10周年記念CPてスキャンすると一度に全員登録できる感じですか?(まだ引けてなくて試せていない)

0
Posted by  wonder_rising wonder_rising 2022年11月29日(火) 22:45:01 返信

GG2弾はスキャンコンプの検証をするには良い環境でしたので色々試した結果を書いておきました
ミッチ斬月真は久しぶりに参戦でしたが貴虎版では登録されないように修正されていました
あと,WのCJGXについてなのですがツイッターを見ているとD6弾ではCJXとCJGXの枠があったみたいなのですが,G6弾ではなかったみたいです(CJXの枠のみ)
CJGXの対する扱い変わったのでしょうかね?

0
Posted by  wonder_rising wonder_rising 2022年11月24日(木) 16:53:47 返信数(1) 返信

流石に斬月の扱いは修正されましたね・・
情報ありがとうございます

0
Posted by  bykelike bykelike 2022年11月24日(木) 21:36:22

50周年バインダーのリアルタイムコンビについて報告です。
こちらのカード、スキャンし直して複数人から一人を選ぶカードの例に漏れず、どちらかを使うと両方使った扱いになるみたいです。(gg1弾でイズゼロツーを使ってプレイしたが、スキャンコンプではリアライジングホッパーが登録されていた。)

0
Posted by ワンダーライジング 2022年09月22日(木) 15:18:18 返信数(2) 返信

そういえばリアルタイムコンビでスキャンコンプ登録ケースは初めてだった…

0
Posted by  ful_ex48 ful_ex48 2022年09月22日(木) 17:48:51

まさかまたリアライジングホッパーが再登場するとは思ってなかったからなあ(汗

0
Posted by  bykelike bykelike 2022年09月22日(木) 20:37:27

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

お詫び:ライジング部のほぼ全てのページが閲覧不可能となったため、一部データを記載できないままになってしまいました
また称号・チームボーナス称号の大半の効果は公式からの発表がないまま終わってしまったため、こちらもデータ記載できないまま終了となります。ご了承下さい。

後継ゲーム、ガンバレジェンズへの引継ぎ期間終了するレジェンズ2弾稼動と同時に本wikiも編集不能の閲覧のみ状態となります。

ズバットバットウ弾からの変更点

仮面ライダーバトル ガンバライジングは
ゲキレツグランプリ3弾にて稼動終了しました

だが

ライダー達の戦いは終わらない!
ガンバライジングのカードをそのまま使用可能となる(※)新たなバトルフィールド

「仮面ライダーバトル ガンバレジェンズ」2023年 春 稼動開始予定!! 


(※カードパラメータや必殺技の読み替えが発生します)

DCD 仮面ライダーバトル ガンバレジェンズ・データまとめwiki

コンテンツ

コミュニティ

システム・遊び方
[おもちゃ連動]
ライダータイム弾からのおもちゃスキャン関係について
[カード固有システム]

←クリックで展開


上とは別系統の固有システム

原作に基づいた称号 クロスオーバー称号

・ICカード関連システム
ひとりであそぶモード
デザイアグランプリモード

全国特訓モード 改

ヒートアップバトル!(GG3弾)
超絶バトル超ゲキムズで有効なカード・コネクター

ライダー全国対戦
育成要素
サポートアイテム系
デザイアチャレンジミッション
コネクター(GG弾)

(現在入手できない過去弾サポートアイテム)

その他

カードリスト
  • (マシン)
<ギーツ>GG3弾 GG2弾GG1弾
<リバイス>RM6弾 RM5弾 RM4弾 RM3弾 RM2弾 RM1弾
<ライダー50周年記念>50th
<セイバー>ZB5弾 ZB4弾 ZB3弾 ZB2弾 ZB1弾
<ゼロワン>BS6弾 BS5弾 BS4弾 BS3弾 BS2弾 BS1弾
<ジオウ>RT6弾 RT5弾 RT4弾 RT3弾 RT2弾 RT1弾
<ビルド>BM6弾 BM5弾 BM4弾 BM3弾 BM2弾 BM1弾
<エグゼイド>G6弾 G5弾 G4弾 G3弾 G2弾 G1弾
<ゴースト>K6弾 K5弾 K4弾 K3弾 K2弾 K1弾
<ドライブ>D6弾 D5弾 D4弾 D3弾 D2弾 D1弾 
<鎧武> 6弾 5弾 4弾 3弾 2弾 1弾
  • (プロモ) 
<ギーツ> PGG/プレバン限定バインダー 10th year collection(BR7)
<リバイス> PRM/プレバン限定50thアニバーサリーセット(BR6)
<ライダー50周年記念>P50th
<セイバー>PZB/プレバン限定ボックスセット付属(BR4)/ガンバライジング7周年記念9ポケットバインダー(BR5)
<ゼロワン>PBS /バーストライズパック(BS3)/プレバン限定バインダー3付属(BR3)
<ジオウ> PRTプレバン限定バインダー付属(BR)
ライダータイムパック(RT3)ライダータイムパック2(RT4)プレバン限定バインダー2付属(BR2)
<ビルド> PBMベストマッチパック!パック2パック3
<エグゼイド> PG/(パック)GP
<ゴースト>(玩具付属)T /(その他)PK
<ドライブ>PB,PD
<鎧武>P
  • (ゴールドカード) G,BG


データアーカイブ
その他
廃止されたシステムなど

←クリックで各リンク表示

管理人/副管理人のみ編集できます