ガンバライドに代わるデータカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジングについてカードデータ・そのほかのデータをまとめたwikiです

相性値(詳しくは相性値リストのページ参照)
アタッカーテクニカルフィニッシャートリッキーパッション
(1,3,1,1,0,2)(1,1,0,4,1,1)(2,0,2,0,1,3)(1,1,2,1,1,2)(0,2,1,1,2,2)
ブレイカーブレイブチェインジャマーメカニカル
(2,2,1,0,2,1)(3,1,2,1,0,1)(1,1,1,3,0,2)(0,1,2,2,2,1)(3,1,2,0,1,1)

関連あるチームボーナス称号
風都を守る者仮面ライダーアクセルと組むと発生
運命のガイアメモリ仮面ライダーエターナルと組むと発生
お前の罪を数えろ!仮面ライダースカルと組むと発生
風を操りし者仮面ライダー威吹鬼と組むと発生
一心同体!仮面ライダー電王と組むと発生
トリプルエクストリーム&受け継がれる意思!仮面ライダーディケイドと組むと発生
俺たち2人で1人仮面ライダードライブと組むと発生
たこ焼きの魅力仮面ライダーネクロムと組むと発生
二つで一つ仮面ライダーパラドクスと組むと発生
2つの力で変身仮面ライダービルドと組むと発生
相棒とベストマッチ!仮面ライダークローズと組むと発生
2009年の邂逅仮面ライダージオウと組むと発生
本で得る知識仮面ライダーウォズと組むと発生
その風を止めないで仮面ライダーアクセル、仮面ライダースカルと組むと発生
MOVIE大戦2010仮面ライダーディケイド、仮面ライダーディエンドと組むと発生
メガマックス!!仮面ライダーオーズ、仮面ライダーフォーゼと組むと発生
マガール弾丸仮面ライダーウィザード、仮面ライダーマッハと組むと発生
受け継がれる意思!仮面ライダーオーズと組むと発生

●フォームリンク
サイクロンジョーカー
ヒートメタル
ルナトリガー
ファングジョーカー
サイクロンジョーカーエクストリーム



1弾

1-033Rテクニカル
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 400タイリョク 1950
ヒッサツワザサイクロンブロー1350コスト 3
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、チーム全体のコウゲキ+100
スロットG 90拳 80蹴 70拳 60蹴 60拳 60
バースト仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 500タイリョク 1950
ヒッサツワザストームキック2400コスト 5
バーストアビリティテクニカルバトルに勝ったとき、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+200
スロットG 90拳 90蹴 70拳 60蹴 60拳 60
備考平成1期筆頭として登場。そして何気にバースト前が下位技じゃないカード2番目である(一枚目はLRウィザードFS)...バースト必殺が下位技なのだが。
バースト前ステータスが貧弱だが スロットだけは旧ガンバライドの慣習「CJは安定スロット」を踏襲している。...ただ流石に現在では力不足が否めない...
1-049CPアタッカー
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 500タイリョク 2200
ヒッサツワザサイクロンブロー1550コスト 3
アビリティAPバトルに勝ったとき、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+100
スロットG 90蹴 60蹴 80拳 60拳 80拳 60
バースト仮面ライダーW ルナトリガー
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 550タイリョク 2200
ヒッサツワザトリガーフルバースト2700コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、チームタイリョクが2500以上だと、仲間のゲキレツアイコン+2
スロットG 100銃 60銃 80蹴 60蹴 80蹴 60
備考バーストチェンジCPとして1弾唯一の高レア。やはり格が違う能力である。
注目すべきは1弾高レアで唯一の「バースト時タイリョク一定以上でバーストアビリティ発動」(一応Rではビーストがある)。
しかもLR鎧武と同じく仲間ゲキレツ増やしという希少な効果だ。
また旧ガンバライドでは結局ルナトリガーの強いカードは出ずじまいだったので ルナトリファンには嬉しい限り。
ただしルール変更でゲキレツ増やしは4つまでのあおりを食らってしまった。それでも十分強いが、上のLR鎧武のような同じ効果を連続で使用するというのは効果が薄くなってしまっている。さらにカイガン弾でゲキレツであっても強制的に100にならないという事で ゲキレツ増やしそのものがさらに弱対してしまった。
さらにドライブ弾以降からバースト後スロットも重要になった事で バースト後は銃に切り替わる点も注意。増やしたゲキレツをなんとしても当ててダブルアタックにしたいところだ
さらにアタッカーメタK4弾SR新1号が登場、2ラウンド封殺されてしまう...

2弾

2-058CPフィニッシャー
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 2200
ヒッサツワザサイクロンブロー1500コスト 3
アビリティ仲間が必殺技を発動したとき、コウゲキ・ひっさつ+150
スロットG 90蹴 80蹴 70蹴 70拳 60拳 50
バースト仮面ライダーW ルナトリガー
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 700タイリョク 1950
ヒッサツワザトリガーフルバースト2700コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、チームタイリョクが4000以下だと、あいてのチームタイリョクを700吸収する。
スロットG 100銃 90銃 80蹴 70蹴 60蹴 50
備考戦国大合戦CPとしてCP続投...なのだが,またルナトリガーである。
基礎ステータスも微妙に変わっているが アビリティは正直弱体化しているといわざるを得ない。一応バーストアビリティは相手タイリョク吸収という特殊なものだが、700程度では...
ただ一応初のフィニッシャーなので、バースト必殺威力だけは前回をはるかに上回っている。さらに表アビリティによる+αも加わる。また2弾ルール変更でゲキレツ増やしは5つまでとなったため、構成次第では1弾CPのゲキレツ増やし効果が意味なくなる場合がある。その場合本カードの出番と言えるだろう。また本カードは珍しく高数値の大半がキックに配置されたキック重視となっている。ただ実はライジングのカードの大半は剣とパンチ重視を占めているので ダブルアタックしにくさは最悪レベルと言っていい。ダブル/トリプルアタックが重要になった事で問題になる。
幸い?ゴースト弾でのゲキレツ変更で 一番上のアイコンがゲキレツに変わった関係でキック重視になったキャラが多いので 少しはマシになるのだろうか。またバースト後は一転して銃重視アイコンになる。

3弾

3-048Nテクニカル
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 1950
ヒッサツワザサイクロンブロー1300コスト 3
アビリティオイウチが発動したときテクニカルゲージがパワーアップする
スロットG 90拳 90蹴 70蹴 70蹴 50蹴 50
バースト仮面ライダーW ルナトリガー
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 550タイリョク 1950
ヒッサツワザトリガーフルバースト2600コスト 7
バーストアビリティオイウチ効果が超アップする
スロットG 90銃 90銃 90銃 80蹴 50蹴 50
備考TV放映年号セレクション(勝手に命名)扱いでトリガーフルバーストN落ち。旧弾で問題になったテクニカルはミガワリ重視なのにアビリティがオイウチ関連というのはシステム変更で解消された。
バースト必殺威力はNなのに2600・コスト7と高レア並。ただやはりルナトリガーになるのでバースト後銃に切り替わる点はやはり問題になってしまった...
さらにゴースト弾でのゲキレツ変更に伴い 表面はパンチ1、後は全部キックバースト後は銃3、キック2という前代未聞の構成になってしまっている。ライジングのキャラの大半はパンチ・剣重視なのでこれはダブルアタックしにくい...

4弾

4-034Nテクニカル
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 350タイリョク 2000
ヒッサツワザサイクロンブロー1500コスト 4
アビリティ1番目にカードを出したとき、テクニカルゲージがパワーアップする
スロットG 90拳 80蹴 70拳 70拳 60蹴 50
バースト仮面ライダーW ルナトリガー
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 500タイリョク 2000
ヒッサツワザトリガーフルバースト2400コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、チームタイリョクが4000以下だと、あいてチーム全体のライジングコスト+1
スロットG 100銃 90蹴 80銃 70銃 60蹴 50
備考そろそろヒートメタルか?と思われたがこれで4弾連続でルナトリガーだった...だがその実、非常に革新的なアビリティを持ち合わせていた為に大きな話題を呼んだカードとなった。後にガンバライジングで現在に至るまで主流となった特定条件で効果が累積するテクニカルゲージ強化表アビリティの開祖と言えるカードなのだ。このカードの登場以前はテクニカルゲージの強化手段は、特定の条件で試合開始時から一段階アップの表アビリティや、バーストアビリティを使っての強化が主流で、複数回発動できる可能性がある表テクニカルゲージ上げアビリティと言えばせいぜい無印2弾SR龍騎や、それこそ前弾の自分のような運に左右される物があった程度だったが、このカードは1番目にカードを出すという非常に緩い条件で毎ターン延々とテクニカルゲージを上げ続けられる。当時の他のカードと比べればオーバースペックとも言えるほどの効果を有していたが、実は鎧武弾時点ではイマイチ目立たなかった。当時は前に出した順に順番にライジングパワーを消費して必殺技を発動していくシステムだったが、このカードの表必殺はやや威力が高めながらコスト4とコストパフォーマンスが悪く、最初の必殺技がこのカードに固定されてしまうのはやや厳しいものがあった。また鎧武弾当時は現在と違い1ターンに複数バーストさせるのも容易だったため、早く3体全てバーストさせる戦い方が主流で、現在の様に表アビリティを累積させるという戦い方は少なく、更に当時のルールでは3体のライダーがそれぞれテクニカルゲージを有していたので一人だけゲージを大幅に上げる意味が薄かった。何よりノーマルらしからぬ強力なアビリティの代償か、火力・耐久面ともに非常に貧弱という問題を抱えており、バーストさせないまま戦わせ続けるのは厳しいと言わざるを得なかった。
だがナイスドライブ弾にて状況が一変。まずテクニカルゲージがチームで共用化し、更にテクニカルバトルの勝敗がミガワリに加え新要素カウンター発生にも関わる為テクニカルバトルの重要性が大幅に増し、結果的に本カードの表アビリティは有用性が急上昇した。自身の火力が貧弱という弱点も他の人に任せればOKとなった。
更に、ナイスドライブ1弾・シフトバーストCPにてドライブタイプスピード&タイプスピード・フレアが登場。無尽蔵にAPを上げ続けるこの2枚の残り1枚のチームメイトとして当カードに注目が集まる。APに加えテクニカルゲージも強化され続ける為死角が無くなる上、ナイスドライブ弾以降のルールなら攻撃権を勝ち取り続ける限りこのカードの打たれ弱さも問題にならない。更に素手で統一できAP戦で重要なダブル・トリプルアタックが狙いやすい点でも有利だった。おまけにWとドライブには相性ボーナスまである。このデッキはND1〜2弾環境で大流行し、ガンバライダーの同効果表アビリティが弱体化された関係もあり本カードもウインターカップ,ニューイヤーカップでの使用率NO.1(シフトバーストドライブと共に)と 一躍トップメタクラスのカードに躍り出た。埋もれていたノーマルカードにある日突然注目が集まる、ということはトレーディングカードゲームならままある事ながら、キッズ向けアーケードゲームであるガンバライジングにおいてはノーマルカードがこれほど出世した例はおそらく他に例がない...世の中わからない物である。
また後に登場した同系統アビリティが軒並み高レア&何かしらデメリットが付いている中、本カードは他の1番目出し条件アビリティと併用できないぐらいで一切デメリットがない上にノーマルカードなので手に入れやすいと言う小さくない利点がある...が、言ってみれば鎧武弾のノーマルカードである事自体が、つまり現在だと基礎ステータスが貧弱すぎるのがデメリットとも言える。
上記のWドライブデッキが大会や全国大戦で大暴れした結果、ドライブ3弾以降AP強化に上限が設けられた上に、ネット対戦では劣性時の逆転要素として新たにオーバーチャージが実装。AP・テクニカルゲージを上げすぎると敵のオーバーチャージ発生率が上がり、このカードの使用にもリスクが伴うようになった。オーバーチャージ実装のきっかけの一つとも言えるカードであり、そういう意味でもガンバライジングの歴史に大きく関わっている1枚と言える。
ただ本カードは順番条件がゆえに「既にテクニカルゲージが相手より長く、相手もこれ以上ゲージを伸ばせない為テクニカルバトルで負ける心配がないので発動しない」というようにプレイングで調整も利く。相性のいいデッキを組めばまだ使用に耐え得ると言えるだろう。古いカードなので今や新参プレイヤーなら持っていない方も居るかもしれないが、カードショップ等で安値で見かけたなら1枚キープしておいても損はない。

5弾

5-058CPテクニカル
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 500タイリョク 2200
ヒッサツワザメモリチェンジラッシュ1350コスト 3
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、ひっさつ+150 オイウチ・ミガワリ効果がアップする
スロットG 80拳 80蹴 70蹴 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 950タイリョク 1950
ヒッサツワザメモリチェンジ・ジョーカーエクストリーム2550コスト 6
バーストアビリティテクニカルバトルに勝ったとき、ひっさつ+700 テクニカルゲージが超パワーアップする
スロットG 90拳 90蹴 80蹴 70蹴 60蹴 60
備考極極極ワザキャンペーンとして ジョーカーエクストリーム初実装&技途中のみとはいえ初のヒートメタル実装となった。
能力はCJの伝統である安定スロットはもちろん、他方面も非常に安定している。もともとテクニカルなのでバーストボーナスにてテクニカルアップするし、コスト6・2550と元のバースト必殺威力も悪くないので アビリティはあまり気にしなくてもいいが、もし考えるならやはりRジンバーレモンなどに援護してもらおう。
だがドライブ弾以降ではテクニカルゲージを上げすぎるとネット対戦では相手オーバーチャージの危険性が出て来るようになってしまった。条件が条件がゆえに発動しないという事も難しいのがネック。
さらにゴースト弾でのゲキレツ変更で 表面はゲキレツでも最大80止まりでAP負けしやすい&パンチ1 残り全部キックという構成になって大半のキャラとダブルアタックしにくいという2重苦を背負ってしまった...せっかくのジョーカーエクストリームなのに(泣)

D1弾

D1-033Nテクニカル
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 500タイリョク 2050
ヒッサツワザサイクロンブロー1300コスト 2
アビリティテクニカルタイプのボウギョ+200
スロットG 90拳 80蹴 80蹴 70蹴 50蹴 50
バースト仮面ライダーW ルナトリガー
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 650タイリョク 2050
ヒッサツワザトリガーフルバースト2350コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、チームタイリョクが4500以下だと、チーム全体のひっさつ+450
スロットG 100銃 100蹴 80蹴 70蹴 50蹴 50
備考6弾はお休みして再び登場。ただやはり下のCPと比べると見劣りしてしまう。また表アビリティは一見使えるのだが、実はテクニカルタイプに大きくボウギョに穴があるorボウギョを犠牲にするアビリティ持ちカードと言うのは少ないので 正直需要がないのだ...
ゴースト弾でのゲキレツ変更で パンチ(バースト後銃)1、残り全部キックという構成になってしまったのもネック。本カード以外でも劇中性質上、CJ全般が元からキック多目なカードが多かったので ゲキレツ変更でモロにあおりを食ってしまっている
D1-054CPテクニカル
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 550タイリョク 2750
ヒッサツワザサイクロンブロー1450コスト 4
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、チーム全体のボウギョ・ひっさつ+200 さらにテクニカルゲージが超パワーアップする
スロットG 80拳 80拳 70蹴 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーW ヒートメタル
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 1150タイリョク 2750
ヒッサツワザメタルブランディング2750コスト 6
バーストアビリティ2番目にバーストしたとき、チーム全体のボウギョ・ひっさつ+400
スロットG 100剣 80剣 80蹴 70蹴 60蹴 60
CPボーナスバーストゲージアップ
備考シフトバーストCPの一枚として ついにヒートメタル正式参戦となった(チェイン技の一環で登場してはいたが)
しかもその設定を生かしたのか バースト後の防御1150!!初のボウギョ4桁をマーク。体力2750もあいまって相当のタフさだ。さらに初のルナトリガー以外にチェンジするカードなので バースト後のアイコンは剣。使用人口の関係で銃よりはあわせやすい。加えて表アビリティでテクニカルゲージ超アップ可能と至れり尽くせりだ。
ただ正直 4弾Nにお株を奪われてしまった感がある...さらにドライブ弾以降ではテクニカルゲージを上げすぎるとネット対戦では相手オーバーチャージの危険性が出て来るようになってしまった。条件が条件がゆえに発動しないわけにも行かないので危険度は高い。
オマケにゴースト弾でのゲキレツ変更で 表面はゲキレツでも80止まり&パンチ(バースト後剣)2、キック3という構成になって 大半のキャラとダブルアタックしにくいという2重苦に...
D1-055CPテクニカル
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 550タイリョク 2750
ヒッサツワザサイクロンブロー1450コスト 4
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、チーム全体のボウギョ・ひっさつ+200 さらにテクニカルゲージが超パワーアップする
スロットG 80拳 80拳 70蹴 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーW ルナトリガー
ステータスコウゲキ 1000ボウギョ 1000タイリョク 2750
ヒッサツワザトリガーフルバースト2700コスト 6
バーストアビリティ2番目にバーストしたとき、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+400
スロットG 100銃 80銃 80蹴 70蹴 60蹴 60
CPボーナスバーストゲージアップ
備考こちらはルナトリガーへチェンジする。かれこれ6弾分もルナトリガーを見ているので目新しさはない...
が、LRドライブと同様コウゲキボウギョ両方がバースト後に4桁到達しているカードというポイントがある。ただバーストアビリティの上昇領域が上と違ってボウギョ以外となっているので どちらかといえば攻撃重視なのだ。さらに上と同じくドライブ弾以降ではテクニカルゲージを上げすぎるとネット対戦では相手オーバーチャージの危険性が出て来るようになってしまった。
オマケにゴースト弾でのゲキレツ変更で 表面はゲキレツでも80止まり&パンチ(バースト後剣)2、キック3という構成になって 大半のキャラとダブルアタックしにくいという2重苦に...

D4弾

D4-030Nブレイカー
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 500タイリョク 2000
ヒッサツワザサイクロンブロー1400コスト 2
アビリティチームタイリョク+500 さらに、バーストゲージが上がりやすくなる
スロットG 90蹴 90拳 70蹴 70拳 50蹴 50
バースト仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 650タイリョク 2000
ヒッサツワザプリズムエッジ2350コスト 5
バーストアビリティ1番目にバーストしたとき、チーム全体のコウゲキ+500
スロットG 100蹴 100剣 80蹴 70剣 50蹴 50
備考最近ジョーカーが多かったのでしばらく休んでいたが 最強フォーム登場にあわせて再登場。加えて初のブレイカータイプである。
表アビリティは 実はライジング初のタイリョクアップ効果である(吸収とか回復はたくさんあったが)。
同弾に最強フォームLRやCPが控えているが、ブレイカーと言うポイントがあるので差別化はできているといえる。
ただゴースト弾でのゲキレツ変更で パンチ(バースト後剣)2、キック3構成になってしまい 大半のキャラとダブルアタックしにくくなってしまった。これはもうCJのカード全般...(泣)
D4-053CPフィニッシャー
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 750タイリョク 2700
ヒッサツワザサイクロンブロー1750コスト 3
アビリティチームにパッションタイプがいるとき、ひっさつ+800 ライジングパワー+2
スロットG 90拳 80拳 80蹴 60蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 1000ボウギョ 950タイリョク 2700
ヒッサツワザライジングメガマックス2550コスト 6
バーストアビリティチーム全体のコウゲキ+1500 さらに、チームにオーズがいるとき、カウンター発生率が超アップする
スロットG 100拳 100拳 80蹴 60蹴 60蹴 50
CPボーナスバーストゲージ上昇量アップ
備考トリプライドCPとしても登場。実は旧2弾の戦国大合戦CP以来のフィニッシャー高レアなWである。そのため火力ならLRに迫るが、CJでは珍しい高低真っ二つなスロットなど他面は少々問題があるので仲間で補おう。
そうなってくると、やはりというかトリプライド指定のD4CPフォーゼD4CPオーズという事になるのだが...

K1弾

K1-027Nトリッキー
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 2100
ヒッサツワザサイクロンブロー1400コスト 3
アビリティチームにアタッカータイプがいるとき、チーム全体のボウギョ+200
スロットG 90蹴 80蹴 70拳 60拳 60蹴 60
バースト仮面ライダーW ヒートメタル
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 550タイリョク 2100
ヒッサツワザメタルブランディング2450コスト 5
バーストアビリティ1番目にバーストしたとき、ライジングパワー+3
スロットG 90蹴 90蹴 70剣 70剣 70蹴 60
備考流れ的にエクストリームN落ちかと思ったがヒートメタルN落ち扱いであった。ただCJ〜HMという流れはドライブ1弾シフトバーストCP以来である。さらにマシン排出初トリッキータイプでもある(載せていないが、お菓子プロモでは1枚あった)
だが正直能力・アビリティ内容共にN相当なのは残念。...まあ流石にそのお菓子プロモよりはマシだが

K3弾

K3-058CPブレイカー
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 750タイリョク 2650
ヒッサツワザサイクロンブロー1650コスト 4
アビリティコウゲキ・ひっさつ+300 さらに、テクニカルゲージがアップする。
スロットG 90拳 70蹴 70拳 70拳 70蹴 50
バースト仮面ライダーW ファングジョーカー
ステータスコウゲキ 1000ボウギョ 900タイリョク 2650
ヒッサツワザファングスライザー2800コスト 8
バーストアビリティバーストしたとき、コウゲキ・ひっさつ+1000 さらにテクニカルバトルに勝っていたらひっさつ+1000 AP+20
スロットG 100拳 80蹴 70拳 70拳 70蹴 60
CPボーナスひっさつ超アップ
備考トリプライドCPからしばらく空いて ファングジョーカーを引っ提げて再びCPに舞い降りたW。安定したスロットとCJのバランスのいい能力からバースト時の特攻型が魅力的だが、アビリティが非常に強力であり表はあの4-034上位互換とも言える無条件でテクニカルゲージアップ!さらにバーストアビリティも全て発動すればコウゲキ・ひっさつ+2300(ブレイカーの効果でコウゲキ+1000)、AP+20の上に相手のアビリティを封印というまさに劇中通りの手の付けられなさとなる。今回のCPの中でもかなりの驚異カードになるかもしれない。
同弾のLR表からFJはAP・ゲキレツ増やし&超火力重視型かつブレイブタイプなので、安定性はこちらが上であり それでもかなりの火力を保っているのはやはりファングジョーカー。
またCJには珍しくパンチの多いスロットである。FJの方にあわせたのだろうか

K5弾

K5-035Rパッション
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 500タイリョク 2350
ヒッサツワザサイクロンブロー1550コスト 3
アビリティパッションタイプのコウゲキ・ひっさつ+300
スロットG 80拳 80拳 70拳 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーW ファングジョーカー
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 900タイリョク 2350
ヒッサツワザファングスライザー2350コスト 5
バーストアビリティ2番目にバーストしたとき、ひっさつ+800 アタックポイント+10
スロットG 90拳 80拳 80拳 70蹴 70蹴 60
備考前回は表からファングがSR落ちだったが 今回はCPだったCJ〜FJ構成がR落ち。ファングストライザーR落ち扱いでもある。
ただ チェインほどでないにせよ最初にバーストさせてバースト上昇率アップから二人目バーストを狙う目的のパッションタイプにバーストアビリティ2番目バースト条件が噛み合っていないのが最大のネック。また表スロットも最大値80止まり。二人の息があってないのだろうか...

K6弾

K6-035Nジャマー
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 650タイリョク 2150
ヒッサツワザサイクロンブロー1450コスト 2
アビリティAPバトルに負けたとき、チーム全体のコウゲキ+250
スロットG 90拳 80拳 70蹴 60拳 60蹴 60
バースト仮面ライダーW ルナトリガー
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 600タイリョク 2150
ヒッサツワザトリガーフルバースト2550コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、オイウチ・ミガワリ発生率がアップする
スロットG 90銃 80銃 70蹴 70銃 70蹴 70
備考初のジャマータイプ,さらに超久しぶりのルナトリガーへチェンジする構成で登場。
ただそれが故にアイコンが素手から銃に切り替わってしまう...が、実は表アビリティがコウコウ始動・そしてボーナス発動中にいかに先手を取るかが鍵のジャマータイプなので あえて銃持ちの仲間と組むのが正解。
何気にバーストアビリティに加えジャマーボーナスもあるので バースト必殺火力は合計3850となり バースト後スロットがサイクロンメモリの能力上乗せしたんじゃないかと思える脅威の70保証と Nとしては侮れない能力である。
銃持ちの仲間...といえばやはりおやっさんで決まりだ。

G1弾

G1-034Nパッション
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 550タイリョク 2500
ヒッサツワザサイクロンブロー1500コスト 3
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、バーストゲージが上がりやすくなる。
スロットG 80蹴 70蹴 70拳 70蹴 70拳 60
バースト仮面ライダーW ファングジョーカー
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 800タイリョク 2500
ヒッサツワザファングストライザー2450コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、テクニカルバトルに勝っていたら、ひっさつ+300 さらに、あいてのチーム全体のボウギョー100
スロットG 90蹴 80蹴 80拳 70蹴 70拳 60
備考CJ〜FJ構成のN落ちで3弾連続の登場。表裏ともにアビリティが一貫してテクニカルバトル絡みなのだが自力ではテクゲ周りがどうしようもないので仲間の強力が必須。そしてまたまた表スロット最大値80止まりと二人の息があってないまま...幸い、同弾アクセルがテクゲアップのアビリティ持ちなのでスロットの噛み合わせは犠牲になるが起用するのがセオリーになるか。
ちなみにバースト面のFJイラストはガンバライド 9-001 SRの再録である。

G3弾

G3-037SRチェイン
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 900タイリョク 3000
ヒッサツワザサイクロンブロー1500コスト 4
アビリティテクニカルバトルでパーフェクトに止めていたとき、アタックポイント+10 カウンター発生率がアップする さらに、テクニカルゲージスピードがダウンする
スロットG 90拳 80拳 70蹴 70拳 60蹴 50
バースト仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 1250ボウギョ 900タイリョク 3000
ヒッサツワザストームキック3000コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+1000 全てのチームのアタッカータイプのアタックポイント-10 さらに、あいてのチームのミガワリ効果・発生率をダウンさせる
スロットG 100拳 80拳 80蹴 70拳 70蹴 50
備考実はライジングでは初のSR名義(CPは色々あったが)で登場。
表アビリティはG1LVアップCPスナイプレベル1のように 一番上でとめてさえいればゲージの長さで上回られて負けても発動可能。本カードはAPアップとなっている。
そしてバーストアビリティは「全てのチームのアタッカータイプのAP-10」とアタッカーメタ効果になっている。...ただAP-10程度だと 高いAPが当然な昨今では力不足は否めない。そもそも既にアタッカーメタ新1号という存在がある上に 全員アタッカータイプというデッキも最近はほとんどない。
...そして何よりも...バースト必殺技が下位技。SRでバースト必殺技が下位技と言うのは初めてである...(鎧武1弾バーストCPにはあったけど)
G1弾でオーズタトバコンボが、G2弾でファイズが基本フォームライダーキック搭載にてLRとなっていたので、本来はその流れでジョーカーエクストリーム搭載のLRになる予定だったのだろうか?そしてそれは...(↓へ続く)

G4弾

G4-037LRパッション
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 650タイリョク 3900
ヒッサツワザツイスタークラッシュ1900コスト 4
アビリティボウギョ+500 カウンター発生率がアップする さらに、カウンターが発生したとき、次のラウンドまで、あいてのチームのオイウチ・ミガワリを封じる
スロットG 80拳 80蹴 80拳 60拳 60蹴 60
バースト仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 1250ボウギョ 1400タイリョク 3900
ヒッサツワザジョーカーエクストリーム3700コスト 8
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 あいてのチームのライダーガッツ率を超ダウンさせる。さらに、1番目にカードを出したとき、テクニカルゲージが超アップする
スロットG 90拳 80蹴 80拳 70拳 70蹴 60
備考LR人気投票枠として ↑前回で果たせなかった(チェインフィニッシュではなく単体での)ジョーカーエクストリーム実装でLR。
加えて表アビリティを見ればわかるとおり、初の表アビリティでミガワリ潰しという強力無比な能力を持つ...のだが、カウンター条件というのが問題。幸いガシャット弾では基本的なカウンター発生率が高くなっているのだが、それでも運次第な面は否めない。もっとも決まれば強力無比なのでこれくらいのリスクはあってしかるべきなのかもしれないが...
また、バーストアビリティもテクニカル重視となっているので 本カードを生かすならカウンターからのバーストで大逆転を狙うという方針以外にないのだがそれにも合わない。基本的なカウンター発生率が高くなってるったっていくらなんでもカウンター2連続というのはまずないので、せっかくのジョーカーエクストリームには申し訳ないのだが 他の逆転性高いカード...ブレイカーやゲキレツ100持ちなどにバーストを任せる方がいいだろう。
自前でカウンター率アップもあるが 当然それだけでは足りないので、G1LRオーズタトバや 当初からファングジョーカーと色合いそっくりと言われてるLRゾンビゲンム,そして同弾LR NEW電王といったカウンター率超アップを1枚、そしてもう1枚をテクゲージアップ持ち...となるとやはりLRパズルパラドクスか。
またその表アビリティは「相手のカウンターでも発動する」
相手次第になってしまうが上記とは真逆に超APアップ重視デッキを組んで、相手にカウンターを出してもらって耐え、次ラウンドでミガワリ封印中にしとめるという方針も一応アリなのだ。

BM1弾

BM1-036LRメカニカル
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 1000ボウギョ 800タイリョク 3800
ヒッサツワザサイクロンブロー1950コスト 5
アビリティコウゲキ+500 テクニカルゲージスピードがダウンする さらに、必殺技が発動したとき テクニカルゲージ・バーストゲージがアップする
スロットG 90拳 70蹴 70拳 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 1300ボウギョ 1200タイリョク 3800
ヒッサツワザジョーカーリボルエクストリーム3450コスト 8
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 オイウチ効果・発生率が超アップする。さらに、オイウチコウゲキが発動したとき、あいてのチームのライジングパワー-5
スロットG 100拳 80蹴 80拳 70蹴 60蹴 60
備考青年漫画誌にて仮面ライダーWの漫画「風都探偵」連載開始記念もかねて(しかも数年ぶりに翔太郎&フィリップそろい踏みの表紙という企画まであった)メカニカルで再度LR化。
ただ能力は若干スタートダッシュのかかりが悪く、効果の高いテクゲージ&バーストゲージアップは実質次ラウンドからとなっている。幸い必殺技「が」〜なので誰の必殺技でも発動してくれるのは幸いだが。
またメカニカルタイプであるため、せっかくの表アビリティ…の一部「テクニカルゲージがダウンする」は自分がバーストするとバースト効果「テクニカルゲージスピードをリセット」を受けて効果が消えてしまう。
バーストアビリティはオイウチで相手RPを大きく下げてくれるのはいいが 結局オイウチが出るかどうかにかかっているので確実性に難。
……と、バースト後はクセが強い。使うなら、表アビリティによる他カードへの援護が主目的となるだろう。
BM1-037Nジャマー
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 500タイリョク 2400
ヒッサツワザツイスタークラッシュ1500コスト 2
アビリティ1ラウンドのみ、ひっさつ+500 さらに、バーストゲージが上がりやすくなる。
スロットG 80拳 70拳 70蹴 70蹴 70拳 60
バースト仮面ライダーW ヒートメタル
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 800タイリョク 2400
ヒッサツワザメタルブランディング2600コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、あいてよりチームタイリョクが多いと、ボウギョ+400 ひっさつ+800
スロットG 90剣 80剣 80蹴 70蹴 70剣 60
備考ツイスタークラッシュいきなりのN落ち。表アビリティは1ラウンドのみひっさつアップとバーストゲージ上昇率アップ、バーストアビリティもタイリョク多い条件だがN相応のタイリョクしかないため無理に条件を達成させようとせずジャマータイプボーナスの効果のみを当てにしてバーストしてしまっても良いか。
余談だがバースト面のイラストは旧ライドの6-004 SRの再録である。

BM2弾

BM2-064CPブレイカー
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 950タイリョク 3150
ヒッサツワザツイスタークラッシュ1600コスト 4
アビリティAPバトルの合計値が230以下のとき、コウゲキ・ボウギョ+300 バーストゲージがアップする。さらに、必殺技を発動したとき、次のラウンドのみ、カウンター発生率が超アップする
スロットG 90蹴 90蹴 70拳 60蹴 60拳 50
バースト仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 1350ボウギョ 1050タイリョク 3150
ヒッサツワザWの探偵/探偵は二人で一人3150コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 スロットアイコンのアタックポイントを全て+10 さらに、チームタイリョクが5000以下だと、キックアイコンのアタックポイント+20
スロットG 100蹴 90蹴 90拳 60蹴 60拳 50
CPボーナスひっさつアップ連続必殺技完全終了後AP+10
備考平成ジェネレーションズCPトップバッターとして登場。
ただし表アビリティはそれこそ相反したものとなっている。前半のAP230以下というのは非常に低い値...それ以下、という事で実質後攻条件というわけである。それに対して後半は必殺技「を」〜なので カウンターを取らない限りは先行条件というわけだ。
バーストアビリティはまず基本的にスロット+10が入り、体力5000以下だとキックアイコンのみさらに+20が入るという、変則的な事になっている。ただキックアイコンが3つしかないので発動させたとしても外す可能性が高めなので あまり気にせずにブレイカータイプボーナスのみを考えてバーストしても問題ないだろう。どの道必殺技発動後にボーナスでAP+10も入るので 必殺バースト始動なら無理せずとも+20扱いになってくれる。

BM5弾

BM5-059CPテクニカル
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 750タイリョク 3200
ヒッサツワザサイクロンブロー1750コスト 3
アビリティAPバトルまたは、テクニカルバトルに勝ったとき、コウゲキ+400 アタックポイント+10 さらに、テクニカルゲージスピードがダウンする。
スロットG 80拳 80拳 70蹴 70蹴 60拳 60
バースト仮面ライダーW ファングジョーカー
or
仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム
ステータスコウゲキ 1250ボウギョ 1100タイリョク 3200
ヒッサツワザファングストライザー
or
ビッカーチャージブレイク
3250コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ボウギョ・ひっさつ+1000 あいてのチームのライダーガッツ率をダウンさせる。
さらに、ラウンド3以降だと、コウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+1000
スロットG 90拳/剣 80拳/剣 70蹴 70蹴 70拳/剣 70
CPボーナスバーストゲージ上昇率アップ
or
ひっさつアップ
備考勝利の選択キャンペーンにおけるレジェンド勢3人目はW。
表アビリティはAP&テクニカル勝利の2条件型であるが やはりというかこの手の宿命として初期状態では両部門とも素の状態なので、仲間二人であらかじめAP&テクゲージを上げておくのが必須だ。
表スロットが最大80どまり(50もない安定型だが)で競り負けやすいため テクゲージ重視の方がいいだろうか。
ただ何気にありがたいのが、バースト先にスロットが変わらずにすむファングジョーカーがある上に そちらの方がバーストゲージ上昇アップという点。本CPの他のカードの構成は 結構バースト後に武器装備する&そっちの方が固有ボーナス使えるというケースが多いので...

BM6弾

BM6-034Nアタッカー
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 500タイリョク 2450
ヒッサツワザサイクロンブロー1350コスト 3
アビリティ1ラウンド毎、あいてよりライジングパワーが多いとき、コウゲキ+200 チームタイリョクを300回復する。
スロットG 90拳 90蹴 70蹴 70拳 50拳 50
バースト仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 650タイリョク 2450
ヒッサツワザビッカーチャージブレイク2650コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、あいてよりチームタイリョクが多いと、ひっさつ+400
スロットG 90剣 90蹴 80蹴 70剣 60剣 60
備考前弾に続いて、バースト面を最終フォーム・エクストリームの構成で登場。ラウンド開始時にRP多い条件で体力を回復出来るため、これを利用してバーストアビリティの副次効果を上手に狙っていきたい。
BM6-054CPパッション
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 850タイリョク 3000
ヒッサツワザツイスタークラッシュ1500コスト 3
アビリティチーム相性ボーナスが4以上のチームだと、アタックポイント+10 バーストゲージが上がりやすくなる。スロットアイコンが2以上揃ったとき、コウゲキ・ひっさつ+400 オイウチ発生率がアップする。
スロットG 80拳 70蹴 70拳 70蹴 70拳 60
バースト仮面ライダーディケイド コンプリートフォーム
ステータスコウゲキ 1400ボウギョ 1000タイリョク 3000
ヒッサツワザ通りすがりのハーフボイルド3300コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 あいてのチームのテクニカルゲージスピードをアップさせる。さらに、チームにテクニカルタイプがいるとき、オイウチ効果・発生率が超アップする。
スロットG 100拳 80蹴 70拳 70蹴 70拳 60
CPボーナスコウゲキアップ
備考「レジェンドバトンタッチキャンペーン」トップバッターを飾ったのはW、そしてディケイド コンプリートフォームの「MOVIE大戦2010」コンビ。バースト面のみだがコンプリートフォーム初の素手でもある。このキャンペーンの統一アビリティとして「チーム相性ボーナス4以上でAP+10 バーストゲージ上昇率アップ」が設定されているがWの場合、人脈は豊富なのであまり難しく考えずに編成しても発動出来るだろう。
バーストアビリティにあるテクニカルタイプ指定は同弾Nディケイドと組むことを想定してのものだが他に劇中再現ならSRアクセル、クロスオーバーありきならトリプライドCPオーズLRライオンクリーナーが有力候補に挙がるか。

RT1弾

RT1-032Nジャマー
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 600タイリョク 2400
ヒッサツワザツイスタークラッシュ1500コスト 2
アビリティ.イウチが発動したとき、チーム全体の必殺+300
スロットG 90拳 80拳 80拳 60蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 600タイリョク 2400
ヒッサツワザジョーカーエクストリーム2600コスト 6
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+1200 ただし、テクニカルスピードがアップ
スロットG 100拳 80拳 80拳 70蹴 70蹴 50
備考RT1弾のタイミングで遂にジョーカーエクストリームN落ち。表アビリティはオイウチ発生条件のためAPバトルの勝利が必須事項となる上、肝心の発動率も確実とは言い難いのが難点。バーストアビリティにもテクゲージ速度アップのデメリットが付くためNとはいえ少々扱いにくいかもしれない。

RT5弾

RT5-031LRテクニカル
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 950タイリョク 3550
ヒッサツワザジョーカーエクストリーム1900コスト 5
アビリティ|膣屬吠神ライダーがいるとき、AP+20 RP+2 バーストゲージの上昇率超アップ
1R毎、RPが4以上だと、キックアイコンのAP+20 RP+2
スロットG 90蹴 70蹴 70蹴 70拳 60拳 60
バースト仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 1250ボウギョ 1350タイリョク 3550
メモリアルタッグフィニッシュトリプルエクストリーム3650コスト 10
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、攻撃・必殺+2000 相手のガッツ率を超絶ダウン
さらに、相手より体力が多いと、必殺を2倍 チーム全体のAP+10
スロットG 90蹴 90蹴 80蹴 70拳 70拳 60
備考「通りすがりの」「二人で一人の」「「仮面ライダーだ!!」」
平成ライダークロスオーバーの基礎を築いたMOIE大戦2010のトリプルエクストリームが まさにメモリアルタッグフィニッシュとして登場!
後ナンバーディケイドがテクゲージ担当で、こちらはAP・バーストゲージ担当と言える能力。ただ△離ック+20は肝心のキックアイコンが3つしかないので的中率は低め。三枚目は後ナンバーディケイドの件も含めてAP&テクゲージアップ持ちでサポートしたい所である。
バーストアビリティは決定力抜群で、無条件で相手ガッツ率超絶ダウンに加えて相手より体力多ければ必殺2倍にAP+30(扱い)まで入る。これも後ナンバーディケイドは逆の体力低い条件に対となっている。優勢時のトドメならこちらだ。
ただ後ナンバーディケイドにも言えることだが、ソロ活動はかなり難しい。キック重視なのだが、キック重視で表アビ△里燭瓩了弔RP+2を補えそうなのはメカニカルアギトくらいなのだが相性最大が条件で厳しい。そもそも素手に開幕RPアップ持ちが少ないし...

BS1弾

BS1-029Nジャマー
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 550タイリョク 2400
ヒッサツワザツイスタークラッシュ1700コスト 2
アビリティ1R毎、RPが4以下のとき、防御・必殺+200 ゲキレツアイコン+1
スロットG 90拳 80蹴 80蹴 70拳 50蹴 50
バースト仮面ライダーW ヒートメタル
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 1000タイリョク 2400
ヒッサツワザメタルブランディング2350コスト 5
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、相手より体力が多いと、防御+500 必殺+1000
スロットG 90剣 80蹴 80蹴 70剣 50蹴 50
備考メモリアルタッグフィニッシュを挟んで久しぶりの低レア、バースト面ではヒートメタルが2年振りに登場。表アビリティでゲキレツアイコンが増えるためゲキレツインパクト(旧ライダータイム)を狙うために活用したい。特にバースト後にアイコンが変化するパンチアイコンがゲキレツに置き換わればゲキレツかキックを狙うだけで良くなる。

プロモーションカード

P-070Nフィニッシャー
ノーマル仮面ライダーW サイクロンジョーカー
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 1900
ヒッサツワザサイクロンブロー1250コスト 3
アビリティ2番目にカードを出したとき、チーム全体のひっさつ+150
スロットG 90拳 80拳 70蹴 70蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーW ルナトリガー
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 600タイリョク 1900
ヒッサツワザトリガーフルバースト2300コスト 5
バーストアビリティミガワリ効果が超アップする。
スロットG 90銃 90銃 80蹴 80蹴 60蹴 50
備考ガンバライジングチョコスナック(2弾)付属。
同時期の2弾CPカードと比べると能力的には流石に見劣りするが、アビリティは2番目指定でチーム全体必殺アップ、バーストアビリティはミガワリ効果超アップと中々使える。
またトリガーフルバーストは1弾2弾共にCPだけの収録でコスト7以上が要求されるため、コスト5の低コストで済んでお手軽に使うことができた。もっともフィニッシャーなので実質3300という十分な威力であり、表アビリティによる+αも加わる。
ただゴースト弾でのゲキレツ変更で パンチ(バースト後剣)2、キック3構成になってしまい 大半のキャラとダブルアタックしにくくなってしまった。以前ではCJに珍しくパンチが高数値だったのだが、一番上がゲキレツになってしまったので...

備考

ガンバライジングデータ
声:桐山漣 菅田将暉
武器:無し
必殺技:サイクロンブロー メモリチェンジラッシュ メモリチェンジ・ジョーカーエクストリーム ライジングメガマックス
下位技:ストームキック

原作設定
登場作品:仮面ライダーW
武器:無し
必殺技:ジョーカーエクストリーム ジョーカーエクストリーム・ダブル(仮面ライダーアクセルとの合体技)
人間名:左翔太郎(演:桐山漣)&フィリップ(演:菅田将暉)

左翔太郎とフィリップが二人で変身する、初の複合変身ライダー。
半身ずつのフォームチェンジが最大の特徴で、戦闘スタイルと属性の組み合わせにより多彩な戦術を取ることが可能である。
サイクロンジョーカーは“運動能力の強化”を司る切り札を意味するメモリ「ジョーカー」と、スピードと“疾風”を司るソウルメモリ「サイクロン」の組み合わせによる仮面ライダーWの基本形態。
特徴としてはトータルバランスに優れ、技に長けており、スピードを活かした徒手空拳による格闘戦を得意とする。
ただし昨今の基本フォームの例に漏れず器用貧乏な一面もあり、フィリップのアドバイスを元にメモリチェンジで対抗する。
必殺技はマキシマムドライブを発動し 巻き起こる竜巻に乗ってジャンプ、急降下中に左右半身ずつ分かれて時間差2段ライダーキックを決めるジョーカーエクストリーム
またライアードーパント戦では仮面ライダーアクセルのバイクフォームに搭乗し、後輪を利用し空高くジャンプして繰り出すジョーカーエクストリーム・ダブルという連携技も披露した。


仮面ライダーW ルナトリガー
ガンバライジングデータ
声:桐山漣 菅田将暉
武器:トリガーマグナム(小型銃)
必殺技:トリガーフルバースト
下位技:ルナバースト

原作設定
登場作品:仮面ライダーW
武器:トリガーマグナム
必殺技:トリガーフルバースト トリガースタッグバースト
人間名:左翔太郎(演:桐山漣)&フィリップ(演:菅田将暉)

左翔太郎とフィリップが二人で変身する、Wの変身形態の1つ。
翔太郎が“銃”の扱いに長けるボディメモリ「トリガー」、フィリップが“神秘”を司るソウルメモリ「ルナ」で変身。
ボディサイド「トリガー」の特性により専用のエネルギー銃トリガーマグナムによる遠距離攻撃が可能。
ソウルサイド「ルナ」の特性により弾道を自在に操作する能力が付与され、相手をどこまでも追い続けるホーミング弾となる。
強力すぎて制御困難な「トリガー」の力を「ルナ」で弾道制御できるため、トリガー系でありながら使い勝手は非常に良い。
必殺技はマキシマムドライブを発動、ホーミングエネルギー弾を超乱射するトリガーフルバースト
スタッグフォンをトリガーマグナムに合体、2発のエネルギー弾がクワガタの角を模した弾道を描いて相手を挟み撃ちにするトリガースタッグバースト

仮面ライダーW ヒートメタル
ガンバライジングデータ
声:桐山漣 菅田将暉
武器:メタルシャフト(棒)
必殺技:メタルブランディング
下位技:メタルクラッシュ

原作設定
登場作品:仮面ライダーW
武器:メタルシャフト
必殺技:メタルブランディング
人間名:左翔太郎(演:桐山漣)&フィリップ(演:菅田将暉)

左翔太郎とフィリップが二人で変身する、Wの変身形態の1つ。
翔太郎が鋼を司るボディメモリ「メタル」、フィリップが炎を司るソウルメモリ「ヒート」のガイアメモリを変身ベルト「ダブルドライバー」に差し込んで変身。
ボディサイド「メタル」の特性によりパワーと防御力が優れており、専用の棒術武器メタルシャフトが使用できる。
一方ソウルサイド「ヒート」の特性により脳内物質「ヒートボルテージマター」が分泌されて攻撃的な性質となり、各種攻撃に炎熱の性質が付与される。
攻撃力と耐久力に優れたフォームであり スピードは遅めだがそのパワーを利用しているジャンプ力には優れているため
サイクロンジョーカーに次いでバランスが良く使用頻度も高い。特にサイクロンジョーカーでは対抗しきれない防御の固い相手にこのフォームで挑む事が多い。
必殺技はマキシマムドライブを発動、メタルシャフト両端に炎を纏わせ叩き付ける もしくは振り回して炎を飛ばすメタルブランディング

仮面ライダーW ファングジョーカー
ガンバライジングデータ
声:菅田将暉 桐山漣
武器:なし
必殺技:ファングストライザー ショルダーファング
下位技:

原作設定
登場作品:仮面ライダーW
武器:アームセイバー ショルダーセイバー
必殺技:ファングストライザー ライダーツインマキシマム(仮面ライダーアクセルとの合体技)
人間名:フィリップ(演:菅田将暉)&左翔太郎(演:桐山漣)

フィリップと左翔太郎が二人で変身する、Wの特殊強化形態。
通常のWと違い、翔太郎の肉体ではなくフィリップの肉体に翔太郎の意識が憑依して変身する仕組みである。
しかしこのフォームは初使用時(初めてWに変身した際)に暴走し、危険があったためフィリップは使用を自重していた。
翔太郎の危機に意を決して変身するもののやはり暴走してしまったが、精神世界で翔太郎がフィリップの精神を助け出し見事克服したのだった。

その姿は獣が如く、格闘戦に於いては後発のサイクロンジョーカーエクストリームをも凌ぐ無類の強さを誇る。
武器はファングメモリの角を1回弾く事で右腕にブレードを生やすアームセイバー
角を2回弾く事で肩に生やしたブレードをブーメランのごとく投げる、もしくは手に所持して切りかかるショルダーセイバー。ショルダーセイバー投擲で遠距離戦もある程度はこなせる。
ただし上記のとおり暴走を抑制しなければならず、そのためには翔太郎の精神適合が一番高いジョーカーメモリが必須なので
左メモリ側を通常のWのようにハーフチェンジする事は出来ない。

またあくまでフィリップがメインとなるため、通常のWから直接この形態に移行する事はできない。(※旧ガンバライドやガンバライジングでは行われているが あくまでゲーム上の演出である)
そのため相手によって事前に選択して変身する形や、別行動していたフィリップに危険が及んだ場合や 翔太郎が何らかの形で戦闘できない(負傷している、依頼人から離れられない、など)...といった状況で変身する形を取る。

必殺技はファングメモリの角を3回弾いてマキシマムドライブを発動、右足にブレードマキシマムセイバーを生やし横回転回し蹴りで切り裂くファングストライザー
回し蹴りだけでなく前蹴りなど多数のキックパターンがある。

ウェザードーパントこと井坂深紅郎との戦闘では仮面ライダーアクセルのアクセルグランツァーファングストライザーとのダブルライダーキックライダーツインマキシマムを繰り出し大ダメージを与えた。

仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム
声:桐山漣 菅田将暉
武器:プリズムソード(片手剣)
必殺技:ビッカーチャージブレイク
下位技:プリズムエッジ


原作設定
登場作品:仮面ライダーW
武器:プリズムビッカー
必殺技:プリズムブレイク ビッカーファイナリュージョン ビッカーチャージブレイク ダブルエクストリーム ダブルプリズムエクストリーム
人間名:左翔太郎(演:桐山漣)&フィリップ(演:菅田将暉)

仮面ライダーWがエクストリームメモリを使って変身したサイクロンジョーカーの強化形態でWの最強形態。従来のフォームとは違い エクストリームメモリに融合したフィリップと左翔太郎の精神と肉体が一体となった形態である。
地球が持つ全ての記憶にアクセスする能力を持っており、ドーパントの性質や癖を把握し、常に優位性を保ったまま戦闘することが可能となっている。また、後述の武器プリズムソードのマキシマムドライブ プリズムブレイクにより相手のメモリの力を無効化する事すら可能。
ただし同等の能力を備えたクレイドールエクストリームにアクセス妨害され機能不全に陥ってしまう事があった。
地球の記憶アクセス能力を除けば全体的な能力は実はサイクロンジョーカーを一回り強化した程度であり(格闘戦能力においては先発のファングジョーカーの方が上)、上記の妨害問題もあって 他フォームで戦いつつある程度相手の能力を把握してから本フォームを発動、地球の記憶にアクセスして弱点を探しトドメ、という流れになった。

武器はプリズムビッカー
プリズムメモリをセットすることでアクティブ状態となり、さらにプリズムソードビッカーシールドに分離することが可能な万能武器である。
プリズムビッカーには4つのマキシマムスロットがあり(プリズムソードのスロットを含めれば5つ)4本のガイアメモリを差し込んでマキシマムドライブを発動。メモリの力をソードに収束しての斬撃ビッカーチャージブレイクや七色の光線ビッカーファイナリュージョンを放つ。
さらにエクストリームメモリのマキシマムドライブによる必殺キックダブルエクストリームもある。

ユートピアドーパントとの最終決戦ではマキシマムスロットにプリズムメモリを挿入し さらにエクストリームメモリのマキシマムドライブを発動、全てのエネルギーを収束した連続両足蹴りダブルプリズムエクストリームを繰り出し撃破した。
だがそれは 同時に限界を超えたフィリップの消滅も意味していた...

このページへのコメント

メモリアルタッグのマキシマムゲーマー(+ムテキガシャット)と組ませると、W側のラウンド1の補完もできて後々のRPも残しやすいので非常に使いやすいですよ
3枚目はゲージに極振り(二段階ずつアップ)の相方を選びたいですが、ガンバライダー以外のパンチアイコンキャラではメモリアルタジャドルくらいしかいないのが……

0
Posted by  satsuki_aiai satsuki_aiai 2019年06月11日(火) 23:34:37 返信数(1) 返信

satsuki_aiai さん>
分離マキシマムも記載しようかと思ったんですが
やっぱりそのテクゲージ要員問題が・・
メモリアルタジャドル以外は「(略)APバトル270以上テクゲージ超アップ」なガンバライダー以外ない気がする。

0
Posted by  bykelike bykelike 2019年06月12日(水) 22:30:23

bykelikeさん>こんばんは。情報ありがとうございます。
 ただ、演出も含めて、自分で使って確認できないのがなんとも口惜しいです…。

0
Posted by オエージ 2017年04月19日(水) 00:17:21 返信

オエージさん>
情報によると本当に敵カウンターでも発動するそうで・・

説明文どおり AP重視で相手にカウンターしてもらうという戦法も?

0
Posted by  bykelike bykelike 2017年04月18日(火) 23:29:37 返信

オエージさん>
そういえば「自分チームのカウンター」とは書いてないな・・
相手カウンター抑止にもなりえるのだろうか。

持ってないし、対戦で使う人少ないから(今まで50戦して1回だけ遭遇)検証できない(泣

0
Posted by バイク技好き 2017年04月07日(金) 20:23:20 返信

こんばんは。

G4弾LRの表アビリティの一文、「カウンターが発生したとき」とは、相手のカウンターも含むのでしょうか?だとしたら、実は凄ーく強いアビリティな気がするのですが。
 できるのなら、自分で試してみたいものですが(苦笑)

0
Posted by オエージ 2017年04月06日(木) 23:37:52 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

旧トップページ
※上メニューの「トップページ」を選択するとメニューバーになってしまいます
※↓の事柄も含めてバーストライズ弾へ対応していないページが一部ございます。ご了承ください。
バーストライズ弾からのテクニカルゲージアップ率変更について

コンテンツ

コミュニティ

システム・遊び方
[おもちゃ連動]
ライダータイム弾からのおもちゃスキャン関係について
<ゴースト> <エグゼイド> <ビルド> <ジオウ>
おもちゃスキャンタイム(ライドウォッチスキャン)
<ゼロワン>
おもちゃスキャン(プログライズキースキャン&ブットバソウルメダル)

ジオウカード別各種システム
原作に基づいた称号 クロスオーバー称号

・ICカード関連システム
ひとりであそぶモード
育成要素
サポートアイテム系

カードリスト
  • (マシン)
<ゼロワン>BS1弾
<ジオウ>RT6弾 RT5弾 RT4弾 RT3弾 RT2弾 RT1弾
<ビルド>BM6弾 BM5弾 BM4弾 BM3弾 BM2弾 BM1弾
<エグゼイド>G6弾 G5弾 G4弾 G3弾 G2弾 G1弾
<ゴースト>K6弾 K5弾 K4弾 K3弾 K2弾 K1弾
<ドライブ>D6弾 D5弾 D4弾 D3弾 D2弾 D1弾 
<鎧武> 6弾 5弾 4弾 3弾 2弾 1弾
  • (プロモ) 
<ゼロワン>PBS
<ジオウ> PRTプレバン限定バインダー付属(BR)
ライダータイムパック(RT3)ライダータイムパック2(RT4)プレバン限定バインダー2付属(BR2)
<ビルド> PBMベストマッチパック!パック2パック3
<エグゼイド> PG/(パック)GP
<ゴースト>(玩具付属)T /(その他)PK
<ドライブ>PB,PD
<鎧武>P
  • (ゴールドカード) G,BG


データアーカイブ
その他
廃止されたシステムなど

←クリックで各リンク表示

編集にはIDが必要です