ガンバライドに代わるデータカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジングについてカードデータ・そのほかのデータをまとめたwikiです

相性値(詳しくは相性値リストのページ参照)
アタッカーテクニカルフィニッシャートリッキーパッション
(0,4,2,0,1,1)(0,2,2,2,2,0)(1,1,1,1,3,1)(3,0,2,0,0,3)(0,4,1,1,2,0)
ブレイカーブレイブチェインジャマーメカニカル
(4,0,1,2,0,1)(1,2,3,1,0,1)(1,0,1,3,2,1)(未登場)(0,1,3,1,1,2)

関連あるチームボーナス称号

←クリックで表示


フォームリンク
グローイングフォームライジングマイティアメイジングマイティ
マイティフォームライジングタイタンアルティメットフォーム
ドラゴンフォームライジングペガサス
ライジングドラゴン



6弾

6-040LRトリッキー
ノーマル仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 650タイリョク 2100
ヒッサツワザアルティメットフィニッシュ1300コスト 2
アビリティAPバトルに負けたとき、チーム全体のひっさつ+350
スロットG 90拳 70拳 70拳 70拳 60蹴 60
バースト仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 900タイリョク 2100
ヒッサツワザ凄まじき拳2900コスト 7
バーストアビリティ1番目にバーストしたとき、ひっさつ+3000。ただし、ライジングコスト+3
スロットG 100拳 70拳 70拳 70拳 70蹴 70
備考LREXにて過去に出たフォームで初の表面登場。一応LR落ちという話になるのだろうか。加えてクウガ初トリッキータイプでもある(イメージカラー的に 初トリッキーはタイタンだと思っていたのだが...)
前回(?)凄まじきテクニカルゲージというコンセプトだったが 今回はバーストアビリティが示すように凄まじき一発型。合計で5900と、旧5弾まで理論上最も高い数値だったフォーゼマグネットの(表裏アビリティ1回ずつ込み)「5450」を上回った。そっちはAPマイナスのデメリットもあるので確実にこちらが勝ち...
なのだが それでもスロットが弱めなのと トリッキー体力多い版ボーナスで相殺しても(実質)コスト8なのが最大の問題。似たようなコスト10(扱い)なLREX極アームズはAP+20があるため そっちと比べたら明確に劣る点である(体力低い版ボーナスを取れば補えるのだが...)
ただ実はLR初の表必殺コスト2なのでRP残量がカウンター発生に直結するドライブ1弾では貴重に。いっそのこと後攻時必殺大幅増強専門と割り切るのも手だ。
ただ幸い、ドライブ1弾にてAPバトルが合算になったので 70オンリースロットがある意味利点になりやすくなった、バースト必殺の火力が全体的に落ちているので 本カードのような強烈な必殺が欲しい、前回のLREXがルール変更のあおりをモロに受けて弱体化した...という追い風はある。
続いてドライブ3弾にてトリッキーコストダウンが-2になった...のだが、これ以上のバースト必殺威力を持つカードがゾクゾクと登場してしまった。正直アイデンティティを保てるかどうか...という事で?長い時を経て新生する事になった(続く)

K2弾

K2-013Rブレイブ
ノーマル仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 600タイリョク 2300
ヒッサツワザアルティメットフィニッシュ1400コスト 2
アビリティチーム全体のコウゲキ+250 さらに、オイウチ効果がアップする
スロットG 90蹴 90拳 80拳 60拳 50蹴 50
バースト仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 700タイリョク 2300
ヒッサツワザ凄まじき拳2400コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、チームタイリョクが3500以下だと、アタックポイント+10 さらに、バーストゲージが上がりやすくなる
スロットG 100蹴 90拳 90拳 70拳 50蹴 50
備考まさかの表からアルティメットR落ち。そしてクウガ初ブレイブタイプである。
前回から丸2年経ってステータスがインフレになっているとはいえ 実は体力はLRより上、ついでに表必殺の威力も上だったりする。どちらも微々たる差ではあるが...
クウガのカードはAPアップに乏しかったので 体力半分のデメリットがあるとはいえブレイブは歓迎だろう。ただしそれでもスロットが高低真っ二つで50が二つもあるため 出来ればバーストアビリティも加算させたい。幸い体力半分の後から判定するため発動はしやすいだろう

K6弾

K6-053CPフィニッシャー
ノーマル仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 550タイリョク 2600
ヒッサツワザアルティメットフィニッシュ1650コスト 4
アビリティAPバトルに勝ったとき、コウゲキ+300 アタックポイント+20 さらに、あいてのチーム全体のボウギョ-200
スロットG 90拳 70蹴 70拳 70拳 60拳 60
バースト仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 1200ボウギョ 950タイリョク 2600
ヒッサツワザ凄まじき拳2700コスト 8
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 テクニカルゲージがアップする。 さらに、ラウンド3以降だと、あいてのチーム全体のアタックポイント-10
スロットG 100拳 80蹴 70拳 70拳 70拳 60
CPボーナスコウゲキアップ
備考最強!ライジングバーストCPトップバッターはアルティメットフォーム。表アビリティはAPバトル勝利時にコウゲキ・APアップと相手チームのボウギョ弱体化が図れる。何の因果かSRアギトシャイニングと似たような効果なのは 闇と光とで皮肉なのか(こっちはデメリットないけど)
バーストアビリティに関してはライジングで初めてとなる「始動ラウンド指定型」が採用されている。通常だとラウンド2辺りでバースト可能な状態となっているはずなのでタイミングを合わせればラウンド3からの発動に間に合わせる事が出来る。フィニッシャーのタイプ効果を犠牲にしても活用する価値はあるだろう。
尚、今弾CPカードには印象的なセリフと最強フォームにまつわるキーアイテムが描かれている。アルティメットフォームの台詞は「見ててください、俺の変身!」、キーアイテムはアルティメットアークルのイラストが描かれている。
(但し厳密に言うとアルティメットフォームへの変身時はこの口調ではなかったが...)

G2弾

G2-018Rパッション
ノーマル仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 550タイリョク 2650
ヒッサツワザアルティメットフィニッシュ1550コスト 3
アビリティAPバトルに勝ったとき、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+200
スロットG 80拳 80拳 70蹴 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 1200ボウギョ 650タイリョク 2650
ヒッサツワザ凄まじき拳2850コスト 7
バーストアビリティ1番目にバーストしたとき、ライジングパワー+3
スロットG 90拳 90拳 80蹴 70蹴 60蹴 60
備考最強CPをはさんで いよいよ表からアルティメットもN落ちか...と思っていたが今回もRだった。ステータス自体はガシャット弾での底上げのおかげもあるが最強CPと遜色ない程。特に体力は50だけだが上回っている。
...だが、やはりアビリティの内容で劣るのと その表アビリティがAPバトル勝利条件なのに表スロットが最大80止まり(幸い50もないけど)なのが問題。

G6弾

G6-057CPパッション
ノーマル仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 1000ボウギョ 700タイリョク 3050
ヒッサツワザアルティメットフィニッシュ1750コスト 4
アビリティコウゲキ+300 ゲキレツアイコン+1 さらに、3ラウンド目に、チーム全体のゲキレツアイコンのアタックポイント+50
スロットG 90拳 80拳 70蹴 60拳 60蹴 60
バースト仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 1200ボウギョ 650タイリョク 3050
ヒッサツワザライジングトリプルコンビネーション
(with仮面ライダーアギト シャイニングフォーム,
仮面ライダー龍騎サバイブ)
3300コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 バーストゲージが超上がりやすくなる さらに、APバトルに勝っていたら、このラウンドのみ、ひっさつを2倍にする
スロットG 100拳 100拳 70蹴 60拳 60蹴 60
CPボーナス?
備考4弾ぶりの登場は、最強トリプルライダーCPトップバッターとしての登場となった。
単純に4弾間の能力底上げでステータスはかなりの物、特に攻撃は表で4桁に到達しているLRクラス。
ただ残念なのはゲキレツ+50がラウンド3開始な事。ラウンド2にバーストしてRP,バーストゲージ上昇率を上げるのが役目であるパッションタイプにかみ合ってないのだ。ただこれを踏み倒してしまってはこのカードの肝がなくなってしまうので、パッションタイプ特性は無視して運用するしかないだろう。
ゲキレツ50を生かすなら やはりゲキレツ増やしを持つカードでデッキを組むといいだろう。

BM3弾

BM3-020Nアタッカー
ノーマル仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 500タイリョク 2350
ヒッサツワザアルティメットフィニッシュ1600コスト 2
アビリティ1ラウンド毎、ライジングパワーが4以下のとき、コウゲキ・ひっさつ+200 ゲキレツアイコン+1
スロットG 80拳 80蹴 80拳 70蹴 60拳 50
バースト仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 550タイリョク 2350
ヒッサツワザ凄まじき拳2700コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、あいてのカウンター発生率をダウンさせる。
スロットG 100拳 90蹴 80拳 70蹴 60拳 50
備考途中に他フォーム始動はあったが アルティメットフォームとしては実に3弾ぶりでついにN落ちとなった。現行2号・3号ライダーの変身ベルト副作用がアルティメットフォームと似ているから、...そしてビルドのさらなる新フォームがアルティメットとうり二つだから、だろうか?
表アビリティもただでさえ表スロット最大80どまり&50もあると低いのにゲキレツ増やしなので ダブルアタック連携すら取りにくくなってしまうのが難点。使うなら表からゲキレツスロットアップが欲しい所だが それの筆頭はそれこそ6弾前の自分だったりするので(泣)

RT6弾

RT6-021Rブレイブ
ノーマル仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 700タイリョク 2300
ヒッサツワザアルティメットフィニッシュ1600コスト 2
アビリティAPバトルに勝ったとき、必殺+300
▲謄ニカルバトルに勝ったとき、RP+1
スロットG 90拳 80拳 80蹴 60蹴 60拳 50
バースト仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 1200ボウギョ 900タイリョク 2300
ヒッサツワザ凄まじき拳2800コスト 6
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+1000 さらに、RPが10以上だと、次のRのみ、AP+30
スロットG 90拳 90拳 80蹴 70蹴 60拳 60
備考前弾で小野寺クウガが参戦したことと、最終フォーム特集弾ということで登場。表アビリティ△RP+1をうまく活用することでバーストアビリティのRP10以上を発動させれば凄まじい加速を得られる。テクゲージアップ持ちの仲間と組めば十分狙っていけるか。
余談だがRT6弾ではこのカードを初めとした今弾CPでセンターを飾らなかった最終フォームが低レアで収録されている。

BS6弾

BS6-024
(パラレルに差異あり)
LRフィニッシャー
ノーマル仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 1300ボウギョ 1100タイリョク 3800
ヒッサツワザ超自然発火能力2000コスト 5
アビリティ.繊璽爐貌韻献織ぅ廚居ないとき、1R毎 AP+20 テクニカルゲージがアップ 相手の体力-400
▲好蹈奪箸鮖澆瓩燭箸、体力が最大でないと AP+10 バーストゲージがアップ 相手の体力-400
スロットG 90拳 80拳 70蹴 60拳 60蹴 60
バースト仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 1350ボウギョ 1150タイリョク 3800
メモリアルフィニッシュ悲壮の拳3500コスト 10
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+4000 相手のミガワリ発生率を超ダウン
さらに、APバトルに1位回以上負けていたら。RP+10 次のRまで、全てのチームのガッツ率を超絶ダウン
スロットG 100拳 90拳 70蹴 70拳 60蹴 60
備考清らかなる戦士心の力を極めて戦い邪悪を葬りし時汝自らの邪悪を除きて究極の闇を消しさらん
バーストライズ6弾メモリアルフィニッシュとして再度LR化。
最大のポイントは初の発動条件となる「スロットを止めたとき、体力が最大でないと〜」。この△泙波動すれば,盍泙瓧吋薀Ε鵐彬AP+30&テクゲージ・バーストゲージアップ&相手に強制800ダメージという凄まじき性能となるので 体力マイナスを持つカードと組ませたい。
ただパンチアイコンで体力マイナスのデメリットを持つカードがあまり居ないというのが最大の問題。スロット前に...となると本当に少ない。さらに無条件で体力マイナスというのも それは最大値を下げているだけなので「体力が最大でないと〜」にならないのがネック。候補としてはプレバンバインダー2アマゾンオメガか。さらにこれにあわせろといわんばかりに、超絶ウィークリーバトル夏の陣チケット最終500枚目がガンバライダー表アビ「1R毎AP+15 ただし体力-500◆蔑)」、その前にも200枚目のライズコネクターが「ラウンド1開始時 タイリョク-500 アークドライバーにセットすると(略)」という物であり(体力マイナス効果はどのベルトシステムでもOK)ぜひ攻略して手に入れたい。さらに後に登場した仮面ライダーオルトロスバルカンが体力マイナス&本カード並みのゲインを誇るのでベストだ。そしてついに仮面ライダーゼロワン ヘルライジングホッパーというある意味暴走つながり?なベストの相方も登場した。
----
もっとも表アビ,世韻任1ラウンド毎AP+20&テクゲージアップとなっているので ラウンド2からの発動とする手もあるにはあるが。
確かに体力を1回削らなければならないという条件があるとはいえ、後はタイプ被りをしないだけでカード出し順番なしにAPテクゲージ累積,ついでに相手へ強制ダメージ付きと言うのはかなり便利である。
----
ただこのアビリティは...もしネット対戦で双方このカード入りのデッキの対決となった場合,まさに双方体力を削りに削ってAP+合戦という 壮絶な殴り合いとなるのは想像にかたくない...
(備考参照だが クウガアルティメットとはン・ダグバ・ゼバとほぼ同等の存在である。つまりクウガアルティメットvsクウガアルティメットとは クウガアルティメットvsン・ダグバ・ゼバと同等と言っても過言ではないのだ...)
なおタイプ被りNGという事で GLRクウガアメイジングマイティとは組めないので注意。前段階だから同時に存在するのはおかしいという事か。
さらにこのカードと同じタイプ、ではなく「チームに同じタイプが居ないとき」なので 例えば他2枚が上記のプレバンバインダー2アマゾンオメガ仮面ライダーイクサ セーブモード(音也)#BS5-032だとブレイカー2枚という事でこれもNG。その辺お手軽に強い組み合わせは出来ないよう調整しているのだろう。
----
もう一つの難点としてなまじAPアップが高いが故に「AP+100上限にすぐ到達してしまう」。仮面ライダーゼロツー#BS6-001のAP上限アップであっても+10だけなのでつっかえやすい...のだが、ようやくパンチアイコンで「AP上限アップ」という仮面ライダーシンスペクター#ZB4-041が登場してきたので解消しやすくなった。
そして色合い的にもバッチリなのでパラレルカードが存在しているわけだが、なんとバースト必殺に明確な違いがあり「フィニッシュ直前のストマックブロー時 相手腹部にヒビが入る」!!(変身ベルト装備してるキャラは当然ベルトにヒビ、そうでないキャラでも腹部にヒビが...)パラレルパラドクスほどド派手に違うわけではないが、後のCP落ち版でも通常バージョンしか再録されなかったのでパラレル版を手に入れたい所である。

RM6弾

RM6-024Rブレイカー
ノーマル仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 1050ボウギョ 1050タイリョク 2050
ヒッサツワザアルティメットフィニッシュ2200コスト 3
アビリティ1R毎、必殺+300 AP+15
さらに、相手より体力が多いと、スロットアイコンのAPを全て+10 オイウチ発生率がアップ
スロットG 90拳 70拳 70拳 70蹴 70蹴 50
バースト仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 1100ボウギョ 1100タイリョク 2300
ヒッサツワザ凄まじき拳2750コスト 8
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+1000 体力を500回復
さらに、APバトルに1回以上負けていたら、テクニカルゲージがアップ 相手の体力-500
スロットG 90拳 90拳 70拳 70蹴 70蹴 60
備考RM6弾ではこのカードを初めとした 今弾CPに抜擢されなかったキャラが最終フォームにて低レアで収録されている(←どこかで書いたのと同じ文面)。そういうわけで アルティメット始動としてはBS6弾メモリアル以来の登場。
平成ライダー最強フォームトップバッターだけあって表アビは体力が多ければ+25ゲインと低レア離れしている。さらに素のスロットも昨今の低レアは最大80どまりが多い中できちんと90をキープしているのもさすがだ。

GG1弾

GG1-063LR
<10th Reborn>
トリッキー
ノーマル仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 950タイリョク 4500
ヒッサツワザアルティメットフィニッシュ2100コスト 5
アビリティ.好蹈奪箸鮖澆瓩燭箸、AP+25 チーム全体の必殺+400 バーストゲージがアップ
3番目にカードを出したとき、1度だけ、スロットアイコンのAPを全て+10 APボーナスの最大値が究極アップ このRのみ、テクニカルゲージが究極アップ
スロットG 90拳 70拳 70拳 70拳 60蹴 60
バースト仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 1350ボウギョ 1150タイリョク 4500
ヒッサツワザ凄まじき拳3800コスト 9
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+3000 スロットアイコンのAPを全て+25 ミガワリ発生率を超ダウン ただし、コスト+5
1番目にバーストしたとき、RP+5 相手全体の防御-1000 ガッツ率を超ダウン
スロットG 100拳 70拳 70拳 70拳 70蹴 70
備考10周年企画として新生した元祖LR。
当時は「凄まじき一発」だったこのカードだが、今回新生した結果...
「凄まじき勝負勘を要する」
カード,って事になった...。というのも,最大のポイントである表アビ△離謄ゲージ究極アップは確かに上がり方は究極だが「このラウンドのみ」しか持たないのだ。しかもこの究極アップ、従来の傾向ならば4段階アップで+40のはずだが、実際のところはなんと+50嬉しい大誤算だが、さらにタイミングを悩ませる。もし発動のラウンドで先行を取れなかったりテクニカルカウンターできなかったりしたら 後に残るのはAPスロットアップとAP上限究極アップしかない(それでも初のAP上限究極アップは凄まじき効果だが...)。
まさに究極の勝負勘が必要なカードといえよう。またいっそのこと1ラウンドしか持たないテクゲージの事は考えずにAPアップガン積み,かつジャマータイプの仲間も入れて原作どおりの殴り合いに...という方針もアリか?

GG3弾

GG3-066CPフィニッシャー
ノーマル仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 1000ボウギョ 1150タイリョク 3050
ヒッサツワザ超自然発火能力2150コスト 3
アビリティ.繊璽爐砲海離薀ぅ澄爾汎韻献織ぅ廚いないとき、R2まで、相手のブレイカータイプのアビリティの発動を封印
▲好蹈奪箸鮖澆瓩燭箸、AP+25 チーム全体の防御+300
2番目にカードを出したとき、テクニカルゲージが超アップ
スロットG 90拳 80拳 80拳 60蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
ステータスコウゲキ 1200ボウギョ 1250タイリョク 3050
ヒッサツワザ悲壮の拳3600コスト 8
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+2500 スロットアイコンのAPを全て+30 相手のガッツ率を超ダウン
さらに、R3以降だと、このRのみ、必殺+2500 相手のミガワリを封印 ガッツ率を超ダウン
スロットG 100拳 80拳 80拳 70蹴 60蹴 60
備考「じゃあ、見ててください………俺の変身」
EPISODE48 空我

最終決戦を再現するベストバウトCP、トップバッターはクウガアルティメットフォームであった。
チームに他にフィニッシャーを入れないだけでR2までのブレイカーアビ封印となっている。実はラウンド2までブレイカー封印ができるカードの中では条件が緩かったりする(小野寺クウガやナーゴエントリーは「チームに同じタイプがいない〜」が条件であったためチーム3人のタイプを全てばらけさせる必要があった)。また、それらとは関係無しに、スロ止め時にAPボーナス+25(とチーム全員の防御アップ)を得ることができ、さらに2番出しだと2段階のテクゲージアップも行える。指定タイプアビ封印カードの多くが持つ弱点である「相手に指定タイプがいない時や封印終了後に何も出来なくなる」を見事に克服した強力なカードだ。
----
バーストは更なるAPアップを行えるが、ガッツ率超ダウンに必殺バフ、3R以降だと更に1R限定のガッツ率超ダウンと必殺バフ、ミガワリ封印と、トドメ要員としての面が強い。
----
なお、次ナンバーのダグバもフィニッシャー封印を持つ為、互いに弱点となっている。
----
また本カードのバースト技「悲壮の拳」が通常版かパラレル版仕様かに焦点が集まっていたが、残念ながら通常バージョンであった。(LRとパラレルLRの技には基本的に差はないのだがクウガに関してはパラレル版の場合は相手のベルトにヒビが入るという違いがあった)

備考

ガンバライジングデータ
声:松原大典
武器:無し
必殺技:凄まじき拳 アルティメットフィニッシュ 超自然発火能力 悲壮の拳 ライジングトリプルコンビネーション
下位技:なし

原作設定
登場作品:仮面ライダークウガ
武器:なし(※1)
必殺技:なし
人間名:五代雄介(演:オダギリジョー)

未確認生命体0号・ン・ダグバ・ゼバにアメイジングマイティで挑むものの敗れてしまった五代が 意を決して、なってはいけない究極の黒のフォームになった姿。
ン・ダグバ・ゼバと同等の能力と 同等の自然発火能力を持つ。

究極の憎しみの心で変身し、正気を失ってしまうといわれていたが 目撃していた仲間の刑事・一条によると「五代によるとその姿は真っ黒と言ってましたが、彼は目が赤いままでした。」と戦闘終結後に語っていた。
正確な事は何一つわからないが、決戦前に彼は知り合った人物にあいさつ回りをしつつ「そのまま旅に出ようと思います」(※2)と語り
我々が見た最終決戦・・それは同等の力を持つがゆえに自然発火勝負でも決着が付かず もはや単なる殴り合いであったが 彼は泣きながら殴り合っていたように見えたことから
究極の憎しみではなく 究極のやさしさで変身したのだろう。

(※1 設定上ではクウガライジングドラゴン・タイタン・ペガサス3形態の武器を身体から作り出せるという。)
(※2 最近発刊された 戦いからしばらくした後を描いたクウガ小説によると やはり彼はあれから一度も仲間の前に姿を見せていないようだ。「旅に出ようと思います」は、アルティメットと化してその強大な力を振るうと 以前の笑顔でいた自分には そう簡単に戻れないことを知っていたのだろう...)

このページへのコメント

これは本当に余談なんですけど、GG1で復刻されたカードって復刻元とスロット数値全く同じになってますね。

0
Posted by 名無し(ID:LnbpEdgnqQ) 2022年09月23日(金) 03:14:25 返信

アルティメットクウガの完全起動にうってつけのヘルライジングホッパー来ましたね!

0
Posted by りょう 2022年06月29日(水) 16:07:33 返信数(1) 返信

そうか ちょうどベストマッチなんだ・・

0
Posted by  bykelike bykelike 2022年06月29日(水) 20:13:10

そういえばメモリアルアルティメット、後から登場したオルトロスバルカンと相性がいいことは追記されないんですか?
ついでに今弾登場のシンスペクターを入れると、クウガとバルカンですぐAP上限にぶつかっていたという今までの弱点をうまく解消しつつスロットを盛り、さらに固有システムでタイリョクアップ(おあつらえ向きにパンチアイコン)を選ぶことで、タイリョクが減っていく問題もわずかながらカバー…というかなり実戦向きのデッキに仕上がります。

0
Posted by  satsuki_aiai satsuki_aiai 2021年04月17日(土) 21:03:26 返信数(3) 返信

オルトロスバルカン忘れてた・・ バインダーアマゾンアルファはあまりにも体力マイナス高すぎるし ガンバライダー以外ならこれですね

またAP+100につっかえやすいのも そのLRシンスペやLRタッグタジャドルでなんとかなるようになったから
見直されるのか・・?

0
Posted by  bykelike bykelike 2021年04月18日(日) 21:14:32

※タジャドルはアルティメットとタイプが被るのでダメです

0
Posted by  satsuki_aiai satsuki_aiai 2021年04月19日(月) 01:18:05

いかん明日あぶなく試すところだった(汗)

0
Posted by  bykelike bykelike 2021年04月19日(月) 01:28:27

メモリアルクウガの表アビリティ△鯣動させるのにGLRオメガほど体力削りがシビアじゃないものを発見しました。超絶ウィークリーバトル夏の陣200枚報酬のアーク用コネクターならラウンド1開始時体力-500で済みますしその分他のカードを選べるのではないですか?

0
Posted by ガイズ 2020年08月21日(金) 17:00:56 返信数(1) 返信

ガイズさん>
その手があった!!

1
Posted by  bykelike bykelike 2020年08月21日(金) 19:22:56

クウガ通常のLRを所有しているのですが、ベルトにヒビが入る演出を度々みます。
ただ毎回ではなく、確率なのかバグなのか、それとも何か条件があるのかわかりませんが、通常LRを使用して3度ほどヒビが入るシーンを確認しました

1
Posted by ラム 2020年08月10日(月) 18:00:48 返信数(2) 返信

ラムさん>
えっ!マジですか・・

バーストブレイク大成功が条件だったり?う〜ん違うか...

1
Posted by  bykelike bykelike 2020年08月10日(月) 20:45:44

頻度で言うとかなり低いので、よほど限られた条件があるか単純に確率って言う可能性もあると思います。

3度見たので勘違いとかじゃ無いとは思うんですが…。
新1号のスキャンバグとかもありますし、稼働初期の不具合とかの可能性もあり得なくは無いとも思います

1
Posted by ラム 2020年08月10日(月) 22:00:09

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

旧トップページ
※上メニューの「トップページ」を選択するとメニューバーになってしまいます
※まだ最新の弾に対応していないページが多々ございます ご了承ください
ズバットバットウ弾からの変更点

仮面ライダーバトル ガンバライジングは
ゲキレツグランプリ3弾にて稼動終了となります

だが

ライダー達の戦いは終わらない!
ガンバライジングのカードをそのまま使用可能となる(※)新たなバトルフィールド

「仮面ライダーバトル ガンバレジェンズ」2023年 春 稼動開始予定!! 

ライジングからの引き継ぎ要素もあるとの事なので 新たな戦いに備えよ!!

(※カードパラメータや必殺技の読み替えが発生します)

DCD 仮面ライダーバトル ガンバレジェンズ・データまとめwiki

コンテンツ

コミュニティ

システム・遊び方
[おもちゃ連動]
ライダータイム弾からのおもちゃスキャン関係について
[カード固有システム]

←クリックで展開


上とは別系統の固有システム

原作に基づいた称号 クロスオーバー称号

・ICカード関連システム
ひとりであそぶモード
デザイアグランプリモード

全国特訓モード 改

ヒートアップバトル!(GG3弾)
超絶バトル超ゲキムズで有効なカード・コネクター

ライダー全国対戦
育成要素
サポートアイテム系
デザイアチャレンジミッション
コネクター(GG弾)

(現在入手できない過去弾サポートアイテム)

その他

カードリスト
  • (マシン)
<ギーツ>GG3弾 GG2弾GG1弾
<リバイス>RM6弾 RM5弾 RM4弾 RM3弾 RM2弾 RM1弾
<ライダー50周年記念>50th
<セイバー>ZB5弾 ZB4弾 ZB3弾 ZB2弾 ZB1弾
<ゼロワン>BS6弾 BS5弾 BS4弾 BS3弾 BS2弾 BS1弾
<ジオウ>RT6弾 RT5弾 RT4弾 RT3弾 RT2弾 RT1弾
<ビルド>BM6弾 BM5弾 BM4弾 BM3弾 BM2弾 BM1弾
<エグゼイド>G6弾 G5弾 G4弾 G3弾 G2弾 G1弾
<ゴースト>K6弾 K5弾 K4弾 K3弾 K2弾 K1弾
<ドライブ>D6弾 D5弾 D4弾 D3弾 D2弾 D1弾 
<鎧武> 6弾 5弾 4弾 3弾 2弾 1弾
  • (プロモ) 
<ギーツ> PGG/プレバン限定バインダー 10th year collection(BR7)
<リバイス> PRM/プレバン限定50thアニバーサリーセット(BR6)
<ライダー50周年記念>P50th
<セイバー>PZB/プレバン限定ボックスセット付属(BR4)/ガンバライジング7周年記念9ポケットバインダー(BR5)
<ゼロワン>PBS /バーストライズパック(BS3)/プレバン限定バインダー3付属(BR3)
<ジオウ> PRTプレバン限定バインダー付属(BR)
ライダータイムパック(RT3)ライダータイムパック2(RT4)プレバン限定バインダー2付属(BR2)
<ビルド> PBMベストマッチパック!パック2パック3
<エグゼイド> PG/(パック)GP
<ゴースト>(玩具付属)T /(その他)PK
<ドライブ>PB,PD
<鎧武>P
  • (ゴールドカード) G,BG


データアーカイブ
その他
廃止されたシステムなど

←クリックで各リンク表示

編集にはIDが必要です