ガンバライドに代わるデータカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジングについてカードデータ・そのほかのデータをまとめたwikiです

相性値(詳しくは相性値リストのページ参照)
アタッカーテクニカルフィニッシャートリッキーパッション
(2,2,1,1,2,0)(1,1,4,0,0,2)(1,1,2,0,0,4)(1,2,1,1,2,1)(2,0,0,2,2,2)
ブレイカーブレイブチェインジャマーメカニカル
(4,0,1,0,1,2)(1,2,3,0,1,1)(0,1,2,1,3,1)(1,3,1,2,1,0)(0,0,2,1,3,2)

関連あるチームボーナス称号
ベストタッグ!仮面ライダーカイザと組むと発生
超加速!仮面ライダーカブトと組むと発生
全力加速!仮面ライダーガタックと組むと発生
人間(ひと)じゃない!?&暗闇に光る赤!仮面ライダーキバと組むと発生
ファイズブラスター仮面ライダーディケイドと組むと発生
ダブルアクセル!仮面ライダーアクセルと組むと発生
迅速のライダー!仮面ライダードライブと組むと発生
ΦとΩ仮面ライダーアマゾンオメガと組むと発生
闇夜に光仮面ライダーゴーストと組むと発生
スタンバイ!仮面ライダーネクロムと組むと発生
2003年の邂逅仮面ライダージオウと組むと発生
王の守護者!仮面ライダーカイザ、仮面ライダーデルタと組むと発生
過去より未来を!仮面ライダーX、仮面ライダーウィザードと組むと発生
ベルトは誰のものだ!仮面ライダーカイザ、仮面ライダー斬月と組むと発生
受け継がれる意思!仮面ライダー龍騎と組むと発生
受け継がれる意思!仮面ライダーブレイドと組むと発生

フォームリンク
通常
ブラスターフォーム



1弾

1-024SRアタッカー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 2300
ヒッサツワザフォトンブロー1450コスト 3
アビリティAPバトルに勝ったとき、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ+100
スロットG 90銃 80銃 80銃 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 650タイリョク 2300
ヒッサツワザスパークルカット2450コスト 5
バーストアビリティゲキレツアイコンをとめたとき、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+200
スロットG 100剣 80剣 80剣 70蹴 60蹴 60
備考今回 旧ガンバライドではありそうでなかった初のフォンブラスター持ちファイズとして、恐らく1弾で不足している銃持ち要員もかねて登場した。
アビリティはバースト前、後共に 発動条件が本人の無愛想を表現するかのごとく癖がある。だが逆にこのおかげで、他の高レアと違ってRPやタイリョク条件よりも発動しやすくなっている。この辺も実は周りを気遣う巧の性格を現しているだろう。さらに他の能力も軒並み安定している上に 旧ライドではほとんど無かった50なし安定スロット持ちなのもポイント高い。
ただしダブル/トリプルアタックが重要になったので その銃アイコン重視が大問題になってしまった。銃持ちライダーが(2号ライダー勢参戦遅れあって)ほとんど居ない... 幸い少ない中でもディエンドや現行の鎧武カチドキ&、仮面ライダー4号再現ドライブテクニックという粒ぞろいのメンツが居るので、彼らと組ませよう。(一応キックでも最低値60なので 相手が50出してくれれば希望はあるが)
だがアタッカーメタK4弾SR新1号という天敵が出現...
1-025Nテクニカル
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 1900
ヒッサツワザフォトンシュート1350コスト 3
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、チーム全体のボウギョ+100
スロットG 90蹴 80拳 70蹴 60拳 60蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 600タイリョク 1900
ヒッサツワザフォトンカッター2300コスト 5
バーストアビリティ(カード表記)あいてのチームタイリョクが2500以下のとき、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+300
(ゲーム中)あいてのチームタイリョクが2500以下のとき、あいてチーム全体のコウゲキ・ひっさつ+300
スロットG 90蹴 90剣 70蹴 60剣 60蹴 60
備考表面はボウギョの薄さが気にかかるが 一応アビリティで補える。
バーストアビリティは自分のタイリョクを参照するものがほとんどの中で相手タイリョク2500以下が条件という非常に珍しい物。ただ正直そこまで相手タイリョクを削ったら 高レアやフィニッシャーの必殺でKOできる事がほとんどなのであまりありがたみはないか...
ただ上のカードと違って銃持ちではなく さらにパンチ・キック両方に高数値が振られている+50なし安定スロットと言うことで ダブル/トリプルアタック狙いやすい点は上だ。ただしアイコンが拳→剣に切り替わる点には注意。
...と思われていたが、恐らくプログラムミスで相手の能力をアップさせることになっている(汗)ミスの産物とはいえ(多分)、相手チームをパワーアップさせるアビリティは初である...
「相手に逆転チャンスを与えてしまうのも 全て乾巧って奴の仕業なんだ」(by草加)

2弾

2-028Nフィニッシャー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 1800
ヒッサツワザフォトンシュート1650コスト 4
アビリティ必殺技を発動したとき、チーム全体のひっさつ+150
スロットG 90拳 80蹴 70拳 70蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 450タイリョク 1800
ヒッサツワザスパークルカット2400コスト 5
バーストアビリティ次のラウンドまで、ひっさつ+1000
スロットG 100剣 100蹴 60剣 80蹴 60蹴 50
備考スパークルカットN落ちであるが、これはただのN落ちではない。初のフィニッシャーである上に 次のラウンドまでとはいえ大幅必殺増強となるバーストアビリティで、1ラウンドだけ実質の必殺威力4400という恐ろしい威力となる。万が一そのラウンドで決められなくとも3400と十分。
...ただそんなことをNでやらかした反動で他ステータスは貧弱なので注意。
また高数値のアイコンがパンチ・キック2ずつというバランスいい構成なのもダブル/トリプルアタックが重要になったのでメリットと言える。ただしこれもバースト前と後でアイコン切り替わるのには注意。

3弾

3-041Nテクニカル
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 500タイリョク 1700
ヒッサツワザフォトンシュート1350コスト 3
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ+100
スロットG 90蹴 80拳 80蹴 70拳 50蹴 50
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 600タイリョク 1700
ヒッサツワザスパークルカット2450コスト 5
バーストアビリティテクニカルゲージが超アップする。ただしオイウチ・ミガワリ発生率がダウンする
スロットG 100蹴 90剣 90蹴 70剣 50蹴 50
備考TV放映年号セレクション(勝手に命名)扱いで3弾続いて登場。今回は1弾Nを極端にしたような構成で、体力が低くなってスロットがやや不安定になった変わりに アビリティが強力になった。
だがバーストアビリティは無条件でテクニカルゲージ超パワーアップと言う破格の効果の代償に オイウチミガワリ発生率が落ちてしまう(彼のぶっきらぼうで誤解されやすい性格を表しているのか)。さらにドライブ弾以降ではテクニカルゲージを上げすぎるとネット対戦では相手オーバーチャージの危険性が出て来るようになってしまったのも危険性をさらに増大させてしまっている。ただ幸い 「超ダウンする」とかではないので、オイウチミガワリ発生率を上げる2弾N龍玄などと組み合わせればフォロー可能だろう。皮肉にも彼はファイズの2号ライダーと似たような事をやっていたような...最後に改心したが

4弾

4-028Nフィニッシャー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 350タイリョク 1950
ヒッサツワザフォトンシュート1200コスト 3
アビリティオイウチが発動したとき、アタックポイント+10
スロットG 90拳 80拳 70拳 60蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 550タイリョク 1950
ヒッサツワザスパークルカット2300コスト 5
バーストアビリティフィニッシャータイプのひっさつ+1000
スロットG 100剣 90剣 80剣 60蹴 60蹴 60
備考映画「平成ライダーvs昭和ライダー」でサブ主役級の活躍を見せていたので 今回こそアクセルフォーム投入か?...と思われたが、残念ながらノーマルファイズであった。
ただ能力はアクセルフォームを思わせるような構成で、特に表アビリティが初のオイウチ条件でAP+10。
バーストアビリティは2弾SRオーズと同じ仲間のフィニッシャーも全員ひっさつ+1000。無論自分にも加算されるので 実質4300の必殺威力となる。ある意味2弾N強化版と言えるだろう。
ただボウギョが紙レベルという弱点がある(このボウギョが薄いというのもアクセルフォームを連想させるのだが)のでそこもフォローしておきたい。
さらにパンチ4かつ高数値が固まっているアイコンという点もダブル/トリプルアタックが重要になったので問題に。幸いパンチ重視が結構多いのと、2弾SRにも書いたが キックも60なのでわずかに脈はあるが。だがパンチ重視かつ防御フォロー可能,かつフィニッシャーと言うメンツがほぼ居ないのもネック...
またせっかくの表アビリティだが どうも謎の補正がかかってオイウチが発生しにくくなってしまうらしい。後弾色々同じ条件のカードが登場したが、軒並みその現象の憂き目にあってしまっている

6弾

6-014LRアタッカー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 500タイリョク 2600
ヒッサツワザスパークルカット1400コスト 3
アビリティライジングパワー+3 ただし、チーム全体のライジングコスト+1
スロットG 80剣 80剣 70蹴 70蹴 70蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ アクセルフォーム
(※必殺技時以外は通常フォーム)
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 600タイリョク 2600
ヒッサツワザアクセルクリムゾンスマッシュ2850コスト 7
バーストアビリティ次のラウンドまで、コウゲキ・ひっさつ+1500 アタックポイント+30
スロットG 90拳 90拳 80拳 70拳 70蹴 60
備考待望の本人ボイスとアクセルフォームをひっさげてライジング初LR。
表アビリティがコスト+1と引き換えにRP+3と前代未聞のRP補強効果となっており、RP3でスタートできる。
色々な意味で3弾CP龍玄のパワーアップ版と言える...が、こっちは剣武器持ちな事なので(そういえばファイズ初の剣持ちスタートである)ダブルアタック候補が多い。キックにも高数値が入ってるバランス型スロットもポイント。
バーストアビリティは残念ながら次ラウンドまで限定だが ある意味アクセルフォーム制限時間にあっているといえよう。さらにこの効果は初回バースト時から適用されることが判明。よって+1500されたアクセルクリスマを 次ラウンドも含めて2回食らわすことが出来るようになった。(ミガワリバースト始動時除く)実質以前よりもパワーアップしたといえよう。
たとえそれを過ぎたとしても アタッカータイプボーナスによるゲキレツアイコン増やしと 2950,コスト8扱い(表アビリティの効果)という素でも強力なバースト必殺があるので問題ない。
ドライブ弾でも カウンターにRPが重要という事なので、本カードを使えばラウンド1からカウンターを狙いやすいという大きなメリットがある...が、コストが1重くなるため、必殺技後にカウンターを狙われやすくなる危険性も増大するという諸刃の剣である点に注意したい。またアイコンが今までと逆に表が剣→バーストで素手と切り替わる点にも注意。
また ゴースト弾でのゲキレツ変更で表面はゲキレツでも80となってしまったのが問題。トドメにアタッカーメタK4弾SR新1号という天敵が出現してしまった。スタート始動型表アビリティは無事ですむのでRP+3は発動してくれるが 肝心のバーストアビリティを2ラウンド間封殺されてしまうのは痛い
6-015LREXアタッカー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 500タイリョク 2600
ヒッサツワザスパークルカット1400コスト 3
アビリティライジングパワー+3 ただし、チーム全体のライジングコスト+1
スロットG 80剣 80剣 70蹴 70蹴 70蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 750タイリョク 2600
ヒッサツワザフォトンブレイカー2900コスト 8
バーストアビリティバーストしたとき、ライジングパワーが8以上だと、チーム全体のゲキレツアイコン+2 (チーム全体の)ゲキレツアイコンのアタックポイント+100
スロットG 100銃 80銃 80銃 70銃 70蹴 60
備考EXはブラスターフォーム。
とにかくバーストアビリティが まるでオフィシャル大会の流行り「ゲキレツ増やし+ゲキレツ+100のデッキ」を見越したかのような効果。加えて表アビリティで高めのRP制限も物ともしない...と、これ1枚ですべてをこなしてしまう。
ただしバースト必殺が実質コスト9のため、トドメをさせなかった場合のカウンター危険性はさらに高まる点に注意。D1-020LR アギトBFやコストダウンでの保険は必須か?
もしくはテクニカルゲージアップとも組ませ、カウンターの危険性を下げたい。
そしてついにゲキレツ100を後から消去できるカイガン3弾SRデルタというメタカードも登場。トドメにアタッカーメタK4弾SR新1号まで登場。上カードに記載したとおりスタート始動型表アビリティは無事ですむのでRP+3は発動してくれるが 肝心のバーストアビリティを2ラウンド間封殺されてしまうのは痛い。
またゴースト弾でのゲキレツ変更で表面は最高でも80しか出せずAP負けしやすくなってしまっている。やはりというか、徐々にシステム面での弱体化を受けている。
後に銃持ちとジャンル(?)が違うとはいえ 似たような能力のK6最強CPブラスターや、素手なものの表からゲキレツ100という前代未聞のG2弾LRという後釜も登場したので正直影が薄くなってしまったか。ただ剣持ちなのはこのカードのみなのでまだデッキによっては採用されるだろう
6-016Nパッション
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 2000
ヒッサツワザフォトンシュート1450コスト 4
アビリティ仲間が必殺技を発動したとき、ひっさつ+250
スロットG 70蹴 70拳 70蹴 70拳 70蹴 70
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 500タイリョク 2000
ヒッサツワザスパークルカット2350コスト 5
バーストアビリティチームタイリョクが5500以上だと、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+450
スロットG 90蹴 80剣 70蹴 70剣 70蹴 70
備考ファイズ初のパッションタイプ。だが流石に上2枚には劣ってしまう...が、実はパッション初のボウギョ大幅増強持ちである事がポイント。
6弾でCP電王バロンおよびファンブック付録の電王鎧武という、パッション指定バーストアビリティを持つものの、ボウギョを大きく削るデメリット持ちというカードが出たからだ。今の所この二人をフォローするには本カードのバーストアビリティしかない。ドライブ2弾でバーストゲージ上昇量増加に伴い二人をバーストしやすくなったので、フォローしやすくなった。
だが問題なのはゴースト弾でのゲキレツ変更で、オール70スロットが仇になって表面は最大70しか出せず、AP負けしやすくなってしまった。

D1弾

D1-023SRフィニッシャー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 550タイリョク 2600
ヒッサツワザスパークルカット1500コスト 3
アビリティフィニッシャータイプのコウゲキ・ボウギョ+100 ひっさつ+200
スロットG 90剣 90剣 70剣 60蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 800タイリョク 2600
ヒッサツワザフォトンブレイカー2700コスト 7
バーストアビリティフィニッシャータイプのひっさつ+700
スロットG 100銃 100銃 80銃 60蹴 60蹴 50
備考ブラスターフォーム順当にSR落ち。自身のタイプでもあるフィニッシャーへの援護を目的としつつ 自分も高ステータスを実現している。一見バーストアビリティは4弾の自分にも劣ると思うが、一応表アビリティも考慮すると計+900となる。それでも100足りないが その分はコウゲキボウギョに回したと思おう。
流石に前回の超強烈性能ではないが フィニッシャーとアビリティ内容がゆえに基礎ステータスやバースト必殺威力ではこちらが勝っている。もし近い将来LREXが弱体した時に備えて持っておいても損は無いだろう。ただし高低真っ二つスロットに注意。仲間で補強したいところだ。だがLR(EX)と違って ゴースト弾のゲキレツ変更でも表面は90を出せる。ある意味アドバンテージになったか。
D1-024Nテクニカル
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 1950
ヒッサツワザスパークルカット1400コスト 2
アビリティAPバトルに勝ったとき、チーム全体のボウギョ+200
スロットG 80剣 80剣 70蹴 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ アクセルフォーム
(※必殺技時以外は通常フォーム)
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 650タイリョク 1950
ヒッサツワザアクセルクリムゾンスマッシュ2400コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、テクニカルバトルに勝っていたらチーム全体のコウゲキ+150 ボウギョ+200
スロットG 90拳 80拳 80拳 80拳 60蹴 60
備考D1弾でいきなりアクセルフォームN落ち。前回があまりに強烈過ぎた反動か Nというレアリティを考慮したとしても基礎ステータスがかなり貧弱。表アビリティ発動は必須事項と言える。
ただスロットだけは50無し安定構成を維持しているのが幸い。後は仲間にフォロー願おう。特にバーストアビリティでも上げられない必殺威力を補強したい所。
ただゴースト弾のゲキレツ変更で 表面はゲキレツでも80しか出せなくなってしまった。

D2弾

D2-023Rトリッキー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 550タイリョク 2100
ヒッサツワザスパークルカット1500コスト 3
アビリティトリッキータイプのコウゲキ・ひっさつ+100 ボウギョ+150
スロットG 90蹴 80剣 80蹴 70剣 50蹴 50
バースト仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 700タイリョク 2100
ヒッサツワザフォトンブレイカー2450コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、テクニカルバトルに勝っていたら、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ+150 さらに、テクニカルゲージがアップする
スロットG 90蹴 90剣 80蹴 70剣 60蹴 60
備考ブラスターフォームR落ち。加えてファイズ初のトリッキータイプ
ドライブ弾でのRにしては基礎ステータスが低めに感じるが 表アビリティで自分含むトリッキータイプを補強するので コウゲキ・ボウギョ・ひっさつは問題はない。またバーストアビリティで ファイズとしては珍しいテクニカルゲージアップ。(一応旧3弾でもあったが大きなデメリット付きだった)...だが結局テクニカル勝利が条件なので、表アビリティからテクニカルアップを持つ仲間と組むのは必須。
そして2100というドライブ弾のRとしてはかなり低い体力と(2300のRと言うのもあるので)50が二つあるスロットまでは自力補強できないのでこの辺も仲間に補ってもらいたい所。またブラスターへチェンジするがゆえにバーストスロットが剣から銃に切り替わるので やはりダブルアタックの足並みはそろえにくい。

D3弾

D3-025Nパッション
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 500タイリョク 2100
ヒッサツワザスパークルカット1350コスト 2
アビリティパッションタイプのコウゲキ・ボウギョ+100
スロットG 90剣 80剣 80蹴 60蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーファイズ アクセルフォーム
(※必殺技時以外は通常フォーム)
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 650タイリョク 2100
ヒッサツワザアクセルクリムゾンスマッシュ2400コスト 5
バーストアビリティ1番目にバーストしたとき、チーム全体のボウギョ+200 ひっさつ+150
スロットG 100拳 90拳 80拳 70拳 60蹴 50
備考1弾あいて 再びアクセルフォームで登場。
6弾Nと比べて表&バーストアビリティで能力値はN以上になっている。
その反面、スロットが不安定になってしまった。

D4弾

D4-022Nブレイカー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 2000
ヒッサツワザスパークルカット1400コスト 3
アビリティブレイカータイプのひっさつ+300
スロットG 90蹴 80蹴 80蹴 70剣 50剣 50
バースト仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 550タイリョク 2000
ヒッサツワザフォトンブレイカー2450コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、テクニカルバトルに勝っていたら、あいてチーム全体のひっさつ-250
スロットG 100蹴 90蹴 80蹴 70銃 60銃 50
備考ブラスターフォームついにN落ち。だがファイズ初ブレイカータイプである。
加えて表アビリティが初のブレイカー指定タイプであり、援護にも役立つ。当然自分も含むので バースト必殺火力も実質2750。
反面バーストアビリティはイマイチなので無視してブレイカーの相手アビリティ一時停止目的のみに絞ってもいいだろう。また相変わらず剣→銃に切り替わるスロットも注意。...初代SRのようにフォンブラスター装備して表から銃アイコンにすればまだいいんだが...

D6弾

D6-022Nテクニカル
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 550タイリョク 1900
ヒッサツワザスパークルカット1500コスト 2
アビリティAPバトルに勝ったとき、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+150
スロットG 80蹴 80剣 70剣 70蹴 70剣 50
バースト仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 650タイリョク 1900
ヒッサツワザフォトンブレイカー2300コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、APバトルに勝っていたら、チーム全体のコウゲキ+400 ひっさつ+200
スロットG 100蹴 80銃 80銃 70蹴 70銃 50
備考デルタ参戦記念に登場。ひそかにファイズでテクニカルというのは珍しい。ただ残念ながら能力はN相当である。
むしろ本カードはイラスト面に注目。この後に続くカイザ1枚空いてRのデルタと共に 必殺キックを決めて着地した後に自身を表すギリシャ文字の光が浮かび上がるシーンを描いているのだ。...でも(無印)クリムゾンスマッシュは当時ライジングに実装されていなかったのだが(汗)
もしブラスターフォームではなくアクセルフォーム・アクセルクリムゾンスマッシュだったら リフォメーション後だと考えられるのだが...
またゴースト弾でのゲキレツ変更で 表面はゲキレツでも80となってしまってAP負けしやすくなってる点も厳しい。

K1弾

K1-017SRテクニカル
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 600タイリョク 2500
ヒッサツワザスパークルカット1650コスト 3
アビリティチームタイリョクが5500以上のチームだと、コウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+500
スロットG 80蹴 80剣 70剣 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ アクセルフォーム
(※必殺技時以外は通常フォーム)
ステータスコウゲキ 1300ボウギョ 600タイリョク 2500
ヒッサツワザアクセルクリムゾンスマッシュ2700コスト 8
バーストアビリティバーストしたとき、ゲキレツアイコン+1 さらに、テクニカルゲージスピードが超ダウンする
スロットG 90蹴 90拳 70拳 70蹴 70蹴 60
備考アクセルフォームの方はSR落ちしていなかったからか、それとも仮面ライダー4号で競演したゼロノスが登場したからか SRに返り咲き(4号で「いろんな意味で」使用したのもアクセルフォームだった)また 意外にもテクニカルの高レアというのは初めて。加えて言うとアクセルフォーム自体のSRも旧ガンバライド時代にはなかったため、仮面ライダーバトルでは初のSRアクセルフォームとなった。
能力的にはステータス重視型で 表アビリティの体力制限も緩めな方だ。よって一見平均レベルなバースト必殺も 実際には合計3200というLREXクラスに化ける。
ただ ゲキレツシステム変更後のカードにもかかわらず 表面ゲキレツが80止まりなのが問題。LR(EX)もそうなので てっきりそれを克服するためのSRと思っていたのだが...
バーストアビリティのテクゲージ速度超ダウンも、アシストチップ廃止でテクゲージ速度崩壊がなくなった今では...

K4弾

K4-025Rブレイカー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 650タイリョク 1950
ヒッサツワザスパークルカット1600コスト 3
アビリティみぎのレーンにこのカードが置かれているとき、コウゲキ+300 ライジングパワー+2
スロットG 80剣 80剣 80剣 60蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ アクセルフォーム
(※必殺技時以外は通常フォーム)
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 850タイリョク 1950
ヒッサツワザアクセルクリムゾンスマッシュ2400コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ライジングパワーが7以上だと、コウゲキ+300 さらに、あいてのテクニカルゲージスピードをアップさせる
スロットG 100剣 90剣 80剣 60蹴 60蹴 60
備考K1弾以来久しぶりに登場&久しぶりのブレイカータイプである。アビリティは攻撃重視で ブレイカーボーナスも含めて+1600を見込め、通常攻撃が強烈になっている現段階では脅威。反面必殺火力自体は平凡なのが残念。
そしてまた表スロット最大値が80止まり...前回といい何故。

K5弾

K5-023Nトリッキー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 500タイリョク 2200
ヒッサツワザスパークルカット1600コスト 2
アビリティオイウチコウゲキが発動したとき、アタックポイント+10
スロットG 90剣 80剣 70蹴 70蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 600タイリョク 2200
ヒッサツワザフォトンブレイカー2600コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、あいてよりチームタイリョクが多いと、チーム全体のひっさつ+450
スロットG 100銃 80銃 80蹴 70蹴 70蹴 50
備考今回はカイガン弾では初のブラスターフォーム。さらに表アビリティは旧4弾以来のオイウチ時AP+10を搭載。
...だがそのカードを初めとする「オイウチ始動アビリティカードの謎の補正」で結局発動しにくいのは目に見えてしまっている...
またバーストアビリティは体力多い条件なので トリッキーの肝である体力低い版APアップと併用できないのが一番の残念なポイントだ。他タイプだったら...

K6弾

K6-024Rブレイカー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 700タイリョク 2050
ヒッサツワザフォンブラスターファイア1450コスト 2
アビリティチームにトリッキータイプがいるとき、コウゲキ+300 チーム全体のひっさつ+200
スロットG 90銃 80銃 70蹴 70銃 60蹴 50
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 750タイリョク 2050
ヒッサツワザスパークルカット2350コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、チームタイリョクが4000以下だと、あいてのチーム全体のライジングコスト+1
スロットG 90剣 90剣 80蹴 70剣 70蹴 50
備考ここにきて旧1弾以来のフォンブラスター持ちで登場、(恐らく下位技だろうけど)新規の表必殺技まで装備している。
表アビリティが自身のブレイカーではなくトリッキータイプ指定なのに注意。残念ながらバーストアビリティは弱い+バースト必殺火力が低いので必ず発動したい。またアイコンが銃〜剣に変わるのも問題。ブレイカーがゆえに相手アビリティ一時停止中が勝負なので ここは剣にあわせるべきか?
...余談だが、バースト面イラストはモロにクリムゾンスマッシュの構えだが残念ながらバースト必殺技はスパークルカットである(泣)
だが、バースト演出が...? 今になってみると後のLRの予告とも言える...が、肝心のそのカードではバースト演出は本カードの演出を使ってなかった。本来はここで投入する予定だったのだろうか?

G1弾

G1-021Rブレイカー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 500タイリョク 2700
ヒッサツワザスパークルカット1350コスト 3
アビリティAPバトルに勝ったとき、あいてのチームのライジングパワー-1
スロットG 90拳 90蹴 70拳 60蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーファイズ アクセルフォーム
(※必殺技時以外は通常フォーム)
ステータスコウゲキ 1050ボウギョ 750タイリョク 2700
ヒッサツワザアクセルクリムゾンスマッシュ2800コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、チームタイリョクが5000以下だと、ひっさつ+500 さらに、カウンター発生率がアップする
スロットG 90拳 90蹴 70拳 70蹴 70蹴 60
備考最近ブラスターフォームだったが コンセレファイズアクセル記念なのか久しぶりにアクセルフォームである。
一見アビリティは表裏共にイマイチで 際立った特徴はない...と思ってしまうが、実はアクセルフォーム搭載で初の一貫して素手(イラストで勘違いしてしまうが)、なおかつ表スロット最大がきちんと90''というポイントがある。

G2弾

G2-022LRブレイカー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 700タイリョク 4000
ヒッサツワザスパークルカット2000コスト 4
アビリティテクニカルバトルにパーフェクトで勝ったとき、チーム全体のゲキレツアイコン+1 さらに、1度だけ、チーム全体のゲキレツアイコンのアタックポイント+100
スロットG 90拳 70拳 70拳 70拳 60蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 1100ボウギョ 1000タイリョク 4000
ヒッサツワザクリムゾンスマッシュ4000コスト 10
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2500 あいてのチームのライダーガッツ率を超ダウンさせる。さらに、次のラウンドのみ、アタックポイント+20 テクニカルゲージがアップする
スロットG 100拳 80拳 80拳 70拳 60蹴 60
備考ガシャット2弾のレジェンド枠として鎧武6弾以来のLR,そしてライジングで(通常)クリムゾンスマッシュ初実装となった。
それだけでなく ついに表アビリティでゲキレツ100搭載。文面の「1度だけ」というのは1回きりというわけでなく、他のゲキレツ100重複はないという意味である。つまり一度テクニカル勝負をパーフェクト勝利してしまえば後はゲキレツ100となるわけであり...超強力。しかも同時にゲキレツ増やしまでやってのけてしまう。
それだけに目がいってしまうが、初の大台4000のバースト必殺&相手ガッツ率超ダウン、次のラウンドのみだがAPテクゲージアップ、そしてブレイカー... 対戦で欲しい物を1枚に全部つぎ込んだといっても過言ではない。
ただし、表アビリティ発動のためにはテクゲージアップが必須。本カード警戒やガシャット弾で基本カウンター率がアップした関係もあり、G1LR45周年新1号LRアギトシャイニングを使った 最初からテクゲージ2メモリ〜3メモリ(もう一枚テクゲージアップ使用)アップという相手も多くなってきた。そういう相手対策にこちらもその2枚と組みたい所だが、アギトシャイニングは剣持ちで素手(しかもパンチが大半)の本カードとダブルアタックしにくく 45周年新1号のテクゲージアップ条件・相性最大を狙いたいにしても新1号とファイズには固有称号がないので 組み合わせが厳しい。ゲキレツ増やし&ゲキレツ100狙いなので開き直ってLRアギトシャイニング+テクニカルもう一枚と組ませてしまうのもアリといえばアリだが...
だが幸いにして テクゲージ超アップでもっとも条件がやさしいLRパラドクスパズルゲーマーが登場。相性抜群である。
ただそういうデッキとなるとAPアップは望めず、バーストアビリティにゲキレツ100搭載構成によくある「保険でAPアップもやる」タイプと戦う場合になったら APアップ分で競り負ける恐れが。そういう相手にはブレイカーの効果中にケリをつけないとならない。
潜在能力はトップクラスだが、課題も多いカードだ(もっともそれでも十分強いけど)

G3弾

G3-029Rテクニカル
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 650タイリョク 2650
ヒッサツワザスパークルカット1600コスト 2
アビリティまんなかのレーンにこのカードが置かれているとき、バーストゲージがアップする
スロットG 90拳 70拳 70蹴 70拳 60蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 1100ボウギョ 900タイリョク 2650
ヒッサツワザクリムゾンスマッシュ2400コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、コウゲキ・ひっさつ+300 さらに、バーストブレイクに大成功したとき、ライジングパワー+3
スロットG 90拳 90拳 70拳 70拳 70蹴 60
備考エグゼイド特別編レジェンド勢で枠を圧迫した関係からか、クリムゾンスマッシュ持ちがSRをすっ飛ばしていきなりR落ちとなってしまった。
能力的にも特筆すべきポイントがなく、クリムゾンスマッシュ鑑賞用としても ひとりで遊ぶ難しい相手にも厳しいかもしれない...
同じいきなりR落ち境遇な前ナンバーのリュウガは一応火力だけなら一人前になのに、なぜ本カードは(泣)

G5弾

G5-026Rパッション
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 700タイリョク 2300
ヒッサツワザスパークルカット1650コスト 2
アビリティチーム全体のボウギョ+300 ライジングパワー+1
スロットG 80剣 80剣 80剣 60蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 1150ボウギョ 800タイリョク 2300
ヒッサツワザクリムゾンスマッシュ2550コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、あいてのチームのミガワリ発生率をダウンさせる
スロットG 90剣 90剣 90剣 60蹴 60蹴 60
備考1弾あいて再登場。だがまたしてもSRではなかった。
表アビリティで全員防御増強、バーストアビリティ必殺増強も+800と前回より数段マシ...と言いたい所だが 表スロット最大値80止まり・50がないけど80or60の2数値型・バーストスロットも90or60とスロット面が厳しい。
実はクリムゾンスマッシュ持ちで初めてファイズエッジ装備なので、剣持ちに豊富なAPアップ要員を組み込んで補おう。
だがLRを持っていない方でクリムゾンスマッシュを使いたいプレイヤーには厳しい状況が続く。早くSRを出して欲しい所だ

BM1弾

BM1-026LRメカニカル
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 850タイリョク 3600
ヒッサツワザスパークルカット1850コスト 5
アビリティAPバトルに勝ったとき このラウンドのみ、テクニカルゲージが超アップする。APバトルに負けたとき、アタックポイント+10 ミガワリ発生率が超アップする
スロットG 90拳 80拳 70蹴 60拳 60蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 1450ボウギョ 1050タイリョク 3600
ヒッサツワザオートバジン バトルモード3750コスト 9
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 テクニカルゲージが超アップする。 さらに、1ラウンド毎、仲間のコウゲキ・ボウギョ+500 チーム全体のゲキレツアイコン+1
スロットG 100拳 90拳 80蹴 60拳 60蹴 60
備考クリムゾンスマッシュSR落ちしないまま(汗)、旧ガンバライドのスペシャルアタックorバトルサポーター以来のオートバジンを引っさげてメカニカルLRとなった。オートバジンを拝めるのは実に4年ぶりである
能力的には表アビリティの「APバトルに勝ったとき このラウンドのみ、テクニカルゲージが超アップする」。素手でこのような即時消滅型テクゲージ超アップは初(ただの超アップなら居たが)で 相手ゲキレツインパクトフラグになりにくい利点がある。
ただ先行時のみなので(後攻のAP+10&ミガワリ率超アップも悪くはないのだが...この辺の微妙さもオートバジンを再現している?)あくまで本カードのテクゲージ超アップは 先行重視デッキの補助としての意味合いである。そう考えるとAPアップを備えているメカニカルタイプには合わないと思うかもしれないが それでもAPとテクゲージ両方を上げるとなると必ず相手マシン補正の問題が浮上してくるので、それを緩和できるというメリットは大きい。

BM3弾

BM3-057CPアタッカー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 950タイリョク 3250
ヒッサツワザスパークルカット1700コスト 3
アビリティ1ラウンド毎、ライジングパワー+1 このラウンドのみ、カウンター発生率がアップする。
さらに、カウンターが発動したとき、ひっさつ+500 あいてのチームタイリョク-800
スロットG 90剣 80剣 70蹴 60蹴 60剣 60
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 1200タイリョク 3250
ヒッサツワザクリムゾンスマッシュ3300コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 バーストゲージが超上がりやすくなる。
さらに、あいてのチームにバーストしたライダーがいるとき、スロットアイコンのアタックポイント全て+30
スロットG 90剣 90剣 90蹴 60蹴 60剣 60
CPボーナスひっさつアップ
備考「フル!フル!フルチャージキャンペーン」の1枚として登場。最大のポイントは長く低レア排出が続いたクリムゾンスマッシュのCP返り咲きと、高レアでは素手が続いたため久しぶりにファイズエッジ持ちの高レアであること。肝心の表アビリティは1ラウンド毎のRP+1と発動したラウンドのみのカウンター発生率アップ...超アップではなかったのが惜しまれるがカウンターさえ発動すればひっさつアップと相手チーム体力も削れるため何とかカウンターを発動させたいところ。
一方、バーストアビリティは相手チームの誰かがバーストしていればスロットAP+30出来るがG5弾LRクロノス等のアビリティ封印がかかった状態だと無意味である上、アタッカータイプ故アタッカーメタ新1号G4CPゲンムウィザードがいた場合も2ラウンド間、アビリティを封印される点に要注意。
なお表アビリティは「相手のカウンター」でも発動する。

BM6弾

BM6-027Rフィニッシャー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 650タイリョク 2500
ヒッサツワザスパークルカット1400コスト 2
アビリティAPバトルに負けたとき、ボウギョ+300 カウンター発生率がアップする
スロットG 90拳 70拳 70拳 70蹴 70蹴 50
バースト仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム
ステータスコウゲキ 1200ボウギョ 900タイリョク 2500
ヒッサツワザフォトンブレイカー2600コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+1200 ただし、ライジングコスト+2
スロットG 90銃 90銃 80銃 70蹴 70蹴 50
備考BM6弾の平成ライダー勢低レアの大半は現行最終弾恒例の基本→最強フォーム構成となっている。
上のCPから1弾お休みして登場したが、今回もカウンター重視の能力。そしてバーストアビリティ&フィニッシャータイプボーナス、そしてデメリット扱いのコスト+2によるダメージ補正によりR離れした火力を持つ。

RT1弾

RT1-022Nブレイブ
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 600タイリョク 2350
ヒッサツワザスパークルカット1700コスト 3
アビリティ.潺ワリが発動したとき、チーム全体の防御+300
スロットG 80拳 80拳 80拳 70蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 750タイリョク 2350
ヒッサツワザクリムゾンスマッシュ2650コスト 7
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、相手より体力が多いと、AP+10 チーム全体の攻撃+300
スロットG 90拳 80拳 80拳 70蹴 70蹴 60
備考ファイズ初のブレイブタイプで登場。前弾では基本→最強フォーム構成だったが、新ライダー弾に入ったため表裏基本フォームのみとなっている。表アビリティの防御アップで耐え抜き、ブレイブタイプのタイプ効果とバーストアビリティによる巻き返し型と考えたほうがいいか。

RT2弾

RT2-025LRフィニッシャー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 850タイリョク 3500
ヒッサツワザクリムゾンスマッシュ2050コスト 5
アビリティ,泙鵑覆のレーンにこのカードが置かれているとき、攻撃+500 AP+30
APバトルの合計値が230以上だと、RP+2 オイウチ効果・発生率が超アップ
スロットG 90蹴 70剣 70蹴 70剣 60剣 60
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 1250ボウギョ 1250タイリョク 3500
メモリアルタッグフィニッシュクロスエクシードチャージ3750コスト 10
バーストアビリティバーストしたとき、必殺+2500 相手のミガワリ発生率を超絶ダウン
さらに、相手より体力が少ないとき、必殺+1000 相手のAPボーナスをリセット
スロットG 90蹴 80剣 80蹴 70剣 70剣 60
備考「俺は戦う・・・人間として! ファイズとして!」
この後のナンバーのLRカイザとのメモリアルタッグフィニッシュとしてまたもLRとなった。
今までの高レアはゲキレツ100関連だったが今回はシンプルなAPアップ型となっており、あたれば超強烈だったがゲキレツを外してしまうと...という難点のあった今までのLRと比べて安定性に優れる。
さらにバーストアビリティでは体力が少ないと相手のAPボーナスを消去するという逆転性にも優れている。
難点は表アビリティが真ん中レーン条件指定なので GLRの特殊ボーナスと併用できないという点か。

RT3弾

RT3-059CPジャマー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 700タイリョク 3250
ヒッサツワザクリムゾンスマッシュ1900コスト 4
アビリティAPバトル終了後、仲間の平成ライダーの必殺+400 相手のミガワリ発生率をダウン
さらに、APバトルに勝っていたら、テクニカルゲージがアップ 相手のカウンター発生率をダウン
スロットG 80銃 80銃 80蹴 70銃 60銃 50
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 1000ボウギョ 1250タイリョク 3250
ヒッサツワザ疾走する本能/20033200コスト 8
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+2000 相手のミガワリ発生率をダウン
さらに、テクニカルバトルに勝っていたら、テクニカルゲージが超アップ
スロットG 90銃 90銃 80蹴 70銃 70銃 50
CPボーナスひっさつアップ
備考カメンライドvsアーマータイムCP カメンライド側4番手は平成ライダー4作品目のファイズ。
注目すべきは鎧武弾以来のフォンブラスター装備な銃アイコンの高レアであること...だが、表アビリティの肝であるテクゲージアップは先行条件なのにスロットが最大80どまり&50もあるとかなり低いのが難点。しかも銃持ち要員でこれをカバーできるほどのAPアップ持ちは...皮肉だがGLRの自分(ブラスターフォーム)くらい。
能力的には悪くないのだがファイズの場合、それも含めて最近高レア続きだったため相対的に物足りなく感じてしまう。

RT5弾

RT5-021Nブレイブ
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 500タイリョク 2500
ヒッサツワザスパークルカット1650コスト 2
アビリティ”殺技を発動したとき、必殺+800
スロットG 80蹴 80拳 70拳 70蹴 70拳 50
バースト仮面ライダーファイズ アクセルフォーム
(必殺技時以外は通常フォーム)
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 850タイリョク 2500
ヒッサツワザアクセルクリムゾンスマッシュ2600コスト 7
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+500
さらに、次のRまで、必殺+500 オイウチ発生率がアップ
スロットG 90蹴 90拳 70拳 70蹴 70拳 60
備考超久しぶりにアクセルフォームへのバーストで登場。表アビは「必殺技〜」なので自分の必殺でしか始動しないが、+800のゲインは低レアとしては高い。さらにバーストアビで必殺増強も入りコストも7と程よいので火力も中々。
ただし表スロットが最大80どまり&50もありと低めなので表アビ発動が難しいのが難点。

BS1弾

BS1-020SRメカニカル
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 1000ボウギョ 1000タイリョク 3000
ヒッサツワザスパークルカット1650コスト 4
アビリティ〜蠎蠅縫瓮ニカルタイプがいるとき、防御を2倍 銃アイコンのAP+20
1R毎、攻撃・必殺+300 AP+10
スロットG 80銃 70蹴 70銃 70銃 70蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 1350ボウギョ 1250タイリョク 3000
ヒッサツワザオートバジン バトルモード2900コスト 6
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+1000 ガッツ率が超アップ
▲潺ワリが発動したとき、体力を1000回復 このRのみ、チーム全体の防御+1000
スロットG 90銃 90蹴 70銃 70銃 70蹴 60
備考ジオウ弾から始まった過去のメカニカルLRSR落ち、ゼロワン弾のバーストライズ1弾ではオートバジンバトルモードが抜擢,実に二年ぶりの登場。またその時と違って銃アイコン(フォンブラスター装備)である。
ただ表アビ,「相手にメカニカルタイプがいる時」限定。最近だとオーディンあたりを見かけるが BS1弾現在ではメカニカルをあまり見かけなくなってしまったのでやや難がある(LRナイトサバイブ全盛期だったら...)
もっとも防御2倍はともかく銃+20というのは 肝心の銃アイコンが3しかないため 割り切って表アビ△世韻鯡榲てに起用しつつ 相手にメカニカル居たらラッキーという程度で運用するのも手。ただし表スロット最大80どまり(幸い50はないが)なので AP+10はあくまでそのフォローと見るのが無難か。
バーストアビはミガワリで体力回復と言う異色の効果となっている。ガッツ率超アップもあって粘り重視。...これは原作後半になると相手についていけず、ボロボロになりつつもファイズの援護をするオートバジンを表しているのかもしれない?

プロモーションカード(PD)

PD-027Nアタッカー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 550タイリョク 2300
ヒッサツワザスパークルカット1450コスト 3
アビリティAPバトルに負けたとき、チーム全体のコウゲキ+250
スロットG 80剣 80剣 80剣 70蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーファイズ アクセルフォーム
(※必殺技時以外は通常フォーム)
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 750タイリョク 2300
ヒッサツワザアクセルクリムゾンスマッシュ2550コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、あいてよりチームタイリョクが多いと、チーム全体のボウギョ+450
スロットG 90拳 90拳 90拳 70蹴 60蹴 50
備考ガンバライジング オフィシャルファンブック ナイスドライブ01号付録カード。ライジングにてプロモ初のファイズである。
同時期排出の同じフォーム構成であるD1Nと比べて基礎能力が大きく勝っている...反面、スロットに50があるという難点も。さらにゴースト弾でのゲキレツ変更で表面はゲキレツでも80となってしまった。
一応、同じ付録のPD-025 ドライブPD-026 カブトRFと組むことで特殊相性称号「超スピード戦士!」発動によるAPボーナスでカバーできる。
PD-089Nフィニッシャー
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 550タイリョク 2100
ヒッサツワザスパークルカット1500コスト 2
アビリティAPバトルに負けたとき、あいてテクニカルゲージスピードをアップさせる
スロットG 90剣 80剣 70蹴 60蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 550タイリョク 2100
ヒッサツワザフォトンブレイカー2400コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、あいてチーム全体のボウギョ-400
スロットG 100剣 90剣 70蹴 70蹴 60蹴 60
備考仮面ライダーバトル ガンバライジングチョコウエハース3付属カード。
一見普通のプロモに見えるが 実はファイズ初のコウコウ始動表アビリティ持ち、しかも一部で活躍したD2弾パッションギルスと同じ相手テクニカルゲージ速度アップである。
50なし安定スロットや表必殺コストが2と軽い・フィニッシャーである事に加えてバーストアビリティで相手防御を大きく削る(しかも無条件で)ので額面以上のバースト必殺威力を発揮、体力もドライブ弾N平均以上の2100...と、実はプロモとしてはかなりの能力を持つ。

プロモーションカード(PRT)

PRT-020Nパッション
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 550タイリョク 2500
ヒッサツワザスパークルカット1600コスト 3
アビリティ々況癲λ標+300 テクニカルゲージがアップ
スロットG 90剣 90剣 70剣 60蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 800タイリョク 2500
ヒッサツワザクリムゾンスマッシュ2750コスト 7
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+800 さらに、APバトルに勝っていたら、相手のミガワリ発生率を超ダウン
スロットG 90剣 90剣 90剣 70蹴 60蹴 50
備考仮面ライダーバトルガンバライジング ライダータイムチョコウエハース(1弾)付属カード。
今となっては何の変哲もないテクゲージ単アップ持ちカード...に見えるかもしれないが、意外にも通常ファイズで無条件テクゲージアップを持つカードはこれが初なのだ(BM1弾のメカニカルLRは先行を取った時のみ、下のパック販売トリプルレアは相性★★★★以上と割と厳しい条件)
それ以外にもプロモとしては高めの体力2500,コスト7と程よく 必殺増強バーストアビリティ込みで計3550となかなかのバースト必殺火力とポイント高い要素が揃っている。

プロモーションカード(GP)

GP-003TPテクニカル
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 850タイリョク 3200
ヒッサツワザスパークルカット1550コスト 3
アビリティチーム相性ボーナスが4以上のチームだと、チーム全体のひっさつ+500 バーストゲージがアップする。さらに、テクニカルゲージがアップする
スロットG 80剣 80蹴 80剣 70蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 1300ボウギョ 1150タイリョク 3200
ヒッサツワザトリプルフォトンアタック3300コスト 8
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+1500 ライジングパワー+5 さらに、テクニカルバトルに勝っていたら、全てのスロットアイコンのアタックポイント+30
スロットG 100剣 90蹴 80剣 70蹴 60蹴 50
備考パック販売「レッツ・ゲームスタート! パック」で新設されたTP;トリプルアタックの中の1枚。
なんと言ってもファイズ初の表テクゲージアップ持ちなのが最大のセールスポイント。そのためには★4が必要になるが、最初の表を見ると意外に人脈が広いので何とかなるか。
他は能力バランスが取れているので言う事はない。当初はファイズの技がスパークルカットだったのだが、その唯一の(演出的な)弱点もついにカバーされた。

ベストマッチパック!(BM1)

BM1-080SRパッション
ノーマル仮面ライダーファイズ
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 800タイリョク 2950
ヒッサツワザスパークルカット1500コスト 4
アビリティチームタイリョクが8500以上のチームだと、アタックポイント+20 チーム全体のコウゲキ+300 必殺技が発動したとき、次のラウンドのみ、アタックポイント+10 オイウチ発生率が超アップする
スロットG 90拳 80拳 80蹴 70蹴 50拳 50
バースト仮面ライダーファイズ アクセルフォーム
(※必殺技時以外は通常フォーム)
ステータスコウゲキ 1400ボウギョ 1150タイリョク 2950
ヒッサツワザアクセルクリムゾンスマッシュ3300コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 あいてのチームのミガワリ発生率をダウンさせる さらに、APバトルに勝っていたら、チーム全体のひっさつ+300
スロットG 100拳 80拳 80蹴 70蹴 60拳 60
CPボーナスひっさつアップベストマッチバースト
備考ボトルマッチ弾パック販売「ベストマッチパック!」中のSRの一枚にして、最近ご無沙汰だったアクセルフォームがベストマッチバースト搭載で登場。
それだけでなく、実は通常ファイズで初の表APアップ...G2LRなどゲキレツ100はあったが素直なAPアップとしては初めてなのだ。
体力8500以上が条件だが、自身が2950なので残り5550を仲間で補えばいい(...って スタッフこの数値にあわせるように狙って設定したな!?)
表アビリティ後半部分も 必殺技「が」〜なので誰の必殺でも発動可能。発動タイミングの都合上 「次のラウンドまで〜」と言っても累積は出来ないが こういったAP+分割型であっても先に+20が入ってくれるのもこのカードが初である(+10というのが大半)
表イラストはスパークルカットのシーンであるが、それに反して素手アイコンなのでアクセルフォームになっても攻撃アイコン変更がない点もありがたい。総じて本パック中でもっとも使い勝手のいいカードである。
ちなみにこのカードはバースト時にベストマッチイエーーーーイCPと同じ演出が出るがベストマッチなアイテムとしてファイズドライバーとアクセルメモリ、変身ベルトと装填用アイテムが表示される。

備考

ガンバライジングデータ
声:半田健人(6弾より)
武器:フォンブラスター(小銃)ファイズエッジ(片手剣)
必殺技:スパークルカット クリムゾンスマッシュ (アクセルクリムゾンスマッシュ※アクセルフォーム扱い)
下位技:フォトンカッター フォトンブロー フォトンシュート

原作設定
登場作品:仮面ライダー555
武器:フォンブラスター ファイズエッジ他
必殺技:クリムゾンスマッシュ他
人間名:乾巧(演:半田健人)

スマートブレイン社の開発した戦闘用特殊強化スーツを身に纏い変身する仮面ライダーの一人。
変身用ベルト(ファイズドライバー)に装着者が適合することにより変身できる。(不適格とみなされるとベルトから弾かれてしまう)
そのため、変身する人間が1ライダー一人とは限らない。

主な変身者の乾 巧(いぬい たくみ)は、旅先でオルフェノクと対峙した際 偶然一緒に出くわした女性・園田真理 に彼女では不適格者で使えなかったファイズドライバーを無理やり装備させられて変身、オルフェノクとの戦いに身を投じることになった。

他のドライバーに比べて安定性と拡張性が重視されており、様々な強化アイテムでパワーアップしていくのが特徴。
必殺技は足に装備するポインター型のフォトンブラット射出装置ファイズポインターからのフォトンブラットマーカーで相手を補足、強力なキックで相手を貫くクリムゾンスマッシュ
デジカメ型のフォトンブラット蓄積装置ファイズショットを手に装着、強力なパンチを繰り出すグランインパクト
ロボット型に変形する専用バイク・オートバジンのグリップ部分でもあるフォトンブラットエネルギーを使ったエネルギー剣ファイズエッジからのエネルギー波で相手を拘束しφの字型に相手を切り裂くスパークルカット

仮面ライダーファイズ アクセルフォーム
※ガンバライジングではノーマルフォーム必殺技・アクセルクリムゾンスマッシュ時のみ登場。一応ファイズアクセルを装備しているのが通常との違い。

原作設定
登場作品:仮面ライダー555
武器:ファイズショット ファイズエッジ他
必殺技:アクセルクリムゾンスマッシュ アクセルグランインパクト他
人間名:乾巧(演:半田健人)

腕時計型デバイスファイズアクセルに付属するミッションメモリー、アクセルメモリーをファイズフォン付属の通常ミッションメモリーの代わりに換装することで強化変身したファイズの超加速形態。
「スタートアップ」することでアクセルモードに移行。高速戦闘が可能となり、あらゆる敵を撃破する。そのスピードは通常の1000倍と言われ、肉眼では追うことが出来ない程。
だが仮に制限時間を過ぎるとフォトンブラッドが暴走し爆発・変身者は高エネルギーを浴びて死亡し 辺り一体が空気に触れて劣化したフォトンブラッドに汚染されるという危険性をはらむ諸刃の剣でもある。
必殺技はノーマルファイズ時の技を高速かつ連続で繰り出すアクセルクリムゾンスマッシュ(※) アクセルグランインパクトなど。

※媒体によっては強化クリムゾンスマッシュとも書かれていることがある

仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム
ガンバライジングデータ
声:半田健人
武器:ファイズブラスター・フォトンバスターモード(大型銃)※
必殺技:フォトンブレイカー 強化クリムゾンスマッシュ
下位技:ブラストエクストルーダー

※必殺技:フォトンブレイカー時には大剣状のフォトンブレイカーモードにチェンジさせる。

原作設定
登場作品:仮面ライダー555
武器:ファイズブラスター他
必殺技:ブラスタークリムゾンスマッシュ フォトンバスター他 
人間名:乾巧(演:半田健人)

ファイズフォンを装填することで起動したトランクボックス型ツール・ファイズブラスターに、「555」のコードを再入力することで発動するファイズの最強形態。
スーツそのものにフォトンブラッドを蓄積しているため(通常フォームの武器・ファイズエッジと同等のエネルギーと言われている)全身が赤く変色しており、従来の倍近い戦闘能力を発揮し並のオルフェノクなら触れるだけで灰化させることも可能である。
また背部バックパックフォトン・フィールド・フローターにより飛行、空中戦も可能。それを変形させた肩部フォトンブラッドキャノン砲ブラッディ・キャノンによる遠距離攻撃も可能と死角がない。

必殺技はエクシードチャージさせたファイズブラスター・フォトンバスターモードから高圧のフォトンブラッド光弾(※)を打ち出すフォトンバスター
ファイズブラスターのキーで143コードを入力させて銃身がフォトンブラッド刀身となったフォトンブレイカーモードを用い、背部フォトン・フィールド・フローターで飛行しつつ切り払うフォトンブレイカー
通常フォーム時と同じく脚部にファイズポインターを装備し ファイズブラスターのキーで5532コードを打ち込み強化フォトンブラッドエネルギーをポインターに挿入、フォトン・フィールド・フローターで飛行しキックを打ち込んで 渦を巻いたフォトンブラッドエネルギーで周囲もろとも焼き払うブラスタークリムゾンスマッシュ(※)

※仮面ライダーディケイド時は光弾ではなくレーザー状になっていた。
※媒体によっては(超)強化クリムゾンスマッシュとも書かれていることがある。ガンバライジングでは強化クリムゾンスマッシュとなった。

このページへのコメント

ピコタロスさん>
自分も結構接敵しましたね。
ただやはりというかブレイカーメタバロンが天敵だな・・(自分がバロン使ってしてやったケースだったりするが)

0
Posted by  bykelike bykelike 2018年10月25日(木) 22:14:23 返信

G2-022LRファイズですがRT弾になって使用率が再び上がってるような気がする。
テクゲパーフェクト勝ちでチーム全体ゲキレツ増しになるのでライダータイムの確率が上がりますからね。
ただライダータイムの出るタイミングは良し悪しありますけどね。

0
Posted by ピコタロス 2018年10月25日(木) 22:06:01 返信

オエージさん>
情報ありがとうございます!確かにカウンター取られるのは痛いけどひそかにタイリョク削るのは嫌らしい妨害ですね・・・

「お前たちがカウンターを取ったのにダメージを受けたのは 乾巧ってやつの仕業なんだ・・」
「なんだって!それは本当かい!?」

0
Posted by  bykelike bykelike 2018年02月03日(土) 23:06:25 返信

こんばんは。

BM3弾CPの表アビリティですが、あいてのチームのカウンターででも発動しました。ちょっと得した気分です。

0
Posted by オエージ 2018年02月03日(土) 22:24:14 返信

地獄の玉子と呼ばれた男さん>
いかん直したつもりが直ってなかった(汗

0
Posted by  bykelike bykelike 2017年10月08日(日) 22:38:48 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

旧トップページ
※上メニューの「トップページ」を選択するとメニューバーになってしまいます
※↓の事柄も含めてバーストライズ弾へ対応していないページが一部ございます。ご了承ください。
バーストライズ弾からのテクニカルゲージアップ率変更について

コンテンツ

コミュニティ

システム・遊び方
[おもちゃ連動]
ライダータイム弾からのおもちゃスキャン関係について
<ゴースト> <エグゼイド> <ビルド> <ジオウ>
おもちゃスキャンタイム(ライドウォッチスキャン)
<ゼロワン>
おもちゃスキャン(プログライズキースキャン&ブットバソウルメダル)

ジオウカード別各種システム
原作に基づいた称号 クロスオーバー称号

・ICカード関連システム
ひとりであそぶモード
育成要素
サポートアイテム系

カードリスト
  • (マシン)
<ゼロワン>BS2弾 BS1弾
<ジオウ>RT6弾 RT5弾 RT4弾 RT3弾 RT2弾 RT1弾
<ビルド>BM6弾 BM5弾 BM4弾 BM3弾 BM2弾 BM1弾
<エグゼイド>G6弾 G5弾 G4弾 G3弾 G2弾 G1弾
<ゴースト>K6弾 K5弾 K4弾 K3弾 K2弾 K1弾
<ドライブ>D6弾 D5弾 D4弾 D3弾 D2弾 D1弾 
<鎧武> 6弾 5弾 4弾 3弾 2弾 1弾
  • (プロモ) 
<ゼロワン>PBS
<ジオウ> PRTプレバン限定バインダー付属(BR)
ライダータイムパック(RT3)ライダータイムパック2(RT4)プレバン限定バインダー2付属(BR2)
<ビルド> PBMベストマッチパック!パック2パック3
<エグゼイド> PG/(パック)GP
<ゴースト>(玩具付属)T /(その他)PK
<ドライブ>PB,PD
<鎧武>P
  • (ゴールドカード) G,BG


データアーカイブ
その他
廃止されたシステムなど

←クリックで各リンク表示

編集にはIDが必要です