ガンバライドに代わるデータカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジングについてカードデータ・そのほかのデータをまとめたwikiです

相性値(詳しくは相性値リストのページ参照)
アタッカーテクニカルフィニッシャートリッキーパッション
(1,3,1,1,1,1)(2,0,2,2,2,0)(1,1,0,2,3,1)(2,1,1,1,2,1)(1,1,1,2,1,2)
ブレイカーブレイブチェインジャマーメカニカル
(0,2,3,0,1,2)(1,2,1,2,1,1)(未登場)(2,1,1,0,1,3)(未登場)

関連あるチームボーナス称号
呉島の血筋仮面ライダー龍玄と組むと発生
超えるべき壁!仮面ライダー鎧武と組むと発生
かつての仲間仮面ライダーデュークと組むと発生
ダブル真!仮面ライダー黒影・真と組むと発生
兄さんッ!仮面ライダーキックホッパーと組むと発生
月下の戦士仮面ライダーキバと組むと発生
兄の威厳仮面ライダーサガと組むと発生
タカトラ!仮面ライダーオーズと組むと発生
白きライダー!白い魔法使いと組むと発生
攻守一体仮面ライダーブレイブと組むと発生
月の名を持つ戦士シャドームーンと組むと発生
ベルトは誰のものだ!仮面ライダーカイザ、仮面ライダーファイズと組むと発生
手を取り合った未来仮面ライダー鎧武、仮面ライダー龍玄と組むと発生

●フォームリンク
斬月はこちら
斬月・真はこちら
フォーゼアームズはこちら
カブトアームズはこちら
アギトアームズはこちら
ウォーターメロンアームズはこちら


3弾

3-011Rフィニッシャー
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 400タイリョク 2000
ヒッサツワザ残月居合い斬り1400コスト 3
アビリティ3番目にカードを出したとき、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+100
スロットG 90蹴 80蹴 70剣 60剣 60蹴 60
バースト仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 600タイリョク 2000
ヒッサツワザソニックハイスラッシュ2400コスト 5
バーストアビリティライジングパワーが8以上のとき、チーム全体のライジングコスト-1
スロットG 100蹴 90蹴 80剣 70剣 60蹴 60
備考マクドナルドハッピーセットを経てマシン排出となった。パワーアップフォームの〜・真にバーストする。ただ肝心の能力はプロモとどっこい...どころか、テクニカルゲージに関しては明らかにこちらが下なのが問題。
出す順番固定になってしまうが表アビリティでコウゲキ・ひっさつを強化可能、コスト削減は-1どまりでRP8必要なものの プロモと違ってチーム全員指定で「バーストしたとき」文面がないので後からでも発動可能というメリットはあるが...
なお劇中ではやっていないが バーストで〜・真になる演出が見れるのは3弾では本カードのみと言うポイントがある(他のLR,CPは最初から真始動のため。CPはスキャン特殊演出で見れるが)後にバロンが劇中でバナナアームズ変身途中にベルトを入れ替えて直にレモンエナジーアームズに変身したため 一応設定的にはありえることになった。

4弾

4-013Rテクニカル
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 2050
ヒッサツワザ月光閃1500コスト 4
アビリティチームに龍玄がいるとき、ライジングコスト-2
スロットG 90剣 80剣 70蹴 70蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 500タイリョク 2050
ヒッサツワザソニックボレー2300コスト 5
バーストアビリティひっさつ+1500。ただし、ライジングコスト+2
スロットG 100剣 100剣 70蹴 70蹴 60蹴 50
備考斬月→斬月・真構成続投、ソニックボレーR落ち扱いとも取れる。だがただのR落ちではない。バーストアビリティで必殺+1500と高レア顔負けの火力に。
ひそかにスロットこそ弱体化したがステータスは前回Rより上、表新必殺技搭載と見所の多いカードである。
ただ今回はコスト増加が単純にデメリットになってしまった(RP残量が被カウンター率に影響するので)のには注意。
4-053CPテクニカル
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 500タイリョク 2200
ヒッサツワザ月光閃1400コスト 3
アビリティ1ラウンド毎、チーム全体のボウギョ+150
スロットG 80剣 80剣 70蹴 70剣 60蹴 60
バースト仮面ライダー斬月 マンゴーアームズ/ブドウアームズ
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 900タイリョク 2200
ヒッサツワザ月下砕/紫弾連射2500コスト 6
バーストアビリティフィニッシャータイプのライジングコスト-1
スロットG 90剣/銃 90剣/銃 80蹴 70剣/銃 60蹴 60
CPボーナスミガワリアップライジングコスト-1
備考ダブルアームズチェンジキャンペーンとして ノーマルメロン初のCP。ノーマルなのはゲネシスドライバーだとアームズチェンジ対象のロックシードが起動できないからだろう。
能力は非常に安定しており ありそうでなかった毎ラウンドボウギョ+150で、それこそ3弾SRブラーボなど多くのボウギョマイナスデメリット持ちアビリティのフォローに役立つ。
さらにバースト後は攻撃・防御が大幅アップし 2500のバースト必殺と火力もそこそこある。
バーストアビリティは 自身はテクニカルだがフィニッシャーのコストを下げる。フィニッシャーに多い高コストの仲間の補助にうってつけだ。
ただしゴースト弾でのゲキレツ変更で 表は最高でも80止まりになって競り負けしやすくなってしまった。一応他カードは変更でキックの方が多くなったのに対し 本カードは剣の方が多いままと言う点はあるが
4-054CPトリッキー
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 2150
ヒッサツワザ月光閃1450コスト 3
アビリティライダーガッツ率がアップする
スロットG 90蹴 80剣 70蹴 70剣 60蹴 50
バースト仮面ライダー斬月 イチゴアームズ/ディケイドアームズ
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 800タイリョク 2150
ヒッサツワザ月雫/十太刀2750コスト 7
バーストアビリティライダーガッツ率が超アップする
スロットG 100蹴 90剣 80蹴 70剣 60蹴 50
CPボーナステクニカルゲージアップ/アタックポイントアップ(AP+10)
備考ダブルアームズチェンジキャンペーン2枚目、そして斬月(・真)初のトリッキー。
だが内容はトリッキーっぽさは一切なく 至ってシンプルな構成で とにかくライダーガッツ重視な表・裏アビリティ、そして2750というLRクラスの高威力バースト必殺で一撃必殺勝負という。ドライブ1弾からカウンターの存在で いくら優勢であろうと負ける可能性は常にあるということで、ガッツ率アップはさらに有効になった。
ただし 後の5弾カードのみがディケイドアームズの演出強化となった(本カードは5弾でも変化なし)ため、演出面で一歩遅れをとってしまっている...
また現在はさらに強力なバースト必殺を持つカードだらけなので 火力面のアドバンテージはなくなってしまった

5弾

5-008LRパッション
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 600タイリョク 2400
ヒッサツワザ月光閃1500コスト 3
アビリティチームに鎧武がいるとき、ライジングパワー+2
スロットG 90剣 70剣 70蹴 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 800タイリョク 2400
ヒッサツワザ無双円陣2600コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ライジングパワーが7以上だと、アタックポイント+20 チーム全体のテクニカルゲージがパワーアップする
スロットG 100剣 80剣 70蹴 70蹴 70蹴 60
備考2弾時期にプロモしか出ていなかったことの補填か、そして鎧武と劇中で和解したからか、そして人気の高さゆえか...とにかく予想を覆してのLR昇格となった。
表アビリティはその和解を反映して 鎧武指定でRP+2と 指定系としては破格のRPアップ効果。鎧武は今弾LREX極を筆頭としてRP制限の厳しいバーストアビリティを多く持つので 願ってもない援護効果だろう。反面バースト必殺火力はおとなしめで、APアップは本人のみ+20のため、多くのAP系にある「仲間AP+10」の実質+30に1歩劣るという点に注意。
そう考えると 実は下のプロモに比べてタイプの差(あっちはフィニッシャー)によるバースト必殺火力と テクニカルアップが超も何もない点で劣っている。やはり本カードは鎧武の援護で本領を発揮すると言える。
ただしゴースト弾でのゲキレツ変更で、むしろキックの方が多いアイコンになってしまったのが問題。実は鎧武の方は 変更後でも剣重視のアイコンのままなカードが多いので ややダブルアタックは難しくなってしまったか。
なお5弾斬月・真もそうだが 斬月の台詞が変わっているのは5弾カードのみであり、以前のカードでは敵対していた時の台詞のままである点に注意だ
4-054Nフィニッシャー
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 1950
ヒッサツワザ月光閃1350コスト 3
アビリティまんなかのレーンにこのカードが置かれているとき、オイウチ効果がアップする
スロットG 80蹴 80剣 70剣 70剣 60蹴 60
バースト仮面ライダー斬月 マンゴーアームズ/ディケイドアームズ
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 500タイリョク 1950
ヒッサツワザ月下砕/十太刀2350コスト 5
バーストアビリティチームタイリョクが4500以下のとき、アタックポイント+10
スロットG 90蹴 90剣 70剣 70剣 60蹴 60
CPボーナスガッツ率アップ/アタックポイントアップ(AP+10)
備考アーマードライダータッグ・トリオカードの一枚として このナンバーの前の龍玄とのつなぎ絵で登場、さらに他と違って低レアでダブルアームズチェンジ仕様となった。
前回と比べて体力とバースト必殺火力が大きく落ちてしまった...幸いフィニッシャータイプで火力はカバーできるが。
しかし、バーストアビリティが体力制限きびしめの割りに本人のみAP+10というのはイマイチ。加えてゴースト弾でのゲキレツ変更で 表面は最高でも80止まりとなり競り負けしやすくなってしまった。
またこのナンバーの前の龍玄のページにも書いたが、タッグトリオカードはたいていアビリティの方向性が表裏共にあっているのに この2枚は表はかみ合ってるがバーストアビリティがバラバラ、しかもつなぎ絵といってもお互い対決しているような...後の顛末をあらわしているかのようだ。
ただこれら難点をすべて吹き飛ばすくらいのセールスポイントがある。実はディケイドアームズの演出が本カードのみパワーアップしており(4弾CPは変わっていない) 各方面で高い評価を受けた「破壊者!オン・ザ・ロード!!!」の音声とアームズ装着シーン(の途中まで)を見ることができるのだ。ただCPと違ってキックに高数値が少ない(それでも最低60なのでまだ脈はあるが)点にも注意。
5-025Nトリッキー
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 2050
ヒッサツワザ月光閃1300コスト 3
アビリティミガワリ効果がアップする
スロットG 80剣 70剣 70蹴 70蹴 70蹴 60
バースト仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 500タイリョク 2050
ヒッサツワザソニックボレー2350コスト 5
バーストアビリティチーム全体のボウギョ+300 オイウチ効果がアップする
スロットG 90剣 90剣 70蹴 70蹴 70蹴 60
備考こちらはこのナンバー後のブラーボとのタッグ...というよりは向こうの一目ぼれ対象(?)としてのつなぎ絵で登場。
そっちが一目ぼれで隙だらけになって(なぜか全員の)防御がマイナスになっている点をバーストアビリティで補う形になっている。無論他ライダーと組んでもボウギョとオイウチミガワリアップとで援護要員として使える。
ただしゴースト弾でのゲキレツ変更で表は最高でも80止まりとなって競り負けしやすくなってしまった...

6弾

6-021Nフィニッシャー
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 2000
ヒッサツワザ月光閃1550コスト 4
アビリティフィニッシャータイプのコウゲキ・ひっさつ+150
スロットG 80剣 80蹴 80剣 80蹴 50剣 50
バースト仮面ライダー斬月 ブドウアームズ/マンゴーアームズ
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 550タイリョク 2000
ヒッサツワザ紫弾連射/月下砕2500コスト 6
バーストアビリティフィニッシャータイプのボウギョ・ひっさつ+350
スロットG 90銃/剣 90蹴 90銃/剣 80蹴 50剣 50
CPボーナスライジングコスト-1ミガワリアップ
備考ダブルアームズチェンジの低レア落ち第2弾。ただ正直APボーナスのあるディケイドアームズの方が...
アビリティはフィニッシャータイプ強化に特化している。それはいいのだが、ゴースト弾でのゲキレツ変更で表は最高でも80止まりとなって競り負けしやすくなってしまった...

D1弾

D1-017Rトリッキー
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 500タイリョク 2100
ヒッサツワザ月光閃1550コスト 3
アビリティ2番目にカードを出したとき、チーム全体のひっさつ+200
スロットG 90剣 90蹴 70剣 70蹴 50蹴 50
バースト仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 700タイリョク 2050
ヒッサツワザソニックボレー2400コスト 6
バーストアビリティ1番目にバーストしたとき、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+200
スロットG 100剣 100蹴 80剣 70蹴 50蹴 50
備考前回ライダー枠として登場。ただ期待していた無双円陣R落ちとはならなかった。
一見地味に見えるが 2番目指定という緩い条件で全員ひっさつ+200というのは破格。戦況によっては表のまま補強し続けるという運用もアリだろう。

D5弾

D5-037Nブレイカー
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 2050
ヒッサツワザ月光閃1350コスト 2
アビリティAPバトルに勝ったとき、チーム全体のコウゲキ+200
スロットG 90剣 70剣 70剣 70蹴 70蹴 50
バースト仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 600タイリョク 2050
ヒッサツワザ無双円陣2500コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、APバトルに勝っていたら、コウゲキ+500 テクニカルゲージがパワーアップする
スロットG 90剣 80剣 80剣 70蹴 70蹴 60
備考このまま音沙汰ないまま...と思われたが 実に1年近くかけて無双円陣N落ち。しかも斬月初ブレイカータイプである。
残念ながら能力的には攻撃重視となっており、せっかくの無双円陣には悪いが ブレイカー一時停止中に強化された通常攻撃で大きく削って 他の決定力のある仲間にトドメを刺してもらう、という運用が適している。
なお台詞はウォーターメロンアームズにあわせたのか和解前となっている。LR&ゴールドカードの無双円陣持ちは和解後バージョンなので差別化されている

G2弾

G2-039Nブレイカー
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 500タイリョク 2250
ヒッサツワザ月光閃1600コスト 3
アビリティチームタイリョク+500 さらに、バーストゲージが上がりやすくなる
スロットG 90剣 90剣 70蹴 60蹴 60剣 50
バースト仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 800タイリョク 2250
ヒッサツワザソニックボレー2800コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、オイウチ・ミガワリ発生率がアップする
スロットG 90剣 90剣 90蹴 70蹴 60剣 50
備考途中K4弾でSR斬月・真はあったが 無印メロンとしては久しぶりに登場。ただ前回のように無双円陣ではなく真にアームズチェンジ(?)する。
表アビリティで高レア並体力を確保できる...のはいいが、APやテクゲージアップという物はないのが残念。

G3弾

G3-057CPアタッカー
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 700タイリョク 3250
ヒッサツワザ月光閃1550コスト 3
アビリティ剣アイコンに止めたとき、ひっさつ+500 アタックポイント+20 さらに、次のラウンドまで、あいてのチームのミガワリ発生率をダウンさせる
スロットG 90剣 80剣 70剣 70剣 60蹴 50
バースト仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 1400ボウギョ 1150タイリョク 3250
ヒッサツワザ月光連斬3300コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+1500 あいてのチームのカウンター発生率を超ダウンさせる さらに、ライジングパワーが10以上だと、ひっさつ+500 アタックポイント+20
スロットG 100剣 80剣 70剣 70剣 70蹴 60
CPボーナスひっさつアップ
備考斬撃スラッシュCPの平成2期ライダーとして、TV放送終了後としては初のCP抜擢。G3弾のテーマが「兄弟」というのもあるか。また実は無印メロンアームズでは初のアタッカー斬月・真レジェンド系ならたくさんあるのだが)。
そして表アビリティにて剣アイコン次第ではあるが斬月初 表からAPアップでもあると ポイントの高いカードだ。さらに後半の相手ミガワリ率ダウンは次のラウンドまでなので、2回累積可能。バーストアビリティも相手カウンター率超ダウンにRP10でさらにAP+20追加と 非常にバランスが取れている。同CPの中でもかなりの実力者であろう。
ただしアタッカーの累積型アビリティ持ちがゆえにアタッカーメタ新1号にモロに引っかかってしまうのが難点。

BM2弾

BM2-041Rジャマー
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 600タイリョク 2650
ヒッサツワザ月光閃1700コスト 2
アビリティチーム全体のボウギョ+200 さらに、バーストゲージが上がりやすくなる
スロットG 80剣 80剣 80蹴 70剣 60蹴 50
バースト仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 850タイリョク 2650
ヒッサツワザ無双円陣2650コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、コウゲキ・ひっさつ+600 さらに、バーストブレイクに大成功したとき、ライジングパワー+2
スロットG 100剣 90剣 80蹴 70剣 60蹴 50
備考斬撃スラッシュCP以来5弾ぶりの登場。
バーストアビリティの火力増強が+600と妙に中途半端だが ジャマータイプボーナスが入って実質+1100となる。表アビリティで防御も増強されるし体力も高めで防衛面も問題ないが、唯一表スロットが最大80どまり&50もありと低め構成なのが残念。

RT4弾

RT4-037Nブレイブ
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 600タイリョク 2400
ヒッサツワザ月光閃1500コスト 3
アビリティAP+10 相手のテクニカルスピードをアップ
スロットG 90剣 90剣 70蹴 60蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ
ステータスコウゲキ 1000ボウギョ 600タイリョク 2400
ヒッサツワザソニックボレー2600コスト 6
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、攻撃・必殺+500 AP+10
スロットG 100剣 100剣 70蹴 70蹴 60蹴 50
備考弟の龍玄がCPに選ばれた一方、兄の斬月は初のブレイブタイプで登場。何気に斬月→斬月・真の編成もG2弾以来である。アビリティは表裏ともにAPアップがあり、ブレイブタイプのタイプ効果でスロットAPアップも入る(タイプ効果で体力半減も含まれるが...)。特に表アビリティは無条件型のためメタカードに怯える心配がいらないのが利点。

プローモーションカード

P-048Nフィニッシャー
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 500タイリョク 1850
ヒッサツワザ残月の太刀1300コスト 3
アビリティ1番目にカードを出したとき、ライジングコスト-1
スロットG 90剣 80剣 70剣 70蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 600タイリョク 1850
ヒッサツワザ残月居合い斬り2450コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ライジングパワーが7以上だと、テクニカルゲージが超パワーアップする
スロットG 100剣 100剣 70剣 70蹴 60蹴 50
備考マクドナルドハッピーセット(2014年1月)配布カード。初の斬月は意外にもプロモカードでの登場だった。
体力以外は非常に安定しており、バースト必殺もタイプボーナス込みで3450。そしてバーストアビリティはあのLREXクウガ(UF)とほぼ同等の効果(あちらはバースト後からRPが規定値になっても発動可能だが)とプロモとしては破格。
なおゴースト弾でのゲキレツ変更後でも剣重視アイコンのままである(斬月メロンの他カードはキックが多くなったケースが大半である)またタイリョク1850というのがタイリョク底上げされたドライブ弾ではやや厳しくなってしまった。さらにドライブ3弾ではテクニカルゲージを上げすぎるとネット対戦では相手オーバーチャージの危険性が出て来るようになってしまった。RP7が条件なので、過剰だと思ったら条件を無視して踏み倒してしまうという手もある。

ゴールドカード

G-004G(N)フィニッシャー
ノーマル仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 450タイリョク 2600
ヒッサツワザ月光閃1650コスト 4
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、ライジングパワー+1
スロットG 80剣 80剣 80蹴 60蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダー斬月 メロンアームズ
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 600タイリョク 2600
ヒッサツワザ無双円陣3000コスト 7
バーストアビリティ次のラウンドまで、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+1000
スロットG 100剣 80剣 80蹴 70蹴 70蹴 50
備考5弾極極ゴールドカードキャンペーン景品。
本カードのバーストアビリティは3弾LREX鎧武スイカと同等。他のゴールドカード群と同じく元になったカードと同じような運用に...
と思いきや、本カードだけはフィニッシャータイプな事や斬月他カードの事情もあってかなり異なる。
まず強いフィニッシャーの主任が上のマックプロモ位しかないという点で貴重。しかもゴールドカード特有のコスト7・威力3000にフィニッシャーボーナス、そして次ラウンドまでだがひっさつ+1000も加わり合計5000、そのラウンドを外しても4000という主任史上最強のバースト必殺だ。...と言いたい所だが バーストアビリティ込みのLR主任・真コスト8・3900とほぼ同等...
だが同じ無双円陣の5弾LRは火力イマイチなので、最強の無双円陣持ちなのは間違いない。どの道ボウギョ面を除けば1ラウンド限りの強化が無くても火力は十分と言える。そして何より5弾LRは鎧武指定の表アビリティによる援護が主目的なので、ソロ活動ならこちらに軍配が上がるのだ。
ただそのLRと比較して体力こそとても多いがやや低めのボウギョには注意。さらにゴースト弾でのゲキレツ変更で 表面は最高でも80どまりで競り負けしやすくなってしまった...せっかくのゴールドカードなのに。

備考

ガンバライジングデータ
声:久保田悠来
武器:無双セイバー(片手剣)メロンディフェンダー※
必殺技:月光閃 残月居合い斬り
下位技:残月の太刀

※3弾までは装備していなかった。ただ劇中と違って攻撃には使用せず、ただ構えているだけである

原作設定
武器:無双セイバー メロンディフェンダー
必殺技:無双斬 (メロウブラスト 無刃キック)※設定のみで本編では未使用
人間体:呉島 貴虎(演:久保田悠来)

ユグドラシルコーポレーションの研究部門プロジェクトリーダーである貴虎が変身するライダー。
冷徹な性格で、どんな手段を使ってでも目的を果たそうとする。ただ一応市民の保護など常識的な感覚はまだ持ち合わせており、研究だけを推し進めようとする戦極凌馬=仮面ライダーデュークとはときおり衝突する。
また、鎧武たちビートライダーズを「社会に貢献しないクズ共」と見下している。一方で弟の光実には甘く、彼の将来に多大な期待を寄せている。 だがその光実がビートライダーズであることや仮面ライダー龍玄に変身することを彼は知らない。

武装は鎧武と同じく無双セイバー メロンの皮を模した 外側の刃で攻撃にも使用できる大型のシールドメロンディフェンダーのみという基本的な物だけだが その言葉通り 戦闘力は他のライダーと一線を画している。
必殺技はドライバーのブレードを倒して「メロンスカッシュ!」発動、エネルギーを纏った無双セイバーで一閃する無双斬

その強さは鎧武を完膚なきまで痛めつけ、彼を一時自信喪失にまで追い込んだほど。だが 皮肉にもそれが、弟が龍玄になるきっかけとなった。

ユグドラシル幹部という事で インベスやヘルヘイムの森についてもある程度把握しており
インベスの生態調査や新型ドライバーゲネシスドライバー開発のためにビートライダーを利用し、最後にはマスコミに彼らとインベスゲームの情報をリークさせて社会的に抹殺する、という計画は成功を収めたかに見えた。

だが 弟である光実の「自分もインベスゲームに加担していた」という告白に 彼は今まで見せた事の無いような激しい動揺を見せる。
加えて光実が自分顔負けの策略をしている事を見込んで、一人前の大人としてユグドラシル社幹部に迎え入れた。加えて一度叩きのめした鎧武=紘汰の成長を見て、光実を説得した時に暴露したヘルヘイムの森の真実・・・異世界が人間世界をあと10年足らずで崩壊させてしまう事を伝えた。

※なお設定資料と プレミアムバンダイのみ販売のアーマードライダーロックシードの音声から メロンディフェンダーを用いた必殺技・メロウブラスト 鎧武のライダーキック・無頼キックの斬月版とも言える無刃キックという必殺技があるようだが 本編では未使用のまま終わった。


仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ
ガンバライジングデータ
声:久保田悠来
武器:ソニックアロー(片手剣)
必殺技:ソニックボレー
下位技:ソニックアロースラッシュ ソニックハイスラッシュ

原作設定
武器:ソニックアロー
必殺技:ソニックボレー ソニックアロー斬撃(正式名称不明)
人間体:呉島 貴虎(演:久保田悠来)

斬月・真は 上で説明した新型ドライバーゲネシスドライバーと新型のエナジーロックシードを使った新生代ライダーの第1号と言える。
元々スペックも変身者の能力も高かった斬月だが、これによってさらなる強化を遂げた。
同じく新型の弓矢型武器ソニックアローによる射撃・斬撃戦も前身の無双セイバー以上である(特に弾切れの多かった無双セイバーガンモードの欠点を完全に克服している)
反面、前の斬月のアームズウェポン・メロンディフェンダーは装備していない

必殺技はソニックアローにメロンエナジーロックシードを装着。メロンのエネルギーを纏ったエネルギー矢を放つソニックボレー
また、ソニックボレーの変わりにソニックアローの刃自体にエネルギーを纏って斬りつける技もある(正式名称不明)

この力で着々とユグドラシルの計画を進めていたが、実力を認めて計画や人類崩壊の全容を伝えた鎧武=紘汰にも反発され、だんだんと自らのやり方や 凌馬らのやり方に疑問を持ち始めていた。
そして紘汰がオーバーロードの説得交渉に成功したと聞き、彼を完全に認めて彼と協力する方針を仲間たちに伝えたものの
裏で禁断の果実の力を狙う凌馬らに裏切られてしまい、ヘルヘイムの森のがけから突き落とされてしまった・・
皮肉もオーバーロードの王・ロシュオに助けられ、斬月・真となった弟を止めるために旧斬月に変身し兄弟対決をするも 昔の思い出が頭をよぎった瞬間にソニックアローの斬撃をカウンターで喰らってドライバーとロックシードを破壊され、海に落ちていった・・

このページへのコメント

ちゅぱやまさん>
うわ、完全に見落としていた...
指摘ありがとうございます

0
Posted by バイク技好き 2015年05月28日(木) 22:52:31 返信

チームボーナスの「タカトラ!」がぬけてますよ?

0
Posted by ちゅぱやま 2015年05月28日(木) 22:12:01 返信

>>バイク技好きさん
追記すると、他の通常のライダーではこのような色消えは起こりません。それと、ガンバライダーでも目のカラーはついたままでした。
それと必殺威力については、思いついた仮説があるのでメインページに書かせてもらいます。

0
Posted by 地獄の玉子と呼ばれた男 2014年07月27日(日) 19:22:19 返信

地獄の玉子と呼ばれた男さん>
細かい所をよく気づきましたね・・まったくわからんかった・・
あのすさまじい残像&衝撃波演出が問題あるのかな?

そういえばバースト必殺に限らず、
ガンバライダーの表必殺もコウコウだと テクニカルパーフェクトでボタンサボっても2300以上言った記憶がありますね・・(相手の残り体力2200くらいで 普通2100くらいだからトドメささないつもりが それで倒してしまった)

0
Posted by バイク技好き 2014年07月26日(土) 22:49:58 返信

プレイするうえで影響はないですが、気が付いたので報告します(もしかしたら既出かも)。
LRの無双円陣をガンバライダーに対して使うと、最後の倒れるところでガンバライダーのベースカラーとアーマーカラーが消えて灰色になってます。色の変更ができない部分(アーマーの金のラインや赤い模様)はそのままです。何か色設定に問題があるということでしょうか?
あとこちらはプレイングに関係ある話ですが、バースト必殺は先攻で撃つより後攻で撃った方が威力が上がる傾向があるように感じます。無双円陣を先攻で撃った場合、クリーンヒットしてもダメージは5900ほどですが、後攻で撃った時は6300ほどになっているのを何度か見ました。

0
Posted by 地獄の玉子と呼ばれた男 2014年07月26日(土) 22:43:48 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

旧トップページ
※上メニューの「トップページ」を選択するとメニューバーになってしまいます
※↓の事柄も含めてバーストライズ弾へ対応していないページが一部ございます。ご了承ください。
バーストライズ弾からのテクニカルゲージアップ率変更について

コンテンツ

コミュニティ

システム・遊び方
[おもちゃ連動]
ライダータイム弾からのおもちゃスキャン関係について
<ゴースト> <エグゼイド> <ビルド> <ジオウ>
おもちゃスキャンタイム(ライドウォッチスキャン)
<ゼロワン>
おもちゃスキャン(プログライズキースキャン&ブットバソウルメダル)

ジオウカード別各種システム
原作に基づいた称号 クロスオーバー称号

・ICカード関連システム
ひとりであそぶモード
育成要素
サポートアイテム系

カードリスト
  • (マシン)
<ゼロワン>BS2弾 BS1弾
<ジオウ>RT6弾 RT5弾 RT4弾 RT3弾 RT2弾 RT1弾
<ビルド>BM6弾 BM5弾 BM4弾 BM3弾 BM2弾 BM1弾
<エグゼイド>G6弾 G5弾 G4弾 G3弾 G2弾 G1弾
<ゴースト>K6弾 K5弾 K4弾 K3弾 K2弾 K1弾
<ドライブ>D6弾 D5弾 D4弾 D3弾 D2弾 D1弾 
<鎧武> 6弾 5弾 4弾 3弾 2弾 1弾
  • (プロモ) 
<ゼロワン>PBS
<ジオウ> PRTプレバン限定バインダー付属(BR)
ライダータイムパック(RT3)ライダータイムパック2(RT4)プレバン限定バインダー2付属(BR2)
<ビルド> PBMベストマッチパック!パック2パック3
<エグゼイド> PG/(パック)GP
<ゴースト>(玩具付属)T /(その他)PK
<ドライブ>PB,PD
<鎧武>P
  • (ゴールドカード) G,BG


データアーカイブ
その他
廃止されたシステムなど

←クリックで各リンク表示

編集にはIDが必要です