ガンバライドに代わるデータカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジングについてカードデータ・そのほかのデータをまとめたwikiです

相性値(詳しくは相性値リストのページ参照)
アタッカーテクニカルフィニッシャートリッキーパッション
(2,2,0,2,1,1)(1,1,4,0,0,2)(0,2,1,1,3,1)(1,1,1,1,1,3)(0,2,3,0,1,2)
ブレイカーブレイブチェインジャマーメカニカル
(2,1,0,3,0,2)(0,3,1,2,0,2)(0,1,1,3,2,1)(1,2,3,0,1,1)(3,1,1,1,0,2)

関連あるチームボーナス称号
ベストタッグ!&SURVIVE(サバイブ)仮面ライダーナイトと組むと発生
鏡の中の自分仮面ライダーリュウガと組むと発生
終わらない戦い仮面ライダーオーディンと組むと発生
結ばれた契約!仮面ライダー電王と組むと発生
リュウキドラグレッダー仮面ライダーディケイドと組むと発生
ドラゴンズパワー!仮面ライダーウィザードと組むと発生
2002年の邂逅仮面ライダージオウと組むと発生
鏡の中の戦士!仮面ライダーナイト、仮面ライダーゾルダと組むと発生
戦え・・・戦え・・・!仮面ライダーナイト、仮面ライダーオーディンと組むと発生
カードライダー!仮面ライダーブレイド、仮面ライダーディケイドと組むと発生
受け継がれる意思!仮面ライダーアギトと組むと発生
受け継がれる意思!仮面ライダーファイズと組むと発生

フォームリンク
龍騎
龍騎サバイブ



K4弾

K4-021LRアタッカー
ノーマル仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 850タイリョク 2750
ヒッサツワザメテオバレット1750コスト 4
アビリティ1ラウンド毎、ライジングパワー+1 さらに、次のラウンドまで、ひっさつ+500 アタックポイント+20
スロットG 90拳 80拳 70拳 60蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 1200ボウギョ 900タイリョク 2750
ヒッサツワザドラゴンファイヤーストーム3400コスト 10
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 スロットアイコンのアタックポイントを全て+20 さらに、ライジングパワーが10以上だと、ひっさつ+1000
スロットG 100拳 90拳 70拳 70蹴 60蹴 60
備考仲間宿敵にとことん先を越されていた龍騎、サバイブを引っさげて初のLR。
表アビリティはVR753のAP版にその他色々を付けたと言える能力。よって表のままなら最大AP+40となる。
バーストアビリティでもスロット数値20加算で さらに強力な必殺増強が入る。表アビリティひっさつ+500も2回累積するため、RP10条件満たして全てをフル発動させると500+500+2000+1000=+4000という恐るべき火力増大力を誇り バースト必殺総合火力7400という、当時最強クラスの火力だったLRエターナル(表アビリティ&バーストアビリティ発動)に迫る勢い。
...が、難点はアタッカータイプな事。運悪く同時に強力なアタッカーメタカードK4弾SR新1号が登場してしまい、2ラウンド間完全封殺されてしまうのだ。そのため対戦での使用にはそのカードと遭遇するリスクが伴ってしまう。もし遭遇してしまったらAP面は捨てて 封印解除となるラウンド3以降で上記のとおりバースト必殺の一発にかけよう(表アビリティ1回抜きでも6900である)
また表アビリティはバーストした時点で累積されなくなるので 最終的にはスロット+20しか残らなくなる点には注意。
幸い、対戦で上記アタッカーメタK4弾SR新1号の使用率が減ったので 使うなら今かも?
K4-022Nブレイブ
ノーマル仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 650タイリョク 2150
ヒッサツワザメテオバレット1550コスト 2
アビリティアタックポイント+10 チーム全体のひっさつ+100
スロットG 80蹴 80拳 80蹴 70拳 60蹴 50
バースト仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 750タイリョク 2150
ヒッサツワザドラグブレイズパンチ2350コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、あいてよりチームタイリョクが多いと、ボウギョ+1000 アタックポイント+10
スロットG 100蹴 90拳 80蹴 70拳 60蹴 50
備考龍騎初のブレイブタイプ。Nではあるが表技がメテオバレットなのは嬉しいサービスだ。
残念ながら表スロットは最大80止まりの上に60、50もある弱めな配分...が、表アビリティでAP+10入ってくれるので仲間のスロット配分とアビリティ次第では十分カバー可能。
加えてバーストアビリティは体力が相手より多いとき〜条件なのでブレイブタイプが故にバースト時に体力半減ペナルティが課せられるため発動はほぼ無理...と、思いきやバーストさせた時点で半減前の体力が相手を上回ってさえいればきっちり発動してくれる。そうすると本カードのバースト後スロットは最大150、最低100のスロットに+20の補整が入るというノーマルとしてはかなりの強さのスロットになり、AP勝負だけなら最終的には+20だけが残るLR版をも凌ぐことになる。恐ろしい...加えて同時にボウギョ+1000でブレイブタイプの弱点のカバーまでやってのける。ただしそれはあくまでバーストアビリティが発動できれば、の話。低レアゆえの体力のハンディがあるため一度先攻を取られればあっという間にバーストアビリティ発動が難しくなる。また表アビリティを加味しても2450とかなり低いのにコスト7とコスパ最悪。とはいえノーマルにして無条件でAP+10だけでも十分強いので、表だけの運用にとどめておいても十分だろう。LRも本カードより強力なAPアップ能力持ちであるものの アタッカータイプゆえにK4弾SR新1号にメタられる事を考えると 対戦ではこちらの採用もあり得る。それこそそのK4弾SR新1号と共に組むという手もアリだ

K5弾

K5-021SRテクニカル
ノーマル仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 800タイリョク 2450
ヒッサツワザメテオバレット1450コスト 3
アビリティ1ラウンド毎、ライジングパワーが5以下のとき、コウゲキ・ひっさつ+300 さらに、バーストゲージがアップする
スロットG 90拳 80拳 70拳 60拳 60蹴 60
バースト仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 850タイリョク 2450
ヒッサツワザドラゴンファイヤーストーム2850コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、ライジングパワーが7以上だと、コウゲキ・ひっさつ+1000 アタックポイント+20
スロットG 90拳 90拳 70拳 70拳 70蹴 60
備考順当にSR落ち。表アビリティは流行の?RP一定以下条件だが 攻撃必殺は自分にしか加算されないのが残念。もっともバーストアビリティがAP+20はいいとして、その分なのか攻撃必殺増強が1000と昨今高レアとしては低めなので きちんと表アビリティを累積しておきたい。
表アビリティにAPプラスないのが前弾カード群と比べると物足りない感は否めないが、LRはアタッカーが故にアタッカーメタSR新1号に2ラウンド間封殺されるというデメリットがあるし 表アビリティはバースト後いずれ効力が切れるタイプなので バースト後同士で最終的には必殺威力以外互角となる...どころかテクニカルタイプが故にテクゲージ面が上。
ブレイブのNと比べると 確かにAP+10はないが素のスロット自体が最大90&50なし安定型なので実際は互角だ。
総じてSRとしては充分な能力と言えるだろう。ただしパンチ4アイコンという構成には注意。ゴースト弾でのゲキレツ変更で案外キックの方が多くなったカードが多いので きちんとパンチの多いカードと組ませてダブル/トリプルアタックを狙いたいが...

K6弾

K6-055CPパッション
ノーマル仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 750タイリョク 2600
ヒッサツワザメテオバレット1700コスト 4
アビリティ1ラウンド毎、チームタイリョクが7000以上のとき、コウゲキ+500 さらに、テクニカルゲージがアップする。
スロットG 80拳 70拳 70拳 70蹴 70蹴 60
バースト仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 1000ボウギョ 1000タイリョク 2600
ヒッサツワザドラゴンファイヤーストーム2700コスト 8
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 バーストゲージが超上がりやすくなる。 さらに、テクニカルバトルに勝っていたら、あいてのミガワリ効果・発生率を超ダウンさせる
スロットG 100拳 80拳 70拳 70蹴 70蹴 60
CPボーナスコウゲキアップ
備考最強!ライジングバーストCP中の1枚として高レア続投。表アビリティはチームタイリョク7000以上の場合にコウゲキとテクゲージアップ。体力7000以上のデッキを組めば少なくともラウンド1は確実に発動可能で、その後もダメージさえ受けなければ常時発動出来る点は強みとなる。特殊な形ではあるが龍騎(通常サバイブ両方含め)初の表からテクゲージアップなのが最大のポイント。
バーストアビリティはパッションのタイプ効果と噛み合わせが非常に良く、次のラウンドでもバーストが狙えるため長じて支援向き。とは言えAPバトルに勝ち続ける自信があるならバーストせずに表アビだけでテクゲを伸ばし続けるのも悪く無い。
また昨今 体力の多いLRが多くなってきたので、それらと組めばたとえラウンド1で先行を取られてもテクニカル勝利&ダブルミガワリが来てくれてば かろうじて7000以上を保てる場合もある。ある意味追い風と言えるだろう。
尚、今弾CPカードには印象的なセリフと最強フォームにまつわるキーアイテムが描かれている。サバイブの台詞は「俺は絶対に死ねない!」、キーアイテムはSURVIVE -烈火-のアドベントカードが描かれている。

G6弾

G6-032Rアタッカー
ノーマル仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 550タイリョク 2650
ヒッサツワザメテオバレット1600コスト 3
アビリティまんなかのレーンにこのカードが置かれているとき、バーストゲージがアップする
スロットG 90蹴 80拳 70拳 70蹴 60拳 50
バースト仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 1050ボウギョ 750タイリョク 2650
ヒッサツワザドラゴンファイヤーストーム2500コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、コウゲキ・ひっさつ+800 ただし、テクニカルゲージスピードがアップする
スロットG 90蹴 90拳 80拳 70蹴 60拳 60
備考ノーマル龍騎〜サバイブという構成が多くあったし、途中にノーマル龍騎の方で中々の強さなドラゴンアーツCPというのがあったので気にならなかったが サバイブ始動というのは実は6弾ぶりだったりする。というわけでようやくサバイブR落ち。
ただR落ちといえど、その6弾間でのステータス底上げにより能力だけなら前回CP並。さすがにアビリティ内容やバースト必殺火力では劣るが...

BM2弾

BM2-020Rブレイカー
ノーマル仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 650タイリョク 2500
ヒッサツワザメテオバレット1600コスト 2
アビリティコウゲキ・ボウギョ+200 さらに、チームにナイトがいるとき、ひっさつ+300 ミガワリ発生率がアップする
スロットG 90拳 90蹴 80拳 60蹴 60拳 50
バースト仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 850タイリョク 2500
ヒッサツワザドラゴンファイヤーストーム2650コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、コウゲキ・ひっさつ+800 ただし、テクニカルゲージスピードがアップする
スロットG 90拳 90蹴 80拳 70蹴 60拳 60
備考今回ナイトサバイブ参戦&本人ボイス実装記念で 低レアにライジング参戦済み龍騎ライダー(一人を除いて...?)総登場となっているのだが、そのトップバッターがこれ。何気に龍騎初ブレイカータイプでもある。
ただ表アビリティがナイト指定なのに 攻撃アイコンが素手...素手のナイトというのは今の所ないので(汗)そして実はバーストアビリティ内容が前回G6弾のカードとまったく同じだったりするのだ...
まあそれでもブレイカーというタイプの強さがあるし、ステータス全体が体力を除き前回より一回り上になっている。

BM5弾

BM5-024LRメカニカル
ノーマル仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 950タイリョク 3500
ヒッサツワザメテオバレット1900コスト 4
アビリティAPバトルの合計値が250以上だと、アタックポイント+10 テクニカルゲージがアップする。
あいてが必殺技を発動させたとき、次のラウンドまで、テクニカルゲージがアップする。
スロットG 90拳 80拳 70蹴 60拳 60蹴 60
バースト仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 1100ボウギョ 1300タイリョク 3500
ヒッサツワザドラゴンファイヤーストーム3900コスト 9
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2500 ミガワリ効果・発生率が超アップする。
1ラウンド毎、あいてよりチームタイリョクが少ないとき、チーム全体のコウゲキ+600
スロットG 100拳 90拳 80蹴 60拳 60蹴 60
備考メカニカルタイプとして再LR化。現行2号ライダーも赤いドラゴンモチーフだから、というのもあるか。
以前のLRは最大AP+40累積(「1ラウンド毎、次のラウンドまでAP+20」)とRP1補給、そしてバースト必殺の爆発的な火力が特徴的だったが 今回はAP250以上でAP+10&テクゲージアップと安定型となっている。
一見地味だが龍騎で累積テクゲージアップというのは特殊な形だったK6最強フォームCP以来(あれは体力7000以上ならテクゲージアップ、という方式だった)。彼もベテランとして落ち着いた能力になったという事だろう(?)さらに後半部分「あいてが必殺技を発動させたとき、次のラウンドまで、テクニカルゲージがアップする」でたとえ先手を取られてもタダでは済ませない。
また前LRはバーストすると表アビリティが完全累積型でないためにAP+が20ずつ消えていってしまうのが難点だったが 今回の方式なら消えない上にメカニカルボーナスのAP+30もあるので、バースト後のAPなら間違いなくこちらの方が上だ。

RT5弾

RT5-019Nパッション
ノーマル仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 550タイリョク 2300
ヒッサツワザメテオバレット1650コスト 3
アビリティ.潺ワリ効果・発生率がアップ テクニカルゲージがアップ
スロットG 90拳 80蹴 80拳 60拳 60蹴 50
バースト仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 700タイリョク 2300
ヒッサツワザドラグブレイズパンチ2750コスト 7
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、攻撃+700 AP+10
スロットG 90拳 90蹴 80拳 70拳 70蹴 50
備考通常龍騎や限定バインダー付属、ウエハースなどでは色々出てたが マシン排出での龍騎サバイブ始動としては6弾ぶり。
表アビは地味だが、実は龍騎で表からテクゲージアップ、しかも無条件で というのは中々出てなかったので貴重。
反面バーストアビに必殺増強がない上になぜか下位技なので(通常龍騎からのサバイブという構成の低レアでは普通にドラゴンファイヤーストームだったのだが...)テクゲージ援護要員としといたほうが無難。

RT6弾

RT6-055CPテクニカル
ノーマル仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 1050ボウギョ 950タイリョク 2650
ヒッサツワザメテオバレット1600コスト 3
アビリティ.繊璽狒蠕ボーナスが4以上のチームだと、1R毎、攻撃+400 キックアイコンのAP+20
必殺技が発動したとき、防御+300 ミガワリ効果が超アップ
スロットG 90蹴 90蹴 80拳 60蹴 50拳 50
バースト仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 1400ボウギョ 1100タイリョク 2650
ヒッサツワザ20thライダーキック・2001ー20033250コスト 6
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+2000 ミガワリ発生率が超アップ
▲弌璽好箸靴深,R開始時、スロットアイコンのAPを全て+20 ミガワリ効果が超アップ
スロットG 90蹴 90蹴 80拳 70蹴 60拳 60
備考「フォーエバーキックス」2番手は龍騎サバイブ。キックアイコンAPアップの条件が相性ボーナス4以上のチームを編成することとなっている。また、バーストアビリティでもバースト後のラウンド開始時に全てのスロットAP+20が入るため最低でも80と非常に安定感の高いスロットが確保出来る。最大の天敵は言うまでもなく今弾から参戦したLRオーディン、せっかくのタイプボーナスもアビリティも相手のバーストアビリティで無力化される可能性がある...
余談だが今弾からアギトの台詞が賀集利樹氏になったため、このカードで聞ける一連の台詞は全員オリキャスという破格の待遇にもなっている。

プロモーションカード(BR)

BR1-003LRフィニッシャー
ノーマル仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 850タイリョク 3400
ヒッサツワザメテオバレット2050コスト 5
アビリティ1R毎、このRのみ、防御+300 テクニカルゲージがアップ
▲好蹈奪肇▲ぅ灰鵑2以上揃ったとき、AP+10 テクニカルゲージがアップ
スロットG 90剣 70剣 70蹴 70剣 60蹴 60
バースト仮面ライダー龍騎サバイブ
ステータスコウゲキ 1350ボウギョ 1050タイリョク 3400
ヒッサツワザドラゴンファイヤーストーム3900コスト 10
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+2500 相手のガッツ率を超ダウン
さらに、テクニカルバトルでパーフェクトで勝っていたら、このRのみ、相手のミガワリを封印
スロットG 100剣 80剣 80蹴 70剣 60蹴 60
備考仮面ライダーバトル ガンバライジング 10thアニバーサリー 9ポケットバインダーセットの1枚
最大のポイントは龍騎サバイブ初剣アイコンという点。これでナイトサバイブと攻撃アイコンを揃えられるのが最大の利点だ。
表アビリティはメカニカルLRのマイナーチェンジ版という感じだが 一応能動的にテクゲージ超アップ扱いを狙える(ダブルアタック条件だが)。
バーストアビリティは「テクニカルバトルでパーフェクトで勝っていたら、このRのみ、相手のミガワリを封印」とメカニカルRXと同じ物で「テクニカル勝利したけど相手にミガワリ」という(ネット)対戦にありがちなパターンを回避するのに役立つだろう

備考

ガンバライジングデータ
声:須賀貴匡(ガシャットヘンシン2弾より)
武器:ドラグブレード(片手剣)
必殺技:ドラゴンファイヤーストーム メテオバレット
下位技:ドラグブレイズパンチ


原作設定
登場作品:仮面ライダー龍騎
武器:龍召機甲ドラグバイザーツバイ
必殺技:メテオバレット ドラゴンファイヤーストーム
(バーニングセイバー※設定上の物で本編では未使用 後に仮面ライダーディケイドでコンプリートフォームの技として登場)
人間名:城戸真司(演:須賀貴匡)

龍騎が ライダーバトルの決着を急ぐ神崎四郎から渡された「SURVIVE 烈火」のカードを 同じく決着を急ぐ仮面ライダーナイト=蓮の暴走を止めるため使用して強化変身した龍騎の最強形態。
契約モンスターはドラグレッダーが連動して進化した龍型モンスター 烈火龍ドラグランザー
武器は拳銃型に変化した龍召機甲ドラグバイザーツバイ

戦闘能力が大幅に向上しており、アドベンド技の大半が通常時と逆に遠距離戦殲滅用となっている事が特徴。
...だが、真司自体の目的が戦いを止めることに変わらず、ミラーモンスター相手ではむしろオーバースペックであり
大半の戦闘は ソードベントを発動させてドラグバイザーツバイを銃剣に変形させたドラグブレードによる斬撃をメインに戦う。
本人の目的と戦闘スタイルがかみ合っているとは言えず、エネルギー消費も激しくなるため使用頻度は少なかった

必殺技はシュートベントカードをベントイン、ドラグランザーと連動して火炎弾を発射するメテオバレット
ファイナルベントカードをベントインし バイク型に変形したドラグランザーに搭乗、ウイリー走行状態のドラグランザーが吐き出す火炎弾連射で相手を燃やしつくし トドメに体当たりで粉砕するドラゴンファイヤーストーム

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

旧トップページ
※上メニューの「トップページ」を選択するとメニューバーになってしまいます
※↓の事柄も含めてバーストライズ弾へ対応していないページが一部ございます。ご了承ください。
バーストライズ弾からのテクニカルゲージアップ率変更について

コンテンツ

コミュニティ

システム・遊び方
[おもちゃ連動]
ライダータイム弾からのおもちゃスキャン関係について
<ゴースト> <エグゼイド> <ビルド> <ジオウ>
おもちゃスキャンタイム(ライドウォッチスキャン)
<ゼロワン>
おもちゃスキャン(プログライズキースキャン&ブットバソウルメダル)

ジオウカード別各種システム
原作に基づいた称号 クロスオーバー称号

・ICカード関連システム
ひとりであそぶモード
育成要素
サポートアイテム系

カードリスト
  • (マシン)
<ゼロワン>BS1弾
<ジオウ>RT6弾 RT5弾 RT4弾 RT3弾 RT2弾 RT1弾
<ビルド>BM6弾 BM5弾 BM4弾 BM3弾 BM2弾 BM1弾
<エグゼイド>G6弾 G5弾 G4弾 G3弾 G2弾 G1弾
<ゴースト>K6弾 K5弾 K4弾 K3弾 K2弾 K1弾
<ドライブ>D6弾 D5弾 D4弾 D3弾 D2弾 D1弾 
<鎧武> 6弾 5弾 4弾 3弾 2弾 1弾
  • (プロモ) 
<ゼロワン>PBS
<ジオウ> PRTプレバン限定バインダー付属(BR)
ライダータイムパック(RT3)ライダータイムパック2(RT4)プレバン限定バインダー2付属(BR2)
<ビルド> PBMベストマッチパック!パック2パック3
<エグゼイド> PG/(パック)GP
<ゴースト>(玩具付属)T /(その他)PK
<ドライブ>PB,PD
<鎧武>P
  • (ゴールドカード) G,BG


データアーカイブ
その他
廃止されたシステムなど

←クリックで各リンク表示

編集にはIDが必要です