ガンバライドに代わるデータカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジングについてカードデータ・そのほかのデータをまとめたwikiです

(ボーナスが超膨大になってきたので さらに細かく分割しました)

名称
|グレード|条件|効果・特殊事項|
・・の順に記載する。
その下に説明を記載する。該当ライダーが定まっている場合こちらに記載する

名称:表示されるチームボーナス称号の名称
グレード:公式ブログにあるようにゴールド・シルバー・ブロンズの3段階に分かれている
条件:この称号を出すための条件。



原作に基づいた称号(平成2期(W〜ジオウ)系)

MOVIE大戦2010(ボトルマッチ3弾より)

ゴールド仮面ライダーディケイド、仮面ライダーディエンド、仮面ライダーWで構成するボウギョ+150 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
文字通り映画「MOVIE大戦2010」の主要ライダーつながり(スカルも居たがあくまでサブ的存在だったからか)。
平成2期映画の新旧ライダー競演路線パイオニアである。

※位置づけ的に微妙な線だったが 公開はW放映中だったのでW以降としました

風都を守る者

シルバー仮面ライダーWと仮面ライダーアクセルを組み込むタイリョク+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ
普通なら「ベストタッグ!」が付くつながりの二人だが別名義が用意されている。恐らくは、Wは二人で一人の仮面ライダーになっているので正確にはトリオになるから、だろうか。

ロストドライバー(バッチリカイガン5弾で対象ライダー追加あり)

シルバー仮面ライダージョーカーと仮面ライダーエターナルを組み込むひっさつ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
シルバー仮面ライダージョーカーと仮面ライダースカルを組み込むひっさつ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
シルバー仮面ライダースカルと仮面ライダーエターナルを組み込むひっさつ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
映画「運命のガイアメモリ」で運命の対決を繰り広げた二人。一応どちらもロストドライバーで変身するからか この称号が付いた。
後に登場したスカルはバッチリカイガン5弾よりジョーカーとエターナル両方とで同称号が付く仕様となった。


運命のガイアメモリ(ナイスドライブ5弾より)

シルバー仮面ライダーWと仮面ライダーエターナルを組み込むコウゲキ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
Wとエターナルとではなぜか何もなかったが、ナイスドライブ5弾で新設された。

ダブルリターンズ(ナイスドライブ5弾より)

シルバー仮面ライダーアクセルと仮面ライダーエターナルを組み込むひっさつ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
二人とも外伝Vシネマで主役だったというつながり。

俺は死なない(バッチリカイガン3弾より)

シルバー仮面ライダーアクセルと仮面ライダージョーカーを組み込むタイリョク+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
状況的に 映画「運命のガイアメモリ」つながり。今までありそうでなかったが カイガン3弾でファングジョーカー実装と同時にこちらにも新設してくれたようである。この当時は剣アイコンな通常アクセルしかなかったが、最近ようやくアクセルトライアルも登場したので攻撃アイコンもバッチリあうようになった(...とはいうものの アクセルトライアルは1枚しかないんだが)

お前の罪を数えろ!

シルバー仮面ライダーWと仮面ライダースカルを組み込むコウゲキ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
おやっさんことスカルから弟子のWに受け継がれた「街を泣かせる悪党に俺達が永遠に投げかけ続けるあの言葉」。大方の予想通りであった

師弟の絆

シルバー仮面ライダージョーカーと仮面ライダースカルを組み込むタイリョク+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
上のジョーカー版と言える称号。
...ただ銃と素手とでアイコンがあわずダブルアタックしにくい(上はWルナトリガーがあるからいいんだが)

その風を止めないで

ゴールド仮面ライダーWと仮面ライダーアクセルと仮面ライダースカルを組み込むコウゲキ・ひっさつ+75 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
仮面ライダーWチーム。

この名称、仮面ライダーW主題歌「W-B-X 〜W-Boiled Extreme〜」の2番終わり後〜くり返し始まり直前の歌詞が元と思われるが
実は仮面ライダーディケイドの挿入歌「Ride the wind」の2番サビ直前もこの名称に似た歌詞だったりする。
一応元祖MOVIE大戦で競演しているのでまったくつながりが無いわけではないが。

嫌いじゃないぜ

シルバー仮面ライダーオーズと仮面ライダーバース(伊達)or仮面ライダーバース・プロトタイプ(伊達)を組み込むコウゲキ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
この二人間では「ベストタッグ!」も付くが、この称号も同時に発生する。
ファイズ&キバが(後から追加されて)2つ固有称号発生するような物か。

名称は 伊達さんがオーズである映司に会った時 欲望の無さに戸惑いながらもある程度は認めた時の台詞が元である

なお 下もそうだが バース・プロトタイプ(伊達)でも発生。ただし相性・チームボーナス称号(仮)にも記載したが
仮面ライダーバース(伊達)と仮面ライダーバース・プロトタイプ(伊達)両方を組み込んでも一つしか発動しない

バース・リバース

シルバー仮面ライダーバース(後藤)と仮面ライダーバース(伊達)or仮面ライダーバース・プロトタイプを組み込むボウギョ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
原作終盤のダブルバースタッグ再現。
なお伊達さんはプロト、ノーマルどちらでも可。ただし相性・チームボーナス称号(仮)にも記載したが
仮面ライダーバース(伊達)と仮面ライダーバース・プロトタイプ(伊達)両方を組み込んでも一つのみである

名称はバースのテーマソング「Reverse/Re:birth」からだろう

掴んだ腕

シルバー仮面ライダーオーズとアンクを組み込む

いつかの明日

シルバー仮面ライダーオーズとアンクを組み込む
原作タッグ再現称号。名称は上は最終回の別れ時、下は劇場版で未来から来た(つまり未来では復活している)アンクを見送った際の台詞から。

アンコじゃない!

シルバー仮面ライダーバース(伊達)とアンクを組み込む
伊達さんはアンクの事を聞きなれない単語(アンクとは古代エジプトで使用された「生命」あるいは「生きること」を意味していたりする)なので無理やりアンコと呼んでいる。当然本人は不本意なので言われるたびに言い返しているのだが その台詞が称号名称となった
「さあ行くぜ!アンコ!!」「だから何度も言ってるだろうが!!アンコじゃない!アンクだ!!」

伊達よりひどい

シルバー仮面ライダーバース(後藤)とアンクを組み込む
後藤さんが死んだ(と思った)伊達さんのベルトを引き継いでバースへ初変身した際の超荒っぽい戦いを見て
アンクが述べた意見「あいつ・・伊達よりひどい。」これが相性称号の名称となった。

グリードへと変貌せしもの

シルバー仮面ライダーオーズと恐竜グリードを組み込む?
映司とドクター真木は 終盤で両者紫コアメダルのせいで恐竜グリードへと変貌してしまう。そのつながりである。
オーズは助かったが...

RM4弾にてSCR怪人枠で恐竜グリードがカード化された事に伴い設定された。

誕生と終末

シルバー仮面ライダーバース(伊達)or仮面ライダーバース・プロトタイプ(伊達)と恐竜グリードを組み込む?
世界終末を望む恐竜グリードと、名称の由来が「誕生」〜バース という仮面ライダーバースで相対するというつながり。

また恐竜グリードことドクター真木は鴻上ファウンデーション在籍時にバースを設計した。そういった意味でも相対する存在といえる。

利害の一致

シルバーアンクと恐竜グリードを組み込む?
最終決戦直前では プトティラコンボの力を恐れたアンクはあえてドクター真木こと恐竜グリードの元へ走った事があった。
そういう「利害の一致」、というつながり。

その後アンクは思いなおして恐竜グリードと対決するが、その際に....

これもRM4弾にてSCR怪人枠で恐竜グリードがカード化された事に伴い設定された。

無限の絆

ゴールド仮面ライダーオーズ、仮面ライダーバース(後藤)、仮面ライダーバース(伊達)or仮面ライダーバース・プロトタイプ(伊達)で構成するコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
仮面ライダーオーズ原作終盤チーム再現。
当然他の称号もまとめて付くので非常に相性度は高い

彼女キターッ!

シルバー仮面ライダーフォーゼと仮面ライダーなでしこを組み込む
映画「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&フォーゼ MOVIE大戦MEGAMAX」の映画ライダーにして、フォーゼと絆を結んだ仮面ライダーなでしこがついにRM3弾でカード化。それにあわせて新設された称号。

なおメテオとなでしこ、そしてフォーゼ勢3人称号はまだ設定されてないようだ(メテオがLRになれば設定されるか・・?)

メガマックス!!

ゴールド仮面ライダーW、仮面ライダーオーズ、仮面ライダーフォーゼで構成するコウゲキ・ひっさつ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
その名の通り「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&フォーゼ MOVIE大戦MEGAMAX」で競演したというつながり。

そして 映画敵ライダーとの称号は数あれど、味方陣営で映画に関する称号が付く初めてのケースだったりする。

魔法使い!

ゴールド仮面ライダーウィザード、仮面ライダービースト、白い魔法使いで構成するコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
(一人は敵なんだけど)仮面ライダーウィザードチーム。(...今後他が来るかどうか?)
「ベストタッグ!」や下のボーナスまで一斉に付くため相性は非常に高い。

二つの希望

シルバー仮面ライダーウィザードと白い魔法使いを組み込むタイリョク・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
上にも書いたように 原作では最後は宿敵となったが、どちらもヒロインのためがゆえという事をスタッフが考慮した(...のだろうか?)らしく、個別のボーナスが割り当てられている。
なおビーストと白い魔法使いでは やはりというか、何のボーナスも無い。

静かに眠れる場所

シルバー仮面ライダーウィザードと白い魔法使い(コヨミ)を組み込むタイリョク+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
(詳細はネタバレになるので自粛 この名称は最終回での晴人の台詞から。)

笛木の家系

シルバー白い魔法使いと白い魔法使い(コヨミ)を組み込むコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
ネタバレしてしまうが 父と娘である。もっとも コヨミが白い魔法使いとなったのは父の死後であるが...
よって二人が白い魔法使いとして並び立つのはガンバライジングならではなのだ。

アーマードライダー!(バッチリカイガン2弾からの名称)

ゴールド仮面ライダー鎧武、仮面ライダーバロン、仮面ライダー龍玄で構成する全員AP+10 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
鎧武チーム。
武神鎧武はもちろん 斬月や3弾からの他アーマード勢でも発生しなかったので、今の所この3人のみで付く称号である。
またAPにボーナスが加わる数少ない称号である。一応当時の現行補正という扱いか。

バッチリカイガン1弾までは「アームドライダー!」という名称だったが 劇中の呼び名はアーマードライダーであり
ライダーにあまり詳しくない方は装甲響鬼(アームドヒビキ)と関連あるんじゃないかと勘違いする人居るかもしれない(?)からか、バッチリカイガン2弾から修正されたようだ

呉島の血筋(3弾より)

シルバー仮面ライダー龍玄、仮面ライダー斬月を組み込むコウゲキ・チームタイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
2弾時点でマックプロモ斬月と組んでもなぜか何も無かったこの兄弟だが ようやく3弾でボーナスが実装された。

チームバロン!

シルバー仮面ライダーバロン、仮面ライダーナックルを組み込むコウゲキ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
名称どおり原作でチームを組んでいたというつながり。

ビートライダー同盟!

シルバー仮面ライダー黒影、仮面ライダーグリドンを組み込むボウギョ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
これも原作どおりのボーナス、といっても実際は... まあ凸凹どころじゃなかったファイズ・カイザでもベストタッグ!が出るのだからいいのか(?)

ダブル真!

シルバー仮面ライダー黒影・真、仮面ライダー斬月(・真)を組み込むコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
どちらも名称に「・真」が付くつながり。なおシステム上無印斬月でも可能である。

もしも仮面ライダー真が出たらどうなるのだろう...

チームバロン連合?(4弾より)

ゴールド仮面ライダーバロン、仮面ライダー黒影、仮面ライダーグリドンを組み込むコウゲキ+150 オイウチ・ミガワリ効果アップ
これも原作どおりの...といっても実際はバロンに力づくで接収されただけなのだが 4弾にてボーナスが付くようになった。他の例に漏れず、グリドン-黒影間で上の「ビートライダー同盟!」も発生するので総合的にかなりのボーナスとなる

頂上決戦!

ゴールド仮面ライダー武神鎧武と仮面ライダー鎧武を組み込むコウゲキ+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
一応映画つながりで初の称号。この後映画ライバルライダー&主役の称号は恒例となる...が、ゴールドなのはこれと↓にある鎧武&フィフティーンの称号だけ...つまり鎧武作品だけである

超えるべき壁!(4弾より)

シルバー仮面ライダー鎧武と仮面ライダー斬月を組み込むボウギョ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
劇中のターニングポイントで彼らは必ず激突し、後に和解した。そのつながりで4弾から設定された。後に斬月は舞台劇においてカチドキアームズになったというつながりもある。ただシステム上ミッチ斬月・真でも発動するが...

戦闘のプロフェッショナル!

シルバー仮面ライダーブラーボと仮面ライダーマリカを組み込むコウゲキ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
どちらも平成ライダーには珍しく生身の状態から戦闘力バツグン、かつブラーボの決め台詞「プロフェッショナル」にかけたのだろう。

十五の頂点!

ゴールド仮面ライダーフィフティーンと仮面ライダー鎧武を組み込むボウギョ+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
上の「頂上決戦!」に続く劇場版の敵との称号。一応フィフティーンは平成「15」ライダーのアームズを使える・鎧武は平成ライダー「15」番目というつながりでもある。
そっちにも書いたが劇場版ライバルライダー&主役称号でゴールドなのは鎧武の特権である。

あこがれの人(5弾より)

シルバー仮面ライダー斬月と仮面ライダーブラーボを組み込むひっさつ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
ブラーボは斬月に一目ぼれしている。その関係である

パティシェの修行(5弾より)

シルバー仮面ライダーグリドンと仮面ライダーブラーボを組み込むタイリョク+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ
黒影亡き後 ブラーボに取り入ろうとしたグリドンだったが逆にパティシェ修行と称してこき使われることに。そのつながりである。そのかいあって一人前の戦士になれたのだが。
一応旧ガンバライドからの伝統「食べ物スキル系は体力アップ」の法則に入っているのかタイリョク+100である

ゲネシスの力!

ゴールド仮面ライダーデューク、仮面ライダーマリカ、仮面ライダーシグルドで組むひっさつ+150 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
新型ベルト「ゲネシスドライバー」を使う3人というつながり。
...斬月・真は...原作展開もあって仲間はずれの模様。

俺たちもライダー!(5弾より)

ゴールド仮面ライダーグリドン・仮面ライダー黒影、仮面ライダーナックルで構成するAP+10 オイウチ・ミガワリ効果アップ
3人とも果物ではなく木の実をモチーフにしたライダー。果物モチーフの他鎧武勢と比べてスペック的に劣るという設定であるが、「そんな俺たちもライダー!」...という事だろうか... 事実強いカードの少ない彼らにとってAP+10はありがたい

力こそすべて!(6弾より)

シルバー仮面ライダーバロン、仮面ライダーマリカを組み込むコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
ユグドラシル壊滅後、お互い「力を求める」つながりで共闘している、と言うことか。劇中ストーリーの展開上、6弾からのボーナス。

チームバロンは永遠に

ゴールド仮面ライダーバロン、仮面ライダーナックル、仮面ライダー黒影・真で構成するコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
黒影・真が6弾で追加されたことでついに揃ったチームバロン。その記念で本ボーナスが発生。ただ残念ながら上やアームドライダー!のようなAPアップではなかった。

新世界に立つ者!

ゴールド仮面ライダーマルス、仮面ライダー鎧武・闇、仮面ライダー黒影・真で構成するAP+10 オイウチ・ミガワリ効果アップ
鎧武の夏映画で新登場したライダーつながり。映画関係では珍しくAP+10と強力なボーナスが付く

黒き相棒!

シルバー仮面ライダー黒影、黒影トルーパー(城乃内)を組み込むコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
黒影つながり。そして原作では既に死亡している元祖黒影とのライジングならではの夢タッグでもある。

黒き影!!

ゴールド仮面ライダー黒影、仮面ライダー黒影・真、黒影トルーパー(城乃内)で構成するコウゲキ+150 オイウチ・ミガワリ効果アップ
黒影チーム。他の例に漏れず上の「黒き相棒!」も発動するため非常に強力。

禁断の林檎(ナイスドライブ3弾より)

シルバー仮面ライダーバロン、仮面ライダーマルスを組み込むひっさつ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
Vシネマ「仮面ライダー鎧武 外伝」にて バロンがマルスと非常に似ている、外伝オリジナルのバロンリンゴアームズになる事から。
別に何のことはない称号だと思うが 実はそのリンゴアームズ公式発表前から本称号が登場、実質先行登場という経歴を持つ。ある意味参戦フラグであった...

かつての仲間(ナイスドライブ3弾より)

シルバー仮面ライダー斬月、仮面ライダーデュークを組み込むコウゲキ+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ
これは名前どおり 原作にて最初両者は仲間だったが後にデュークが裏切ってしまう事から。マイナスな話ではあるがボーナスは付くようである

善良と邪悪(ナイスドライブ4弾より)

シルバー仮面ライダー鎧武、仮面ライダー鎧武・闇を組み込むコウゲキ+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ
悪落ちした鎧武が鎧武・闇であることから。

プロフェッサーと秘書(ナイスドライブ5弾より)

シルバー仮面ライダーデューク、仮面ライダーマリカを組み込むひっさつ+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
お互いの役職がデュークはプロフェッサー、マリカがその秘書であった事から。

チームシャルモン(ナイスドライブ5弾より)

ゴールド仮面ライダー黒影、仮面ライダーグリドン、仮面ライダーブラーボで構成するひっさつ+150 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
これは鎧武夏のサッカー映画でチームだったというつながりのようだ。
無論黒影+グリドンの「ビートライダー同盟!」やグリドン+ブラーボ「パティシェの修行」も付くので強力。

未来はどちらの手に(ボトルマッチ4弾より)

シルバー仮面ライダー鎧武、仮面ライダーバロンを組む込むコウゲキ+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ
両者は物語当初からライバル同士であり 最後の決戦もこの二人の対決であった。そういうつながりである。

いつまでも仲間(ガシャットヘンシン1弾より)

シルバー仮面ライダー鎧武と仮面ライダー龍玄を組み込むタイリョク+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
龍玄奇跡の改心と鎧武との共闘の最終回から3年...ついに両者の称号が設定された。

それぞれの真理(ボトルマッチ6弾より)

シルバー仮面ライダーバロンと仮面ライダーデュークを組み込むひっさつ+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
両者、一時は手を結んで その際バロンはデュークからレモンエナジーアームズを貰い受けたりしたが、最終的には それこそ「それぞれの真理」の違いから戦いあった二人である。

ボトルマッチ6弾LRSPにバロンが鎧武と共に最終決戦再現カードとして抜擢されたことから設定されたようだ。
また そのバースト後のロード・バロン新必殺技「真理」が新しく作られたことも関係していると思われる

創世への歩み(ボトルマッチ6弾より)

ゴールド仮面ライダーバロン、仮面ライダーナックル、仮面ライダーマリカで構成するコウゲキ・ひっさつ+75 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
上のバロン対デュークでロード・バロンに覚醒した戒斗が世界を一度破壊し新たに創成すると宣言、
それに賛同した昔からのチームメンバーであるナックルと新たに彼に賛同したマリカとのチームを結成した。その原作チーム再現である。

(・・だが実はナックルは・・)

手を取り合った未来(ライダータイム6弾より)

ゴールド仮面ライダー鎧武、仮面ライダー龍玄、仮面ライダー斬月で構成するコウゲキ・ボウギョ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
映画:MOVIE大戦フルスロットルチーム。
TVでは敵対していた三人が「手を取り合って」チームを組むのはいやがおうにも燃えるというもの。

その再現カードが登場したライダータイム6弾で設定された。

救うための戦い!(ズバットバットウ3弾より)

シルバー仮面ライダー斬月と仮面ライダーグリドンを組む込む
新作「鎧武外伝3」では斬月とグリドン&ブラーボ,シャルモン師弟の話であり それにあわせてこの2人の称号が設定されたようだ。
またこの弾中に発送される7周年バインダー限定カードにて グリドン新フォームが先行参戦するのもあっての事だろう。

ただ予告編を見るに 最初は敵対する模様だが...?

超速超力!

シルバー仮面ライダードライブと魔進チェイサーを組み込むひっさつ+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
仮面ライダードライブ劇中で お互い宿敵である。そういう意味ではBLACK+シャドームーン「宿命のライバル!」などと同じ感じである。

受け継がれる大きな使命

シルバー仮面ライダードライブとプロトドライブを組み込むコウゲキ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
プロトドライブが殉職した後、後継者として選ばれたのが今の仮面ライダードライブである。...というつながり。
そのためこのコンビを組んで戦えるのはガンバライジングだけである。別の姿になって共闘する事になったが...(下続く)

刑事vs怪盗!

シルバー仮面ライダードライブと仮面ライダールパンを組み込むタイリョク+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ
MOVIE大戦での宿敵つながり...という事で 鎧武+武神鎧武「頂上決戦!」と似たようなケースである。

運命の共闘

シルバー仮面ライダードライブと仮面ライダーチェイサーを組み込むコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
(続き)という事で 生まれ変わったチェイサーとドライブとのつながり。

なお上の「超速超力!」は出ない。この事からも魔進チェイサーとライダーチェイサーは別扱いだ。

No.000

ゴールド仮面ライダープロトドライブ・魔進チェイサー・仮面ライダーチェイサーで構成するひっさつ+150 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
3人とも元はNo.000のロイミュード「プロトゼロ」である事から。

主役以外で怪人を経由しての3形態というのは珍しいというのもあるだろう

対決!ライダーグランプリ

シルバー仮面ライダードライブと仮面ライダー3号を組み込むボウギョ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
春映画再現。上にあるように鎧武+武神鎧武「頂上決戦!」から続く映画対決称号である。

最高のダチ(ボトルマッチ3弾より)

シルバー仮面ライダーマッハと仮面ライダーチェイサーを組み込むひっさつ+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
両者最初は チェイサーが敵(魔進チェイサー)だったのもあっていがみあっていたが 最後は友と認めたというつながり。
...それはチェイスの最期の時であったが...そしてその魂はマッハに受け継がれる。

ボトルマッチ3弾でチェイサーマッハ参戦に合わせてついに設定された。
ただ魔進チェイサーとはやはりいがみあっていた時代だったのもあって 以前としてマッハとの称号はないようだ

仮面ライダードライブ!

ゴールド仮面ライダードライブ・仮面ライダーマッハ・仮面ライダーチェイサーで構成するコウゲキ・ボウギョ+75 オイウチ・ミガワリ効果アップ
仮面ライダードライブチーム。そのまんまの名称であるが...

正義と悪のドライブ

シルバー仮面ライダードライブとゴルドドライブを組むこむコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
名称どおり、正義の仮面ライダードライブと 悪のゴルドドライブの対比というつながり。

ただあまりの非道さもあって?
本人は自信満々に「これからはゴルドドライブと呼べ!!」と宣言したが みんな「蛮野...!!」としか呼ばなかったと言う(汗

未練と執念

シルバー仮面ライダーマッハとゴルドドライブを組むこむボウギョ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
ゴルドドライブこと蛮野はマッハの父親であった。というつながり。
だが蛮野は愛情などは何もなく それでもマッハは父親を信じたがっていたが、ダチのチェイスが倒された事で決別。結果として自らで父を葬る。
その際「さよなら、父さん。俺の未練...」と最後の台詞を残したのでこの名称になったようだ

支配者と守護者

シルバー仮面ライダーチェイサーとゴルドドライブを組むこむひっさつ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
これも名称どおり、支配者となる事をもくろむゴルドドライブと人間の守護者となったチェイスという対比のつながり。
ただゴルドドライブは人間だがその野望のためにロイミュードと化し、チェイスはロイミュードとして作られたが人間を守る...という皮肉もある。

3人のドライブ

ゴールド仮面ライダードライブ、仮面ライダープロトドライブ、ゴルドドライブで構成するコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
これも名称どおり、同じ姿形で色の違うドライブ3人というつながりである。

何気にこれは プロトドライブが健在であるガンバライジングでしか実現できない組み合わせなのだ
(仮面ライダードライブ開始時点では もうプロトドライブは存在していない(別の形で存在していた...)ため)

初めての人間の友達

シルバー仮面ライダードライブとハートロイミュードを組み込む?
ハートロイミュードのページ参照だが、ライバルとして激突してきた両者は最期に分かり合えた。というつながり。
名称はそのハートの最期の台詞から。

同じ者から生まれた生命

シルバー仮面ライダーマッハとハートロイミュードを組み込む?
マッハは蛮野博士の息子/蛮野博士が製作したアンドロイド...と 蛮野博士が生みの親なのである。

そして両者とも酷い仕打ちを受けたという皮肉...

ロイミュードの死神

シルバー魔進チェイサーとハートロイミュードを組み込む?
ハートは敵幹部ながら正々堂々を信条としているため、それに反発して汚い手段で人間を襲ったり騙すロイミュード、もしくはただ暴力をむさぼっているロイミュードを魔進チェイサーに頼んで取り締まってもらっていた。もっとも大抵破壊する事になるので「ロイミュード(にとって)の死神」。という事である。

なおあくまで魔進チェイサーでの称号で、仮面ライダーチェイサーだと↓になる。

尊敬できる戦士

シルバー仮面ライダーチェイサーとハートロイミュードを組み込む?
記憶を取り戻して仮面ライダーとなったチェイスであるが、それでもハートに対しては(↓のような事情を知っていたからもあるのか)決して卑怯な事をしないのもあって尊敬しつつライバル関係となっている。

憎悪の対象

シルバーゴルドドライブとハートロイミュードを組み込む?
マッハとの称号でも触れたが ゴルドドライブこと蛮野は彼を含む初期型ロイミュードへ酷い仕打ちをしていた。
特にハートにいたっては「研究の資金調達を断られた実業家」の姿をコピーさせて腹いせに暴行を繰り返していたのだ。

この事からハートたちロイミュードは「人間とは極悪非道な生き物」と見て反乱を起こした。これがドライブ世界の戦いの発端であったのだ。
お互いがお互いを「憎悪の対象」である事からこの名称をつけたようだ。

バッチリカイガン!!(バッチリカイガン2弾より)

シルバー仮面ライダーゴーストと仮面ライダースペクターを組み込むコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
仮面ライダーゴーストチーム。バッチリカイガン2弾では敵同士であったが後に和解したので晴れて原作チームとなった

「ベストタッグ!」に該当するチームではあるが、スペクターが参戦したカイガン2弾では敵同士だったため別名義が用意されている。

なおゴースト弾サブタイトルにもなっているこの名称は ゴーストドライバーの「(ゴースト)バッチリミナ〜!!or(スペクター)バッチリミロー!!」「カイガン!!」という音声が元。トリガーの操作タイミングによっては実際に「バッチリ「カイガン!!」となる、というのもある。

ゴーストライダーズ!

ゴールド仮面ライダーゴースト、仮面ライダースペクター、仮面ライダーネクロムで構成するコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
ネクロムを含めたゴーストチーム。ネクロムは敵だったがこちらも晴れて味方となったので問題ない

本当の友(バッチリカイガン5弾より)

シルバー仮面ライダースペクターと仮面ライダーネクロムを組み込むボウギョ・タイリョク+50、オイウチ・ミガワリ効果アップ
もう一つのゴーストチーム。以前は敵対し スペクターをネクロムアイコンで操って「これで私たちは本当の友になった・・」という仕打ちもしたが、後に和解し本当の意味で友となった

眼魂の解放を阻止せよ!

シルバー仮面ライダーゴーストと仮面ライダーダークゴーストを組み込むコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
映画「100の眼魂とゴースト運命の瞬間」に関する称号。映画との宿敵と称号という事で
鎧武+武神鎧武「頂上決戦!」 鎧武+15「十五の頂点!」 ドライブ+ルパン「刑事vs怪盗!」からの流れである

正しき道へ...

シルバー仮面ライダーゼロスペクターと仮面ライダーダークゴーストを組み込むひっさつ+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ
映画「100の眼魂とゴースト運命の瞬間」初出のライダー同士チーム。TVのプレストーリーによればどうも両者は師弟関係らしいのだが...?

いつもお前の側に

シルバー仮面ライダースペクターと仮面ライダーゼロスペクターを組み込むボウギョ+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
これも映画「100の眼魂とゴースト運命の瞬間」に関する称号。両者は親子であるものの幼い頃に父親は出ていったという事で反目しあっていたが、ゼロスペクターが息を引き取る際に和解。その際の最期の台詞である。

すれ違う理想の世界

シルバー仮面ライダーネクロムと仮面ライダーダークゴーストを組み込むコウゲキ+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ
これも映画「100の眼魂とゴースト運命の瞬間」に関する称号。TVでもネクロム=アランの言葉で ダークゴーストの変身者・アルゴスとは兄弟と判明している。
...だが 病死したとの話だが...?

なおここまでの「100の眼魂とゴースト運命の瞬間」関係で特筆すべきは 「映画プロモ先行参戦時から称号がついている」ことだ。

サイバーレスキュー!

シルバー仮面ライダーエグゼイドと仮面ライダーブレイブを組み込むコウゲキ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
「ベストタッグ!」に該当するチームではあるが、別名義が用意されている。当初はお互い反目していた...って過去にも似たような事例はあったか

ウィーアー仮面ライダー!!

ゴールド仮面ライダーエグゼイド,仮面ライダーブレイブ,仮面ライダースナイプ,
仮面ライダーレーザー,仮面ライダーゲンムから3人でチームを組む
コウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
今までにない形であるが、この5名中のみでチーム結成すると発動する模様。但し実装後に追加されたパラドクス・ポッピー・クロノスと組んでもこの称号は発動しなかった。ゲーマードライバーかつレベル1に対応していなければダメなのか?
名称はレベル1変身音声「アイム ア 仮面ライダー!!」の複数形。

黒き映し身

シルバー仮面ライダーエグゼイドと仮面ライダーゲンムを組み込むボウギョ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
ゲンムはそれこそダークエグゼイドともいうべき姿。そういう関係でこの称号が付いたようだ

不穏なゲームライダー

シルバー仮面ライダーゲンムと仮面ライダーパラドクスを組み込むひっさつ+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ
エグゼイド敵ライダーチーム。だが劇中で意見の食い違いが生じている。それで「不穏な」という名称なのか?

無類のゲーム好き(ガシャットヘンシン4弾より)

シルバー仮面ライダーエグゼイドと仮面ライダーパラドクスを組み込むひっさつ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ

俺がお前でお前が俺で(バーストライズ4弾より)

シルバー仮面ライダーエグゼイドと仮面ライダーパラドクスを組み込むコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
劇中のライバル同士。どちらもゲーム好きではあるが、エグゼイドはそれでも医者としての摂理があるのに対して パラドはバグスター怪人がゆえ ゲームを楽しむためなら人道に反することでもなんでもやっていたという違いがあった。最後にパラドも改心してくれたが。

そして実は パラドはエグゼイドから生み出されたバグスターであるという事も。ガシャットヘンシン4弾時点では当然わかっていなかったためネタバレ防止もかねて あえてこういった名称にしたのだろう。

流石にもうそういう心配しなくてもいい時期になったからか、バーストライズ4弾で両者とのメモリアルタッグフィニッシュ搭載記念にもう一つ称号が追加された。効果がちょうど無類のゲーム好きの逆方面アップのため 二つあわせてコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ・タイリョク・オイウチミガワリ率&効果アップとかなりの広範囲をアップ可能に。

デュアルアップ!

ゴールド仮面ライダーブレイブ、仮面ライダースナイプ、仮面ライダーパラドクスを組み込むコウゲキ・ボウギョ+75 オイウチ・ミガワリ効果アップ
3人ともガシャットギア デュアル(ブレイブとスナイプは〜β)を使用するというつながり。
ブレイブはその後さらに上のガシャットが登場したが。

幻夢コーポレーション

シルバー仮面ライダーゲンムと仮面ライダークロノスを組み込むコウゲキ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
両者は親子で両者ともゲーム開発会社「幻夢コーポレーション」社長。クロノスが初代、ゲンムが2代目である。

供淵張凜.ぁ砲妊丱哀襯▲奪廖

シルバー仮面ライダーポッピーと仮面ライダークロノスを組み込むコウゲキ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
両者とも新型変身ベルト「バグルドライバー供淵張凜.ぁ法廚鮖藩僂靴董屮丱哀襯▲奪廖廚垢襦

またポッピーは 実はゲンムの母親、つまりクロノスの妻に感染したバグスターウイルスから生まれた。(その後妻は消滅)
その関係もあるのか、上のクロノス+ゲンムと似たような効果になっている

モニターの中の同居人(ガシャットヘンシン6弾より)

シルバー仮面ライダーゲンムと仮面ライダーポッピーを組み込むボウギョ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
バグスターウイルスとなって復活したゲンムが 普段は同じくバグスターウイルスであるポッピーの住処である
アーケードゲームマシン「ドレミファビート」の中に住んでいる...という事からこの題名が付いたのだろう。

上記の通り、両者は擬似的に(?)親子とも言える関係である。

結局、黎斗が筐体内の牢屋に閉じ込められるという形でポッピーは閉め出されたが。

コンティニューしてでも(ガシャットヘンシン6弾より)

シルバー仮面ライダーレーザーと仮面ライダーゲンムを組み込むボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ

決着をつけようぜ(ズバットバットウ3弾より)

シルバー仮面ライダーレーザーと仮面ライダーゲンムを組み込む
両者ともバグスターウイルスとして復活...「コンティニュー」したというつながり。皮肉にもレーザーが消滅したのはゲンムに倒されたからであるが...
その後両者は劇中で共闘した(レーザーは渋々ながらも事件の収束のため&永夢の判断を尊重するという事で)

ZB3弾から メカニカルLRにレーザー抜擢記念なのか ダブル称号として「決着をつけようぜ」が登場。

アイム ア バグスター(ガシャットヘンシン6弾より)

シルバー仮面ライダーパラドクスと仮面ライダーポッピーを組み込むコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
両者とも(純粋な)バグスターであるというつながり。だがポッピーはパラドクスの誘いを断り人間の味方をしているという点でお互いの立場は相反している という皮肉でもある。最後にわかってくれたが

レーザーとゲンムはあくまで後からバグスターとして蘇生したので純粋なバグスターではないからなのか、この称号に関わる事はないようだ(ゲンムは両者と別の称号あるが)

トゥルーエンディング(ボトルマッチ1弾より)

シルバー仮面ライダーエグゼイドと仮面ライダー風魔を組み込むコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
劇場版敵ライダーと主役ライダーとのおなじみの称号。
鎧武&武神鎧武から伝統となったこの関係の物は今回も存在した。

世界初の感染者(ボトルマッチ3弾より)

シルバー仮面ライダーエグゼイドと仮面ライダークロノスを組み込むコウゲキ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
怪人コンピューターウイルス・バグスターウイルスに全世界で一番最初に感染したのが この両者であったというつながり。
ボトルマッチ3弾のメモリアルフィニッシュ企画にて エグゼイドにクロノスを倒した最終決戦仕様バースト必殺技が搭載されたのに合わせて設定されたようだ
また両者とも最強フォームが金色基調というつながりも。(クロノスはゲムデウスクロノス)

確執の決着(ボトルマッチ3弾より)

シルバー仮面ライダーブレイブと仮面ライダースナイプを組み込むボウギョ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
スナイプはブレイブの彼女がバグスターウイルスに感染した際執刀(という名の怪人退治)にプロトスナイプで出撃したものの敗北し、彼女は消滅。
ブレイブはそれをきっかけにライダーとなり、医療ミスで医師免許剥奪となったスナイプを仇としていた。
だが終盤でそのわだかまりは終わり 完全な仲間となった。

ボトルマッチ3弾でクロノス(大我)や最終回再現エグゼイドメモリアルフィニッシュなど登場記念で追加されたようだ。

もう一人のパラドクス

シルバー仮面ライダークロノスと仮面ライダーアナザーパラドクスを組み込むコウゲキ+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
実はこの両者は深い関わりがある。ネタバレになるので興味ある方はぜひエグゼイドVシネマトリロジーを見て欲しい。

パラドクスは俺だ!

シルバー仮面ライダーパラドクスと仮面ライダーアナザーパラドクスを組み込むコウゲキ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
両者パラドクスの名を冠したライダー同士。Vシネマトリロジーでは死闘を繰り広げた。
「お前は育成の方向性を間違えた失敗作だ...!!」(Vシネマ宣伝より)
そういったつながりである。

レアキャラ発見!

シルバーライドプレイヤーと仮面ライダーエグゼイド,仮面ライダーブレイブ,仮面ライダースナイプを組み込むタイリョク+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ
劇中で繰り広げられた死のゲーム「仮面ライダークロニクル」内では エグゼイドたちCR所属の仮面ライダーは一般人の変身したライドプレイヤーから
「倒すとパワーアップガシャットや武器を落とすレア敵キャラ」と設定されて狙われてしまっていた。
それを表現したつながりである。
...無論追い回すだけでなく説得に応じてくれた人は居るのだが。ライジングではそういった良識のあるプレイヤーとの共闘だと脳内補完しておこう

なお1キャラで他3キャラ対象な称号というのは初である。

MとN

シルバー仮面ライダーエグゼイドとライドプレイヤーニコを組み込むコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
エグゼイドは学生時代 天才ゲーマーMの異名で対戦格闘ゲーム大会を総ナメにしており
その過程でニコは決勝戦で彼に負け、逆恨みしてプロゲーマーとなりエグゼイドに挑んできた。

ただその確執が解消されてからは ニコ自身もクロノスに対し「天才ゲーマーの力みせてやんよ!」と名乗る。
そういったつながりからこの名称となったようだ

花家ゲーム病クリニック

シルバー仮面ライダースナイプとライドプレイヤーニコを組み込むひっさつ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
劇中でのベストカッ...いや、ベストタッグ(と言っておく)となった二人。
この名称はTV版ストーリーが終わった後 大我が立ち上げ、その後ニコも勤務することとなったゲーム病専門クリニックの名前である

ポップガールズ!

シルバー仮面ライダーポッピーとライドプレイヤーニコを組み込むボウギョ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
エグゼイドの女性ライダーチーム。劇中でのライダーとしての共闘は1,2回ほどしかなかったが
戦闘以外での医療面での協力はかなりあった。
そういう関係もあってプラス領域もボウギョとタイリョクである

CR緊急出動!

ゴールド仮面ライダーエグゼイド、仮面ライダーブレイブ、仮面ライダーポッピーで構成するタイリョク+150 オイウチ・ミガワリ効果アップ
エグゼイドの味方陣営チーム。3人とも表向き医者(厳密にはポッピーは看護師)をやっていながら、バグスター対抗のための「CR」という名称の組織に所属。

私の両腕(ガシャットヘンシン6弾より)

ゴールド仮面ライダーブレイブ、仮面ライダーレーザー、仮面ライダークロノスで構成するコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
クロノスが恋人をよみがえらせるという名目でブレイブを買収、さらにレーザーをレーザーターボとしてよみがえらせて部下にした際
ブレイブを「私の右腕」レーザーターボを「私の左腕だ」とクロノスが紹介した事からこの称号が付くようになったようだ。
なおシステム上、レーザーはターボでなくともこの称号は発生する。

...当然二人とも味方に戻ったが。ガシャットヘンシン6弾稼動はちょうどブレイブが味方に戻った回のすぐ後だったので、チーム解消後にこの称号が新規登場というなんとも皮肉な事になった。

養殖vs野生

シルバー仮面ライダーアマゾンオメガと仮面ライダーアルファを組み込むコウゲキ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
アマゾンズ原作チームにしてライバル同士。名称はアマゾンズシーズン1のキャッチフレーズより。

次世代のアマゾン

シルバー仮面ライダーアマゾンオメガと仮面ライダーアマゾンネオを組み込むボウギョ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
アマゾンズシーズン2つながり。

アマゾン細胞の系譜(ボトルマッチ1弾より)

シルバー仮面ライダーアマゾンアルファと仮面ライダーアマゾンネオを組み込むコウゲキ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
アマゾンズシーズン2つながりその2。

実はこの両者は...(重要なネタばれなので自粛。でも実はボトルマッチ1弾アマゾンネオの裏面テキストに...?)

ファウストからの刺客

シルバーナイトローグとブラッドスタークを組み込むコウゲキ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
仮面ライダービルド敵幹部チーム。ただ両者は(当然のごとく?)この当初から仲は余り良くなく 現在は完全に決別してしまっているが。

皮肉にもビルド初の原作称号が敵幹部チームとなった

都市を賭けた戦争(ボトルマッチ3弾より)

シルバー仮面ライダービルドと仮面ライダーグリスを組み込むコウゲキ・ボウギョ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
ブラッドスタークの策略で始まってしまった戦争の最前線で ビルドは東都、グリスは北都を代表する戦士として戦場でぶつかりあうというつながり。
また ビルドはそれでも誰も死なせない事を目的としているのに対し
グリスは民間人こそ巻き込みたくないと思っているものの 戦う相手には「命の奪い合いしてんだよォ!!」と容赦ないという点でもぶつかりあう。
さらにビルドはそう思っていたのにもかかわらずハザードトリガー暴走でグリスの部下を倒してしまい、
グリスは愕然としているビルドに「戦争はそういう物だ」と諭したという点でも。

なおグリスがプロモでボトルマッチ2弾に先行登場していた時にはまだ設定されていなかった。

ライダーインゼリー!(ボトルマッチ3弾より)

シルバー仮面ライダークローズと仮面ライダーグリスを組み込むタイリョク+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
両者同じ変身媒体「スクラッシュゼリー」とそれを起動させるための同じ変身ベルトを持つというつながり。
以前からそのスクラッシュゼリーが 10秒チャージ2時間キープのキャッチフレーズな(って古いか)「ウィ○ーインゼリー」そのまんまだとファンから言われていた。そこからこの題名となったと思われる。
そのイメージもあって?体力アップである。でも劇中では逆に副作用があったという、色んな方面で皮肉な称号である。

これも グリスがプロモでボトルマッチ2弾に先行登場していた時にはまだ設定されていなかった。

北都の侵攻(ボトルマッチ3弾より)

シルバーブラッドスタークと仮面ライダーグリスを組み込むボウギョ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
ブラッドスタークが北都に寝返ってライダーシステムの情報を横流しし、なおかつ難波重工にスクラッシュドライバーを製作させてグリスを誕生させ 東都に侵攻した...という事で
同じ北都陣営というつながり。

ただしガンバライジングではビルドアップライダーバトルでタッグを組んでいたが、劇中ではスタークはあくまでグリスの上司として登場しただけで共闘はしていない。
それどころか勝手にグリスの部下を強化改造させている。そして後にスタークが本性を現しグリスは離反した。

トリプルスクラッシュ!(ボトルマッチ4弾より)

シルバー仮面ライダークローズ、仮面ライダーグリス、ナイトローグまたは仮面ライダーローグを組み込むコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
3人とも同じ変身ベルト・スクラッシュドライバーを使用するというつながり(クローズはクローズチャージ、ナイトローグはライダーローグとパワーアップ後の話だが)

驚くべき真実(ボトルマッチ5弾より)

シルバー仮面ライダークローズと仮面ライダーエボルorブラッドスタークを組み込むコウゲキ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
ビルド本編参照だが スタークは正確には火星の遺跡にあったオーパーツ・パンドラボックスに封印?されていたエボルトが それを発見した宇宙飛行士:石動惣一に憑依したものであり(エボルトはどうも宇宙の悪霊か怨霊みたいなものらしい)
そしてクローズこと万丈も実はエボルトの遺伝子を持っていた...というつながり。

かなり込み入った話でこれ以上はネタバレも含むので割愛。

ローグな奴ら

シルバーナイトローグor仮面ライダーローグと仮面ライダーマッドローグを組み込むボウギョ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
その名のとおり 名称に「ローグ」がついてるつながり。

エボルライダーズ

シルバーブラッドスタークor仮面ライダーエボルと仮面ライダーマッドローグを組み込むコウゲキ+100 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
どちらも同じ変身ベルト「エボルドライバー」で変身するライダーつながり。仕様上ブラッドスタークでも発動するが

刺激的な実験(ボトルマッチ6弾より)

シルバー仮面ライダービルドと仮面ライダーマッドローグを組み込むボウギョ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
特別編「7つのベストマッチ」にてブラッドスタークの指示で ハザードフォーム暴走事故によって戦意喪失した戦兎の特訓...
彼ら二人は科学者同士なので「実験」という名目の擬似戦闘を行なった。そういうつながりである。

ただマッドローグが登場したボトルマッチ5弾当初の時点では正体が判明しておらず、正体判明後も本人ボイス実装が遅れたため
ボトルマッチ6弾からの設定となったようだ。

東都先端物質学研究所(ボトルマッチ6弾より)

折って刺す!(ライダータイム5弾より)

シルバー仮面ライダービルドと仮面ライダーローグorナイトローグを組み込むボウギョ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
ビルドこと戦兎はマスター(実はエボルトが取り付いていた)の紹介で
幻徳が所長を務めていた「東都先端物質学研究所」に科学者として務めていた(これがエボルトの策略だったわけだが...)

ボトルマッチ1弾当初から付いてもいいような称号だが、劇中で完全に味方となった記念なのか?ボトルマッチ6弾からついたようだ。

さらにライダータイム5弾で「折って刺す!」が追加、両者分割ギミックのあるフルボトル(フルフルフルボトルと、それを母体にローグ用に作られたプライムローグフルボトル)を使用するつながりで、そのプライムローグ参戦記念として追加された模様。

これで両者、ビルド勢初のダブル称号な組み合わせとなった。

ヒゲとポテト(ライダータイム1弾より)

シルバー仮面ライダーグリスと仮面ライダーローグorナイトローグを組み込むボウギョ+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ
最初はグリスの部下の仇であったローグだが
ローグがパンドラボックスの光による悪心化から脱した後は互いを「おいヒゲ!」「おそいぞジャガイモ」(後にポテトとなった)
と呼び合う仲になった。
そして二人とも最終決戦で命を散らした...(新世界にて生まれ変わることはできたが)

そういった事からライダータイム1弾で設定された。

時空転移システム起動!

シルバー仮面ライダージオウと仮面ライダーゲイツを組み込むコウゲキ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
ジオウライダー二人による称号。
名称はロボット型タイムマシン「タイムマジーン」起動時の掛け声である。
現時点では1号ライダー&2号ライダーのお決まりである「ベストタッグ!」が発生しない。(まぁ、今のところはこの2人はベストタッグには確かに見えない…)

未来で悪の王・オーマジオウとなるジオウを過去で倒すべく未来から来たゲイツであるが、
劇中中盤でのチーム崩壊危機を脱してソウゴを認め、仲間となったのだった。
(すでにライダータイム1,2弾時点で二人を組ませた際のタッグ演出にて 仲間になったような台詞が用意されていたが。)

君はどっちのウォズ?

シルバー仮面ライダージオウと仮面ライダーウォズ(白ウォズ)を組み込むコウゲキ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
シルバー仮面ライダージオウと仮面ライダーウォズ(黒ウォズ)を組み込むコウゲキ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ

ジオウライダー二人による称号その2。

詳しくは劇中ストーリー参照だが、ウォズは現在二人居て ライダーに変身する方は別の世界軸の未来(ゲイツがオーマジオウを倒した世界)からやってきたという話。
区別するため今までのウォズ(変身しない方)を黒ウォズ、ライダーに変身する方を白ウォズと呼称する事となった
(着ている衣装の色調から)

そして劇中中盤で黒ウォズが白ウォズからドライバー&ウォッチを奪って変身した。この展開も見据えてこのような名称となったのだろう

ただライジングでは主にRT4弾までのウォズのカード〜白ウォズ、
RT5弾以降は一部のカード+ウォズギンガシリーズが黒ウォズ
と分かれており、白ウォズ仕様カード&黒ウォズ仕様カード&ジオウ...と組んだ場合なんと二つ発生する。

未来からの来訪者

シルバー仮面ライダーゲイツと仮面ライダーウォズ(白ウォズ)を組み込むタイリョク+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ
シルバー仮面ライダーゲイツと仮面ライダーウォズ(黒ウォズ)を組み込むタイリョク+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ

ジオウライダー二人による称号その3。

ただ上にも書いたが、未来は未来でも同じ未来ではなく別の世界軸(ゲイツはオーマジオウを倒すために過去へ飛び、ウォズはゲイツがオーマジオウを倒した世界から)の未来...相反する世界からの来訪者である。
しかも白ウォズはジオウを「わが魔王」と呼んであがめる黒ウォズと違い ゲイツの方を「救世主」と呼んであがめているのだ。

ただその「救世主」という名称をからめなかったのは
劇中中盤で黒ウォズが白ウォズからドライバー&ウォッチを奪い取ったので この展開も既に考慮されていたからだろうか。

上と同じく、ライジングの世界では両者混在しており 白ウォズ仕様カード&黒ウォズ仕様カード&ゲイツ、と組んだ場合二つ発生する事態となる。

クールな居候

シルバー仮面ライダーディケイドと仮面ライダーゲイツを組み込むボウギョ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
ディケイド:士は光写真館に、ゲイツは現代で居候生活を始める境遇から付いた称号である。
またジオウ劇中で実際にディケイドが登場。両者で戦いを繰り広げた

俺がラスボス?

シルバー仮面ライダーディケイドと仮面ライダージオウを組み込むコウゲキ+100 オイウチ・ミガワリ効果アップ
両者とも将来悪の元凶となってしまうと諮詢されたライダーつながり。

更に「平成ライダー10周年と20作品目という節目のライダー」で歴代ライダーの力を使い
ディケイドジオウとジオウディケイドアーマーという双方に相手モチーフのフォームがあるつながりでもある。
そして実際にジオウ本編でライバルのような役回りとしてディケイドが参戦した。

その後もディケイドはジオウで再登場を続けていて ストーリー上でかなり重要な役割となっているため
クロスオーバー扱いではなく原作に基づいた称号扱いとした

光と闇

シルバー仮面ライダージオウと仮面ライダージオウ(ミラーワールドバージョン)を組み込むひっさつ・タイリョク+50 オイウチ・ミガワリ発生率アップ
ジオウの鏡像であるジオウミラーワールドバージョン、というつながり。
鎧武-鎧武・闇「善良と邪悪」 龍騎-リュウガ「鏡の中の自分」のジオウ版とも言える。

詳しいいきさつは仮面ライダージオウ(ミラーワールドバージョン)の備考を参照。

レジスタンス

ゴールド仮面ライダーゲイツ、仮面ライダーウォズ(※黒ウォズ)、仮面ライダーツクヨミで構成するコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+50 オイウチ・ミガワリ効果アップ
3人は未来世界で 暴君となったオーマジオウに反抗するレジスタンス組織の仲間であった、というつながり。
ただ 第1話の前の時点でウォズが裏切ってオーマジオウ側に付いたのだが...
(このためレジスタンスが壊滅してしまい 過去に行ってオーマジオウの誕生を阻止する以外の手がなくなってしまう...それが物語の始まりであった)

そういういきさつのため、別の存在である白ウォズ版のウォズだと発生しないので注意。

覇道と王道

シルバー仮面ライダージオウとオーマジオウを組み込む
現在と未来、2人の時の王者ジオウによる称号
結局ソウゴは覇道ではなく王道を選んだ

最低最悪との対峙

シルバー仮面ライダーゲイツとオーマジオウを組み込む
「NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」より
救世主ゲイツと最低最悪の魔王オーマジオウとの激しい戦い・・・(結局これはゲイツの夢であった)

魔王と臣下

シルバー仮面ライダーウォズ(黒ウォズ)とオーマジオウを組み込む
魔王であるオーマジオウとその従者ウォズによる称号

支配する者と抵抗する者

シルバー仮面ライダーツクヨミとオーマジオウを組み込む
未来の世界を支配しているオーマジオウとレジスタンスとして活動していたツクヨミによる称号

魔王VS死神

シルバー仮面ライダージオウと仮面ライダーエターナル(2019)を組み込む
ジオウとアナザーワールドから召喚されたエターナルによる称号

どちらが王か

シルバー仮面ライダージオウとアナザーディケイドを組み込む
RM5弾SCRでまさかの参戦、スウォルツことアナザーディケイドとジオウの称号。

スウォルツは自らの野望に利用すべくジオウの誕生を促したが、結果的にそれが世界の王を争う相手に。

心理戦の行方

シルバー仮面ライダーウォズ※黒ウォズの方 とアナザーディケイドを組み込む
(黒)ウォズとスウォルツとは劇中でお互い腹の探りあいを何度もやっていた、というつながり。
皮肉にも両者、ジオウを利用するという事は一致していたが...

なお白ウォズの方だと↓になる

アナザーの名を持つ者

シルバー仮面ライダーウォズ(白ウォズ) とアナザーディケイドを組み込む
厳密には白ウォズは「アナザーウォズ」とも言うべき存在、という事からであろう。
(黒ウォズ、白ウォズという区別はソウゴが勝手に位置付けしただけ,である)

時を司る一族の末裔

シルバー仮面ライダーツクヨミ とアナザーディケイドを組み込む
※ネタバレ注意・・だが

実はツクヨミとスウォルツは 時を操る能力を持つ,どこかの世界で世界を治めていた王家の兄妹であった...
ツクヨミは本名ではなく そこでは「アルピナ」と呼ばれていたそうだ。

だが,スウォルツは...

このページへのコメント

白ウォズとのボーナスなのですが私は最初ボーナスをみたときに白ウォズはVシネでアナザー○○○○○(ネタバレ防止のため伏せ)に変身していたのでてっきりその繋がりだと思ってました。

0
Posted by 名無し 2022年06月09日(木) 20:42:05 返信数(2) 返信

まあそうなんでしょうけど
一応ネタバレなんで避けました



ん!?
という事は..,

0
Posted by  bykelike bykelike 2022年06月09日(木) 21:18:32

称号今回も違って設定されたし
もうそろそろ黒ウォズと白ウォズ分割しておくかな〜(汗

0
Posted by  bykelike bykelike 2022年06月09日(木) 21:20:48

すみません
既に既出していましたね…

1
Posted by はる 2022年04月01日(金) 10:36:21 返信数(2) 返信

ドクター真木と
伊達や後藤の相性は?

0
Posted by さよこ 2022年04月06日(水) 20:42:51

相性の事、普通に
コメントするつもりが返信欄に。

申し訳ないm(_ _)m

0
Posted by さよこ 2022年04月06日(水) 20:44:48

恐竜グリードのチームボーナスですが
+オーズ「グリードへと変貌せし者」
+アンク「利害の一致」
が確認できました(ネット情報なので不確かですが)

0
Posted by はる 2022年04月01日(金) 10:34:33 返信

ハートとゴルドドライブを組み合わせると何か称号はでるんでしょうか
知っている方、情報求む!です

2
Posted by  hontaiabc hontaiabc 2021年12月18日(土) 21:37:52 返信

ハート
ボーナス少なくない?

マッハやチェイサーは?

0
Posted by さよこ 2021年12月16日(木) 12:33:33 返信数(1) 返信

マッハはあったみたいですがチェイサーはプロドラも魔進チェイサーもライダーチェイサーもないみたいで・・

ハート様自体がライダーとしてはかなり珍しいタイプの悪役(超正々堂々としている)だから仕方ないのかも

1
Posted by  bykelike bykelike 2021年12月16日(木) 21:29:54

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

旧トップページ
※上メニューの「トップページ」を選択するとメニューバーになってしまいます
※まだリミックス弾に対応していないページが多々ございます ご了承ください
ズバットバットウ弾からの変更点

コンテンツ

コミュニティ

システム・遊び方
[おもちゃ連動]
ライダータイム弾からのおもちゃスキャン関係について
[カード固有システム]

←クリックで展開


上とは別系統の固有システム

原作に基づいた称号 クロスオーバー称号

・ICカード関連システム
ひとりであそぶモード
50周年アニバーサリーロード(RM5弾)
50周年アニバーサリーロード(RM4弾)
50周年アニバーサリーロード(RM3弾)
50周年アニバーサリーロード(RM2弾)
50周年アニバーサリーロード(RM1弾)
50周年アニバーサリーロード(50th弾)

全国特訓モード

ライダービクトリーロード(RM弾)

ヒートアップバトル!(RM5弾)


ライダー全国対戦
育成要素
サポートアイテム系
バトルスタンプラリー(RM弾)
コネクター(RM弾)

(現在入手できない過去弾サポートアイテム)

その他

カードリスト
  • (マシン)
<リバイス>RM5弾 RM4弾 RM3弾 RM2弾 RM1弾
<ライダー50周年記念>50th
<セイバー>ZB5弾 ZB4弾 ZB3弾 ZB2弾 ZB1弾
<ゼロワン>BS6弾 BS5弾 BS4弾 BS3弾 BS2弾 BS1弾
<ジオウ>RT6弾 RT5弾 RT4弾 RT3弾 RT2弾 RT1弾
<ビルド>BM6弾 BM5弾 BM4弾 BM3弾 BM2弾 BM1弾
<エグゼイド>G6弾 G5弾 G4弾 G3弾 G2弾 G1弾
<ゴースト>K6弾 K5弾 K4弾 K3弾 K2弾 K1弾
<ドライブ>D6弾 D5弾 D4弾 D3弾 D2弾 D1弾 
<鎧武> 6弾 5弾 4弾 3弾 2弾 1弾
  • (プロモ) 
<リバイス> PRM/プレバン限定50thアニバーサリーセット(BR6)
<ライダー50周年記念>P50th
<セイバー>PZB/プレバン限定ボックスセット付属(BR4)/ガンバライジング7周年記念9ポケットバインダー(BR5)
<ゼロワン>PBS /バーストライズパック(BS3)/プレバン限定バインダー3付属(BR3)
<ジオウ> PRTプレバン限定バインダー付属(BR)
ライダータイムパック(RT3)ライダータイムパック2(RT4)プレバン限定バインダー2付属(BR2)
<ビルド> PBMベストマッチパック!パック2パック3
<エグゼイド> PG/(パック)GP
<ゴースト>(玩具付属)T /(その他)PK
<ドライブ>PB,PD
<鎧武>P
  • (ゴールドカード) G,BG


データアーカイブ
その他
廃止されたシステムなど

←クリックで各リンク表示

編集にはIDが必要です