ガンバライドに代わるデータカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジングについてカードデータ・そのほかのデータをまとめたwikiです

管理人の相性値調べ方を記す。参考までに。
本ページを見る前に相性値リストの前半を見て基礎知識を覚えておく事をオススメします



基本的考え方

相性値リスト前半の概要調査(地獄の玉子と呼ばれた男さんの調査より。感謝)によれば

相性値は6つの領域、A1/A2/T1/T2/F1/F2の6つに数値が割り振られていて

●●オーラ:相性値3〜4
●●チャージ:相性値5〜6
●●ソウル:相性値7〜12
となっている。
そして各カードの相性値合計が(例外で8まで足りないカードも存在するようだがそれは例外という事で)
1つの領域に割り振ってある相性値の最大は(これも最近例外が1枚発生したがそれはまた略)

これらの勝利の法則(byビルド)ならぬ 相性値の法則を利用して 6つの領域に割り振られた数値を求める。

調査方法

ドライブ6弾〜ゴースト弾からカードをセットした段階で称号がリアルタイムに表示されるようになったので以前より早く求めやすくなっている。
これを利用したリアルタイム調査方法を記載する(これも地獄の玉子と呼ばれた男さんより。とても感謝・・)

1.A1系からF2系まで各数値が4のカードと3のカード、合計12枚を用意する。(私はAアマゾン、A鎧武、Bv魔進チェイサー、Aドライブ、T龍騎、T鎧武、Tカリス、Tウィザード、Fウィザード、F鎧武、Fドライブ、Bブレイドを使いました。)
2.カードスキャンで初めに調べたいカードのみをスキャンする。この時、○○オーラが出たら、その部分の数値が3か4だとわかるので、手順3へ。出なければすべて2以下であることがわかるので、手順4へ。
3.○○オーラが出た部分に対応した数値3のカードをスキャンする(つまり2枚のみをスキャンした状態)。この時○○ソウルが出ればその部分の数値は4、出なければ3である。(例:アタックオーラが出た場合はA鎧武をスキャン。ゲキレツソウルが出たらA1は4、出なければ3。)
4.A1系からF2系までの4のカードと3のカードを順番にスキャンさせていき、その部分に対応した○○チャージが出るかを調べる。4のカードで出なければその部分は0、4のカードで出て3のカードで出なければその部分は1、3のカードで出た場合はその部分は2となる。(例:1枚ではアタックオーラが出なかったカードとAアマゾンをスキャン。アサルトチャージが出なければA1系は0、出た場合はAアマゾンを外してA鎧武をスキャン。アサルトチャージが出なければA1系は1、出た場合は2。)

LRやCPなどスキャン演出のあるカードを入れておくと、演出の間にメモをとれるのでいいでしょう。なれると大体40秒くらいで調べ終わるので、後はプレイ用のカードに置き換えればOKです。

具体的な流れの例

具体的な例で説明していくと・・
(管理人がいつもやってるやり方です)

●まず上記1のように 調査用のカードデッキを用意。
各領域に相性4のあるカード,各領域に相性3のあるカード・・カテゴリー4とカテゴリー3(仮面ライダー剣調)と名づける。
領域A1A2T1T2F1F2
カテゴリー4Aアマゾン
(4,0,0,2,1,1)
Bv魔進チェイサー
(0,4,1,1,1,1)
T龍騎
(1,1,4,0,0,2)
Tカリス
(1,1,0,4,1,1)

ウィザード(0,2,1,1,4,0)

ドライブ(1,1,0,2,0,4)
カテゴリー3A鎧武
(3,1,2,0,1,1)
Aドライブ
(1,3,1,1,1,1)
T鎧武
(1,1,3,1,2,0)
Tウィザード
(2,0,1,3,1,1)
F鎧武
(2,0,1,1,3,1)
Bブレイド
(1,0,2,1,1,3)

※もちろん同じ数値のカードで代用できる。特にBv魔進チェイサーは未だにシークレットレア1枚、今となっては貴重品な物しか存在してないので 同じ数値のAゲンム、C仮面ライダーローグなどを使おう。
また「同じキャラは置けない」ので、上で言うとカリスの新しいタイプが出た場合、Tカリスを置こうとしても「このライダーは既にスキャンしているぞ!」となってしまうので 同じ数値の別のカードを用意しなくてはならない

カテゴリーごとにまとめておく。この時カテゴリーごとA1〜F2まで順番に、A1側を上にして束にしておく
カテゴリー3カテゴリー4
↑上
AアマゾンA鎧武
BvチェイスAドライブ
T龍騎T鎧武
TカリスTウィザード
FウィザードF鎧武
FドライブBブレイド
↓下
という感じ。



●調べたいカードを用意。
サンプルとして「Aゼロワン(アタッカータイプのゼロワン)」、「Mゼロワン(メカニカルタイプのゼロワン)」「Cゼロワン(チェインタイプのゼロワン)」を例に挙げる事にする。


●プレイ開始前にあらかじめスタンバイ。
調査するカードを真ん中レーンの手前におき、調査用デッキの
カテゴリー3の束を左レーン手前、カテゴリー4の束を右レーン手前に置き、カードスキャナーにいつでも置けるようにする。

またメモ帳と筆記用具(ボールペンなど)もスタンバイしておこう。
あらかじめ調査カードの名前・タイプと(_,_,_,_,_,_)という枠を書いておくとよい。

Aゼロワン(_,_,_,_,_,_) 
Mゼロワン(_,_,_,_,_,_) 
Cゼロワン(_,_,_,_,_,_) って感じ。

また 実際にプレイする用のカード3枚もあらかじめ用意して脇においた方がいいだろう
(時間結構ギリギリになるので、下手すると時間切れになりかねない)

●100円入れてプレイ開始、カードをスキャンする場面になったら...

調査開始!
Aゼロワン調査
まずAゼロワンを真ん中レーンにおく。
ここで 調べ方2のように「??オーラ」が表示されるかチェック。
この1枚だけでは「??オーラ」が出ないため、ここでAゼロワンの相性値6領域の中に数値3以上は存在しない事が確定する。

つづいて調査デッキの投入。
上から
A1AアマゾンA鎧武アタックオーラ/アサルトチャージ/ゲキレツソウル
A2BvチェイスAドライブバーンオーラ/バッシュチャージ/ストライクソウル
T1T龍騎T鎧武ディフェンスオーラ/シールドチャージ/ガードソウル
T2TカリスTウィザードチームオーラ/アシストチャージ/ガンバソウル
F1FウィザードF鎧武バスターオーラ/ライズチャージ/クリティカルソウル
F2FドライブBブレイドヒールオーラ/リカバリーチャージ/リバイバルソウル
という順に調査カードの両脇レーンに各1枚、2枚ずつ置くようにして調査(3枚とも置いてはいけない)

一枚置くごとに 各6領域ごと??チャージか、??オーラなのかを調査する。

Aアマゾン&Aゼロワン→アサルトチャージ発生 Aゼロワン&A鎧武→これもアサルトチャージ発生
1領域でどっちもチャージ発生=相性値2確定
Bvチェイス&Aゼロワン→アサルトチャージ発生 Aゼロワン&Aドライブ→これはバーンオーラだった
1領域でカテゴリー4がチャージ、カテゴリー3ではオーラだった=相性値1確定
(3を加えてチャージが出ない...相性合計5にならないので2枚合計は4、つまりは「1」+3だったという事)

・・以降繰り返して そのつどメモに素早く書く。
具体的には 調査デッキカードを外す際、レーンの奥へ手裏剣のごとく(汗)投げる感じで超素早くやろう。その上に次々と調査デッキを重ねていく感じで。
調査方法にも書いてあるが、途中「LRカードスキャン!」演出が入るカードがあればその間に時間を稼げる。
(例の調査デッキだとBv魔進チェイサーやF(元祖LRの)ドライブとか)

結果
Aゼロワン(2,1,2,1,1,1)という数値であった・・

●恐らくここで(いくら素早くこなしても)残り15秒くらいになっている。急いで実際のプレイ用デッキに取り替えよう。

その後 レーンの奥に重なった調査デッキも回収。順番逆(F2,F1,T2〜)になっていると思われるので順番も直す。
Mゼロワン調査
まずMゼロワンを真ん中レーンにおく。
ここで 調べ方2のように「??オーラ」が表示されるかチェック。

→アタックオーラが発生した。この一枚でアタックオーラ発生という事はA1領域の数値が3以上ある事になる
(2や1だと??オーラは出ないのだ)
この時、メモに何らかの目印をつけるといい
      
Mゼロワン(↑,_,_,_,_,_)
みたいな。

つづいて調査デッキの投入。
3以上あった時の場合、その領域だけ別扱いで調査しなければならない。
(カテゴリー4はすっ飛ばして)カテゴリー3のカードだけを置く。

この場合A1カテゴリー4のAアマゾンをおかずにレーン奥へおいやり、
いきなりカテゴリー3のA鎧武をMゼロワンの右横に置く

→ここでもバッシュチャージだった=相性値3が確定
(最初の一枚だけおいた状態で3以上確定、そしてカテゴリー3を加えても??ソウル条件の7以上に到達しないという事は...
「3」+3=6しかないわけだ。)
(ここでもしも ストライクソウルの方が出ていた場合は相性値4確定となる。詳しくはCゼロワン調査で)

後は2以下なの間違いなしなので Aゼロワンと同様になる
A1はもう終わったので
A2BvチェイスAドライブバーンオーラ/バッシュチャージ/ストライクソウル
T1T龍騎T鎧武ディフェンスオーラ/シールドチャージ/ガードソウル
T2TカリスTウィザードチームオーラ/アシストチャージ/ガンバソウル
F1FウィザードF鎧武バスターオーラ/ライズチャージ/クリティカルソウル
F2FドライブBブレイドヒールオーラ/リカバリーチャージ/リバイバルソウル
という順に調査カードの両脇レーンに各1枚、2枚ずつ置くようにして調査(3枚とも置いてはいけない)

一枚置くごとに 各6領域ごと??チャージか、??オーラなのかを調査する。
Bvチェイス&Mゼロワン→アサルトチャージ発生 Mゼロワン&Aドライブ→これはバーンオーラだった
1領域でカテゴリー4がチャージ、カテゴリー3ではオーラだった=相性値1確定
(3を加えてチャージが出ない...相性合計5にならないので2枚合計は4、つまりは「1」+3だったという事)
T龍騎&Mゼロワン→シールドチャージ確定 Mゼロワン&T鎧武→これはディフェンスオーラであった
・・


結果
Mゼロワン(3,1,1,1,1,1)という数値であった・・
Cゼロワン調査
まずMゼロワンを真ん中レーンにおく。
ここで 調べ方2のように「??オーラ」が表示されるかチェック。

→ヒールオーラが発生した。Cゼロワン(,_,_,_,_,↑)

つづいて調査デッキの投入。今回最後のF2が別扱い調査となるのでそれまでは普通にやる。
A1AアマゾンA鎧武アタックオーラ/アサルトチャージ/ゲキレツソウル
A2BvチェイスAドライブバーンオーラ/バッシュチャージ/ストライクソウル
T1T龍騎T鎧武ディフェンスオーラ/シールドチャージ/ガードソウル
T2TカリスTウィザードチームオーラ/アシストチャージ/ガンバソウル
F1FウィザードF鎧武バスターオーラ/ライズチャージ/クリティカルソウル
という順に調査カードの両脇レーンに各1枚、2枚ずつ置くようにして調査(3枚とも置いてはいけない)

一枚置くごとに 各6領域ごと??チャージか、??オーラなのかを調査する。
Aアマゾン&Cゼロワン→アサルトチャージ発生 Aゼロワン&C鎧武→これはアタックオーラ
1領域でカテゴリー4がチャージ、カテゴリー3ではオーラだった=相性値1確定
(3を加えてチャージが出ない...相性合計5にならないので2枚合計は4、つまりは「1」+3だったという事)
Bvチェイス&Cゼロワン→アサルトチャージ発生 Cゼロワン&Aドライブ→これはバーンオーラだった
=1確定
T龍騎&Cゼロワン→シールドチャージ確定 Cゼロワン&T鎧武→これはディフェンスオーラであった
=1確定

Tカリス→・・今までと違っていきなりチームオーラだった??
カテゴリー4の時点で??オーラしか出ない=相性値0確定
(2枚で??チャージ発生条件の5にならない→4+「0」以外にないという事だ)

Fウィザード&Cゼロワン→ライズチャージ確定 Cゼロワン&F鎧武→これはバスターオーラであった
=1確定




ようやく別扱いのF2領域へ。(カテゴリー4はすっ飛ばして)カテゴリー3のカードだけを置く。
この場合F2カテゴリー4のFドライブをおかずにレーン奥へおいやり、
いきなりカテゴリー3のBブレイドをCゼロワンの右横に置く

→ストライクソウル発生=相性値4が確定(?+3=7、つまり「4」+3という事)


結果
Cゼロワン(1,1,1,0,1,4)という数値であった・・
「アサルトチャージ」と「アシストチャージ」の混同注意
チャージかオーラかで数値判断するわけだが
急いでやると「アサルトチャージ」と「アシストチャージ」を混同しやすいので注意。

「オール4デッキ」で答え合わせだ!

全6領域の数値が(4,4,4,4,4,4)とオール4にすると 必ず「アタックオーラ」「バーンオーラ」が出る。
(またも相性値リストの冒頭概要参照だが 同じ数値だと A1,A2,T1,T2,F1,F2のうち左の領域の称号が優先されるからだ)

これを利用し,調査したカードと後2枚でオール4としてカードスキャン時にセットしてみる事で
「答え合わせ」する事が可能だ。(※答えあわせ方法を発見してくださったSPOさんありがとうございます)

上の例で

Aゼロワン(2,1,2,1,1,1)を答えあわせしたいなら
Tr G3-X(1,2,1,2,1,1)
Fカイザ(1,1,1,1,2,2)
の3枚を置いて「アタックオーラ」「バーンオーラ」が出れば答え合わせ完了。

もし??チャージなどが出れば その領域あたりが間違っていた可能性がある(上記のアサルトチャージ/アシストチャージ見間違いなど)
答え合わせカードを見つけやすい方法
普通に答え合わせデッキ・・オール4を3枚で達成する組み合わせを探そうとすると骨が折れるので 管理人のおススメ方法としては
やはりAゼロワンで例にすると
●使い捨て出来るメモ用紙を用意(100円ショップでよく売ってる 正方形でページを破って捨てられるヤツ)

●とりあえず計算式をメモ
Aゼロワン(2,1,2,1,1,1)
     (1,2,1,2,1,1)
これで3,3,3,3,2,2となるから
     (1,1,1,1,2,2)
●本wiki相性値リストを開いて キーボードCtrl+Fの検索コマンドを開き、上の答え合わせにいる相性値を打ち込む
...と、楽に検索可能だ。
答え合わせの注意
●まれに 調査ミスがあって答え合わせに使うカードの数値が間違いだった...というケースもある。
そのため 一度まちがって??チャージが出た場合でも同じ数値の別のカードを使ってみたら「アタックオーラ」「バーンオーラ」が出る
かもしれない。
やはり上の例ならTr G3-X(1,2,1,2,1,1)を同じ数値のBvギルスやPデルタに差し替え...など


もし同じ数値カードだったのに答え合わせで差異が出る物があったらコメント欄などでご連絡ください。再調査するので...

●いわゆる「例外」のカードが合った場合、これでは答え合わせ出来ないor妙な結果が出る場合がある。この場合個別にやるしかない。
(詳しくはやはり相性値リストの「Bv仮面ライダーツクヨミについて」や Tスカル関連のコメント欄参照) 

このページへのコメント

旧テキストはメニュー下部「廃止されたシステム」のドライブ弾あたりに移しました

0
Posted by  bykelike bykelike 2020年06月28日(日) 13:56:55 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

旧トップページ
※上メニューの「トップページ」を選択するとメニューバーになってしまいます
※↓の事柄も含めてバーストライズ弾へ対応していないページが一部ございます。ご了承ください。
バーストライズ弾からのテクニカルゲージアップ率変更について

コンテンツ

コミュニティ

システム・遊び方
[おもちゃ連動]
ライダータイム弾からのおもちゃスキャン関係について
<ゴースト> <エグゼイド> <ビルド> <ジオウ>
おもちゃスキャンタイム(ライドウォッチスキャン)
<ゼロワン>
おもちゃスキャン(プログライズキースキャン&ブットバソウルメダル)

ジオウカード別各種システム ゼロワンカード別各種システム (ゼロワンシャイニング(アサルト)ホッパー&バルカンアサルトウルフ限定特殊システム)
Let's メタルシステム
(ゼロワンメタルクラスタホッパー限定特殊システム)

原作に基づいた称号 クロスオーバー称号

・ICカード関連システム
ひとりであそぶモード
(超絶ウィークリーバトル※バーストライズ6弾で再開催予定)


育成要素
サポートアイテム系 その他

カードリスト
  • (マシン)
<ゼロワン>BS5弾 BS4弾 BS3弾 BS2弾 BS1弾
<ジオウ>RT6弾 RT5弾 RT4弾 RT3弾 RT2弾 RT1弾
<ビルド>BM6弾 BM5弾 BM4弾 BM3弾 BM2弾 BM1弾
<エグゼイド>G6弾 G5弾 G4弾 G3弾 G2弾 G1弾
<ゴースト>K6弾 K5弾 K4弾 K3弾 K2弾 K1弾
<ドライブ>D6弾 D5弾 D4弾 D3弾 D2弾 D1弾 
<鎧武> 6弾 5弾 4弾 3弾 2弾 1弾
  • (プロモ) 
<ゼロワン>PBS /バーストライズパック(BS3)/プレバン限定バインダー3付属(BR3)
<ジオウ> PRTプレバン限定バインダー付属(BR)
ライダータイムパック(RT3)ライダータイムパック2(RT4)プレバン限定バインダー2付属(BR2)
<ビルド> PBMベストマッチパック!パック2パック3
<エグゼイド> PG/(パック)GP
<ゴースト>(玩具付属)T /(その他)PK
<ドライブ>PB,PD
<鎧武>P
  • (ゴールドカード) G,BG


データアーカイブ
その他
廃止されたシステムなど

←クリックで各リンク表示

編集にはIDが必要です