ガンバライドに代わるデータカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジングについてカードデータ・そのほかのデータをまとめたwikiです

太字 演出有りの技
細字 使い回しモーションの下位技



仮面ライダークウガ

仮面ライダークウガ グローイングフォーム

    • グローイングブロー
      • 説明:下位技「拳」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ グローイングフォーム(1-023,2-020,K6-021,RT4-023)
      • 備考:初回戦闘のわけがわからないまま殴りかかったシーンを髣髴とさせているので 下位技だが劇中再現度が高い。グローイングキック(×3)は...実装されたらいいのだが。バッチリカイガン6弾にて実に約3年ぶりに再登場した

仮面ライダークウガ マイティフォーム

    • マイティキック
      • 説明:構えを取って足元に封印エネルギーの炎を宿し、前宙ジャンプキック。
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ グローイングフォーム(バースト後・マイティフォーム)(2-020,K6-021,RT4-023) 仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム(バースト後・マイティフォーム)(K5-019,G4-022,RT3-090) 仮面ライダークウガ マイティフォーム(BM1-019,RT3-056,PBM-047)
      • 備考:1弾は本人を差し置いてディケイドクウガのみ使っていたが、2弾でようやく本人に実装。威力もまあまあ。そして実は一環したマイティフォームというのが登場したのはボトルマッチ1弾、5年目にして初だったのだ... またRT3-056はCPの都合上表必殺技となっている
    • 炎の一撃(ホノオノイチゲキ)
      • 説明:下位技「拳」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ マイティフォーム(1-021,1-044,1-045,3-038,5-035,D1-019,D2-021)
      • 備考:一撃ではなく三撃になっている・・ ただ連続パンチは結構やっているので違和感は無い方だといえる
    • 特訓強化キック(トックンキョウカキック)
      • 説明:下位技「蹴」参照
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ マイティフォーム(1-022,K1-015,K4-019,G1-017,BM1-019,BM2-087,BM5-057,BM6-024,P-004,GP-050,PBM-047)
      • 備考:劇中で特訓してたのは前宙ジャンプキックだったのだが... また長らくLREXとスキャナープロモにしかなかったので 下位技なのに実はレア。バッチリカイガン1弾にてようやく再録されたのだった。
    • 特訓強化キック・改(トックンキョウカキック・カイ)
      • 説明:下位技「蹴」(その2)参照
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ グローイングフォーム(バースト後・マイティフォーム)(1-023)
      • 備考:残念ながら前宙ジャンプこそ無いが、一応ライダーキックなので むしろ特訓前のマイティキックに近かったりする。

仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム

    • ドラゴンスマッシュ
      • 説明:下位技「棒」参照
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム(K3-018,K5-019,G4-022,RT3-090)
      • 備考:バッチリカイガン3弾にて表からドラゴンフォームが登場。その際に作られた表下位技。...下にも書くが、スプラッシュドラゴンは...(泣)
    • 龍撃棍
      • 説明:下位技「棒」(その2)参照
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ マイティフォーム(バースト後・ドラゴンフォーム)(1-044,2-019,K1-015,GP-050)
      • 備考:下位技なのだが、演出超強化により上位技と見間違うほどのアクションを披露することに。しかも1-044はCPの関係上その弾の凄まじき拳と同じ威力...いいのか? 2弾の後まったく音沙汰無かったが、バッチリカイガン1弾で再録された...のだが、いくらアクションが派手な下位技とはいえ 肝心のスプラッシュドラゴンは...

仮面ライダークウガ ライジングマイティ

    • ライジングマイティキック
      • 説明:構えを取って足元に封印エネルギーの炎と雷を宿し、前宙ジャンプキック。相手もろともドーム型の大爆発。
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ マイティフォーム(バースト後・ライジングマイティ)(1-021,1-045,3-038,5-035,K4-019,G1-017,BM2-087) 仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム(バースト後・ライジングマイティ)(K3-018) 仮面ライダークウガ ライジングマイティ(BM1-018,RT1-018) 仮面ライダークウガ マイティフォーム(バースト選択でライジングマイティ選択時)(BM5-057)
      • 備考:無印マイティキックではなくいきなりこっちが実装(ノーマルマイティキックは1弾だとディケイドクウガが使い、後に実装された)。全般に言える事だが ゲームテンポの関係上スピードアップしており、結果的に疾走感を増した。その中でも最初の構えやドーム爆発があるのは アイテム使用などが削られている他の技より優遇されているだろう。なおBM1-018とRT1-018はバースト必殺が↓のため表必殺技となっている
    • ライジングビートゴウラムアタック
      • 説明:クウガがビートゴウラムに搭乗。軽い体当たりで相手を足止めした後、アクセル全開にして封印エネルギーをマシンにまとい 最高速の超強烈な体当たりを敢行。吹っ飛んだ相手は地面へ落下後、雷と炎に包まれ爆発。
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ ライジングマイティ(BM1-018,RT1-018)
      • 備考:ムービー技。ボトルマッチ弾で新設されたメカニカルの技で ライジングでの描写は少々違うが、原作で強敵ゴ・バベル・ダを倒した体当たり-雄介いわく「金のゴウラム合体ビートチェイサーボディアタック」(一条刑事から「長すぎないか?」と言われてこの名称はボツ)が元であろう。ムービー技ではあるがビートゴウラムを各部から写すカメラワークはもちろん、3D視点で体当たりを受ける側の目線から吹っ飛び〜地面へ落下〜雷と炎に包まれ爆発、という所まで入っているのが画期的といえる。メカニカル技は基本的に低レア落ちしていない中 この技だけは一年後にSR落ちとなった。...なおライジングでは普通に何度でも使用できるが 原作ではクウガライジングフォームの力とゴウラムとは相性が悪く 高い破壊力の代償としてこの技の後しばらく化石状態に戻ってしまう。(ゴウラムはクウガが万が一アルティメットフォーム(黒目)と化して暴走してしまった際 悪用されないように自らを砂にする仕組みがあり ライジングフォームはアルティメット発現の一端である(らしい)ため。)
    • ライジングマイティクロス
      • 説明:下位技「拳」参照(※バッチリカイガン3弾以降?)
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ ライジングマイティ(D5-015,D6-019,GP-011)
      • 備考:やはりというか下位技であった。名前はカッコいいのでもしかしたら...と思ったが。なお以前はキック下位技だったが いつのまにかパンチ下位技に変更された。下位技が変更された事例というのは初めてである
    • 特訓強化パンチ・改(トックンキョウカパンチ・カイ)
      • 説明:下位技「拳」(その2)参照
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ マイティフォーム(バースト後・ライジングマイティ)(P-004)
      • 備考:劇中ではパンチの特訓は特にしていないので 特訓強化キックから引用したと思われる。さらにこの技を繰り出すライジングマイティ(※裏面)は普通のパンチこそやっているが雷を纏ったパンチをした事が無い。いろんな意味でライジングオリジナル解釈。

仮面ライダークウガ ライジングペガサス

    • ライジングブラストペガサス
      • 説明:ライジングペガサスボウガンを構え、意識を研ぎ澄ます。そして狙いを定めて無数の空気弾を放ち、その後相手に降り注ぎ爆発。
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ ライジングペガサス(BS1-017)
      • 備考:ゴ・ブウロ・グに対して放った技がメモリアルフィニッシュ枠にて登場。劇中では空にいる敵に向けた攻撃なので、圧縮弾は地上に降り注ぐアレンジがなされている。尚これでクウガライジング形態はドラゴンを除き全て参戦となった。通常形態より先にライジングを出してくるのは他ゲームでも珍しく、ガンバ「ライジング」と掛けたのであろうか。そのうちライジングドラゴンのメモリアルフィニッシュも作られるだろう
    • ライジングブラストペガサス(バースト前)
      • 説明:ライジングペガサスボウガンを構え、狙いを定めて無数の空気弾を放ち、その後相手に降り注ぎ爆発。
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ ライジングペガサス(BS1-017)
      • 備考:上の技の短縮版を繰り出す。ただカットされたのが意識を研ぎ澄ますシーンのみでパッと見そんなに変わっていない。

仮面ライダークウガ ライジングタイタン

    • ダブルライジングカラミティタイタン
      • 説明:ライジングタイタンソード二刀流を構えて 相手の脇をすりぬけつつ抜き銅で斬り付け、さらに背をそらすほどの溜めから渾身の突きを繰り出す。刺した刀身から稲妻を放ち、相手もろとも大爆発を起こす。
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ ライジングタイタン(RT4-022)
      • 備考:ジャーザ戦の41話でのみ繰り出した二刀流による斬り&突きを再現(鉄柵に吹っ飛ばされ、追い討ちで振り下ろしてきたジャーザの剣を防ぐ目的で とっさに折れた鉄柵パイプを追加でライジングタイタンソードに変形させ 二刀をクロスして防御,そのまま二刀流として抜き銅で反撃しダブルライジングカラミティタイタン、そのままお互い海へ転落...という流れ)。旧ガンバライドでは「カラミティ現象」という用語の元になるなどいささか不名誉な立場だったタイタンフォーム、ガンバライド最終弾間際でようやく本来に近いカラミティタイタンとなったわけだがガンバライジングではタイタンフォームが登場せず、やはり無理だったのか...と思われたが 見事ライジングタイタンで登場を果たした。
    • タイタンライジングスラッシュ
      • 説明:ライジングタイタンソード二刀流を構えて 相手の脇をすりぬけつつ抜き銅で斬り付け爆発。
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ ライジングタイタン(RT4-022)
      • 備考:上の技の前半を剣一本の状態で繰り出す。トドメの(ライジング)カラミティタイタンは突きだが、通常の攻防では相手をいなす目的での斬り付けを行う場合もあった。

仮面ライダークウガ アメイジングマイティ

    • アメイジングマイティキック
      • 説明:足首とアークルから走る電撃エネルギーを全身にめぐらせつつ目を光らせて構えをとり 炎と電撃をまとった両足で地面を踏み込みつつ猛突進、渾身のドロップキックを繰り出し 天高く立ち上るほどの大爆発を起こす
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ アメイジングマイティ(RT1-070)
      • 備考:旧ガンバライドでも登場しなかったアメイジングマイティがついにガンバライジングで登場、技内容も天まで昇る爆発を再現している。突進〜キックは従来の(ライジング)マイティキックと同じように見えるが実は微妙に走り方が違うのと、キック炸裂時に足を曲げない点が微妙に違っている。また最初のエネルギーチャージシーンは もしかしたらライジングマイティからフォームチェンジする事を考えていたのかも知れない?
    • アメイジングブレイカー
      • 説明:走りこんで相手の顔面にパンチ。さらに拳にエネルギーを収束しラッシュ、トドメの一撃で吹っ飛ばす
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ アメイジングマイティ(RT1-070)
      • 備考:アルティメットフィニッシュとまったく同じ動作。アメイジングマイティキックが凝っている分表必殺技は流用となったようだ(汗)

仮面ライダークウガ アルティメットフォーム

    • 凄まじき拳(スサマジキコブシ)
      • 説明:自然発火能力で相手を燃やして動きを止め、相手めがけて走り 封印エネルギーを宿した拳を叩き付けてきのこ上の大爆発を起こす
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ マイティフォーム(バースト後・アルティメットフォーム)(1-022,D1-019,BM6-024,D2-021)仮面ライダークウガ アルティメットフォーム(6-040,K2-013,K6-053,G2-018,BM3-020,RT6-021)仮面ライダークウガ ライジングマイティ(バースト後・アルティメットフォーム)(D5-015,D6-019,GP-011) 仮面ライダークウガ マイティフォーム(バースト選択でアルティメット選択時)(BM5-057)
      • 備考:名前こそ旧ガンバライドと同じだが 走ってパンチ・最後がドーム爆発ではない という点が違う。走って殴るのは ン・ダグバ・ゼバ相手に自然発火勝負では埒が明かないと見て お互いが走って殴りにいった時の再現だろう。ン・ダグバ・ゼバ相手でないが故にこの一撃で決着する、という事だろうか。...ただこの下の技がどうみても 劇中におけるこの技の後を再現しているので... なおドライブ2弾にて 旧ガンバライドを含め足掛け2年以上かかったがついにN落ちとなった。
    • アルティメットフィニッシュ
      • 説明:走りこんで相手の顔面にパンチ。さらに拳にエネルギーを収束しラッシュ、トドメの一撃で吹っ飛ばす
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ アルティメットフォーム(6-040,K2-013,K6-053,G2-018,G6-057,BM3-020,RT6-021)
      • 備考:ン・ダグバ・ゼバとの壮絶な殴り合いを完全再現(殴るのはこちらのみだが)...でも表必殺技という。正直凄まじき拳と入れ替えるか、その後半をこちらの動作に差し替えてもいいと思うのだが...
    • ライジングトリプルコンビネーション
      • 説明:仮面ライダーアギト シャイニングフォームと仮面ライダー龍騎サバイブが駆けつける。アギトが紋章を空中に出現させ、そこを潜る形で敵に跳び蹴りを放つ。続けて龍騎がVバックルからファイナルベントカードを取り出し バイクに変形したドラグレッダーでウイリー走行しながら相手に突っ込みつつ火炎弾を連射。火だるまになった相手の目の前でウイリー状態のまま停止し、その後押しつぶす。最後にクウガが自然発火能力で相手を燃やして動きを止め、相手めがけて走り 封印エネルギーを宿した拳を叩き付けてきのこ上の大爆発を起こす
      • 使用ライダー:仮面ライダークウガ アルティメットフォーム(G6-057)
      • 備考:ガシャット6弾最強トリプルCPの技。ただ残念ながら、クウガ以外の技が大幅にカットされてしまっており、カットされ具合は同CP中最大となってしまっている。二つの技は演出が凝っている分、時間的に仕方がないのだが...

仮面ライダーアギト

仮面ライダーアギト グランドフォーム

    • ライダーキック(バースト後)
      • 説明:頭部クロスホーンを展開し、居合いの構えで足元に展開したアギトの紋章エネルギーをチャージ。渾身の飛び蹴りを放つ。ヒット後 後ろへ振り返って決めポーズと同時に相手が爆発する。
      • 使用ライダー:仮面ライダーアギト グランドフォーム(BM1-020)
      • 備考:基本フォームの技がなかったアギトだったが、ついに5年目でグランドフォームのライダーキック実装。旧ガンバライドで問題だった「チャージ時の足運びがない」点も、きちんとその動作が追加されている。
    • ライダーキック(バースト前)
      • 説明:渾身の飛び蹴りを放つ。ヒット後 後ろへ振り返って決めポーズと同時に相手が爆発する。
      • 使用ライダー:仮面ライダーアギト グランドフォーム(BM1-020,RT1-019)
      • 備考:構えがないなど 大幅に短縮されまくった。流石にこれは見どころがなさすぎる...表必殺技ゆえに短縮するんでも もうちょっとうまい方法なかったものか。
    • ライダーブレイク
      • 説明:スライダーモードへ変形したマシントルネイダーにアギトが飛び乗る。頭部クロスホーンを展開し、居合いの構えでエネルギーをチャージ。マシンの勢いを乗せた飛び蹴りを放つ。
      • 使用ライダー:仮面ライダーアギト グランドフォーム(RT1-019)
      • 備考:ムービー技。動作そのものは原作どおりであるが 原作で圧巻だった相手が頭から地面にめり込むやられ動作はなく普通のムービー技後やられシーンなのが物足りない...ムービー技なのは仕方なくともその後の吹っ飛び動作だけ新規に作って欲しかった...
    • ブレイクパンチ
      • 説明:下位技「拳」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーアギト グランドフォーム(2-021,2-022,2-023,3-039,4-024,5-036,D1-021,D5-016,K1-016,K2-014,K6-022,G1-018,BM2-088,BM5-058,BM6-025,RT3-057,BS1-018,PBM-048)
      • 備考:アギト全般に言えるが、劇中の動きが合気道・柔術をベースにした攻撃がゆえに ライジング下位技の激しい動きは残念ながら違和感がある...。なお、上記のライダーキック実装後に発行したBM2-088,BM5-058,BM6-025,RT3-057,PBM-048ではこの技となっている。やはり上記の表技では大幅に短縮されまくったのに問題があったのか。

仮面ライダーアギト トリニティフォーム

    • ライダーシュート
      • 説明:ダッシュしてストームハルバード&フレイムセイバーによる突き〜払い攻撃で相手をひるませ、頭部クロスホーンを展開し 居合いの構えで足元にエネルギーチャージ。渾身の前宙ドロップキックを繰り出す
      • 使用ライダー:仮面ライダーアギト グランドフォーム(バースト後・トリニティフォーム)(2-021,4-024,5-036,D1-021,D5-016,K1-016,BS1-018,PBM-048)仮面ライダーアギト トリニティフォーム(BM1-021,RT3-023,RT5-017) 仮面ライダーアギト グランドフォーム(バースト選択でトリニティ選択時)(BM5-058)
      • 備考:多くの必殺技が旧ガンバライドと比べて短くなっている中で 本技はファイヤーストームアタックばりの武器攻撃が追加された。
    • トリニティクラッシャー
      • 説明:下位技「双剣」参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーアギト トリニティフォーム(BM1-021,RT3-023,RT5-017)
      • 備考:ボトルマッチ1弾にて表からトリニティというカードが登場、そのために追加された下位技。残念ながらファイヤーストームアタックには脳内保管できそうにない派手な連撃だが...

仮面ライダーアギト バーニングフォーム

    • バーニングボンバー
      • 説明:Z字型のシャイニングカリバーを出現させ、手に取ってシングルモードに変形、連続斬りと蹴りを交えた攻撃を繰り出す
      • 使用ライダー:仮面ライダーアギト バーニングフォーム(D1-020,D3-018,D6-020,K3-020,K5-019,G3-060,BM3-021,GP-016,GP-051)
      • 備考:途中からとはいえカリバー出現シーンから入る...ものの、原作では一刀両断だったので それではさすがに地味すぎるからとはいえ連続で斬りすぎな気が...
    • バーニングライダーパンチ
      • 説明:右手を構えて炎をたぎらせ、渾身のパンチを繰り出し 相手を吹き飛ばす
      • 使用ライダー:仮面ライダーアギト グランドフォーム(バースト後・バーニングフォーム)(2-022,3-039,K2-014,K6-022,G1-018,BM2-088)仮面ライダーアギト バーニングフォーム(D1-020,D3-018,D6-020,BM3-021) 仮面ライダーアギト グランドフォーム(バースト選択でバーニング選択時)(BM5-058)
      • 備考:カメラアングルの関係でわかりにくいが、実は旧ガンバライドほど派手+長距離でないにせよ 喰らった相手が燃えながらぶっ飛んでいくシーンもある。(実は食らった側の視点だとぶっ飛んでいく所がよく映る上に その後ぶっとんだ自分の余派で地面が炎でえぐれているのがよくわかる) 加えてインパクトの瞬間が3回+3方向からリプレイが入り迫力満点。

仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

    • シャイニングクラッシュ
      • 説明:二刀のシャイニングカリバーを構え、敵を高速で切り裂く。
      • 使用ライダー:仮面ライダーアギト シャイニングフォーム(K3-019,K4-020,K6-054,G5-025,G6-031,BM4-021,RT6-022,BR2-003)
      • 備考:シャイニングカリバーの二刀流技がついに再現。斬撃音や発光演出もバッチリ再現されている。ただ最後はクライマックスヒーローズみたいに構えてから斬る形にして欲しかったが...
    • シャイニングライダーキック(51話Ver.)
      • 説明:構えを取りアギトの紋章を空中に2枚出現させ、そこを潜る形で敵に跳び蹴りを放つ。 着地し爆発を横目に「人の運命がお前の手の中にあるなら…俺が…俺が奪い返す!」と台詞を放つ。
      • 使用ライダー:仮面ライダーアギト シャイニングフォーム(BR2-003)
      • 備考:最終回で放った紋章2枚版のシャイニングライダーキックが遂に実装!RT5弾から入った賀集利樹氏のボイスも相まってかなりの再現度となっている。
    • シャインツインズ
      • 説明:下位技「双剣」(その2)参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーアギト バーニングフォーム(バースト後・シャイニングフォーム)(K3-020)
      • 備考:直訳すると「2つの光」。下位技にしては中々カッコいい技名

仮面ライダーG3-X

    • ライオットショット
      • 説明:下位技「小銃」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーG3-X(2-024,6-041,D3-019,K2-015,K3-022,BM3-023,BM4-022,RT1-020)
      • 備考:下にも言えるが 劇中でスコーピオンは牽制射撃のみで終わるのがほとんどだったため 必殺技として決め手となるのは実はレアだったりする?
    • スコーピオンクロスファイア
      • 説明:下位技「小銃」(その2)参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーG3-X(2-024,6-041,D3-019,K2-015,K3-022,BM3-023,BM4-022,RT1-020)
      • 備考:上に同じく。そしてここまでスコーピオンを連射するケースは最終決戦しかなかった...

仮面ライダーギルス

    • ギルスヒールクロウ
      • 説明:雄たけびと共にかかとのヒールクロウが展開。ハイジャンプからかかと落としで相手の肩口に突き刺し、さらに雄たけびを上げつつバック転キックでとどめ。
      • 使用ライダー:仮面ライダーギルス(4-025,5-037,D2-022,D4-017,K3-021,G3-027,G4-023,BM1-022,BM5-023,RT5-018)
      • 備考:待望の参戦と共に劇中技も見事再現。強いてあげるならジャンプ高度が少し足りない(これはアマゾン大切断にも言えるが)のとバック転キック後の飛びのきがあんなに距離を離さないという点だが 前者はともかく後者はむしろ迫力をさらに増している。
    • ギルススマッシュ
      • 説明:下位技「拳」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーギルス(4-025,4-026,5-037,D2-022,D4-017,K3-021,G3-027,G4-023,BM1-022,RT5-018)
      • 備考:彼の荒っぽい戦いには会っている...が、パンチよりも引っかきの方が多かった気が
    • ギルスラッシュキック
      • 説明:下位技「蹴」(その2)参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーギルス(4-025,4-026)
      • 備考:まさかの普通型なライダーキック。無論本編では一度もしていないが、ある意味でこの技は貴重かもしれない

仮面ライダー龍騎

    • ドラゴンライダーキック
      • 説明:ドラグレッダーが飛び回る中で構えを取ってジャンプ、きりもみ回転からドラグレッダーの炎を受けてライダーキックを繰り出す
      • 使用ライダー:仮面ライダー龍騎(2-025,3-040,4-027,5-038,D1-022,D3-020,D4-018,D6-021,K2-016,RT1-021,RT3-058,RT4-024,RT5-064,BS1-019,PBM-126)
      • 備考:残念ながらファイナルベントカード挿入シーンは追加されなかったが、旧ガンバライドと比べてテンポアップで全体動作が引き締まった。さらにカメラアングルが修正されて ジャンプ時旧ガンバライドのカード絵柄にあったようなドラグレッダーと共に舞い上がる様子、ドラグレッダーがアップになっていた旧ガンバライドと違って炎を受けた龍騎がキックで突進する様子もきちんと見えるようになった。なおRT3-058ではCPの都合上、表必殺技となっている
    • ドラグクローファイヤー
      • 説明:ドラグクローを装備し、ドラグレッダーと連動してクローから火炎を発射。
      • 使用ライダー:仮面ライダー龍騎(G2-062,BM1-024,BM2-056,BM3-079,BM4-023,RT1-021,RT2-023,RT4-024)
      • 備考:ドラゴンアーツCPとしてまさかの登場。ムービー技であるが迫力満点。ストライクベントカード装填シーンはないがリュウガと比べてドラグクロー装備シーンがあるのも強みだ(あっちは装備シーンなし)なお媒体によってはこの技は昇龍突破という名称でも呼ばれる。旧ガンバライドでもその名称だった(こちらはムービー技ではなかったが) 長らくCP限定だったがボトルマッチ1弾にてようやく低レア落ちとなった。またBM2-056はバースト必殺技がダブルライダーキックの都合で表必殺技となっている。BM4-023もバースト先がサバイブなので同様。そしてベストマッチパック!3のBM3-079にいたっては表もバーストも本技となっている。そしてRT4-024は表が本技→バーストでドラゴンライダーキックという構成となっている。以外だがこういうよくありそうな構成になったのはRT4-024が初なのだ。
    • ミラーナイツコンバット
      • 説明:ナイトとゾルダが駆けつけ、ゾルダのエンドオブワールド〜ナイトの飛翔斬〜龍騎のドラゴンライダーキックを続けて繰り出す
      • 使用ライダー:仮面ライダー龍騎(GP-002)
      • 備考:初のパック販売「レッツ・ゲームスタート! パック」限定トリプルレアのトリプルアタック技。全員元の技の前半部分を省略して繋いでいるが、トリプルアタック中で非常に自然な流れになっているのがポイント高い。なおガシャットヘンシン2弾から龍騎の声が本人ボイスになったので開始時の台詞も変わっている。さらにボトルマッチ2弾からナイトも本人ボイスが導入され、これで全員本人ボイスとなったのだ。
    • 龍翔撃
      • 説明:下位技「拳」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダー龍騎(2-026,3-040,5-038,D1-022,D3-020,D4-018,D4-049,G1-019,,BM-024,BM6-026,GP-002)
      • 備考:3連パンチが がむしゃらに攻撃していた真司のイメージにぴったりである。
    • セイバースラッシュ
      • 説明:下位技「片手剣」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダー龍騎(2-025,4-027,D6-021,K2-016,K6-023,G2-062,BS1-019,PBM-126)
      • 備考:旧ガンバライドでもツッコまれたが セイバースラッシュという名称はアギトフレイムフォーム・フレイムセイバーによる一刀両断の必殺技である。...って事はライジングでもアギトフレイムフォーム出ないんスか...(泣
    • ドラグスラッシュ
      • 説明:下位技「片手剣」(その2) 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダー龍騎(2-026)
      • 備考:こちらは新しい名前の下位技。下位技その1をこの名前にして、その2はまた違う名前にしても... だが2-026はフィニッシャーに加えて必殺増強バーストアビリティにより、当時では正必殺技を大きく超えた威力になっていた。こんな威力だったら旧ガンバライドの龍舞斬を持ってきてもよかったんじゃないか...?

仮面ライダー龍騎サバイブ

    • ドラゴンファイヤーストーム
      • 説明:Vバックルからファイナルベントカードを取り出し ドラグバイザーツバイに挿入。ドラグランザーに飛び乗り バイクに変形したドラグレッダーでウイリー走行しながら相手に突っ込みつつ火炎弾を連射。火だるまになった相手の目の前でウイリー状態のまま停止し、その後押しつぶす
      • 使用ライダー:仮面ライダー龍騎サバイブ(K4-021,K5-021,K6-055,G6-032,BM2-020,BR1-003) 仮面ライダー龍騎(バースト後・龍騎サバイブ)(K6-023,G1-019,BM4-023,BM5-024,BM6-026,RT2-023)
      • 備考:旧ガンバライドと比べて ドラグレッダーがドラグランザーに変化するシーンがカットされているのと、バイク変形の前輪を出すシーンが少し違うのと 何よりも相手の目の前でウイリー状態のまま停止し押しつぶす点が違う。(正確にはフィニッシュ後スピンしながら停止している所も違うが)...そう、こうすれば最大の懸念であった カラミティ現象問題である「バイク体当たり」扱いにならないのだ(ドラグランザーが押しつぶしている、という解釈)。スピン停止もそれを強調するためであろう。その関係で残念ながらスピード感はないのだが(それでも火炎弾発射前のウイリー走行はある)カラミティ現象問題に抵触して実装されないorされても火炎弾のみで終わってしまうよりは数段マシであろう。スタッフの苦労と工夫がよくわかる。ガシャットヘンシン2弾から本人ボイスになった事で台詞も変化。始動時の「こうなったらやるきゃない!」は必聴だ。
    • メテオバレット
      • 説明:シュートベントカードを取り出し ドラグバイザーツバイに挿入。飛来したドラグレッダーがドラグランザーに変化し 龍騎サバイブがドラグバイザーツバイから発射したビームと共に火炎弾を発射。
      • 使用ライダー:仮面ライダー龍騎サバイブ(K4-021,K4-022,K5-021,K6-055,G6-032,BM2-020,BM5-024,RT6-055,PRT-081,RT5-019,BR1-003)
      • 備考:龍騎サバイブの表固有技。ここ最近のLRは表技がムービー技なのが通例だが 本技だけは違う上に再現度バツグン。恐らくはドラゴンファイヤーストームがカラミティ現象問題でNGになってしまった際、こちらをバースト必殺に使う予定だったのではないか。
    • 20thライダーキック・2001ー2003
      • 説明:仮面ライダーアギト シャイニングフォームと仮面ライダーファイズ ブラスターフォームが駆けつけトリプルライダーキックが炸裂。平成ライダー20作品記念ロゴが展開、回転し相手を撃破。爆発を背に三人のライダーが並び立つ。
      • 使用ライダー:仮面ライダー龍騎サバイブ(RT6-055)
      • 備考:ライダータイム6弾CP「フォーエバーキックス」の技。他のフォーエバーキックスCPカードがデッキに入っていた場合、そのリーダー格のライダーがこの技の前にライダーキックを放つ演出が入る。そして実は龍騎サバイブでライダーキックを放つ唯一の技になっているのが最大のポイントである。(↓の下位技もパンチだし)

    • ドラグブレイズパンチ
      • 説明:下位技「拳」 (その2)参照
      • 使用ライダー:仮面ライダー龍騎サバイブ(K4-021,K4-022,RT5-019,PRT-081)
      • 備考:原作では龍騎サバイブがパンチをしたシーンはあまりない(大抵格闘戦はドラグブレードを使う)のである意味新鮮か。ライダータイム弾になってなぜか搭載される頻度が多くなった。...あまり考えたくはないがドラゴンファイヤーストームが規制に引っかかってしまったのだろうか...

仮面ライダーナイトサバイブ(城戸)

    • 疾風断
      • 説明:ファイナルベントカードをダークバイザーツバイにベントインし ダークレイダーが飛来。ナイトサバイブが飛び乗ると同時にダークレイダーがバイクモードへ変形、疾走しながらナイトサバイブのマントが巨大化して全体を包み ミサイルのような状態となって相手に突撃する
      • 使用ライダー:仮面ライダー龍騎(バースト後・ナイトサバイブ(城戸))(RT5-064)
      • 備考:放映当時のTVスペシャル「13RIDERS」の最後に登場した真司版ナイトサバイブがライダータイム5弾GLRのバースト先として登場した。マニアックなキャラではあるが印象的であり待望の実装である。また下記にも述べるが これまでナイトサバイブの低レアや食品プロモではバースト必殺技で疾風断が搭載されていなかったため ある意味待望の再録扱いでもある。動作内容もほとんど同じで台詞だけ真司に差し替えられているが、一応背景がその13RIDERS最終決戦場の廃工場らしき所になっている。

仮面ライダーナイト

    • シャドーイリュージョン
      • 説明:トリックベントのカードをダークバイザーにベントイン、複数に分身して相手に斬撃をお見舞いする。
      • 使用ライダー:仮面ライダーナイト(K2-017,K3-023,K4-023,G1-020,G3-055,RT5-020)
      • 備考:第3話で龍騎を苦しめたトリックベントがムービー技として登場。カードをベントインする場面など再現度は高い。だが、ムービーの都合上真正面に向かって複数の分身体で斬りつける仕様になっている。本来は相手を撹乱させる為のカードなので 単なる多人数押しな攻撃技としてムービー技にするのは少し勿体ない気がする...
    • 飛翔斬
      • 説明:ファイナルベントのカードをダークバイザーにベントイン、ウイングランサーを携えて敵に突撃し、契約モンスターのダークウイングを背中に留まらせる。そしてジャンプし、空中でマントをウイングランサーを軸にドリルのように巻き込んで黒い錐のような姿に変え、激しくスピン回転しながら敵を貫く。
      • 使用ライダー:仮面ライダーナイト(K2-017,K3-023,K4-023,G1-020,RT5-020)
      • 備考:約3年越しに実施されたファン待望の劇中技。旧ガンバライドにはなかったファイナルベントのベントインもバッチリ再現されており迫力満点。ダークバイザーの位置により第1話のシーンを再現している。さらにボトルマッチ2弾でついに本人ボイス実装となった。
    • ダークペネトレイト
      • 説明:下位技「片手剣」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーナイト(2-027,6-042,D4-019)
      • 備考:ペネトレイトとは「突き通す」「貫通」、つまりは剣による突き攻撃を意味するのだが、見事に再現されていない。ではなぜこの名前なのかというと、旧ガンバライドの一番初期の下位技はきちんと突き攻撃だったから、なのだ。...だったら今回ゲーム変わったんだから「ダークスラッシャー」とかでも... 結局シャドーイリュージョンが実装されてからは使われなくなったが
    • 飛翔連斬
      • 説明:下位技「片手剣」(その2) 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーナイト(2-026,6-042,D4-019)
      • 備考:下位技その2だが、正必殺技「飛翔斬」と名前が似てる(というか漢字1文字入れただけ)ので 初登場前はもしかして?という希望を持ったファンが結構居た... もちろんその望みはかなわなかったわけだが、搭載はいつになるだろうかと思いきやバッチリカイガン2弾よりようやく登場。

仮面ライダーナイトサバイブ

    • 疾風断
      • 説明:ファイナルベントカードをダークバイザーツバイにベントインし ダークレイダーが飛来。ナイトサバイブが飛び乗ると同時にダークレイダーがバイクモードへ変形、疾走しながらナイトサバイブのマントが巨大化して全体を包み ミサイルのような状態となって相手に突撃する
      • 使用ライダー:仮面ライダーナイトサバイブ(BM2-021,RT6-023)
      • 備考:多数の要望をされていたものの 長らくカラミティ現象問題に抵触する事で実装されてこなかった(某クラヒに至っては残像を飛ばすという強引なオリジナル技となっていた)疾風断がついに実現。ムービー技だがそういう事情もあるのだから致し方ないだろう。またバトライド創生のデータを持ってきたのか 放映当時と比べてかなりミサイルっぽくなっている(当時はもっと飛翔斬のようなドリルミサイルみたいだった)が これもカラミティ現象回避のためか。また当時でも規制回避のために導入されたのであろう、サーチライトによるナイトサバイブの紋章での拘束というのもない。これはムービー技なので自分視点だから意味がないと判断されたか。ボルトマッチ5弾でナイトサバイブが再登場したものの、発行したカードのバースト必殺技は↓の下位技であった。長らく再録されなかったがついにライダータイム6弾でSR落ちしたのだった。ビルドを除くメカニカルタイプ全般に言えるが、高レアの価値を落とさないためなのか? (一応、便宜上は別キャラ扱いだがその前にナイトサバイブ(城戸)で再録扱いとなったが)
    • ダークアロー
      • 説明:シュートベントを発動し ダークバイザーツバイがボウガンモードへ変形。光の矢を放って相手を打ち抜く。
      • 使用ライダー:仮面ライダーナイトサバイブ(BM2-021,BM2-022,BM5-025,RT6-023,PRT-082)
      • 備考:表必殺技だが シュートベントカードのベントインこそ飛ばされているものの再現度は高い。そもそも劇中ではあまり使われていなかったので ライジングで自由に見る事が出来るのは実は貴重だったりする。最後の本人ボイスによる決め台詞「戦わなければ生き残れない!」で締めるのもポイント高い。
    • 漆黒連斬
      • 説明:下位技「片手剣」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーナイトサバイブ(BM2-022,BM5-025,PRT-082)
      • 備考:通常ナイトのバースト下位技の名称が「漆黒」となっているのは ダークバイザーツバイから分離する剣の名称が「ダーク」ブレードだから、であろう。

仮面ライダーゾルダ

    • エンドオブワールド
      • 説明:マグナギガの後ろで マグナバイザーにファイナルベントカード装填しマグナギガに差し込む。トリガーを引いてマグナギガのミサイル・キャノン砲・レーザー各種を相手に全弾発射し粉砕する
      • 使用ライダー:仮面ライダーゾルダ(D3-021,D4-020,D5-017,K3-024,K4-024,G2-019,BM2-023,BM3-068,RT2-024,RT4-085,RT6-024)
      • 備考:旧ガンバライドから最初のギガキャノン〜マグナギガ出現を取り払っただけだが それでもなお全弾発射の迫力は健在。今回のゾルダの台詞は劇中中盤のイマイチやる気出ない状態であるが、それもまた一興。
    • ギガシューティング
      • 説明:下位技「小銃」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーゾルダ(D3-021,D3-022,D4-020,D5-017,K3-024,K4-024,G2-019,BM2-023,BM3-068,RT2-024,RT4-085,RT6-024)
      • 備考:マグナバイザーは劇中では連射による牽制のみだったので 正直最初の2連射はいいが最後の狙い撃ちは違和感が...
    • シューティングバイザー
      • 説明:下位技「小銃」(その2) 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーゾルダ(D3-022)
      • 備考:マグナバイザーは劇中では連射による牽制のみだったので(略 だがこの技の真骨頂はその台詞。スタッフは狙ってやったのだろうか(笑

仮面ライダー王蛇

    • ベノムデスペラード
      • 説明:ベノサーベルの一閃から前蹴りで相手をひるませ、さらに突進から回転斬り
      • 使用ライダー:仮面ライダー王蛇(D3-023,D4-021,D5-018,K5-022,G2-020,BM2-024,BM4-024,RT4-086,RT6-025)
      • 備考:ある意味今回ベノサーベルを装備していない事への代替(左利きだから?)とも言える表技。当然きちんと左手に剣を持っているし、何より途中の蹴りが完全にヤクザキックなのも王蛇らしさをよく表している。...欲を言えばソードベントの装填&音声を入れて欲しかったが
    • ベノクラッシュ
      • 説明:地面を疾走してきたベノスネーカーと共に王蛇が突進、背面回転ジャンプでベノスネーカーの正面にジャンプし 放出された毒液と共に連続キックを繰り出す
      • 使用ライダー:仮面ライダー王蛇(D3-023,D3-043,D4-021,D5-018,K5-022,G2-020,BM2-024,BM4-024,RT4-086,RT6-025)
      • 備考:ゾルダと違って残念ながらファイナルベント装填&音声はなし。その代わりに最初の突進や連続キックの勢いが凄まじい。特に連続キックは劇中の2発4発(4発はTVスペシャル)どころではない。
    • ベノムストライカー
      • 説明:下位技「蹴」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダー王蛇(D3-024,D3-043)
      • 備考:王蛇...浅倉が3連回し蹴りというのは非常に違和感が...
    • ジェノサイドナックル
      • 説明:下位技「拳」(その2) 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダー王蛇(D3-024,D3-043)
      • 備考:意外にも王蛇のパンチ技というのは旧ガンバライドでもなく、ガンバライジングが初。 そもそも王蛇は劇中ではもっぱら格闘戦はベノサーベルのみだったので、かなり新鮮だったりする

仮面ライダーリュウガ

    • ドラゴンライダーキック(バースト後)
      • 説明:ブラックドラグバイザーにファイナルベントカードを装填。ドラグブラッカーが飛び回る中で空中浮遊し 黒炎ブレスを受けて加速。相手が硬質化した黒炎ブレスで足元を固められて身動き取れない所へ 突進キックが炸裂する
      • 使用ライダー:仮面ライダーリュウガ(G2-021,G3-028,BM1-025,BM4-025,RT4-025)
      • 備考:映画で王蛇に繰り出した時の再現。旧ガンバライドでは飛ばされていた黒炎ブレス硬質化で相手が身動き取れなくなる所もライジングではバッチリだった。龍騎と違って装填した後からとはいえ、一応カード装填したシーンまで入っているのも嬉しい。
    • ドラゴンライダーキック(バースト前)
      • 説明:ドラグブラッカーが飛び回る中で空中浮遊し 黒炎ブレスを受けて突進キック。
      • 使用ライダー:仮面ライダーリュウガ(G2-021,G3-028,BM1-025,BM4-025,RT4-025)
      • 備考:バースト版を大きく短縮。せめてカード装填シーンがあれば旧ガンバライド版となるのだが...
    • ドラグクローファイヤー
      • 説明:装備したドラグクローから ドラグブラッカーと連動してクローから黒炎を発射。
      • 使用ライダー:仮面ライダーリュウガ(G2-063)
      • 備考:ドラゴンアーツCPはこの技。ただドラゴンライダーキックとは逆にリュウガバージョンではドラグクロー装着シーンがないのが残念
    • 黒龍撃
      • 説明:下位技「拳」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーリュウガ(G2-063)
      • 備考:龍騎のパンチ下位技「龍翔撃」のような名前。

仮面ライダーオーディン

    • エターナルフェニックス
      • 説明:ゴルドバイザーにソードベントカードを装填し 二刀流の剣・ゴルドセイバーを装備。ワープを交えての2段斬りから交差突きでトドメ。
      • 使用ライダー:仮面ライダーオーディン(RT6-026)
      • 備考:ムービー技。オーディンで印象的なワープからの攻撃を再現。なお↓の技は一応この技の続き扱いになっている
    • エターナルカオス
      • 説明:ゴルドセイバー交差突きで相手をひるませ ゴルドバイザーにファイナルベントカードを装填。炎を纏ったゴルドフェニックスが降臨、中に浮かび上がったオーディンの背後に回り... 技の全容がわからぬまま、相手は倒れる
      • 使用ライダー:仮面ライダーオーディン(RT6-026)
      • 備考:ムービー技。結局ガンバライジングでも技の全容は謎のままだった... 一応ジオウスピンオフにて似たような流れから炎をまとうゴルドフェニックスを突撃させる技を繰り出していたが、(この技のモデルである)TV最終回での技とは別物扱いではないかと思われる。

仮面ライダーファイズ

    • スパークルカット
      • 説明:ファイズエッジからエネルギー斬撃波を見舞い、相手を円形のエネルギーで拘束。さらに突進斬り〜突きでトドメ。相手はφの字の光の中で青い炎を上げて爆発する。
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ(1-024,2-028,3-041,4-028,6-014,6-015,6-016,D1-023,D1-024,D2-023,D3-025,D4-022,D6-022,K1-017,K4-025,K5-023,K6-024,G1-021,G2-022,G3-029,G5-026,BM1-026,BM1-080,BM2-089,BM3-057,BM6-027,RT1-022,RT3-091,RT5-021,BS1-020,PD-027,PD-089,GP-003)
      • 備考:ゲームテンポの関係上なのか クリムゾンスマッシュを差し置いて先に登場。なお6-014&015,D1-023&024,D2-023,D3-025,D4-022,D6-022,K1-017,K4-025,K5-023,G2-022,G5-026,BM1-026,BM1-080,BM3-057,BM6-027,RT1-022,RT3-091,RT5-021,BS1-020,PD-027,PD-089では表必殺技となっている。K6-024で久しぶりにバースト必殺技となった。
    • クリムゾンスマッシュ
      • 説明:右足にファイズポインターをセットし ベルトのファイズフォンでテンキー入力。独特のアメフト状構えでエネルギーチャージを待ち、チャージ完了後にダッシュ前宙ジャンプから両足を突き出してフォトンブラッドエネルギーマーカーを射出。相手をロックオンしたマーカーめがけて突進キックを炸裂させる
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ(G2-022,G3-029,G5-026,BM2-089,BM3-057,RT1-022,RT2-025,RT3-059)
      • 備考:ブラスターフォームまで登場した後だが 通常フォームクリムゾンスマッシュもまさかの登場。恐らく実装の最大の問題であった「ライジング準拠での技の時間」も ポインターセットを装填後からにした事や旧ガンバライドと比べてアメフト構え短縮・マーカーの展開高速化で何とかやりくりしたようだ。むしろダッシュ前宙ジャンプは旧ガンバライドより長い。スタッフの苦労が伺えるが そのかいあって旧ガンバライドと比べ疾走感が格段に上昇したにもかかわらず大事な部分もすっ飛ばされていないという、非常に見ごたえのあるクリムゾンスマッシュとなった。なお高レアカードはLRのG2-022、CPのBM3-057,メモリアルタッグのRT2-025しかない。そのRT2-025とRT3-059は構成の関係上なんと表必殺技での搭載、しかもノーカットとなっている。結果、上記のように切り詰めてはいるといえ表必殺技としては最長の演出時間技となった。
    • トリプルフォトンアタック
      • 説明:カイザとデルタが駆けつけ、デルタのルシファーズハンマー〜カイザのゴルドスマッシュ〜ファイズのクリムゾンスマッシュを連続で繰り出す
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ(GP-003)
      • 備考:初のパック販売「レッツ・ゲームスタート! パック」限定トリプルレアのトリプルアタック技。デルタ・カイザ共に前半部分を省略して繋いでいる。登場当初はファイズがスパークルカットだったが、ガシャット2弾にてまさかの変更!ライジングで後から必殺技演出変更という例が少なかったので望み薄だと考えられていただけに嬉しい事この上なし。
    • オートバジン バトルモード
      • 説明:オートバジンバトルモードが飛来しバスターホイールからガトリング砲を連射。相手がひるんだ隙を見てファイズの横に降り立ち、ファイズがグリップを引き抜いてファイズエッジとする。ファイズがダッシュすると同時に再びオートバジンが飛行からバスターホイールからガトリング砲を連射し、さらにファイズが連続斬りでトドメ
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ(BM1-026,BS1-020)
      • 備考:ムービー技。旧ガンバライドのSPカードやバトルサポーター以来のオートバジン。今回はファイズとの連携も入っている。LRから2年後にようやくSR落ちした。
    • クロスエクシードチャージ
      • 説明:ファイズがカイザに呼びかけつつファイズポインターをセット。応じたカイザはカイザブレイガン・ブレードモードのコックを引き、ファイズのファイズフォン操作と共にエクシードチャージを開始。カイザブレイガンのロックオン射撃で相手の動きを止め、さらにファイズポインターのマーカーも相手へロックオン。ファイズのクリムゾンスマッシュとカイザのカイザスラッシュが同時に炸裂する。青い爆炎を背に決め台詞で締める
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ(RT2-025)
      • 備考:RT2弾メモリアルタッグフィニッシュに抜擢されたファイズ&カイザ、劇中でも繰り出されたコンビネーションを見事再現。過去のメモリアルタッグフィニッシュと同じくファイズ側とカイザ側で台詞が違っている。

    • フォトンブロー
      • 説明:下位技「拳」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ(1-024)
      • 備考:劇中でもパンチ連打はしていたし 何より巧のぶっきらぼうな戦い方にぴったり。
    • フォトンシュート
      • 説明:下位技「蹴」参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ(1-025,2-028,3-041,4-028,6-016)
      • 備考:フォンブラスター持ちが登場したので銃撃かと思われたが,ふたを開けてみると武器なしで蹴りだった。まあ某トリニティのライダーキックは「ライダーシュート」だったし、鎧武では蹴りどころか武器による斬り攻撃だけでも「シュート」という名の技が登場したので問題ない?(下に続く)
    • フォンブラスターファイア
      • 説明:下位技「小銃」参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ(K6-024)
      • 備考:(続き)と思っていたら なんと3年後にフォンブラスターを用いた下位技が登場した。...そして該当カードのバースト演出が...?クリムゾンスマッシュのフラグと思われるが、結局この演出は使われなかったのだが。

    • フォトンカッター
      • 説明:下位技「片手剣」(その2)参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ(1-025)
      • 備考:むしろこの動作を早送りしてアクセルフォームで見たい...と思うのは私だけだろうか(汗

仮面ライダーファイズ アクセルフォーム

    • アクセルクリムゾンスマッシュ
      • 説明:ミッションメモリーを換装して胸部フルメタルラングを展開しアクセルフォームへチェンジ。ファイズアクセルを起動して音速のパンチ連打〜蹴り上げから5連クリムゾンスマッシュを決め、着地後にノーマルフォームへ戻る
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ(バースト後・アクセルフォーム)(6-014,D1-024,D3-025,K1-017,K4-025,G1-021,BM1-080,RT3-091,RT5-021,PD-027)
      • 備考:待望のアクセルフォーム必殺技。ミッションメモリー換装からやる上に旧ガンバライドより短時間でフォームチェンジやリフォメーションをやらなきゃいけない関係で超早回しだが その分疾走感がハンパではなく大満足の出来。また最初の連続攻撃は旧ガンバライドのようにパンチ3連打と思ってしまうが 後ろを向いてる関係でわかりにくいが最後は蹴り上げだった(相手から喰らった時の視点でよくわかる)。ポインター連射を打ち込む時の相手が浮いた状態で静止しているのはこのためだったのか...

仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム

    • フォトンブレイカー
      • 説明:ファイズブラスターにコードを打ち込んでフォトンブレイカーモードに変化させ、背部フォトンフィールドフローターで滑空しつつ切り払う。
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ(バースト後・ブラスターフォーム)(6-015,D1-023,D2-023,D4-022,D6-022,K5-023,BM6-027,PD-089)仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム(D5-053,K6-056,RT2-070,RT6-027)
      • 備考:旧ガンバライドのフォトンバスターを使いまわしてくると誰もが思っていたが 劇中で登場初回しか使っていないフォトンブレイカーが見事大抜擢。D5-053ではフルスロCPの関係で 相手とすれ違う瞬間にスローがかかるので迫力も増している。なおRT2-070は下の技がバースト技な関係で表必殺技となっている。カットされた所はなくこれが表必殺技というのはなかなか贅沢だ
    • 強化クリムゾンスマッシュ
      • 説明:脚部にファイズポインターを装備し ファイズブラスターのキーで5532コードを打ち込み強化フォトンブラッドエネルギーをポインターに挿入、背部フォトン・フィールド・フローターのブーストを併用した超ハイジャンプから渾身の飛び蹴りを放つ。相手が防御するもフォトンブラッドエネルギーが渦を巻いて周囲もろとも焼き払い、強引に蹴りぬいて大爆発した相手を背に着地ポーズで締める
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム(RT2-070)
      • 備考:家庭用格闘ゲーム:クライマックスヒーローズでは実装されていたが ついに仮面ライダーカードゲームにも実装された。名称は多々あるが ライジングではこの名称となっている。ポインター装備やファイズブラスターへのキー入力まで入っているのはお見事。相手が一度は防御するというのも 劇場版では仮面ライダーオーガの必殺技;オーガストラッシュとのぶつかり合いだったという点を踏まえている。

    • ライジングトリプルコンビネーション
      • 説明:仮面ライダーブレイド キングフォームと仮面ライダー装甲響鬼が駆けつける。ブレイドがキングラウザーにスペード10.J,Q,K,Aのラウズカードを装填して相手との間に5枚のカードエネルギーを展開。それめがけてレーザー状の斬撃波を繰り出す。続いて響鬼が装甲声刃を音撃モードに変形させ、「鬼」の文字を模した音撃を展開。斬撃波として飛ばし相手を斬る。最後にファイズがファイズブラスターにコードを打ち込んでフォトンブレイカーモードに変化させ、背部フォトンフィールドフローターで滑空しつつ切り払う。
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム(G6-058)
      • 備考:ガシャット6弾最強トリプルCPの技。ファイズの技以外は微妙にカットされている(ブレイドはカード装填後ラウザーを構えてのエネルギー収束、響鬼は最初の二段斬りがカット)が、同CPの中ではカット部分が一番少ない&技全体に影響が少ないという優れたポイントがある。

    • ブラストエクストルーダー
      • 説明:下位技「大型銃」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム(D5-053,K6-056,G6-058,RT6-027)
      • 備考:ある意味、D5-053フルスロCPでブラスターフォーム始動のために作られたと言える。後にK6-056の最強ライジングCPでも使われたが

仮面ライダーカイザ

    • ゴルドスマッシュ
      • 説明:相手と見合った状態から腹部に蹴りを見舞い、カイザフォンを開いてキー操作でポインターをゼロ距離発射。拘束された相手めがけてハイジャンプからドロップキックを決める。
      • 使用ライダー:仮面ライダーカイザ(6-017,D3-044,D4-023,D6-023,K2-018,K5-024,G2-023,BM1-027,BM3-058,RT2-026,RT5-022)
      • 備考:待望のゴルドスマッシュ。しかも旧ガンバライドの上空クロスキックではなくクライマックスヒーローズのようにゼロ距離ポインター発射。...ただ、そのクライマックスヒーローズよりもスピード感が若干足りない気がする... なおガンバライダー使用時は 途中のカイザフォン操作がカットされる。ライダータイム2弾から待望の本人ボイスが実装。キック時の雄たけびをぜひ聞こう。なおRT2-026はメモリアルタッグフィニッシュの構成上表必殺技となっている
    • クロスエクシードチャージ
      • 説明:ファイズが渋るカイザに呼びかけつつファイズポインターをセット。仕方なく応じたカイザはカイザブレイガン・ブレードモードのコックを引き、ファイズのファイズフォン操作と共にエクシードチャージを開始。カイザブレイガンのロックオン射撃で相手の動きを止め、さらにファイズポインターのマーカーも相手へロックオン。ファイズのクリムゾンスマッシュとカイザのカイザスラッシュが同時に炸裂する。青い爆炎を背に決め台詞で締める
      • 使用ライダー:仮面ライダーカイザ(RT2-026)
      • 備考:RT2弾メモリアルタッグフィニッシュに抜擢されたファイズ&カイザ、劇中でも繰り出されたコンビネーションを見事再現。単体ではないが、一応カイザスラッシュがガンバライジングで初実装という扱いにもなっている。過去のメモリアルタッグフィニッシュと同じくファイズ側とカイザ側で台詞が違っている。カイザ側は「仕方ない」「勘違いしないで欲しいなぁ」としぶしぶ連携に応じたような感じになっている
    • カイザブロー
      • 説明:下位技「拳」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーカイザ(2-029,D3-044,D4-023,D6-023,K2-018,K5-024,G2-023,BM1-027)
      • 備考:草加カイザはあまりがむしゃらなパンチ連打はしていなかった。どちらかというと映画の啓太郎カイザの戦い方に近いか
    • ブレイクガンシュート
      • 説明:下位技「小銃」参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーカイザ(BM3-058,RT5-022)
      • 備考:BM3-058が銃アイコン始動のため 新規に作られた銃下位技。何気に今までなかったのだ(↓のバースト必殺下位技はあったが)
    • ブレイガンショット
      • 説明:下位技「小銃」(その2)参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーカイザ(2-029)
      • 備考:該当カード2-029は相手防御を大きく削るバーストアビリティを持つので見た目以上に威力は高いが、所詮下位技... 草加さんがすごい形相でライジングスタッフを睨んでいるような。そのかいあって(?)後に上記ゴルドスマッシュが追加されたのだった

仮面ライダーデルタ

    • ルシファーズハンマー
      • 説明:デルタフォン+デルタムーバーにミッションメモリを装着してポインターモードに変形させ「チェック!!」と音声入力しエクシードチャージ発動。発射されたポインターが相手を拘束し、ハイジャンプから前蹴りを決める。相手に△の文字が浮かび爆発する。
      • 使用ライダー:仮面ライダーデルタ(D6-024,K1-018,K3-025,G2-024,BM2-090,BM3-022,RT2-027,RT5-023)
      • 備考:旧ガンバライドでも出なかったデルタ、待望の必殺技。三原デルタの特徴であるジャンプ前蹴りを再現している。ちなみにガンバライダー版は「使わせてもらうぜ!」「使わせてもらうぞ!」で音声入力する事になっている。実は当時のおもちゃだとあくまで空気の振動によってマイクを反応させて音声始動という仕組みだったので、どんな台詞だろうと空気振動させれば反応することになっており、おもちゃ準拠としては間違っては居ない。(受注販売されるCSMでは実際に音声入力となっているので不可能になると思われるが)
    • ディアボリック・シュート
      • 説明:デルタフォン+デルタムーバーに「ファイア!!」と音声入力、構えつつ狙いを定めて光弾を3連射。
      • 使用ライダー:仮面ライダーデルタ(D6-024,K1-018,K3-025,G2-024,BM2-090,BM3-022,RT2-027,RT5-023)
      • 備考:ムービー技。ディアボリックとは「悪魔的な」という意味。特殊機構であるデモンズスレートから取っているのか。
    • イデアストレート
      • 説明:下位技「拳」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーデルタ(D6-025)
      • 備考:劇中ではパンチ連打はしていないのだが、三原デルタと考えると様になっているか。イデアストレートと言う名前は やはりデモンズスレートから発せされる電気信号・デモンズイデアからか。
    • サタンクラッシャー
      • 説明:下位技「拳」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーデルタ(D6-025)
      • 備考:オリジナル技の名称に これでもかというくらい悪魔に関する物騒な名前がついているのは やはり正必殺技の名前ルシファーズハンマーのルシファー=堕天使という意味合いからなのだろう。

仮面ライダーブレイド

    • ライトニングソニック
      • 説明:ラウズカードをラウズし、3枚のカードエネルギーを纏ってラウザーを地面に刺した後 高速ダッシュから前宙ジャンプ電撃キックを繰り出す。
      • 使用ライダー:仮面ライダーブレイド(1-026,2-030,3-042,4-029,D5-019,G1-022,BM1-028,BM2-057,BM3-059,RT1-023,RT3-060,RT4-027,BS1-021)
      • 備考:残念ながらゲームテンポの関係上なのか ラウズは1枚のみで省略されてしまった。だがその後の高速キックはそのテンポアップもあって疾走感は満点。ただカリスやギャレンがきちんと連続ラウズしているのでもうそろそろ修正して欲しいのだが... 久しぶりにガシャット1弾でSRとして収録されたが 残念ながら修正されていなかった... なおBM2-057はバースト必殺技がダブルライダーキックの都合上で,RT3-060もバースト技がCPの特別技となっている都合上で そしてRT4-027もバースト必殺技が↓な関係で表必殺技となっている。
    • BOARDコンビネーションアーツ♠
      • 説明:ブレイドがスペード6:サンダー&スペード5:キック,ギャレンがハート6:ファイア&ハート5:ドロップ,それぞれラウズカードをラウズし、息を合わせて同時に決めポーズ&同時ジャンプから ライトニングブラスト・バーニングスマッシュのダブルライダーキックを相手に決める。着地後お互いうなずきあって締める
      • 使用ライダー:仮面ライダーブレイド(RT4-027)
      • 備考:ウルフアンデット戦や近年では仮面ライダー3号でも決めた 有名なダブルライダーキックがメモリアルタッグで登場。またカード備考欄にも書いたが、本カードRT4-027は通常フォームブレイドが仮面ライダーバトル史上初LRとなった それこそメモリアルなカードである(旧ガンバライドでも通常フォームブレイドはSR,CPしかなかった)。ついでだが ライジングにおける通常フォームブレイドの技で ラウズカードラウズ動作が省略されずにきちんと入ってる初の技でもある(↑にあるように ライトニングソニックは最後の一枚のラウズシーンしかなく、龍騎&ディケイドとのトリプライド完全版では カードトレイ展開シーンは入っていたがラウズシーンは飛ばされていた)
    • ブレイドナックル
      • 説明:下位技「拳」 参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーブレイド(1-027,2-030,3-042,4-029,D2-024)
      • 備考:劇中で キングに全ラウズカードを奪われた後に開き直って繰り出した連続パンチそのもので、マニアックなファンにはたまらない。
    • エレメントブレイド
      • 説明:下位技「片手剣」参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーブレイド(1-026,5-040,6-037,D1-025,D1-056,D1-057,D4-024,D4-051,D5-019,D6-026,K1-019,K4-026,K5-025,K6-025,G1-022,BM1-028,BM3-059,BM6-028,RT1-023,BS1-021,PD-090,GP-017)
      • 備考:旧ガンバライドでも下位技の名称だった。
    • ラウズブレイバー
      • 説明:下位技「片手剣」(その2)参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーブレイド(1-027)
      • 備考:仮面ライダービーストの剣下位技「ダイスブレイバー」から引用したのだろうか?バースト前が上のブレイドナックルだったので、旧ガンバライドの龍騎・龍舞斬の動作でも使いまわして こちらも劇中でキングに止めを刺した真っ向唐竹割りにして欲しかったが...

仮面ライダーブレイド ジャックフォーム

    • ライトニングスラッシュ
      • 説明:スペード2:スラッシュ・スペード6:サンダーのラウズカードをラウズし、2枚のカードエネルギーを纏って背中のオリハルコンウイングを展開。飛翔して滑空突進斬りを繰り出す
      • 使用ライダー:仮面ライダーブレイド(バースト後・ジャックフォーム)(5-040,6-037,D1-056,D2-024,D4-024,K1-019,K6-025,PD-090) 仮面ライダーブレイド ジャックフォーム(G5-027,RT3-024,RT4-087)
      • 備考:旧ガンバライドでは実装されなかったジャックフォームの必殺技...だが、まさかのムービー技。ただきちんと2枚ラウズしているし、初回披露から後の滑空突進斬りをカメラアングルも含めて見事に再現しているので 数あるムービー技と比べて再現度は非常に高い。メモリアルタッグフィニッシュが登場するまではブレイドの固有技の中で詳細にカードをラウズしているのはこの技だけだったのもポイント(ライトニングソニックは枚数が省略されているし、ロイヤルストレートフラッシュも身体各部のアンデッドクレストからカードが飛び出す演出はなくいきなりカードラウズから入っている)なお名称は正確にはJ・ライトニングスラッシュもしくは強化ライトニングスラッシュである。
    • トリニティスラッシュ/ブレイド
      • 説明:仮面ライダーナイトサバイブと仮面ライダークウガ ライジングタイタンが駆けつけ、その二人がダッシュクロス斬りを決める。さらにブレイドがハイジャンプからの真っ向唐竹割りでトドメ。
      • 使用ライダー:仮面ライダーブレイド ジャックフォーム(RT5-057)
      • 備考:ライダータイム5弾CP「トリニティスラッシュ」の技。援護に駆けつける二人が超豪華なメンツ(公式ツイートによると一応騎士系ライダーつながりと言う風になっているようだが)の上に CP共通動作とはいえ真っ向唐竹割りがブレイドジャックフォームにあっている。劇中で初回に繰り出した強化ライトニングスラッシュも飛翔からの真っ向唐竹割りだったので 飛翔してはいないが脳内補完できなくもないだろう(切り裂く時のエフェクトもブレイドにあわせて電撃のような感じになっている)。技説明に関係ないがカード能力もCP中でかなり強い...と至れり尽くせりだ。
    • ジャックラウズブレード
      • 説明:下位技「片手剣」参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーブレイド ジャックフォーム(G5-027,RT2-028,RT3-024,RT5-057)
      • 備考:ガシャットヘンシン5弾にて表からジャックフォームが登場、そのために作られたであろう下位技。ブレイドが表必殺技で固有技を持つのはいつの日か...(一応通常フォームにて表必殺扱いのライトニングソニックが登場したが あれはあくまでバースト技を表に移設しただけである)

仮面ライダーブレイド キングフォーム

    • ロイヤルストレートフラッシュ
      • 説明:キングラウザーにスペード10,J,Q,K,Aのラウズカードを装填。キングラウザーに全エネルギーを集約して相手との間に5枚のカードエネルギーを展開。それめがけてレーザー状の斬撃波を繰り出す
      • 使用ライダー:仮面ライダーブレイド(バースト後・キングフォーム)(D1-057,D6-026,K4-026,K5-025,G4-024,BM6-028,G6-033,GP-017)仮面ライダーブレイド キングフォーム(5-039,6-056,D5-054,K6-057,BM5-026,RT6-028,BR2-004) 仮面ライダーブレイド ジャックフォーム(バースト後・キングフォーム)(RT2-028)
      • 備考:旧ガンバライドではフォーカードにしかなかったラウズ演出が追加。相手から喰らわないと(相手からの視点でないと)分かりにくいが、実はケルベロスII戦2回目以降のように並んだカードエネルギーの絵柄が金色になっているのも芸コマ。欲を言えば全身からカードが飛び出す演出からやって欲しかったが... またやはり今回も突進斬りではなかった。最近の傾向(というか某バトライド)ではロイヤル〜=斬撃波、フォーカード=突進斬りとなっている模様なので 突進斬りは全員集合までお預けか。だがD5-054ではフルスロCPの関係で キングラウザーを振りぬく際にスローがかかるのが超カッコいい。スロー演出入る同CP中で一番サマになっていると言えるだろう。なお意外にもジャックフォーム始動からのカードがRT2弾で始めて実装された。バースト演出はいきなりキングフォームになっているのだが(汗
    • ストレートフラッシュ
      • 説明:3連続のパンチを繰り出し、キングラウザーにスペード2,3,4,5,6のラウズカードを装填。ブレイラウザーを出現させ、キングラウザーとブレイラウザーの二刀流斬撃を放つ。
      • 使用ライダー:仮面ライダーブレイド キングフォーム(BR2-004)
      • 備考:暴走したジョーカー相手に繰り出したストレートフラッシュがGLRで登場。細かい装填シーンや爆発後の佇まいなどが追加され、↑より見映えが良くなっている。なおこの技が追加された辺りからキングフォームのテクスチャが作り直され、各パーツが細かく描画されるようになった。
    • キングスエッジ
      • 説明:下位技「両手剣」参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーブレイド キングフォーム(5-039,6-056,K6-057,G6-033,BM5-026,RT6-028)
      • 備考:旧ガンバライドでは下位技が存在しなかったので 実は仮面ライダーカードバトル初のキングフォーム下位技である。ただやっぱり初回でトライアルを吹っ飛ばしたパンチにして欲しかった...

仮面ライダーカリス

    • スピニングダンス
      • 説明:ハート5:ドリルとハート6:トルネード、さらにハート4:フロートのラウズカードをラウズし、3枚のカードエネルギーを纏って飛翔、高速回転からのドリルキックを見舞う
      • 使用ライダー:仮面ライダーカリス(5-041,D2-025,D4-025,D5-020,G2-025,G5-028,BM1-029,BM3-060,RT2-029,RT3-025,RT4-028)
      • 備考:ラウズ演出が省略されてしまったライトニングソニックと違いきっちり3枚ラウズ&カードアップ演出があり、ドリルキックもスピードアップ・着地も以前よりスムーズになって 全体の疾走感が格段にアップ。だがラウザーをベルトから外して装着、が飛ばされてしまったのは残念。当時見ていない人には仕組みがわからないぞ... さらによ〜く見てみると、ドリルキックは実はクリーンヒットしておらず、風圧でふっ飛ばしているだけだった...やはりカラミティ現象に抵触するのか?
    • トルネードホーク
      • 説明:ハート6:トルネードのラウズカードをラウズし、カリスアローから竜巻状のエネルギーを発射。
      • 使用ライダー:仮面ライダーカリス(5-041,D2-025,D4-025,D5-020,G2-025,G5-028,BM1-029,BM3-060,RT2-029,RT3-025,RT4-028)
      • 備考:旧ガンバライドでのアビリティ(今のアビリティとは違って追加攻撃だが)および必殺技を完全移植。ブレイドには派生フォームがある分 表での固有技が今現在ないので、その点では一歩先を行った。

仮面ライダーギャレン

    • ファイアバレット
      • 説明:「ファイア」「バレット」のラウズカードをラウズし、強化火炎弾を連射する
      • 使用ライダー:仮面ライダーギャレン(D5-021,D6-027,K2-019,K3-026,G1-023,G3-030,G5-029,BM5-027)
      • 備考:てっきりカリスの表技のように旧ガンバライドのファイアフライを持ってくるかと思ったら まさかの表技で2枚コンボ。ただラウズカードトレイが開いたままになっている。これはトリプライドのブレイドでもそうなのだが、何かプログラム的な問題があるのか?ラウズ後 射撃体勢に入る前に腰の辺りでラウザーを構える瞬間があるので、そこで閉じてもいい気が...
    • バーニングディバイド
      • 説明:「ファイア」「ドロップ」「ジェミニ」のラウズカードをラウズしハイジャンプ、空中で回転しつつ分身し オーバーヘッドキックを叩き込む
      • 使用ライダー:仮面ライダーギャレン(D5-021,D6-027,K2-019,K3-026,G1-023,G3-030,G5-029,BM5-027)
      • 備考:LRのカード能力も台詞全般も いわゆる「もずく風呂」仕様だったので 初期型のように分身はあくまでフェイントで途中で消えるのか?と心配していたが同時攻撃であった。ただ旧ガンバライドや最近のゲームでもおなじみになった 亡き恋人の名前を叫ぶ演出はない。
    • BOARDコンビネーションアーツ♦
      • 説明:ブレイドがスペード6:サンダー&スペード5:キック,ギャレンがハート6:ファイア&ハート5:ドロップ,それぞれラウズカードをラウズし、息を合わせて同時に決めポーズ&同時ジャンプから ライトニングブラスト・バーニングスマッシュのダブルライダーキックを相手に決める。着地後お互いうなずきあって締める
      • 使用ライダー:仮面ライダーギャレン(RT4-026)
      • 備考:ウルフアンデット戦や近年では仮面ライダー3号でも決めた 有名なダブルライダーキックがメモリアルタッグで登場。他メモリアルタッグと同じく ブレイド版とは台詞や一部シーンカメラアングルが違っている。またなにげに 仮面ライダーバトルシリーズで始めてバーニングスマッシュ・ライトニングソニックが登場したという事でもある(他ゲーム媒体でもたいていはバーニングディバイド・ライトニングソニックのみで その前身である〜スマッシュ・〜ブラストは飛ばされている)

    • ラウズバレット
      • 説明:下位技「小銃」参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーギャレン(D5-022)
      • 備考:旧ガンバライドでの銃下位技は「エレメントバースト」という名前だったので全く異なっている。
    • ファイアマグナム
      • 説明:下位技「小銃」(その2)参照
      • 使用ライダー:仮面ライダーギャレン(D5-022)
      • 備考:橘さんの連射は構えなおし動作をした事がないので 正直違和感がある...

このページへのコメント

自分の記憶違いでなければ
ナイトサバイブ(城戸)の疾風断ってディスパイダーに決まってませんでしたか?

0
Posted by 通りすがり 2019年06月23日(日) 22:57:06 返信数(2) 返信

通りすがりさん>
うっ もう15年以上前だったから自分が記憶違いだったか・・

0
Posted by  bykelike bykelike 2019年06月23日(日) 23:25:11

今ようつべで動画みたら確かに決まった後に急ブレーキしてました...
素早いツッコミありがとうございました

0
Posted by  bykelike bykelike 2019年06月23日(日) 23:26:04

天才ゲーマーMさん>
あれ!?書いたはずなのに・・

エラーになってしまったか
(最近PC新しくして何とかなったが前PCだとエラーが多かった)

0
Posted by  bykelike bykelike 2019年02月09日(土) 00:22:45 返信

RT2弾の目玉(?)の1つのGLRファイズブラスターの強化クリムゾンスマッシュはいつ追加になるのでしょうか?

0
Posted by 天才ゲーマーM 2019年02月07日(木) 11:20:17 返信

Y・U・N・Aさん>
つっこみありがとうございます

いかん、これも他ページでもそう書いてるかも・・

0
Posted by  bykelike bykelike 2017年12月04日(月) 22:36:10 返信

ブラスターフォームの表技が間違ってますよ…

“ブラストエクストルーダー”です

0
Posted by Y・U・N・A 2017年12月04日(月) 20:12:29 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

旧トップページ
※上メニューの「トップページ」を選択するとメニューバーになってしまいます
※↓の事柄も含めてバーストライズ弾へ対応していないページが一部ございます。ご了承ください。
バーストライズ弾からのテクニカルゲージアップ率変更について

コンテンツ

コミュニティ

システム・遊び方
[おもちゃ連動]
ライダータイム弾からのおもちゃスキャン関係について
<ゴースト> <エグゼイド> <ビルド> <ジオウ>
おもちゃスキャンタイム(ライドウォッチスキャン)
<ゼロワン>
おもちゃスキャン(プログライズキースキャン&ブットバソウルメダル)

ジオウカード別各種システム
原作に基づいた称号 クロスオーバー称号

・ICカード関連システム
ひとりであそぶモード
育成要素
サポートアイテム系

カードリスト
  • (マシン)
<ゼロワン>BS1弾
<ジオウ>RT6弾 RT5弾 RT4弾 RT3弾 RT2弾 RT1弾
<ビルド>BM6弾 BM5弾 BM4弾 BM3弾 BM2弾 BM1弾
<エグゼイド>G6弾 G5弾 G4弾 G3弾 G2弾 G1弾
<ゴースト>K6弾 K5弾 K4弾 K3弾 K2弾 K1弾
<ドライブ>D6弾 D5弾 D4弾 D3弾 D2弾 D1弾 
<鎧武> 6弾 5弾 4弾 3弾 2弾 1弾
  • (プロモ) 
<ゼロワン>PBS
<ジオウ> PRTプレバン限定バインダー付属(BR)
ライダータイムパック(RT3)ライダータイムパック2(RT4)プレバン限定バインダー2付属(BR2)
<ビルド> PBMベストマッチパック!パック2パック3
<エグゼイド> PG/(パック)GP
<ゴースト>(玩具付属)T /(その他)PK
<ドライブ>PB,PD
<鎧武>P
  • (ゴールドカード) G,BG


データアーカイブ
その他
廃止されたシステムなど

←クリックで各リンク表示

編集にはIDが必要です