DCD仮面ライダーバトルガンバライジング・データまとめwiki - ライジングバトルマップ 超特訓モード

超特訓モード概要

ライジングバトルマップの「各弾カテゴリーを全部ゲキムズでクリアした後」に解禁される。
(あくまで各弾中3マップであり、弾またぎで3マップゲキムズクリアしたとしても超特訓モードは出ない)

「無限回廊で特訓あるのみだ!」のアナウンスどおり クリアの概念がなく(ただし一応ボス戦扱いはある。詳しくは後述)ひたすら戦いを続けて己(ガンバライダーのレベル&ベルト育成)を鍛える...という目的のモードだ。

ベルト経験値2倍!

「このマップではベルト経験値がたくさん手に入るぞ!」のアナウンスどおり、
このモードで勝利した場合ベルトシステムレベルアップのための経験値ゲージの伸びが約2倍だ!
BS2弾以降では(開放していれば)すぐ選択できる

弾カテゴリーセレクトで過去の弾(BS1弾など)を選ぶと 開放していればすぐにこの超特訓モードを選べる。
追加された新ベルトや レベル上限開放された他のベルトを一気にレベル上げしたい時に便利だ。

実際のカードのデータが相手だ!(一部を除く)

実は相手に出てくるチーム(の大半)は 実際のカードデータであり、過去のネット対戦などのデータからピックアップしているようだ。
前弾まであった超ライダー大戦(ジオウ弾廃止されたシステム内にリンクがあります)もそうだったが、バーストライズ弾からはこの超特訓モードが実在データ対戦モード扱いになった という事らしい。

また その中には その超ライダー大戦期間限定イベント(超ライダー大戦 動物大図鑑(仮面ライダーオーズがテーマのイベント)などの際の各種テーマデッキも含まれており
実在カードデータにないデータの相手もいる。

分岐は特に意味なし

一応通常のライジングバトルマップのように分岐があるのだが、特に意味はないようだ。
ルートの目安となる「こっちはアイテムがありそう」...などの ゼロワンの吹き出しもない。

難易度とボス扱い相手

通常難易度は「むずかしい」扱いとなっているが、
クリアの概念こそないものの 5戦ごとにボス扱いの演出(「ボスの登場だ!」表示)があり その相手のみ難易度「ゲキムズ」となっている。
またボス扱い相手をクリアすると 経験値アップ 金が二つ手に入る。

各弾の違いは・・ない?

各弾カテゴリーごとにこの超特訓モードは存在するが、別に違いはないようだ。ただルート(一応)攻略は個別扱いになっている。
(BS1弾超特訓モードでボス扱いステージまでいっても BS2弾超特訓モードでは別進行だった)

ボスステージミッションも(一部を除いて)可能

ライジングバトルマップ チャレンジバトルステージのためのミッションをこなす事も可能だ。

ただし上記どおり4ステージが難易度むずかしい・ボス扱い5ステージ目が難易度ゲキムズとなっているため
「難易度ゲキムズで?回勝利せよ」というお題には適さない。

チーム編成(一例)

どのパターンにどのカードが使用されているかは各パターンのリンクを参考にしていただきたい。
ナンバー(便宜上です)チーム編成
備考

←クリックで展開

ボーナスチーム?
EX(便宜上)ガンバライダーアクート
眼魔スペリオル
ハートロイミュード
ボスステージとかに出てそうな編成だが、普段は経験値アップ金×2なところ このチームのみ報酬が「経験値アップ金」&「経験値アップ プラチナ」となっている。
アクートが「(APバトルに勝ったとき)チーム全体の攻撃+200」
眼魔スペリオルが「(APバトルに勝ったとき)攻撃・必殺+700 相手のカウンター発生率ダウン」という表アビを仕掛けてくるほか、
アクートはバーストすると「.弌璽好箸靴燭箸、必殺+2500相手のカウンター(発生)率超ダウン ▲弌璽好箸靴深,離薀Ε鵐紐始時、AP+30 チーム全体の攻撃分相手全体の防御ダウン」というバーストアビリティを発動してくる。
とにかくアンチカウンターな構成なのだが、唯一の救いがこのガンバライダーが剣持ちになっているため、トリプルアタック発生率が少し低くなっていることだ。一応表アビはこっちがAPバトルに負けなければ発動してこないので、APアップ効果を重ねればそこまで手こずる相手ではないと思われる