DCD仮面ライダーバトルガンバライジング・データまとめwiki - 仮面ライダーアギト バーニングフォーム
相性値(詳しくは相性値リストのページ参照)
アタッカーテクニカルフィニッシャートリッキーパッション
(2,2,0,2,1,1)(1,1,3,1,0,2)(2,0,1,1,4,0)(2,1,2,1,1,1)(1,1,2,1,3,0)
ブレイカーブレイブチェインジャマーメカニカル
(1,0,3,1,1,2)(1,2,3,0,1,1)(1,0,3,1,1,2)(1,2,1,0,1,3)(2,1,3,1,1,0)

関連あるチームボーナス称号
ベストタッグ!仮面ライダーG3-Xと組むと発生
店を開きし者たち!仮面ライダーブラーボと組むと発生
戦う料理人!仮面ライダーカブトと組むと発生
アギトトルネイダー仮面ライダーディケイドと組むと発生
Ωの名を持つ者仮面ライダーアマゾンオメガと組むと発生
菜園所有者仮面ライダーアマゾンアルファと組むと発生
目覚める魂仮面ライダーゴーストと組むと発生
2001年の邂逅&六位一体仮面ライダージオウと組むと発生
アギトの会!仮面ライダーG3-X、仮面ライダーギルスと組むと発生
失われた記憶仮面ライダーディケイド、仮面ライダービルドと組むと発生
受け継がれる意思!仮面ライダークウガと組むと発生
受け継がれる意思!仮面ライダー龍騎と組むと発生

フォームリンク
グランドフォーム
トリニティフォーム
バーニングフォーム
シャイニングフォーム



D1弾

D1-020LRアタッカー
ノーマル仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 600タイリョク 2850
ヒッサツワザバーニングボンバー2000コスト 4
アビリティ1ラウンド毎、ライジングパワー+2
スロットG 80拳 80拳 70蹴 70蹴 70蹴 50
バースト仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 950タイリョク 2850
ヒッサツワザバーニングライダーパンチ3200コスト 9
バーストアビリティバーストしたとき、ライジングパワーが8以上だとアタッカータイプのコウゲキ+1500
スロットG 100拳 90拳 70蹴 70蹴 70蹴 50
備考予想に反してバーニングフォーム表から登場で アギト2回目のLR。そして旧ガンバライドにもなかったバーニングボンバー初搭載であり、6弾の表からアルティメットと同じくLREXのLR落ち2例目である。
とにかく本カードの最大のポイントが表アビリティ。当然スタート時にも入るため、無条件でRP2スタートとなる。これまで特定ライダー指定とか真ん中に置くとか 体力マイナスや必殺コストアップといったデメリット・条件付きの多かったRPアップ系だが 無条件で毎ラウンドという ある意味この部門で最強クラスといっても過言ではない物である...
反面 バースト時はバーストアビリティが攻撃のみアップ、能力値も必殺火力以外それほどじゃないという面がある。幸いバッチリカイガン2弾から通常攻撃が強力になったので以前よりも有効度は増したが、状況によっては表面のみでRP補給係に徹するという考えもアリだろう。特にRPがカウンター確率に関わることが判明したため、トドメをさせなかったらカウンターの危険大な高コストバースト必殺技のお供に欠かせない。
なお、実はアイコンを見ればわかるが表時も素手である。カリバーは必殺技の時のみ使用となっている。
ただゴースト弾でのゲキレツ変更により、表面はゲキレツでも80となってしまったのでAP負けしやすくなってしまった... トドメにアタッカーメタK4弾SR新1号という天敵が登場、2ラウンド間封殺されてしまう。

D3弾

D3-018Rトリッキー
ノーマル仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 550タイリョク 2250
ヒッサツワザバーニングボンバー1450コスト 4
アビリティ1ラウンド毎、チーム全体のボウギョ+150
スロットG 80拳 80蹴 70蹴 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 600タイリョク 2250
ヒッサツワザバーニングライダーパンチ2450コスト 6
バーストアビリティ1番目にバーストしたとき、チーム全体のボウギョ+300 ライジングコスト-1
スロットG 100拳 80蹴 80蹴 70蹴 60蹴 60
備考1弾あいてR落ち。今回はイメージに反してボウギョ型となっている。これまたイメージに反して50なし安定スロットも持つ。さらにパンチ重視だらけだったアギトとしては珍しくパンチ・キック両方に高数値がある構成になっている。ただライジングではパンチアイコン多いカードが大半なので逆にダブルアタックしにくい事になってしまった...
加えてゴースト弾におけるゲキレツ変更により パンチ1、後全部キック さらに表面はゲキレツでも80と ダブル・トリプルアタック面でもAP面でも最悪になってしまった...これは痛すぎる。
余談だが、一見普通なR落ちに思えるが...実は強化フォーム表から登場高レアがそのままの構成でR落ちしたのはこれが初である。(クウガUFも表から〜でLRとなった後も 低レアはマイティフォーム始動であった。)

D6弾

D6-020Nトリッキー
ノーマル仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 2000
ヒッサツワザバーニングボンバー1600コスト 3
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、あいてチーム全体のボウギョ-100
スロットG 90拳 90蹴 70拳 60蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 500タイリョク 2000
ヒッサツワザバーニングライダーパンチ2400コスト 5
バーストアビリティ1番目にバーストしたとき、チーム全体のコウゲキ+400
スロットG 100拳 90蹴 90拳 60蹴 60蹴 50
備考ついに表からバーニングN落ち。前回のR落ちと違って攻撃重視であるが 表アビリティが相手防御減殺となっているので 自身だけでなく仲間の火力援護として、そして通常攻撃の強化にも使える。発動させるためにも表からテクゲージアップ持ちと組ませよう。ただスロットも高低真っ二つ型になってしまっている。テクゲージと同時にフォローするのはやや厳しいか...
幸いアイコンが前回のようなキック重視ではないので ダブル・トリプルアタック面は多少改善されている。だがゴースト弾のゲキレツ変更に伴い 一番上のパンチがゲキレツになってしまってパンチ2、キック5と悪化してしまった...とにかく表からアギトバーニングはゴースト弾ゲキレツ変更の影響のあおりをモロに受けてしまっている。ある意味制御に苦しんだ原作再現になって(しまって)いるが...

K3弾

K3-020Rアタッカー
ノーマル仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 500タイリョク 2200
ヒッサツワザバーニングボンバー1400コスト 2
アビリティ1ラウンド毎、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+150
スロットG 90拳 70拳 70蹴 70蹴 70蹴 50
バースト仮面ライダーアギト シャイニングフォーム
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 750タイリョク 2200
ヒッサツワザシャインツインズ2500コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、相手よりチーム体力が少ないとひっさつ+800 アタックポイント+10
スロットG 90剣 80剣 80蹴 70蹴 70蹴 60
備考こちらはシャイニングフォームを引っ提げてRに昇格。能力もD6と比べて一回り高くなった。スロットも70、80が多く中々バランスがいい。バーストしてシャイニングフォームになるのでパンチ主体→剣主体になってしまうので注意。
そしてこのカードの最大のポイントは...シャイニングフォームへ脱皮するバースト演出がある事(LRシャイニングのスペシャルスキャン)。こういうカードの場合通常演出なのが普通なのだが、今回はサービス満点である
ただアタッカーメタK4弾SR新1号が登場してしまったので 今後対戦では厳しいか...

K5弾

K5-020Rブレイカー
ノーマル仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 600タイリョク 2450
ヒッサツワザバーニングボンバー1400コスト 3
アビリティゲキレツアイコン+1 ただし、チームタイリョク-500
スロットG 80拳 80蹴 70拳 70蹴 60拳 60
バースト仮面ライダーアギト シャイニングフォーム
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 800タイリョク 2450
ヒッサツワザシャイニングライダーキック2650コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、あいてよりチームタイリョクが少ないと、ひっさつ+800 さらに、カウンター発生率がアップする
スロットG 100剣 80蹴 70剣 70蹴 70剣 60
備考バーニング〜シャイニング構成がアギト初ブレイカータイプとしてまさかの再登場。一応シャイニングライダーキックR落ち扱いでもある。
ただしバーニングフォームの制御しにくさを表したのか 表アビリティは体力マイナスデメリット持ちの上に表スロット最大80止まりという難点を持つ。幸い50もないが、表アビリティによるゲキレツ増やしが返ってダブル/トリプルアタック狙いに支障をきたしやすいのもある。
幸いバーストアビリティが体力低い条件なので一応噛み合っている上に バーストスロットは問題ないので、APアップ持ちの仲間と組んで何とか表時を乗り切ろう。

G3弾

G3-060CPジャマー
ノーマル仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 700タイリョク 3300
ヒッサツワザバーニングボンバー1950コスト 3
アビリティパンチアイコンに止めたとき、ひっさつ+500 チーム全体のコウゲキ+300 さらに、あいてのチームのカウンター発生率をダウンさせる
スロットG 90拳 70拳 70拳 70蹴 70拳 50
バースト仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 1400ボウギョ 1200タイリョク 3300
ヒッサツワザバーニングライダーラッシュ2900コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+1500 アタックポイント+20 さらに、APバトルに勝っていたら、コウゲキ・ひっさつ+800 アタックポイント+10
スロットG 90拳 90拳 70拳 70蹴 70拳 60
備考シャイニングフォームも登場したのでもうその前のフォームは...と思っていたが なんと打撃ラッシュCPとしてまさかのバーニング高レア再登場。アギト初ジャマータイプでもある。
ただ本カードの表アビリティは 火力増強以外は相手カウンター率ダウンと確率系のみ。ガシャット弾では以前より基本的なカウンター発生率そのものが高くなっているので決して弱くはないのだが...
ただバースト後は一変、後半まで発動すれば同CPトップクラスの火力増強とAPアップとなる。バーストスロットも安定型となるので ジャマータイプの焦点「タイプボーナス効果中に先手を取れるかどうか」もバッチリ。バースト後に全てをかける一撃必殺型だ。

BM3弾

BM3-021Rパッション
ノーマル仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 600タイリョク 2550
ヒッサツワザバーニングボンバー1500コスト 2
アビリティAPバトルに負けたとき、ボウギョ+300 カウンター発生率がアップする。
スロットG 90蹴 90拳 80蹴 60拳 50蹴 50
バースト仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 800タイリョク 2550
ヒッサツワザバーニングライダーパンチ2750コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、バーストブレイクに大成功したとき、ライジングパワー+3
スロットG 90蹴 90拳 80蹴 70拳 60蹴 60
備考グランドフォームメモリアルフィニッシュ後のマシン排出登場はバーニングフォームだった(一応プロモやパック販売ではあったが)。現行2号・3号ライダーの変身ベルト副作用も暴走だからだろうか。
ただ能力は制御可能になりつつある局面を再現したのかカウンター重視である。ただそこから逆転を狙うには+800の必殺増強があったとしても足りなめなのが残念。

BS2弾

BS2-020Nチェイン
ノーマル仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 500タイリョク 2200
ヒッサツワザバーニングボンバー1550コスト 2
アビリティ.潺ワリが発動したとき、チーム全体の防御+300
スロットG 90拳 80蹴 70蹴 70拳 60拳 50
バースト仮面ライダーアギト バーニングフォーム
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 950タイリョク 2200
ヒッサツワザバーニングライダーパンチ2750コスト 5
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+800 相手のオイウチ・ミガワリ発生率をダウン
スロットG 90拳 90蹴 80蹴 70拳 60拳 60
備考台詞が賀集利樹氏に変更されてから初めてのバーニングフォームとなる。表アビリティは素の防御が低いがミガワリ発動条件で補える利点がある。但し、体力も低いためあまり当てにしない方がいいだろう。

備考

ガンバライジングデータ
声:賀集利樹(ライダータイム5弾Ver30.02より)
武器:なし※
必殺技:バーニングボンバー バーニングライダーパンチ バーニングライダーラッシュ
下位技:

※バーニングボンバー時のみ シャイニングカリバー(シングルモード)を装備する。

原作設定
登場作品:仮面ライダーアギト
武器:シャイニングカリバー(シングルモード)
必殺技:バーニングライダーパンチ バーニングボンバー
人間名:津上翔一(演:賀集利樹)

最高位アンノウン「水のエル」への恐怖を克服したことで変身できるようになった形態。
全フォーム中最もパワー、特に上半身の筋力に秀でたフォームであり、その分軽快さに欠ける。
また槍状の専用武器:シャイニングカリバーを使ったごり押しの斬撃戦を挑む事もある。

従来のフォームに比べると極めて不安定で、変身能力を得た当初は翔一自身制御に苦しんだ。
ファイティングスタイルもその能力に呼応してパワースタイルとなる。ただこれは逆に言うとアギトの持ち味であるグランドフォーム時の受け・返しを主軸とした格闘戦を殺してしまっているとも言える。
後半で何とか制御可能となり、後の最強形態に進化する事となる。

必殺技は拳にその炎をたぎらせ強烈な一撃を見舞うバーニングライダーパンチ
前述のシャイニングカリバーによる一刀両断バーニングボンバー

仮面ライダーアギト シャイニングフォーム
声:賀集利樹(ライダータイム5弾Ver30.02より)
武器:シャイニングカリバー・ツインモード(双剣)
必殺技:シャイニングライダーキック シャイニングクラッシュ
下位技:シャインツインズ
 

原作設定
登場作品:仮面ライダーアギト
武器:シャイニングカリバー(ツインモード)
必殺技:シャイニングクラッシュ シャイニングライダーキック
人間名:津上翔一(演:賀集利樹)

バーニングフォームが太陽の光を浴びることで変身するアギトの最強形態。
バーニングフォームよりパンチ力こそ下がるが(それでもグランドフォームよりは上)それ以外のスペックは大幅に上昇しており、暴走の危険もない安定かつハイスペックな まさに最終形態にふさわしいフォームである。
武器はバーニングフォームと同じシャイニングカリバーだが、中央から分離させて二刀流(ツインモード)として使う。

必殺技は上記のシャイニングカリバー ツインモードで光を纏った連続斬撃を見舞うシャイニングクラッシュ
居合いの構えで正面にアギトの紋章を発生、紋章を貫きつつキックを炸裂させるシャイニングライダーキック
最終決戦では紋章を2枚発生させて繰り出し、強化された地のエルをも撃破した。