DCD仮面ライダーバトルガンバライジング・データまとめwiki - 仮面ライダーアクセル
相性値(詳しくは相性値リストのページ参照)
アタッカーテクニカルフィニッシャートリッキーパッション
(0,1,1,2,3,1)(1,1,3,1,2,0)(2,1,1,1,1,2)(1,0,3,2,1,1)(1,1,1,4,1,0)
ブレイカーブレイブチェインジャマーメカニカル
(1,3,2,1,0,1)(未登場)(0,1,1,3,2,1)(1,0,2,2,0,3)(未登場)

関連あるチームボーナス称号
風都を守る者仮面ライダーWと組むと発生
ダブルリターンズ仮面ライダーエターナルと組むと発生
俺は死なない仮面ライダージョーカーと組むと発生
亡き妹のために仮面ライダーV3と組むと発生
ダブルアクセル!仮面ライダーファイズと組むと発生
真紅の刑事仮面ライダードライブと組むと発生
バイクに変身!仮面ライダーレーザーと組むと発生
燃える復讐心仮面ライダーゲイツと組むと発生
その風を止めないで仮面ライダーW、仮面ライダースカルと組むと発生
刑事で仮面ライダー!仮面ライダーG3-X、仮面ライダードライブと組むと発生

●フォームリンク
通常アクセルはこちら
アクセルトライアルはこちら


D2弾

D2-039SRテクニカル
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 650タイリョク 2750
ヒッサツワザアクセルスライサー1350コスト 3
アビリティ1ラウンド毎、ボウギョ+300 アタックポイント+10
スロットG 90蹴 80剣 70蹴 60剣 60蹴 60
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 800タイリョク 2750
ヒッサツワザエースラッシャー2700コスト 7
バーストアビリティ1番目にバーストしたとき、コウゲキ+1000 あいてアタッカータイプのアビリティ発動を封じる。ただし、テクニカルゲージスピードをアップする
スロットG 100蹴 80剣 80蹴 70剣 60蹴 60
備考当時の現行も刑事ライダーだったという事で 先輩と言える刑事ライダーがドライブ2弾に登場。
注目すべきはやはり表アビリティ。このおかげで一見平凡なドライブ弾SRクラスな能力が一気にLRクラスに化ける。反面バーストアビリティは 既にアタッカー封印は多く出ている上に「テクニカルゲージスピードアップ」という 当時初の類を見ないデメリット付き。一応テクニカルタイプなのでゲージは伸びてくれるのだが、これで自己フォローと呼べるかは微妙。反射神経に自信があれば問題ないのだが...
幸いある程度ゲージが伸びていれば問題なかったので テクゲージアップ持ちと組ませれば大丈夫だが、バースト必殺が残念ながら旧ガンバライドと同じエースラッシャーである事も含め、基本的には表のみの運用とした方がいいかもしれない
ただしゴースト弾でのゲキレツ変更で キックの方が多いアイコン構成になってしまい パンチorキックの多いキャラが大半を占めるので結果的にダブルアタックしにくくなってしまった。APアップでフォロー出来ると考えられるが...
地味だがAP,ボウギョ、そしてアタッカー封印と多機能をこなすテクニカル剣持ち高レアであり、ダークホース的な存在である。さらにテクニカル剣持ちという事でLRアギトシャイニングとも組める。向こうとしても相方不足問題を抱えているため ありがたい存在だろう。
D2-040Nパッション
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 500タイリョク 1950
ヒッサツワザアクセルスライサー1400コスト 3
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、バーストゲージが上がりやすくなる
スロットG 90剣 80剣 70蹴 60蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 600タイリョク 1950
ヒッサツワザアクセルフルスラッシュ2400コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、テクニカルバトルに勝っていたら、ひっさつ+500 バーストゲージが上がりやすくなる
スロットG 100剣 90剣 80蹴 70蹴 60蹴 60
備考バーストゲージ上昇アップに特化しており、特に表アビリティはテクニカルバトル勝利さえすれば累積する。加えてパッションタイプボーナスが(1,2番目バースト時)バーストゲージ上昇アップなので、バーストアビリティの効果も実質以上となる。ついでにひっさつ+500もあるので割と火力も期待できると、Nとしてはかなりの物。安定スロットをも備える。
ただしその反動なのかタイリョクが1950と ドライブ弾Nとしては平均以下な点に注意。
さらにゴースト弾でのゲキレツ変更で キックの方が多いアイコン構成になってしまい パンチorキックの多いキャラが大半を占めるので結果的にダブルアタックしにくくなってしまった。

D3弾

D3-029Rテクニカル
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 600タイリョク 2250
ヒッサツワザアクセルスライサー1500コスト 2
アビリティみぎのレーンにこのカードが置かれているとき、チーム全体のボウギョ+250
スロットG 80剣 80剣 70蹴 70剣 60蹴 60
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 600タイリョク 2250
ヒッサツワザエースラッシャー2500コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、テクニカルバトルに勝っていたら、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ+250
スロット
G 90
剣 90剣 80蹴 70剣 60蹴 60
備考ドライブ2弾でSR登場したサガ同様、順当にR落ち。
残念ながらアビリティはやはり前回SRの縮小版となっており、ボウギョアップのみでAPアップはない。一応、表必殺が中々の威力の割りにコスト2という変わったメリットがある。またバーストアビリティにデメリットがない(気にならない程度だったが)
さらに前回のカードはゴースト弾でのゲキレツ変更のあおりでキック重視アイコンになってしまっているのに対し、本カードは剣アイコンが多いままだ。

D4弾

D4-031Nトリッキー
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 1900
ヒッサツワザアクセルスライサー1450コスト 2
アビリティチームにWがいるとき、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+200
スロット
G 90
剣 80剣 70蹴 60蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 600タイリョク 1900
ヒッサツワザエースラッシャー2450コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、APバトルに勝っていたら、チーム全体のコウゲキ+400 ひっさつ+200
スロットG 90剣 90剣 90蹴 60蹴 60蹴 60
備考順当にN落ちだが初のトリッキータイプである。表アビリティはW指定であり、バーストアビリティも含めれば中々のバースト必殺火力。相変わらずの50なし安定スロットも備えており、ドライブ4弾で低レアにイマイチなカードが多い中で安定した実力のカードだ。
なおゴースト弾でのゲキレツ変更で 剣よりキックの方が多いアイコン構成になってしまった...と思いきや、大抵アイコン系統が違うWと組ませる事を考えると好都合なのか?

K3弾

K3-035Nアタッカー
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 500タイリョク 1900
ヒッサツワザアクセルスライサー1450コスト 3
アビリティ1番目にカードを出したとき、コウゲキ・ボウギョ+150
スロット
G 90
剣 90剣 70蹴 70剣 50蹴 50
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 600タイリョク 1900
ヒッサツワザエースラッシャー2300コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+300 さらに、チームタイリョクを400回復する
スロットG 100剣 90剣 90蹴 70剣 50蹴 50
備考ファングジョーカー参戦にあわせて久しぶりの登場。なおかつ赤基調のカラーリングなのでもうとっくに出ているとばかり思っていたが...初のアタッカータイプ
残念ながらN相当の能力で 特にタイリョクは平均以下...と思いきや 表アビリティで(自分だけだが)コウゲキとボウギョを底上げ可能。さらにバーストアビリティで物足りない必殺威力を上げつつ体力回復も可能という。
実は能力やアビリティの内容が今弾のサガと非常に似ており 向こうはバーストアビリティが相手タイリョク500吸収となっている。
しかしアタッカーメタK4弾SR新1号が登場、2ラウンド封殺されてしまう...

K4弾

K4-033Rフィニッシャー
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 550タイリョク 2450
ヒッサツワザアクセルスライサー1500コスト 2
アビリティテクニカルバトルにパーフェクトで勝ったとき、コウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+200
スロットG 80剣 80剣 70剣 70蹴 70蹴 50
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 700タイリョク 2450
ヒッサツワザエースラッシャー2650コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、あいてのチーム全体のボウギョ-400
スロットG 100剣 80剣 70剣 70蹴 70蹴 60
備考スカル参戦&ドライブVシネマ登場のダブル記念なためかN落ちからRに格上げ。さらに初のフィニッシャータイプでもある
加えてステータスも元祖SRに肉薄しており、タイプもあってバースト必殺火力はRながら今までのカード中最強である。
...だがその反動なのか、表スロットが最大値80止まりの割りに50もあるとかなり弱い。表アビリティを考えるとテクゲージも上げたいが 前述どおりステータス自体は十分なので ここはAPアップ持ちを仲間にしたい。

G1弾

G1-035Rトリッキー
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 650タイリョク 2450
ヒッサツワザアクセルスライサー1700コスト 2
アビリティコウゲキ+200 さらに、テクニカルゲージがアップする。
スロットG 90剣 70剣 70蹴 70剣 70蹴 50
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 1050ボウギョ 700タイリョク 2450
ヒッサツワザエースラッシャー2650コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、あいてよりチームタイリョクが少ないと、チーム全体のひっさつ+450
スロットG 90剣 90剣 70蹴 70剣 70蹴 60
備考当時の現行にてバイク形態に変身するライダーが参戦したためか、同じくバイク形態に変形出来るアクセルがRで再登場。アクセル初の無条件テクゲアップ持ちのため、スロットの噛み合いは若干悪いが同弾Wにとっては最良のパートナーになるだろう。
基本的には表のままテクゲージ要員として用いるが トリッキータイプかつバーストアビリティの条件がタイリョク不利時、バースト後のライジングコストもR相応のため、チャンスがあればバーストしてバーストアビリティ&体力低い版APアップを狙いに行くのがセオリーになる。
バースト面のイラストはガンバライド 10-014 SRの再録となっている。

G3弾

G3-038Nジャマー
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 550タイリョク 2400
ヒッサツワザアクセルスライサー1650コスト 2
アビリティあいてのライダーガッツ率をダウンさせる
スロットG 90剣 80剣 80蹴 70蹴 50剣 50
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 650タイリョク 2400
ヒッサツワザエースラッシャー2550コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、ライジングパワーが7以上だと、テクニカルゲージがアップする
スロットG 90剣 90剣 90蹴 70蹴 60剣 50
備考アクセル初ジャマータイプ。ただ能力はやはり前回Rとレアリティの差なのかパッとしないのが残念。やはり今回の目玉は下のCPか。
G3-056CPブレイカー
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 650タイリョク 3050
ヒッサツワザアクセルスライサー2000コスト 3
アビリティ剣アイコンに止めたとき、コウゲキ+500 さらに、このラウンドのみ、テクニカルゲージが超アップする。ただし、テクニカルゲージスピードが超アップする
スロットG 90剣 70剣 70剣 70剣 60蹴 60
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 1300ボウギョ 1150タイリョク 3050
ヒッサツワザフルアクセルスラッシュ3250コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+1500 バーストゲージが超上がりやすくなる さらに、ラウンド3までにバーストしていると、あいてのチームのライダーガッツ率を超絶ダウンさせる
スロットG 90剣 80剣 70剣 70剣 70蹴 70
CPボーナスひっさつアップ
備考斬撃スラッシュCPの平成2期代表その1として アクセル初のCP抜擢。さらにアクセル初ブレイカータイプでもある。
表アビリティは テクゲージ超アップはいいが、デメリットとしてゲージ速度も超上げてしまう。同弾の打撃ラッシュCPキックホッパーは両チームなのでイーブンかつ撹乱効果も期待できるが、こっちは自軍のみなので明確にデメリット。ライダーシンボルなどなんらかのフォローは必要か。また「このラウンドのみ」なのでバーストしてしまうと完全に消えてしまう。
だがその反面、APバトル中に追加されて即時に消える都合上「相手オーバーチャージフラグになりにくい」という利点もあるので 工夫して使う価値はあるだろう。
ただ同じようなインスタント系テクゲージ超アップ剣持ちなLRNEW電王が後に登場してしまい(これはダブルアタックが条件)、デメリットのあるこちらは影に隠れてしまった...

BM2弾

BM2-031Nアタッカー
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 600タイリョク 2350
ヒッサツワザアクセルスライサー1400コスト 3
アビリティAPバトルに勝ったとき、ボウギョ+300 さらに、バーストゲージがアップする
スロットG 90剣 80蹴 80剣 60剣 60蹴 50
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 750タイリョク 2350
ヒッサツワザエースラッシャー2600コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、APバトルに勝っていたら、ひっさつ+500 さらに、テクニカルゲージがアップする
スロットG 90剣 90蹴 90剣 60剣 60蹴 60
備考ベストマッチパック!でも出ていたが マシン排出としては実に4弾ぶり。
アビリティは表もバーストもAP勝利が条件なので 使うならAPアップ持ちでのフォローは必須。
ただ正直、そろそろトライアルなりブースターを...

BM4弾

BM4-033Rトリッキー
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 550タイリョク 2450
ヒッサツワザアクセルスライサー1550コスト 2
アビリティ必殺技が発動したとき、剣アイコンを持っているライダーのコウゲキ+400
スロットG 90剣 80蹴 80剣 70剣 50蹴 50
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 1100ボウギョ 700タイリョク 2450
ヒッサツワザエースラッシャー2850コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、ライジングパワーが9以上だと、ひっさつ+800 さらに、あいてのオイウチ・ミガワリ発生率をダウンさせる。
スロットG 90剣 90蹴 80剣 70剣 70蹴 50
備考ここ最近連続登場しているが、今回のメインは剣持ちライダーの攻撃支援である。必殺技「が」〜なので誰の必殺でも発動可能。

RT2弾

RT2-034Nチェイン
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 450タイリョク 2500
ヒッサツワザアクセルスライサー1350コスト 3
アビリティ〜蠎蠅離ッツ率をダウン
スロットG 90剣 80剣 80蹴 60蹴 60剣 50
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 1000ボウギョ 650タイリョク 2500
ヒッサツワザエースラッシャー2750コスト 8
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、RPが7以上だと、テクニカルゲージがアップ
スロットG 100剣 90剣 90蹴 60蹴 60剣 50
備考今回は4弾あいての登場で、アクセル初チェインタイプである。
しかし表アビリティ,あまりにもシンプルすぎる...
またライダー大戦モードで相手がライダーガッツをしてくるような仕様だったら出番あるかもしれないが。

RT5弾

RT5-033Nパッション
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 500タイリョク 2350
ヒッサツワザアクセルスライサー1650コスト 3
アビリティ.イウチ発生率が超アップ
▲イウチが発動したとき、バーストゲージがアップ
スロットG 80蹴 80剣 80蹴 70剣 60剣 50
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 800タイリョク 2350
ヒッサツワザエースラッシャー2400コスト 6
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+1200 ただし、テクニカルスピードがアップ
スロットG 90蹴 90剣 80蹴 70剣 70剣 50
備考アクセルトライアルを挟んで通常アクセルが3弾振りに登場。表アビリティはオイウチ発生率超アップとオイウチ発生条件のオイウチ特化型。しかし、今弾低レアの傾向と言えるAP最大値80&最低値50のスロットのため仲間との協力なしに狙っていくのは難しい...

RT6弾

RT6-035Nアタッカー
ノーマル仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 600タイリョク 2450
ヒッサツワザアクセルスライサー1650コスト 3
アビリティ1R毎、RPが4以下のとき、攻撃・必殺+200 ゲキレツアイコン+1
スロットG 90剣 70蹴 70剣 70蹴 70剣 50
バースト仮面ライダーアクセル
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 750タイリョク 2450
ヒッサツワザエースラッシャー2600コスト 5
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、攻撃・必殺+500 AP+10
スロットG 100剣 80蹴 80剣 70蹴 70剣 50
備考2弾続けて登場。RP4以下でゲキレツアイコン増やしが出来、アタッカータイプの効果でバースト時にもゲキレツAPアップが出来るためCPU戦闘でのライダータイム狙いに向いているか。
余談だがバースト面のイラストは旧ライド時代の10-071 CCの再録となっている。

備考

ガンバライジングデータ
声:木ノ本嶺浩
武器:エンジンブレード(片手剣)
必殺技:エースラッシャー フルアクセルスラッシュ
下位技:アクセルスライサー アクセルフルスラッシュ

原作設定
登場作品:仮面ライダーW
武器:エンジンブレード
必殺技:アクセルグランツァー ダイナミックエース エースラッシャー
人間名:照井 竜(演:木ノ本嶺浩)

風都に現れたもう一人の仮面ライダー。
照井竜がアクセルドライバーを使って変身し、W同様ガイアメモリを使って変身や攻撃を行う。
最大の特徴として愛車と呼べるスーパーバイクを持たない代わりに自身がバイク形態に変形する能力を備えている。
変身する照井竜は若くして警視にまで上り詰めた風都署の敏腕刑事。その物腰は翔太郎がうらやむほどにハードボイルドである。

必殺技はエンジンブレードのエンジンメモリマキシマムドライブを発動、相手にAを描くように斬撃を見舞うダイナミックエース
Aの形をした衝撃破で攻撃するエースラッシャー
アクセルメモリマキシマムドライブを発動し、後ろ回し蹴りを食らわすライダーキック アクセルグランツァーと多数。

またバイクモードに変形し仮面ライダーWサイクロンジョーカーを乗せて加速の後にWがジャンプ、
勢いを増したジョーカーエクストリームを叩き込む連携ジョーカーエクストリーム・ダブル
仮面ライダーWファングジョーカーのファングストライザーとのダブルライダーキック ライダーツインマキシマムなど Wとの合体技も披露した。