DCD仮面ライダーバトルガンバライジング・データまとめwiki - 仮面ライダービルド ニンニンコミックフォーム
相性値(詳しくは相性値リストのページ参照)
アタッカーテクニカルフィニッシャートリッキーパッション
(1,1,2,1,2,1)(0,1,1,2,1,3)(2,1,2,1,1,1)(0,3,2,1,2,0)(1,1,1,3,1,1)
ブレイカーブレイブチェインジャマーメカニカル
(0,0,2,2,3,1)(2,2,1,1,2,0)(1,0,3,1,1,2)(3,1,0,1,2,1)(0,1,0,4,1,2)


関連あるチームボーナス称号
ベストタッグ!仮面ライダークローズと組むと発生
東都先端物質学研究所
&折って刺す!
ナイトローグor仮面ライダーローグと組むと発生
都市を賭けた戦争仮面ライダーグリスと組むと発生
科学で悪を討つ!仮面ライダー(新)1号と組むと発生
宇宙人との戦い仮面ライダースーパー1と組むと発生
電車でハッシャー!仮面ライダー電王と組むと発生
破壊と創造仮面ライダーディケイドと組むと発生
2つの力で変身仮面ライダーWと組むと発生
制御しきれない力仮面ライダーオーズと組むと発生
ドリルウェポン!仮面ライダーフォーゼと組むと発生
回転!変身!仮面ライダーメテオと組むと発生
赤と青のマッチ!仮面ライダーパラドクスと組むと発生
2017年の邂逅仮面ライダージオウと組むと発生
失われた記憶仮面ライダーアギト、仮面ライダーディケイドと組むと発生
受け継がれる意思!仮面ライダーエグゼイド、仮面ライダージオウと組むと発生

クリックでフォームリンク表示 ※ベストマッチにならないフォームは「トライアルフォーム」と呼称するそうです(公式より)



BM2弾

BM2-011SRフィニッシャー
ノーマル仮面ライダービルド ニンニンコミックフォーム
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 750タイリョク 2800
ヒッサツワザ4コマ忍法・一ノ太刀1800コスト 3
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、ひっさつ+500 オイウチ効果がアップする。さらに、必殺技が発動したとき 次のラウンドのみ アタックポイント+20
スロットG 90剣 70剣 70剣 70蹴 60剣 60
バースト仮面ライダービルド ニンニンコミックフォーム
ステータスコウゲキ 1150ボウギョ 1100タイリョク 2800
ヒッサツワザボルテックフィニッシュ・NC3000コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+1500 あいてのチームのライダーガッツ率をダウンさせる。
さらに、次のラウンドまで、ボウギョ+500 カウンター発生率が超アップする。
スロットG 90剣 80剣 80剣 70蹴 70剣 60
備考他フォーム制の宿命なのか、LRを取れないフォームがやはり出てきてしまった。この後のナンバーのロケットパンダもそうだが、この関係もあって↓のベストマッチパック!でSRにて先行登場させたという事なのだろうか。
幸い使い勝手はそのベストマッチパック!SRよりもよく(それが使いにく過ぎるというのもあるが) 表アビリティ後半は必殺技「が」〜なので誰の必殺技でも発動。残念ながら次のラウンドのみとなっているので累積は出来ないが 実質ラウンド2からAP+20という事になる。50なし安定スロットも健在だ。
ただしバーストするとAP+20は発動できなくなるのには注意。バーストアビリティでその代わりとして次ラウンドまでカウンター率超アップが付くが、やはりトドメ以外でバーストしないほうが無難だろう

BM6弾

BM6-005Rトリッキー
ノーマル仮面ライダービルド ニンニンコミックフォーム
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 550タイリョク 2700
ヒッサツワザボルテックフィニッシュ・NC1500コスト 2
アビリティ1ラウンド毎、あいてよりライジングパワーが少ないと、ライジングパワー+1 オイウチ効果・発生率がアップする
スロットG 80蹴 80剣 80剣 70剣 60蹴 50
バースト仮面ライダービルド 海賊レッシャーフォーム
ステータスコウゲキ 1150ボウギョ 900タイリョク 2700
ヒッサツワザ海賊レッシャー・
ボルテックフィニッシュ
2650コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+900 さらに、オイウチ・ミガワリ発生率がアップする
スロットG 90蹴 90剣 80剣 70剣 60蹴 60
備考バースト後がニンニンコミックというのは多々あったが、ニンニンコミック始動としてはBM2弾ぶり。また表必殺にボルテックフィニッシュ・NC搭載も初であり、そしてバースト後でLR海賊レッシャーの技がR落ち扱い...と、低レアだが初物づくしである。
ただ残念ながら能力はイマイチ。特に表アビリティ条件の「あいてよりライジングパワーが少ないと〜」を達成するには先行をとって高コスト必殺を打つのが一番なのだが 表スロット最大80止まり&50もあると低くなってて競り合いに負けやすいのが...

ベストマッチパック!(BM1)

BM1-079SRテクニカル
ノーマル仮面ライダービルド ニンニンコミックフォーム
ステータスコウゲキ 1100ボウギョ 650タイリョク 3250
ヒッサツワザボルテックフィニッシュ・NC1800コスト 3
アビリティ1ラウンド毎、ひっさつ+300 全てのチームのテクニカルゲージスピードをアップさせる さらに、チームタイリョクが8000以上だと、一度だけ、剣アイコンのアタックポイント+30
スロットG 90剣 70剣 70蹴 70剣 60蹴 60
バースト仮面ライダービルド ロケットパンダフォーム
ステータスコウゲキ 1350ボウギョ 1000タイリョク 3250
ヒッサツワザボルテックフィニッシュ・PR2850コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 テクニカルゲージスピードをリセットする さらに、ライジングパワーが10以上だと、ひっさつ+500 アタックポイントが最大30まで上がる
スロットG 90拳 90拳 70蹴 70拳 70蹴 60
CPボーナスひっさつアップベストマッチバースト
備考ボトルマッチ弾パック販売「ベストマッチパック!」トップバッター...なのだが、こう書いてしまうのは大変申し訳なく思うが とてつもなく使い勝手の難しいカードになってしまっている。
その問題点の大半をしめるのは表アビリティで、まず「全てのチームのテクニカルゲージスピードをアップさせる」というのが一つ。バーストアビリティでテクゲージ速度リセットがあるので これで自己フォロー扱い、というわけなのだろうが...「バースト後じゃ遅すぎるだろぉ!?」(by万丈)
テクゲージ速度ダウン持ちの仲間か ゴースト・エグゼイド勢の先輩たちと組んで、そっちのおもちゃスキャン効果で補ってもらうしかない。一応相手の方の目測を誤らせる効果も期待できるが...
そして最大の難題と言えるのが剣アイコンのアタックポイント+30」。まず フルボトルスキャンで剣アイコンを他へ変化させてしまうと始動できない。バーストで素手のロケットパンダフォームへチェンジするため アイコン統一しようとしてもこのアビリティを殺す事になってしまう。
そしてバーストでロケットパンダフォームへチェンジして剣アイコンがパンチアイコンになってしまったら消滅 こういうケースは実は初めてなので もしかしたら継続してくれるかもしれないと思ったが...ダメだった(コメント欄参照)
バーストアビリティの「アタックポイントが最大30まで上がる」がこれを補うための効果かもしれない...が、数値が不安定なのも残念。
とにかく不安定かつ縛りだらけなアビリティだらけなので 今からでも修正してくれないだろうか(泣)
BM1-083Nチェイン
ノーマル仮面ライダービルド ニンニンコミックフォーム
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 450タイリョク 2450
ヒッサツワザ4コマ忍法・一ノ太刀1500コスト 3
アビリティコウゲキ・ひっさつ+150 ゲキレツアイコン+1
スロットG 90剣 90蹴 70剣 60剣 60蹴 50
バースト仮面ライダービルド ホークガトリングフォーム
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 550タイリョク 2450
ヒッサツワザホークガトリンガーフルバースト2650コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、あいてよりチームタイリョクが多いと、アタックポイント+10 チーム全体のコウゲキ+300
スロットG 90銃 90蹴 80銃 70銃 60蹴 60
備考銃持ちのホークガトリングへチェンジするため 攻撃アイコンが素手から銃に切り替わってしまいダブルアタックを狙いにくい。せっかくのニンニンコミックには悪いが フルボトルスキャンで最初からホークガトリングにしてしまおう。

ベストマッチパック!3(BM3)

BM3-073Nテクニカル
ノーマル仮面ライダービルド ニンニンコミックフォーム
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 600タイリョク 2450
ヒッサツワザボルテックフィニッシュ・NC1700コスト 2
アビリティAPバトルに負けたとき、ボウギョ+300 ライジングパワー+1
スロットG 90剣 80剣 70蹴 70剣 60蹴 50
バースト仮面ライダービルド フェニックスロボフォーム
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 600タイリョク 2450
ヒッサツワザボルテックフィニッシュ・PR2500コスト 5
バーストアビリティ2番目にバーストしたとき、コウゲキ・ひっさつ+500 アタックポイント+20
スロットG 90拳 90拳 90蹴 70拳 60蹴 50
備考ボトルマッチ弾パック販売第3弾「ベストマッチパック!3」の一枚。やはり本フォームはパック販売トップを飾ったので縁があるのか。
ただやっぱり使い勝手は悪く 特にバーストアビリティが「2番目バースト条件」なのが最大のネック。その割りにAP+20というのは割に合わないと言わざるを得ない。
またフェニックスロボにチェンジするので攻撃アイコンが変わってしまうのも難点。何らかのフルボトルで最初から素手にしてしまった方がいいだろう。...しっかしなんでこうもパックのニンニンコミックは使い勝手悪いのばっかりなんだろうか(泣)

プロモーションカード(PBM)

PBM-032Nトリッキー
ノーマル仮面ライダービルド ニンニンコミックフォーム
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 600タイリョク 2500
ヒッサツワザボルテックフィニッシュ・NC1600コスト 2
アビリティチームタイリョク+500 さらに、バーストゲージが上がりやすくなる
スロットG 90剣 80蹴 80蹴 60剣 60剣 50
バースト仮面ライダービルド ニンニンコミックフォーム
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 600タイリョク 2500
ヒッサツワザ4コマ忍法・大袈裟斬り2800コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、チームタイリョクが5000以下だと、ひっさつ+500 さらに、カウンター発生率がアップする
スロットG 90剣 90蹴 90蹴 60剣 60剣 60
備考てれびくん11月号付録カード。これがライジング初ニンニンコミックフォームのカードである。
表アビリティで高レアクラスのタイリョクを確保できる...反面、トリッキータイプの肝である体力低い版APボーナス狙いやバーストアビリティ条件にかみ合わないという問題もある。


備考

ガンバライジングデータ
声:犬飼貴丈
武器:4コマ忍法刀(片手剣)
必殺技:ボルテックフィニッシュ・NC
下位技:4コマ忍法・一ノ太刀 4コマ忍法・大袈裟斬り

原作設定
登場作品:仮面ライダービルド
武器:4コマ忍法刀
必殺技:4コマ忍法刀・火炎斬り 4コマ忍法刀・竜巻斬り
人間名:桐生戦兎(演:犬飼貴丈)

忍者の能力を得る忍者フルボトルとマンガの能力を得るコミックフルボトルのベストマッチフォーム。
ホークガトリングフォームのホークガトリンガーと同様 専用武装として忍者刀を模した4コマ忍法刀を装備(これも戦兎が製作)。
ドリルクラッシャーと比べて小型で 逆手持ちで軽快な太刀さばきによる斬撃が可能のほか、トリガー操作で
分身の術、火遁の術(火炎斬り)、風遁の術(竜巻斬り)、隠れ身の術と4つの忍法を発動可能。これらを生かしたトリッキーかつスピード重視のフォームである。

仮面ライダービルド ロケットパンダフォーム
ガンバライジングデータ
声:犬飼貴丈
武器:なし
必殺技:ボルテックフィニッシュ・PR
下位技:ロケットパンダパンチ

原作設定
登場作品:仮面ライダービルド
武器:パワークロー ロケットアーム
必殺技:ボルテックフィニッシュ
人間名:桐生戦兎(演:犬飼貴丈)

パンダの能力を得るパンダフルボトルとロケットの能力を得るロケットフルボトルのベストマッチフォーム。
右手にはパンダの手&爪を模した大型クローパワークローを装備した格闘パワー重視のフォーム。
さらに左手のロケットアームは(仮面ライダーフォーゼのロケットモジュールのような)ロケット噴射による突撃攻撃や飛行、そしてロケットアーム自体を相手に飛ばす攻撃が可能で中距離戦もこなせる。同じ格闘重視のゴリラモンドと比べると防御面はひでいていないが ロケットアームによる機動力と遠隔攻撃が特徴である。

ロケットパンダのボルテックフィニッシュは円形グラフを模したカタパルトに沿ってロケットアーム噴射で飛翔、パワークローによる連続打撃で相手を粉砕する。
ロケットアームを飛ばして複数の相手を一度に倒すというパターンもある。

仮面ライダービルド ホークガトリングフォーム
ガンバライジングデータ
声:犬飼貴丈
武器:ホークガトリンガー(小銃)
必殺技:ボルテックフィニッシュ・TG ホークガトリング・ボルテックフィニッシュ
下位技:ホークガトリングキック ホークガトリンガーフルバースト

原作設定
登場作品:仮面ライダービルド
武器:ホークガトリンガー
必殺技:ホークガトリンガー・フルバレット
人間名:桐生戦兎(演:犬飼貴丈)

タカの視力や飛行能力を得るタカフルボトルとガトリング砲の能力を得るガトリングフルボトルのベストマッチフォーム。
他のベストマッチフォームと異なり、ガトリングフルボトルを生かした専用ガトリングガンホークガトリンガーを装備するのが大きな特徴(戦兎が製作)。シリンダーを回す事で無数の銃弾を装填し一度に高速連射する事が可能で さらに本フォームのみ銃弾がタカを模したエネルギー弾となって相手を追いかけていく追尾弾となる。
また背中にタカを模した羽が装備され 空中射撃戦を展開するフォームである。
反面接近打撃戦は他フォームほどの強さがない。

必殺技はホークガトリンガーのシリンダーを限界まで回転させて100発の弾丸を装填。
相手を球状かつ方程式を表示した特殊エネルギーフィールドに閉じ込め、100連射を叩き込むホークガトリンガー・フルバレット
なおフィールドは相手捕捉だけでなく 周囲への誤射を防ぐ目的もある。