DCD仮面ライダーバトルガンバライジング・データまとめwiki - 仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
相性値(詳しくは相性値リストのページ参照)
アタッカーテクニカルフィニッシャートリッキーパッション
(1,1,2,1,2,1)(0,1,1,2,1,3)(2,1,2,1,1,1)(0,3,2,1,2,0)(1,1,1,3,1,1)
ブレイカーブレイブチェインジャマーメカニカル
(0,0,2,2,3,1)(2,2,1,1,2,0)(1,0,3,1,1,2)(3,1,0,1,2,1)(0,1,0,4,1,2)


関連あるチームボーナス称号

←クリックで表示



クリックでフォームリンク表示 ※ベストマッチにならないフォームは「トライアルフォーム」と呼称するそうです(公式より)




BM3弾

BM3-001LRアタッカー
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 850タイリョク 3650
ヒッサツワザボルテックブレイク1900コスト 4
アビリティ1ラウンド毎、このラウンドのみ、コウゲキ・ひっさつ+600 アタックポイント+20
さらに、APバトルにかったとき、コウゲキ+400 アタックポイント+20 バーストゲージがアップする。
スロットG 90剣 70剣 70剣 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 1200ボウギョ 1150タイリョク 3650
ヒッサツワザスパークリングフィニッシュ3850コスト 10
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+3000 あいてのチームのライダーガッツ率を超絶ダウンさせる。
さらに、バーストブレイクに大成功したとき、ひっさつ+1000 あいてのチーム全体のボウギョ-500
スロットG 100剣 90剣 70剣 70蹴 60蹴 60
備考プロモ・パック販売を経て正式登場したビルド強化フォーム。
その能力は超・先行押し切り型。ただ先行を取れないと表アビリティの肝である後半部分が始動しないため LRとしては物足りない事になってしまう。ラウンド1でいかにして先行を取れるかが勝負になるだろう。
バーストアビリティはLRゴーストムゲン魂(ゴッドオメガドライブ)と同様、バーストブレイク大成功できれば合計
7850+表アビリティ分600=8450
という現時点でライジング最強クラスの超絶火力!ついでに相手防御減殺まで入る。
表アビリティが「このラウンドのみ〜」な都合上、+600が入るのは先行とっての必殺バースト限定の1回限りだし やっぱりブレイク大成功の確実性はないが、たとえその両方抜きでも6850と十分な火力である
BM3-002Nテクニカル
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 450タイリョク 2350
ヒッサツワザボルテックブレイク1700コスト 3
アビリティ1ラウンド毎、ひっさつ+200 チーム全体のコウゲキ+100
スロットG 80拳 80拳 80拳 70蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 550タイリョク 2350
ヒッサツワザスパークリング・ラビットタンクフィニッシュ2750コスト 5
バーストアビリティ1番目にバーストしたとき、ひっさつ+1000 アタックポイント+10
スロットG 90拳 90拳 80拳 70蹴 70蹴 50
備考流石にLRには及ばないが、やはり低レアとしては非常に火力が高い。
ただしその反動からか 表スロットが最大80どまり&50もありと非常に低い構成になっているので注意。
BM3-053CPブレイカー
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 650タイリョク 3300
ヒッサツワザスパークリングカット1750コスト 4
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、あいてのチームのカウンター発生率をダウンさせる。
さらに、パーフェクトで勝っていると、アタックポイント+10 テクニカルゲージがアップする。
スロットG 80剣 70蹴 70剣 70蹴 70剣 60
バースト仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 1400ボウギョ 850タイリョク 3300
ヒッサツワザスパークリングフィニッシュ3250コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 あいてのチームのミガワリ発生率を超ダウンさせる。
さらに、テクニカルバトルにパーフェクトで勝ったとき、バーストゲージが超アップする。
スロットG 90剣 80蹴 70剣 70蹴 70剣 70
CPボーナスひっさつアップ
備考「フル!フル!フルチャージキャンペーン」トップバッターはスパークリングフォーム。表アビリティはLRとは真逆のテクニカルバトル勝利指定型で副次効果もパーフェクト勝ちが必要なため、事前のテクゲージアップは必須。剣持ちのためテクニカル2体指定でテクゲージ超アップのLRアギトシャイニング辺りが有力候補になるだろう。
ただ正直パーフェクト勝利条件としては物足りない。バーストゲージ上昇率アップあたりも付けて欲しかったような...

BM4弾

BM4-007SRトリッキー
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 900タイリョク 3000
ヒッサツワザボルテックブレイク1700コスト 3
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、コウゲキ+500 テクニカルゲージスピードがダウンする。さらに、パーフェクトで勝っていると、テクニカルゲージがアップする。
スロットG 90銃 70銃 70銃 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 1300ボウギョ 900タイリョク 3000
ヒッサツワザスパークリングフィニッシュ2850コスト 8
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+1500 スロットアイコンのアタックポイントを全て+20
さらに、バーストブレイクに大成功したとき、あいてのチームタイリョク最大-1000
スロットG 90銃 90銃 80銃 70蹴 70蹴 60
備考SR落ちとして ベストマッチパック!3で出ていた銃アイコンのスパークリングが正式登場。
ただ表アビリティは前弾チャージCPのようにテクニカルパーフェクト勝利条件と厳しいにもかかわらず テクゲージアップと効果が薄め。最近またテクゲージ速度アップが流行り出しているので余計に敷居が高く感じてしまう...
バーストアビリティは文句なしに強力で 特にスロット+20はトリッキー体力低い版APボーナスと組み合わせれば強力。他APアップ持ちと組ませた場合のAP+100上限にスロ+20が干渉しないという点も優秀だ。
そしてブレイク大成功という運しだいの条件であるが強制1000ダメージというのも強烈。
バーストまでどうもって行くかが課題である
BM4-008Rアタッカー
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 700タイリョク 2550
ヒッサツワザスパークリングカット1600コスト 3
アビリティ1ラウンド毎、あいてよりライジングパワーが少ないと、コウゲキ・ひっさつ+300 さらに、ライジングパワー+1
スロットG 90剣 90剣 70蹴 70剣 50蹴 50
バースト仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 750タイリョク 2550
ヒッサツワザスパークリングフルブラスト2700コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+1200 ただし、1ラウンド毎、ミガワリ効果・発生率がダウンする。
スロットG 100銃 100銃 70蹴 70銃 60蹴 50
備考表アビリティは能動的に始動できないRP相手より少ない条件、バーストアビリティもデメリットつきと正直ぱっとしない。
また攻撃アイコンも表とバースト後で不一致である。だがイラストどおり劇中の4コマ忍法刀&ホークガトリンガー装備を再現しており、そういった劇中風味を味わうためのカードである。

BM5弾

BM5-005Nジャマー
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 500タイリョク 2350
ヒッサツワザボルテックブレイク1550コスト 3
アビリティAPバトルの合計値が220以上のとき、オイウチ・ミガワリ発生率がアップする。
スロットG 80銃 80銃 70銃 70蹴 70蹴 50
バースト仮面ライダービルド ホークガトリングフォーム
ステータスコウゲキ 1000ボウギョ 650タイリョク 2350
ヒッサツワザホークガトリング・ボルテックフィニッシュ2700コスト 7
バーストアビリティバーストしたとき、コウゲキ+700 アタックポイント+10
スロットG 90銃 90銃 80銃 70蹴 70蹴 50
備考前弾ででた4コマ忍法刀&ホークガトリンガー装備というアイコン切り替わりですこし悩まされたカードから
銃アイコン統一+ホークガトリングフォームにチェンジするカードに仕上がった。
表アビリティはオイウチ・ミガワリ発生率アップという攻めにも守りにも回れる器用なアビリティだ(だが確実に発生するかどうかは運次第)バーストアビリティはかなりシンプルな仕上がり。

BM6弾

BM6-010Nブレイブ
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 450タイリョク 2100
ヒッサツワザボルテックブレイク1700コスト 2
アビリティ3番目にカードを出したとき、コウゲキ+300 さらに、バーストゲージがアップする。
スロットG 90剣 90蹴 70蹴 60剣 60剣 50
バースト仮面ライダービルド ラビットラビットフォーム
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 700タイリョク 2100
ヒッサツワザフルフルマッチブレイク2800コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、剣アイコンを持っているライダーのひっさつ+900 ただし、テクニカルゲージスピードがアップする。
スロットG 100剣 90蹴 70蹴 70剣 70剣 50
備考前弾が銃アイコンだったところ、剣アイコンにチェンジ
3番目にカードを出すことで、コウゲキとバーストゲージがアップするのでチーム内に同じ3番目に出して効果を得るカードは入れないでおこう。裏面はラビットラビットにチェンジ、剣持ちのライダーのひっさつを強化してくれるが、テクニカルゲージスピードがアップしてしまう。ブレイブタイプなので体力半減+テクニカルゲージスピード上昇で非常にスリリングな1枚だ

RT3弾

RT3-047Rブレイカー
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 750ボウギョ 500タイリョク 2600
ヒッサツワザスパークリングカット1600コスト 3
アビリティ2番目にカードを出したとき、攻撃+300 カウンター発生率がアップ
スロットG 90剣 90剣 70剣 70蹴 50剣 50
バースト仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 1050ボウギョ 900タイリョク 2600
ヒッサツワザスパークリングフィニッシュ2600コスト 6
バーストアビリティ.弌璽好箸靴燭箸、必殺+1000 さらに、1番目にバーストしていると、テクニカルスピードがダウン
スロットG 90銃 90銃 90銃 70蹴 60銃 50
備考GLRジオウ ディケイドアーマービルドフォームがこのフォームをモチーフとしているため3弾振りにスパークリングフォームが登場。表裏で武器が変更されるため出来ればタカ&ガトリングフルボトル等で武器をバースト面の銃に変更しておきたい。

プロモーションカード(PBM)

PBM-035Nチェイン
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 600タイリョク 2400
ヒッサツワザスパークリング・
ラビットタンクキック
1350コスト 3
アビリティアタックポイント+10 チーム全体のひっさつ+100
スロットG 80拳 80蹴 70拳 70蹴 60拳 60
バースト仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 600タイリョク 2400
ヒッサツワザスパークリングフィニッシュ
(12/10日より演出変更)
2750コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、ライジングパワーが8以上だと、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+600
スロットG 90拳 90蹴 80拳 70蹴 60拳 60
備考てれびくん1月号付録カード。ちなみにモモタロスフルボトルも付いてくる。
強化フォーム先行登場カードなのが最大のポイントであるが、能力も表アビリティでAP+10&必殺増強を装備。バースト必殺もそこそこの火力増強となかなか。ただし表スロット最大が80どまりなので AP+10はそれを補う分と思っておこう。幸い50もない安定型なのでAPアップが活きやすい。
またバースト必殺技は前号付録のクローズのように演出変更がされた。
PBM-049Nトリッキー
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 600タイリョク 2500
ヒッサツワザスパークリング・
ラビットタンクパンチ
1450コスト 3
アビリティコウゲキ+300 アタックポイント+10 APバトルに勝ったとき、コウゲキ+200
スロットG 90拳 70拳 70拳 70蹴 60蹴 60
バースト仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 750タイリョク 2500
ヒッサツワザスパークリング・
ラビットタンクフィニッシュ
2600コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、あいてのチームのミガワリ発生率をダウンさせる
スロットG 90拳 90拳 70拳 70蹴 70蹴 60
備考丸大仮面ライダービルド フィッシュソーセージ2弾付属カード。前回のソーセージプロモでも SRのような加工を施された当たりポジションのカードがあったが ソーセージ2弾ではこのカードがその加工をされており フォーム的にも強化フォームと言う事で当たりポジのようだ。
能力はてれびくん付録と似ていて 表アビリティでAP+10。ただし他能力アップが攻撃重視となっている。
表スロット最大がきちんと90の上に50なし安定型でもあり バースト必殺増強もこちらが上である。ただ一点、バースト必殺が下位技である事が難点といえるがそれは贅沢という物か。(一応ライダーキック的な技だし)
PBM-073Nフィニッシャー
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 550タイリョク 2400
ヒッサツワザスパークリングカット1600コスト 3
アビリティ1ラウンド毎、バーストゲージが0のとき、アタックポイント+10 ゲキレツアイコン+1
さらに、ゲキレツアイコンに止めたとき、テクニカルゲージがアップする
スロットG 80剣 80蹴 70剣 70蹴 60剣 60
バースト仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 1100ボウギョ 700タイリョク 2400
ヒッサツワザスパークリングフィニッシュ2850コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、チームタイリョクが6000以上だと、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+500
スロットG 100剣 80蹴 70剣 70蹴 70剣 60
備考DXビートルカメラフルボトル&バインダーセット付属カード。本付属カード共通だが プロモではあるものの文字がSRのような金色加工となっている。
表アビリティが新機軸である「ゲキレツアイコン指定」。パンチ指定やキック指定はあったがこれは初めてだ。一応それにあわせて自前でゲキレツ増やしも持っている。ビルドはフルボトルスキャンで武器変更があるためパンチ・剣指定だと必ず運用上で問題があったので ゲキレツなら武器に左右されず始動できるわけで一応理にはかなっている。
ただ裏を返せば 始動するとトリプルアタックがない(ゲキレツが3つ揃ったらゲキレツなので)事になる。よって相手のトリプルアタックに負けやすいので 何とかゲキレツスロットアップ持ちを使って補いたい所。
一応ラウンド2で先行を取る事が大条件であるもののG5-061 電王CPモモタロス、ラウンド3まで待たなければならない&素手だが この次の強化フォームに似てる(汗)G6-057 最強トリオクウガアルティメットなどが候補だろう。G2LRファイズはテクニカルパーフェクト勝ち次第なので 本カードのゲキレツ次第になってしまうからやや不安定だ。
このゲームやりこんでる方はわかると思うが 日によっては「トリプルアタックがゲキレツアイコンのせいで邪魔される」という事があり,そんな日にこのカードの出番かもしれない?
また 特別ルール対戦イベントでいわゆる下克上マッチ(低レアほどポイントアップ)などが開催された場合、特殊ではあるが低レアでAP,テクゲージを上げられるカードとして採用した人も多かったようだ。
さらにライダータイム弾でゲキレツアイコンの価値もあがったので さらに見直されるかもしれない?

ベストマッチパック!2(BM2)

BM2-076SRテクニカル
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 900タイリョク 2900
ヒッサツワザスパークリングカット1800コスト 2
アビリティ1ラウンド毎、アタックポイント+10 オイウチ効果・発生率がアップする。さらに、2ラウンド目に チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+300 バーストゲージが超アップする
スロットG 90蹴 80剣 70蹴 60剣 60剣 60
バースト仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 1050ボウギョ 1000タイリョク 2900
ヒッサツワザスパークリングフィニッシュ2900コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、コウゲキ+500 ひっさつ+1500 テクニカルゲージがアップする さらに、APバトルに勝っていたら、ライジングパワー+10 あいてのチームのライダーガッツ率を超ダウンさせる。
スロットG 90蹴 90剣 80蹴 70剣 60剣 60
備考ボトルマッチ弾パック販売第2弾「ベストマッチパック!2」のSRカード。こういった間企画で強化フォーム登場というのは弾の合間のパック販売ならではと言える。普通だと店頭配布企画とかでこういったカードを配る形になっていただろう。
能力も店頭配布でありそうな感じで、1ラウンド毎AP+10、そしてラウンド2からとなるがバーストゲージ超アップとなかなかの物だ。
ひそかに表必殺コストが2と軽いのもポイント。昨今のSRはコスト4と重めなのが多い中でコスト2というのは珍しく、強みになる。
バーストアビリティもシンプルに必殺とテクゲージ増強。テクニカルタイプなのでタイプボーナスも含めればテクゲージ超アップ扱いとなる。

ベストマッチパック!3(BM3)

BM3-074Rフィニッシャー
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 550タイリョク 2650
ヒッサツワザスパークリングショット1700コスト 3
アビリティチームタイリョクが7000以上のチームだと、アタックポイント+10 チーム全体のひっさつ+400
スロットG 90蹴 80銃 70銃 60蹴 60銃 60
バースト仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 900ボウギョ 850タイリョク 2650
ヒッサツワザスパークリングフィニッシュ2550コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+1000 ライジングパワー+2
スロットG 90蹴 90銃 70銃 70蹴 70銃 60
備考ボトルマッチ弾パック販売第3弾「ベストマッチパック!3」の一枚にして マシン排出扱いではないが早くもスパークリングフィニッシュR落ちとなった。劇中でもパワー不足になるのが早かったからか...
そして実はスパークリング初銃アイコン(ドリルクラッシャーガンモード装備)で、それにあわせて表必殺技も新規技が用意された(銃下位技だろうけど...)
RながらAP+10持ちでそのための体力条件もゆるく、フィニッシャータイプなのでバースト必殺火力自体もなかなか。ただコスト5なのでコスト補正がかかる分火力が伸びにくいため、コスト増やしのデメリットを持ちをあえて入れる手もあり。...ただし銃持ちでそういったのは少ないのだが(汗)

海外限定

BM3EX-096CPブレイカー
ノーマル仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 800ボウギョ 650タイリョク 3300
ヒッサツワザスパークリングカット1750コスト 4
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、あいてのチームのカウンター発生率をダウンさせる。
さらに、パーフェクトで勝っていると、アタックポイント+10 テクニカルゲージがアップする。
スロットG 80剣 70蹴 70剣 70蹴 70剣 60
バースト仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム
ステータスコウゲキ 1400ボウギョ 850タイリョク 3300
ヒッサツワザスパークリングフィニッシュ3250コスト 6
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+2000 あいてのチームのミガワリ発生率を超ダウンさせる。
さらに、テクニカルバトルにパーフェクトで勝ったとき、バーストゲージが超アップする。
スロットG 90剣 80蹴 70剣 70蹴 70剣 70
CPボーナスひっさつアップ
備考K6-EX070 海外限定エグゼイドマキシマムの存在が有名になったが これに続く海外のみで発売されているガンバライジングのカードパック販売限定カード。ナンバー的にはベストマッチパック!3の最後に付け足す形になっている(パック3最終ナンバーがBM3-095)
ただ今回はBM3-053「フル!フル!フルチャージキャンペーン」のスパークリングそのままの能力で 絵柄と説明文が違うだけとなっている。
無論、このカードも現在海外でビルドが放映されているため特別に作られたようだ。

備考

ガンバライジングデータ
声:犬飼貴丈
武器:ドリルクラッシャー・ブレードモード(片手剣)ドリルクラッシャー・ガンモード(小銃)
必殺技:スパークリングフィニッシュ
下位技:スパークリング・ラビットタンクパンチ スパークリング・ラビットタンクキック スパークリングカット スパークリングショット スパークリング・ラビットタンクフィニッシュ

原作設定
登場作品:仮面ライダービルド
武器:ドリルクラッシャー・ブレード/ガンモード ドリルクラッシャー&4コマ忍法刀 ドリルクラッシャー&ホークガトリンガー
必殺技:スパークリングフィニッシュ
人間名:桐生戦兎(演:犬飼貴丈)

本性を現し逃走したマスターことブラッドスタークを追うものの 持ち逃げされたパンドラボックスのエネルギー放射で吹き飛ばされて取り逃がしてしまうビルドだったが、ただではやられなかった。
エネルギー放射を受ける際に空のフルボトルで残留物質を採取し それを元に作り出したサイダー缶型の大型フルボトル ラビットタンクスパークリングにより強化変身したビルドがラビットタンクスパークリングフォームである。

「振れば振るほど出力アップ」(by戦兎 ビルド変身講座より)というフルボトルの性質を利用し、
パンドラボックス残留エネルギー物質と一番相性が良かった&一番使い慣れているラビット&タンクフルボトルの成分を掛け合わせて ベストマッチリキッドを開発。サイダーの二酸化炭素に当たる役割で フルボトル成分に混ぜることでそれこそサイダーのように発泡する。
発泡する=フルボトルを常に振った状態に保つ事で大幅な出力アップを実現し、ブラッドスタークと渡り合えるほどになった。
事実上 初めて戦兎が独自で開発したビルドのフォームである。
またパンドラボックス残留エネルギー物質はフルボトルの元であるであるため 他フォーム専用武器だった4コマ忍法刀ホークガトリンガーもある程度なら本フォームで使用可能。ドリルクラッシャーとの二刀流・二丁拳銃戦法を繰り出す。

必殺技は再度ドライバーのレバーを回してエネルギー全開にし、発泡エネルギーをまとった飛び蹴りを叩き込むスパークリングフィニッシュ。最大パワー時にはワームホールのようなエネルギーチューブに標的を蹴りこんで撃破する大技となる。

そのパワーで 北都から送り込まれた部隊・仮面ライダーグリスと三羽ガラスのうち 三羽ガラスのハードスマッシュなら対抗できた。
だが新型ドライバー・スクラッシュドライバー準拠のグリスにはかなわず、ハードスマッシュがさらに強化されたハザードスマッシュにも対抗できず さらにクローズ:万丈がスクラッシュドライバーで変身したクローズチャージにもパワー面で遅れをとってしまい、せっかくのオリジナルフォームであるが苦境に立たされる。