ガンバライドに代わるデータカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジングについてカードデータ・そのほかのデータをまとめたwikiです

相性値(詳しくは相性値リストのページ参照)
アタッカーテクニカルフィニッシャートリッキーパッションブレイカーブレイブチェインジャマー
(未登場)(0,2,3,1,1,1)(1,1,0,2,2,2)(1,2,1,1,1,2)(1,1,2,1,3,0)(4,0,1,1,0,2)(1,0,2,1,2,2)(未登場)(未登場)

関連あるチームボーナス称号
ベストタッグ!仮面ライダー龍騎と組むと発生
愛する者の為に仮面ライダーゼロノスと組むと発生
バットナイト仮面ライダーキバと組むと発生
ナイトライダーズ!仮面ライダーバロンと組むと発生
鋼鉄の騎士仮面ライダーブレイブと組むと発生
鏡の中の戦士!仮面ライダー龍騎、仮面ライダーゾルダと組むと発生



2弾

2-027Rテクニカル
ノーマル仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 1950
ヒッサツワザダークペネトレイト1300コスト 3
アビリティテクニカルバトルに勝ったとき、あいてチーム全体のコウゲキ・ひっさつ-100
スロットG 80剣 80剣 80蹴 70蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 850ボウギョ 450タイリョク 1950
ヒッサツワザ飛翔連斬2350コスト 5
バーストアビリティ次のラウンドまで、あいてチーム全体のコウゲキ・ひっさつ-450
スロットG 100剣 80剣 80剣 80剣 60蹴 50
備考龍騎にあわせて登場。ダークライダーのような相手火力減殺アビリティを持つ。ただバーストアビリティの方は強烈な弱体化なもののそのラウンドしか持たない系なのが惜しい。むしろバーストしないまま、じわじわと火力を奪うほうが効果的かもしれない。
ただしアイコンが表でも剣重視、バースト後に至っては剣4となる点をダブルアタック考慮の際に注意したい。幸い武器持ち替えはなく、アイコン切り替わりはない。
ただしゴースト弾でのゲキレツ変更により、表面ではゲキレツでも最大80となってしまい、AP負けしやすくなってしまった...

6弾

6-042Rテクニカル
ノーマル仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 550タイリョク 2100
ヒッサツワザダークペネトレイト1250コスト 2
アビリティみぎのレーンにこのカードが置かれているとき、テクニカルゲージがパワーアップする
スロットG 80剣 80蹴 80蹴 70剣 60剣 50
バースト仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 600タイリョク 2100
ヒッサツワザ飛翔連斬2250コスト 4
バーストアビリティバーストしたとき、あいてよりチームタイリョクが多いと、テクニカルゲージがパワーアップする
スロットG 100剣 80蹴 80蹴 70剣 60剣 60
備考6弾サブライダー再録シリーズとして久しぶりに登場。ただ大半の再録がタイプ違いなのに対して 「器用な男」(by旧ガンバライドスキル名)を示しているのか同じテクニカルタイプである。
ただ相手能力減殺だった前回に対して 今回はストレートにテクニカル強化重視。特に表アビリティは2弾ストロンガーなどと同じレーン指定テクニカルゲージアップと強力。バーストアビリティも1ラウンド限りではない。
反面バースト必殺が弱体化+コスト4となっているので 決めたいなら必殺増強アビリティ持ちを仲間にして補強したい。
ただしバーストアビリティ条件を考慮すると 本カードはカウンター狙いデッキ向きではなく(カウンターを狙うと通常攻撃喰らう分でどうしてもタイリョクを下回りやすいから)AP重視で先行を取りまくるデッキに組み込んで相手のカウンターを阻止するという役割に向いているといえる。
だがドライブ弾以降ではテクニカルゲージを上げすぎるとネット対戦では相手オーバーチャージの危険性が出て来るようになってしまった。上にある通り優勢で発動するがゆえに危険性も高い(相手体力ピンチ時でもオーバー略発動確率が上がるため)
加えてゴースト弾でのゲキレツ変更で 表面はゲキレツであっても最高80となってしまいAP負けしやすくなってしまった。特にバーストアビリティ始動条件が「体力多い」というのもあって影響は大きい。

D4弾

D4-019Nパッション
ノーマル仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 550タイリョク 2000
ヒッサツワザダークペネトレイト1350コスト 3
アビリティAPバトルに勝ったとき、チーム全体のひっさつ+200
スロットG 90剣 80剣 80剣 60蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 600タイリョク 2000
ヒッサツワザ飛翔連斬2450コスト 5
バーストアビリティパッションタイプのコウゲキ・ボウギョ+250
スロットG 90剣 90剣 90剣 60蹴 60蹴 60
備考N落ちだがナイト初パッションタイプである。...ただそれ以外に特徴と言うべき特徴がない...
一応前回Rよりバースト必殺の威力は高くなっているが 高低真っ二つなスロットが大問題で 表アビリティ発動条件であるAPバトルが厳しいという難点がある。正直これならテクゲージアップな前回Rの方が...
せめて飛翔斬を実装してくれたらまだ違ったのだが
ただゴースト弾のゲキレツ変更で 前2枚のカードの表面が最大80になってしまっている中で本カードは最大90である...という、システム面での追い風(?)はあるにはあるが...

K2弾

K2-017LRフィニッシャー
ノーマル仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 800タイリョク 2800
ヒッサツワザシャドーイリュージョン1800コスト 4
アビリティ剣アイコンに止めたとき、アタックポイント+10 テクニカルゲージがアップする。さらに、あいてチーム全体のボウギョ-150
スロットG 90剣 90剣 80剣 60剣 60蹴 50
バースト仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 1250ボウギョ 1000タイリョク 2800
ヒッサツワザ飛翔斬3000コスト 10
バーストアビリティバーストしたとき、あいてチームのライジングパワー-3 あいてのミガワリ発生率を超ダウンさせる。さらに、APバトルに勝っていたら、ひっさつ+3000
スロットG 90剣 90剣 90剣 70剣 60蹴 60
備考現行の2号ライダーがナイトと色んな意味でよく似ているからなのか、またしても主役を差し置いてLR。そしてついに飛翔斬実装(ついでにシャドーイリュージョンも)。またナイト初フィニッシャータイプでもある。
表アビリティはフルスロCP以来の特定アイコン指定であり 内容からしてフルスロブレイドKFのパワーアップ版と言える。
バーストアビリティは 基本要素は相手の能力減殺だが、APバトル勝利条件を満たせば フィニッシャーボーナスも合わせて7000+表アビリティでの相手防御減殺という 現在最大火力であるLRエターナル(あっちも7000+α)に並ぶほどの火力を得られる。もっともそこまでしなくとも4000は確保できるので 決められると思ったら踏み倒しても問題ないだろう。
焦点はやはり剣アイコンにどれだけ止まるかだが フルスロCPがカイガン弾で以前よりも武器アイコンに止まりやすくなった事を考えると また謎補正が復活でもしない限りおおむね問題ないと思われる。
なお バーストでウィングランサーを装備する。ウィングランサーを通常で扱うのは旧ガンバライドを含めて初めてである(バースト演出自体はソードベントシーンはなく汎用演出だが)

K3弾

K3-023SRブレイカー
ノーマル仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 700ボウギョ 650タイリョク 2650
ヒッサツワザシャドーイリュージョン1450コスト 3
アビリティみぎのレーンにこのカードが置かれているとき、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ+150 さらに、テクニカルゲージがアップする
スロットG 90剣 80蹴 70剣 60剣 60蹴 60
バースト仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 950ボウギョ 900タイリョク 2650
ヒッサツワザ飛翔斬2700コスト 7
バーストアビリティ2番目にバーストしたとき、コウゲキ+1500 さらに、テクニカルゲージが超アップする
スロットG 100剣 100蹴 70剣 60剣 60蹴 60
備考順当に飛翔斬SR落ち、なおかつナイト初ブレイカータイプである。
今回の強さは表に集約されており、ブレイカーとしてはRR白い魔法使い映画特典ライダーチェイサー以来の(レーン指定)表から「確定で」テクゲージアップ。さらに50なし安定スロット持ちでもある。
反面バーストアビリティが2番目指定というのが ブレイカータイプと噛み合っていないのが難。そして内容もテクゲージ超アップはいいが、ブレイカーボーナスコウゲキ+1000も入るとはいえ必殺威力ではなくコウゲキのみ強化なので 場合によってはブレイカー一時停止だけを狙って踏み倒してもいいかもしれない。
なお上記の白魔とライダーチェイサーとはそれぞれ真ん中・左とレーンが分かれているので この3枚でブレイカーテクゲージ重視チームを作る事ができる。

K4弾

K4-023Nトリッキー
ノーマル仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 550タイリョク 2250
ヒッサツワザシャドーイリュージョン1400コスト 3
アビリティチームに龍騎がいるとき、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ+200 さらに、オイウチ発生率がアップする
スロットG 90剣 80蹴 80剣 60蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 800タイリョク 2250
ヒッサツワザ飛翔斬2600コスト 5
バーストアビリティバーストした次のラウンドまで、アタックポイント+20 ただし、チームタイリョク-500
スロットG 90剣 80蹴 80剣 70蹴 70蹴 60
備考Rをすっ飛ばしていきなりシャドーイリュージョン&飛翔斬N落ち、また意外にもナイト初トリッキータイプ(それこそ「トリック」ベントという技があったのに)である。
龍騎サバイブ登場記念に龍騎指定の表アビリティを持つ。ただバーストアビリティは時間制限付きなのが残念。
またトリッキータイプなので体力低い版ボーナスも得たいのだが Nにも関わらず2250と高めの体力なのでやや狙いにくいか。

G1弾

G1-020Rブレイブ
ノーマル仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 650ボウギョ 650タイリョク 2550
ヒッサツワザシャドーイリュージョン1350コスト 3
アビリティコウゲキ・ボウギョ+300 ただし、ライジングコスト+1
スロットG 90剣 80剣 70剣 70蹴 60蹴 50
バースト仮面ライダーナイト
ステータスコウゲキ 1100ボウギョ 850タイリョク 2550
ヒッサツワザ飛翔斬2850コスト 5
バーストアビリティバーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、あいてのライダーガッツ率をダウンさせる
スロットG 90剣 80剣 80剣 70蹴 70蹴 60
備考現行に似たような姿のライダーが登場したからか、3弾ぶりに登場。前回Rすっ飛ばしてN落ちしたからか今回Rとなり、ナイト初ブレイブタイプである
表アビリティで基礎ステータスを、バーストアビリティでRとしては強めの必殺増強とバランスが良い。デメリットのコスト+1も許容範囲であろう

備考

ガンバライジングデータ
声:福原耕平
武器:翼召剣ダークバイザー(片手剣) ウィングランサー(両手剣)
必殺技:飛翔斬 シャドーイリュージョン
下位技:ダークペネトレイト 飛翔連斬

原作設定
登場作品:仮面ライダー龍騎
武器:翼召剣ダークバイザー ウィングランサー
必殺技:飛翔斬
人間名:秋山蓮(演:松田悟志)

城戸真司が龍騎になる前から活動していた仮面ライダー。勝者の願いは「意識不明となった恋人の命を救う」。
契約モンスターはコウモリ型モンスター”闇の翼”ダークウィング。
最初はライダー同士の戦いを止めようとする真司を邪魔に思っていたが 次第に感化されていき 自分の目的との板ばさみに苦悩する事となる。

剣型のカード読み取り機翼召剣ダークバイザー ダークウィングの尻尾を模した槍ウィングランサーによる接近戦はもちろん
ダークウィングから超音波を発して敵を混乱させる「ナスティベント」分身殺法「トリックベント」といったトリック系の技もあり、
龍騎とは逆に対仮面ライダー戦に強い。

必殺技はファイナルベントカードをダークバイザーにベントイン、
呼び出したダークウイングを背後に装着し飛翔、ウィングランサーを敵に向けマントを身体に巻きつけて 
ドリル状に回転し突撃する飛翔斬

編集にはIDが必要です