PSVソフト 機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINYの情報/まとめwikiです。

ガンダムアストレイゴールドフレーム天

  • MBF-P01-Re
オーブ島近海での戦闘で大破したブリッツの右腕を改修移植し、ミラージュコロイドが使用可能になったゴールドフレーム。
マガノイクタチ、マガノシラホコといった特殊装備で強化されている。
  • 登場シリーズ:機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
  • 入手方法:
  • 備考
ミラージュコロイドによる隠密潜航からの奇襲やほぼ全ての格闘に付与されたHPドレインなど、ワンオフ機にしてはかなりトリッキーな部類。詳細は機体特徴にて。


機体性能

SPA特攻格闘機体特性なし
TP90000最低機体コスト1040最高機体コスト2748
HP5040/7040実弾防御31/56ビーム防御37/52
スラスター速度41/62スラスター出力42/64レーダー性能50/70
バランサー40/60旋回速度35/50機動性44/61
備考SPA・特攻格闘:体軸を中心に横回転、マガノイクタチによる連続斬撃。誘導、突進距離共に控えめ。

兵装性能

兵装兵装名威力or耐久力命中率弾速連射リロード弾数総弾数
主兵装1ビームライフル389/450/57030/5025/554/5/630/5516/18/20160/240/320
主兵装2ランサーダート397/481/63025/4035/55-30/60-75/105/150
主兵装3マガノシラホコ268/342/45030/4520/40-30/60--
副兵装ミラージュコロイド----30/60-180/270/360
格闘マガノイクタチ789/935/110040/55-----
シールドトリケロス改2138/2643/3300------

機体特徴

  • ビームライフル
マルチロックタイプの狙撃系。この手のライフル共通の『予測射撃するために必ず連射限界数までマルチロックしなければならない』事を除けば概ね可もなく不可もない性能。
  • ランサーダート
三連バースト式実体弾投射タイプ。威力はともかくとして、どうにも対MSでは当たりづらい印象を受ける。対艦/対固定目標として使用するかいっそ封印する方がストレスは少ないか。
  • マガノシラホコ
いわゆるアンカー系だが、なぜか妙に威力が高い。これで吊り上げてイクタチにつなげる事もできるが、後述の理由により同系コンボよりやや実用レベルが上。
  • ミラージュコロイド
みんな大好き光学迷彩。これから各種格闘につなげれば多少安全に回復が行える。
  • マガノイクタチ
HPドレイン付きの物理格闘。N格2段目まではシールドエッジで斬り付けるためドレイン機能がないが、その他のイクタチを使ったモーションで相手にダメージを与えることでHPが微少ながら回復する。
威力そのものもそう低くはなく、PS装甲持ち以外に対しては十分有効打足り得る。回復量が微少とは言え、連続で叩き込めれば案外馬鹿にならない。
  • 総評
ワンオフ機ではあるがチートじみた装備や特殊能力があるわけでもなく、全体的なバランスが取れてこそいるものの突出した部分はそうない。
しかしコロイドで潜航する、パイロットSPAのスロー化を使用するなどして積極的にイクタチの直撃を狙うことができれば多少のダメージを無視して行動できるため、同クラスの機体に比べて若干無茶がきく。
受けたダメージはイクタチでリカバーしつつ、巧妙に立ち回り確実にアドバンテージを積み重ねていくタイプと言える。そういう意味ではミラコロの持続時間以外はNダガーNに近い感覚で動かせばいいだろう。
逆に俺TUEEEEEEしたい方や蹂躙大好ききたないカミーユことギナにはお勧めできない。

余談

ロウの駆るレッドフレームと交戦、ガーベラ・ストレートをへし折るなど終始優勢に立ち回るが劾の登場で戦況が一転、ブルーフレームセカンドLから受け取ったタクティカルアームズが決まり手となり敗北。
その後ギナが全力で小物化し背を向けるレッドフレームをトリケロスで撃破せんとしたが、周辺を漂っていたガーベラの切先にビームをあらぬ方向に弾き飛ばされた挙句ブルーフレームにアーマーシュナイダーでコクピットを背後から抉られギナは死亡。
機体はアメノミハシラに搬送後更なる改良がなされ、これがいわゆる天ミナである。

なお、キット化もされたゴールドフレーム天ミナのほうは、残念ながら本作には登場しない。

備考

このページへのコメント

ビームサーベル欲しかったわこれ格闘だせえ

0
Posted by 名無し(ID:9I4Dqe3+Lg) 2018年01月17日(水) 20:32:53 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

アクセス解析中

どなたでも編集できます