PSVソフト 機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINYの情報/まとめwikiです。

デスティニーガンダム(ハイネ専用)

  • ZGMF-X42S-REVOLUTION
デスティニーを主力とする特殊部隊「コンクルーダーズ」の編成に当たり、メンバーとして選ばれたハイネ専用に調整された機体。彼の戦死により、部隊編成そのものが幻となった。
  • 登場シリーズ:機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSV
  • 備考


機体性能

SPA特攻格闘機体特性VPS装甲/PS装甲回復/搭乗制限
TP90000最低機体コスト2160最高機体コスト3990
HP7680/8480実弾防御60/75ビーム防御62/76
スラスター速度82/88スラスター出力81/88レーダー性能55/70
バランサー65/84旋回速度57/72機動性78/87
備考SPAは特攻後、パルマを叩きつける

兵装性能

兵装兵装名威力or耐久力命中率弾速連射リロード弾数総弾数
主兵装1ビームライフルB431/498/63030/5535/503/5/640/5524/27/29240/340/400
主兵装2パルマフィオキーナB2264/2447/276020/5550/70-45/651/1/260/70/80
主兵装3長射程ビーム砲B1238/1335/165030/4535/551/1/235/654/5/630/45/60
副兵装17.5mm機関砲S48/57/7540/6035/55-25/6028/34/40-
格闘アロンダイトビームソードB888/1057/132030/55-----
シールドソリドゥス・フルゴール4640/5406/6600------


機体特徴

当然の事ながら原型機と良く似た性能のものが多いが、些細な違いが結構大きい。
  • ビームライフル
上位機にありがちな、標準的高性能BR。レーザー型なので追尾性能はあまりよろしくない。
パルマや格闘のレンジでは当たりづらいので、その点は注意。
フルチューンすると原型機よりも弾数と総弾数が劣る。
  • パルマフィオキーナ
威力と総弾数はこちらの方がやや高い。
相変わらず威力は桁外れなので、対エースなどにガンガン使っていこう。
しかしCSの威力はあちらに比べて低い。一撃必殺とまではいかない。
が、あちらと違いハイパーモード時に使用してボタンを連打すれば総弾数が続く限り撃ちまくれる。
やっぱり射程が短い点と予測射撃出来ない点には注意。
  • 長射程ビーム砲
安心と信頼の貫通ビーム。
パルマが若干強い分、こっちは若干攻撃力で劣る。とはいえ問題ない数値。
最終的に同性能になるので完全に気にならなくなる
  • 17.5mm機関砲
所詮はバルカンなのだが、ブーメランよりは汎用性が高いので助かる。何より足が止まらない。
また、格闘・パルマとの親和性も高いので、とりあえず撒いておいて損はない。
  • アロンダイトビームソード
相変わらず頼もしいやつ。
原型機とはモーションが所々違う。
  • SPA
特攻後、パルマをお見舞いする。相手は死ぬ。
…対ネームドだと必殺という程ではないし、稀によくかわされるが、盛り上がる事間違いない攻撃。
この機体で光の翼を見ようとすると、これを使わざるをえない。
  • 総評
デスティニー同様、ミドルレンジでの戦闘がやや不得手な機体。
ロングレンジ(BR、ビーム砲)とショートレンジ(パルマ、機関砲、格闘)の区別がはっきりしているので、距離に応じて武装を切り替えるのが肝要。

余談

オレンジショルダーと並んで、ハイネのカリスマが噴出した機体。
シールドやアロンダイトのビーム刃、光の翼まで黄色に近いオレンジ色になっている。
因みにSPAはどちらかと言うとシン機の方に実装してほしかったと思うモーションである。

備考

このページへのコメント

じゃあ見ないで下さい

0
Posted by  made_in_ made_in_ 2020年10月14日(水) 16:04:06 返信

↓パイロットSPアタックのスローモーションじゃない方です

1
Posted by   2015年09月07日(月) 00:36:30 返信

パルマの欄にあるハイパーモードとはどれのことでしょうか?

0
Posted by 名無し 2014年01月22日(水) 19:36:10 返信

そりゃとっくに編集済みだし

0
Posted by 名無し 2012年10月03日(水) 22:37:58 返信

どこがきもいんだよ・・・必要な情報は揃ってるじゃないか

1
Posted by 名無し 2012年09月18日(火) 11:40:14 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

アクセス解析中

どなたでも編集できます