攻撃弾幕突撃乗り込み
対策への対処
ターゲッティング特殊型副砲
防御弾幕対策突撃対策乗り込み対策ターゲッティング対策コア防御その他-小技集

攻撃系

シフト射 

前コアにおける、補助乗りこみ壁を事前に無力化しておくひとつの方法。
空中コア要塞では前コア対策を補助乗りこみだけに任せているものも多いため、これが決まると中々強力。

紙が壊れた後は対下段用の攻撃にもなるので資金効率も悪くない。
注意点としては、自軍の速度があるほど紙が早く壊れやすくなるところ
箱忍び 
箱を出した瞬間に遠壁で飛ぶことで箱にぶつかり、土台下に潜り込むというもの

遠壁と箱のX軸が同じ場合の忍び場所
000e3VU01w1gI01w0IU014B8I014AAU00CIMI00CIfU00bjEI00bj7

防御系

シールドシャッター
主に下コアを狙ってくる射玉対策をしつつ、タゲ対策もする防御法。お値打ちで使いやすい。
開発元はB→Aの匠氏。

木壁の上に盾玉を置くと、相手の射玉が下の木壁を壊した場合に、盾玉が落下し
それにより、射玉を防ぐことができる。
相手に射玉がいない場合でもタゲ対策になる
ただし、対タゲには木壁を破壊されると非常に危ういことには注意。
空中シールドシャッター
空中要塞用のシールドシャッター。

空爆殺しの上段射から防備する。
攻撃を受けることで盾の足場が破壊されると、ターゲッティング対策にもなる。

段上げ
木壁などを使ってコアに玉を直接乗せるのではなく、少し上に引き上げること。
核先当ての攻撃の範囲外となり壁玉のバリアが途切れなくなる。
ターゲッティングの撃玉ミサイルをコアに受けても壁玉にあたらないなどの効果がある。

1段下げ
主に最上段角度0の射玉の攻撃をかわすため少しだけコア位置を下げる。
y軸を24ほど下げればとりあえず当たらなくなるが、前の防御用薙にも当たって欲しくないなら
もっと下げる必要がでてくる。上段の魔玉の上段特化ビームを盾で防ぐ効果も追加できる。
ただしクロスなどの攻撃があたりやすくなり、乗込みの散玉の攻撃が当たるようになってしまう。

上段魔対策
最近増えている上段特化の魔玉攻撃を、より効率的に防ぐワザを紹介。
  1. 1段下げ空中シールドシャッター

さらに段下げした場合は、木壁に乗った盾で魔を防ぐようにできるだろう。
  1. 魔よけ落下傘

紙壁(Y=146)、薙玉(Y=113)
000dYpr00xTia3fNpF
vs
000dYpr008mx6008m0
玉をY=113に置くことでY=90から水平に放たれることが多い上段特化魔を一時的に防ぐ技。
便宜上(?)名前を付けただけで、もちろん薙玉だったり落下傘である必要なはい。
当たり判定のズレか、ビームは頭頂部にかするように当たると玉が一切ダメージを受けない。
PC差により若干喰らったりもするが、資金的にはタダなのでココに置いておいて悪いことはないかも。
二離薙
薙玉の行動間幅が20だから20÷2=10 これが二連薙でそれ(10)に20を加えて30ずらすというもの
例0016NCajvyD5ajvGGSa01mFpa01pmlp01o0Qp01o0ip01ofPamLepGamLbIK
広範囲を守れるとして普段は二連薙ぎのところをコスト的に30ずらしてしまおうというものだ。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます