攻撃弾幕突撃乗り込み
対策への対処
ターゲッティング特殊型副砲
防御弾幕対策突撃対策乗り込み対策ターゲッティング対策コア防御その他-小技集
乗り込み対策への対処
乗り込み対策への対策です 参考になるので弾幕要塞を作ろうと思う人も読んでみて下さい

主砲乗り込み(乗り込み型)

導核乗り込み 

乗り込み要塞では最もよく使われる玉の組み合わせ。
基本的に核玉と導玉は一つの突撃要塞壁(近)か(遠)に一緒に乗せ、相手の要塞に乗りこんだ際に真下か斜め下に向けた核玉を敵要塞の土台に当てる。
その核の爆風で壁玉のバリアを解除し、そのタイミングを狙って導玉がコアの上や付近にいる攻撃玉を防御の薄い後ろから狙う。
基本的に導玉と核玉の組み合わせは相手のコアにダメージを与えることよりも、まずは素早く攻撃玉を排除して相手の要塞を無力化することを目的にしている。
突撃要塞壁(遠)を使って乗りこませる場合は、色々な推進の要塞に着地することができるような座標にするのが望ましい。また突撃要塞壁(遠)で乗り込ませると相手の加速によっては土台の後ろぎりぎりに着地する場合があるので、核を確実に土台に命中させるために真下に向ける方が良い。

参考要塞パス

突撃要塞壁(近)を使う場合は相手の加速が何であれ、必ず相手要塞の前に乗り込むので核玉は斜め下に打っても土台から外れることは無い。斜め下に打てば乗り込む前に先に核を当てることもできる。

星乗り込み

核玉と星玉を乗り込ませ、核で壁玉のバリアを解除した隙に星を当てる。主に上中段後ろコアを攻撃するのが目的。
星が命中すれば攻撃玉などを一瞬で一掃できるため上中段後ろコア要塞には非常に強力。
ただし星玉の性質上攻撃範囲が非常に狭く、核と星で400円のコストがかかるため汎用性は低い。
采玉の進行によって星玉の攻撃タイミングを無駄にしないため采玉は用いない。
1P 000P6RT00ROjP0e636
2P 000dYpj0Imgit004iYt004jx

遠壁進行乗り込み

遠壁進行乗り込みの魅力はなんと言ってもそのスピードにある。采を2つ以上使用し、素早く相手の後ろに回り込む事が速攻につながっていく。
しかし多く采を使用するとなるとどこかでその進行をストップさせなくてはならない。これが遠壁進行の中で1番大切な点である。
また、相手の速度に大きく左右されるので相手の速度がどんなときでも対応できるようにしておかなくてはならない。
ケーズステップ 
進行中に采玉だけを相手の車輪に轢いてもらい、部隊を特定の場所に止める戦法である。
主に乗り込み部隊の本陣が相手要塞端などの目標とする場所に達した後、采玉が相手要塞の車輪により自滅することで乗り込み部隊の進行を停止させるために使用する。なるべく主砲と采が離れていた方が成功率が良い。
乗り込み同士の対決となった場合、中段後ろコアにどれだけ早く攻撃ができるかが勝負となるので0速の場合ケーズステップは必須である。
画面端止め
采の進行によって采のみを画面から飛び出させて主砲は画面の中でストップさせる方法。
遠壁進行乗り込みには欠かせない戦術である。
この場合主砲と采がなるべく離れていた方が成功率は当然いい。しかし乗り込み壁の上で離すには限界があり遠壁をいくつか利用するのも効率が悪い。そこで画面端止めの成功率を上げるために考えられたのが間空け戦術である。
間空け戦術
  • 分離追い越し
  • 分離乗り上げ
  • 分離飛び降り
相手の台座から飛び降りる際調整によって采が先に地面につくようにする。采の効果は空中にいる乗り込み隊員には機能しないので采だけが進行することとなり結果主砲と采の間が広くなる。
  • 床下奇襲乗り込み
主に相手が0速の時、遠乗り込み壁で攻撃玉を一度地面に降ろし、采玉で相手要塞に乗り込む戦法である。0速以外では、低高度での乗り込みとなり、高高度からの乗り込みと比較して成功率が高いとされる。また采玉の角度などの設定次第では台座に上がる際に采と主砲とで差が生じ間が空く。このことによりケーズステップの成功率が上がる。

000KgUU019cRU00XsHL016vnLnPYGpLmKUQJ9gYhbc
VS
000P6Rp01A6wp01A5Wp01A5np01A4N
ただし、これは乗り込み直後に相手の攻撃により倒される可能性があるので、別の補助的な乗り込みを利用して安全な場所を確保することが望ましい。
なお、床下奇襲乗り込みと2段遠近乗り込みを組み合わせた戦法を非公式ではあるがUH式と呼ぶことがある。
これは、使用条件次第で全体の費用を削減できる場合がある。

参考要塞パス

箱乗り込み

乗り込んだ箱玉の箱は特性が変わるため、自分の箱で自分の乗り込み部隊をのし上げることができる。これを利用し、本来近距離攻撃の届かない中・上段にもダイレクトアタックをかけようというもの。決まれば恐ろしいスピードで相手コアを削ることができるが、その分箱玉の乗りこみ位置がズレると失敗しやすかったり、自軍の攻撃が箱を壊してしまったりなど、地味に扱いが難しい。

分裂乗込み

基本的に采によって乗り込み部隊を動かすときは一方方向にしか動かせないが、特定の条件を満たすことにより采によって動かす玉を限定することができる。この性質を利用した乗り込み型が分裂乗り込みである。
理論的にはあらゆる乗り込み型の技術を使用することができるため、最強の戦術になりうる・・・かもしれない。
以下に基本的な仕組みを説明する。

采玉によって動かされる玉は購入順によって微妙に行動のタイミングがずれる。また、あらゆる玉は同じX座標に置けば同タイミングで行動することは周知の通りであり、采玉に関しても同様のことが言える。この二つを利用して一体の采の行動によって行動する玉としない玉を分けることが分裂乗り込みの最大のミソである。
具体的には次のようにして制作する。

采、玉、采□玉と購入したとする。
このとき、采を同じX座標に置くと、番号とそれに対応した玉が動かせる。(采,旅堝阿砲茲蟠稔,、采△旅堝阿砲茲蟠稔△動く。)
采のすぐ後に置いた玉のみが動くと考えてよい。(図解参照)

つまり、分裂乗り込みを作る際は
采,鮃愼→采,砲茲辰篤阿したい玉を購入→采△鮃愼→采△砲茲辰篤阿したい玉を購入→…(以下略)→采のX座標をそろえるを繰り返せばよい。
なお、采,箸いΔ里蓮岼譽札奪函廚箸いΠ嫐であり、別に2体でも3体でも構わない。ただし、1セット目と2セット目、3セット目…のX座標はそれぞれそろえる必要がある。

※この場合、下のように動く。


以上が分裂乗り込みの基本的な仕組みである。この手法の具体的な応用例に関しては下を参照していただきたい。
分裂乗り込みを使用した主な戦術
乗り込みの種類として、

前方に進むもの:進行乗り込み トンボストーン
その場にとどまるもの:核導乗り込み タイムラビッツ 箱乗り込み
後方に進むもの:後方乗り込み

がある。これらを分裂乗り込みによって組み合わせることで下のような戦術を組み立てることができる。
  • 核導分裂乗り込み(近壁)
扱いが容易な突撃要塞壁(近)を利用した
分裂乗り込み。特徴は乗り込みの位置が速度別で
一定なこと。調整次第で性能が変わる。
先端に着地させた後、基本的には2種類の移動が基本。
000JJdT00YMsL6ve9Sgoq6j8LntydTaoq5Ll
本陣の動き(導玉)と薙玉(進行)の動きである。
このようにして、乗り込みを二つに分裂をさせる。
なお、後ろに分裂をさせて、バック薙を狙うこともできる。
遠壁より乗り込みが難しいというリスクを背負うことになるが、
柔軟性があり、どんなことにも活用ができる。
  • 核導分裂乗り込み(遠壁)
  • 純分裂乗り込み(近壁)
  • 純分裂乗り込み(遠壁)
  • 双方向進行乗り込み
  • 箱乗りトンボ

補助乗り込み(乗り込み、弾幕、タゲ等)

直乗り込み

相手の加速による反動や加速による位置移動を利用して普通なら乗り込め無い位置へ(上コアなど)
直接乗り込むもの。
相手に加速がない場合でも比較的良い位置に落ちるものが多い
反動乗り込み
相手要塞の突撃の反動で自要塞が浮き上がった際に相手の上コアに乗り込み壁(遠)で直接乗り込む方法。
主に相手が4〜7加速の中段〜上段聖贄突撃型である場合に対応する
これを利用すれば強い防御力で知られる4枚壁(SOUSEI式)聖贄突撃型を一撃で倒すことができる
遠壁(X265,Y0)

待ち伏せ乗り込み
相手が3〜4加速の空爆型の場合遠壁乗り込みで直接コアに乗り込むことができる
尚、自要塞の加速や調整のしようによっては相手が2加速でも直接乗る可能性はある
対加速3〜4型 000j8lU01fQVamKYPla01fQQ801daUj00iQ9jnP80i 

突撃要塞壁(遠)(X265,Y0)




またこの座標(X265,Y0)は0速下奥コアへ乗り込みも兼ねているため無駄にならない

画面端乗り込み/タイムラビッツ

文字通り画面の端っこの相手要塞にギリギリ踏みつぶされない位置に乗り込む戦法。時計うさぎ氏考案。
ほとんどの場合で加速2であり、主に使われる玉は弩玉・導玉・砲玉・核玉などか。
相手の対策の裏をかくことが出来るが、かなり簡単に対策される場合も多いので難易度の高い戦法である。
弾幕型などの補助としては簡単に下コア対策ができるほか上コアにも有利になる
2加速の場合(x260y0)がよく使用される

二段乗り込み

突撃要塞壁のすぐ下の壁に攻撃玉を設置し、激突の衝撃によって上に移動させ、もう一度乗り込ませる方法。
要塞壁と下の壁のy座標の差が+36だと相手がどの速度でも上に移動し、+37だと相手が自分より遅い場合2回目の激突で上に移動し、それ以外の場合一回目の激突で上に移動する。
上の薙玉→突撃要塞壁→下の薙玉→木壁の順に配置する必要がある。順番を間違えると上に移動しない。
要塞壁を節約できるだけでなく、時間差による乗り込みを可能とし、突撃要塞壁(近)を使う場合だと前コアを撃破する確率が飛躍的に上がる。空爆の補助などで前コアに対応するため使われることが多い。
ただし、例えば薙玉4つを使用する場合では175円かかり、余った資金を使うにしては高いので他への対策に回すかは迷い所である。
木壁を紙壁にすることで乗り込み対策の落下傘と落ちた薙玉が核台座当ての対策にすることもできる。
ただしうまく2段階で乗り込めるのは相手が純突の時だけであり最近は前コア弾幕型も増えているので考えて使う必要がある。
000P6RT01kqya6vNACa6vQhya6vNAGa6vQhCp01kr9
 → 

→  → 

遠近2段乗り込み

2段乗り込みと同じ要領で、上段に近壁、下段に遠壁を使用する。
相手の要塞の速度に応じて、高速であれば2段乗り込みになり、低速であれば別々に乗り込みとなる。
前コアに無力となる遠壁乗り込み部隊を有効利用することができる。

遠近複合乗り込み(ハイブリッド乗り込み)

遠壁と近壁を重ねて配置することで、相手要塞の速度に応じて先に発動した方の乗り込み壁で乗り込みを行う。
遠壁と近壁を完全に重ねず、部分的に重ねて使用することもある。

後方乗り込み

遠壁によって乗り込み部隊を遠くまでとばし采で誘導して後ろから相手要塞に乗り込む戦法。
要塞後方は乗り込み防御が薄いことが多いので、対下コアの場合は簡単に蹴散らすことができる。
またそのまま誘導された乗り込み部隊が自要塞の乗り込み対策にもなる。
大きく分けて、
1 主力として用い、2加速、射を用い下コア相手に絶対的勝利を狙うもの。ただし多少特化性が高くなる。
2.空爆等の補助として用い、乗り込み、下コア相手への勝率を高めるもの。こちらは上手く用いれば汎用性の向上が狙える。
の2種類がある。
�としては、対上コア用に核、星等の強力な副砲を使ったり、忍、射等で狙ったりして汎用性を高めつつ、後方乗り込みを行う。
また,高速下前対策として近壁乗り込みを追加で採用することもある。
采玉の座標としては,[x=0,50かx=200,250]が最適。 遠壁の座標は[x=280,0]などが良いが,比較的自由に決められる。
�のサンプル要塞
000hL9t00huRt00i2IU01ixNaihSkPp00DfqamKmpcamKpmw4pDtfAp01zdcaef9NRp00wOcO00auy7kdLXt7kmAsm7kdOEm7kdRlh7kmD9f7kmFPaj0
0iOUp00Az4r009WEO00c6g7kdNjq7kmBNj7kdQ0j7kmEuc7kdSGf7kmHb8LgfkWkLhCrho8d1g9lr01AmDp01ACvr01ziDN004B7

下前への後方乗り込み

下奥への後方乗り込み� TDの破壊

下奥への後方乗り込み� 後方への乗り込み


�としては,空爆等の戦術の補助として後方乗り込みを使用する物である。下前への耐性が高くなるほか,乗り込み防御にもなる。
2速で無くとも使用可能な場合が多い。
�のサンプル要塞
000yW6t00vaXt00j5g9la6k39laenQ9lamrE9p8pio9p8xmc9p8Fq07kr3Wc
7kr51L7kr66l7kr7aU7kmQPf7kmRTO7kmSYo7kmU3Xp00NIxam2sTd415MIr
j1rFPkr00f3wa6uIdrE1WcajT01AOxa9LmoiU01evSaggv8tO04HyjLd0g92
LhTT1Q

采でバックして乗り込み部隊を蹴散らすことができる。

蘇生乗り込み

突撃型の補助乗り込み

突撃による反動や相手が浮かび上がることによって敵要塞の下に潜り込んだり
直に上コアへと乗り込む特殊な乗り込み。
うまく決まれば決定打となる。

台座下潜行/ チェーンソー/ トンボストーン(トンボ)/ 床下乗り込み

一般的にトンボと呼ばれることが多い。
加速で相手の台車を浮き上がらせた後その下に薙玉などを潜り込ませる方法。
現時点では下コアに対して最も有効な戦法と思われる。
成功すればそのままコアを破壊するかほとんどの攻撃部隊を倒し、圧倒的有利に立つことができる。
ただし、相手の加速にもよるが少なくとも加速3以上が必要なため、使用できる要塞は限られる。
加速と采玉の数によって対応できる相手の加速度が変わる。一般的には加速6以上が多い。
ちなみに名前の由来は墓碑氏が開発したということで墓(=トンボ)碑(=ストーン)であるとか。略してトンボ
正確には途中で台上に乗り上げるものをトンボ、乗り上げないものをチェーンソーといったが
現在はほとんど区別されていない。
チェーンソー   000P6RT012KFajvza2LohtGBt00w1nt00w1Vt00w2vt00mCJt00mCat00mBB
トンボストーン  000PVmL00Nh3LlFLX1T012cPajvyBc8mKO87t00P8ht00P8ht00P8ht00P8ht00P8ht00P8h

突撃反動乗り込み

flying氏考案
自要塞が突撃型の場合いったん突撃して相手要塞が壁にぶつかり跳ね返って激突した時の反動で乗り込むもの

突撃型   000PUhU01rpLaohNu0a1K7wSt009Xut009Y1t009Yxt00a04t00iAEt00iA8t00izBt00iz5t00a0At00iBb
これは相手の加速0〜2まで対応している。

地下鉄乗り込み






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます