MikuMikuDance(MMD)を用いた紳士動画を製作していくwikiです。

このページは性的な内容を含むため、未成年の閲覧を禁止します。許せ。
加工した素材で他の人に迷惑かけないよう気を付けてね。

「このモデル局部(や乳首)が無い! どうすればいいんだ!」
「パンツにスジをつけたり、もっとエロくしたいんだ!」
そんな迷える紳士の為のページ。



フォルダ内を探そう

衣装・水着・全裸、または改変版など、別PMXで同梱されている事があるよ。
Readme.txtなんかの文章で説明されてる場合もある。

ついでに妙なファイル名の画像や、CSVファイルが無いかも確認しておこう。
思わぬおまけが入ってたりするよ。

他サイトで公開されてないか探そう

アダルトNGの場所(ニコニ立体など)で公開されたモデルは、紳士向けが他にアップロードされている場合があるよ。
  1. 掲載ページ内を探そう
    (作者コメント・コメントなど)
  2. 作者の他ページを探そう
    (Twitter・Iwara・Fantiaなど)
  3. 他の人が改造モデルを出してないか探そう
    (モデル名でgoogle検索しよう。英語名や素材ファイル名だとひっかかるかも?)
  4. 積極的にコメント、評価してみよう
    作者と仲良くなったらこっそり譲ってくれたり、匠の腕で改変してくれたりする時もあるよ。
    (言うまでもないとは思いますが、作者に迷惑のかからないよう、また失礼のないよう留意してください)

モデリングされてるか確認しよう

「中身あり」モデルのはずなのに性器や乳首が透明でも、諦めるのはまだ早い!
まずはその部位がモデリングされているか確認しよう。

PMXエディタ下部のWire+や、頂点表示を押して股間あたりを見てみよう。
稀に体内などへ隠してあるケースもあるし、妙な形状が潜んでないかもチェック。
衣装などがゴチャゴチャしてて分かりにくい時は、先に絞り込みで見やすい状態にしてね。

無事ワイヤや頂点が表示されるなら、恐らく材質が透過してるかテクスチャが表示されていないだけ。
下の方の項目を確認していけばきっと解決するよ。

材質で消えてない?

衣装の下にある肌は、モデラ―さんが非表示にしている場合があるよ。
これはモデルを動かしたとき、下の肌が衣装からはみ出るのを防ぐため。

特にピッチリとした衣装や、乳首などの凹凸物がある場合の基本テクニックだけど、紳士はその肌に興味があるんだ。
モーフを確認
まずは一番簡単なモーフから。
PmxEditorでモデルを開き、F9か上部メニューボタンのTから TranceformViewへ移動し、関連モーフが存在しないか確認しよう。

「全裸」とか「パンツ消し」とか「衣装消し」とかがあればビンゴ
モデルによっては「(i)」とかもっとすごいモーフがあるかもしれない。

大量のモーフをまとめて確認する方法 オススメ!

材質の非透過度から表示させる
残念ながらモーフが設定されてない場合は、材質が消されてないか自分で確認する必要があるよ。
PMXエディタの Pmx編集(初期ウィンドウ)材質タブそれっぽい材質を選択非透過度を0から1に変更

テクスチャで消えてない?

テクスチャを確認
まずは目当ての部位のテクスチャを探そう。
テクスチャはフォルダ内にpng形式やtga形式で保存されているよ。

PMXエディタから探す
PMXエディタの Pmx編集(初期ウィンドウ)材質タブそれっぽい材質を選択
右下のTexのところに書いてあるよ。
PMXじゃなくてPMD形式で、材質の名前が 材質1〜材質XXで分かりづらい時は、PMDエディタを使うとちゃんと名前が出るよ。
詳しくはPMXエディタ

画像を一覧表示させて探す
確かWindowsは標準でtgaのサムネイルを表示してくれないので(されないよね?)、
IrfanViewをインストールして起動後、フォルダをドラッグアンドドロップすると一覧表示されるよ。超便利。

やたら肌色/ピンクのファイルがあったら大体それ!
アルファチャンネル(透過度)を削除する
テクスチャの一部が真っ黒になってたら、アルファチャンネル(透過度)で消されている可能性があるよ。
有名モデラ―さんをはじめ、結構な数のモデルで採用されてる方法。

GIMPでやる場合はこんな感じ。

わからなかったら"GIMP アルファチャンネル 削除" などで検索してみてね。
(気が向いたら一発でやるソフトを作っておいとくかも)
テクスチャを設定する
上の 画像を一覧表示させて探す で、いかにもなテクスチャがあるのにPMXエディタ上で表示されない?
そんな時は自分でテクスチャを設定しよう。
  1. PMXエディタで Pmx編集(初期ウィンドウ) → 材質タブ → それっぽい材質を選択
  2. 右下のTexにファイル名を書く。非透過度とかも気を付けてね。
もしくはもっと簡単に、ファイルを現在のテクスチャ名にリネームしてもいいよ。

テクスチャが無い! / テクスチャに納得がいかない!

同じボディの別モデルを探す
一からモデルを作るのは凄く大変だから、毎回やってる作者さんはそれほど多くない。
だから自分や他人のボディを流用している事が多いはず。

同じボディのモデルからはテクスチャが使いまわせるよ!
多少の色調補正や加工が必要な事もあるけどね
肌/局部の色を変える
テクスチャを何とか手に入れても、周りの肌とマッチしない時の手段。
勿論乳首や局部の色が気に食わない紳士も、同じ方法で調整すればいいよ

色調加工で頑張ろう
大抵のソフトはトーンカーブや色調補正から行える
最新のPhotoshopなら一発で色合わせできるみたいだぞ! (webのフリー版でもできるのかも?試してみた人加筆求む)
自分ですじを書き込む
おっぱい 乳首追加 その2 テクスチャ書き込み編と基本的に同じなので、そちらも参考にしてください。

肌や下着が表示されている場合
テクスチャの股間部分に肌色を上から薄く塗るだけ / 暗い線を書くだけ

メリット: 簡単。パンツを透過させるより 陰影や色むらがついてエロい。
デメリット: 凹凸感にやや欠ける

股の底辺あたりをもっとも濃くするのがコツ
パス付で紳士コミュに優れたサンプル画像があるって噂です。

もうちょっと詳しく!

モデリングされて無い!

別に保存されていないか確認する

CSVや別pmx等が存在しないか確認しよう。
MMD向け以外の形式で保存されている場合もあるよ。

別の体を移植する方法

難易度 ふつう

お目当てのモデルの頭部を、局部の実装された体に移植する。
違和感の無いボディが存在するか、多少体形が変わっても気にしないならおすすめだよ。

詳しくは首の挿げ替えを参照してね。

部分移植する方法

難易度 むずかしい

局部のみのデータや、別モデルから局部のみを持ってくる方法。
体形も変わらないからこだわり派向けの選択肢。

Blenderでモデルに性器を追加する - とある紳士MMDerの3DCG関係wikiに素晴らしいガイドがあります。

原理的にはおっぱい 乳首追加 その1 移植編と同じなので、そちらも参考にしてね。

大まかな手順

自分ですじを加工する方法

難易度 かんたん〜むずかしい

ちょっと窪ませるだけなら簡単講座


もうちょっと綺麗に窪ませたい


自分でくぱぁを実装する方法

難易度 とてもむずかしい

最後の手段として、自分で局部をモデリングする事が出来ます。
モーフも組み込めますし、くぱぁどころかぐぱぁとかぼこぉとか実装してしまう達人紳士もいます。
3Dモデリングツールの使い方を学び、根気と時間が必要ですが、エロにかける情熱さえあればやってやれない事はないはずです!
既存の局部では満足できない紳士たちが、くぱぁに挑み、あるものは破れ、あるものは偉大な成果を残したとかなんとか・・・


過去の記事

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます