ノクターンノベルズにて連載中の小説、大樹霜氏の「ガールズモンスター」についてのまとめwikiです。

グライド

名前初出:753−23.受肉(ヨナ視点)(1)
初出:756−10.獣神将グライド(1)

所属

誕生領域:人間領ファルナの転生者)
最新階級:C級マスター(セルエン)
最新所属:赤井直斗の騎士

容姿

髪の色:銀髪
c9caca
瞳の色:ブルーサファイアのように輝く青い目
00479d

おっぱい:超乳に近い爆乳
陰毛:不明

流れるような長い銀髪。そして獣耳。人狼か。
超巨大なおっぱい!超乳まではいかないか、行くかという、素晴らしい大きさ。
リザリンドに似たようなスタイル。
切れ長の青い瞳はブルーサファイアのように輝く。
やや垂れ目気味か。押しも押されぬ、絶世の美少女。*1

2023/10/11に作者によって行われたAIによるイメージイラスト作成(該当Twitter投稿)


UR種族:獣人(人狼)誕生: 280年頃属性: 神レベル:1/50初期価値:5000

覚えたわざ(初期)

UR種族:獣将誕生: 280年頃属性: 神レベル:40/50初期価値:5000

覚えたわざ
特性獣将仲間の獣人の全ステ100%UP
レベルわざ名最大回数効果備考
初期技獣牙15神属性物理単体絶大ダメージ
〜40獣将覚醒5自身全ステ1.5倍、毎ターンHP小回復、ターン1回自動攻撃
〜40魔技・獣将体術20神属性物理単体絶大ダメージ、行動不能付与、
体術に応じて何らかのステータス減、状態異常を付与する
〜5獣の闘気10味方全攻撃100%UP、重ねがけ可、ターン1回任意発動
〜9弾丸投げ10敵を弾丸のように投げ飛ばす
投げた相手とぶつかった相手に神属性物理単体超大ダメージ、行動不能
〜9捕縛術10敵を捕縛し一切の行動を取らせなくする
敵の力が自身の1/2未満の場合、紐で縛って永続で動けなくできる
〜14魔技・浸透剄10神属性物理単体超大ダメージ、貫通
〜20獣の威圧10闘気を放出し、敵を縛り行動不能とする 敵全体行動不能、味方全ダメージ1/4

最新表記ステータス*2

開閉


仲間ガルモン*3
名前レベル種族レアリティ価値(初期価値)備考編集
グライド40獣将UR6100(5000)
ミキ50図書館司書SR4600(3600)元N級ガルモン
イザベラ50翻訳家SR4500(3500)元N級ガルモン

経歴

  • 前世誕生:
 ファルナの、宗教を司る国であるグレスアディンにて平民の男として産まれる。
 幼馴染にマリータと言う名前の女性がいて、*4恋人として将来は彼女と結婚するのだろうと思っていた。
 しかし平民にしては珍しく神聖騎士の力を発現、神聖騎士養成学校連れて行かれ離れ離れになってしまう。

 卒業後は王国軍に就職。能力からか獣神将の名をを拝命、、軍人として任務からかあちこちに駆けずり回っていた。

 産まれもあり粗野な性格に育っていたために王族に無礼を働くなどで、いつも罰せられており特にサウザザールに毛嫌いされていた。
 処刑されるような事態にも陥るが、ただ処刑するよりはと苛烈で失敗前提の任務を命じられるが、生来の優秀さから生き残り見逃され続ける。

 そうこうしながらも、ようやく故郷に戻った時には愛するマリータは死亡していた。
 彼女の死亡の原因は、平民の神聖騎士に価値を見いだした貴族の仕業であり、マリータを捕縛して命令すれば自由にできると思ったのが理由だった。
 そして貴族は子飼いなのだろうか盗賊に命令したのたが、誘拐対象となったマリータは気丈な性格だったのか、
 グライドを自由にさせるまいと全力で抵抗、これにより殺害されてしまったのだった。

 事の次第に気付いた自身は、当然の如く怒り狂い盗賊たちを殺害し留飲を下げた。*5
 この時期の腐っている頃に、精神的ストレスから逃げる意味で娼館通いにはまってしまったようだ。

 その後は手に負えないと思った貴族の手によるものか閑職に追いやられていたようだ。
 そこに神聖騎士養成学校を卒業したサイラスと彼の仲間達が王国軍へ入隊、彼等が一人前になるべく鍛えろ言う名目で上官へ任命された。
 これは優秀過ぎるサイラスに対する嫌がらせ目的であるらしく、自身のような失礼な存在とトラブルを起こさせ、出世を遅らせようとしたのだろうと予想している。
 サイラスは王族とはいえ気遣いせず目的のみを話す点から意気投合、階級はすぐに追い抜かれたがサイラスの仲間のような形で過ごしていた。

 ちなみにサイラスは恋人と盗賊の件に不審な点を察知し、少々の調査の結果背後に貴族の存在を確認し断罪、諸悪の根源たる貴族達の首を自身の手によって跳ねさせてもらっている。*6


 しかし20代目の王 神聖君主カイゼルが晩年後継を決めずそのまま行方不明に、豪傑覇者グレートチャンピオンサウザールと花冠聖女フローリアフェリシア両名による後継者争いによる内乱が勃発。
 サイラスは恋人であるフェリシア側についたため、フェリシア含めた16人の仲間の一人として共に参戦したとみられる。

 戦力自体は劣るもののサイラスの知略により優勢に進んでいたが、仲間であったはずの暗黒騎士ガディン裏切られサイラスが自爆によりともに死亡。*7
 戦争を指揮する者がいなくなり敗戦、裏切り者として神聖君主となったサウザザールに処刑されてしまう。
  • 誕生:280年頃
 記憶を失った状態でガルモンワールドに転生し、獣神将と呼ばれていたためか人狼のURガルモンとして産まれる。
 ファルナ系は特殊なクラスに就いた状態になることが多いのだが、人狼として産まれたのもあり気づかれなかっただろうと予想される。

 人狼の一人として『ガルモンとして生まれたのだから、お前はマスターに仕えるべきだ』として教育を受けるが、前世の影響からか何かおかしいと違和感を抱えたまま育つ。
 ハーモス校*8に入学し、URガルモンであるため周囲の男性マスター候補からちやほやされ、そのために他のガルモン達からは嫉妬されていたらしい。

 卒業間際に行方不明のフェリシアルクレツィアを見つけ出すためサイラスが訪問、彼との面会により前世の記憶を取り戻す。
 彼に仲間として勧誘されるが、自身が人狼の女になっているのにサイラスが男性のままだという事実に嫉妬による怒りもあり勧誘を拒否、
 NPC化費用を出してもらい引退。*9エラキスの町というE級の町のNPCとして、ガルモンの顔を隠すべく覆面生活を続けていた。
  • デビュー&NPC化:295年頃
 生きるため*10にお金を稼ぐべくNPCとして仕事を行おうとしたのだが、見目麗しいURガルモンであるために女性らしい衣装を着たウェイトレスなどの仕事しか存在せず。
 前世が軍人であるためそれに類する仕事を行おうにも、マスターではないため不可能であり、仮契約であろうと使役されようものなら当然性行為を伴うと予想され、出来る仕事は少なくなるばかりだった。

 302年1月、ヨナがサイラスにより受肉の儀式を行われる直前、自身の名前と最低限の来歴を伝えられ、
 ヨナはせめて陰陽の神薬を使用してふたなりにならないかと赤井直斗に対して面会を勧めるメッセージを送られ、
 上記の理由により、サイラスの仲間になるのを拒否したのは失敗だったのではないかと悩んでいたのもあり即座に承諾。

 そして翌月赤井直斗と面会、自身の前世を含めた来歴を改めて伝え、直斗の徒弟となる契約の元*11陰陽の神薬を融通してもらえることとなり、、
 ふたなりへ変化させて貰い、儀式終了後直斗からガチャの為に2万G融通され、図書館司書ミキと、翻訳家イザベラの二人のN級ガルモンを引き当て旅立つこととなった。

 3月、旅に出る直前に今年の直斗徒弟達全員が集まり、ジャンヌレノックスイアンの3人を知る。

 その後に行われたレノックス&アリソン*12VSジャンヌの模擬戦ののち、
 勝利したジャンヌ相手に自身も模擬戦を行い勝利、神聖騎士であった前世の力の片鱗を見せた。*13

 さらにはミキとイザベラに対して情が沸いたのか、彼女たちをのレアリティを上げるために進化の秘薬、進化の霊薬、進化の神薬の3種を直斗より融通してもらうことになり、
 彼からは使用制限としてG級ではN級のまま使用せず、F級の間はHN、E級でR、D級でようやくHR、そしてC級で全制限解禁など、最低限の贈与条件を提示される。

 この上てガルモン週報のインタビュアーである、ラニーニャが新人マスターに対する取材もあり、*14 アメンの町にてデビューする事となった。
  • 再デビュー:300年3月
 予定通り直斗に引き連れられてアメンの町にてデビュー、ラニーニャによる直斗のインタビューで少々の受け答えの後は、
 新人G級マスターとして、1日5連勝を二日連続で達成、これによりF級昇格を達成した。

 その直後、レアリティ向上に気後れするミキとイザベラ両名に幼馴染に関する顛末を説明の後、進化の秘薬を使用してもらいHN級へと昇格させている。

 F級ではガルモンワールドでの産まれ故郷に一度戻る事を選択、卒業したハーモス校に近いF級の町であるファーゴの町に移動、
 何事も無ければ自身を連れてデビューするはずだった、ソラヴィオと再会するなど少々のいざこざがあったものの、*15
 借金返済を目標とする上では何の問題もなく24連勝を達成、E級昇格を決め次の町へ向かうのだった。

 E級の町は地元に存在するイーサンに決定、*16ファルナ系由来のの圧倒的な戦闘力にはE級マスターでも相手にならず、
 1日3回ずつ、後半4回*17で50連勝を達成、これにより再デビューからほぼ1ヵ月程度でD級へ昇格した。

 ちなみに直斗から頼まれているレポート提出を、面倒くさがったのかミキ筆記も含めて全て丸投げしており、
 本編の内容自体に含まれてはいないが、情事の内容も含めて事細かに描かれている。*18

 4月、ミキとイザベラを二人ともHR級に昇格させた後はドレフェスに移動*19、D級であろうとファルナ系である自身に有意に立てるガルモンはおらず、
 ノルマとして1日3戦勝利を続け、月末のトーナメントも圧勝しC級挑戦権を獲得すると、そのままC級マスターに勝利、圧倒的な実力でC級昇格後には借金返済も完了、
 ミキとイザベラのUR昇格を目的としたダンジョン攻略も兼ねて、直斗の騎士として雇用されることに。

 ちなみに、直斗の騎士となった後に公開されたミキによるレポートとして送られたであろう一幕では、*20
 愛するミキとイザベラをたくましい男性器で楽しませながらも、股間部にふたなりとして存在し続ける女性器に対して、
 舌技で責め立てられるなどで、本能に刻まれたガルモンとしての情欲を、男としての意識に植え付けられそうになっている事実が見て取れ、
 性行為のよる自身への調教を自覚しながらも、これもまた新たな人生だろうとして半ば諦めながらも楽しむ気持ちを確かにしている。

 5月、直斗の命によりユーフォリアパーティを貸し与えられた上で百花繚乱の自然洞向かった結果、
 進化の書物を2冊手に入れ仲間2人をSR級へと昇格させるとともに、同時にロゼッタストーンを獲得しイザベラのSSR昇格への道筋を確かとした。*21

 8月時点では、直斗よりS2級ダンジョンの単独攻略を任されるに至っており、鬼の修練場のボス魔物である鬼人を体術によってほとんど何もさせず討伐成功している。


 初期価値:5500*22
 レベル:1/50
 種族:獣人(人狼)
 所有者:グライド(本人)
  • ステータス初判明時
 価値(当時):5500
 レベル:5/50
 種族:獣人(人狼)
 所有者:グライド(本人)
 ステータス掲載回:788−26.徒弟編181 302年3月 グライド E級 + まとめ
  • クラスチェンジ:8月頃
 価値(当時):6100
 レベル:40/50
 種族:獣将
 所有者:グライド(本人)
 ステータス掲載回:798−9.C級編 302年8月 イアンの冒険、レノックス、グライド

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!