ノクターンノベルズにて連載中の小説、大樹霜氏の「ガールズモンスター」についてのまとめwikiです。

ゲルトルード・マルバス


名前初出:657.第二回魔神戦争準備(1)*1
初出  :759.13魔神会議(2)

所属

誕生領域:魔物領
最新階級:13人の最強魔神 序列3位

容姿

髪の色:黒髪
000000
髪の色:紫
af50af

おっぱい:爆乳?(AI画像からの予想)
陰毛:

黒髪に紫の瞳。スタイル抜群の絶世の美女。*2

2023/10/27に作者によって行われたAIによるイメージイラスト作成(該当Twitter投稿)


ステータス

UR種族:魔神誕生:不明属性:不明レベル:900?*3初期価値:5000
配下魔将

開閉


経歴

  • 誕生:不明
 魔物領にて産まれ、マルバス血統を今に伝える人物であり、当代の13人の最強魔神に数えられる存在であり、
 更に階級は全13人中3位と、圧倒的な力量を誇る存在であろうと予想される。

 その力量から本来ならば自身が所属するルシファー閥の党首となるはずなのだが
 13人の最強魔神の中にはコーネリア・ストラスヴィオラ・フォカロルと言う名前の、
 自身を含めルシファー閥の3筆頭と呼ばれる強者が在籍しており、
 己こそが党首になろうといがみ合っている状態であるとされる。*5

ルシファー閥内のいがみ合う原因について


 そして302年1月1〜5日までの期間で、コーネリア・ストラス領に対する第二回魔神戦争が勃発、
 これはS級マスターのサイラス赤井直斗の共同によるものであるのだが、)なんとこの魔神戦争の結果は
 コーネリア・ストラスの敗北・捕獲の結果に終わったのである。

 これ自体はいがみ合っていた派閥内一派が瓦解した形であるのだから、自身にとっては朗報ではあるのだが、
 問題はこの後に行われたサイラス主導による魔神領突撃作戦で、ルクレツィア・アンドロマリウスに捕縛され、監禁・拷問されていた、
 フェリシア・セーレがサイラスの勧誘に応じたのか、使役されないまま人間領へ逃亡し魔神達を裏切るなどという一大事件が発生したのである。

 この大事に対して同年2月24日に、魔神会議の開催を決定、当代13人の最強魔神全員に打診した結果、
 捕縛されたコーネリアと、裏切り者フェリシアを除く全員が集合し会議の開催を宣言した。

 ちなみに魔神会議での登場方法は、歯車で自立稼働する奇妙で歪なからくり人形を空中から落下させ、
 その人形が口を大きく開け、口内から出現するという異様なまでにグロテスクで狂気的なもので、
 配下の魔将と予想されるカタリナ*7と言う名のメイドを従者として従えて現れている。*8

 議題は上記2種の問題を元にした、

・コーネリアの次の最強魔神は誰を選ぶか
・裏切り者フェリシアと、それを主導した人間にどう対処するか

 であった。

 13人の最強魔神は当然、ルシファー閥次期党首の座を確実とするべく、
 自派内の最強の魔神であるアネッサ・ウァレフォルを推挙したのだが、
 そこにもう一人のルシファー閥3筆頭であるヴィオラ・フォカロルが、
 自身と同様の理由でストレア・ブエルを推挙したがために、
 半ば言い争いに近い口論が開始されたのだが、、

 そこに階級13位のナイア・ウァプラが昔、
 赤井直斗に敗北した事実からの対抗策として『人間領のS級マスターを屠るか捕える。』
 成功させた魔神を次の13魔神に認定することを提案。

 その後の弁論でどのように決定させるかを話し合った所、
 最終的に協力関係である、人間領、妖精領吸血鬼領に居住するマスター達を、
 得点に見立て、殺害・捕縛の数を競う『13魔神選考ゲーム』を9ヶ月後に開催する運びとなり、
 この結果に満足して自領へと帰還した。*9

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!