ノクターンノベルズにて連載中の小説、大樹霜氏の「ガールズモンスター」についてのまとめwikiです。

フェルグス


名前初出:36−4.ガルモン年鑑
初出  :123−1.S級会議・議題3

所属

誕生領域:人間領
最新階級:死去(302年9月3日)

容姿

髪の色:
000000
瞳の色:
000000

筋肉バキバキのボディビルダーっぽい。角刈りがヤクザっぽくもある。*1

2023/3/30に作者によって行われたAIによるイメージイラスト作成(該当Twitter投稿)


仲間ガルモン

名前レベル種族価値備考編集
ダーキニー59鬼神騎士8600
レベッカ58守護騎士7400死亡
ジェシー58守護騎士7300
マリー52守護騎士7300所在不明
リリー52守護騎士7300所在不明
アニータ58守護騎士7300死亡
ターナー58守護騎士7300死亡
スイール59獣王騎士8500

サブマスター

名前備考編集
ダニエル元B級 フェルグス死去の為党首代行に
グラハム元C級

雇用騎士

全14名、この内全権委任騎士は4名


経歴

  • 誕生:268年頃
 S級中位マスターの*2マッコイ血統として生まれる。
 男性マスターとなる実子がいて、彼の名前はアドン 302年現在6歳。
  • デビュー:
 性獣と呼ばれ、これまでに4回の百人抜き*3を達成している。
 5回目の百人抜きに挑戦するがロザリアの参戦により失敗し、賭けの借金で破産する。
 298年S級順位戦でシャイナに勝利し21位となる。
 礼堂学園杯トーナメントでシャイナに敗北し22位。
 300年S級トーナメントでゼイロスに敗北するが引退の都合で21位となる。
 301年S級入れ替え戦ではマックス?とセックス勝負*4を行い勝利する。
 301年6月下旬に行われた赤井直斗杯にて初戦でゴルディンに敗北、ルリアの昇格のあおりを受け最終的に22位に。
 徒弟*5制度にて、初年度終了時点である301年10月末現在の育成状況はC級1名、E級1名、G級1名達成。

 302年S級昇格戦では、A級7位ラースハイドに挑まれ、1stでは堅実な守りでかろうじて優勢に進めるが、
 しかし2ndではレオンハルトの所持ガルモンであった月兎神エルミラの戦闘能力には敵わずS級22位からA級に陥落した。
 
 それでも既に昇格を決めているユーフォリアグリエラがが挑戦時点で直斗の騎士に戻る事を表明しているため、S級に残留が確定*6。最終的に21位となった。
  • 死亡:302年9月3日
 レベル100以上の魔物出現の知らせを受け、第4回妖精大戦の最終日ながら*7、直斗への反抗心も相まって兼ねてからの予定通り魔物討伐の任務にて、
 転移移動役のフィオリと、目標地点まで索敵役のセネの2名のガルモンを引き連れ魔物領へと向かった結果、不幸にも魔神会議にて人間達への降伏勧告の大役を任されていた
 シャルロット・ベリトが、本来の主人であるカイゼル扮する仮面卿を引き連れた状態で会敵、圧倒的な力量を持つ彼女にはS級21位の身では抵抗さえも許されず首を両断され非業の死を遂げた。

 残った首は彼女との戦闘後、降伏勧告を記したメッセージを人間達へ届けるべく、生存させたガルモン、ダーキニー、ジェシー、スイール、セネらの手により事態を伝える手紙代わりに帰還を果たす。
 フェルグス自身の首を手土産に、S級マスターの死を伴う凶報が他のS級マスターたちの元へ届いたのは、妖精大戦が直斗の優勝で終了し、妖精女神アウレリアの誕生に沸く翌日の4日の事だった。

 そして、彼の死を起因とした緊急のS級会議が開催され、最善の対応が話し合われた。→302年9月緊急S級会議

 当主の非業の死により、自身が受け継いできたマッコイ血統は元B級マスターのダニエルが党首代行として働くこととなり、
 フェルグスの息子アドンがデビューするその時まで彼により生き残ったガルモン達とともに守り立てて貰うこととなる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!