ノクターンノベルズにて連載中の小説、大樹霜氏の「ガールズモンスター」についてのまとめwikiです。

教育

学校

人間領では義務教育として、6歳から15歳までの学校教育があり、以後親がそのガルモンやマスターに関わることは殆どない。
貴族の場合は義務教育は免除されるが、姉妹が居ない場合などは学校に入学する場合もある。
学校によって多少時期が異なるが15歳の3〜4月にかけて卒業となりデビューを果たす。
卒業時には同級生のガルモンから3人を仲間にして旅立つ。
卒業時に選ばれなかったガルモンはガチャ入りとなり、ガチャで排出されることを待つことになる。

教師は大部分がF級NPC、E級NPCであり教師の質が高くないことと、全員に基礎的な内容を教える目的から教育のレベルはあまり高くない。*1
マスターのバトルの訓練は、学校付きのガルモンと仮契約を結ぶことによって行われる。
学校付きガルモンも学校の職員であり、バトルの訓練の時はこうして駆り出される、NPCガルモンである。
ガルモンの訓練は別に行われ、武器を扱う訓練や、魔法を扱う訓練を積む。

徒弟制度

300年8月のS級会議で徒弟制度の設立と勲章の規定が決議された。
徒弟制度
・S級、A級、B級マスターは徒弟を持つことができる。騎士とは別枠で12人まで。
・徒弟はD級マスター以下、及び学生の最上級生から選ぶことができる。
・マスター同士でかち合った場合は早い者勝ち。
・選び方は各マスターに一任する。
 ただし、選び方はS級会議が閲覧できるように公開する。
 問題ある選び方は厳禁(殺し合いして勝った者や、金を高額支払った者など)
・学生を徒弟にする場合は、仮徒弟制度を使用できる。
 一学年の全学生を仮徒弟とし、卒業時に所定の条件を満たした者を正式に徒弟とする。
 仮徒弟制度は最長で一年間。つまり最上級生のみ可。
徒弟勲章
・育成した徒弟がC級マスターまで到達した場合、徒弟卒業とする。
 徒弟の経験は勲章ページに刻まれるので、徒弟の活躍は師の活躍と言える。
 その後徒弟がB級〜S級に昇格すればB級徒弟〜S級徒弟の名誉勲章が得られる。
・徒弟卒業できなかった場合、卒業失敗の不名誉勲章となる。
 徒弟側の問題であったとしても、そのような徒弟を選んだことが問題であるため。
・徒弟卒業した者がB級〜S級に昇格できなかった場合(死亡、引退)
 卒業引退の不名誉勲章となる。
 高難易度の挑戦を行った結果や等、やむを得ない場合もあるが、不名誉とする。
・従弟卒業した者がC級のまま騎士、傭兵、ダンジョンエクスプローラーとして大成した場合、
 準名誉勲章が得られる。
 魔神の襲撃から民を守る為、等の栄誉ある死や負傷による引退の場合は、準名誉勲章とする。
・名誉勲章が一人も出ないまま100人不名誉勲章を取ったマスターは、以後徒弟の所持禁止。
 本人数は今後の実績により見直す。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!