ノクターンノベルズにて連載中の小説、大樹霜氏の「ガールズモンスター」についてのまとめwikiです。

妖精大戦

 妖精大戦とは妖精領の行く末を決定する次代の妖精女神を、
 5人の妖精女王の中から選定する最も神聖な儀式である。

 開催決定時には、光り輝く月の祭壇が突如として出現し、
 台座には美しい鏡、宝玉、と妖精女王の代名詞となる『剣』 『鞭』 『弓』 『杖』 『槍』
 全ての武器に見える特殊な宝器を含めた3種の神器すべてに魔力が溜まった時開催の運びとなる。

ルール

 妖精大戦のルールを参照。

歴史

  • 先史
長らく開催方法が不明であり、妖精領の一万年の長きに渡る歴史の中で、奇跡的に妖精女王が5人揃う時を待つしかなかったと予想される。
妖精女王を選定する妖精戦争の開催が月の満ち欠けなどの条件が奇跡的にかみ合う時を待つしかなく、数百年に1回程度のスパンでであった事実を鑑みて、
ガルモンの寿命が300年の時間しかないがゆえ、妖精大戦の開催は奇跡同前であると考えられるだろう。
  • 約300年前
妖精姫アウラ*1が妖精領に残る文献を解読し、妖精戦争開催方法を確立。
そしてアウラ自身を含む妖精女王5名を揃え、『第3回妖精大戦』*2が開催、アウラ自身が優勝し妖精女神となる。

  • 301年10月
第51回妖精戦争?完遂により、妖精女王5名勢揃いし月の祭壇が出現、3種の神器に魔力が溜まるであろう302年9月、妖精大戦の開催が確定する。

  • 302年9月
予定通り妖精大戦が開催、この時妖精大戦が4回目である事実が確認される。

 第4回妖精大戦に参加する妖精女王
 ・『剣』の妖精女王 エルフィーナ  (フェアリー族)
 ・『鞭』の妖精女王 エルフォビア  (ホビット族)
 ・『弓』の妖精女王 エルフリーデ  (エルフ族)
 ・『杖』の妖精女王 エルファリア  (フェアリー族)
 ・『槍』の妖精女王 エルフェデール (ダークエルフ族)

各大会の結果

回数優勝者妖精女神''備考'
第1回&第2回不明不明記録がなくすべてが不明の妖精大戦。
どちらかの優勝者がおよそ1万年前の大離散時代開始時期に、
流浪の旅から妖精領を興したのだと予想される。
第3回不明アウラ好奇心旺盛なアウラが夢を叶えるため引き起こした妖精大戦。
アウラは妖精女神としての鶴の一声で、東征の旅へ出てた結果、
システムを再興し人間領を興し世界管理官となっている。
第4回開催中開催中

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!