小説家になろうにてココナッツ野山(たぴ岡)先生が連載中の小説「ギスギスオンライン」についてまとめるwikiです

概要

ラムダ麾下のギルド憑きプレイヤー。ギルドとしてのジョブは狙撃兵。ハイフレームを持つ変身できる種族、七土の角の民。エンドフレームに蛆虫型の工兵が寄生している。最終レベルは522。エンドフレーム時は通常の+1000に加えて、ギルドの力の分なのかさらに+500されレベル2022になる。

天才的な才能を持つペペロンに対して一方的な執着を抱いている。ギルドの誘いに乗ったのもペペロンと共に永遠の時を過ごすため。ペペロンと同時期のプレイヤーであることから、こちらも恐らくプレイヤー自身は故人で、アバターが独立して動いているものと思われる。

コタタマセブンとの戦闘で、カーディナルにジョブチェンジしたコタタマに敗北した。が、これはコタタマが仕掛けたブックであり、ベムトロンが与えた工兵によりコタタマ自身は記憶を維持したまま、他のプレイヤーの大量ロストを狙ったもの。まさか裸に剥かれるとは思ってなかったようだが。
この時、クァトロの身体を乗っ取ろうと画策している旨の発言をしたが、元プレイヤーである彼女にそのような力が備わっているとは考えにくく、寄生している工兵の意思が強く出た発言と思われる。

ラムダの指揮下にあるが理不尽な指令や意思疎通のできない同僚のせいで酒浸りの毎日を過ごしているようで、彼女のゲストルームは酒場になってしまった。

現在はクァトロを追うラムダと共にョレ宙域を去ったようだ。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます