小説家になろうにてココナッツ野山(たぴ岡)先生が連載中の小説「ギスギスオンライン」についてまとめるwikiです

概要

こちらの世界に転移したクァトロが最初に協力を求めた七つの種族。クァトロは手当たり次第に声を掛けていった訳でなく、有望な種族からスカウトしていった。こちらの宇宙では最高峰のポテンシャルを持つ種族たちと考えていいだろう。
七土種族の土はゲストの天に対しての地を意味している。七大地人や単純に七種族など色んな呼び方がある。七土種族はいずれも天文学的な確率を繰り返して生まれた種族。奇跡的な確率によって作られた過酷な環境が彼らを強者へと育て上げた。
七土のその高い能力は本当に自然に生まれたものなのかという疑念を産んだようで人造生物であることの含みを持たせた蔑称が存在する。翻訳機能により日本語話者には妖怪の呼称が当てられている。なお彼らが互いを蔑称で呼び合っていたのは過去の時代のことであり、現在では一般的には差別用語、および一部界隈ではあるモノ*1の特徴を言い表す隠語として扱われる。

レイは七土種族の長だがそれがどういう立ち位置なのかは不明。ネカマ六人衆に置けるセブンのように外部のまとめ役ということなのか、はたまた七種族の内の一種族の長に収まっているということなのだろうか。

該当キャラクター

劼量
パフワ曰く蜘蛛。蔑称は土蜘蛛。翻訳機能とチャンネル操作の結果、種族人間の目には髪を触手の如く自在に操ることができるように映る。束縛的な種族。戦闘記憶を継承させることができる。
角の民
プフ曰く鬼。蔑称は童子。外骨格を持つらしい。全身に角(トゲ)が備わっている。ハイフレーム/ハイエンドフレームに変身した際はそれが伸びる。情熱的な種族。
火の民
詳細不明。蔑称は餓者。マジンガーやドラム缶に例えられる重厚なエンドフレームを持つ。かなり不自然な存在であり、人造生物らしい。
他の種族に比べ長い寿命を持つ。
王星ジャスティンとやらに生息し、またフリオが皇太子であることから君主制の国家が存在することがわかるが、それが飢者における唯一の政権なのか、ほかの政治形態があるのかは不明。
?の民
詳細不明。入道の蔑称で呼ばれる。
?の民
詳細不明。地蔵の名で呼ばれる。蔑称であるかすらも判然としない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます