" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

モスピーダのシーエムズ・コーポレーションが破産

0 yui1107 yui1107 - 14/03/06 21:52:41

(株)シーエムズコーポレーション(TDB企業コード:981484996、資本金5000万円、東京都千代田区西神田2-3-4、中鉢和子氏、従業員5名)は、3月3日に東京地裁へ自己破産を申請した。

申請代理人は森公任弁護士(東京都中央区新川2-15-3、電話03-3553-5916)。

当社は、2003年(平成15年)3月に設立。

アニメーションなどのキャラクターであるロボットや美少女フィギュア、合金模型を開発。


製造は中国の外注先に依存する形で、オリジナルの合金模型「BRAVE合金」、合成樹脂模型「グッとくるフィギュアコレクション」「メカアクションシリーズ」「ラリーカーコレクション」シリーズを主体にゲームソフトやDVDなどの付録としてОEM商品も製造。

国内玩具店向けに販売する一方、アジア諸国へも輸出し、ピーク時の2007年2月期には年売上高約6億5900万円を計上していた。

しかし、ロボットフィギュアを中心に国内の販売は低下傾向を示し、ヒット作にも恵まれないなか、2011年2月期は「ラリーカー・コレクション」シリーズなどの不良在庫の処分で新アイテムの開発が出来なくなったこともあり年売上高は約1億6200万円にダウン。

1億円を超える最終赤字を計上して債務超過状態となっていた。

その後も東日本大震災発生後の需要減少もあり、2013年2月期の年売上高は約1億7200万円に留まっていた。

このため、金融機関への元本返済の棚上げなどリスケジュールを行っていたが資金繰りはひっ迫、今回の措置となった。

負債は約4億円の見込み。

「モスピーダのシーエムズ・コーポレーションが破産」の画像「モスピーダのシーエムズ・コーポレーションが破産」の画像「モスピーダのシーエムズ・コーポレーションが破産」の画像
  • 全部
  • 最初の100件
  • 最新50件
  • 全部
  • 最初の100件
  • 最新50件
スレッド一覧に戻る
このスレッドに投稿する(は入力必須)

全角1000文字以内

※それぞれ5MB以下のJPG,PNG,GIF形式のファイルを3枚までアップロードできます。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます