" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

要約解説

アカデミーコミックス【Academy comics】から出版された『ロボテック:ロマンスシリーズ』と呼ばれる作品群。
ロボテック版ハーレクイン・ロマンスレーベルを目指した作品。

リサ・ハイエス【Lisa Hayes】、クローディア・グラント【Claudia Grant】や、ブリッジ・オペレーター( Bridge Bunniesと呼ばれる )達の士官学校時代話。

若き日のロルフ・エマーソン【Rolf Emerson】がキム・ヤング【Kim Young】の「恋のお相手役」で登場する。

本編より、サンプル画像

ダイニングバー「フライヤ」【flyer】にて

第0巻(導入篇)よりサンプル画像


  • クリックにて原寸 777 pixel x 1,200 pixel に復帰します。
  • クリックにて原寸 750 pixel x 1,200 pixel に復帰します。
  • クリックにて原寸 734 pixel x 1,200 pixel に復帰します。
  • クリックにて原寸 size 726 pixel x 1,200 pixel に復帰します。

登場人物

アカデミー社廃業案内(1996年11月)


ライセンス取消しのお家騒動については何も書かれていないが、実質ロボテック・シリーズの漫画化の為に起業した独立系出版社であったので、企業経営的には廃業するしか無かったと思われる。

確かに画力に難のある作家も何名かいたが、企画自体の方向性には誤りは無かっただけに、経営者の無念さが文章から滲み出てている。

真実は見えるか? 【Not even justice, I want to get truth ?】(太陽の牙「ダグラム」より)

1996年10月末、ハーモニーゴールド USA 社はアカデミー社のロボテックのライセンスを突然取り消し、南極出版社【アンタクティック / Antarctic Press】社にライセンスを与えた。

理由は発表されていないが、最も予想され得る取り消し理由として業界関係者は、南極出版社がハーモニーゴールド USA 社に対して「より多くのライセンス料を支払うことを申し出た」とみている。

アキッド・レイン・スタジオ【Acid Rain Studio / 酸性雨スタジオ】による「ゴシック小説」から題材を採った吸血鬼シリーズなど、他分野の漫画の出版も開始し、経営の多角化を目指していたとはいえ、総売上の過半数を占めていたフラグシップ・シリーズであるロボテック・シリーズのライセンス取消しの影響は大きく、アカデミー社はその後直ぐに(同年11月)事業を閉じた。

  • 読者に対するお別れの案内状。


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます