" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

資料画像

本来の「変性」目的


いわゆる「参謀役」としての摂政リージェントの知恵の不足を嘆いた女王リージスが、文字通り顧問役こと「ブレーン・トラスト」として錬金術とでも形容するしかない、プロトカルチャー (資源)の中に潜む、未だ人類側には解明されていない、インビッドの女王、準女王級にのみ作用する何らかの効果に基づいて、文字通り変成により創造された。

システム概念


イノガニック (インビッド)自体は、摂政リージェントインビッドの初めての知識と技術、科学という新しい【文化】によって作られた。

一方で、ブレイン自体は女王リージスが摂政リージェントと袂を分かつ*1、かなり以前に彼女自身の魔術的な、言い換えるならば、超自然的な錬金術によって一瞬にして『変成の技』で生み出された。

インビッド・ブレインは複数の種類で役割分担をするイノガニック (インビッド)、人類側の電子機器能力では、全く妨害不可能な*2、つまりはジャミングの影響を受けない、精神感応波を通して、戦況の判断をし、統合的な戦術指揮命令を、イノガニック (インビッド)に、群れ単位で下す。

また、群れの構成変更や分割、戦略的な行動、つまりは戦術的にはマイナスでしかない自己保存本能に反する自殺(自爆)や特攻の自己矛盾行動指令も「インビッド・ブレイン」の強力な指揮機能である。

このため、摂政リージェントといえども、無下には一個にして集団である『彼ら』の決定には逆らえない。
トーマス・リリイ・エドワードはこの盲点をついて、遠征艦隊への謀反後に見かけ上の枢軸同盟を結んだ後に今や敵になった遠征艦隊側のブリタイ・クリダニクを足止めに利用して、インビッド摂政リージェントを始末した後に、ヴァリヴェール恒星系の実権を握る為に、インビッド・ブレインを利用した。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます