" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

派生母体

VA-3 インベーダー・可変攻撃機を基本型とした、滑水/潜水仕様

唯一の一般商品《ガレージキット除く》

  • 1/200 バリアブルファイターズコレクション シリーズ 第1弾
  • 銘板は小箱内に同封のシールを購入者側で自分で貼りつける形。


レビューブログ【個人ブログ】
やまと廃業により、実現しなかった第3弾

カラー画 (飛行形態/攻撃機)

大気・重力圏内の離着水形態

着水寸前には水面からの距離を稼ぐ為、浮舟を展張


大気・重力圏内の潜水形態(方向安定性の保持)

水の抵抗

水の中を進もうとしても陸上のように簡単には進めません、水の抵抗があるためです。


液体では分子間に摩擦が生じる為「粘性」という性質をあらわします。
  1. 高い粘性を持つもの、例えば「水飴」とかはゆっくりと流れます。
  2. 純粋な「水」や「アルコール」のように粘性の低いものは速く流れます。
  • 「粘性抵抗」
  1. 空気の粘性係数は 1.809×10-4g/cm.sec
  2. 水の粘性係数は  0.797×10-2g/cm.sec
水の粘性は空気の約44倍です。
  • 「密度」
  1. 空気の密度は 1.205×10-3g/cm
  2. 水の密度は  0.996g/cm
水の密度は空気の約827倍です。

それ故に、水中運動は空気中の約19倍の粘性抵抗を受けることになります。

【VA-3】より記事分離の理由

離着水能力、潜水能力の特筆性による。

技術的なデータ

器材タイプ:地球統合軍 全領域 可変攻撃機
所属:宇宙軍【U.N. Spacy】(第727の独立したVF-Xレイバンス「アルファ・チーム」)
メーカーノースロップ・グラマン
導入:不明
宿泊設備:パイロットのみ。(コックピット・ブロックは本体に、直接バトロイド形態の頭部下に格納されます。)

Technical Data
Equipment Type: UN Forces all-regime variable attack craft
Government: U.N. Spacy (727th Independent VF-X Ravens "Alpha Team")
Manufacturer: Northrom Grumman
Introduction: unknown
Accommodation: pilot only (cockpit block is stored in the body, directly under the head in Battroid mode)

寸法

攻撃機形態のみ判明。他は調査中

翼長16.20メートル
長さ15.89メートル
高さ4.82メートル
空虚重量13.3トン

構造

:スペース金属フレーム、SWAGエネルギー転換装甲

主機関

主発動機中島航空発動機製造株式会社(当時)/プラット・アンド・ホイットニー【Pratt & Whitney P&W】ロールス・ロイス plc3社の協同開発
発動機種別FF-2020A プロトカルチャー (資源)核融合ターボファン・エンジン×2基
主機推力11,500kg×2
推進力22,000kg[x g]のx 2 (215.82kN x2)
・エンジンの2箇所の VTOLノズル
・多数のプラット・アンド・ホイットニー【Pratt & Whitney P&W】 HMM-3A 高機動バーニア反動推進スラスター
推力重量比3.31(空荷)

  • Dimensions:
Attacker Mode: wingspan 16.20 meters; length 15.89 meters; height 4.82 meters.
Mass: empty 13.3 metric tons
Structure: space metal frame, energy converting armor
Power Plant: two Shinnakasu Heavy Industry/P&W/Roice FF-2020A thermonuclear turbine engines.
Propulsion: 22,000 kg [x g] x 2 (215.82 kN x 2); 2 x VTOL nozzles in engines; many x P&W HMM-3A high maneuverability vernier thrusters.
Thrust-to-weight ratio: (empty) 3.31

性能

攻撃機形態:10,000人のmマッハ2.2+で;30,000+ mマッハ4.2+で
重力加速度【G】制限:未知数

  • Performance:
Attackerr Mode: at 10,000 m Mach 2.2+; at 30,000+ m Mach 4.2+
g limit: unknown

設計特徴

デザインは、以下を特徴とします
:3-モード可変的な変化;軍の変形のFCS;センサー(Battroidモードのヘッド単位より上に、 Attacker/GERWALKモードで背の前の鼻部の上で上りました)
;垂直離着陸(VTOL)
;格納式の天蓋カバー(Battroidモードのために)
;堅い3つのx特別な器材は、折り目ブースターや2台のロケットブースター(背の胴体の上で上りました)のオプションのために、駅を示します
;特に低い高度で、VAシリーズは、ムードで安定性と機動性のために設計しました
;エンジン・モーターは、主な翼付け根の中で増えました
;腕単位は、主な翼の中心で上りました
;VA-3シリーズは、VFシリーズ(battroidモードは、形をZentradi戦闘ポッドと類似しているようにします)と異なる変化構造を採用しました
;主翼は、Battroidモードのシールドになります
;小さくて、掃除は安定性のために主翼を後退させます;胴体の後部の部分の水平安定板と垂直尾;主翼の下のさやは、垂直舵による浮揚のさやとして二倍になります
;水中の水中のnavagationモード
;主なウィングチップは、それによって水抵抗を減少させている全体幅を減らすために、潜水のために90度を折ります。

Design Features: 3-mode variable transformation; FCS in military variants; sensor (mounted on dorsal forward nose section in Attacker/GERWALK mode, above head unit in Battroid mode); vertical take-off and landing (VTOL); retractable canopy cover (for Battroid mode); 3 x special equipment hard point stations for option of fold booster and/or two rocket boosters (mounted on dorsal fuselage); VA series designed for stability and mobility in atmosphere, especially at low altitude; engine motors mounted within main wing roots; arm units mounted in center of main wing; the VA-3 series adopted a transformation structure different from the VF series (the battroid mode has a form similar to the Zentradi combat pod); main wing becomes shield in Battroid mode; small, sweep back main wing for stability; horizontal stabilizer and vertical tail on the rear section of the fuselage; pod under main wing doubles as a flotation pod with a vertical rudder; underwater submerged navagation mode; main wing tips fold down 90-degrees for diving to reduce overall width thereby decreasing water resistance.

武装

VA-3M 火器

2つのxは、光線銃(Attackerモード(GERWALK/Battroidモードの下のアーム操作装置)で、前のポンツーンで上りました)を固定しました。

  • Armament -
  • Guns:2 x fixed beam guns (mounted in forward pontoons in Attacker mode, lower arm manipulators in GERWALK/Battroid modes).
Bombs & Missiles:
原型 VA-3 の搭載火器
1 x GA-22 60mm 多目的・ガトリング・ガンポッド

Guns: 1 x GA-22 60mm multi-purpose gatling gun pod

VA-3M 外部搭載(爆弾とミサイル):

攻撃機形態での2基の固定マイクロ・ミサイル・ランチャー(ガウォークおよびバトロイド形態では下腕部マニピュレータ部)
多くのハードポイントは、6本高機動ミサイルと水中魚雷(水中使用のみ。航空魚雷は別途)。

  • 2 x fixed micro-missile launchers (mounted in forward outboard pontoons in Attacker mode, lower arm manipulators in GERWALK/Battroid modes)
  • many x hard points for 6 x high-manuverability missiles and torpedoes (for underwater use only).
原型 VA-3 の搭載爆弾&ミサイル
2基 x 固定マイクロ・ミサイル発射装置(筒)
攻撃機形態で前方の艇外の平底ボートに取り付けられ、ガウォークおよびバトロイド形態では下腕部マニピュレータ部に移動する。
ミサイルから魚雷まで、搭載量を変動可能な、6箇所の翼下ハードポイントに加えて、5箇所の胴体下ハードポイント。総計19.82tまで。

Bombs & Missiles:
2 x fixed micro-missile launchers (mounted in forward outboard pontoons in Attacker mode, lower arm manipulators in GERWALK/Battroid modes)
6 x underwing hard points plus 5 x fuselage hardpoints for variable ordnance (including missiles and torpedoes) totaling 19.82 metric tons.

説明と歴史

VA-3Mは、表面/空爆作戦だけでなく、水中の戦争のために使われるためにできている標準的なInvader可変攻撃機の派生種です。

VA-3Mは、 VA-3と同じヘッド単位を利用するが、完全に新しいポンツーン/腕単位を特徴とします。

水陸両生のVA-3Mは水中の戦闘のためにミサイルと魚雷で武装しています、そして、前のポンツーン/腕単位の従来のレーザー大砲の両方ともより用途が広い光線銃と交換されます。

水中で水に入れられるとき、VA-3M は主翼を折る特別な構成を持ちます、そして、後部の水平安定板は操作して水中で中で援助するために前方へ回転します。

2050年12月1日に、第727の独立したVF-Xレイバンス「アルファ・チーム」は、エデン3に「ヴィンディランス」【Vindarance】テロリストを追跡しました。

「ヴィンディランス」軍の潜水艦を襲撃するために、VF-X「レイヴンズ」の 指揮官「エイジス・フォッカー」は、VA-3Mを操縦して、水中の軍隊を攻撃しました。

大型兵器搭載能力と環境適応能力に関して融通が利くM派生種 の「インベーダー」【Invader】は、フォッカーが敵軍を滅ぼすことに成功するのを助けました。

The VA-3M is a variant of the standard Invader variable Attacker built to be used for underwater warfare as well as surface/air operations.

The VA-3M utilizes the same head unit as the VA-3 but features completely new pontoon/arm units.

The amphibious VA-3M is armed with missiles and torpedoes for underwater combat and both of the traditional laser cannons in the forward pontoons/arm units are replaced with more versatile beam guns.

When submerged underwater, the VA-3M has a special configuration that folds the main wings down and the rear horizontal stabilizers rotate forward to assist in underwater maneuvering.

On December 1st, 2050 the 727th Independent VF-X Ravens "Alpha Team" pursued the Vindarance terrorists to Eden 3.

In order to assault the submarines of the Vindarance forces, Commander Aegis Fokker of the VF-X Ravens piloted a VA-3M and attacked the underwater forces.

The heavy weaponry and versatile capabilities of the M variant Invader helped Fokker succeed in destroying the enemy forces.

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます