" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

Latest issue

(射出座席のマリー)YVF-10とVFH-10のコックピットの比較
【繁體字】 (瑪麗-安吉爾-水晶 (克里斯托)"彈射座椅上) YVF-10和VFH-10駕駛艙的比較
  1. DeviantArt
  2. pixiv

(English)
(Marie on the ejection seat )Comparison of YVF-10 and VFH-10 cockpits

(española)
(Marie en el asiento de eyección )Comparación de las cabinas del YVF-10 y del VFH-10
  1. DeviantArt
  2. pixiv


塗装や部隊章、注意書(コーションレター)については、オーロラン(塗装例)【 VFH-10 Auroran color and markings 】に移しましたので、そちらをご覧下さい。
オーロラン(複座型):複座攻撃型、複座偵察型、複座SAAB早期警戒機構 Eri-eye搭載型
オーロラン(先進回転翼)

お知らせ (Notice)

マスターファイル作成のお知らせ
航空力学的特徴と開発運用、基本図面を掲載
VFH マスターファイル オーロラン

【 VERITECH Fighter / Helicopter Master File VFH-10 Auroran , VFH-12 Supreme-Auroran 】
マスターファイル関連のアートについては、オーロラン(マスターファイル)【 VFH-10 Auroran Armament variants 】に移しましたので、そちらをご覧下さい。

基本型・発展型・変形過程・CG画像 記事のお知らせ

基本型 VFH-10 については、煩雑(はんざつ)回避の為、
下記を参照下さい。VFH-10 オーロラン
機体の操縦装置と表示装置を含む、全操縦系統の各々の生産 Block については、この記事『オーロラン (コックピット)』において記載しています。

  1. 発展型「VFH-12スーパー・オーロラン」 は生産拠点が北欧(スウェーデン SAAB社)と日本国(川崎重工業)に分割され、地域派生型が生じています。
  2. また、特性や運用が基本型と異なる為、下記の記事に移行しました。
発展型 "VFH-12 Super Auroran" については、煩雑(はんざつ)回避の為、
下記を参照下さい。スーパー・オーロラン
オーロラン(先進回転翼)
手脚ユニットを排除した派生型については、オーロラン (派生型)をご覧ください。
変形過程については、オーロラン(変形過程)
【 VFH-10 Auroran Transformation sequence 】
に移しましたので、そちらをご覧下さい。
資料画像については、オーロラン(資料画像)【 VFH-10 Auroran images archive 】に移しましたので、そちらをご覧下さい。
CG画像については、オーロラン (CG画像)【 VFH-10 Auroran CG-images 】に移しましたので、そちらをご覧下さい。

武装派生型については、オーロラン(武装派生型)【 VFH-10 Auroran Armament variants 】に移しましたので、そちらをご覧下さい。




第31弾は、回転翼機【ヘリコプター】と固定翼機【一般的なターボファンのジェット戦闘機】、更にバトロイド形態に変形する可変戦闘機の風防とコックピットの関係はどうあるべきか?

新作の1枚目の画像を見れば一目瞭然ですが、一応は解説します。
スーパーロボットの18mから50m級の巨体なら、航空機形態と人型形態で2つの操縦質を設けて、パイロットはそれぞれの最適な位置に移動するのが最適解でしょうか。
古くはグレンダイザー、ガンバスターなどもそうです。
しかし、超時空シリーズの可変戦闘機は最も大きな機体SV 51でも20mあまり【ケーニッヒ除く】、オーロランはオリジナルの設定では 胴体長10m,それでは座席が移動出来ないということで、私流儀のスーパーオーロランでは胴体長16mとして描いているけど、それでも座席の90度回転はかなり困難でした。

幸いVF-1と異なりオーロランは機首ブロックの上下の深さが大きい、このため正面計器盤とディスプレイを上下に分割、アクチュエーターとシリンダーを介して人型【バトロイド形態】に最適な位置に座席ごと移動させます。

固定翼形態と回転翼形態では計器盤の位置の変形はありませんが、固定翼形態での操縦捍(そうじゅうかん)とは別にヘリコプターとくゆうのサイクリック制御の操縦捍がパイロットからみて座席左側から起き上がり、楽に左手で操作可能な位置に回転します。

ただし、3枚目の操縦席正面図【前回の投稿の正面防弾ガラス付 Block-03Bと同じ画像】では格納域に移動した状態で描くと見えなくなってしまい、説明資料として困るので、全ての操縦捍とパネルを可能な限り全て展開した状態にて描いています。

Block-03B 操縦計器




最初期の「Block 02 」型の不備を修正、空対空情報処理能力を強化、僚機(ウイングマン)の状態表示と作戦指揮の為のネットワーク機能を強化したので、主に飛行中隊の指揮官に優先的にあてがわれた。
当初は2033年に就役予定だったが、大戦の余波と開発主任の戦死により実用化は遅れ、実際の就役は2036年になった。

純粋な空対空任務の場合、ミサイル被弾した場合には弾丸に比較してミサイルの破壊力が違い過ぎるため防弾ガラスは役に立たないと看なされ、銃弾への対策に必要な正面防弾ガラスは不要とされ、Block 03 の当初は旧式の従来型 Block 02〔VFH-10B〕までは装備していた正面の防弾ガラス無しで就役した。

しかし実際に運用してみると、ジャイロダイン(ヘリコプター)形態に於いて防弾ガラスが無いことによる銃弾貫通による死亡事故が多発。運用の途中から Block-02B 型までと同様に防弾ガラスと取付け枠を復活したものである。

Block 02 までは左右の操縦桿をバトロイドの手指の操作にも利用する機械手指操作のコンソールである「ダ・ビンチ II」の開発が間に合わない為、同機構は未だ装備されておらず、暫定的に従来型の操縦桿に対して「インテュイティブサージカル合同会社 」のソフトウェアのみを適用した『ダビンチ - I エレメント』によるバトロイド形態の、機械手指の遠隔操作機構を採用していました。
実際の就役前に既存のBlock 02 の変形レバーのコンソールパイロット、既存のスロットルボックスのまま、新規ディスプレイとバトロイド手指の新規の遠隔操作装置〔ダヴィンチ〕 のみ更新した試作 Block が 2.5です。
第二次星間大戦に間に合わせる為、このまま就役させる予定で突貫作業で開発が進められていましたが、ゾル艦隊の艦砲射撃でサザンクロス軍の総司令官ほか大半の幹部が死亡したことにより、開発は中断。
戦後2年経過した後、新生統合軍の資金で開発が正式に再開〔それまでも社内有志により独自に開発は続行していた〕当初の予定のスロットルの制御ボックス、変形スライドレバーとホバリング時の姿勢と停止位置の微調整用に有用なトラックボールの制御ボックスが完成、晴れて Block 03 の正式配備となった。


The Da Vinci II, a mechanical hand-operated console that uses the left and right control rods to control the battroid's fingers, had not been developed in time for Block 02, so it was not yet equipped with this mechanism. In the meantime, the "Da Vinci - I Element" was adopted, using only software from Intuitive Surgical LLC. Before Block-03(A,B) was commissioned, only the new display and the new remote control for the fingers in Battloid mode (Da Vinci II) were updated on the existing Block 02's variant lever console and existing throttle box, and the prototype Block was 2.5.

The development of the Block 2.5 was rushed through with the intention of putting it into service in time for the Second Interstellar War, but development was halted when the Southern Cross commander-in-chief and most of his officers were killed in a bombardment by the Tirolian (Robotech Masters) fleet.
Two years after the war, development was officially resumed with funds from the new Joint Forces (until then, development had been continued independently by volunteers within the company). Finally, the designers were able to officially deploy the Block 03.
It corrected the deficiencies of the first Block 02, enhanced the air-to-air information processing capability, and enhanced the network function for displaying the status of the wingman and operational command, so it was mainly given priority to squadron commanders. It was originally scheduled to be commissioned in 2033, but the aftermath of the war and the death of the chief developer delayed it, and it was not actually commissioned until 2036.
In the case of a pure air-to-air mission, the designers estimated that the destructive power of a missile hit by an AGAC would be too great compared to that of a bullet to make bulletproof glass useless, so the frontal bulletproof glass needed to protect against bullets was deemed unnecessary. Initially, the Block 03 entered service without the bulletproof front glass that had been installed on the Block 02 [VFH-10B]. However, in actual operation, there were many fatalities due to bullet penetration caused by the lack of bulletproof glass in the gyrodyne (helicopter) form. In the middle of the aircraft's operation, the bulletproof glass and the canopy mounting frame were restored as in Type 02B.


[ española ]

a . (Actualización del panel de paracaídas) Cabina de mando del bloque 03-A condole (con césped frontal a prueba de balas) Estado de despliegue del sistema de manipulación remota "da Vinci II" del VFH-10G Auroran (también conocido como "AGAC ") .

b . (Actualización del panel de paracaídas Drogue) Bloque 03 de la consola de la cabina de mando-B (quitar la hierba frontal a prueba de balas) Estado de despliegue del sistema de manipulación remota "da Vinci II" del VFH-10G Auroran (también conocido como "AGAC ") .

El Da Vinci II, una consola mecánica de accionamiento manual que utiliza las barras de control izquierda y derecha para controlar los dedos del battroid, no se desarrolló a tiempo para el bloque 02, por lo que aún no estaba equipado con este mecanismo.
Mientras tanto, el "Da Vinci - I-element", que se aplicó sólo con el software de "Intuitive Surgical LLC", se adoptó para el palo de control convencional. Antes de la puesta en servicio del Bloque-03(A,B), sólo se actualizaron la nueva pantalla y el nuevo dispositivo de control remoto de los dedos en modo Battloid (Da Vinci II) en la consola existente del Bloque 02 con su variante de palanca y la caja de aceleración existente.
El desarrollo se apresuró con la intención de entrar en servicio a tiempo para la Segunda Guerra Interestelar, pero el desarrollo se detuvo cuando el comandante en jefe de "Southern Cross" (
Ejército de la Cruz del Sur ) y la mayoría de sus oficiales murieron en un bombardeo de la flota tiroliana (Robotech Masters).
Dos años después de la guerra, se reanudó oficialmente el desarrollo del Bloque 03 con fondos de las nuevas Fuerzas Conjuntas (hasta entonces seguía siendo desarrollado de forma independiente por voluntarios dentro de la empresa).
El primer "bloque 02", el primer "bloque 03", se puso en marcha. Corregía las deficiencias de los primeros modelos "Block 02", mejoraba la capacidad de procesamiento de información aire-aire y mejoraba las funciones de red para mostrar el estado del wingman y para el mando operativo, por lo que se daba prioridad principalmente a los comandantes de escuadrón.
El avión debía entrar en servicio en 2033, pero las consecuencias de la guerra y la muerte de su jefe de desarrollo lo retrasaron y no entró en servicio hasta 2036.
Para las misiones puramente aire-aire, los diseñadores supusieron que el poder destructivo de un misil alcanzado por un AGAC sería demasiado grande comparado con el de una bala para hacer inútil el cristal antibalas, por lo que se consideró innecesario el cristal antibalas frontal necesario para proteger contra las balas.
Inicialmente, el Bloque 03 entró en servicio sin el cristal frontal antibalas que había sido instalado en el Bloque 02 [VFH-10B].
Sin embargo, en la operación real, la falta de cristales a prueba de balas en la configuración giroscópica (helicóptero) dio lugar a una serie de accidentes mortales debido a la penetración de las balas. En el transcurso de la operación de la aeronave, el cristal antibalas y el marco de montaje de la capota fueron reinstalados, como en el caso del Tipo 02B.

目次【 Table of Contents / índice de contenidos 】

  • 出典
  • 可変戦闘機の基礎技術
  • 構成要素
  • 開発前史
    •  
  • 参照記事
  • 画像資料
  • ウィキペディア (スペイン語版)は、どう書いているか?
    •  
  • 出典
  • 掲載元の原作
    •  
  • 操縦機構及び該当機体(オーロラン)掲載元のテレビシリーズ

  • VFH-10B Block-02



    VFH-10B オーロラン(通称 AGAC) Block 02 操縦区画
    改造されたVFH-10B(Block-02コクピット)のアートはまだ製作途上です。(YVFH-10については既に完成し塗装済みです)。
    Y-VFH-10オーロラン(通称AGAC)のコックピットシステムの完成後、野戦空軍に配備された際に以下のような不具合が見つかった。

    1.前面風防の正面ガラスの装甲が脆弱で、敵のバイオロイド射撃で簡単に貫通してしまう。
    2. 操縦系統は二重化されていたが、戦災で機体が動かなくなる事故が多発したため、Y-VFH-10の操縦系統を二重×二重により、以前のY-ナンバーに較べて四重化により冗長度を強化する必要があった。
    これらの欠陥は、このVFH-10Bオーロラン(通称AGAC)のBlock-02コクピットで修正された。

    VFH-10B Auroran AGAC Block 02 cockpit
    The art of the modified VFH-10B (Block-02 cockpit) is still under construction. (As for YVFH-10, it has already been painted.
    After the completion of the cockpit system of the Y-VFH-10 Auroran (also known as AGAC), the following defects were found when the Y-VFH-10 was deployed in the field air force.

    The armor in front of the windshield was so weak that it was easily penetrated by enemy bioroid fire.
    2. The control system was dual, but due to the frequent accidents where the aircraft became inoperable due to battle damage, it was necessary to double the redundancy of the YVFH-10 with a quadruple control system.

    These deficiencies were corrected in the Block-02 cockpit of this VFH-10B Auroran (also known as AGAC).

    El trabajo artístico para el VFH-10B modificado (cabina del bloque 02) está todavía en curso. (En cuanto al YVFH-10, ya ha sido pintado.
    Tras la finalización del sistema de cabina del Y-VFH-10 Auroran (también conocido como AGAC), se encontraron los siguientes defectos cuando el Y-VFH-10 fue desplegado en la fuerza aérea de campo.

    1. El blindaje delante del parabrisas era tan débil que era fácilmente penetrado por el fuego biorrojo enemigo.
    2. El sistema de control era doble, pero debido a los frecuentes accidentes en los que la aeronave quedaba inutilizada debido a los daños en batalla, fue necesario duplicar la redundancia del YVFH-10 con un sistema de control cuádruple.
    Estas deficiencias se corrigieron en la cabina del Block-02 de este VFH-10B Auroran (también conocido como AGAC).

    改良後的VFH-10B(Block-02座艙)的藝術仍在建設中。 (至於YVFH-10,它已經被畫上了。)
    在Y-VFH-10 「極光號」(Auroran , 又稱 AGAC)駕駛艙係統完成後,當Y-VFH-10被部署到野外空軍時,發現了以下缺陷。

    1. 擋風玻璃前的裝甲非常薄弱,很容易被敵人的「生化機器人」火箭炮擊穿。
    2. 控製係統是雙重的,但由於經常發生飛機因戰鬥損壞而失效的事故,因此有必要用四重控製係統將YVFH-10的冗餘度提高一倍。

    這些不足之處在這架 VFH-10B「極光號」(Auroran , 又稱 AGAC)的Block-02駕駛艙中得到了糾正。
    Refer cockpit VFH-10 Auroran to VF-1 Valkyrie







    「超時空シリーズには、まともな " 回転翼の航空機 " が登場しない、なら自分で創ってしまおう!」シリーズは今回は第15弾・・・・ではなく「第14.5弾」になります。
    というのは、彩色版第14版を作成後、原画の各々の形状と部品を確定する為に「線をなぞる」のではなく機能を考えながら最初から線画を描き、その成果を踏まえて第15版に取り掛かることにしました。


    (繁體字)"超時空係列 "中沒有合適的旋翼飛機,所以讓我們自己來做!"。 這一次,該係列將是 "14.5 "而不是15・・・・。 原因是在做完第14箇版本的彩色版本後,我決定從第15箇版本開始,從頭畫綫圖,思考原圖中每箇/個部分的功能,而不是 "描綫",以確定每箇/部分的形狀和部位。

    這是雙重可逆旋翼飛機的一個獨特的操縱特點。
    在正常的固定翼飛機中,方向盤踏板連接到一個伺服電機上,該電機通過一個機械連杆使方向盤左右移動,或者通過一個傳感器檢測到踏板的移動(線控飛行,FBW)。
    另一方麵,旋翼飛機(直升機)也使用方向盤踏板來改變方向,但踏板不與垂直尾翼相連。
    相反,尾翼與方向盤踏板相連。
    尾旋翼通過減少或甓暖旋翼(通常稱為 "側螺旋槳")的推力來抵消主旋翼的排斥力。換句話說,尾槳葉片(通常被稱為 "側螺旋槳")的作用是減少或甓鍛耄位置的配重旋翼的推力。
    然而,盡管在雙可逆翼上不再需要尾翼,但通過甓丹晋詐尾翼的速度或推力,甓丹晋詐主旋翼葉片的扭矩位移比,是不可能改變方向的。
    因此,方向的改變是通過在兩對旋轉方向相反的主旋翼之間產生差動來實現的。
    這是改變雙轉子葉片方向的基本方法。
    然而,在發動機動力通過複雜的變速器轉移的直升機中,很難快速改變旋翼的速度,雙旋翼直升機可能需要10到40秒才能開始以所需的角度轉動。
    因此,當直升機有足夠的地麵速度轉向時,可以像固定翼飛機一樣,利用其垂直尾翼和垂直穩定器向左或向右 "轉向",以實現與普通直升機一樣的高速轉彎性能。
    在VFH-10 極光號(Auroran)和 VFH-12 超・極光號(Super Auroran), VERITECH或可變戰鬥機上,垂直尾翼有一個特殊的 "Y "形。
    這是在 "Y "形上方的 "雙垂直尾翼 "和 "Y "形下方的單個 "下垂直穩定器"。當方向舵從一側移動到另一側時,主旋翼的差速會甓丹豸諜ヽJ向的變化。
    在10.80版本中,重新繪製了一個踏板組件,上述兩個控製機構之間的控製關係已經改為主旋翼葉片的速度差引起的 "機械變向 "和垂直 "Y "形尾舵引起的 "變向 "的垂直方向。
    這個踏板組件位於左、右舵踏板的中央。


    (English) Version 13.00:Two suspensions for both sides of the ejection seat has completed.

    (española) Versión 13.00: Se han completado dos suspensiones para ambos lados del asiento eyectable.

    (日本語) 第一三・〇〇版:射出座席の左右に位置する2つの懸架装置(サスペンション)機構の完成。

    (繁體字)第一三・〇〇版:彈射座椅兩側的兩個懸吊系統已經完成 。

    Version 12.80
    (English) Version 12.80 : The ejection seat has completed.

    (española) Versión 12.80 : El Asiento eyectable se ha completado.

    (日本語)第一二・八〇版:射出座席の完成。

    (繁體字)第一二・八〇版:彈射座椅完成。





    Instruction
    (にほんご)射出座席の完成です。画像2枚目以降の半分の解像度の旧版に描かれながら、まだ第2周目の再起動版に描かれていないのは大きく分けて以下の五点。

    A.射出座席の左右の緩衝装置〔ショック・アブソーバー〕
    B.射出座席を移動させるアクチュエーター,バトロイド形態では天井から正面の主計器盤の箱を吊り下げる形式。
    C. 核融合炉、及び基本電源〔マスターパワー〕の出力設定制御版【射出座席の右前方、バトロイド形態にて床板/側面制御盤と一緒に回転し座席に追随】
    D.操縦区画の航空機の内壁。
    E.風防〔キャノピー〕一式。

    を残すのみとなりました。

    VF-1 バルキリー【Block-04までの初期型】では『B,G,F』の、形態選択レバーが射出座席の右前方にあり、しかも形態選択のパネルが垂直に近い角度になってました。

    その後バルキリーは『愛・おぼえていますか』以降のBlock-05以降、形態選択レバーを止めて、操縦席からみて左の操縦桿の角度に〔水平/ファイター,45度斜め/ガウォーク,直立/バトロイド〕と、HOTAS概念により変形に伴う形態選択レバーそのものを廃止しました。

    しかしながら、もしBlock-04までの形態選択レバーを改良する方向でコックピットが進化していったらどうなるか?その回答がこのオーロランの操作盤のデザインにあります。

    初代VF-1 バルキリーBlock-04では、射出座席の左側のスロツトル〔発動機の絞り弁〕の前方に直立して配置された形態選択レバーとモード選択パネルは、人間工学から判断して上半身を前屈させないと3つのレバーに手が届きません。

    しかも直立したレバー配置は、レバーを上下に移動させることになり、誤操作を発生させます。

    VFH-10 オーロランでは、これらの3つのレバーは射出座席の前、しかも射出座席の手元に移動し、更にレバーの移動方向も前後方向に変更され、誤操作の確率が劇的に減少しました。


    〔繁體字〕彈射座椅已經完成。 以下五個點是在第二幅圖像後的舊版本中用壹半的分辨率繪制的,但在第二圈的重啟版本中還沒有繪制。

    A. 彈射座椅兩側的減震器。
    B. 移動彈射座椅的執行器,在battroid形式中,它的形式是懸掛在主儀表板前的天花板上的壹個盒子。
    C. 用於設置聚變反應堆和主電源的功率輸出的控制面板(在彈射座椅的右前方,在battroid形式下,它與底板/側面控制面板壹起旋轉,並跟隨座椅壹起旋轉)。
    D. 控制艙內的飛機內壁。
    E. 完整的擋風玻璃(頂篷)。

    只剩下以下內容了。

    在VF-1 "女武神 "中[早期型號至Block-04],"B、G、F "形式選擇桿位於彈射座椅的正前方,形式選擇面板幾乎呈垂直角度。

    在Block-05之後,瓦爾基裏不再使用形式選擇桿,駕駛艙左側的控制桿的角度改為[水平/戰鬥機,45度角/漫步,直立/戰鬥]。

    然而,如果駕駛艙朝著改進Block-04的形狀選擇桿的方向發展,會發生什麽? 答案在於Aurolan的控制面板的設計。

    在最初的VF-1女武神Block-04中,形式選擇桿和模式選擇面板被直立放置在彈射座椅左側的油門(發動機的節流閥)前面。

    此外,杠桿的直立排列意味著它們必須上下移動,這可能導致錯誤的操作。

    在VFH-10Auroran(極光號)上,這三個杠桿被移到了彈射座椅的前面,靠近彈射座椅,而且杠桿的運動方向也改為向前和向後,大大降低了意外操作的概率。

    通過www.DeepL.com/Translator(免費版)翻譯


    (English)The ejection seat has complete. The following five points are drawn in the old version with half resolution after the second image, but not yet drawn in the restarted version of the second lap.

    A. Shock absorbers on both sides of the ejection seat.
    B. The actuators that move the ejection seat; in the battroid form, the main instrument panel box in front is suspended from the ceiling.
    C. Control panel for setting the output of the fusion reactor and the basic power supply (right in front of the ejection seat, rotating with the floorboard/side control panel in the battroid form to follow the seat)
    D. Inner wall of the aircraft in the control compartment.
    E. A set of wind shields [canopy].

    Only the following remains.

    In the VF-1 Valkyrie [early type up to Block-04], the "B, G, F" form selection lever was located right in front of the ejection seat, and the form selection panel was at an almost vertical angle.

    After Block-05, the Valkyrie stopped using the form-selection lever, and the form-selection panel was placed on the left side of the cockpit (horizontal/fighter, 45 degree angle/gawalk, upright/battroid).

    However, what would happen if the cockpit were to evolve in the direction of improving on the form selection levers of Block-04? The answer lies in the design of the Auroran's control panel.

    In the original VF-1 Valkyrie Block-04, the form selection lever and mode selection panel were placed upright in front of the throttle (throttle valve of the engine) on the left side of the ejection seat, and judging from the ergonomics, the three levers could not be reached without bending the upper body forward.

    Moreover, the upright lever arrangement causes the levers to be moved up and down, resulting in erroneous operation.

    In the VFH-10 Auroran, these three levers have been moved to the front of the ejection seat, in the hand of the ejection seat, and the direction of movement of the levers has been changed to forward and backward, dramatically reducing the probability of accidental operation.

    Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

    (española) El asiento eyectable está completo. Los siguientes cinco puntos están dibujados en la versión antigua con media resolución después de la segunda imagen, pero aún no están dibujados en la versión reiniciada de la segunda vuelta.

    A. Amortiguadores a ambos lados del asiento eyectable.
    B. Los actuadores que mueven el asiento eyectable; en la forma de battroid, la caja del panel de instrumentos principal delante está suspendida del techo.
    C. Panel de control para ajustar la salida del reactor de fusión y la fuente de alimentación básica (justo delante del asiento eyectable, girando con el tablero de mando lateral en la forma battroide para seguir el asiento)
    D. Pared interior de la aeronave en el compartimiento de control.
    E. Un conjunto de escudos contra el viento [canopy].

    Sólo queda lo siguiente.

    En el VF-1 Valkyrie [tipo temprano hasta el Bloque-04], la palanca de selección de forma "B, G, F" estaba situada justo delante del ocular del asiento, y el panel de selección de forma estaba en un ángulo casi vertical.

    Después del Bloque-05, la Valkyria dejó de utilizar la palanca de selección de forma, y el panel de selección de forma se colocó en el lado izquierdo de la cabina (horizontal/lucha, ángulo de 45 grados/caminata, vertical/battroide).

    Sin embargo, ¿qué pasaría si la cabina evolucionara en el sentido de mejorar las palancas de selección de forma del Bloque-04? La respuesta está en el diseño del panel de control del Auroran.

    En el VF-1 Valkyrie Block-04 original, la palanca de selección de forma y el panel de selección de modo estaban colocados en posición vertical delante del acelerador (válvula de mariposa del motor) en el lado izquierdo del asiento ocular, y a juzgar por la ergonomía, las tres palancas no se podían alcanzar sin doblar la parte superior del cuerpo hacia delante.

    Además, la disposición vertical de las palancas hace que éstas se muevan hacia arriba y hacia abajo, lo que provoca un funcionamiento erróneo.

    En el VFH-10 Auroran, estas tres palancas se han trasladado a la parte delantera del asiento eyectableす, en la mano del asiento eyectable, y la dirección de movimiento de las palancas se ha cambiado a hacia delante y hacia atrás, reduciendo drásticamente la probabilidad de accionamiento accidental.

    Traducción realizada con la versión gratuita del traductor www.DeepL.com/Translator


    Version 12.00
    (English) Version 12.00 : Finished the headrest of the ejection seat.

    (española) Versión 12.00 : : Finalización del reposacabezas del asiento eyectable .

    (日本語)第一二・〇〇版:射出座席の頭部後傾防止装置の完成。

    (繁體字)第一二・〇〇版:完成一個彈射座椅頭枕(防止頭部在上嚮後傾斜的裝置)。




    Version 11.10
    (English) Version 11.10 : Angle adjustment mechanism by sliding the backrest of the ejection seat.

    (española) Versión 11.10 : Mecanismo de ajuste del ángulo mediante el deslizamiento del espaldar del asiento eyectable .

    (日本語)第一一・一〇版:射出座席の背板の滑動による角度調整機構。

    (繁體字)第一一・一〇版:射通過滑動彈射座椅的靠背來調整角度的機製。




    Version 11.00




    (日本語)第一一・〇〇版: 射出座席の脱出機構の起動把手(ハンドル)の作成。

    (English) Version 11.00 : Create escape system activation handle for the ejection seat.

    (española) Versión 11.00 : Crear asa de activación del sistema de expulsado para el Asiento eyectable .

    (繁體字)第一一・〇〇版:創建彈射座椅逃生啟動手柄。

    Version 10.80 - 10.50

    1. (Tinami - No.1067890) (第10.80版)可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤
    2. (Tinami - No.1067800) (第10.50版)可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤
    3. (Tinami - No. 1067664 ) (第10.20版)可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤







    第十・五〇版:左右の方向舵足踏み板(フットペダルユニット)の各々の直下にある「航空用・光係電線」(光ファイバー・ケーブル)による操縦機構(フライ・バイ・ライト、FBL/フライ・バイ・ワイヤー 、FBW)。足置き板は、左右の方向舵足踏み板の直後にあります。 

    (繁體字)第十・五〇版:可移動的角度調整機構,用於調整整個方向舵踏板機構的角度。


    (English) Version 10.50 : The movable angle adjustment mechanism for adjusting the angle of the rudder pedal mechanism..

    (española) Versión Versión 10.50 : El mecanismo móvil de ajuste del ángulo para ajustar el ángulo del mecanismo del pedal del timón.

    (繁體字)第十・五〇版:可移動的角度調整機構,用於調整整個方向舵踏板機構的角度。



    ( 繁體字 ) 第十・〇〇版:完成彈射椅右側的飛行儀表製。創造踏板的輪廓(左右)。


    (English) Version 10.00: The artwork completion of the flight control panel on the right side of the ejection seatd.Create an outline of the pedal (left ,right).

    (española) Versión 10.00: La terminaci(derecha e izquierda).

    (繁體字) 第十・〇〇版:完成彈射椅右側的飛行儀表製。創造踏板的輪廓(左右)


    二重反転式の回転翼機ならではの固有の操縦機能。
    通常の固定翼機においては『方向舵連動・足踏み板』【 ラダーペダル】は垂直尾翼を左右に動かす機械式連結作動機構、あるいはペダルの動作を検出するセンサーを介して電線【フライバイワイヤ,FBW 】にて舵を動かすサーボモーターへと繋がっていきます。
    一方で回転翼機【ヘリコプター】もまたラダーペダルで方向転換をしますが、ペダルが連動するのは垂直尾翼ではありません。

    その代わり、尾部回転翼【テールローター】とラダーペダルが連動しています。
    テールローターの主回転翼【メインローター】の強大な回転に伴う反作用斥力【回転の反作用のトルク】を相殺する尾部の回転翼〔一般向けには “ 横方向のプロペラ”〕の推力を減少させたり、中立位置の相殺推力から増加させたりする働きにより左右への方向転換をします。
    ところが、二重反転式の回転翼では尾部回転翼〔テールローター〕が不要になる反面、このテールローターの回転数と推力の増減を用いた主回転翼〔メインローター〕のトルク相殺比率の増減による方向転換の手法は使えません。

    そこで、上下で互いに反対方向に回転している二組の主回転翼〔メインローター〕の差動、つまり上下のメインローターの回転数に差を生じさせて方向転換をします。
    この手法は二重反転式の回転翼の方向転換の基本的手法です。
    しかしながら、発動機の出力を複雑な変速装置【トランスミッション】を介して変化させるヘリコプターでは、回転翼の回転数を迅速に変化させるのは困難なため、二重反転式の回転翼ヘリコプターが進みたい角度に回頭し始めるるまでに10秒から40秒もの時間が掛かってしまいます。
    これでは特に危険な山岳地帯での回避には間に合わないため、少しでも舵の効く程度の前進速度があるときには固定翼機と同様に垂直尾翼、または垂直安定板の『舵を左右に動かすこと』を併用することで、通常のヘリコプターと同様の素早い回頭性能を実現します。

    可変戦闘機『VFH-10 オーロラン』、或いは 『VFH-12 スーパーオーロラン』の場合、垂直尾翼は『Y』の字の形になった特殊な垂直尾翼が担当します。

    これらはYの上側に位置する『双垂直尾翼』、Yの下側に位置する単一の『下方垂直安定板』の舵を左右に動かすことによりメインローターの回転数の差動による機械式方向転換の追加とします。

    第10.80版の線画にて原画のリメイクとして新たに描かれ直されされたのは、この主回転翼の差動による『機械式方向転換』と『Y字の垂直尾翼の舵による方向転換』の垂直方向に対する上記の2つの制御機構における制御比率を変化させる為の単一のペダルです。
    この単一のペダルセットは左右のラダーペダルの中央に位置します。

    第十〇・八〇版:方向舵足踏み板(ラダーペダル)機構中心線上の中央足踏み板。中央の単一ペダルは、「Kamov Ka-25」に準じて、固定翼モードでの上下の回転翼のトルク差による方向転換と、垂直Y字型の尾翼ラダーの制御配分を調整する機能を持つとされています。

    This is a unique maneuvering feature of the double reversible rotary wing aircraft.
    In a normal fixed-wing aircraft, the rudder pedals are connected to a servomotor that moves the rudder by a cable through a mechanical linkage that moves the vertical flaps from side to side or through a sensor that detects the movement of the pedals (fly-by-wire, FBW).
    On the other hand, rotary-wing aircraft (helicopters) also use rudder pedals to change direction, but the pedals are not linked to the vertical tail rotor.
    Instead, the tail rotor is linked to the rudder pedals.
    The tail rotor counteracts the repulsive force of the main rotor blade by reducing or increasing the thrust of the tail rotor blade (commonly referred to as the "side propeller"). In other words, the tail rotor blades (commonly referred to as "side propellers") act to reduce or increase the thrust of the counterweight rotor blades in the neutral position.
    However, although the tail rotor is no longer required on a twin reversible wing, it is not possible to change direction by increasing or decreasing the main rotor blade torque displacement ratio by increasing or decreasing the tail rotor speed or thrust.
    The change of direction is therefore achieved by creating a differential between the two pairs of main rotor blades rotating in opposite directions.
    This is the basic method of changing the direction of the twin rotor blades.
    However, in helicopters where the engine power is shifted through a complex transmission, it is difficult to change the speed of the rotor blades quickly, and it can take 10 to 40 seconds for a twin-rotor helicopter to start turning at the desired angle.
    Therefore, when the helicopter has enough forward air-speed to be able to steer, it can be "steered" to the left or right using its vertical tail and vertical stabilizer, just like a fixed-wing aircraft, to achieve the same high-speed turning performance as a normal helicopter.
    On the VFH-10 Auroran and VFH-12 Super Auroran VERITECH or variable combat aircrafts, the vertical tail fins have a special "Y" shape.
    This is a "twin vertical tail" above the "Y" shape and a single "lower vertical stabilizer" below the "Y" shape. When the rudder moves from side to side, a mechanical change of direction is added by the differential speed of the main rotor.
    In version 10.80, a pedal set has been redrawn and the control relationship between the two control mechanisms above has been changed to the vertical direction of the "mechanical direction change" due to the differential speed of the main rotor blades and the "direction change" due to the Y-shaped vertical tail rudder.
    This set of pedals is located in the middle of the left and right rudder pedals.

    (española) Esta es una característica de maniobra única de la aeronave de ala rotatoria doblemente reversible.
    En una aeronave normal de ala fija, los pedales del timón están conectados a un servomotor que mueve el timón mediante un cable a través de un enlace mecánico que mueve los flaps verticales de lado a lado o mediante un sensor que detecta el movimiento de los pedales (fly-by-wire, FBW).
    Por otro lado, las aeronaves de ala rotatoria (helicópteros) también utilizan pedales de timón para cambiar de dirección, pero los pedales no están vinculados al rotor de cola vertical.
    En cambio, el rotor de cola está vinculado a los pedales del timón.
    El rotor de cola contrarresta la fuerza de repulsión de la pala del rotor principal reduciendo o aumentando el empuje de la pala del rotor de cola (comúnmente denominada "hélice lateral"). En otras palabras, las palas del rotor de cola (comúnmente denominadas "hélices laterales") actúan para reducir o aumentar el empuje de las palas del rotor de contrapeso en la posición neutral.
    Sin embargo, aunque el rotor de cola ya no es necesario en un ala reversible doble, no es posible cambiar de dirección aumentando o disminuyendo la relación de desplazamiento del par de las palas del rotor principal al aumentar o disminuir la velocidad o el empuje del rotor de cola.
    Por lo tanto, el cambio de dirección se consigue creando un diferencial entre los dos pares de palas del rotor principal que giran en direcciones opuestas.
    Este es el método básico para cambiar la dirección de las palas del doble rotor.
    Sin embargo, en los helicópteros en los que la potencia del motor se desplaza a través de una compleja transmisión, es difícil cambiar rápidamente la velocidad de las palas del rotor, y un helicóptero de dos rotores puede tardar entre 10 y 40 segundos en empezar a girar en el ángulo deseado.
    Por lo tanto, cuando el helicóptero tiene suficiente velocidad de avance para poder dirigirlo, se puede "dirigir" a la izquierda o a la derecha utilizando su cola vertical y su estabilizador vertical, al igual que un avión de ala fija, para lograr el mismo rendimiento de giro a alta velocidad que un helicóptero normal.
    En los aviones VFH-10 Auroran y VFH-12 Super Auroran VERITECH o de combate variable, las aletas verticales de la cola tienen una forma especial en "Y".
    Se trata de una "cola vertical gemela" por encima de la forma de "Y" y un único "estabilizador vertical inferior" por debajo de la forma de "Y". Cuando el timón se mueve de lado a lado, se añade un cambio de dirección mecánico por la velocidad diferencial del rotor principal.
    En la versión 10.80, se ha redibujado un conjunto de pedales y se ha cambiado la relación de control entre los dos mecanismos de control anteriores a la dirección vertical del "cambio de dirección mecánico" debido a la velocidad diferencial de las palas del rotor principal y el "cambio de dirección" debido al timón de cola vertical en forma de "Y".
    Este conjunto de pedales está situado en el centro de los pedales del timón izquierdo y derecho.

    Traducción realizada con la versión gratuita del traductor www.DeepL.com/Translator

    (繁體字)第十・八〇版:在方向盘踏板单元的中心有完整的中央脚踏板机制。據說中間的單個踏板的功能與Kamov Ka-25相同,調整固定翼模式下上下旋翼之間的扭矩差所導致的方向變化以及垂直Y型尾舵的控製分布。


    (English) Version 10.80 : The center single footpedal on the centerline of the left and right directional rudder pedal mechanism . It is presumed that the pedals have the function of adjusting the direction change by the difference of torque between the upper and lower rotor blades and the control distribution of the Y-shaped vertical tail rudder in the fixed wing mode according to Kamov Ka-25.

    (española) Versión 10.80: El pedal central único en la línea central del mecanismo del pedal del timón direccional izquierdo y derecho . Se supone que los pedales tienen la función de ajustar el cambio de dirección por la diferencia de par entre las palas del rotor superior e inferior y la distribución de control del timón de cola vertical en forma de Y en el modo de ala fija según el Kamov Ka-25.

    (繁體字)第十・八〇版:在方向盘踏板单元的中心有完整的中央脚踏板机制。據說中間的單個踏板的功能與Kamov Ka-25相同,調整固定翼模式下上下旋翼之間的扭矩差所導致的方向變化以及垂直Y型尾舵的控製分布。

    Version 10.35

    第十・三〇版:左右の方向舵足踏み板(フットペダルユニット)の各々の直下にある「航空用・光係電線」(光ファイバー・ケーブル)による操縦機構(フライ・バイ・ライト、FBL/フライ・バイ・ワイヤー 、FBW)。足置き板は、左右の方向舵足踏み板の直後にあります。 


    (繁體字)第十・三〇版:左、右方向盤踏板正下方的腳踏板裝置(纖維光學飛行控製係統/線傳飛控係統),以及緊隨左、右方向盤踏板之後的腳踏板托。

    1. (Tinami - No.1067764) (第10.30版)可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤
    (English) Version 10.30 : The Fly-By-Light (FBL) aviation cable piloting mechanism directly below each of the left and right rudder pedals, and a footplate immediately behind the left and right rudder pedals.

    (española) Versión 10.30 : El mecanismo pilotaje de cables de fibra óptica para la aviación ( Fly-By-Light, FBL en ingles ) del pedal directamente debajo de cada uno de los pedales del timón izquierdo y derecho, y una placa de reposapiés inmediatamente después del pedal del timón directamente izquierdo y derecho).

    (繁體字)第十・三〇版:左、右方向盤踏板正下方的腳踏板裝置(纖維光學飛行控製係統/線傳飛控係統),以及緊隨左、右方向盤踏板之後的腳踏板托。


    ( 繁體字 ) 第十・〇〇版:完成彈射椅右側的飛行儀表製。創造踏板的輪廓(左右)。

    1. (Tinami - No. 1067664 ) (第10.20版)可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤
    (English) Version 10.00: The artwork completion of the flight control panel on the right side of the ejection seatd.Create an outline of the pedal (left ,right).

    (española) Versión 10.00: La terminaci(derecha e izquierda).

    (繁體字) 第十・〇〇版:完成彈射椅右側的飛行儀表製。創造踏板的輪廓(左右)

    Version 10.00

    第十・〇〇版:射出座席の右側面の飛行操縦制御盤一式の完成。ペダル(左右)のアウトラインの作成。


    ( 繁體字 ) 第十・〇〇版:完成彈射椅右側的飛行儀表製。創造踏板的輪廓(左右)。

    1. (Tinami - No. 1067664 ) (第10.20版)可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤
    (English) Version 10.00: The artwork completion of the flight control panel on the right side of the ejection seatd.Create an outline of the pedal (left ,right).

    (española) Versión 10.00: La terminaci(derecha e izquierda).

    (繁體字) 第十・〇〇版:完成彈射椅右側的飛行儀表製。創造踏板的輪廓(左右)



    Version 9.80
    第九.八版:射出座席の右前方の三形態(F,G,B)間の相互移行に用いる制御盤が完成しました。

    ( 繁體字 ) 第九版第八部:用于三種形式(三模式)「F(戰鬥機)、G(旋翼式螺旋槳飛機)和 "B"(人型)」之間相互轉換的控制板,就在彈射椅前面,已經完成。

    1. (Tinami - No.1067748 ) (第10.30版)可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」操縦区画・主制御盤
    (English) Version 9.8: The control board for interchange between the three forms (three modes) "Fighter, Gyrodyne and Battloid", just in front of the injection seat, has been completed.


    (española) Versión 9.8: Se ha completado el tablero de control para cambiar entre las tres formas (tres modos) " Fighter(avión de combate), Girodino y Battloid" , justo delante del asiento eyectable.

    (繁體字) 第九版第八部:用于三種形式(三模式)「F(戰鬥機)、G(旋翼式螺旋槳飛機)和 "B"(人型)」之間相互轉換的控制板,就在彈射椅前面,已經完成。



    Version 9.20


    • 初版から第9版までの 2100 x 2500 pixels は細部の描写限界により第10版以降はpaint.NET で6レイヤ描画可能限界, 2倍の 4276 x 4953 pixels, PNG ( 16.53 MB ) 描画としました。(2021年7月13日(火曜日) 19時更新、24bit)
    (MediaFire原寸直接リンク) 
    tinami.送信は41% 縮小 1752 x 2048 pixels, PNG

    可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」核融合炉と発動機制御




    超時空騎団サザンクロスに登場する 可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」 操縦区画 【 Block-1.5 】のアートワークも「改訂第14版」を重ねました。画像は第12版における改良箇所です。
    座席左、手前の“L,M,R”の3本が発動機【エンジン】の推力の絞り弁【スロットル】後方の“L,R”が核融合炉の出力調整弁になります。
    オーロランはエンジンが三基ありますが、核融合炉は、左右のエンジンポッドのプラット&ホイットニー JG95又はJG96内部に内蔵されている2基の核融合炉に依存します。
    3つ目のエンジン ターボ・ユニオン社 ATF-402またはATF-403は、左右の核融合炉の出力を配管で分岐して駆動します。
    それ故、核融合炉の出力調整が左右の二本、発動機のスロットルが三本ということになります。

    座席の右の左右に振ることの可能な2本の操縦桿操縦捍は、回転翼形態に於ける翼端の噴流を調節、バトロイド〔人型〕形態では背中のX状のスラスター推力調節弁、つまり姿勢の制御に用います。



    The artwork for the "VFH-10 Auroran" control block "Block-1.5" that appears in the Super Dimension Cavalry Southern Cross has gone through its 14th edition.

    The image shows the improvements made in the 12th edition.
    The three levers on the front left of the seat (L, M, R) are the throttles for engine thrust, and the levers behind the seat (L, R) are the power control valves for the fusion reactor.
    The Auroran (or "AGAC") has three engines, but the fusion reactor relies on two fusion reactors, which are enclosed and built into the Pratt & Whitney JG95 or JG96 engine pods on either side.

    The third engine, the Turbo Union ATF-402 or ATF-403, is driven by the output of the left and right fusion reactors, which are split by piping.
    Hence, there are two fusion reactor power adjustments on the left and right, and three throttles on the engine.

    Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)


    El arte del bloque de control Aviones del combate variable/VERITECH "VFH-10 Auroran" "Block-1.5" que aparece en la Super Dimension Cavalry Southern Cross ha pasado por su 14ª edición.

    La imagen muestra las mejoras introducidas en la 12ª edición.
    Las tres palancas situadas en la parte delantera izquierda del asiento (L, M, R) son los aceleradores para el empuje del motor, y las palancas situadas detrás del asiento (L, R) son las válvulas de control de potencia del reactor de fusión.
    El Auroran (o "AGAC") tiene tres motores, pero el reactor de fusión depende de dos reactores de fusión, que están encerrados e incorporados en las vainas de los motores Pratt & Whitney JG95 o JG96 a ambos lados.

    El tercer motor, el Turbo Union ATF-402 o ATF-403, es impulsado por la salida de los reactores de fusión izquierdo y derecho, que están divididos por tuberías.
    Por lo tanto, hay dos ajustes de potencia del reactor de fusión a la izquierda y a la derecha, y tres mariposas en el motor.

    Traducción realizada con la versión gratuita del traductor www.DeepL.com/Translator


    1. (Version 14.00) Latest artworks of Auroran (AGAC) cockpit / (español) Últimas obras de arte de la cabina de Auroran (AGAC)
    2. Tinami - No.1066788 第14版 超時空騎団サザンクロス オーロラ社 Block 1.5 射出座席 【 可変戦闘機 VFH-10 オーロラン Block-1.5 操縦区画 】
    3. 超時空騎団サザンクロス (第14版)可変戦闘機オーロランコクピット内部図解 - ユイニャアのイラスト - pixiv


    1. (English) Version 14.00 AGAC Cockpit and Ejection Seat Artwork Description.txt ( unicode )
    2. (Espanola) Version 14.00 Asiento de la cabina de mando y de eyeccion Descripcion de la ilustracion (unicode)
    3. (繁體字)_版本14.00 駕駛艙和彈射座椅 插圖描述_(unicode)

    『超時空シリーズにはまともな回転翼機が登場しない、なら自分自身で作ってしまおう!)シリーズ企画も、既に二桁突入の第14弾目。可変戦闘機 VFH-10 オーロランの「Block-01」から「Block-1.5」までの初期型コックピットのオーロラ社製造の射出座席 。宇宙空間でも用いるものなので、気密能力は大気圏内を飛ぶ航空機よりも厳密でなければなりません。先に投稿したF-4写真集やWeb上の資料を参考に風防枠の固定鉤を追加、ほか多数の細部の線を引き直し、改定第 " 6.4 " 版 コックピット(DeviantArt)および、本・解説綜合Web頁【日本語】 となりました。
    座席左側の3本のスロットルの描きなおしと文字入れ、座席右側の2本の反応炉出力調整弁の輪郭の再作成、同・右前部の変形レバーの描き直しと文字の見直し、座席のクッションの描き直しなどなど改良は多岐に亘ります。


    (English) Improvement points to the artwork at the Version 14.0 ! Improvements include redrawing and relettering the three throttles on the left side of the seat, redrawing the outline of the two fusion reactor power adjustment valves on the right side of the seat, redrawing and relettering the transformation lever on the front right of the ejection seat, and redrawing the seat cushion.


    ( española ) : ¡Puntos de mejora de la obra de arte en la versión 14.0 !

    Las mejoras incluyen el rediseño y el cambio de letra de los tres aceleradores en el lado izquierdo del asiento, el rediseño del contorno de las dos válvulas de ajuste de potencia del reactor de fusión en el lado derecho del asiento, el rediseño y el cambio de letra de la palanca de transformación en la parte delantera derecha del asiento eyectable y el rediseño del cojín del asiento.


    (繁體字): 在 14.0版中對藝朮 / 術品的改進點

    改進之處包括重新繪製座椅左側的三個/箇節流閥並/併重新排版,重新繪製座椅右側的兩個/箇聚變反應堆功率調節閥的輪廓,重新繪製彈射座椅右前方的轉換桿並/併重新排版,以及重新繪製座椅的坐墊。

    脱出手順

    【脱出手順】
    まず、ローターを羽根先端のチップジェットの噴出方向を下向きにして、回転翼を外す方向に力をかけます。これは補助で、同時に火薬カートリッジにて回転翼を吹き飛ばします。

    操縦室と前部乗員区画の天井はロックが外れ、こちらも火薬で吹き飛ばします。

    最後にオーロラ社製の可変射出座席が最適な角度に方向を可変させ、後ろの座席から後席左→後席右→前席左→前席右【機長】の順序で脱出。

    なお、 救難型は4名までですが、哨戒型は掃海担当の為の更に2名の後席の射出座席があるので、6名脱出になります。

    逆に救難型はお客さん、つまり救難対象者、または患者さんがいるときは、結局は責任感から射出座席は使わず不時着水を選ぶのが普通です。射出座席を使うとローターを吹き飛ばすので、患者を見殺しに棄てることになるからです。
    しかしながら結局、射出しないのに、なぜ射出座席の装備があるか?

    それは、患者、または救難対象者を乗せない状態では、脱出の選択肢を選べるようにと、乗員2名、救難隊員・兼・救命員の2名の4名分の射出座席を搭載しているのです。

    となると、やはりFF型のコクピットの天井を火薬で吹き飛ばすことが可能な構造にする必要があります。
    Step-11として操縦区画の天井のロック解除機構を追加、排気管の細部の、NO STEP 他の注意書【ノルナ、サワルナ、塗装するな、熱排気注意、吸気口だから塞ぐな、腰掛けるな!】を英語で追加しました。

    『操縦区画は火薬利用につき、火気厳禁』も書いてあります
    Marie "Angel" Crystal and Aurora Corporation Ejection seat




    VF-1バルキリーの基本的な操縦系統と踏襲した上で、レギオス方式の可変戦闘機の脱出方式を利用可能な機首の後方折り畳み機構を採用。

    AGAC is in addition to following the basic control system of the VF-1 Valkyrie, it has a rearward-folding nose mechanism that allows the use of the VFA-6 Alpha "Legioss" style VERITECH fighter escape system.

    El AGAC, además de seguir el sistema de control básico del VF-1 Valkyrie, tiene un mecanismo de nariz plegable hacia atrás que permite el uso del sistema de escape del caza VERITECH estilo VFA-6 Alpha "Legioss".

    2072年以降の最新

    『脳波画像化・立体視操縦支援機構』登載改修

    脳波とホログラフィによる外界情報立体視による操縦装置を搭載する改造を施したBlock 50 系列のうち、Block 45系列を基本に脳波操縦支援機構に改装したものをBlock-50 "B" と呼称します。
    これに対して 統合新型絞り弁 (スロットル)を搭載した Block-45以前の型【 Block 03 , Block-44 。但し Block 01〜Block 2.5までは改装項目が大規模となるため、脳波操縦支援機構を搭載するBlock-50への改装は実施されなかった。】を Block 50 "A " として区別しました。
    1. PNG原寸 8000 pixel x 6650 pixel ( 7.98 MB ) 超時空騎団サザンクロス VFH-12H スーパーオーロラン Block50B 脳波操縦型 - ユイニャアのイラスト - pixiv
    2. PNG original size 8000 pixel x 6650 pixel ( 7.98 MB ) VFH-12H SuperAuroran Block50-B console panel instruction on Deviantart
    3. PNG 45%縮小画像 3600 pixel x 2993 pixel ( 2.95 MB 解像度 96.00 pixel ) 超時空騎団サザンクロス VFH-12H スーパーオーロラン Block50B 脳波操縦型 - Tinami

    コックピット開発系統図




    • 1. Block 00〔試作機〕
    • 2. Block 01〔VFH-10A 宇宙機甲団向け 初期型〕
    • 3. Block 1.5〔VFH-10A 衛星アルス守備軍向け援軍仕様〕
    • 4. Block 02 〔VFH-10B 戦術空軍・航空騎兵隊 向け 対地攻撃機〕
    • 5. Block 2.5〔VFH-10C 空軍・空対空の迎撃部隊向け。大戦により量産されず〕
    • 6-A.Block 03(防弾ガラス無し)〔VFH-10C 空軍・空対空迎撃部隊向け。当初は防弾ガラスと取り付け枠を撤去して就役〕
    • 6-B . Block 03 (防弾ガラス復活)〔防弾ガラス取り付け枠復活。VFH-10C、空軍での運用実績により防弾ガラスを復活させたもの。その他にも要所に防弾板も増設。〕
    • 7. Block 44〔海軍空母航空団、海兵隊向け VFH-10C改(単座)、VFH-10D(複座)、ホログラフィー投影・球状ディスプレイを装備〕
    • 8-A . Block 45A〔旧型・双子スロットル〕. 攻撃型〔空軍、陸軍航空団に向けての攻撃能力強化型〕旧型・二連双子式のスロットル・レバーによるアルゴリズム発動機制御
    • 8-B . Block 45B〔新型・双子式スロットル〕 . 攻撃型〔二連双子式のスロットル・レバーを新型に更新〕
    • 8-C. Block 45C(新型・単発スロットル) . 攻撃型〔新型スロットルレバーを単発に。制御プログラムと処理コンピューターの能力向上により、2本のスロットルレバーが不要になる。〕
    • 9-A.Block 50【Block 03 改修】VFH-10H〔戦略空軍、宇宙機甲団向け〕脳波画像処理/脳波操縦〔BDI/BCS〕・仮想現実コックピット
    • 9-B.Block 50 【Block 45C 改修】 VFH-10H〔戦略空軍、宇宙機甲団向け〕脳波画像処理/脳波操縦〔BDI / BCS 〕・仮想現実コックピット

    ■ (抵抗傘制御盤追加) 可変戦闘機 VFH-10「オーロラン」の操縦席コンソール

    表 紙


    • クリックにて Onedrive 上リンク、PNG形式 原寸 1,400 pixel x 1,748 pixel ( 1.18 MB ) に移動します。


    Block 02 系列

    1. なお、 Block 02 までは左右の操縦桿をバトロイドの手指の操作にも利用する機械手指操作のコンソールである「ダ・ビンチ II」の開発が間に合わない為、同機構は未だ装備されておらず、暫定的に従来型の操縦桿に対して「インテュイティブサージカル合同会社 - ダヴィンチ サージカル システム」のソソフトウェアのみを適用した『ダビンチ - I エレメント』を採用していました。
    2. 1.(抵抗傘制御盤追加) 可変戦闘機 VFH-10 オーロラン 【 Block 02 】操縦席コンソール(「ダヴィンチ」遠隔操作システム固定状態のみ。)


    1. 2. (抵抗傘制御盤追加) 可変戦闘機 VFH-10 オーロラン 【 Block 2.5 】操縦席コンソール(「da Vinci II」遠隔操作システム展開・固定状態のみ。)
    2. ▼ Block 2.5 は『ダビンチ - II 』遠隔[機械手指]操作機構 を展開した状態で固定されており、収納することはできません。

    Block 45 系列

    初期Block44まではスロットル【絞り弁】も単一双発 、Block 45で微妙な左右の出力調整が必要となり縦列タンデム2本となり、非常に複雑となった反省点よりBAE 社でFADECやAIと連携して 45-C から新型タンデムスロットルになるなど、改良と変遷の過程も創作しました。




    ダビンチ II 遠隔[機械手指]操作機構




    • 実際の機体配置の左右間隔


    可変戦闘機の基礎技術

    ベリテック」( " VERITECH " )とは、可変工学とロボット工学統合技術 V ariable  E ngineering and  R obotic  I ntegration- TECH nology")の頭文字を採用し短縮したもの。

    SAAB社(Block 2.5)「VFH-12 スーパーオーロラン」コックピット

    (空母いずも格納庫) VFH-10C Block03 オーロラン

    CVN-78 空母ジェラルド・R・フォード甲板上の「VFH-10G オーロラン」(夕暮れ)
    CVN-78 空母ジェラルド・R・フォード甲板上の「VFH-10D オーロラン」(月夜)
    Block 50 (block 45 改修)「VFH-10 オーロラン」 in 格納庫
    2019年4月15日〔月曜〕「ヘリコプターの日」 及び「超時空騎団サザンクロス 35周年記念」VFH-10G Block45B オーロラン
    空母クイーン・エリザベス上の VFH-10B オーロラン オーロラン (Block 02)
    1984/4/15「超時空騎団サザンクロス」放送開始 35周年記念 クイーン・エリザベス級 空母より発艦準備中の 「可変戦闘機 「VFH-10G オーロラン」(Block 45-b)
    ヘルメット・マウンテッド・サイト 〔Helmet Mounted Site〕頭文字を採用してHMDと書きます。

    この緑色の透過文字は、上部がキャノピーに投影するグラス投影ディスプレイ、下がヘルメットのディスプレイを透過して表示されるHMD画像になります。

    ですから、ヘルメットを通さない客観的な撮影画像では、下のディスプレイ表示は写っていません。
    まさに、パイロットからみた特有〔ユニーク、一意の〕表示になります。



    本記事は、超時空騎団サザンクロスが2019年4月15日で35周年を迎えることを祝い作成した特別記事です。

    可変戦闘機 完全変形 VFH-12 スーパー・オーロラン

    1. Orijinal art was posted by Kyle Dunn thanks to his artwoks and courtesy !
    2. Fully transformable OR 4 channel flyable Gyrocopter Radio Controlled VFH-12 Super AGACS
    請願と投票
    1. Change.orgは、慈善活動や社会を変えるための様々なキャンペーンへのオンライン署名収集および届け出を中心とした社会変革活動支援を業務に含む社会的企業、およびウェブサイトである。
    2. 「Bコーポレーション」として認証された営利法人としてデラウェア州にて登記されている"Change.org, Inc." が運営する。

    1. Petition ・ Please merchandise release ROBOTECH: Masters (Southern cross) especially fully transformable VERITECH model or toys ! ロボテック(超時空騎団サザンクロス)に関係する商品、特に VERITECH に関係する商品の発売。 Change.org
    2. 可変戦闘機 完全変形 VFH-12 スーパー・オーロランを数量限定で発売する企画。 “完全変形が売れたら”飛行ラジコンも検討。 クリックにて 原寸画像 1,800 pixel x 694 pixel に復帰します。


    • 色調補正版(クリックにて PNG 形式の原寸画像 1,366 pixel x 611 pixel , 710 KB に復帰します。)


    • 試作品、二重反転ローターの空力的問題や同軸反転に関する動力伝達の困難さも克服し飛行に成功したけど、実現は完全変形模型の売上次第なのが難点。
    二重反転ローター飛行ラジコン実例
    • ホットサイクル式ローター - Wikipediaのラジコン飛行模型での再現は無理があり、ローター上下間隔を大きく取る必要があるため、実機と多少イメージが異なるが、二重反転ローターで代用とするほかはない。 クリックにて 原寸画像 1,024 pixel x 691 pixel に復帰します。



    『ダ・ヴィンチ II』(バトロイド形態の手指の操作と制御装置)収納位置の『VFH-10G オーロラン』



    フィル・シュール【Phil Hsueh】

    『見た目は良さそうですが、戦闘機モードやヘリコプター・モードにバトロイドの操作装置(コントロール)を含める必要があるとは思いません、単に邪魔になるだけです。
    バトロイドモードでは、コックピット全体の向きが変わり、パイロットがバトロイドモードに切り替わるまでバトロイドの操作装置を隠すことができます。
    これは 「VF-1 バルキリー」と同じです。

    オーロラン〔AJACS〕には「ガーディアン」/「ガウォーク」モードがないので、さらにVF-1 バルキリー以上にもっと当てはまります。

    そのため、バトロイド手指とフットコントロールをファイターとhelo〔ヘリコプター〕モードで使用する必要はありません。』


    • 〔返答〕
    心配しないで。この画像は来賓を歓迎して行われる公式の発表会〔レセプション〕での報道記者のためのデモンストレーションの複製です。
    『ダ・ヴィンチ II』(バトロイド形態の手指の操作と制御装置)のバトロイド形態の指の操作制御装置〔コントローラー〕は、以前に追加された円筒形の回転体基部を軸として収納位置に配置できます。
    さらに、ヘルメット装着表示装置〔HMD , Helmet Mounted Display〕の緑色の表示(スクリーンの中央下、座席の真上)は、本来は写真合成されない限りフィルムに表示されませんが、この画像には投影されています。

    さらに私は実際に固定翼航空機のフットペダルシステムから、ヘリコプターのフットペダルシステムに描き直すにあたり、新しいフットペダルシステムを再描画するためにヘリコプター操縦士の助言を使用しました。

    (引用:Robotechロールプレイングゲームのコミュニティ『クリストファー・サンジェネット』氏 ( Mr. Christopher Sangenette ) の画像に対する返信)



    クリストファー・サンジェネット:『回転翼モードを持つ機体なら、フットペダルは常に互いに独立した自転車の楕円形ペダルのように設定し描くべきです。』
    (Christopher Sangenette: Always pictured the pedals as more of a bicycle or elliptical setup that’s independent of each other.)


    新型ペダル for 可変戦闘機 「VFH-10 オーロラン」
    Block 45以降新型スロットル・レバー(オーロラン用)


    • これまでのスロットルレバーでは、手動制御の繊細な操作感覚の維持とAIによる飛行自動装置との共同操作に齟齬が生じる恐れが出始めたことにより、新たに設計されました。
    Block 45 の初期までは、オーロラン特有の双発ではない3発機〔三基〕のエンジンを1本ないし2本のスロットルで制御するという無理を強いていましたが、この新型の発動機出力制御装置では従来の21世紀前半までのジェット戦闘機と同様に1本のスロットルで制御可能です。
    Block 45の初期、及び Block 44 において使用された旧型スロットル・レバー
    人工水平儀
    星間技術ネットワーク 登録出願番号 Navigation devise by Gyroscopic Systems GRI GE-SU 1023

    ジャイロスコープ機構に由来する航法計器 惑星グロリエ 【 GR-irie 】 申請者ジョルジュ・サリバンGEorge SUllivan 】 第1023号


    エンジン起動・停止スイッチ (VFH-10 オーロラン専用)
    (右)「VFH-10 オーロラン」専用操縦桿
    (左)「VFH-10 オーロラン」専用操縦桿
    可変戦闘機 「VFH-10 オーロラン」 射出座席

    星間技術ネットワーク 登録出願番号 Safrty devise by rocket motor, GRI GE-SU 28

    ロケットモーター機構に由来する乗員安全確保装置 惑星グロリエ 【 GR-irie 】 申請者ジョルジュ・サリバンGEorge SUllivan 】 第28号

    バトロイド形態での足先噴射の流量制御パネル
    星間技術ネットワーク 登録出願番号 Control devise GRI GE-SU 466

    制御機器 惑星グロリエ 【 GR-irie 】 申請者ジョルジュ・サリバンGEorge SUllivan 】 第466号

    1. ジャイロダイン形態でのチップジェット ( - ウィキペディア )噴出量の調整を兼用。ただし通常は中央のコンソールで制御するため、予備としての物理バルブとして利用。バトロイド形態では面前に移動するため、バトロイド形態での足先噴射の流量制御パネルとしての機能を優先。
    2. 翼端噴流・流量制御パネル for 可変戦闘機:オーロラン

    バトロイド手指の新規の遠隔操作装置〔ダヴィンチ II〕

    『ダ・ヴィンチ II』(バトロイド形態の手指の操作と制御装置)収納位置の『VFH-10G オーロラン』



    フィル・シュール【Phil Hsueh】

    『見た目は良さそうですが、戦闘機モードやヘリコプター・モードにバトロイドの操作装置(コントロール)を含める必要があるとは思いません、単に邪魔になるだけです。
    バトロイドモードでは、コックピット全体の向きが変わり、パイロットがバトロイドモードに切り替わるまでバトロイドの操作装置を隠すことができます。
    これは 「VF-1 バルキリー」と同じです。

    オーロラン〔AJACS〕には「ガーディアン」/「ガウォーク」モードがないので、さらにVF-1 バルキリー以上にもっと当てはまります。

    そのため、バトロイド手指とフットコントロールをファイターとhelo〔ヘリコプター〕モードで使用する必要はありません。』


    • 〔返答〕
    心配しないで。この画像は来賓を歓迎して行われる公式の発表会〔レセプション〕での報道記者のためのデモンストレーションの複製です。
    『ダ・ヴィンチ II』(バトロイド形態の手指の操作と制御装置)のバトロイド形態の指の操作制御装置〔コントローラー〕は、以前に追加された円筒形の回転体基部を軸として収納位置に配置できます。
    さらに、ヘルメット装着表示装置〔HMD , Helmet Mounted Display〕の緑色の表示(スクリーンの中央下、座席の真上)は、本来は写真合成されない限りフィルムに表示されませんが、この画像には投影されています。

    さらに私は実際に固定翼航空機のフットペダルシステムから、ヘリコプターのフットペダルシステムに描き直すにあたり、新しいフットペダルシステムを再描画するためにヘリコプター操縦士の助言を使用しました。

    (引用:Robotechロールプレイングゲームのコミュニティ『クリストファー・サンジェネット』氏 ( Mr. Christopher Sangenette ) の画像に対する返信)

    クリストファー・サンジェネット:『回転翼モードを持つ機体なら、フットペダルは常に互いに独立した自転車の楕円形ペダルのように設定し描くべきです。』
    (Christopher Sangenette: Always pictured the pedals as more of a bicycle or elliptical setup that’s independent of each other.)


    開発前史



    史上初の可変戦闘機であった汎用戦闘機VF-1 バルキリー以降、可変戦闘機の系譜は万能を目指したが故に器用貧乏に陥ったバルキリーの系譜から、用兵組織〔特に空軍と陸軍航空部は、宇宙軍・海軍・海兵隊に向けて特化したVF-1への不満があった。〕の軍務に適した用途への専門化への道を歩んだ。

    一方で、VF-1 バルキリーの直系の宇宙軍の万後継機としては、VF-4 ライトニングVF-X-6 ジニーア、そして陸軍系企業連合が巻き返しを狙って提案したVFA-6 レギオスが担うことになった。
    参照記事
    開発系列図 (航空宇宙機)
    • 左側:VFA-6I(イオタ)*1、中央:SF-5A (AF-3A) 「コンバート」、右側:VF-X-6「ジニーア」

    左側:VFA-6I と、右側 VF-X-6「ジニーア」【"Genia"】
    ★ "Genea"(ギリシャ語):ギリシャの地母神の名前と "Genia"(ギリシャ語で「新世代」)を掛けている。

    画像資料

    開発期と極初期型

    Block01操縦席の前面パネル (Instruments Panel)
    • ディスプレイの左右にみえる黄色の4枚のフィンは、電子機器の放熱口。機内の空調温度を上昇させるほか、専用の独立した冷却装置を
    持たず、機内空調に頼る設計は被弾して与圧が低下した際はディスプレイの過熱と停止に繋がった。Block 1.5でトラックボールを設置した位置はディスプレイの輝度や同期の調節ツマミ(円筒形 × 2)となっている。



    Block 1.5操縦席の前面パネル (Instruments Panel)
    • 統合ディスプレイの右下にトラックボールが2つ確認出来る。バトロイド形態での姿勢制御の噴射量の微調整には便利だが、宇宙機甲隊はともかく、空軍や海兵隊のジャイロダイン形態での任務には、ホバリング時の微調整には使えたにせよ、ディスプレイ視認の妨げになったと推測される。Block 01でディスプレイ機器の冷却フィンであった左右の黄色の4枚のフィンは、Block 1.5では(黒地に赤い◯の箇所)は、後方警戒センサーに流用されている。

    初期型



    1. Block 1.5までの欠陥を改良した型。但し新型の16:9の統合ディスプレイの完成が未了であった為、従来のディスプレイに改良を加えて使用していた。
    2. 一方でコレクティブ・ピッチレバーサイクリック操縦桿など、回転翼機として通常備えるべき操縦機構が完備して、安心してジャイロダイン形態を運用可能となった。
    3. なお、このBlock 02以降、コックピットの筐体である基本骨格〔コックピット・フレーム〕が実用水準まで再設計され、以後Block 2.5,Block 03,Block 44,Block 45,Block 50 まで、電子機器の入れ替えに伴う補助梁材の変更追加こそあれ、基本骨格が変更されることは無かった。

    Block 2.5 (試作:西暦2033年)


    第二次星間大戦に間に合わせる為、このまま就役させる予定で突貫作業で開発が進められていましたが、ゾル艦隊の艦砲射撃でサザンクロス軍の総司令官アナトール・エリ・レオナルドほか大半の幹部が死亡したことにより、開発は中断。

    戦後2年経過した後、新生統合軍の資金で開発が正式に再開〔それまでも社内有志により独自に開発は続行していた〕当初の予定のスロットルの制御ボックス、変形スライドレバーとホバリング時の姿勢と停止位置の微調整用に有用なトラックボールの制御ボックスが完成、晴れて Block 03 の正式配備となった。

    最初期の「Block 02 」型の不備を修正、空対空情報処理能力を強化、僚機(ウイングマン)の状態表示と作戦指揮のためのネットワーク機能を強化したので、主に飛行中隊の指揮官に優先的にあてがわれた。

    当初は2033年に就役予定だったが、大戦の余波と開発主任〔 ジョルジュ・サリバン 〕の殉職により遅れ、実際の就役は2036年になった。

    中期型
    1. 2019年2月28日23時10分更新:バトロイド形態用の「Da 'Vinci II」手首および5本指・遠隔操作・精密制御システム
    2. JST 23:10 February 28 2019 update :
    "Da' Vinci II" hand and five-finge9r manipulator precise control system for Battloid mode.



    Block 45〔旧型双子スロットル・新型双子スロットル・新型単発スロットル〕
    • オーロランは、主発動機が1基、回転翼駆動と翼端噴射用の副発動機が1基、その他に発電用のAPU(補助発電機)を持つ為に、発動機の絞弁の制御には難渋した。
    • Block 45では、アルゴリズム制御式のスロットルを再要求したので、レバーが独立差動が可能な構造のものかゎ、最低でも2本必要となったが使いこなすのは標準的な技量の操縦士官には難しく、AIが補助をする必要があった。
    • 制御技術とプログラム、さらにコンピューターの技術の向上により、双子式のスロットルレバーは、新型となり操作性が向上、さらには単発で制御可能となった。





    後期型〔Block 50以降〕





    超時空騎団サザンクロスに登場する可変戦闘機。西暦2072年 Block 50 可変戦闘機『VFH-10 H オーロラン』VR操縦席:バトロイド手指の新規の遠隔操作装置〔ダヴィンチ II〕Da'vinchi II system for VF (Block 03) 参照。

    工学博士(Ph .D)ジョルジュ・サリバンによる仮想現実〔VR〕コックピットの発展形。原型はスパルタスの操縦席の投影装置にあるが、非常時以外はディスプレイは使用せず、新たにSuper Nova YF-21オメガ・ワン(Ω1)プロジェクトによる脳波操縦機構〔BCS, Brainwave Control System〕脳内直接画像投影装置〔 BDI, Brain Direct Image system 〕を搭載した。

    • YF-21オメガ・ワン(Ω1)評価試験飛行前の調整作業場面より。Brainwave Control System (BCS) and Brain Direct Imaging (BDI) system.

    ウィキペディア (スペイン語版)は、どう書いているか?

    出典

    VFH-10 装甲・可変攻撃ヘリコプター、或いは別名 ベリテック【Veritech】 AGAC はアニメ・テレビ・シリーズ「ロボテック」中で「サザンクロス軍によって開発された最後の航空機で、その最初の日本版 『超時空騎団サザンクロス』 に登場します。
    メカは、サザンクロス軍 宇宙軍と地上軍の間の協同プロジェクトとして設計され、宇宙空間と同様に、地表面の近くで敵軍を攻撃することを基本任務とします。

    それは大気・重力圏内の固定翼戦闘機としては、特筆すべき性能を以て輝きません。
    しかし、それは宇宙空間での対艦攻撃と大気圏内の地上攻撃目的に絞った用途に関しては、その点で確かに相応の能力を持っています。

    AGACs(一般にはっきりした Ajax)のかなりの数はサザンクロス軍の御用企業によって造られました。

    そして、Robotechマスターズ か 「インビッド」」【Invid】によってその殆どは撃墜されました。

    宇宙軍は【 A型 】、大部分は戦闘機形態とバトロイド形態を使用します; 地上軍【 B型 】は、大部分は回転翼機(ヘリコプター)形態の対艦攻撃機として、その上、同目的のバトロイドとしてAGACsを使います。
    しかしながら生産された総数のうち、大部分のAGACs は、損失数を補填する為に宇宙軍に割り当てられました。

    AGACは 高性能戦闘機として滅多に使われません。
    そして、そもそも機体はその目的の為に設計されていません。

    宇宙空間では、その多くのエンジンは、機体に良い加速と素晴らしい航空宇宙支配を与え、そして、その複数の光線火砲は大気の影響の為に有効効果範囲(有効射程)の損失を受けずに発火することが出来ます。

    地表近くでは、この機体が従来のガウォーク形態より重心が高い位置に無く、また全高が高くないので、AGACsが遮蔽物の後方に隠れて、初期の従来型のベリテック【Veritech】よりは効果的に浮揚(ホバリング)することを、回転翼機(ヘリコプター)形態は可能にします。

    その粒子光線砲(ビームキャノン)は更に中距離に於いてもなお、良好に動作し、搭載ミサイルは、宇宙と地上付近の両方の領域で非常に効果的です。

    固定翼の戦闘機から回転翼機(ヘリコプター)形態への変化は、ベリテック可変戦闘機の他の形態への変化より広範囲でありません; その結果、AGACs は他のベリテック可変戦闘機に比較して、より小型で単純な変形構造を維持することが可能でした。

    尾部回転翼(テイル・ローター)を持つ機体(シングル・ローター機)の「固有の問題」と 固有の危険」を避けるために、設計者たちは、、回転翼機(ヘリコプター)形態に 二重反転式ロータを与えました; そして、地面から敵の対空砲火に耐えるために、翼主桁箱と翼桁(ウイング・ボックスとスパー)下側は、補強されました。

    バトロイド形態では、この主成分は人型時の胸の装甲金属板を形成しますが、変形過程の間、機体のこの部分は敵の攻撃に対して非常に脆弱です。
    整備と武装換装の容易さのために、殆ど全ての武器はガンポッド、或いは「ミサイル・ポッド」に取り付けられます。

    全体的にみて、AGAC は成功した設計です。
    しかし、他の全ての地球製造の機動兵器(メカ)や艦船に加えて、それは「Robotechマスターズ」に対して重大な損失を被りました。

    The VFH-10 Armored Gyro Assault Chopper, or Veritech AGAC, is the last mecha series developed by the Armies of the Southern Cross in the anime television series Robotech and its original Japanese source The Super Dimension Cavalry Southern Cross.

    The mecha was designed as a cooperative project between the Southern Cross space forces and the ground forces, and is equally at home in space or attacking enemy forces near the ground.

    It does not shine as an atmospheric fighter, although it is certainly no slouch in that regard. Large numbers of the AGACs (commonly pronounced Ajax) were built by the Southern Cross, almost all falling to either the Robotech Masters or the Invid.

    The space forces mostly use the Fighter and Battloid modes; the ground forces use the AGACs mostly as an attack ship in its Helicopter mode and also as a Battloid.

    Most AGACs were assigned to the space forces to replace losses.

    The AGAC is rarely used as a high performance fighter, which it is not designed for.

    In space its many engines give it good acceleration and superb control, and its multiple beam cannons can fire without loss of effective range due to the atmosphere.

    Near the ground, the Helicopter mode makes it possible for the AGACs to hover behind cover more effectively than earlier veritechs, because it is less high than Guardian modes. Its beam cannons still work well at medium ranges, and its missiles are very effective both in space and near the ground.

    The transformation from Fighter to Helicopter mode is less extensive than other transformations of veritech fighters; as a result, the AGACs could be kept relatively small and simple.

    To avoid having to built in a tail rotor, the designers gave the Helicopter mode contra-rotating rotors; and to resist enemy fire from the ground, the underside of the wing box was reinforced.

    In Battloid mode, this base forms the chest plate of the robot, although during transformation, this part of the mecha is very vulnerable.

    Almost all its weapons are mounted in gun or missile pods, for ease of maintenance and switching.

    In all, the AGAC is a successful design, although it suffered grievous losses against the Robotech Masters, along with all other Earth mecha and ships.

    掲載元の原作

    操縦機構及び該当機体(オーロラン)掲載元のテレビシリーズ

    コメントをかく


    「http://」を含む投稿は禁止されています。

    利用規約をご確認のうえご記入下さい

    Menu

    1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
    2. 超時空コンベンション 2020 湖川友謙
    3. ロボテック:実写映画の構成案
    4. 超時空騎団サザンクロス 日本語同人ゲーム
    5. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
    6. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
    7. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
    8. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



    開く(Open)

    の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

    Variable Fighter / Attacker MASTER File

    管理人/副管理人のみ編集できます