" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

マスター・ファイル

VFH マスターファイル オーロラン

【 VERITECH Fighter / Helicopter Master File VFH-10 Auroran , VFH-12 Supreme-Auroran 】
機体の操縦装置と表示装置を含む、全操縦系統の

各々の生産 Block についてはオーロラン (コックピット)に記載しています。
(空母いずも格納庫) VFH-10C Block03 オーロラン

目次【Index】

  • (空母いずも格納庫) VFH-10C Block03 オーロラン
  • 目次【Index】
  • TSASシステム
  • 機体の下面 (The bottom view)
  • 非変形の陸戦用機
  • 親項目
  • 〔「空間識失調/バーディゴー」予防装置〕

    空間識失調 バーディゴーに気づかないうちの墜落に、触覚刺激(バイブレーション)が役立つという内容。パイロットに触覚刺激で方向を知らせるベスト
    TSAS:Tactile Situational Awareness System 海軍研究所のTSASベスト・プロジェクト責任者、デビッド・ストリート少佐。
    このベストは、正しいコースから外れるとパイロットに警告を発する、という形で機能する。
    すなわち、機体が右に傾き始めればベストの右側が振動し、地面に向かって降下していれば下の部分が振動するのだ。
    正しいコースから外れる度合いが大きくなると、発生する振動も強くなる。
    コースが修正されると振動も止まる。航空機が予定通りのコースを維持していれば、ベストはまったく振動しない。

    ダビンチ II 遠隔[機械手指]操作機構



    • 実際の機体配置の左右間隔


    • なお、 Block 02 までは左右の操縦桿をバトロイドの手指の操作にも利用する機械手指操作のコンソールである「ダ・ビンチ II」の開発が間に合わない為、同機構は未だ装備されておらず、暫定的に従来型の操縦桿に対して「インテュイティブサージカル合同会社 - ダヴィンチ サージカル システム」のソソフトウェアのみを適用した『ダビンチ - I エレメント』を採用していました。
    ホセ・オーティス(Jode Ortiz)による塗装派生図
    早期警戒ユニット装備

    VFH-10A AGAC Auroran with AWAC / ELINT package !
    AWAC / ELINT package has two mode " fixed disc winged aircraft " or " battloid (in emergency situation) " !
    The disc worked fixed wing , but "no helicopter mode" because of the disc except for changing "normal roters / X-wing unit" on the home ground factory !

    P.S. Tandem dual seat needed for radar and sensor operation.

    基本型・発展型・変形過程・CG画像 記事のお知らせ

    基本型 VFH-10 については、煩雑(はんざつ)回避の為、
    下記を参照下さい。VFH-10 オーロラン

    1. 発展型 「VFH-12スーパー・オーロラン」 は生産拠点が北欧(スウェーデン SAAB社)と日本国(川崎重工業)に分割され、地域派生型が生じています。
    2. また、特性や運用が基本型と異なる為、下記の記事に移行しました。
    発展型 "VFH-12 Super Auroran" については、煩雑(はんざつ)回避の為、
    下記を参照下さい。スーパー・オーロラン
    変形過程については、オーロラン(変形過程)
    【 VFH-10 Auroran Transformation sequence 】
    に移しましたので、そちらをご覧下さい。
    CG画像については、オーロラン (CG画像)【 VFH-10 Auroran CG-images 】に移しましたので、そちらをご覧下さい。
    資料画像については、オーロラン(資料画像)【 VFH-10 Auroran images archive 】に移しましたので、そちらをご覧下さい。
    オーロラン(先進回転翼)
    手脚ユニットを排除した派生型については、オーロラン (派生型)をご覧ください。

    制式な日本語変換発音はラテン語の「シュプリーム・オーロラン」ですが、北米大陸出身者は自国の「米国式英語」の発音で単に「スーパー・オーロラン」と発音していたと聞きます。

    フィル・シュール【Phil Hsueh】氏による塗装例

    By Mr. Phil Hsueh : Mi-24 Winter forest camouflage and Vietnam forest painting ( deep green ) U.S. Army color scheme .

    PNG Mi-24 ハインド森林迷彩カラー「オーロラン」( 固定翼形態 )by Phil Hsueh

    Russian Mi-24 Winter forest camouflage color scheme .

    PNG 米国陸軍ベトナム森林カラー「オーロラン」( 固定翼形態 )

    • by " Phil Hsueh " (「フィル・シュール」氏による塗装例)
    Vietnam forest painting ( deep green ) U.S. Army color scheme .

    固定翼形態のセンサーポッド位置のまま回転翼のみを展開

    電子早期警戒型〔サーブ・エリアイレーダー〕

    1. 複座型に、サーブ社のエリアイ電子警戒システムを搭載したもの。
    2. SAAB Erieye radar system VFH-10E AGAC Auroran

    機体の下面 (The bottom view)

    • クリックにて 800 pixel × 482 pixel に復帰します。

    The main gear bay diagram



    後方から (The rear view , back view)
    • クリックにて 812 pixel × 607 pixel に復帰します。


    • クリックにて 1,438 pixel × 1,079 pixel に復帰します。

    手腕・脚ユニットを排除した純粋な航空機型

    飛行に不要な腕と脚を排除し、固定翼形態と回転翼形態の2つの形態のみに変形可能な純粋な可変航空機の派生型。







    宇宙機甲団・海兵分団・トライカラー(固定翼形態)VFH-10B オーロラン

    非変形の陸戦用機

    1. 現地改造でごく短時間〔最大30m高度で最大90m距離を跳躍可能な一回あたり4秒から5秒の噴射を20回分。〕跳躍(飛行)により移動可能な対空自走砲、あるいは精密射撃自走砲として運用【非変形】。
    2. バトロイド形態で固定されている為、可能な限り "不要な変形機構を撤去" 、その軽量化分を重量級の強度を増した関節部品へと交換している。
    3. 中距離からの精密狙撃を前提としている為、装甲は改良された VFH-12 スーパー・オーロラン のものに交換されているが、高射自走砲としての運用が前提の為、陸戦用バトロイド よりは薄い。
    4. ディフェンダーのような弾倉を持たない為、弾数は両腕内の保持数〔片側あたり30発 ×2〕に制限され、狙撃を前提条件とする運用。
    5. レジスタンス活動家の施設の水準では、核融合炉心交換や、補機や各所の補強を必要とする出力強化型のエンジンへの積み替えは不可能である。ただし同一型のエンジンが入手出来れば、使用不能となったエンジンの交換は可能。


    Music Video 超時空騎団サザンクロス 可変戦闘機 VFH-10 「オーロラン」 - ニコニコ動画 GINZA


    超時空騎団サザンクロス  (可変戦闘機 VFH-10 「オーロラン」) - YouTube

    生産“ ブロックII ” 画像(2013年)


    1. 自身の「オーロラン」系列の専用機としては2代目になる 『 ブロックII AJACS 』  ベリテックの傍らに立つ 戦術宇宙機甲師団マリー・アンジェル・クリスタル小尉。
    2. 彼女、クリスタル少尉は、マスターズに対して抵抗を続けている地球統合軍の姿勢を体現する頑強な撃墜女王【Aces】の1人でした。
    3. 原画は アドビ フォトショップ CS4 による描画スケッチ、描線と着色です。
    • PNG 画像 ( 1.23 MB ) クリックにて 1,920 pixel × 1,200 pixel に復帰します。
    • VFH-12 『 スーパー・オーロラン 』ブロック II:VFH-10系において、ミサイル迎撃や照準用として使用されていた低出力の「E-19 コルト【COLT】レーザー砲 」は重量軽減と、“吊下重量強化箇所”〔ハードポイント〕倍増に伴う空力抵抗の補償の見地から廃止されたが、工場によっては生産ラインの混乱を避ける為にそのままとし、"現地部隊の判断に取り外しを任せた"生産機体もあった。
    • また、吊下重量強化箇所〔ハードポイント〕は必要のないときは2基だけ懸吊架(けんちょうか、パイロン)を吊り下げる時もあったが、配線や主翼の強度補強はきちんと4箇所分の作業が行われている。

    • クリックにて 1,920 pixel × 1,200 pixel に復帰します。

    コメントをかく


    「http://」を含む投稿は禁止されています。

    利用規約をご確認のうえご記入下さい

    Menu

    1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
    2. 超時空コンベンション 2020 湖川友謙
    3. ロボテック:実写映画の構成案
    4. 超時空騎団サザンクロス 日本語同人ゲーム
    5. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
    6. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
    7. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
    8. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



    開く(Open)

    の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

    Variable Fighter / Attacker MASTER File

    管理人/副管理人のみ編集できます