" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

マスター・ファイル

VFH マスターファイル オーロラン

【 VERITECH Fighter / Helicopter Master File VFH-10 Auroran , VFH-12 Supreme-Auroran 】
マスターファイル関連のアートについては、オーロラン(マスターファイル)【 VFH-10 Auroran Armament variants 】に移しましたので、そちらをご覧下さい。
オーロラン(複座型):複座攻撃型、複座偵察型、複座SAAB早期警戒機構 Eri-eye搭載型
武装派生型については、オーロラン(武装派生型)【 VFH-10 Auroran Armament variants 】に移しましたので、そちらをご覧下さい。

機体の操縦装置と表示装置を含む、全操縦系統の

各々の生産 Block についてはオーロラン (コックピット)に記載しています。
(空母いずも格納庫) VFH-10C Block03 オーロラン

VF-1L

『マスターファイル SDF-1マクロス VF-1航空隊 』の同一頁。そろそろ日本語マスターファイル本もWeb版が欲しいところ。紙の本のみの発売なので、日本語版は該当する第90頁を写真撮影しましたが、話題に必要な引用の為の最小限ですので、SoftBankさん、ご容赦くださいね!
VF-1Lという、敢えて変形機能を廃した非変形バルキリーです。
大気圏外でスーパーパック無しでもノーマルの可変戦闘機版より多くの推進薬剤を搭載、余計なお荷物である腕や脚の重い関節機構が無いため、空戦能力は高く、戦闘機乗り方面上りのパイロットに好まれました。
しかしながら、リガードなら未だしも、グラージヌージャデル・ガークアドラン・ローとの追撃では地上戦闘に追随出来ないので、L型のみでは返り討ちに遭遇することがあり、可変戦闘機版のバルキリーと共同作戦をすることが、必須でした。
私の描いた非変形のスーパーエアフォースオーロランエアフォースローガンはこの本を参考にしています。
A . 「VF-12 スーパーエアフォース・オーロラン」シリーズ
https://is.gd/J8v2qp
B . 前任“非変形型空軍専用機 ”「FA-108 エアフォース・ローガン」 と後継機 『FA111-F2 ボートゥールIV』


(English)

The international regulations stipulate that the color arrangement of the navigation lights should be blue or green at the right wingtip from the cockpit perspective and red at the left wingtip from the cockpit perspective as well. The coloration errors in the base design have been corrected.VF-1L Valkyrie Long Range Interdiction Veritech Fighter.

The VF-1L was a variant built for long range interdiction and strike. It carried a pair of conformal reactions mass tanks with internal weapons bays capable of holding a total of six AAM-1 Arrow missiles or six conventional bombs. This allowed the VF-1L to cruise at high altitude at near its maximum speed of Mach 3.87, allowing it to reach any target in the world within hours. (Normally, with external weapons carriage, the VF-1 could not attain these high speeds for extended periods of time.) This variant also feature an aerodynamically faired head unit and improved radar warning receivers.



(English)

VF-1L (non-transformable type)

After the end of the First Interstellar War, the new Joint Force, which was in a hurry to rebuild its forces, decided to produce the VF-1, a pure space fighter without complex variable mechanisms.
About 40 of these aircraft are being deployed to air units on the ground and in satellite orbit at the L5 station and bases on the moon, which were left alive after the end of the First Interstellar War.
The VF-1's most distinctive feature was abandoned in favor of a non-transformable version, which was derisively called the "Monkey Valkyrie" in the maintenance field, but by eliminating the variable mechanism, the VF-1 succeeded in significantly reducing its weight.
In addition, in space, the VF-1L was expected to have a large increase in propellant, which ironically improved its maneuverability compared to the standard VF-1 with its transformation mechanism.

The VF-1L was well received, especially by pilots who had experience flying combat aircraft and space planes in air battles.
Notably, the removal of the leg deformation mechanism allowed for the installation of a large conformal tank on the rear flank of the aircraft's fuselage, with a consistent design from the intakes to the end of the engine nacelles.
The conformal tank with bulge is completely fixed to the fuselage of the aircraft and assimilated as part of the airframe of this VF-1L, so it is not possible to jettison the conformal tank after propellant consumption.
Also, for reasons of production improvement, the VF-1L was rolled out without the laser cannon in the turret, which has sensors equivalent to the head in Battloid mode.

However, the VF-1L's lack of a laser cannon was not a major problem, as the standard VF-1 of this era was not yet able to actively use it in combat.
On the other hand, the VF-1L's inability to switch to Battloid or Guardian mode meant that it was at a disadvantage in ground security missions on planets to quell riots among full-sized Zentraedi soldiers, and in air battles against Zentraedi battle pods Regult and Glaug in space.

The leaders of the U.N. SPACY, U.N. Airforce, assessed that the VF-1L would soon have fulfilled its primary role, as the Standart VF-1 was again successfully mass-produced and production facilities were restored.
The VF-1L will thus finish its role.
As a result, it was refurbished as an unmanned drone as the QVF-1, and most of its remaining numbers were: destroyed as target aircraft.


(española)

La normativa internacional establece que la disposición de los colores de las luces de navegación debe ser azul o verde en el extremo del ala derecha desde la perspectiva de la cabina y roja en el extremo del ala izquierda también desde la perspectiva de la cabina.
Se han corregido los errores de coloración en el diseño base.Avión de combate Veritech de interdicción de largo alcance VF-1L Valkyrie.

El VF-1L era una variante construida para la interdicción y el ataque de largo alcance. Llevaba un par de tanques de masa de reacción conformados con bahías de armas internas capaces de albergar un total de seis misiles AAM-1 Arrow o seis bombas convencionales. Esto permitía al VF-1L navegar a gran altura a una velocidad cercana a su máximo de Mach 3,87, lo que le permitía alcanzar cualquier objetivo en el mundo en cuestión de horas. (Normalmente, con el transporte de armas externo, el VF-1 no podía alcanzar estas altas velocidades durante largos periodos de tiempo). Esta variante también contaba con una unidad de cabeza aerodinámica y receptores de aviso de radar mejorados.


(española)

VF-1L (tipo no transformable)
Tras el final de la Primera Guerra Interestelar, la nueva Fuerza Conjunta, que tenía prisa por reconstruir sus fuerzas, decidió producir el VF-1, un caza espacial puro sin complejos mecanismos variables.

Cerca de 40 de estos aviones están siendo desplegados en unidades aéreas en tierra y en órbita satelital en la estación L5 y en bases en la Luna, que quedaron vivas tras el final de la Primera Guerra Interestelar.

El rasgo más distintivo del VF-1 se abandonó en favor de una versión no transformable, a la que se llamó burlonamente el "Mono Valquiria" en el ámbito del mantenimiento, pero al eliminar el mecanismo variable, el VF-1 consiguió reducir significativamente su peso.
Además, en el espacio, se esperaba que el VF-1L tuviera un gran aumento de propulsor, lo que irónicamente mejoraba su maniobrabilidad en comparación con el VF-1 estándar con su mecanismo de transformación.

El VF-1L fue bien recibido, especialmente por los pilotos que tenían experiencia en el pilotaje de aviones de combate y espaciales en batallas aéreas.
En particular, la eliminación del mecanismo de deformación de las patas permitió la instalación de un gran tanque conformado en el flanco trasero del fuselaje del avión, con un diseño coherente desde las tomas hasta el final de las góndolas de los motores.

El tanque conformado con protuberancia está completamente fijado al fuselaje del avión y asimilado como parte del fuselaje de este VF-1L, por lo que no es posible desechar el tanque conformado tras el consumo de propulsor.

Además, por razones de mejora de la producción, el VF-1L se lanzó sin el cañón láser en la torreta, que tiene sensores equivalentes a la cabeza en modo Battloid.
Sin embargo, la falta de cañón láser del VF-1L no supuso un gran problema, ya que el VF-1 estándar de esta época aún no podía utilizarlo activamente en combate.

Por otro lado, la incapacidad del VF-1L para cambiar al modo Battloid o Guardián significaba que estaba en desventaja en las misiones de seguridad en tierra en planetas para sofocar los disturbios entre los soldados Zentraedi de tamaño normal, y en las batallas aéreas contra las cápsulas de combate Zentraedi Regult y Glaug en el espacio. Los dirigentes del SPACY de la ONU, la Fuerza Aérea de las Naciones Unidas, consideraron que el VF-1L pronto habría cumplido su función principal, ya que el VF-1 Standart volvió a producirse en masa con éxito y se restauraron las instalaciones de producción.

El VF-1L terminaría así su función.
Como resultado, fue reformado como avión no tripulado como el QVF-1, y la mayoría de sus números restantes fueron: destruidos como aviones de destino.


【繁體字】

國際法規規定,從駕駛艙的角度看,右翼尖的導航燈的顏色排列應該是藍色或竸Аぷ浪闡枚敕角度看,左翼尖的導航燈也是紅色。
基礎設計中的着色錯誤已經得到糾正。Veritech VF-1L Valkyrie遠程攔截戰鬥機。

VF-1L是為遠程攔截和打擊而製造的變體。它攜帶了一對定型反應質量的坦克,內部的武器艙能夠容納6枚AAM-1箭式導彈或6枚常規炸彈。這使得VF-1L可以在高空以接近3.87馬赫的最大速度巡航,使其能夠在幾個小時內到達世界上的任何目標。(通常情況下,在外部武器運輸的情況下,VF-1無法長時間達到這種高速)。)這種變體還具有空氣動力學的頭部裝置和改進的雷達警告接收器。

【繁體字】

VF-1L (非轉換型)

第一次星際戰爭結束后,急於重建部隊的新聯合部隊決定生產VF-1,一種沒有複雜可變機制的純太空戰鬥機。
其中大約40架飛機被部署在L5站的地面和衛星軌道上的航空單位,該站在第一次星際戰爭結束后仍然活着,並在月球上的基地。
VF-1最獨特的特徵被放棄了,取而代之的是不可變形的版本,維修人員嘲笑地稱其為 "猴子女武神",但由於取消了可變機構,重量大大減輕。

此外,VF-1L預計將在太空中使用更多的推進劑,具有諷刺意味的是,這使得它比帶有變形裝置的標準VF-1更具機動性。
VF-1L尤其受到以前有空戰和太空飛機飛行經驗的飛行員的歡迎。

值得注意的是,拆除腿部變形器后,可以在飛機機身後側安裝一個大型保形油箱,從進氣口到發動機短艙末端的設計一致。
帶凸起的保形箱完全固定在飛機的機身上,並被同化為該VF-1L機體的一部分,所以在推進劑消耗後不可能拋棄保形箱。
另外,由於生產上的改進,VF-1L在推出時沒有炮塔上的激光炮,炮塔上有一個相當於Battloid模式下頭部的傳感器。
然而,VF-1L沒有激光炮並不是一個大問題,因為那個時代的標準VF-1仍然無法在戰鬥中主動使用激光炮。
另一方面,VF-1L無法切換到戰鬥模式或守護者模式,這意味着它在星球上執行地面安全任務以平息全尺寸Zentraedi士兵的暴亂,以及在太空中與Zentraedi戰鬥艙Regult和Glaug的空戰中處於不利地位。 聯合國空軍SPACY的領導人評估說,隨着標準VF-1的再次成功量產和生產設施的恢復,VF-1L很快就會失去其作用。
這就是VF-1L最終將履行其職責的方式。
結果,它被翻新為QVF-1無人機,其餘的大部分被作為靶機銷毀。


(にほんご)

ベリテック VF-1L バルキリー 長距離タイプの迎撃戦闘機。

VF-1Lは、長距離の迎撃・攻撃を目的に作られた機体です。 一対の成形反応型質量タンクを搭載し、内部の武器庫にはAAM-1アロー・ミサイル6発または通常爆弾6発を搭載可能です。 これにより、VF-1Lはマッハ3.87に近い最高速度で高高度を巡航することができ、世界中のどんな目標にも数時間で到達することができる。 (通常、VF-1は外付けの武器を搭載した状態では、このような高速を長時間維持することはできない)。 また、このモデルには、空力的に優れたヘッドユニットと、改良されたレーダー警告受信機が搭載されています。


(にほんご)

VF-1L (非変形型)

第一次星間大戦終結後、戦力の建て直しを急ぐ新生「統合軍」は、複雑な可変機構を持たない純粋な宇宙戦闘機仕様のVF-1を生産することを決定した。
第一次星間大戦終結後も生残していた衛星軌道上のL5ステーションや月面の拠点で約40機の機体を地上の航空部隊や衛星軌道上に配備している。

VF-1の最大の特徴を敢えて捨て非変形となった機体を、整備現場では“モンキーバルキリー”と揶揄(やゆ)した渾名で呼んだが、可変機構を排したことで大幅な軽量化に成功した。
加えて宇宙空間においてはプロペラントの大幅な増量が見込まれ、機動性は変形機構を有するスタンダードVF-1より向上するという皮肉な結果をVF-1Lは引き出した。
特にこれまでの航空戦の戦闘用航空機や宇宙航空機を操縦した経験を有するパイロットたちにはVF-1Lは好評をもって迎えられた。
特筆すべきは脚部の変形機構を削除したことで航空機の胴体の後方の側面にインテークからエンジンナセル終端まで一貫して繋がるデザインの大型のコンフォーマルタンクの装備が可能となった。

上記のバルジを有するコンフォーマルタンクは完全に航空機の胴体に固定され、このVF-1Lの機体の一部として同化しているので、推進剤の消費後にコンフォーマルタンクを投機することはできない。
また生産向上の事情により、Battloidモードの頭部に相当するセンサーを有するターレットのレーザー砲の装備はされずにロールアウトした。

しかしながらこの時代のスタンダードなVF-1は未だ積極的にレーザー砲を戦闘に利用出来なかったので、VF-1Lのこのレーザー砲の欠損は大きな問題とはならなかった。
一方でバトロイド・モードやガーディアンモードに移行できないことを理由として、宇宙戦闘機ジナールはともかく、フルサイズのZentraedi兵士らの暴動を鎮圧する惑星の地面上での治安維持任務、また宇宙空間におけるZentraediの Battle pod Regult や Glaugに敵対する航空戦ではVF-1Lが不利になる事態が頻発し、スタンダートVF-1が再度の大量生産に成功し、生産施設が復旧するにつれて、VF-1Lはやがて素の役目を果たし終えたとU.N. SPACY, U.N. Airforceの指導者たちは評価した。
VF-1Lはこうしてその役目を果たし終える。
その結果として QVF-1として無人ドローンとして改修され、その残数の大部分は標的機として破壊された。

タイ王国はバンコクのチャオプラヤー川上空

タイ王国はバンコクを流れる『チャオプラヤー川』,その夕刻に上空を逆三角形の三機編隊て通過する 可変戦闘機 【固定翼形態】VFH-10E-1 Block-30『コローニス』(偵察・早期警戒型AEWオーロラン)です。
回転翼を持つ機体は、どうしても見上げる視点の煽り構図でないと、ローターが機体の胴体のみならず、背景の美しい写真合成を台無しにしてしまいます。
そのため、どうしても斜め45度の航空アートに適した構図だと固定翼形態を選ぶことになっております。
ちょっと残念ですが、ヘリコプターそのもののアートとの相性が元々良くないので、そこは了承して頂けたらと思います。
New background montage art

目次【Table of contents】

  • (空母いずも格納庫) VFH-10C Block03 オーロラン
  • VF-1L
  • 目次【Table of contents】
  • TSASシステム
  • 機体の下面 (The bottom view)
  • 非変形の陸戦用機
  • 親項目
  • 〔「空間識失調/バーディゴー」予防装置〕

    空間識失調 バーディゴーに気づかないうちの墜落に、触覚刺激(バイブレーション)が役立つという内容。パイロットに触覚刺激で方向を知らせるベスト
    TSAS:Tactile Situational Awareness System 海軍研究所のTSASベスト・プロジェクト責任者、デビッド・ストリート少佐。
    このベストは、正しいコースから外れるとパイロットに警告を発する、という形で機能する。
    すなわち、機体が右に傾き始めればベストの右側が振動し、地面に向かって降下していれば下の部分が振動するのだ。
    正しいコースから外れる度合いが大きくなると、発生する振動も強くなる。
    コースが修正されると振動も止まる。航空機が予定通りのコースを維持していれば、ベストはまったく振動しない。

    ダビンチ II 遠隔[機械手指]操作機構



    • 実際の機体配置の左右間隔


    • なお、 Block 02 までは左右の操縦桿をバトロイドの手指の操作にも利用する機械手指操作のコンソールである「ダ・ビンチ II」の開発が間に合わない為、同機構は未だ装備されておらず、暫定的に従来型の操縦桿に対して「インテュイティブサージカル合同会社 - ダヴィンチ サージカル システム」のソソフトウェアのみを適用した『ダビンチ - I エレメント』を採用していました。
    ホセ・オーティス(Jode Ortiz)による塗装派生図
    早期警戒ユニット装備

    VFH-10A AGAC Auroran with AWAC / ELINT package !
    AWAC / ELINT package has two mode " fixed disc winged aircraft " or " battloid (in emergency situation) " !
    The disc worked fixed wing , but "no helicopter mode" because of the disc except for changing "normal roters / X-wing unit" on the home ground factory !

    P.S. Tandem dual seat needed for radar and sensor operation.

    基本型・発展型・変形過程・CG画像 記事のお知らせ

    基本型 VFH-10 については、煩雑(はんざつ)回避の為、
    下記を参照下さい。VFH-10 オーロラン

    1. 発展型 「VFH-12スーパー・オーロラン」 は生産拠点が北欧(スウェーデン SAAB社)と日本国(川崎重工業)に分割され、地域派生型が生じています。
    2. また、特性や運用が基本型と異なる為、下記の記事に移行しました。
    発展型 "VFH-12 Super Auroran" については、煩雑(はんざつ)回避の為、
    下記を参照下さい。スーパー・オーロラン
    塗装や部隊章、注意書(コーションレター)については、オーロラン(塗装例)【 VFH-10 Auroran color and markings 】に移しましたので、そちらをご覧下さい。
    変形過程については、オーロラン(変形過程)
    【 VFH-10 Auroran Transformation sequence 】
    に移しましたので、そちらをご覧下さい。
    CG画像については、オーロラン (CG画像)【 VFH-10 Auroran CG-images 】に移しましたので、そちらをご覧下さい。
    資料画像については、オーロラン(資料画像)【 VFH-10 Auroran images archive 】に移しましたので、そちらをご覧下さい。

    オーロラン(先進回転翼)
    手脚ユニットを排除した派生型については、オーロラン (派生型)をご覧ください。

    制式な日本語変換発音はラテン語の「シュプリーム・オーロラン」ですが、北米大陸出身者は自国の「米国式英語」の発音で単に「スーパー・オーロラン」と発音していたと聞きます。

    フィル・シュール【Phil Hsueh】氏による塗装例

    By Mr. Phil Hsueh : Mi-24 Winter forest camouflage and Vietnam forest painting ( deep green ) U.S. Army color scheme .

    PNG Mi-24 ハインド森林迷彩カラー「オーロラン」( 固定翼形態 )by Phil Hsueh

    Russian Mi-24 Winter forest camouflage color scheme .

    PNG 米国陸軍ベトナム森林カラー「オーロラン」( 固定翼形態 )

    • by " Phil Hsueh " (「フィル・シュール」氏による塗装例)
    Vietnam forest painting ( deep green ) U.S. Army color scheme .

    固定翼形態のセンサーポッド位置のまま回転翼のみを展開

    電子早期警戒型〔サーブ・エリアイレーダー〕

    1. 複座型に、サーブ社のエリアイ電子警戒システムを搭載したもの。
    2. SAAB Erieye radar system VFH-10E AGAC Auroran

    機体の下面 (The bottom view)

    • クリックにて 800 pixel × 482 pixel に復帰します。

    The main gear bay diagram



    後方から (The rear view , back view)
    • クリックにて 812 pixel × 607 pixel に復帰します。


    • クリックにて 1,438 pixel × 1,079 pixel に復帰します。

    手腕・脚ユニットを排除した純粋な航空機型

    飛行に不要な腕と脚を排除し、固定翼形態と回転翼形態の2つの形態のみに変形可能な純粋な可変航空機の派生型。







    宇宙機甲団・海兵分団・トライカラー(固定翼形態)VFH-10B オーロラン

    非変形の陸戦用機

    1. 現地改造でごく短時間〔最大30m高度で最大90m距離を跳躍可能な一回あたり4秒から5秒の噴射を20回分。〕跳躍(飛行)により移動可能な対空自走砲、あるいは精密射撃自走砲として運用【非変形】。
    2. バトロイド形態で固定されている為、可能な限り "不要な変形機構を撤去" 、その軽量化分を重量級の強度を増した関節部品へと交換している。
    3. 中距離からの精密狙撃を前提としている為、装甲は改良された VFH-12 スーパー・オーロラン のものに交換されているが、高射自走砲としての運用が前提の為、陸戦用バトロイド よりは薄い。
    4. ディフェンダーのような弾倉を持たない為、弾数は両腕内の保持数〔片側あたり30発 ×2〕に制限され、狙撃を前提条件とする運用。
    5. レジスタンス活動家の施設の水準では、核融合炉心交換や、補機や各所の補強を必要とする出力強化型のエンジンへの積み替えは不可能である。ただし同一型のエンジンが入手出来れば、使用不能となったエンジンの交換は可能。


    Music Video 超時空騎団サザンクロス 可変戦闘機 VFH-10 「オーロラン」 - ニコニコ動画 GINZA


    超時空騎団サザンクロス  (可変戦闘機 VFH-10 「オーロラン」) - YouTube

    生産“ ブロックII ” 画像(2013年)


    1. 自身の「オーロラン」系列の専用機としては2代目になる 『 ブロックII AJACS 』  ベリテックの傍らに立つ 戦術宇宙機甲師団マリー・アンジェル・クリスタル小尉。
    2. 彼女、クリスタル少尉は、マスターズに対して抵抗を続けている地球統合軍の姿勢を体現する頑強な撃墜女王【Aces】の1人でした。
    3. 原画は アドビ フォトショップ CS4 による描画スケッチ、描線と着色です。
    • PNG 画像 ( 1.23 MB ) クリックにて 1,920 pixel × 1,200 pixel に復帰します。
    • VFH-12 『 スーパー・オーロラン 』ブロック II:VFH-10系において、ミサイル迎撃や照準用として使用されていた低出力の「E-19 コルト【COLT】レーザー砲 」は重量軽減と、“吊下重量強化箇所”〔ハードポイント〕倍増に伴う空力抵抗の補償の見地から廃止されたが、工場によっては生産ラインの混乱を避ける為にそのままとし、"現地部隊の判断に取り外しを任せた"生産機体もあった。
    • また、吊下重量強化箇所〔ハードポイント〕は必要のないときは2基だけ懸吊架(けんちょうか、パイロン)を吊り下げる時もあったが、配線や主翼の強度補強はきちんと4箇所分の作業が行われている。

    • クリックにて 1,920 pixel × 1,200 pixel に復帰します。

    コメントをかく


    「http://」を含む投稿は禁止されています。

    利用規約をご確認のうえご記入下さい

    Menu

    1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
    2. 超時空コンベンション 2020 湖川友謙
    3. ロボテック:実写映画の構成案
    4. 超時空騎団サザンクロス 日本語同人ゲーム
    5. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
    6. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
    7. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
    8. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



    開く(Open)

    の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

    Variable Fighter / Attacker MASTER File

    管理人/副管理人のみ編集できます