" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

動画 (画像をクリックで公式ウェブサイトの動画ページへ移動)

企業公式ホームページ

代表的な開発機

2011年

初飛行場所(Lakeland Linder Regional Airport)

飛行展示場所 ( SUN n FUN Fly-In Inc./サンファン飛行展示社 )

実用飛行場所(ジョージア工科大学)

解説

■PAV技術を証明しているカータージャイロ■
カーター航空技術はこれまでに4機の個人用重航空機【PAV】を制作しています。最初の機体は回転翼機で、2007年に初飛行しました。


200馬力のターボチャージャーにより過給された航空機用ディーゼルエンジンによって動かされて、それは 1,000マイル(1,600km)の航続距離と最大定員4名の乗員を 200 mp/h(時速320km/h)で運ぶでしょう。


その最終目的(ゴール)は、従来型空港を必要とせずに拠点から拠点【Point to Point】空輸の夢を実現することです。


PAVに寄与するであろう概念と技術を証明するために、カーター社は『サンファン』航空展示にて、その新しい技術概念実証機(デモンストレーター)/ 練習機を自力空輸飛行させ、ジョージア工科大学で駐車場などのを飛行拠点(サイト)として飛びました。


技術概念実証機は、14インチ(35cm)の緩衝行程(ストローク)を持ち 重力加速度 3.5 G 相当の着地の衝撃を吸収する、カーター社が独自に特許を取得した着陸装置を含んでいます。


その前進用の 60馬力 のエンジンは、10.5ポンド(4.7kg)の自重で、325ポンド(146kg)の静止推力を引き起こし、標準のプロペラ構成キットより16パーセント効率的なカーターの60インチ(150cm)の中空複合素材で構成されたプロペラで自重を支えられます。


デモンストレーターは現在 26 フィート(7m 92.5cm)のカーター社特許取得の複合素材の回転翼(ローター)を装備しています。


在庫ローターの同じ直径、新しい回転翼(ローター)の翼幅は2インチ(5cm)広く、ジャンプ離陸において、在庫の機体に於いても回転翼の換装で3倍の揚力を提供することを期待されています。


詳細について閲覧訪問ウェブページは「www.carteraviationtechnologies.com」です。
"Carter gyro proving PAV technology"
Carter-Aviation-Technologies is building four personal air vehicles(PAVs), the first of which is scheduled to rotate its wing and take flight in 2007. Powered by a 200HP turbo diesel, it will carry four people at 200 mph for 1,000 miles. Its goal is to realize the dream of point-to-point air transportation without the need of conventional airports.
To prove the concept and technology that will contribute to the PAV, Carter flew its new demonstrator/trainer to 'Sun'n Fun' and flew from sites such as the parking lot at the Georgia Institute of Technology.
The demonstrator incorporates Carter's patented landing gear that has a 14-inch stroke and absorbs a 3.5g landing force.
Its 60HP-engine turns Carter's 60-inch hollow-blade composite prop that weighs 10.5-pounds, produces 325-pounds of static thrust, and is 16-percent more efficient than the standard prop kit.
The demonstrator should now be wearing a 26-foot composite Carter rotor. The same diameter of the stock rotor, the new rotor's cord is 2-inches wider and in jump takeoffs is expected to provide three times the lift over the stock unit. For more information visit is "www.carteraviationtechnologies.com".

星界へ【To The Star】*1

2016年 試作1号機:進宙

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます