" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

首振りが可能な機首構造のガウォーク

  • 横660 pixel にて圧縮・縮小表示中。クリックで原寸 1,400 pixel × 900 pixel 実物大の画像を呼び出し、展開表示します。

唯一の一般商品《ガレージキット除く》

  1. 1/200 可変戦闘機群〔バリアブルファイターズ〕コレクション シリーズ 第2弾
  2. 国籍標識は、お蔵入り企画『アドバンスド・バルキリー』に登場する、可変戦闘機の研究開発センターであり、テストパイロットの運用機関でもある“NOVA”の識別マーキング。
  3. ブラインドボックスにつき、セットで買っても必ずしも目的のVF-9が3形態揃うとは限りません。

やまと廃業により、実現しなかった第3弾
  • クリックにて原寸 1,280 pixel x 960 pixel に復帰し、実寸画像を展開します。

命名由来 F7U カットラス

  • クリックで原寸 2,200 × 1,496 ピクセル復帰。
1946年7月に採用されたチャンス・ヴォート社のV-346案(無尾翼機)「F7U カットラス」【Cutluss】 

F7U3【M】構造図と製造工程







先尾翼/カナード【Canard】装備提案

  • 劣悪な操縦特性、離着艦特性を改善する為、前方下方視界の悪化を覚悟で先尾翼(カナード)の装備が提案され、-3M型のエンジンをプラット・アンド・ホイットニー JT3C (アメリカ空軍での識別番号: J57 )単発に換装した強化案が提案されたが、実現しなかった。

「カットラス」って?

湾曲した刃を持つ剣である。舶刀。刃が湾曲している側が鋭利になっている。 湾曲しているのは、切ることを重視したため。

開発企業

名称由来現況
ジェネラル.ギャラクシー(General Galaxy)統合政府直営のOTM解析の為の先進諸国の合同研究機関「オーテック」(OTEC)社を母体として2017年に設立された。2066年現在も企業活動中。
ジェネラル・ギャラクシーの企業意匠識別標識(ロゴマーク)。

同社開発による、代表的な機体

開発背景

ゼネラル・ギャラクシー社初の量産型可変戦闘機

大気圏内での空戦能力を追求した「安価な軽戦闘機」として開発され、主に経済力で劣る辺境の植民惑星などで広く運用されている。

天才ゼントラーディ人技師アルガス・セルザーの初期の作品として知られ、当時の最新OTMを積極的に導入した野心的な機体に仕上がっている。この機体の完成が、以降のギャラクシー社の方向性を決定付けたと言っても過言ではない。テストパイロットは「エースのミリア」の名で知られる元ゼントラーディ女性(メルトランディ)パイロット、ミリア・ファリーナが務めた。

後に彼女が夫マクシミリアン・ジーナス(マックス)と結成した「ダンシングスカル隊」にも配備され、その性能を遺憾なく発揮する。

設計特徴

最大の特徴は、主翼端が胴体との付け根よりも前に位置する前進翼と機首根元に設けられた一対のカナードで、安定性に劣る分、優れた運動性を機体に与える。

なお、後にこの構成は、ライバルである新星インダストリー社製のVF-19 エクスカリバーにも採用された。

搭載エンジンは、VF-4 ライトニングに搭載された FF-2011 の1.4倍もの推力を発生させるFF-2019を採用。

最高速度こそVF-1 バルキリーに1歩譲るものの、機体の軽量さと相まって加速、上昇性能では従来機を大きく上回る。

バトロイドへの変形はVF-1に似た屈胴式を採用しているが、機体を可能な限り小さくする為、各構成部品の配置はかなり独特なものとなっている。

中でも主翼は複雑に折り畳まれ、胸部装甲を構成するのが特徴で、別名「オリガミファイター」とも呼ばれる。

なお、この変形方式はミサイルなど翼下選択兵装の懸吊を困難なものとしており、総合的な火力では他の可変戦闘機に劣る。

また、標準的な設計では、バトロイド時に頭部に位置するレーザー機銃も、本機では右肩に位置しており、左側の射角に制限がある。

もっとも、これらは格闘戦重視の軽戦闘機としての設計思想に則した結果であり、機動性を損なう重火器は必要ないという判断によるものである。

飛行形態下面(アドバンスト版設定流用)

飛行形態(原型機 VF-X-10)

ミリア機

 

 

マックス機



バトロイド形態の背面

頭部

民間に払い下げられた「9E」型

  • ゼネラル・ギャラクシー社が2020年代に開発した可変戦闘機。E型はVF-22S シュトゥルムフォーゲル IIと同等のエンジンであるRR熱核反応バーストタービンFF-2450Cを搭載し、AVFの速度とVF-9の機動性の両立を図っている。覇王ベルティエはイエローにペイントされ、赤い鉄アレイのエンブレムをつけた機体を使用している。

Variable Atmosphere Light Fighter VF-9E

Variable light-fighter, General-galaxy corporation developed in the 2020's.
  • 9E type installs RR nuclear fusion burst-turbine FF-2450C that is the engine equal with " VF-22S Sturmvögel II ", and aims at coexisting of the speed of A.V.F and the mobility of VF-9A.

Haou-Berthier(English Traslation: Dynast-Berthier) is done the yellow and red-emblem-marking paint, and is using the airframe to which the emblem of a red iron dumbbell.


変形過程



他社ではあるが、同じ前進翼の機体

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます