" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

ツイッターより

カードゲームより

  • ソーラーフレアーゲームズ社発売の新作カードゲーム『クライシスポイント』【Robotech: Crisispoint】より。

ドイツ語だった

サイフリート・ヴァイス ( 独: Seifriet Weiße、 発音上は ザイフェルト・ワイセ )
出典
  • サイフリート・ヴァイス - Wikipedia -
  • Robotech Master Zor Prime in the page 172 on ( Moderrn Film publishing Inc. ) the monthly anime magazine "The Anime" October 1984 issue .
  • リマスター 660 x 972 pixels 画像をクリックすることで、Windows Onedrive 上の 1,132 pixel x 1,901 pixel ( 4.57 MB ) 巨大画像を呼び出します。


漫画化 を 想定 

The fan art by middle teen girl Miss Noriko Watanabe (渡辺 規子) 14 yeas old in September 1984 about the lest episode The Super Dimension Cavalry Southern Cross on aired date September 30,Sunday.
Now that girl we estimate 47 yeas old woman at 2016.
Kindai Film Inc. Monthly Anime magazine "THE ANIME" September 1984: FAN art gallery
Original size 52 mm x 32 mm (72 dpi) very poor image quality.
BUT NOW I try do remastering
  • リマスター 660 x 972 pixels 画像をクリックすることで、Windows Onedrive 上の 1,132 pixel x 1,901 pixel ( 4.50 MB ) 巨大画像を呼び出します。-Zor_Prime fanart by fangirl "Miss Noriko Watanabe"(Age:16 at July A.D.1984,Osaka-prefecture JAPAN) ! 680 dpi_Scanner_高解像度スキャナー


ロボテック:復活 (Resurrección)

南米のスペイン語の超時空騎団サザンクロス商業同人漫画
  • サイフリート生存分岐のアナザーストーリー。
  • ムジカとボウイの物語もあり。
  • 南米のファンはジャンヌ好き。サザンクロスの世界観が好きらしい。






Why not ? in episode 21

ANIMAGIC - Fan-Arts Hilda & Flea〔ヒルダ&フレア〕

He , She and Arming Doublet (彼と彼女とアーミング・ダブレット) by 亜神きら [pixiv]

索引 【Index】

  • 醉醉囡囡 (zuì zuì nān nān)
  • 簡易索引 【 Summary Index 】
    •  
  • By Aiz
  • 新作企画「ロボテック:アカデミー」にも登場予定!
  • セル画
  • オリジナル遺伝子提供者 (ドナー)
    •  
  • 出典
  • 幹部原画スタッフ用・作画資料 より
    •  
  • 出典
  • せめて玩具世界くらいは救済してみたい
  • クローンの遺伝子提供者 (プロトカルチャー (太古の異星人)
  • 前世紀(1987年)コミコ社(廃業)漫画裏表紙より
  • 所属/氏名
  • 「ロボテックの描き方:マスターズ篇」(サザンクロス編)【1987-1988】より。
  • 超時空騎団サザンクロス・スペシャル・ガイドブック 第94頁
  • ゾア・プライム 【Zor Prime】
    •  
  • タンクトップ
  • 《第20話〜第22話抜粋》
  • 《第23話抜粋》
  • 乳児期と推定される資料
  • ◆【サイフリート・ヴァイスデータ】  
  • ◆【サイフリート・ヴァイスプロフィール】  
  • 執筆資料
  • ◆【サイフリート・ヴァイス:ストーリー】  
  • サイフリート・ヴァイス:ウンチク''  
    •  
  • 【ROBOTECH: PRELUDE TO SHADOW CHRONICLES 第5巻13頁コマ割りより】
  • ◆【サイフリート・ヴァイス:商品】   
    •  
  • プラモデル
  • ◆【サイフリート・ヴァイスメモリー】  
  • ファンアート
  • 【関連項目】
  • 【親項目】
  • ロボテック公式ストア壁掛け

    南米の女性描画家【 リネット・ウィリアムズ 嬢 】による

    2015年5月7日(木曜)新作

    Richard Clark to The Protoculture Times 2013年11月11日

    Colleen Doran (born July 24, 1964)

    • クリックにて原寸 799 pixel x 1,258 pixel に復帰します。

    やぎさわ 梨穂

    • クリックにて原寸 1,154 pixel x 684 pixel に復帰します。
    醉醉囡囡 (zuì zuì nān nān)
    By Aiz

    新作企画「ロボテック:アカデミー」にも登場予定!

    1. The"orjinal_ZOR" (Zor Derelda)from new series ROBOTECH academy ! Robotech Academy by Harmony Gold Productions - Kickstarter
    2. 2014年 7月 4日 発表のロボテック新作企画「アカデミー」はキックスターターで資金を募るが、超時空騎団サザンクロスのサイフリート、正確にはその母体「ゾア・デリルダ」が登場する。

    • クリックにて 700 pixel x 525 pixel 原寸画像を展開します

    セル画

    オリジナル遺伝子提供者 (ドナー)

    幹部原画スタッフ用・作画資料 より

    出典

    •  High Difefinition 1,200 pixel x 1,613 pixel image for PC. Please click thumbnail, so you can view the orijinal size !
    • サムネイル画像をクリックにて原寸画像 1,200 pixel x 1,613 pixel を展開します。

    せめて玩具世界くらいは救済してみたい

    クローンの遺伝子提供者 (プロトカルチャー (太古の異星人)

    • 約 49万7,500年 前 のドナー(遺伝子提供者)人物 については下記記事を参照ください!「

    前世紀(1987年)コミコ社(廃業)漫画裏表紙より

    所属/氏名

    赤い バイオロイド 『ジスタ・ドュール』パイロット


    後に サザンクロス軍・戦略機甲隊少尉 へ

    サイフリート・ヴァイス

    「ロボテックの描き方:マスターズ篇」(サザンクロス編)【1987-1988】より。

    • 当時の欧米人にとって 所謂「アニメ体型」や、表情をはっきり表現する誇張手段としての、特に女性キャラクターの「大きな瞳」はカートゥーンに似ていながら、それとも異なる「東洋の神秘の技(わざ)」であり、一般大衆が真似てファンアートを描くのは困難を極めた。
    • この為、ロボテック・シリーズを真似て書く為の指南本が、複数の出版社から発行されたが、最も体系的に此れを行ったのが、スピノサスモモ (blackthorn)出版【Blackthorne Publishing 】であった。


    超時空騎団サザンクロス・スペシャル・ガイドブック 第94頁


    • by Akihiro-Kanayama(金山 明博)
    • クリックにて原寸 869 pixel x 1,286 pixel に復帰します。


    • GIF


    • JPG


    • JPG

    ゾア・プライム 【Zor Prime】

    • 前期 II 型改:「ジスタ・ドュール」 【Gister'dohl】
    人類側
    区分
    ゾ ル 側 呼 称
    【英文字綴り】
    邦 訳解  説  文備   考
    前期
    II 型
    トゥ・シィエンドラル
    【T'siendral】
    歩哨上記センサー能力改良型緑色(オリーブグリーン)塗装
    前期
    II 型改
    ジスタ・ドュール
    【Gister'dohl】
    戦将 又は

    指揮官
    上記�型改の指揮官仕様。サイフリート・ヴァイス搭乗鮮赤色(カーマイン)塗装







    写真:「Robotech.com」無料配布壁紙より)



    《第20話〜第22話抜粋》

    ゾル側の資源枯渇が迫る中、仲間である姉妹を裏切ったムジカ・ノヴァ

    赦せないサイフリートは、彼女をGMPラーナ・イザヴィアに引き渡す為、一計を講じる。

    《第23話抜粋》

    デス等を射殺するサイフリート → ゾル艦アズシャール級「クラナドゥール・ダモル」内で、

    生命の花の幻覚作用により不思議な夢を観るジャンヌ・フランセーズ

    → 彼女に「最初で最後のキス」をして別れを告げるサイフリート。

    乳児期と推定される資料

    クローン体の「ゾア・プライム」(Zor-Prime )かオリジナルの「ゾア・デリルダ

    (Zor Derelda) かは判然としないが、乳児期の画像データ。

    ◆【サイフリート・ヴァイスデータ】  

    呼称サイフリート・ヴァイス(さいふりーと・ばぁいす)【 Seifriet Weiße 】
    呼称(海外)ゾア・プライム(ぞあ・プライム)【 Zor Prime 】
    遺伝子提供者ゾア・デリルダ【Zor Derelda】
    登場作品超時空騎団サザンクロス
    通称サイフリート、又はゾル、搭乗機を指して「赤い奴」
    身長178 cm
    体重78 kg〜81 kg
    血液型AZ型 (クローン型血液種別)
    年齢17歳
    階級ゾル軍前線指揮官 → サザンクロス軍戦略機甲隊少尉
    他共演ラーナ・イザヴィアマリー・アンジェルジャンヌ・フランセーズ
    ルーイ・ニコルス(日本版では「ルーイ・デュカス」)
    ムジカ・ノヴァボゥイ・エマーソン
    主な搭乗機バイオロイド 前期況寝「ジスタ・ドュール」【Gister'dohll】
    → VHT2-A2 後期型 スパルタス
    声優(日本版)平野義和
    声優(英語版)ポール・セント・ピーター【Paul St. Peter】


    但し別名 ジョージ・C・コール【George C. Cole】、フランシス・C・コール【Francis C. Cole】名義
    このページのトップへ   

    ◆【サイフリート・ヴァイスプロフィール】  

    本キャラクターは国内版と、『サザンクロス』ほか2作品がアメリカで再編集された『ロボテック』(ROBOTECH)では、【Zor-Prime 】として新たに定義を付け加えられたが為に大幅に人物像が異なる。
    この為、二項目に分けて解説する。

    【日本版】

    グロリエ軍ことサザンクロス軍に回収された敵の赤い指揮官用バイオロイド【前期II型改。ゾル軍名称:ジスタ・デュール】と思われる機体に搭乗していたパイロットで、素性はグロリエの第2衛星アルス(いわゆる月)基地の兵士で、基地が襲撃された際に敵に捕らえられ洗脳されていた。

    第10話「アウトサイダー」(Outsider)で、グロリエ側の手に落ち、13話から元友軍兵士という事で、監視の意味も含めてジャンヌ・フランセーズ少尉を分隊長とする第15分隊の預かりとなっていた。

    その際、デス達ゾル軍指揮官により脳内にチップを埋め込まれ、無意識のうちにコントロールされ、グロリエ軍の内情を探る為のスパイとされた。
    このため、後に人間であったときの記憶を取り戻した彼は、復讐の感情に突き動かされて行動に走ってしまう。

    【海外 『ロボテック』(ROBOTECH)版】


    『ロボテック』の世界では、ゾル人プロトカルチャーの末裔であるロボテック・マスターズの別名とされ、彼らの遠い祖先達は遙かな過去において、銀河帝国とも言える強大な文明圏を誇った。

    オリジナルのゾア・デリルダ【Zor Derelda】は、プロトカルチャー末裔の人類で、衛星ティロル【Tirol】の主要国家『テイレシアース』【Tiresians】の科学者として惑星 Optera(オプテラ)において『生命の花』という強力なエネルギー源を発見したゾル人の科学者として彼らの歴史の中に永く伝えられていた。

    ・詳細は、ヴァリヴェール恒星系、及び「プロトカルチャー (資源)」の記事参照。

    デス達は、生命の花に由来する「プロトカルチャー (資源)・マトリクス」の秘密を知るために、オリジナルの ゾア・デリルダ 自身のフェロモンを鍵とした暗号化鍵、更には意識と記憶を発掘(サルベージ)レストアする必要を感じ、これを探る為に、特別な手法で製造されたクローンを作成した。

    これが『ロボテック』(ROBOTECH)本編に登場した『ゾア プライム/サイフリート』【Zor Prime】であり、物語前半は指揮官用の赤いバイオロイドのパイロットとして、作品中盤以降は、捕らわれた地球人(グロリエ人)に偽装して送り込まれたスパイという複雑な設定を持ったキャラとしての役割を演じた。

    独立した個としての人格と、オリジナルの遺伝子的提供者(ドナー)の記憶再生現象は彼を苦しめ、更に自らが気づかない内に、地球人の動向を探るスパイとして使われた彼は、複雑な感情の渦と激情による復讐の感情の相克に苛まれることとなる。

    最終話に至って、オリジナルの ゾア・デリルダ【Zor Derelda】の記憶を取り戻した彼、つまり『ゾア・プライム』【Zor Prime】は、1個の人間として、そして彼の遺伝子提供者の叶えられなかった意志の実行者として、ゾル軍指揮官「デス・デラ・デミ」を倒し、自らの命を代償として、生命の花を破壊することで、宿敵インビッドの来襲を防ごうとする。

    しかし、皮肉にもその尊い犠牲が、生命の花の「Sporofer」(接合胞子)、つまり「プロトカルチャー (資源)の放出拡散を招く結果となってしまい、地球圏内へのインビッド【Invid】の来襲を招く結果となってしまい、ファンの間からは『ロボテック』【ROBOTECH】シリーズ中、最大の悲劇的人物であるとする評価が定着している。

    執筆資料

    ◆ラポート【月刊アニメック】 
    ◆Robotech.Com【ロボテック公式サイト】
    ◆英語版 Wikipediaの該当項目
    このページのトップへ  

    ◆【サイフリート・ヴァイス:ストーリー】  

    Arla-Non (アーラ・ノン)

    「Zor Derelda」(ゾア・デリルダ) の文章に共感した。
    『Robotech: Genesis:The Legend of Zor』
    (創世記:ゾアの伝承/伝説)

    (エターニティ【Eternity】社刊行)より。

    詳細は、ヴァリヴェール恒星系 の記事の、

    【E. Robotech帝国】及び【F. 『Ci,Vonian』戦争 】 の項目を参照のこと。

    Arla-Non (アーラ・ノン)「Zor Derelda」(ゾア・デリルダ)
    『Robotech: Genesis: The Legend of Zor』(エターニティ【Eternity社】刊行)より。

    詳細は、ヴァリヴェール恒星系 の記事の、

    【E. Robotech帝国】及び【F. 『Ci,Vonian』戦争 】 の項目、

    プロトカルチャー (資源) の記事の

     “ V.The Race for the Flower ”(花の為の種族)の項目を参照のこと。

    「ゾア・デリルダ」【Zor Derelda】の死

    詳細は、ヴァリヴェール恒星系 の記事の、

    【H. Tirol帝政の没落(Downfall)とインビッド占領期 】 の項目を参照のこと。

    サイフリート・ヴァイス:ウンチク''  



    【ROBOTECH: PRELUDE TO SHADOW CHRONICLES 第5巻13頁コマ割りより】

    ◆【サイフリート・ヴァイス:商品】   

    プラモデル
    • 《3社統合番号�.7》
    ゾル軍「バイオロイド前期�II 型改」【サイフリート・ヴァイス用】「ジスタ・ドュール」
    (1/48)エルエス
    当時600円。唯一発売されたゾル側のプラモデル。

    《ホビージャパン1984年9月号の作例。前期 I�型「ノス・ドュール」【Nous'dohl】は改造作例。》

               -このページのトップへ

    ◆【サイフリート・ヴァイスメモリー】  


    ●当時の女子の間で「オスカルみたい!」という意見が多かったけど、実際には、男性的といわれた、(原作漫画版)オスカルよりも更に「男性的行動原理」のキャラでした。

    ●自らの記憶をいじられて、かつての同胞、に相対する原因になったゾル側指揮官「デス・デラ・デミ」に復讐する行動原理は判らないでもないけど、本当に個人的原理で動いていて、グロリエ側の民間人や、ゾル側の市民の被害は二の次に考えていた節が見えます。
    もちろん、意図的にそういうキャラクターにしたのでしょうけど。。

    ●女の行動原理なら、第20話「デイドリーム」、第23話「ジェネシス」の各選択場面において『五体満足で無事に生き残れただから、敵側司令官はどのみち倒されるし、これからは自分の幸せに生きよう」と考えるところ。
    そこで、敢えて過去の自分の断罪(意思が無い状態で利用されていたとはいえ)を自分で裁こうとする(当時のアニメックの記事の表現を借りれば)過去に囚われた、ちょっと後ろ向きな思考が彼らしいというか、男性的に感じました。

    マクロス・フロンティア(2008)ランカ・リーのような思考なら、しっかり生き残っていたでしょうね。惜しい男子(オノコ)を亡くしました。合掌・・・

    この作品って、考えてみれば、今の『腐女子向け作品』構造の先駆かも? 主役三人娘以外は、サザンクロス軍は男ばかりだし、堅物(アンジェイ)、プレイボーイ(シャルル)、ショタ(ボゥイ)、コミカルメガネ(ルーイ)と揃ってる。敵方にはイケメン(サイフリート・ヴァイス/Seifriet Weiße (海外版では"Zor Prime")を配置。  ジャンヌが嫌われる性格なのは、女が嫉妬しないように敢えて「アーパー」(1984年当時のギャル語・死語)なキャラ設定にしたのかも?  マリーとラーナは『イケメン』のメイン筋に絡まないので、男性視聴者対策を兼ねて、共感出来る普通のキャラにしたとか?   とはいえ、私個人としては『コスモ・アマゾネス』の異名を取るマリー姉御がシャルルなんかに靡いてしまうのは納得いかない。 モスピーダの『フーケ・エローズ』(海外版では"Rook Bartley ")のように最後まで突っぱって欲しかったところです。

    そういえば、ルーイ・ニコルス伍長(海外版では、" Louie Nichols ")って大活躍なんだよね。
    ロボテック:シャドウ・クロニクル(Robotech:The Shadow Chronicles)では、技術少佐に昇進して、他の同作品のメンバーとともにRick Hunter(一条輝)を捜索救助に向かったり、ジャニス(正確にはJanice M2.)ガイノイドに対して恋愛感情のようなものを持ったりとかね。  個人的にはサイフリートより好感が持てるキャラだし、ゾル(ロボテック・マスターズ)との大戦を生き延び昇進してるので、今後の公私共々の進展を応援したく思います。

    (…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ

    ファンアート

    コメントをかく


    「http://」を含む投稿は禁止されています。

    利用規約をご確認のうえご記入下さい

    Menu

    1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
    2. ロボテック:実写映画の構成案
    3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
    4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
    5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
    6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



    開く(Open)

    の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

    Variable Fighter / Attacker MASTER File

    管理人/副管理人のみ編集できます