" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

Url acortada de esta página web (parte-04)

エアバス・ヘリコプターズとの提携

超時空シリーズには、まともなヘリコプターが登場しない、なら自分で創ろうシリーズも第4弾に。シコルスキー社が欧州エアバス・ヘリコプターズ社と新型フェネストロンの導入に関して共同開発を行ったら?との想定です。武骨でリベットの凸が突き出したロシア風味の設計にヨーロッパ流儀のオシャレな尾部テイルブームと高効率の傾斜式フェネストロンの技術力が協力、幾分流麗になりました。


(シーグレー塗装)シコルスキーHH-72 "ペイヴ・ウィング " および S-72 "レスキューウイング " -72C型、-72D型、-72E型と、シコルスキーとエアバス・ヘリコプターズの共同開発機であるSH-72 "シーウイング"(CF型、DF型、EF型)との比較図。
*派生アルファベット(C、D、E)の後の直後、2番目の接尾記号「F」は、フェネストロンの更新を意味します。



(Seagrey paint) Sikorsky HH-72 "Pave Wing" and S-72 "Rescue Wing" type 72C, type 72D type, and type 72E comparison diagram to Sikorsky and Airbus-Helicopters joint development SH-72 "Sea Wing" ( type CF , type DF, and type EF)

The second suffix "F" after the derived alphabets (C, D, and E) means a fenestron update.


(Española) (Pintura gris marino o Pintura blanca) Sikorsky HH-72 "Pave Wing" (Pavimentar Ala) y S-72 "Rescue Wing" (Rescate Ala) tipo 72C, tipo 72D, y tipo 72E diagrama de comparación con (esquema de color blanquecino ) Sikorsky y Airbus-Helicopters desarrollo conjunto SH-72 "Sea Wing" (Mar Ala) tipo CF , tipo DF, y tipo EF.

El segundo sufijo "F" después de los alfabetos derivados (C, D y E) significa una actualización del fenestrón.


(白塗装)シコルスキー&エアバス・ヘリコプターズ共同開発 SH-72 シー・ウイング「C型、D型、E型の比較図」
(シーグレイ系塗装)HH-72 ペイブ・ウイング 及び S-72 レスキューウイング「C型、D型、E型の比較図」と比較するならば、尾部のフェネストロンだけでなく、ターボシャフト補機のフェアリング兼ワイヤーカッター基部、さらに整備甲板を兼ねたコクピット後部座席上面の天井甲板が滑り止めを含めて改良されています。



(White paint) Sikorsky & Airbus Helicopters joint development SH-72 Sea Wing "C, D and E type comparison diagram

(Seagrey paint) HH-72 Pave Wing and S-72 Rescue Wing "C type, D type, E type comparison diagram", not only the tail fenestrons, but also the fairing and wire cutter base of the turboshaft auxiliary equipment, and the ceiling deck above the rear seat of the cockpit, which also serves as the maintenance deck, have been improved, including anti-slip.

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)


(Española) (Pintura blanca) Desarrollo conjunto de Sikorsky y Airbus Helicopters SH-72 Sea Wing (Mar Ala) "Diagrama comparativo tipo CF, DF y EF

(Pintura gris marino) HH-72 Pave Wing (Pavimentar Ala) y S-72 Rescue Wing (Rescate Ala) "C type, D type, E type comparison diagram", no sólo los fenestros de cola, sino también el carenado y la base del cortador de alambre del equipo auxiliar del turboeje, y la cubierta del techo sobre el asiento trasero de la cabina, que también sirve como cubierta de mantenimiento, han sido mejorados, incluyendo el antideslizamiento.

Traducción realizada con la versión gratuita del traductor www.DeepL.com/Translator

F is initial of new "F" enestron

新型フェネストロン



自機からみて右に12度傾斜した新型「フェネストロン」、約80kgの揚力を発生。

(Tinami - No.1063580) シコルスキー H-72 (S72)系列、新型「フェネストロン」。2021年6月6日(日曜)14時30分の進展状況。航法灯の作画と垂直尾翼の上下幅を短縮(前後幅と厚みは第1段階の作画との変更はありません)

Sikorsky H-72 (S72) series , the new Fenestron.
Fenestron tilted 12 degrees to the right, generating 80 kg of lift force.
Progress at 14:30 on Sunday, June 6, 2021 (Japan Standard Time). Drawing of the navigation lights and shortening of the upper and lower width of the vertical tail fin (width and thickness of the front and rear remain unchanged from the Phase 1 drawing).


Sikorsky H-72 (S72), el nuevo Fenestron.
Fenestron se inclinó 12 grados hacia la derecha, generando 80 kg de fuerza de sustentación.
Progreso a las 14:30 del domingo 6 de junio de 2021 (hora estándar de Japón). Dibujo de las luces de navegación y acortamiento de la anchura superior e inferior de la aleta de cola vertical (la anchura y el grosor de la parte delantera y trasera se mantienen sin cambios respecto al dibujo de la fase 1)




C型、D型、E型の比較図
海上運用一本槍のC型から中間形態としてフェアリング及びワイヤーカッター強化と天井採光窓のみ残したD型、陸上低空飛行の鋼鉄ワイヤー対策を考慮し後席の窓を完全に廃止【顧客によっては並列複座にして後席は廃止、潜水などの装備品置き場に】、フェアリングと強化型ワイヤーカッター装備の代償に視界を犠牲にしたE型までの変更点を一覧にしました。

戦闘捜索救難型 HH-72 ペイブ・ウイング [ 航空自衛隊 海上自衛隊 ]、海上保安庁、沿岸警備隊むけ 民間救難型 「S72 レスキュー・ウイング 」

海上運用一本槍で、視界が良くフライバイライトにより、救難活動中に後席の操縦資格を持つ搭乗員に後方の操縦を任せる芸当も可能なC型でしたが、多用途性に欠けること、ワイヤーカッターは装備済みなものの、機体強度が運用許容ぎりぎりなため、山間部で鋼鉄ワイヤー切断のときに機体のメインフレームが損傷する危険性、程度によっては歪んで直進飛行不能になる難点がありました。

陸上での救難にはこれまで専用機 HHG-72 J-Wing を運用してきましたが,予算の制約により「ジェイウイング」の老朽化の後には新造機体を生産せず、ペイブウイング、レスキューウイングの陸上運用の多用途化で対応することになり、中間段階としてD型が生産されました。
後席の側面窓を廃止、天井の採光窓も1/3となり、操縦区画の強度の増加、エンジン補機を収めたフェアリングにワイヤーカッターを複数装備しました。

陸上運用にはこれでも充分と思われましたが、幕僚監部の更なる要求により、後席の窓を完全に廃止、フェアリングとワイヤーカッターを自動連動式として、送電線などに接触しても最適な飛行操縦をAIが人間より早く判断して最適な回避操縦、またはダメージを最小にするワイヤーカッターの操作を同時に行います。
これがE型でした。

一方で デ・ハビランド シービクセン のレーダー手席のように「炭坑洞」と揶揄される後席は前席とのパーティション扉を閉めた場合、照明を付けないと真っ暗で視界はゼロとなり、当然ながら操縦資格を持つ搭乗員は後席に座るのは無意味になりました。


しかしながら、陸上低空飛行での救難、海上での救難の2役を難なくこなすためには必要な変更であるとシコルスキー側では説明しました。

このため、運用者によっては後席を廃止し、海猿の為の潜水用具などの装備品置き場に変更【特に沿岸警備隊、海上保安庁】するために、あらかじめメーカーに後席を取りはずして装備品置き場にした仕様を発注、あるいは部隊の整備班にて独自に改造することもありました。

Sikorsky SH-72 Pave Wing / (S72 Rescue Wing) C, D, E refference chart

  1. Sikorsky SH-72 Pave Wing / (S72 Rescue Wing) C, D, E refference chart
  2. (española) La carta de referencia del tipo -72C, -72D, -72E de Sikorsky SH-72 "Ala de Pave" o S72 "Ala de Rescate"

Low altitude flights over land (some customers made it a parallel double-seat aircraft and abolished the rear seats to make room for equipment), to the E-type, which sacrificed visibility in exchange for the fairing and reinforced wire cutters The following is a list of changes up to Type E, which sacrificed visibility to the

Combat Search and Rescue Type HH72 Pave Wing [ Air Self-Defense Force, Maritime Self-Defense Force ], Civilian Rescue Type "S72 Rescue Wing" for the Japan Coast Guard and Coast Guard.

However, it lacked versatility, and although it was equipped with wire cutters, the main frame of the aircraft was damaged when cutting steel wire in mountainous areas because the strength of the aircraft was at the limit of operational tolerance. There was also a risk of damage to the main frame of the aircraft when cutting steel wires in mountainous areas, and depending on the strength of the aircraft, it could become distorted and unable to fly straight ahead.

However, due to budget constraints, it was decided not to produce a new aircraft after the aging of the J-Wing, but to use the Pave Wing and Rescue Wing for multipurpose land operations, and the D-type was produced as an intermediate stage.
The side windows of the rear seats were eliminated, the ceiling light window was reduced by 1/3, the strength of the control compartment was increased, and the fairing that housed the engine auxiliary equipment was equipped with multiple wire cutters.

This was thought to be sufficient for land operations, but in response to further demands from the Staff Office, the rear seat windows were completely eliminated, and the fairing and wire cutters were automatically interlocked so that even if the aircraft came into contact with power lines, the AI could determine the best flight maneuver faster than a human and perform the best evasive maneuver or wire cutter operation to minimize damage. This was the E type.
This was the E type.

On the other hand, when the partition door between the rear seat and the front seat was closed, the rear seat, which was derided as a "coal mine cave" like the de Havilland Sea Vixen's radar hand seat, was completely dark and had zero visibility without lighting, which naturally made it pointless for qualified pilots to sit in the rear seat.


However, Sikorsky explained that this change was necessary in order for the aircraft to be able to perform the two roles of rescue at low altitude over land and rescue at sea without difficulty.

For this reason, some operators ordered the rear seats to be removed and converted into a storage area for equipment such as diving gear for divers (especially in the Coast Guard and Japan Coast Guard), or the maintenance team of the unit made their own modifications.

( Traducción del título en inglés de este post en DeviantArt al española) La carta de referencia del tipo -72C, -72D, -72E de Sikorsky SH-72 "Ala de Pave" o S72 "Ala de Rescate"

Desde el tipo C, centrado exclusivamente en las operaciones marítimas, pasando por el tipo D, que sólo conservaba el carenado, los cortadores de cable reforzados y las ventanas de luz del techo como forma intermedia, hasta la supresión total de las ventanas de los asientos traseros en consideración a las contramedidas de cable para los vuelos de baja altura sobre tierra (algunos clientes lo convirtieron en un avión de dos asientos paralelos y suprimieron los asientos traseros para hacer espacio para el equipo), hasta el tipo E, que sacrificó la visibilidad a cambio del carenado y los cortadores de cable reforzados.

Búsqueda y Rescate de Combate Tipo HH72 Pave Wing [ Fuerza de Autodefensa Aérea, Fuerza de Autodefensa Marítima ], Rescate Civil Tipo "S72 Rescue Wing" para la Guardia Costera de Japón y la Guardia Costera.

Sin embargo, carecía de versatilidad, y aunque estaba equipado con cortadores de alambre, el armazón principal de la aeronave se dañaba al cortar alambre de acero en zonas montañosas porque la resistencia de la aeronave estaba al límite de la tolerancia operativa. También existía el riesgo de que se dañara la estructura principal del avión al cortar cables de acero en zonas montañosas, y dependiendo de la resistencia del avión, éste podía deformarse y ser incapaz de volar en línea recta.

Sin embargo, debido a las limitaciones presupuestarias, se decidió no fabricar un nuevo avión tras el envejecimiento del Ala-J, sino utilizar el Ala-Pave y el Ala-Rescate para operaciones terrestres polivalentes, y se fabricó el tipo D como etapa intermedia.
Se eliminaron las ventanas laterales de los asientos traseros, se redujo la ventana de la luz del techo en 1/3, se aumentó la resistencia del compartimento de control y el carenado que albergaba el equipo auxiliar del motor se equipó con múltiples cortadores de cables.

Se pensó que esto era suficiente para las operaciones en tierra, pero en respuesta a nuevas demandas de la Oficina de Estado Mayor, se eliminaron por completo las ventanas de los asientos traseros, y el carenado y los cortadores de alambre se entrelazaron automáticamente para que, incluso si el avión entraba en contacto con las líneas eléctricas, la IA pudiera determinar la mejor maniobra de vuelo más rápido que un humano y realizar la mejor maniobra evasiva u operación de corte de alambre para minimizar los daños. Este era el tipo E.
Este era el tipo E.

Por otra parte, cuando se cerraba la puerta de separación entre el asiento trasero y el delantero, el asiento trasero, que se ridiculizaba como una "cueva de mina de carbón", como el asiento de mano del radar del de Havilland Sea Vixen, quedaba completamente oscuro y tenía una visibilidad nula sin iluminación, lo que naturalmente hacía inútil que los pilotos cualificados se sentaran en el asiento trasero.

Sin embargo, Sikorsky explicó que este cambio era necesario para que el avión pudiera desempeñar sin dificultad las dos funciones de rescate a baja altura sobre tierra y de rescate en el mar.
Por este motivo, algunos operadores ordenaron que se retiraran los asientos traseros y se convirtieran en una zona de almacenamiento para equipos como el equipo de buceo para los submarinistas (especialmente en la Guardia Costera y la Guardia Costera de Japón), o el equipo de mantenimiento de la unidad realizó sus propias modificaciones.

告知 (Notice)

「U-222 ドラゴンレディ II 高高度戦略偵察機」をスポークとすれば、シコルスキーS72(VFH-72N)はハブ輸送機に相当します。VIP楽団員の血栓症予防の為、機首から前部胴体を延長した長胴型救難機への露払いとして「ムジークデルエア」幹部団員輸送機の機首部を完成させました DeviantArt専用画廊
MU-2の海外向け商品名は、短胴型がSolitaire(ソリテール)、長胴型がMarquise(マーキス)なので、この慣例に倣います。今後も派生型を描く予定なので、表示漏れ防止のため降着脚付版の S-72/ VFH-72N 専用に part-02 を新設しました。


シコルスキー「S-72 Xウイング」及び「VFH-72 エーオース・オーロラン」ムジカ楽団・要人スポーク輸送機用特別内装の機首。ロッキード「U-222 ドラゴンレディII」が宇宙港と拠点空港(たとえば成田空港)の車輪の軸(Hub)の護送を担うとすると、この機体は地方空港(たとえば板付空港)または演奏会場【たとえば玄海国定公園・恋の浦ガーデン】などへの最終輸送を担当します。


目次 【Index】




VERITECH Fixed -Wing , Helicopter , the acronym is VFH , not VERITECH Fighter / Helicopter (AGAC)

VERITECH Fixed -Wing , Helicopter , el acrónimo es VFH , no VERITECH Fighter / Helicopter (AGAC)

VERITECH Fixed -Wing , Helicopter ベリテック・固定翼機形態・回転翼形態 、頭字語はVFH , であり、 VERITECH Fighter / Helicopter (AGAC) オーロラン ではありません。

陸軍主体の開拓惑星守備軍「サザンクロス軍」の成立経緯上から、比較的長時間の対地攻撃と近接航空支援による中間形態での運用こそが主目的であるため、超時空シリーズの脚付き変形メカとしては珍しくガウォーク形態を持たず、その形態の代替用途に当るものとしてヘリコプター形態が設定されている。ガウォーク形態に比較して回転翼に胴体が吊り下げされる形のため空力上の揚力重心が低くなり、高い空中静止(ホバリング)安定性を有する。これに伴い航空電子・操縦制御機器、パイロット双方の負担が低い。また、消費エネルギーもガウォーク形態に較べて相対的に低くなる。

初めに

シコルスキー S-72 “ Xウィング ” と ロッキード VFH-10オーロラン(VFH-12 スーパー・オーロラン)に橋渡し〔クロスリンク〕する機種、シコルスキーVFH-72 Eos-Auroranのデザインを考案し、実際のアートとして実制作しました。 DeviantArt (Tinami, pixiv に投稿。

未完成のアートワークシコルスキー S-72 “ Xウィング ”または VFH-72(VFH-72N)は、2号機の従来型のXウィング、3号機の従来型「主回転翼」と初号機の尾部回転翼を置き換えるテールファン(フェネストロン)、および各派生型の主脚・主輪と尾輪の着陸装置のみを残すように予定しました。
これらDeviantArt (Tinami, pixiv のWebページは、大きなpng画像を掲載するのに適しています。
その一方、初めての訪問者に説明するために固有の航空機の1つの機種の概要と開発の歴史を一回で読むことは出来ず、1つのWebアドレスに掲載可能な画像は1枚だけです。
それゆえ、DeviantArt (Tinami, pixiv のいずれもこの航空機の全体像を画像で把握することは困難です。
「顧客となった閲覧者」【クライアント】は、この航空機の歴史について学ぶために少なくとも16のWebアドレスを訪問する必要があります。
また初めての訪問者にとって、ジェネラル・エレクトリック の ターボファン TF-34 から CF-34への発動機の移行過程と、プラット・アンド・ホイットニーの JG-95B および JG-96B 核融合タービンエンジン、ターボ・ユニオン ATF-403 小型・核融合反応プラズマ・エア/反動推進・混合〔インターミックス〕・ラムジェット・エンジンの詳細な技術は混乱を招く可能性があります。

このため、ロボテック・クロニクルズ【Robotechch ronicles】のWebサイト内に新しいWebページを作成しました。
Tinamiと同様に、このWebページに投稿できるPNG画像の最大長辺は 3600 pixel に制限されています。

代わりに、1つのWebページに複数の画像を投稿することが可能であり、非常に読みやすくなっています。
▼ 命名の経緯
(Nosaj Gnal) 提案:私なら「Hyperion」(ハイペリオン)または「Eos」(エーオース)(ギリシャ神話の「アウローラ」(Aurora の母親)という名前を付けます。

優衣:さて、提案者の貴男は、それらの2つのうちのどちらを命名すべきだと思いますか?

(Nosaj Gnal):ハイペリオンは、2つうちでは「マッチョ」(男性的)な音韻の響きです。 一方で " Eos "「エーオース」という名前の戦闘機はこれまでに見付けられていません。(命名の例がありません)

優衣:それでは、オーロランは女性名詞ですから、当然母親から娘への継承ということで、この先代の航空機は「エーオース」(Eos)にリンクされるべきですね。母親から娘に受け継がれる変形機構!



Due to the history of the establishment of the Army-based pioneering planetary defense army "Army of Southern Cross", the main purpose is to operate in an intermediate form with relatively long ground attacks and close air support, so the Super Dimention show series, the VERITECH aircraft is transformed into Guardian mode * (GERWALK) with legs.
It does not have a Guardian mode form, which is rare for VERITECH mecha, and a helicopter form is set as an alternative configration to that form. Compared to the Guardian modegawalk form, the fuselage is suspended from the rotor blades, so the center of gravity of lift on aerodynamics is lower, and it has high aerial rest (hovering) stability. Along with this, the burden on both avionics / maneuver control equipment and pilots is low. In addition, the energy consumption is relatively low as compared with the Guardian mode form.

* GERWALK (Ground Effective Reinforcement of Winged Armament with Locomotive Knee-joint) mode is called "Guardian Mode" in Robotech.*

( " VERITECH " )とは、可変工学とロボット工学統合技術 V ariable  E ngineering and  R obotic  I ntegration- TECH nology")の頭文字

概要

シコルスキー VFH-72N 「エーオース ・オーロラン」試作機。量産された「VFH-10 オーロラン」シリーズへの橋渡しとなった機体。オーロラン(AGAC)を固定翼形態【モード】からヘリコプター形態(ジャイロダイン)に移行するために、前世紀の前例である「シコルスキー S-72」の残存機を部品単位まで分解し、三次元透過【3Dスキャン】により解析し再製作(リバース・エンジニアリング)する試みが行われました。
このため、当時のS-72では未完成だった『固定翼から回転翼への変形機構』も今世紀の新次元の異星人の不時着した宇宙砲艦から解析された革新的科学技術により、晴れて完成されました。
こうしてNASAの『エイムズ研究センター』(ARC)に保管されている2号機の回転翼(ローター)(c / n 72-002、NASAシリアル546、741、N741NA)の変形機構は100年以上過ぎた現在、ようやく完成されたのでした。
システムの再開発に伴い、3Dスキャン装置と立体鍛造複製施設により、多くの部品が新たに構築されました。
▼ V-X可変形態・可変機能翼について
前世紀の可変後退翼は固定翼の機能の遷移にのみ適用される技術でした。

V-X可変形態・可変機能翼は、文字通り、V 【飛行方向からは Δ 形状】固定翼、Xは回転翼構成(ローター)の間において相互に変形と遷移を可能とする革新的技術です。

この試作機では来るべき量産型 VFH-10 オーロランの開発への露払いとして、V字型(Δ)の複葉の上翼【副翼】からX字型回転翼【2重反転だが、見掛け上は4枚羽根】ローターへの移行中の同航空機の安定性が研究されました。
また、複合ヘリコプター【ジャイロダイン】から熱核ターボファンを搭載した固定翼機への安全な移行には、回転翼の駆動慣性力【ロータートルク】を吸収し、強力なブレーキで安全に回転を停止する機構が不可欠です。
クロニクル内部記事

VFH-72 Eos-Auroran 開発史




1970年代後半、シコルスキー・エアクラフトは2機の シコルスキー S-72(別名「Xウイング」)を複合ヘリコプター(ジャイロダイン)およびローターシステム・リサーチ航空機(RSRA)として製造し、ヘリコプターの飛行速度の限界(対気速度400.87km/hが現在の最高記録)を突破(555.6 km/h)しました。
これらの航空機は、当面の目標であったヘリコプターの制限速度を超えるという目標は達成したが、当初の目標であった固定翼機への遷移飛行を実現する過程に入る前に「国防高等研究計画局」 (DARPA) の予算が取り消されたため、その後の開発は停滞し、最終的に未完に終わった。

また、20世紀末の科学技術では、航空機に4基のエンジンを搭載することによる価格上昇や変形機構の複雑さ、多大な燃料消費量による飛行時間の短さを解決できませんでした。
さらに、計画のキャンセルは、回転翼(X)から固定翼(V)に移行する際の遷移中の航空機の飛行の安定性に関しての実地飛行による研究と改良の頓挫による未解決の問題を残しました。

シコルスキーはその後、汎用ヘリコプター「SB>1ディファイアント」、将来型長距離強襲機( FLRAA )仕様に基づく攻撃ヘリコプター AH-70G デファイアント-X、将来型攻撃偵察機(Future Attack Reconnaissance Aircraft, FARA)仕様に基づく偵察ヘリコプター RAH-68 レイダーX を開発しました。
これらの航空機は純粋な複合ヘリコプターであり、当初から遷音速度範囲への挑戦や固定翼航空機への移行飛行は考慮されていませんでした。
しかし、1999年に未知の知的異星生命体(後にゾア・デリルダと判明)が衝突が地球に不時着させた巨大宇宙船で使用されている未知の科学技術を分析することにより、プロトカルチャーと呼ばれる未知のエネルギーを使用して燃料の枯渇を防ぐことが可能になります。核融合タービンエンジンの実現と、VERITECH(「可変工学とロボット統合技術」)と呼ばれる革新的な変換の科学技術は、前世紀のキャンセルされたプロジェクトに関するリヒート(再熱器、米国式表現ではアフターバーナー )への道を開いた。
このS-72N(Nは原子力 " Nuclear " による発動機の意味)は、20世紀の従来技術と未知の異星文明の新技術によってVFH-10 オーロラン の革新的なシステムへを橋渡し(クロスリンク)するものです。
当初は「Crosslink-Auroran」(初期別名「Crosslink-AGAC」)と名付けられました。

VFH-10 オーロランを固定翼モードからヘリコプターモード(ジャイロダイン)に移行するために、前世紀の前例であるシコルスキー S-72 “ Xウィング ”の残存機体をリバースエンジニアリングする試みが行われました。
Sikorsky X-wing NASA photo #AC86-0607-2 cropped and scaled


General Electric CF-34-12F


このため、未完成の固定翼からエイムズ研究センター(ARC)に保管されている2号機のローター(民間機の登録番号 c / n 72-002、NASA登録番号 N546NA、N741NA)への移行機構を完成させました。システムの再開発に伴い、3Dスキャン装置により多くの部品が新たに再製作・再構築されました。
初号機はモフェット連邦飛行場で朽ち果てた状態でしたが、2号機(民間機登録番号 c / n 72-002、NASA登録番号 N742NA)は1979年2月から1994年10月の間には、NASAエイムズ研究センター(ARC)に保管されていました。
V字(またはΔ形状)固定翼、X字形状の回転翼構成(ローター)!
これらの新技術を導入して改めてV字型(Δ)固定翼からX字型回転翼機への移行中の航空機の安定性が研究されました。(V-X可変翼機構)
また、ヘリコプターからターボファンを搭載した固定翼機への安全な移行には、回転翼の慣性ロータートルクを吸収し、強力なブレーキで安全に回転を停止する機構が不可欠です。
エーオース(古代ギリシア語、イオニア方言: Ἠώς, Ēōs)またはヘオース(アッティカ方言: Ἑώς, Heōs)は、ギリシア神話に登場する暁の女神の英語変換である「Eos」(ギリシャ神話のオーロラの両親)にちなんで名付けられた命名提案「オーロラン」。
さらに、シコルスキーの親会社であるロッキードマーティンは、次世代の可変戦闘機(ベリテックファイター)の成功を確実にするために、VFH-10 オーロラン、さらにはVFH-12スーパー・オーロランの開発に関する技術情報をシコルスキーに提供します。一方、シコルスキーは、VFH-72Nの開発中に得られた技術情報を、親会社であるロッキードマーティンに提供することにより、フィードバックを提供することで相互に合意しました。

VFH-72 (N) Eos-Auroran Development History

In the late 1970s, he produced two Sikorsky S-72s (a.k.a. X-wings) as Compound helicopters (Gyrodyne) and as Roter System Research Aircraft (RSRA) to break through the speed limits of helicopters.
These aircraft achieved the goal of exceeding the speed limit of the helicopter for the time being, but the subsequent development stagnated because the budget was canceled without realizing the transition flight to the fixed-wing aircraft, which was the original goal.
In addition, science and technology at the end of the 20th century could not solve the price increase and system complexity caused by mounting four engines on an aircraft, and the short flight time due to the large consumption of fuel.
More addition, the cancellation of the plan left an unsolved problem regarding the stability of the flight of the aircraft transitioning from the rotary wing to the fixed wing.
Sikorsky subsequently developed the utility helicopter " SB-1 Defiant ", the attack helicopter AH-70 G Defiant-X, and the reconnaissance helicopter RAH-68 Raider X.
These aircraft are pure Compound Helicopters, and from the beginning, challenges to the transonic speed range, as well as transition flights to fixed-wing aircraft, were not considered.
However, by analyzing the science and technology used in the giant spacecraft that an unknown intelligent humanoid crash landed on the earth in 1999, it will be possible to shelve the depletion of fuel using unknown energy called Protoculture. The realization of a fusion turbine engine, as well as the innovative science and technology of Transformation called VERITECH ("Variable Engineering and Robotic Integration-TECHnology") , has once again paved the way for a reheater in a canceled project of the last century.
This S-72N (Nuclear) is to bridge the innovative system of AGAC by the conventional technology of the 20th century and the new technology of the unknown alien civilization.
It was named initially "Crosslink Auroran" (initial period of a.k.a. "Crosslink AGAC").
An attempt was made to reverse engineer the S-72, a precedent of the last century, for the transition of AGAC from fixed-wing mode to helicopter mode (Gyrodyne).

For this reason, we completed the transition mechanism from the unfinished fixed wing to the rotor of Unit 2 (c / n 72-002, received NASA serials 546, 741 and N741NA) stored in the Ames Research Center (ARC). Along with redeveloping the system, many parts were newly built by the 3D scanning device.
Aircraft #2, c/n 72-002, received NASA serials 546, 741 and N741NA between February 1979 and October 1994. Remained stored at NASA Ames Research Center (ARC)
V ls Δ shape fixed wing , and X is rotate blade configuration (Roters)!
The stability of the aircraft during the transition from a V-shaped (Δ) secondary wing to an X-shaped rotor was studied.
In addition, a mechanism that absorbs rotor torque and safely stops its rotation with a powerful brake is essential for a safe transition from a helicopter to a fixed-wing jet aircraft with a turbofan.
Suggestion named after "Eos" (the parents of Aurora in Greek Mythology)-Auroran.
In addition, Sikorsky's parent company, Lockheed Martin, will provide Sikorsky with technical information on the development of the VFH-10 AGAC and even the VFH-12 Super AGAC to ensure the success of the next generation of VERITECH Fighter. Meanwhile, Sikorsky has signed an agreement with each other to provide feedback on the technical information obtained during the development of the VFH-72N by providing it to its parent company, Lockheed Martin.



三形態

発展型

海軍型

S-72N is Naval variant
  • That aircraft has "fixed X-wing"(ed) jet aircraft mode !
This aircraft transforms into fixed X - wing mode slightly before the helicopter 's never - exceed speed (Velocity never extended , Vne.), And when it gets faster, fixed X - wing is retracted and "Y" is inverted We will transform it into high speed jet mode with swept wing.
  • 720 pixel × 453 pixel ( 660 pixel × 415 pixelで表示)


  • 720 pixel × 791 pixel ( 660 pixel × 725 pixel で表示)

NASA〔アメリカ合衆国・航空宇宙局〕斜め翼実験機 AD-1【 oblique-wing 】
  1. 最大の難点は、回転翼をブレーキで制止させ、適切な位置で固定翼とし、しかも安定を回復可能な短時間のうちに迅速かつ正確に固定する機構の完動保証にありました。
  2. NASA〔アメリカ合衆国・航空宇宙局〕・斜め翼実験機:AD-1【 Oblique-wing 】で、左右非対称の翼平面形の状態での飛行制御と安定維持には、一定の成果がありましたが、水平飛行では実現出来ても、横転〔ロール〕飛行や、旋回中の空力均衡の実現には、左右非対称の翼平面形は、様々な困難な問題を残していたのでした。



コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. 超時空コンベンション 2020 湖川友謙
  3. ロボテック:実写映画の構成案
  4. 超時空騎団サザンクロス 日本語同人ゲーム
  5. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  6. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  7. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  8. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます