" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

技術提供元

サイバネティックスによる種族ハイドニット、推測的判断ですが、艦船のエネルギー源を遮蔽するフィールドを作成している「影の次元原理」で機能した、いわゆる「影の遮蔽装置*1、シャドウ【Shadow】技術の熟練者でした。

基本原理

そのような装置の起動は第4の次元の三次元侵食領域(フィールド)形成に繋がりました。

第4次元からの侵食領域の形成により、目標は通常、可視光帯域では目に見えるままですが、通常の電子センサーだけでなく、プロトカルチャー (資源)・センサーをも覆い隠します。

隠された欠陥

ハイドニットたちが遠征艦隊軍【UEEF、旧称:REF】が装備する如何なるシャドウ技術でも無効にすることが可能な、裏の機構を備えていたけれども、彼らは自由に遠征艦隊がこの技術を開発するのを助け、しかしながら、彼らはシンクロ・キャノンの形で先進の兵器を作製することが可能で、その上、最初にシャドウ装置によって彼らの艦隊をインビッドセンサーに対して隠します。

艦船、可変戦闘機或いは機動兵器は、こうしててそれらを不活発にしてインビッドセンサーに対して探知不可能にしていますが、おそらく、シャドウ装置が連携するプロトカルチャー (資源)・核融合炉を過負荷(オーバーロード)させてシャドウ装置の使用者を殺す可能性のある爆発の原因になることが有り得ます。

彼らは、戦場を走査して、敵艦船のプロトカルチャー (資源)核融合炉を侵食する、旗艦から発生する赤みがかったエネルギー・ビームであった「かく乱波」【Disruptor wave】波として知られている特別な武器によって、これを達成しました。

大規模大量破壊兵器

彼らが利用できる最も破壊的な兵器は、惑星自体を破壊する装置でした。彼らは最初のインビッド母星に対して以前にこれらの装置を使って、結果、これを荒廃させました。

そのような武器のもう一つの形は、彼らの爆発が惑星を破壊することが可能な巨大ブラックホールを発生可能な程強力な巨大核弾頭であった「S型中性子超時空戦略核ミサイル」【Neutron-S Missile】でした。

出典:ロボテック:影の年代記

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます