" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

今井科学

  • クリックにて原寸 800 pixel x 542 pixel に復帰します。


Gnerl_Zentrzedi_Minmei_Doll

  • 超時空要塞マクロス 第31話 「サタン・ドール」 ジナール空戦ポッドの傍らで、ゼネラルプロダクツ製造 リン・ミンメイ 人形を形見に朽ち果てるゼントラーディ兵 『カリタ・トラカジーデ』 。

PNG image 4,961 pixel x 7,016 pixel (2017/1/4 A.M. 4:21 / 58.8 MB )


Download JPG image 1,448 pixel x 2,048 pixel ( 3.18 MB )



  • 縮刷版 JPG image 1,448 pixel x 2,048 pixel ( 676.33 KB )

2014年3月25日新作



マクロス・サーガ 第29話「サタン・ドール」

南極出版社「メガストーム」第2巻:第16頁より

画像資料【カラー画はロボテック版設定】

モスカト【Moscato】模型工廠 製造 1/72

箱の開梱

金属部品

子猫は大事にしましょう





ゼントラーディ人の大きさと機内容積の対比

注意:ロボテック版設定では人類との規模比較は、プロトカルチャー (太古の異星人)、その末裔であるティロリアン科学者の言葉から、設計倍数比は、明確に「7倍」と設定されています。

制作工程『モスカト模型工廠』製造:1/72 模型

ゲート切断(バリ取り)




基本工作




金属部品に置き換えせずに「真円」を出す

細部追加(ディテール・アップ)




デカール製作


塗装処理


艶消し・煤汚れ(スート)処理とミサイル架組み立てと接着

名称

ジナール(1型、2型、3型)航空宇宙戦闘機/攻撃機

Gnerl (model 1, model 2, model 3) Aerospace Fighter/Attack Plane

寸法

全てのモデル
全長17.4 m
全幅12.0 m
全高12.0 m
全備重量(1型と2型)34 t
全備重量(3型)35.5 t

種別

全てのモデル【All models】
設計クゥアニジップ設計工廠
製造ティロル商業帝国の多数の造船工廠
用途単座の航空宇宙・制空戦闘機及び攻撃機
  • Design: Quanitszip design bureau.
  • Builder: Numerous yards throughout the Tirolian Mercantile Empire.
  • Type: One man aerospace fighter and attack plane.

軍務歴

  • 前任機種『ソアロヴ』【Soarove】攻撃戦闘機
1型と2型ソアロヴ【Sのoarove】攻撃戦闘機を代替して、衛星ティロル紀元(別名神話上の人物「ラナック」【Lanacの累代】)1891年(1型)、そして 同1899年以降(2型)から標準のゼントラーディ軍【Regular Zentraedi Forces】と辺境防衛艦隊【Border Fleets】の全ての軍備として供給されました。
3型ソアロヴェラ【Soarovela】攻撃戦闘機を代替して、衛星ティロル紀元(別名神話上の人物「ラナック」【Lanacの累代】)1894年からゼントラーディ守備隊と駐屯部隊【Zentraedi Garrison Forces 】更に辺境防衛艦隊【Border Fleets】に於いて就役をみました。
  • Models 1 and 2 : Served with all arms of the Regular Zentraedi Forces and Border Fleets from 1891 (model 1) and 1899 (model 2) onwards, replacing the Soarove attack fighter.
  • Model 3 : Served with the Zentraedi Garrison Forces and Border fleets from 1904 onwards (model 3), replacing the Soarovela fighter.

推進機関

全型

ヴァレボッツ【Varrebotzs】49 型 プラズマ・ショック・エキスパンション・エンジン機体後部×3基。
反動推進スラスター、短時間の 190kN の最大出力と120kN の持続可能な出力を持ちます。
ヴァレボッツ【Varrebotzs】50 型 プラズマ・ショック・エキスパンション・エンジン機体後部×3基。
エンジン類は推力偏向可能な排気口を持ち、『ヴァレボッツ【Varrebotzs】49 型 プラズマ・ショック・エキスパンション・エンジン』からプラズマの供給を受けます。


そして、49 型エンジン3基の間に挟まれて後方に設置されます。


これらの反動推進スラスターは短時間の間 45kN の最大出力を持ち、全環境での反動推進スラスターとして、そして、緊急加速のための加速エンジンとして用いられます。
ヴァレボッツ【Varrebotzs】51a 型 プラズマ・ショック・エキスパンション・エンジン総計×4基。

『ヴァレボッツ【Varrebotzs】49 型 プラズマ・ショック・エキスパンション・エンジン』からプラズマの供給を受けます。
左右舷側に各1組の計2組、胴体腹部への1組と1組。

。これらのエンジンは緊急動作と横揺れ用、全環境の推進スラスターで推力偏向可能な排気口を持っています。各々の反動推進スラスターエンジンは、78kNの最大持続出力を持ちます。
多彩な全環境推進スラスター49型エンジンからを供給を受けました。
反応材プロトカルチャー (資源)の 20本 の標準容器(キャニスター)。
1型2型1基のヴァレボッツ【Varrebotzs】54 型エンジンは、操縦席下でプラズマ・ショック拡大エンジン(『ヴァレボッツ【Varrebotzs】49 型 プラズマ・ショック・エキスパンション・エンジン』からプラズマの供給を受けます。)
このエンジンは主要な VTOL 反動推進スラスター、限定的な推力偏向を持っていました。

この出しゃばりは離着陸の間、1分未満の間 400kN の出力を、或いは 100kN の持続推力を維持しました。
3型ヴァレボッツ【Varrebotzs】57 型 プラズマ・ショック・エキスパンション・エンジンこれらのエンジンは主要なVTOL反動推進エンジンで、推力偏向の能力のを持ちます。この装備は、短時間の間 180kN、或いは 150kN の持続推力を供給することができます。

All models:
  • Three Varrebotzs type 49 plasma-shock expansion engines in the back. The thrusters have a maximum output of 190 kN for short periods and a sustainable output of 120 kN.
  • Three Varrebotzs type 50 plasma-shock expansion engines with vectorable nozzles (drawing their plasma from the type 49 engines), mounted in the back between the type 49 engines. These thrusters have a maximum output of 45 kN for short periods, and serve both as attitude thrusters and as boost engines for emergency accelerations.
  • Four Varrebotzs type 51a plasma-shock expansion engines (drawing their plasma from the type 49 engines) in two pairs, one to port and one to starboard, in the center of the flanks. These engines are the primary jaw and roll attitude thrusters and have vectored thrust capabilities. Each thruster has a maximum sustained output of 78 kN.
  • Assorted attitude thrusters, fed from the type 49 engines.
  • Fuel: 20 standard canisters of protoculture.
  • Models 1 and 2:One Varrebotzs type 54 plasma-shock expansion engine (drawing its plasma from the type 49 engines) under the cockpit. This engine is the primary VTOL thruster and has limited vectored thrust capabilities. This thruster can deliver 400 kN for less than a minute during take-off and landing, or about 100 kN sustained thrust.
  • Model 3:Four Varrebotzs type 57 plasma-shock expansion engines under the cockpit. These engines are the primary VTOL thrusters and have vectored thrust capabilities. This installation can deliver 150 kN sustained thrust per engine or 180 kN for short periods.

性能

最大速度(海面上)1,400 kph(地球型標準大気で)(3型は僅かにこの数値に届きません)
最大速度(高度40,000m)5,890 kph(地球型標準空気で)(3型は僅かにこの数値に届きません)
失速速度(海面上)350 kph(地球型標準大気で)
戦闘半径合計デルタ-v 4.7kps

Maximum speed @ sea level: 1400 kph (in Earth-like atmosphere) (Model 3 slightly less)
Maximum speed @ 40000 m: 5890 kph (in Earth-like atmosphere) (Model 3 slightly less)
Stall speed @ sea level: 350 kph (in Earth-like atmosphere)
Combat radius : total delta-v 4.7 kps
Protoculture supply : average operational life 175 hours operational use.
Protocultureは、以下を供給します:平均で操作上の175時間が使う操作上の生命にしてください。

センサー・システム(全型共通)

レーダー追跡:

様々な捜索・追跡、照準、マッピング、調査と航法(ナビゲーション)機能ついて、VFAS1-SS(*)は、全天を覆う位相配列レーダーを装備した。

光学追跡:

VFAS1-SS 多波長・デジタル・カメラ・システム、媒体については、すべての高度の赤外線画像【IIR】、可視光波長、紫外線帯域の発見と追跡。
  • VFAS1-SS  多波長・レーザー光波測距儀とレーザー目標指示装置(ディジネーター) 。
  • VFAS1-SS 高解像度・長距離光学/赤外線画像【IIR】集合体(クラスター)が、機首の銃装備の直ぐにある。
赤外線画像 IIR

Imaging -Infra Red
「目標捜索装置」(シーカー)が自動追尾対象を画像として捉える、赤外線ビデオカメラを使用した、赤外線画像式ホーミング(≒自動追尾) 方式。

これはフレアなど航空機の形状をしていない赤外線源の妨害の影響を少なくすることができる。

電子技術の向上に伴って、検知距離は初期の2倍になり、欺瞞(フレア等)への耐性が高まり、かつ常温作動可能になって冷却不要となった。

最新型のオフボアサイト赤外線画像ミサイルR73 ARCHERなどは、

赤外線捜査追跡システム  (Infra-red search and track system, IRST system。 「赤外線照準追尾システム」とも訳される ) 

を使った中間指令誘導を介在させることによって発射後ロック (LOAL) を可能にし、ミサイルシーカーの視野外(オフボアサイト)の目標、

つまり、 「前方から最大60度離れた『横に居る目標』も撃てる」 新世代の赤外線ミサイルである。

1985年にR73 ARCHERが出現し、ソ連崩壊後に旧東側諸国製ミサイルから入手した現物をテストした旧西側諸国関係者に衝撃を与えたと言う。

現在ではアメリカのAIM-9Xをはじめとする同種のミサイルが開発されて珍しいものではなくなり、徐々に普及してきている。


VI. Sensory Systems: (All models)
Radar tracking:
VFAS1-SS (*) phased array radar with spherical coverage, for various scan/track, targeting, mapping, reconnaissance and navigation functions.
Optical tracking:
VFAS1-SS Multi-band digital camera system, for medium range all attitude infra-red imaging, optical and ultra-violet band detection and tracking.
VFAS1-SS Multi-frequency laser ranger and designator.
VFAS1-SS high resolution long range optical/IIR cluster in the nose, on top of the gun armament.

戦術的電子戦システム(テウス)

戦術電子戦システム【TEWS】

・VFAS1-SS レーダー警告レシーバー(RWR)
・VFAS1-SS 赤外線警告レシーバー(IRWR)
・VFAS1-SS アクティブ/パッシブ・センサージャマー
・VFAS1-SS チャフ・ディスペンサー(散布器)
・VFAS1-SS フレア放出器
(*)Terran指定。ティロルの設計者はセンサーを機体設計の一部と考えて、別々の呼称をこれらのシステムに指定しませんでした。

VFAS1-SS Radar Warning Receiver (RWR)
VFAS1-SS Infra-red Warning Receiver (IRWR)
VFAS1-SS Active sensor jammer system
VFAS1-SS Chaff and flare dispenser
(*) Terran designation. The Tirolian designers considered the sensors part of the design and did not assign separate designations for these systems.

軍備:

火砲

1型
3 x Makral Martszur-3(また、PB-8のTerran指定中で知られる)は、飛行機の最大の先端で取り付けられる3砲身・回転粒子線大砲を装備しました。下位砲身々は毎秒2.5MJの粒子線を発射することができます、最大の限局性損傷のために、または、打撃機会の増大の為のの高まった可能性のために連続して【in series 】、全砲身を同時平行に発火することが可能。

一般的に、ジナールのパイロットは、連続モードで発砲しました。
2型と3型:
2 x Makral Martszur-4(また、PB-8のTerran指定中で知られる)は、飛行機の最大の先端で取り付けられる3砲身・回転粒子線大砲を装備しました。下位砲身々は毎秒2.5MJの粒子線を発射することができます、最大の限局性損傷のために、または、打撃機会の増大の為のの高まった可能性のために連続して【in series 】、全砲身を同時平行に発火することが可能。
1 つのx Makral Rianulran-23(また、AD-1のTerran指定中で知られる)小片パルス砲は、Makral Martszur-4砲で、機首の最外端で追加されました。これは、期間の最高1秒の爆発で、3,500m/sで粒子エネルギー(『絶滅ディスク』)の火炎の異なった1包(パッケージ)を砲撃します。
最大の期間爆発は25MJの粒子エネルギーを含んで、通常集中した地域で衝撃を与えます。Rianulran 23が砲撃するMakralには8秒の再充電サイクルがあります。そして、7.5rpmの最大発火率を与えます。

VII. Armament:
Cannons:
Model 1:
3 x Makral Martszur-3 (also known under the Terran designation of PB-8) triple-barreled rotary particle beam cannons mounted in the extreme nose of the plane. The sub-barrels can each fire a particle beam of 2.5 MJ every second, all can be fired in parallel, for maximum localized damage, or in series for increased chances of a hit. Typically, Gnerl pilots fired in serial mode.

Models 2 and 3:
2 x Makral Martszur-4 (also known under the Terran designation of PB-8) triple-barreled rotary particle beam cannons mounted in the extreme nose of the plane. The sub-barrels can each fire a particle beam of 2.5 MJ every second, all can be fired in parallel, for maximum localized damage, or in series for increased chances of a hit. Typically, Gnerl pilots fired in serial mode.
1 x Makral Rianulran-23 (also known under the Terran designation of AD-1) particle pulse cannon mounted in the extreme nose with the Makral Martszur-4 cannons. This cannons fires distinct packages of particle energy ('annihilation discs') at 3500 m/s in bursts of up to 1 second in duration. A maximum duration burst contains 25 MJ of particle energy, and will usually impact in a concentrated area. The Makral Rianulran 23 cannon has a recharge cycle of 8 seconds, yielding a rate of fire of 7.5 rpm.

ミサイル:

全型共通
3つのx Touwhaug Gativar-9ミサイル・ラウンチャー(エンジンの間で外皮と同一平面上のままの)。
ラウンチャーが発射位置のための構えの姿勢の2つのWhernid Awhaug(RDFによってMittenというコードネームの)ミサイルともう4つのWhernid Awhaugミサイルを運ぶ各々のミサイルは、再ロードします。
ジナールの為の総搭載量は、18本のミサイルです。
3型のみ
Touwhaug Rasilszt-13ミサイル・ラウンチャーのための上の翼の上の1つのx hardpoint。ミサイル・ラウンチャーは、5つのGerluj Touwhaug、Gluuk AwhaugまたはVlwheralt Awhaug(RDFによってMiff、MegrimまたはMorgothというコードネームの)ミサイルまたはこれらの組合せをもたらします。過度の空気抵抗と限られた有用性のために、この選択武装は、めったに使われませんでした。

Missiles:
All Models
3 x Touwhaug Gativar-9 missile launchers, lying flush with the skin between the engines. Each missile launcher carries 2 Whernid Awhaug (codenamed Mitten by the RDF) missiles in a ready for launch position, and four more Whernid Awhaug missiles as reloads. The total load-out for the Gnerl mecha is 18 missiles.
Model 3 only:
1 x hardpoint on the upper wings for a Touwhaug Rasilszt-13 missile launcher. The missile launcher carries 5 Gerluj Touwhaug, Gluuk Awhaug or Vlwheralt Awhaug (codenamed Miff, Megrim or Morgoth by the RDF) missiles, or a combination of these. Due to excessive drag and limited utility this option was rarely used.

装甲


Gnerlの機甲部隊は、先進のチタン鋼合金から成ります。機甲部隊はすべての小銃と重い歩兵連隊武器砲火を止め、軽機動兵器に装備されたゼントラーディの自動砲の榴弾【High Explosive / HE】や中機動兵器のバルキリー(VF-1 シリーズ)のヒューズ・GU-11 55mm三連ロータリー滑腔砲身【smooth-bore】ガンポッド 装弾筒付翼安定徹甲弾/翼安定式装弾【APFSDS/APDS-FS:Armor Piercing Fin Stabilized Discarding Sabot】などに対しては、不十分(或いは貧弱な)な抵抗力を示す。

敵対的環境防護能力

左より、核兵器・生物兵器・化学兵器(毒)の標識

ジナールは、完全に密閉されたコックピット環境を使用して、核で、生物学的で、化学危険から、完全な保護を提供します。
内部の消耗品供給は呼気を最大4日に提供することができます。
パイロットは十分な食物と水容器にその期間のために物を詰めることができますが、コックピットはこれにより幾分束縛されます。

VIII. Armor:
All models:
The armor of the Gnerl is composed of an advanced titanium-steel alloy. The armor stops all small arms and heavy infantry weapons fire, provides reasonable resistance to light mecha-mounted weaponry, such as the Zentraedi 22.3mm HE autocannon round, and poor resistance to medium mecha-mounted weaponry, such as the Valkyrie's 55mm APFSDS round.
The Gnerl provides full protection from nuclear, biological, and chemical hazards, using an fully enclosed cockpit environment. The internal consumables supplies can provide atmosphere for four days maximum, and the pilot can pack sufficient food and water containers for that period, although the cockpit will be somewhat cramped.

IX.発展:

AZ.1891年に作戦上最初に展開されて、ジナールはゼントラーディ人により用いられる最後の宇宙から大気圏を転換活動可能な戦闘機でした。21世紀の最初の10代の前半に最後のジナールが生み出されたとき、後継者設計は最も初期の計画段階だけにありました。

IX. Development:
First deployed operationally in 1891, the Gnerl was the last trans-atmospheric fighter used by the Zentraedi. In the early teens of the 21st century, when the last Gnerl were produced, a successor design was only in the earliest planning stages.

The Gnerl were fast trans-atmospheric fighters with an egg-shaped nose housing a powerful cannon installation and three thrusters at the back. The hull also accommodated three double dual-purpose missile launchers nested between the engines. The shipborne fighters had landing skids and small VTOL thrusters, enough to let the mecha land on a planet if required. However the margin for error was small during these operations. The planetary model had a more extensive VTOL setup, enough to let the fighter make a safe landing even if two of the thrusters were not operational. The redundancy was necessary because they relied on body lift and thus had no wings as such, which made for high stalling velocities and extensive use of the VTOL thrusters.
Gnerl は、卵形の鼻が背中で強力な大砲インストールと3つのスラスターに住処を供給している高速大気圏内外両用戦闘機でした。外皮も、エンジンの間で入れ子になった3つの二重の二重目的のミサイル・ラウンチャーを収容しました。艦上戦闘機は着陸横すべりと小型VTOL反動推進エンジンを備えていました。そして、必要であるならば、メカを惑星に着陸させるのに十分でした。
しかし、エラーの余地は、これらの活動の間、小さかったです。惑星モデルはより広範囲なVTOLセットアップをしました。そして、たとえ反動推進エンジンのうちの2台が使用可能でなかったとしても、ファイターに安全な着陸をさせるのに十分でした。彼らがリフティング・ボディに頼って、このようにそのように翼がなかったので、冗長性は必要でした。そして、それは高失速速度の補完の為のVTOL反動推進スラスターの広範囲な使用に役立ちました。

Three models of the Gnerl were built, of which the first two were identical in all but the cannon armament. The first model carried three identical particle beam cannons, the second model carried two of these cannons plus a burst-fire pulsed particle cannon. The latter version was intended as a ship/ground attack variant, and therefore carried a weapon (the pulsed particle beam) that could hand out larger amounts of damage in a small area in a shorter time than the other model could. This came at the price of a somewhat less effective air-to-air cannon armament.
Gnerl の3つのモデルは造られました。それについて、最初の2つは大砲軍備以外はで同一でした。最初のモデルは3つの同一の粒子線大砲を運びました、第2のモデルはこれらの大砲のうちの2つを運びましたプラス、破れた火は小片大砲を律動的に送りました。後のバージョンは対艦船/対地攻撃派生型を意図して、したがって、より短い時代に小さな地域で他のモデルがそうすることができたより大きな損害の量を渡すことができた武器(パルス粒子線)を運びました。これは、いくぶんより効果的でない空撮の大砲軍備の犠牲を引き換えにしました。

These two models were carried on board Zentraedi warships and as such had simple landing skids and a limited VTOL installation, relying instead on equipment in the ships themselves to position themselves for launch. The third model had wheels rather than skids and a more robust VTOL system, and was intended to operate from groundside airfields. It had the cannon armament of the attack model, and two (seldom used) hardpoints for ten more medium missiles.
これらの2つのモデルはZentraedi軍艦に乗って運ばれて、そのように単純な着陸スキッドと限られたVTOLインストールをしました。そして、発射のために彼ら自身を置くために彼ら自身船でその代わりに器材に頼りました。
3型は「スキッド」とより強力なVTOLシステムよりもむしろ車輪を備えていて、前線飛行場から動くことを目的としました。
それは、攻撃モデルの火砲ともう10本の中距離ミサイルのための2箇所の(あまり使われない) ハードポイントを持ちました。

Compared to contemporary 2010 Terran designs (mainly the VF-1 Valkyrie) the Gnerl were faster, had a better thrust/weight ratio, and carried a far more lethal cannon armament (especially in space). The maneuverability in an atmosphere was acceptable, and was considered satisfactory in space. The missile armament was larger in numbers than that of the standard Valkyrie, but even though several Whernid Awhaug missile variants existed, not nearly as varied and capable as the external loads that could be carried by the Terran mecha. Hence, the shipborne Gnerl is perhaps best characterized as an interceptor with secondary attack capabilities, and the third model as a mediocre attack fighter, while the Terran mecha were more true swing-role designs.

2010現在の地球設計の汎用戦闘機の設計図(主にVF-1)と比較して、ジナールはより速くて、より良い推力重量比を持って、はるかにより致死火砲軍備(特に宇宙空間で)を装備しました。大気圏内の操作性は許容できて、宇宙空間で満足であると思われました。
ミサイル軍備は数で標準的なバルキリーのそれより大きかったです、しかし、幾つかの【Whernid Awhaug】ミサイ派生型が存在しました。そして、地球の戦闘機で輸送可能な外部搭載量ほどは殆ど変化に富まないで、その搭載能力もありませんでした。

それゆえに、艦上機型のジナールは、おそらく、二次的に攻撃能力をもつ迎撃機と地球人の機体が真の多目的設計を持つのに対して、
平凡な攻撃戦闘機としての第3型として最も描写されます。


Last Updated: 11/14/2010 22:50:43

関連記事

  • キルトラ・レウェース【Quiltra leves】(軽輸送艇)
  • [[ゼントコム−イン【ZentCom-1 Gunboat/_Heavy Attacker】(砲艇/重攻撃機)
  • ジナール(航空宇宙戦闘機/攻撃機)【Gnerl (Model 1, Model 2, Model 3) Aerospace Fighter/Attack Plane 】
  • ケル・カリア 戦域司令部偵察艇(ゼントラーディ用語では戦域司令部偵察ポッド)
【Boquomouxy design bureau "Quel-Quallie " Electronic warfare / long range recon Command Reconnaissance /Theatre Scout Pod】
【Terran codename: Cyclops/ Bug EYE】

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます