" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

設定図面

出典源

カラー図面

  • Please Double-click, so you'll peruse orijinal size 934 pixel x 1,189 pixel

シャドウ・クロニクル本編より

名称

VR-057(S) スーパーサイクロン


概要

セイバー【VR-041H】(ブロウスペリアをベースに、シャドウ・システムを組み込んで改設計した車体。他の「バットラー(車体名称)」【VR-052F/T】(俗称「モスピーダ」)や「バートレイ(車体名称)」【VR-038L】らが比較的開発年度が遅かった為に、シャドウ・システムを組み込むことを将来的に予定して設計されていた為に、単に同システムを組み込むだけで済んだ(記号末尾にSを付して区別)のに対して、セイバー系は旧型の為、本システムを組み込む為に本格的な改設計が必要となった。

そのため、次期サイクロン(一般名称)システムの構築を兼ねて、同システムのプラットフォームであるCVR-3M(男性用)、【CVR-3F】(女性用)の可動柔軟性の欠点を改良した、次世代プロテクトスーツであるCVR-4M/Fの開発に併せて事実上の新設計をされた。

偵察型


なお、偵察型はシャドウ・システムの特性上、事実上の別設計となった為、VR-101Pと呼称される。

本編ではヴィンス・グラントスコット・バーナードバットラー(車体名称)【VR-052F】(俗称「モスピーダ」)と共に艦内の深宇宙ステーション「リバティ」の謎の侵入者を撃退する為にCVR-4M着用&VR-057(S)乗用で挑んだ。

スー・グラハム【Sue Graham】車体について

なお、レフレックス・ポイント直前において報道班長「スー・グラハム」(日本版の「シノブ・竹内」、最確率度の高い漢字はおそらく「忍」、また姓に「武内」の漢字を充てている資料もある。)が着用していたのはCVR-4F【 "F"はFemale の意味】& VR-038LS(P)*1 バートレイの組合わせユニットであって、上記車体では無いので注意が必要である。

GR-106とGR-109

GR-103の成功が、より古いVR-041 セーバー【Sabre】 サイクロン(一般名称) に装備されている、著名な発射装置のポップアップ方式版で、より新しいVR-052 F/T バットラー【車体名称】(モスピーダ)と VR-057 スーパー・サイクロンにおける使用のために設計されました。

With the success of the GR-103 mounted on the older VR-041 Sabre Cyclones, alternate versions of the pop launcher was designed for use in the newer VR-052 Battler and VR-057 Super


関連項目

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます