" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

SC-27 スターグース級・装甲軽輸送往還機(シャトル)

装甲とあるが、正確に書くならば、被弾後には大気圏突入能力は保証されない。

寸法

全長24.8 m
翼長25.3 me
全高さ13.5 m
A 型自重45.3 t
B 型自重48.6 t
ブースター長80.2 m
ブースター直径26.8 m


2名のパイロット、18名又は14名の旅客を輸送可能な宇宙往還機(スペースシャトル)。

推進力。

A 型:
各々137kNの推力を提供している尾の両側に4バンクある8基のGE FF8-20J2融合タービン。2箇所の吸入口が、この型の胴体上にあります。
8 GE FF8-20J2 fusion turbines located in banks of four on either side of the tail providing 137 kN of thrust each. There are two intakes on this model above the fuselage.

B 型:各々119kNの推力を提供している機尾の両側に5の銀行にある10台の中島/P&W/ロールス・ロイス plcFF-2001D融合タービン。3箇所の吸入口がこの型の胴体上にあります。
企業名略語凡例
G EGE・アビエーション 【GE-Aviation】
中島中島航空宇宙発動機製造株式会社
P&Wプラット・アンド・ホイットニー【Pratt & Whitney】

10 Nakajima/P&W/Rolls-Royce FF-2001D fusion turbines located in banks of five on either side of the tail providing 119 kN of thrust each. There are three intakes on this model above the fuselage.

5基の中島 NBS-1 高推力姿勢制御用補助・副尺(バーニア)は、各々100kNの推力をVTOLのために提供することができ、2基は両側面に、(2基×2箇所=4基)そして尾部付近に位置する1基。

5 Nakajima NBS-1 high-thrust vernier thrusters mounted on the bottom for VTOL capable of providing 100 kN of thrust each; 2 on each side and 1 located near the tail.
All models:
全型共通:機動用に宇宙航空機の周りに設置される多様な機動スラスター
Miscellaneous thrusters located around the spacecraft for manuevering.

40 MVA (メガ・ボルトアンペア:Mega Volt Ampere)の皮相電力を発生可能なティロリアン製の発電機。

Tirolian generator capable of providing 40 MVA of power.

Booster required for orbital insertion.
ブースターは、衛星軌道への投入の為に要求された。 その巨体と強度設計上の余裕の無い設計もあって、基本的に回収を前提としない使い捨てである。

IV.性能


A型
最大発電機持久力 :12年
最大Range(宇宙空間) :4.5kpsのデルタ-v制限。
最大Range(ブースター加速):13.5kpsのデルタ-v制限。



IV. Performance:
A Model
Maximum generator endurance : 12 years
Maximum Range (space) : Delta-v limit of 4.5 kps.
Maximum Range (boosted) : Delta-v limit of 13.5 kps.
B Model
Bモデル
VTOL Capability
VTOL能力
Maximum generator endurance : 12 years
最大の発電機持久力 :12年
Maximum Range (space) : Delta-v limit of 4.1 kps.
最大のRange(スペース) :4.1kpsのデルタ-v制限。
Maximum Range (boosted) : Delta-v limit of 13.1 kps.
最大のRange(押し上げられる):13.1kpsのデルタ-v制限。
V. Sensory Systems:
V. 感覚のシステム:
Radar System:
レーダー・システム:
Hughes AWG-20 X-band pulse-Doppler radar, providing long-range detection and tracking of targets at all altitudes.
ヒューズAWG-20 X帯脈-ドップラー・レーダー(すべての高度で目標の長期の探知と追跡を提供する)。
Optical tracking:
光学追跡:
Thomson DOS-2000 multi-band digital camera system, for medium range traversable UV, infra-red imaging and optical band detection and tracking;
トムソン CSFDOS-2000マルチバンド・デジタル・カメラ・システム(中間の範囲traversableなUV(赤外線のイメージングと光学バンド発見と追跡)のための);
Tactical Electronic Warfare System (TEWS):
戦術的な電子戦システム(テウス):
Elettronica Radar Warning Receiver (RWR)
レシーバー(RWR)に警告しているElettronicaレーダー
OlDelft Infra-red Warning Receiver (IRWR)
OlDelftインフラ赤警告レシーバー(IRWR)
Westinghouse ALQ-200(V) active radar jammer
ウエスティングハウスALQ-200(V)能動態レーダー・ジャマー
Chaff dispenser
もみ殻ディスペンサー
Flares
照明弾
Active missile jammers
アクティブ・ミサイル・ジャマー
Multiple HF, VHF and UHF antennas.
複数のHF、VHFとUHFアンテナ。
VI. Armament:
VI.軍備:
None.
何もない。
VII. Armor:
VII. 機甲部隊:
Full nuclear and chemical protection, immunity from hand fired solids and energy beams, shrapnel and other fragments. Limited protection from heavier weaponry, adequate up to 20mm autocannon shells or equivalent. Additional thermal shielding provided for repetitious re-entry maneuvers.
完全な核で化学保護、手燃焼固体とエネルギー・ビームの免疫質、破片と他の断片。より大型兵器、十分な最高20mmの自動大砲シェルまたは等価物からの限られた保護。くどい再入に対して用意されている更なる熱の遮蔽は、操作します。

VIII. Development:
VIII. 発展:
The Star Goose was designed to provide a means to transport personnel and supplies from Earth up to spacecraft in orbit and back again. The passenger seats provide an individualized armor sheath/emergency life pod capable of sustaining life for up to 12 hours.
Star Gooseは、軌道上で地球から宇宙船まで人員と必需品を輸送して、再び後退する手段を提供するように設計されていました。助手席は、最高12時間生命を支えることができる個別装甲殻/非常事用生命ポッドを提供します。

Few A models survived the Zentraedi Holocaust, mostly being stationed aboard the SDF-1. The RDF still needed space shuttles to ferry troops up to the remaining Zentraedi fleet. Due to the limited production capabilities of the RDF until the procurement of the Factory Satellite, it was decided that a new model would be created that maximized sharing of components with other higher production units, especially the Valkyrie. The shuttle used the smaller the Valkyrie thrusters, but added a center thruster to each bank. The B model also has a third intake on top of the shuttle to support the VTOL thrusters.
ほとんどAモデルはZentraedi大虐殺を生き残りませんでした。そして、大部分はSDF-1に配置されました。RDFは、残りのZentraedi艦隊まで軍隊を輸送するために、まだスペースシャトルを必要としました。限られた生産Factory Satelliteの入手までのRDF能力のために、新型が他のより高い生産装置(特にバルキューレ)で構成要素の分担してとても最大にされてつくられると決められました。シャトルは、より小さなものを使いました中心の反動推進エンジンを各々の銀行に加えなかったバルキューレ反動推進エンジン。Bモデルも、VTOL反動推進エンジンを支持するために、シャトルの上で第3代採用者を持ちます。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます