" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

もしかして? スパルタス と勘違い?

  1. VHT-2 スパルタス 【VHT-2 -A1 / -A2】開放戦闘室・可変戦闘偵察車輌&高射自走砲
  2. VHT-2 スパルタス(資料画像)
  3. スパルタス (CG画像)
  4. VHT-2-A3 ホプライト 【VHT-2-A3】密閉【Virtual Reality/VR(仮想現実投影)】戦闘室・ 可変戦闘偵察車輌&速射自走砲

お知らせ

この記事は 「スパルタン」MBR-07 Mk.1 及び Mk.2(正確にはいずれもローマ数字「I」/「II」。)の記事が巨大になり過ぎた為の分割子記事です。本体車輌解説は、親記事 MBR-07 Mk.I / MK.II「スパルタン」をお読みください。

This article is amount of crack branch article because the article on MBR-07 Mk.1 and Mk.2 "Spartan" (Roman numeral "I"/"II" accurately both) became huge too much. The main body vehicle explanation is parents article MBR-07 Mk.1 and Mk.2 "Spartan".

【 Caution ! 】/ 掲示注意

The device in the article to " The construction or idea under production " I dares not to be upload " in consideration of the hardship of the example production of their, " model refine producer ".
Please buy the corresponding magazine " Model-Graphix December A.D.2010 " , " Hobby-Japan January A.D.2011 " !

立体製作者の作例製作の苦労と、製作途中の記事や工作上の工夫に関する二次著作権を考慮し、「製作途上の工作記事写真」は、敢えて掲示しません。 該当する雑誌をお買い求めください。

TRPG・ゲーム用のミニチュア

  • ROBOTECH RPG tactics Dertroid "Spartan". クリックにて原寸 1,530 pixel X 768 pixel に復帰します。

『 MBR - 04 系列 』&バトロイドとの比較 

  • 左より右へ【The right to left】
  1. 狭義のバトロイド(可変戦闘機の人型形態)【VF-1S】
  2. MBR-04-Mk.IV (4) トマホーク
  3. ADR-04-Mk.X (10) ディフェンダー


手は文化(デ・カルチャ)の第一歩!

類人猿スパルタン【ゴリラ並に不器用】

デストロイド系で唯一(MBR-08 系 マサムネは厳密には重バトロイド)CH2 typeD 格闘用クローハンドを備えている。

手と手指を備えているとはいえ、所詮クロー・ハンド【Claw-Hand】であり、鈍感な最低限のセンサーしか持たず、指も太い為、銃の引き金を引いたり、柔らかい物体(人間など生き物)を潰さずに掴んだり、複雑な工具を「指先で」使用するバトロイド程の器用さ、柔軟性はないが、棍棒を握ったり、固い物体を掴むこと程度は可能。
*1



内部記事【インビッド】より抜粋

指と『対置可能な親指』
親指とそれ以外の指 が手のひらをはさんでほぼ反対側につく手指の配置形式。

物を掴むのに適した形をしていることで、始めて『道具』を使うことが可能となる。知的生物とそれ以下の生物の知能を区分する比較対象の1つ。

英語圏では、親指【Thumb】とそれ以外の指【finger】は明確に区別される

1.Thumb
2.Index finger, (med./lat.:digitus secundus manus) also called 'pointer finger', or 'forefinger'
3.Middle finger, (digitus médius and more commonly digitus tertius) often the longest
4.Ring finger, (digitus annuláris) also known as fourth finger
5.Little finger, (digitus mínimus mánus) also known as 'pinky'

参考資料(ウィキペデイア日本語版より)

現世(完新世)の動物では、特に哺乳類において生態に応じた形状の特化が確認できる。

樹上生活を送る動物の多くは手に鉤爪(かぎづめ)を持ち、これを樹木に引っ掛けて移動するが、霊長目は木や物をしっかりと掴むことのできる構造の手(拇指と他の指との対向性)を進化させ、鉤爪の代わりに、指の末端を補強する役割を持つ扁爪(ひらづめ)を発達させた。

霊長類の始原的動物が 『鉤爪を捨てて木の枝を握ったこと』 は、後世の子孫の一つであるヒトにとってはその誕生の第一条件と言ってよい。

立体三面図(注:原型立体は前世紀【西暦1982年初頭】の技術水準)

Hobby-Japan January A.D.2011 (The orjin model is A.D.1982 moldig level !)

Model-Graphix Decmber A.D.2011 Left-oblique View

MK.1 (正確にはローマ数字 「I 」)

立体資料無し

MK.2 (正確にはローマ数字 「II 」)

注意:書店での流通が終了(ブックオフ等の古書店など二次流通に販売が移行)した時点での掲示であり、出版社の売上げを妨害する意図はありません。また【今世紀の技術水準での製品が存在しない】為、「株式会社やまと」、「株式会社ウェーブ」、「トイナミ」【Toynami.Inc.】の製品開発や今後の流通を阻害する意図はなく、逆に製品開発が為されましたなら、消費者の購買意欲に寄与する意図の支援記事であることをお断りしておきます。

「MK.II」最大の特徴。簡素化したカメラ&センサー

  • MBR-07 distinguish points! Mk-II more simple TV-camera and IIR sensor systems



  • 後期にはかなり信頼性や冗長度も改善されたものの、格闘を旨とする荒っぽい運用の為、殴り合いをする度にカメラ部や赤外線画像【II R】センサーの故障が頻発して「盲目」になり、有視界の行動を強いられる例が後を絶たなかった。
  • この為、Mk.2からは、メインカメラや各種センサーを簡易化する代わり、耐久性を強化し、主力戦車の「のぞき窓」や「ペリスコープ」に相当する視認窓も用意されている。
  • MK.1のコンセプトが間違っていた訳ではなく、バトロイドであろうが、他のデストロイドであろうが、このような格闘をすれば、カメラアイやセンサーが故障するのは必定(ひつじょう)で、運用目的に合わせて実用本位に振り、カメラ系簡素化の空間を生かし火砲火力(ミサイルはMK.1の当時に既に装備済)を「アストラ系列ガン・クラスター」搭載で強化したのがMK.2であるといえるでしょう。

The Club for Destroids or Battroid from Hobby-Japan Jan. 2011JAN

Model-Graphix December A.D.2010

今を逃して何時作る時間があるの?

【Is there time that you misses now and build-up it at what time?】






前面全体図【Front All-View】

Hobby-Japan January A.D.2011

アストラ「TZ−4」火器集合体【Astra TZ-4 Gun-Cluster】

Lockheed ATM-01 Rapier III (日本版では「ボフォース」【Bofors】社製造の設定)



  • 詳細は、親記事「スパルタン」『◆【スパルタン:プロフィール】』の項目を参照ください

前面全体図

背面


腰部&大腿部との両接続部【Waist and Leg Joints Details】



ラジエター【The Right back-Radiaters】

右大腿部・右足部/外側側面詳細【Right Reg and Foot Front-Details】

右大腿部側面詳細【Right Leg Details】

左足・左踵部/背面詳細(原型比較付)【Left Foot and Toe Both-Back Details】

左足、及び爪先/足/踵・外側側面詳細【Left Foot and Toe Outer-line Details】

足底滑り止め/足・内側側面詳細
【The Left Foot-Shoe for Non-slip and Inner-Side Details】

警棒【The Grab】


クリーン状態【The Clean】

全「噴進弾」&「火砲集合体」兵装扉 展開状態【All Weapon Bays Doors Open !】

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます