" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

ライバル機

ミコヤン&スホーイ YVM-29 bis ラースタチュカ・ビス 【Ласточка до】/『飛燕改』/【YVM-29 "BLUE MAX"】





目次 【Index】

  • 敵機役 スホーイ Su-47 ビェールクト【Су-47 Беркут】(スー・ソーラク・スィェーミ・ビェールクト)
  • 慕情
  • 花一輪 と トラ猫 【Petite fleur et Oncille de La chatte】
  • 相棒は「ロイ・フォッカー』(リサ・ハイエス視点)
  • ブリーフィング(初代のスカル飛行小隊)【Skull Squadron】
  • 編隊飛行
  • 想い出は必ずしも美しみ(『慈しみ』:いつくしみの当て字)とは限らず
  • 記憶の底の在りし日の姿・・・
  • VF-X-1-2 試作第2号機 「バルキリー」初の3形態可変戦闘機との関係
  • 「 II 」が付かない理由
  • 計器盤(正面のみ、一部)
  • カラー縮小【650ピクセル】内部構造図【Cut-Away】
  • 要目
  • 寸法
    •  
  • FASTパック互換性
  • 兵装システム
  • ハード・ポイント
  • 開発背景と試験運用部隊
  • 第二章(グラマン選出)
  • 第三章(処女飛行と事故)
  • 第四章(新しいパートナー と 新形態 ガウォーク )
  • 第五章(時代の潮流と終焉)
  • 関連記事(直系)
  • 関連記事 (傍系)
  • ファンアート (独自設定で細い「腕」がある)

    敵機役 スホーイ Su-47 ビェールクト【Су-47 Беркут】(スー・ソーラク・スィェーミ・ビェールクト)
    • 日本語変換表記:第四七式格闘戦闘機「犬鷲」(いぬわし)

    慕情

     

    花一輪 と トラ猫 【Petite fleur et Oncille de La chatte】





    ブリーフィング(初代のスカル飛行小隊)【Skull Squadron】

    編隊飛行

    3番機拡大

    編隊を正面から

    想い出は必ずしも美しみ(『慈しみ』:いつくしみの当て字)とは限らず

    西暦2012年8月27日(月曜日)午前6時ころ(開館時間前)
    地域名地域時間・年月日(曜日)日の出南中日没日の出角度日没角度
    アンカレッジ
    (アメリカ・アラスカ)
    西暦2012年8月27日(月曜)5:4113: 1:1720:2067.7度-68.2度

    苦味があるからこそ・・・


    残った人々は故人を覚えていようとする。





    記憶の底の在りし日の姿・・・

    VF-X-1-2 試作第2号機 「バルキリー」初の3形態可変戦闘機との関係

    1. 『魔の二号機』と呼ばれた化石燃料に替わる新エネルギー体系エンジン・テストとガウォークまでの可変適合試験用途の試作機。
    2. テスト・パイロットは「アナスタシア・フォッケ」(女性



    VF-X 1 の「中島航空発動機製造株式会社(当時)/プラット・アンド・ホイットニー【Pratt & Whitney P&W】 / ロールス・ロイス plcFF-2001プロトカルチャー (資源)核融合・反射炉」(推力:11,500kg×2)の開発は難航していました。

    この為、マクドネル・ダグラス F-203「ドラゴン II」の暫定的後継機として開発された YVF-14 「タイガー・キャット」には、通常のジェット燃料の燃焼ガスを使用する「アルマン TF69-A-707B 推力偏向ターボファン機関 【Arumon TF69-A-707B Vectoring Turbofan】(1基当たり通常最大推力 17,327kg + 520g)」が搭載されました。

    なおMIL規格でのオーギュメンター推力は【38,200 ポンド/lbs】( 17,327.23 kg)です。


    「 II 」が付かない理由

    本機は通常の流れであれば本来、グラマン社の双発レシプロ・エンジン大型艦上戦闘機 F7F「タイガー・キャット」の二代目として「II」の名称が命名規則により付される筈だった。

    しかし、時既にプロトカルチャー (資源)核融合タービン・エンジンを使用した、バルキリー(VF-1 シリーズ)が完成間近であり、化石燃料型ターボファン・エンジン可変戦闘機に使う際の特に『航続時間』の短さ、更に強度的にも旧来のF-14 在来型戦闘機の設計や材料を利用した「その場しのぎ」の機体では、統合戦争はともかく、将来のゼントラーディ軍相手の作戦には相手にならないことから、本機の採用は見送られ、「Y」符号が外れることは無かった。*1

    この為、制式採用機種とならなかった為、「二代目襲名」も中止されたものである。





    計器盤(正面のみ、一部)

     

    カラー縮小【650ピクセル】内部構造図【Cut-Away】

     

    白黒PNG形式画像ファイル【1,580ピクセル×805ピクセル】

    サイズ大につき情報を削り保存、縮小画像・横「300ピクセル」をクリックで【1,580ピクセル×805ピクセル】に巨大化

    要目

    項目/形態戦闘機形態ガウォーク形態
    飛行速度最大水平海面速度:Mach 1.4
    最大水平速度(高度 10km): Mach 3.2
    最大水平速度(高度 30km以上):Mach 7
    最大水平速度:Mach 1.1
    (1,200 kmph)
    ※最良の効率発揮高度で
    失速速度182kph(VTOLの整流が利用可能な場合)
    航続距離2,000 km(増槽無し)
    初期上昇率毎分 25,000 m
    実用上昇限度30km(ズーム上昇
    最大推力アルマン TF69-A-707B
    推力偏向ターボファン

    機関は、MIL規格でのオーギュメンター推力

    【38,200 ポンド【lbs】( 17,327.23 kg)*2

    SPEEDS:
    FLYING, GERWALK/SOLDIER CONFIGURATION:
    Mach 1.1 (1200 kmph) maximum speed limit in an Earth-like atmosphere. Can also hover in place indefinitely.
    FLYING, FIGHTER CONFIGURATION:
    Max level speed at sea level : Mach 1.4
    Max level speed at 10km: Max level speed at 30+ km: Mach 7
    Stall speed : 182 kph (VTOL rectification possible)
    Range: 2000 km
    Initial climb rate : over 25000m per minute
    Service ceiling : 30 km (unboosted).
    MAX ENGINE THRUST:
    Two Arumon TF69-A-707B Vectoring Turbofans: each engine is rated at 38,200 lbs of thrust each with augmentors

    寸法

    項目ファイターガウォーク
    全高4.90m6.93m
    翼幅19.5m(最大値)
    全長20.6m、アンテナ除く
    空虚重量13,000 kg
    構造強度P.S.40に等価

    手荷物パイロット座席の後方に個人所有物の為の小荷物室。

    • STATISTICAL DATA:
    HEIGHT: 6.93m in gerwalk configuration.
    4.90m in fighter configuration.
    WIDTH: 19.5m with wings outswept
    LENGTH: 20.6m
    WEIGHT: 13000 kg empty.
    PHYSICAL STRENGTH:Equal to a P.S. of 40
    CARGO: Small compartment behind pilot's seat for personal belongings.

    FASTパック互換性
    • 無し(COMPATIBLE FAST PACKS: None)

    兵装システム

    火器

    40MM M99-A1 対戦車砲 x 1門1門の40mm砲が胴体中心線下に設置される。
    毎分300発の発射速度を持ち、200発の弾丸給弾&格納能力を機内搭載量として持つ。
    主目的攻撃
    二次目的対機動兵器
    有効射程装弾筒付翼安定徹甲弾【APFSDS/Armor Piercing Fin Stabilized Discarding Sabot】使用にて 1,200m、または全ての他の弾種類の場合の3,937フィート(1,000m)。
    与損害判定装弾筒付翼安定徹甲弾【APFSDS/Armor Piercing Fin Stabilized Discarding Sabot】2d6 ショート・バースト、4d6 ミディアム・バースト、1d4*10フルバースト。
    徹甲榴弾【HEAP/High Exprosive Armour Piercing】 3d6 ショート・バースト、 6d6 ミディアム・バースト 2d4*10 フルバースト。

    曳光弾は、25%損害を減らす。
    標準与損害率 3d6 ショート・バースト、5d6 ミディアム・バースト、又は 1d6*10 フル・バースト。
    発火率1回の射撃または爆発は、パイロットの合同の攻撃と等しい。
    搭載量内部弾薬200発、または20回のショート・バースト、10回のミディアム・バーストまたは5回のフル・バースト相当量。
    20MM M61-A1 砲x1門1門の20mm砲は胴体の左側下部に取り付けられる。
    発射率は毎分600発、400発の弾丸給弾&格納能力を機体内部に持つ。
    主目的攻撃
    二次目的対機動兵器
    有効射程1,000m
    発火率1回の射撃または爆発は、パイロットの合同の攻撃と等しい。
    搭載量内部弾薬600発、または60回のショート・バースト、30回のミディアム・バーストまたは15回のフル・バースト分に相当する搭載量。
    TRPGのデータの旨の注記
    『バースト』ってどうゆう意味なの?
    那智娘(用語集)より
    ・セミオート射撃:単発射撃の事。弾を無駄にせず、目標を良く狙って射撃できる反面制圧力に欠ける。
    一般に拳銃はこの射撃方法である。(トリガーを引くと1発発射)
    ・フルオート射撃:連発射撃の事。短時間に大量の弾丸を発射できるので威力、制圧力はセミオート射撃に勝るが、反動により命中率は低い。
    また一瞬で弾を使い切ってしまうためその効果が疑問視されている。(トリガー引きっぱなしで連射)
    ・バースト射撃:現在の自動小銃でフルオート射撃をすると一つのマガジンを2秒間程で撃ち尽くしてしまうため弾薬節約の為に考案された射撃方法。
    一回トリガーを引くと銃によって決められた2〜3発の弾丸を射撃する。
    これによりセミオートよりも多く、フルオートよりも控えめに弾を撃つ事ができるのである。

    なお、一回トリガーを引くと2発銃弾が発射されるものは2点バースト(射撃)、3発発射されるものは3点バースト(射撃)と呼ばれる。

    しかし、時としてフルオート射撃も必要なため、現在バースト射撃が可能な銃は、セミオート、フルオート、バーストの3種の射撃方法を兼ね備えている事が多い。

    フルオート射撃を完全に否定し、バースト射撃とセミオート射撃だけの英断を下した銃はアメリカの「M16A2」だけである。分点射撃とも呼ばれる。

    1. 1 x 40MM M99-A1 ANTI-TANK CANNON: A single 40mm cannon is mounted underneath the fuselage. The gun can fire 300 rounds per minute and has a 200 round capacity stored internally.
      PRIMARY PURPOSE: Assault
      SECONDARY PURPOSE: Anti-Mecha
      RANGE: Armor Piercing Spin Stablized Discarding Sabot (APSSDS) (1200 m), or 3937ft (1000m) for all others.
      DAMAGE: APSSDS 2d6 short burst, 4d6 medium burst, 1d4*10 full melee burst.
      HEAP 3d6 short burst, 6d6 medium burst, 2d4*10 full melee burst. Tracer rounds reduce damage by 25%. Standard 3d6 short burst, 5d6 medium burst, or 1d6*10 full melee burst
      RATE OF FIRE: Single shots or bursts equal to the combined attacks of the pilot.
      PAYLOAD: 200 rounds of internal ammunition or 20 short bursts, 10 medium, or 5 full melee.
    2. 1 x 20MM M61-A1 CANNON: A single 20mm cannon is mounted underneath the fuselage on the left side. The gun can fire 600 rounds per minute and has a 400 round capacity stored internally.
      PRIMARY PURPOSE: Assault
      SECONDARY PURPOSE: Anti-Mecha
      RANGE: 1000 m
      RATE OF FIRE: Bursts equal to the combined attacks of the pilot.
      PAYLOAD: 600 rounds of internal ammunition or 60 short bursts, 30 medium or 15 full melee bursts.

    ハード・ポイント

    1. 6箇所の胴体ハードポイント:この内、4箇所は2基のエンジン間に位置を占めて、残りの2箇所は各々の発動機架(エンジンマウント)の直下に位置を占める。
      各々のハードポイントは様々な種類の1本のミサイル、又は 500 kg までの爆弾を懸吊(けんちょう)可能。
      如何なる種類のミサイル或いは爆弾であっても、エンジン下の2箇所のハードポイントは、機体がガウォークへの可変を始める前に、発射又は投下により搭載物を切り離しておく必要がある。
    2. 4箇所の翼下のハードポイント: 2箇所のハードポイントが各々の翼下に設置されている。各々のハードポイントは 15本の短距離ミサイル、5本の中距離ミサイル、2本の長距離ミサイル、或いは最大値で 500 kg までの爆弾を懸吊可能。

    6 x BODY HARD POINTS: Four body hard points are mounted between the engines and two are mounted below each engine mount. Each hard point can carry 1 missile of any type or 500 kg of bombs. Any missiles mounted on the two hard points below the engines must be fired before the Tigercat can transform.

    4 x WING HARD POINTS: Two hard points are mounted on each wing. Each hard point can mount 15 short range, 5 medium, 2 long range missiles, or 500 kg of bombs.

    開発背景と試験運用部隊

    第一章(OTMの流入)

    YVF-14A『タイガーキャット』【Tiger Cat】は、既存の従来型航空機デザインにOTMによる新ロボット工学ROBOot TECHnoloy】を適用するところの最初の地球人設計の成功作であり、バルキリー(VF-1 シリーズ)可変戦闘機VERITECH(ベリテック)の前任者でした。

    およそ6年、エミール・ラング工学博士によって率いられた、地球統合政府の調査チームに関して、ラング工学博士は、墜落していたASS-1 異星人の宇宙船(後の SDF-1 マクロス)の技術の神秘を解くために解析と研究調査の為に働いていました。


    最終的に、異星人の宇宙船の墜落から殆ど7年の後に、ラング工学博士は、ASS-1 異星人の宇宙船(後のSDF-1 マクロス) に適用された技術への十分な情報の消化を達成したと感じました。

    ジェネラル・ダイナミクス 【General Dynamics Corporation/GD】ロッキード【Lockheed Corporation】)、ノースロップ【Northrop Corporation】、および他の幾つかの主要な航空機製造会社からの過酷な競争の後に、地球統合政府は統合戦争*3の前とその最中の何年間もグラマン【Grumman Aerospace Corporation】、アメリカ合衆国の海軍戦闘航空機の最大、かつ最も信頼を得た供給企業を開発設計契約に選びました。

    第二章(グラマン選出)


    できるだけ早く原型を生産するように圧力を掛けられたグラマン社の設計チームは、最初から新設計を築き上げることの代わりにそれらの古い F-14 トムキャットを改設計することを選択しました。

    彼らは、最初に地球統合政府の調査開発部の支部が過去数年間で思いついた最新の通信システムと探知機(センサー)システムでF-14D をアップグレードさせることによって、始めました。

    これらの改設計の全てで最も重要なのは、ラング工学博士と彼の映え抜き(エリート)調査チームが全く非公開とした、新型の動力源と中央戦闘コンピュータ・ユニット追加でした。

    第三章(処女飛行と事故)

    最初の原型機、単純に YF-X14と名づけられたそれは、西暦 2006年 5月 11日に処女飛行し、素晴らしい性能を示しました。

    残念ながら、4日後の追加(フォローアップ)試験試験飛行の間に、この航空機の発動機(エンジン)は低空に於けるタッチ・アンド・ゴー練習の間にエンジン・ストール、試作機の墜落破壊とテストパイロットの死亡事故を引き起こしました。

    第四章(新しいパートナー と 新形態 ガウォーク )

    ほんの2週間後に、エミール・ラング工学博士と彼のチームは、特に、彼らが作成した急進的なエンジン設計を構成する為に新興の高度技術企業、『アルモン』【Arumon】にアプローチしました。
    地球統合政府は、2つの民間企業間の連絡と調整役【liason】として機能し、かつ納期期限に間に合うことを確認する為に、昇進したばかりの女性士官(リサ・ハイエス少尉)を選任しました。

    2箇月と5万工数【人時 / Man hour】の後、2基のアルモン【Arumon】推力偏向・航空発動機(ターボファン・エンジン)が完成しました。
    調査チームは、次に、グラマンの技術者に航空発動機(エンジン)を提供して、F-14 D の機体骨格に、その航空発動機を搭載するるよう彼らに命令しました。

    2006年10月3日(火曜)までには、YVF-X14 と呼ばれる、2番目の原型機が製造ラインからロール・アウトしました。

    エミール・ラング工学博士の調査チームは、『』記号を手短に、戦闘機の新しい『可変技術』の特徴を理由として定義付けを説明しました。
    その試作2号機の処女飛行は、ロール・アウトから1週間の後の2006年10月10日(火曜)でした。

    試験飛行計画の為の最も新しいパイロット、ロイ・フォッカー 中尉(見習)【"Lieutenant junior grade"】は、見事に航空機を扱って、首尾よく航空機の優れた固有の【=ユニークな】特性を示しました。

    ここで主胴体から基部を基点に前方(進行方向)に向かって90度以上展張し、その『逆・多関節の脚部』【reverse articulated legs 】は、新しい方式によるVTOL能力を獲得しました。

    最初の可変工学技術機械、或いは ベリテック【VERITECH】機械 は莫大な成功をもたらしました。

    地球統合政府【United Earth Goverment / UEG】は、ガウォーク形態、或いはエミール・ラング博士によっって『ガーディアン形態』【“Guardian configuration”】と名付けられた、新しい形態を試験する為に、更なる増加試作幾の発注を指示しました。

    直ぐに機体を改修することによって、グラマン社は 2007年1月1日(月曜)に、製造ラインからロールアウトした、公式に YVF-14A『タイガー・キャット』と呼ばれる、増加試作機を完成させました。
    ロイ・フォッカー中尉(見習)【"Lieutenant junior grade" 】は1週間後にその増加試作機【YVF-14A】の最初の機体の処女飛行を操縦するテストパイロットに選ばれました。

    第五章(時代の潮流と終焉)

    グラマン社の技術者達が『タイガーキャット』をモノにする為に身を粉にして働いていた頃、エミール・ラング工学博士は既に秘密のうちに成功埋(せいこうり)に進行していたデストロイド開発計画であるプロジェクト・エクスキャリヴァー【"Project Excalibur"】の要素に基づく、真新しいダイナミックで革命的なプロジェクト・バルキリー【"Project Valkyrie"】の設計に仕上げの筆致を置いていました。

    YVF-14『タイガー・キャット』の成功埋(せいこうり)に終わった数回の飛行の直後、地球統合政府は、直ぐにエミール・ラング工学博士の新しい3時形態の可変設計の機体【VF-X1】の試作機開発の為にグラマン社と契約しました。

    人類初のプロトカルチャー (資源)核融合タービン機関駆動、かつバトロイド形態を有する完全な可変戦闘機 VF-1『バルキリー』原型試作機 YVF-X1 は、2007年3月27日(火曜)に初飛行しました。

    2008年5月11日(日曜)の『タイガーキャット』【Tigercat】の実質的な原型試作機である YF-X14 の初飛行の2年後、全ての現存する機体は地球統合政府の秘密の保管施設、或いは公開の航空博物館への最後の飛行を余儀なくされました。

    The YVF-14A ‘Tigercat’ was the first Terran success at applying Robot technoloy to existing conventional aircraft designs and was the predecessor of the VF-1A Valkyrie Veritech Fighter.

    For almost six years, the United Earth Government’s Research Team, headed by Dr. Emil Lang worked to unravel the mysteries of the technology of the crashed SDF-1.

    Finally, almost seven years after the crash, Dr. Lang felt that enough information from the SDF-1 was understood to apply it’s technology.

    After fierce competition from General Dynamics, Lockheed, Northrop and several other major aero nautical corporations, the UEG sold the design contract the Grumman Corporation, a large and trusted supplier of United States Naval combatair craft for many years before and during the Global Civil War.

    The design teams of Grumman, pressured to produce a prototype as soon as possible, looked to modify their aging F-14 ‘Tomcat’ design instead of building a new design from scratch.

    They began by first upgrading an F-14D with the latest communication and sensor systems that the UEG’s Research and Development branches had come up with in the past few years.

    The most significant of all changes was the addition of a new type of power source and Central Computing Unit, which Dr. Lang and his elite Research Team revealed little information about.

    The first prototype, simplycalled the ‘YF-X14’ first flew 11 May, 2006 and performed magnificently.

    Unfortunately, during a follow-up test flight four days later, theair craft’s engines stalled at a low altitude during a touch and go exercise, causing the prototype to crash killing the test pilot.

    A mere two weeks later, Dr. Lang and his team approached a new high technology corporation, Arumon, to specially construct a radical engine design they had created.

    The UEG assigned a rising officer, Lisa Hayes,to act as the liason between the two civilian corporations and see that the deadlines were met. Two months and over 50,000 man hours later, two prototype Arumon vectoring engines were completed.

    The Research Team then presented the engine to the Grumman Engineers and ordered them to incorporate it into the F-14D’s air frame.

    By 3 October, 2006, the second prototype called the YVF-X14 rolled out of the production line.

    Lang’s Research Teams brieflyexplained that the‘V’ in the designation was due to a new‘variable technology’ feature of the fighter.

    The aircraft’s maiden flight was a week later on 10 October.

    The newtest pilot for the program, "Lieutenant junior grade" Roy Fokker, handled the aircraft superbly and successfully demonstrated the unique characteristics of the aircraft.

    Here configured the aircraft by extending it’s reverse articulated legs and demonstrated it’s new found VTOL capabilities.
    The first variable technology machine, or ‘Veritech Mecha’ was an enormous success.

    The UEG placed orders for several more prototypes that could test the new configuration,or “Guardian configuration” as Dr. Lang’s team called it.

    By quickly modifying airframes, the Grumman Corporation completed the next prototypes, officially called the YVF-14A‘Tigercat’ which rolled out of the production line 1 January,2007.

    "Lieutenant junior grade" Roy Fokker was at the controls and took the first machine through it’s maiden flight a week later.
    While the Grumman Engineers slaved to build the‘Tigercat’, Dr. Lang was secretly putting the finishing touches on a brand new dynamic and revolutionary design based on elements of the successful‘Destroid’program.

    Immediately after the successful flight of the ‘Tigercat’, the UEG contracted Grumman to quickly build a prototype of Lang’s new three form design,the VF-X1.

    The YVF-X1‘Valkyrie’ prototype flew on 27 March, 2007.
    The‘Tigercat’prototype, made it’s final flight to the UEG’s secrets to rage facility, or‘museum’ May 11th, 2008, two years after the first flight of the YF-X14.

    関連記事 (傍系)

    1. Mig-34 カリョービン・前線戦闘機/戦闘攻撃機【Mikoyan i Gurevich 47 Karyobin / Armscor A-16 Executioner Jet Attack Fighter】
    2. ミコヤン&スホーイ YVM-29 bis ラースタチュカ・ビス【Ласточка до】/『飛燕改』/【YVM-29 "BLUE MAX"】
    3. サーブヤース・トレッティニエ・グリペン 【SAAB JAS trettionio-39 " Gripen"】-----

    コメントをかく


    「http://」を含む投稿は禁止されています。

    利用規約をご確認のうえご記入下さい

    Menu

    1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
    2. ロボテック:実写映画の構成案
    3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
    4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
    5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
    6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



    開く(Open)

    の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

    Variable Fighter / Attacker MASTER File

    管理人/副管理人のみ編集できます