" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

二人の姉妹、ダーナオーロラ

Dana and Aurora-Sterlings,two sisters !!
  1. 長女: ダーナ・スターリング
  2. 次女: オーロラ・スターリング
  3. 三女: マイア・スターリング



  1. 本記事は英ウィキペデイアを機械翻訳に掛けた作業用の一時ファイルです
  2. ダーナ・スターリング(スターリングの直訳は「英貨」の意味)
出典 2015年1月に大幅に縮小の上で〔 List of Robotech characters - Wikipedia統合され、個別記事としては消滅 〕
統合と個別記事の削除の理由と経緯〔2回目の削除にて永久消失が決定〕はこちらに記載があります。

Dana Sterling by palmer7575

  1. Dana Sterling by palmer7575 " .jpg " 縮小画像 (660 pixel x 908 pixel) クリックにて800 dpi スキャナー読み取り画像 JPG 2,550 pixel x 3,507 pixel 原寸に復帰し、実寸画像を展開します。
  2. Dana Sterling


私は、常にロボテック:マクロス・サーガの大ファンでした。
それは、私にアニメを視聴しファンアートを描く動機を常に供給し影響を与えます。
最初のシリーズの終了頃に、マックスミリア・スターリングには、赤ちゃんがいて、彼女ダーナを人間とゼントラーディ間の最初の星間混血児子と呼びました。
マックスには青い長髪がありました、そして、ミリア・スターリングには緑の長髪がありました。
そこでまた、娘もそうであると思えませんか?

赤ちゃんとしての最初の世代のシリーズ終了後、ダーナはまるで彼女の母のような緑の髪がありました。
しかし、ロボテック:マスターズ(超時空騎団サザンクロス)と呼ばれている第二世代のロボテック・シリーズの序盤では、ダーナは金髪の短髪をしています。
シリーズを見ている子供として、ダーナはマックスとミリア・スターリングの長女として調和しませんでした、

そして、それは常に私を悩ませました。
それで、彼女の人格が緑色の長髪で見えるように描かれなければならないと私は思いました。
このダーナは、私の心でよりよく最初の世代シリーズ、第二世代シリーズに合致結実します。
どう思いますか?

I have always been a huge fan of Robotech the macross saga. Its what influenced me to love to watch and draw anime. Toward the end of the first series Max and Mira Sterling had a baby and named her Dana the first child of both a human and Zentraedi. Max had long blue hair and Mira had long green hair. Wouldn't you think there daughter would also? At the end of the series as a baby Dana had green hair just like her mothers. But at the opening of the second Robotech series called the robotech masters Dana has short blond hair. As a kid watching the series Dana did not fit in as Max and Mira Sterling daughter and it has always bugged me. So I thought I would draw up what her character should have looked like with long green hair. This Dana would fit and link the first and second series better in my mind. What do you think?

6歳のダーナが描いた、自画像

目次【Index】

  • 部下であるオトコ達に初の号令を掛けるダーナの図
  • 第三次星間戦争、別名対インビッド戦争(後半は地球奪還戦争)の後のダーナ
  • 二次的連続性作品に於けるダーナ
  • Extraordinary Birth
  • Difficult Childhood
  • 元ゼントラーディ諜報部員との束の間の擬似家族
  • 戦闘機/戦闘車輌・パイロットとしての技量
  • 引用
  • 外部リンク
  • 子記事
  • 関連人物

  • 見出し

    • ウィキペディア(無料の百科事典)から

    本稿は主要な源への言及に依存し、あるいは、源は主題(独立した著者と第三者の出版物からの引用よりもむしろ)に加わりました。

    信頼できる筋からの検証と引証を加えてください。(2009年1月)

    本稿は、さらなる出典を確認のために必要とします。出典元を信頼できる筋に加えることによって本稿を改善するのを手伝ってください。

    出典不明の材料は疑問を呈されるかもしれなくて、除去されるかもしれません。(2009年1月)

    この記事特筆性には疑問が提出されています。 特筆性を確立できない場合は削除される可能性があります(2012年4月以降にタグ付き)。

    This article has multiple issues. Please help improve it or discuss these issues on the talk page.

    It needs additional citations for verification. Tagged since January 2009.

    It relies on references to primary sources or sources affiliated with the subject, rather than references from independent authors and third-party publications. Tagged since January 2009.

    The notability of this article's subject is in question. If notability cannot be established, it may be listed for deletion or removed. Tagged since April 2012.

    記事名

    ダーナ・スターリング

    Robotechの登場人物

    • 声優:メリッサ・ニューマン(ロボテック:テレビ・シリーズ)/ ディアナ・モリス

    プロフィール

    人間 / ゼントラーディ人【Zentraedi】の混合種

    著名な親類

    註記

    本稿は、ロボテック【 Robotech 】シリーズ(第二世代)マスターズ篇に由来する主人公(ヒロイン)に相当する主要な登場人物に関する記事です 。

    翻案されたこの人物の最初の着想の源については、超時空騎団サザンクロスの主人公(ヒロインジャンヌ・フランセーズを見てください。

    ダーナ・スターリングは、ロボテック・アニメ・テレビシリーズに登場する、架空の登場人物です.

    当初無関係なマクロス・サーガ篇の登場人物コミリア・マリア・ファリーナ・ジーナス【 Komiria Maria Falina Genius 】(マリアフォキナ・ヴァンローズ)日本版の「超時空要塞マクロス」(初代テレビシリーズ)中のジーナス【Jenius】と 超時空騎団サザンクロスの「ジャンヌ・フランセーズ」を翻案した別個の人格です。

    ダーナは、マクシミリアン・スターリング(父)とミリヤ・パリナ(母)の最初の娘(日本風に云えば「長女」)、第一次星間大戦の英雄とマイア・スターリング(年下の姉妹【= 妹 】)です。

    ダーナの母 ミリア・ファリーナ【Miriya】は、元ゼントラーディ【Zentraedi】(俗語では「メルトラーティ」定義と混合呼称)の戦士です。

    SDF-1 マクロスに潜入し、マックスを殺すために縮小化(マイクラン/微粒状にされた)後に、その誰かは彼女と恋に落ち、2人は電撃結婚していました。

    大部分の地球の表面が灰になるのを見た「第一次星間大戦」【 First Robotech 】戦争の余波で、ダーナは西暦2012年10月に「新マクロス市」で生まれました。

    ダーナは人間 / ゼントラーディ人同盟に由来する最初の子供で、彼女の両親の星間結婚のように、2種族間の「和解」と「希望」の象徴としての価値を考慮されます。

    ほんの17歳の年齢にも関わらず、ダーナは彼女の両親の先例に倣(なら)って、破壊を求める異星の軍隊から、地球の擁護弁論での主要な役割を引き受けます。

    • This article is about the character from Robotech. See Jeanne Fránçaix for the original inspiration for this character in Super Dimension Cavalry Southern Cross.

    Dana Sterling is a fictional character from the Robotech anime television series.[2] The character was adapted from the originally unrelated characters Komilia Maria Fallyna Jenius in The Super Dimension Fortress Macross and Jeanne Francaix in Super Dimension Cavalry Southern Cross.

    Dana is the daughter of Max Sterling and Miriya Parina Sterling, heroes of the First Robotech War, and the sister of Maia Sterling. Dana's mother, Miriya, is a former Zentraedi warrior who, after being micronized in order to infiltrate the SDF-1 and kill Max, who fell in love with her, the two were quickly married.

    Dana was born in New Macross City in October 2012 in the aftermath of the First Robotech War which saw most of the Earth's surface reduced to ashes.

    Dana is the first child born from a Human/Zentraedi union and is considered, like her parents' marriage, a symbol of, and a hope for, peace between the two races. At only age 17, Dana would follow in her parent's footsteps and take leading role in the defence of Earth from alien forces that seek its destruction.

    内容

    1. 第一次星間大戦
    2. ロボテック II:センチネルズの2回の出演
    3. 最初で再起動されたスケジュールのBirthの3つの時代と伊達
    4. 第二次星間戦争
    5. 第三次星間(対インビッド)戦争
    6. 第二の連続性 
    6.1驚異的な出生
    6.2難しい幼児期
    6.3元ゼントラーディ人スパイブロン・リコ・コンダとの友好
    6.4テリー・ウエストンとの関係
    6.5戦闘機パイロットとしての技術
    7:ジャンヌ・フランセーズ
    8:その他の親類
    9:赤ちゃんダーナを主演させている9箇所の削除された場面
    10:引用
    11:外部リンク

    • Contents
    • 1 First Robotech War
    • 2 Appearance in the Sentinels
    • 3 Age and Date of Birth in the original and rebooted timelines
    • 4 Second Robotech War
    • 5 Third Robotech War

    • 6 Secondary Continuity
    • 6.1 Extraordinary Birth
    • 6.2 Difficult Childhood
    • 6.3 Friendship with former Zentraedi spies Rico, Konda, and Bron
    • 6.4 Relationship with Terry Weston
    • 6.5 Skills as a fighter pilot

    • 7 Jeanne Fránçaix
    • 8 Other relatives
    • 9 Deleted scene featuring baby Dana
    • 10 References
    • 11 External links
    • ダブルクリックで 1,200 pixel x 1,262 pixel に復帰


    シリーズの第1章、最初の世代である「マクロス・サーガ」では、Sea-greenの髪色の赤ちゃんが彼女の両親、マックス・スターリングミリヤ・パリナ(スターリング)のそれと類似しているように染めたので、ダーナは現れます。

    彼女がダーナを出産する前に、彼女が誰もまたは何もの方へ、そのような愛を感じることが出来たと、ミリヤ(ほとんど彼女の全ての人生のために戦争だけを知った元ゼントラーディ戦士)は決して思っていませんでした。

    彼女とマックスが「そのような純真な美しさ」をつくることが出来たと、或いは、彼女がこれまでに彼女自身の体の中に生命を創造可能であったという奇跡として、ミリヤ【Miriya】はそれを捉えました。

    ミリヤは、どんな人間の母でもそうすることができたのと同じくらい多くのダーナに対する愛情を感じて、彼女の娘を「宇宙が提供することができた何よりも貴重な宝」として見ます。

    彼の髪と彼女の真夜中の授乳によるダーナの陽気さにもかかわらず、マックス(当時の年齢:22歳)は得意で幸せな父になります。

    スターリング夫妻は、ダーナを静かな世界で育てることを楽しみにしますがしかし、再び彼らの惑星とダーナを保護しようとする戦いにスターリング夫妻を強制する出来事はすぐに露見します。

    彼女が生まれたあと、ダーナはエピソード28、「復興の労働歌(ブルース)」、ちょうど2、3ヵ月で最初に見られます。

    リン・ミンメイリック・ハンターと彼女自身の間で三角関係を考えている間、彼女が一緒に歩いていて、乳母車を押しているマックスとミリヤ【Miriya】を見つけて、リサ・ハイエスは通りの全域で見て、急激な呼吸をします。

    スターリング夫妻はしばらく止まります、そして、ミリヤが喜んで見る間彼が車両に達して、腕に殆どダーナを持ち上げないで、マックスは誇りをもって微笑みます。

    それから、父としてマックスは長女のダーナの微笑みに応えて、おどけた顔でダーナへの笑顔を返します。

    「彼らは、私が丁度どそれはどうでなければならないかについて想像することが可能な位幸せに見えます」と、リサは心の中で思います、そして、ちょっとの間、リサの空想の夫婦の幻想において、マックスはリックの顔を着て、ミリヤはリサの顔を着ます。

    彼らの幸せな結婚と、そのような美しい娘(長女)を設けたという事実の為に、リサはマックスとミリヤ夫婦を嫉妬します。

    また、クローディア・グラント(恋人ロイ・フォッカーが戦争で死にました)は、彼女がロイ・フォッカーと彼女自身の子供を持つ機会を決して得なかったので、彼らを羨ましく感じます。

    ダーナは、第一次星間大戦.[3つ]の大きい荒廃の後、ゆっくり出てくる地球上の新しい生命の象徴と考えられます。

    マックスは、僅か生後8ヵ月であるにも関わらず、彼女の小さいピンクで白い「デントン博士設計の宇宙服」で、赤ちゃんダーナを抱きます。

    ダーナはゼントラーディ工場衛星【Zentraedi Satellite】( 後に西暦2013年、宇宙工業基地「イコーリティ」《平等》と命名された。 【Space Station Equality )工場の占領で、重要な役割を演じます。

    西暦2013年6月に最後の残りの工場衛星【Zentraedi Satellite】を占領するために深淵空間に任務でダーナを連れて来るようマックスとミリヤが、ヘンリー J. グローバル提督によって頼まれるとき、ダーナは第30話【Viva Miriya】で重要な役割を演じます。

    ダーナが僅か生後8ヵ月で、特注の「揺りかごポッド」は、厳重に緩衝パッドで保護された「揺り籠」で、宇宙空間で問題なく乳児であるダーナを輸送する為にミリアの赤い塗装のベリテック可変戦闘機VF-1J バルキリーの機首下の後部突端で懸架されます。



    任務のために、ダーナは白いヘルメットと着色宇宙線防止の顔面シールドを帯びた彼女自身の小さい白くてピンクの「デントン博士」謹製の宇宙服を与えられます。

    ダーナが揺りかごポッドの中で一人で地球からブリタイ・クリダニクのノプテイ・パガニス級旗艦までの長い距離を進むが、彼女の両親の強さと反発力をすでに受け継いだということを、彼女は証明します。

    マックスがブリタイ・クリダニクの船で彼らの到着の後、彼女をポッドから救い出して、彼女が彼の腕でふざけてくねくねして、彼女の宇宙服で「小さいくねくねしている宇宙飛行士」のように見えて、ダーナは微笑んで、優しくささやきます。

    波でダーナを助けている間、マックスは微笑んで、ミリヤ「無事に!」に言う前に彼自身に彼女を抱きしめます。

    後で、ダーナがミリヤの腕で静かに眠って、ミリヤは微笑んで、以下のように彼女の夫に言います:「ああマックス、見てください。彼女は、とても温和です。」[4]

    まず最初に、ヘンリー J. グローバル提督が彼らがそのような危険な任務でダーナを連れて来ることを望んだ理由に関して、スターリング夫妻は不明です。

    しかし、戦略はすぐに明白になります、そして、彼ら自身と彼らの子供に対する脅威にもかかわらず、マックスとミリヤは計画を進めることに同意します。

    工場の近くの宇宙空間に到着した後に、マックスとミリヤは、彼らのベリテック可変戦闘機で飛び立って、敵の指揮艦船(ブリタイ・クリダニクと同じ、ノプティ・バガニス【-Nupetiet Vernitzs-】級に強行突入します。

    ゼントラーディ人兵士は、夫妻の2機のガウォーク形態のベリテック可変戦闘機を囲み、リノ司令官(日本版の「ダガオ基地守備隊司令、基幹艦隊の敵対的なゼントラーディ艦隊の指揮官)は、彼らに降伏するよう命令します。

    しかし、彼女自身を元ゼントラーディ人戦士と特定した後に、ミリヤは静かに彼女のコックピットに手を伸ばして、表示に誇りをもって、ほとんどダーナ(彼女の腕に抱きかかえられて、同じDentons宇宙服博士を着ている)頭上に高く差し出し、巨人兵士からも見渡せるように持ち上げます。


    敵のゼントラーディ人(彼らは太陽系第三番惑星の人類文化への露出を持たず、製造されて以来一度も幼生体(赤子)に今まで会ったことがありませんでした。は、文化的衝撃と恐れで「はね返り」ます。

    彼女が目をこする努力において彼女のヘルメットの顔シールドに小さい手袋をした手を持ってきて、「我等が工場衛星は汚染され、そのものは変形します!」ダーナが優しく囁くと、ゼントラーディ人兵士の1人は、彼の顔の恐怖の表情で叫びます。

    そして、ミクロニアンのミクロニアン(マイクランのマイクラン、「マーク・マイクラーン、マイクラーン」/ マイクローンのマイクローンなのか? → micronian[人類言語では]、これはいわゆる幼児を指します)と、ゼントラーディ兵士は叫びます

    「動いた!」

    ミリヤが、微笑んで、説明すると叫ぶためにもう一つのゼントラーディ人を進めます;

    「果実は私自身の胎内に創造されます、しかし我々双方の協力によってです」こうしてマックスの方へ指示します。

    ダーナがプロトカルチャー (太古の異星人) 【Protoculture (The First extraterrestrial humanoid civilization)】と愛の象徴で、地域で全ての通常態ゼントラーディ人からすっかり見える所で彼女の頭より上にダーナを持ち上げると、ミリヤは断言します。

    彼らが彼女が伝染性である突然変異であると結論するように、ゼントラーディ人(特にリノ司令官)はダーナを恐れるようになります。

    恐れでいっぱいで、ゼントラーディ人【Zentraedi】兵士は彼らの武器を落として、彼らの任務を放棄します。

    そして、指揮艦船を混沌に放り込んで、敵の艦隊を通して障害を引き起こします。

    スターリング夫妻の牽制は、敵の艦隊を故障させて、工場を占拠するブリタイ・クリダニク時間の下で、彼らと同盟した地球統合政府【UEDF】とゼントラーディ人を与えます。

    以降の戦いにおいて、ダーナを彼女の膝に抱いている間、ミリヤは彼女のベリテック可変戦闘機を操縦します。

    ミリヤが彼女自身にきつく彼女をつかむ間、ダーナ(危険のどれでも知らない)は彼女の周囲を出発している炎を伴う爆発に嬉しそうに彼女の腕を振って合図します。

    彼女がおよそ14ヵ月であるとき、ダーナは第35話の終わり頃に再び短く見られます。

    SDF-1 マクロスが、クリスマス・ライトで照らされるのを見ている彼らのバルコニーにマックスとミリヤが立っていて、マックスはダーナ(その人はまず最初に飛び上がります)を肩の上に乗せます。

    くすくす笑っている間、ダーナが彼の髪を引っ張り始めたあと、マックスはその後不平を言います。

    • First Robotech War

    In the first Robotech Saga, Dana appears as a baby with seagreen coloured hair similar to that of her parents, Max Sterling and Miriya Parina Sterling. Miriya, a former Zentraedi warrior who had known nothing but war for almost her entire life, never believed that she could feel such love towards anyone or anything before she met Max and gave birth to Dana.

    Miriya views it as a miracle that she and Max could create "such innocent loveliness" or that she could ever create a life inside her own body. Miriya feels as much love for Dana as any human mother could and views her daughter as "a treasure more precious than any the universe could offer".

    Max, now age 22, becomes a proud and happy father, despite Dana's playfulness with his hair and her midnight feedings. The Sterlings look forward to raising Dana in a peaceful world, although events would soon transpire that would force the Sterlings into battle again to protect their planet and Dana.

    Dana is first seen in episode 28, "Reconstruction Blues", just a few months after she is born.

    Lisa Hayes, while contemplating the love triangle between Lynn Minmay, Rick Hunter and herself, looks across the street and takes a sharp breath as she spots Max and Miriya walking together, pushing a baby carriage.

    The Sterlings stop for a moment and Max proudly smiles as he reaches into the carriage and lifts little Dana into his arms while Miriya watches with joy.

    Max then makes a funny face and Dana smilies in response.

    Lisa thinks to herself "they look so happy, I can just imagine how it must be" and momentarily, in Lisa's mind, Max wears Rick's face and Miriya wears Lisa's.

    Lisa envies Max and Miriya for their happy marriage and for having such a beautiful daughter.

    Claudia Grant, whose lover Roy Fokker was killed in the war, also envies them, as she never got the chance to have a child of her own with Roy. Dana is considered a symbol of new life on Earth that slowly emerges following the massive devastation of the First Robotech War.[3]

    Dana plays an important role in episode " 30, Viva Miriya" , when Max and Miriya are asked by Admiral Gloval to bring Dana along on a mission into deep space to capture the last remaining Zentraedi Satellite factory in June 2013.

    As Dana is only eight months old, a specially designed "cradle pod", with a heavily-padded interior, is installed on the bottom of Miriya's veritech fighter in order to safely transport Dana into space. For the mission, Dana is also given her own tiny white and pink Dr. Denton's spacesuit with a white helmet and tinted face shield. Although Dana travels the long distance from Earth to Breetai's ship alone in the cradle pod, she proves that she has already inherited her parents' strength and resilience. As Max lifts her out of the pod following their arrival on Breetai's ship, Dana, looking like "a tiny wiggling astronaut" in her spacesuit, smiles and coos as she playfully wiggles in his arms.

    Max smiles and hugs her to himself before saying to Miriya "Safe and sound!" while assisting Dana with a wave. Later, as Dana calmly sleeps in Miriya's arms, Miriya smiles and says to her husband: "Oh Max, look. She's so peaceful."[4]

    Initially, the Sterlings are unclear as to why Admiral Gloval wanted them to bring Dana along on such a dangerous mission. However, the strategy soon becomes clear and, despite the danger to themselves and their child, Max and Miriya agree to go ahead with the plan. After arriving in space near the factory, Max and Miriya take off in their veritech fighters and blast their way into the enemy command ship.

    Zentraedi soldiers surround the fighter and Commander Reno, the leader of the remaining hostile Zentraedi forces, orders them to surrender. However, Miriya, after identifying herself as a former Zentraedi warrior, calmly reaches down into her cockpit and proudly lifts little Dana, cradled in her arms and wearing the same Dr. Dentons spacesuit, into view.

    The enemy Zentraedi, who have had no exposure to human culture and have never seen a baby before, recoil in shock and fear.

    One of the Zentraedi soldiers, with a look of terror on his face, shouts "By the foul moons, that thing is deformed!" Dana coos as she brings her tiny gloved hands to her helmet's face shield in an effort to rub her eyes, promoting another Zentraedi to shout "It moves!" Miriya, smiling, explains that "In the micronian [human] language, this is what is called an infant; actually created inside my own body. But by both of us", indicating towards Max.

    Mirya declares that Dana is a symbol of protoculture and love and lifts Dana above her head in full view of all the Zentraedi in the area. The Zentraedi, especially Commander Reno, become terrified of Dana as they conclude that she is a mutation who is contagious.

    Filled with fear, the Zentraedi soldiers drop their weapons and abandon their posts, throwing the command ship into chaos and causing disorder throughout the enemy fleet. The Sterlings' diversion gives the United Earth Forces (UEF) and the Zentraedi that have allied with them under Breetai time to cripple the enemy fleet and seize the factory.

    In the subsequent battle, Miriya pilots her veritech while holding Dana in her lap. Dana, unaware of any of the danger, waves her arms joyously at the fiery explosions going off around her, while Miriya clutches her tightly to herself.

    Dana is seen briefly again towards the end of episode 35 when she is approximately 14 months old. As Max and Miriya stand on their balcony watching the SDF-1 lit up with Christmas lights, Max lifts Dana, who is initially startled, onto his shoulder.

    Max subsequently grumbles after Dana starts pulling on his hair while giggling.


    ダーナは、ロボテック II:センチネルズの子供と、短くみなされます:センチネル、子供時代、ダーナが彼をからかうことにも関わらず、ダーナとボゥイ・グラント(クローディア・グラントの甥である)はすでに親友になりました。

    彼女が幼児としてあった 「澄海緑色」(シーグリーン)【澄んだ緑の海の色、青みがかった翠玉(すいぎょく)=エメラルド・グリーン色、sea-green髪】(彼女の両親のそれと同様の)と鋭い正反対のものにおいて、ダーナも非常にブロンドの髪色を身に着けます。

    SDF-3 パイオニアが始まるその前日に、ダーナはリック・ハンターリサ・ハイエス結婚式の花嫁の花撒き娘として勤めます。

    マックスとミリヤが西暦2022年にSDF-3 に乗って遠征艦隊軍 【United Earth Expeditionary Forces / UEEF】に加わったとき、ダーナは地球上に残りました。

    スターリング夫妻が任務が速く終わることを望んだが、出来事はダーナの幼児期の残りの間 SDF-3 パイオニアを地球から遠ざけます。



    他の家族が彼らと彼らの子供たちを連れてきた、そして、多くの子供たちが任務の間、産まれた時から、マックスとミリヤがダーナを残したテレビ・シリーズにおいて、それは述べられません。

    しかし、主要な聖典(公式)から二次的連続性作品へと左遷されたジャック・マッキニー両氏の小説「魔手」(ロボテック・シリーズの小説 第13巻)はそのダーナを述べます、人類 / ゼントラーディ人組合(出生から研究され、検査を受け、評価された)の「ただ一人の子供」の時、遠征艦隊に伴う危険を冒すにはあまりに貴重であるとラズロ・ツァント教授によって裁定されました。

    マックスとミリヤは彼らのただ一人の子供の許を去るのを非常に嫌いました。

    そして、その児童は辛うじて10才後半(または小説版での7歳)でしたが、最終的にこの決定を受け入れました。

    ダーナの幼なじみ、ボゥイ・グラントは、健康上の理由のために彼の両親ヴィンス・グラントジーン・グラント医学博士の遠征任務に随行することは出来ませんでした。



    ダーナとボウイは、彼らの名付け親で養父母である、ロルフ・エマーソン少将と彼の妻「ローラ」の養護下に入りました。

    彼らの両親なしで以外、ダーナとボウイは近い姉弟(してい)として、その後を育てられました。

    ロボテック小説版では、彼女の両親がいなくて寂しく、かなりの強度で彼ら血縁両親の復帰を切望するものとして、ダーナは示されます。

    • Appearance in the Sentinels

    Dana is briefly seen as a child in Robotech II: The Sentinels. As children, Dana and Bowie Grant (who is a nephew of Claudia Grant) have already become best friends, despite Dana's teasing of him.

    Dana also sports a very blond hair colour, in sharp contrast to the seagreen hair (similar to that of her parents) that she had as an infant; whether some recessive gene in her family heritage triggered the change or if the girl began dying her hair at a young age is unknown.

    On the day before the SDF-3 launches, Dana serves as a flower girl at the wedding of Rick Hunter and Lisa Hayes.

    Dana remained on Earth when Max and Mirya joined the Robotech Expeditionary Forces (REF) aboard the SDF-3 in 2022. Although the Sterlings hoped that the mission would be over quickly, events would keep the SDF-3 away from Earth for the rest of Dana's childhood.

    It is not stated in the television series why Max and Miriya left Dana behind, since other families had brought their children with them and many children were born during the mission.

    However, the decanonized Jack McKinney novel "The Devil's Hand" (book 13 of the Robotech series) states that Dana, as the only child of a Human-Zentraedi union (who had been studied, tested, and evaluated since birth), she was judged by Professor Lazlo Zand as too valuable to risk going with the REF. Max and Miriya were very reluctant to leave their only child, who was barely 10 years old (or 7 in the novel) behind but ultimately accepted this decision.

    Dana's childhood friend, Bowie Grant, for health reasons, was also unable to join his parents, Vince Grant and Dr. Jean Grant, on the mission.

    Both Dana and Bowie were left under the care of their godparents, Major General Rolf Emerson and his wife Laura.
    Dana and Bowie subsequently grew up as near siblings, but without their parents.

    In the Robotech novels, Dana is depicted as missing her parents considerably and longing for their return.

    原ロボテック・マスターズと再起動の年表に於ける、年齢と誕生日の差異

    最初のロボテック・スケジュール(ロボテック II:センチネルズと、協同ペンネーム「ジャック・マッキーニー」両氏の小説によって基礎を形成された)では、ダーナは西暦2013年に生まれ、SDF-3は西暦2020年にヴァリヴェール恒星系へ向けて出発しました。

    このことは即ち、ダーナは、その時点で7歳だったことを意味しました。

    しかし、西暦2002年に再起動されたロボテック年表(スケジュール)では、ダーナは西暦2012年10月に生まれたとされ、SDF-3は西暦2022年12月にヴァリヴェール恒星系へ向けて出発したと改訂されました。

    そして、その時に彼女は10歳でした。(再起動を果たした後の、公式ウェブサイト【Robotech.com】によれば)。

    • Age and Date of Birth in the original and rebooted timelines

    In the original Robotech timeline (on which the Sentinels and the Jack McKinney novels were based), Dana was born in 2013 and the SDF-3 departed in 2020, meaning that Dana was aged 7 years at the time. However, in the rebooted Robotech timeline, Dana was born in October 2012 and the SDF-3 departed in December 2022, making her 10 years old at the time. (according to the website Robotech.com).

    第二次星間戦争

    それは、第二世代のロボテック・サーガの間、ブロンドの髪(彼女が左側で黒いヘアピンで球体-形につけている)の大人が主役と第二次星間戦争で起こる行動の多くの促進剤になる現在のダーナ。

    西暦2029年に、地球軌道のロボテック・マスターズの出現の直前に、ダーナは現在17才で幼なじみボウイ・グラントと一緒に地球統合軍・陸軍士官学校(アカデミー)を卒業して、サザンクロス軍(地球統合軍/UEF中の精鋭部隊)の選抜・戦略機甲師団 第15分隊 【 Alpha Tactics Armored Corps 15th. Squadron 】 に配属されます。

    まず最初に、ダーナとボウイは、シーン・フィリップス(後に最下層の二等兵に降格)の指揮下にいます。

    しかし、シーンが海軍大将の娘と戯れた為に降格された後、ダーナは少尉に昇進して、第15分隊長として指揮します。

    ダーナ配下の分隊間で、司令部は、上等兵で通信士のボウイに加えて、以下の下士官、技術伍長ルーイ・ニコルスと副官で新兵教育係の曹長「アンジェロ・ダンテ」(日本版の「アンジェイ・スラウスキー曹長」)です。

    ニコルズは、技術道具とコンピュータの専門家として、彼自身を証明します。

    ダンテはダーナを年下の生意気な自信過剰のティーンエイジャー少女(Tomboy/「トムボーイ」、つまり「お転婆娘」)として捉えたので、少尉となったダーナは、彼女が有能な指揮官であるということを、部下であるが、同時に戦争の経験者であり相当に年上の彼、曹長「アンジェロ・ダンテ」(日本版の「アンジェイ・スラウスキー曹長」)に繰り返し証明しなければなりません。

    部下であるオトコ達に初の号令を掛けるダーナの図


    彼女の両親が戦争の英雄であるので、単純に親の七光りで、彼女の昇進が与えられたという疑惑を晴らし、実力を証明するのにダーナも苦労します。

    そのうえ、18年前にこの太陽系第三番惑星を壊滅させた、ドルザ指揮下のゼントラーディ基幹艦隊の艦砲射撃による爆撃と破滅により未だ悪意を心に抱く多くの人々によって、ダーナがゼントラーディの混血児(ハーフ)であるという事実は、高い関係で持たれません。

    ダーナは、元同期で今は彼女より先に昇級した「マリー・クリスタル空軍少佐」、戦術宇宙機甲軍団(日本版の宇宙機甲隊)【Tactical Armored Space Corps】航空宇宙士官と統合憲兵軍ノヴァ・サトリという高位の憲兵将校と衝突します。

    社交的かつ外向的で、ダーナは、ロボテック・マスターズに対する第二次星間戦争間の才能ある戦術指揮官であることがわかります。

    しかし彼女が異星人の血の半分を受け継ぐので、彼女が殺している敵が彼女自身の同類(たとえマスターズの軍隊がゼントラーディでないと直ぐに確認されるとしても)でも有り得たという事実について、彼女は煩わせられます。

    このため、彼女は捕らえられたバイオロイドパイロットの彼の人種的偏見に満ちた偏屈な取扱い(捕虜の処刑)について、最高司令官アナトール・エリ・レオナルド(フランス読み「レナード」とも)と幾つかの衝突をします。

    レナードは、参謀長ロルフ・エマーソンとの彼女の関係のため、彼女を大目に見るようです。

    ダーナは繰り返し第二次星間戦争を通したパイロットと指揮官として彼女の技術を示して、彼女自身を証明する機会を決して小さくしません、そして、結局、彼女は分隊(チーム)並びにノヴァとマリーの尊敬を得ます。

    ボウイがマスターズによって捕らえられるとき、ダーナは認可されていない派遣団の彼女のチームに彼を救い出させます。

    任務は成功したとわかり、ダーナが彼女が営倉に入れられるのを恐れ、マスターズの優れた科学技術と数量に対してそのような小さな力でボウイを救い出すことが出来たという事実に驚嘆する上司によって、彼女は「営倉に入れられる」代わりにむしろ称賛されます。

    戦中の「サザンクロス軍」の活動した短い時代、ダーナは、短期間の内に軍内部に於ける戦士としての才能を認められ、「中尉」に昇進します。

    戦局が激化し、サザンクロス軍と地球統合軍【UEF】が、戦況がまますます悪化すし膨大な戦死者を増やしていく渦中に於いて、ダーナは配下の第15戦隊を類稀な(たぐいまれ)指揮官技能を以て戦いに赴き、この最悪の戦況に於いてでさえ、彼女の戦隊を導き戦果を挙げていきます。

    ダーナは、マスターズの母船アズシャール級の攻撃と艦内への浸入を含む、幾つかの危険な任務で、第15戦隊を導きます。

    任務の間、ダーナの部下(サイモンとヨルダン)の2人が、職務中に死にます。

    ボウイがムジカ・ノヴァ(音楽に対する彼の愛情を共有するクローン)に恋したあと、ダーナも難問に取り組みます。

    ダーナとボウイはマスターの母船から現実に彼女を密輸します、しかし、彼女の存在は直ぐに当局に明るみに出ます。

    それから、ダーナは彼ら両方をノヴァ・サトリから保護しようとします。
    そして、その人は双方とも逮捕されることを望みます。

    彼女の司令部の下でそれらを結集するのを助けるために、時代の最悪の事態でさえ、ダーナは常に前向きな展望を提示します。

    第15戦隊に付けられて、彼が彼の記憶を回復するのを援助したゾア・プライム(捕らえられたバイオロイドパイロットとゾア・デリルダプロトカルチャー (資源)を発見したティロル人)のクローン)に、ダーナは惹きつけられます。

    まず最初に引っ込められるが、ゾア・プライムは、ゆっくり彼の記憶を回復して、ダーナとより親しくなります。

    あるところでダーナは「デート」にゾア・プライムを誘いますがしかし、彼らの潜在的ロマンスは人間の文化についての、ゾア・プライムの不慣れとマスターズとの進行中の戦いによって妨げられます。

    結局、ゾア・プライムとダーナは、マスターズの母船に潜入させて、司令部の三位一体組【 Triumvirate 】を殺す計画を開始します。

    ゾア・プライムは、プロトカルチャー (資源)の彼らの濫用のために、マスターズに対する復讐に取りつかれたようになります。

    ロボテック・マスターズとの最終的な交戦の間、ダーナは(プロトカルチャー (資源)ポッドの端末に偶然に触り、胞子の微粒子の波は彼女の中に人種的な記憶を呼び覚まします。

    起きている夢を通して、少女(未だ会っていなかったが、SDF-3「パイオニア」の任務の間、深淵宇宙空間の艦船内で生まれた夫妻の次女である妹オーロラ・スターリング)に、彼女は会います。(この姉妹は、二次的連続性へと左遷された【decanonized】ジャック・マッキニー小説で、オーロラという名でした。

    マイア・スターリングは、再起動【retconned】された年表(スケジュール)でオーロラの代理を務めるように見えて、映画Robotech:影の年代記の主要な人物です。

    幻視の間、ダーナはこの7年間で初めて彼女の両親に短く会います。

    ダーナは二度と彼女の許(もと)を去らないことをお願いします、しかし彼女は「現実」と「まだ進行中である戦争」に引き戻されます。

    ゾア・プライムはマスターズの司令部の司令官である三位一体【Triumvirate】の最後の構成員を殺した後に、彼女を脱出ポッドに押し込んで、地球に彼女の背中を放棄する前に、(プロトカルチャー (資源) ゾア・プライムはダーナ(初めて)にキスします。



    それから生命の花、彼女らが突然変異して、インビッド探査・検知星雲【Invid Sensor Nebula】を引きつけ始めたので、SDF-1プロトカルチャー (資源)培養組織母体の残骸が位置した地球の土壌を破壊するために動く自殺でマスターズの命令船を操縦することによって、ゾアは犠牲になります。



    残念なことに、地球がインビッド【Invid】により変異した生命の花の為の肥沃な温室になる原因になっている惑星中の至る所に、彼が引き起こす爆発は、胞子を広げるだけでした。

    胞子が惑星の向こうに風によって広げられて、ダーナと第15戦隊を生き残った人々は、どうしようもなく見ていることができるだけです。




    インビッドの出現はその時確実でしたが、地球統合軍はロボテック・マスターズ(ゾル人)との戦争で疲弊(ひへい)しきっていたので、彼らの勝利の可能性は存在しなかったです。

    • Second Robotech War

    It is during the second Robotech Saga that Dana, now an adult with blonde hair (which she wears in a globe-shape with a black hairpin on the left side) becomes the main character and the catalyst for much of the action that takes place in the Second Robotech War. In 2029, just before the arrival of the Robotech Masters in Earth orbit, Dana, now 17 years old, graduates from the United Earth Forces Military academy along with childhood friend Bowie Grant and is placed with the 15th tactical armored squadron of the Army of the Southern Cross, an elite military unit within the United Earth Forces (UEF).

    Initially, Dana and Bowie are under the command of Sean Phillips.

    However, after Sean is demoted for flirting with an admiral's daughter, Dana is promoted to Second Lieutenant and takes command of the 15th.

    Among those under Dana's command, in addition to Bowie, are Louie Nichols and Angelo Dante.

    Nichols proves himself as expert with tech gadgets and computers.

    Dante views Dana as an overconfident teenager and Dana must repeatedly prove to him that she is a competent leader.

    Dana also struggles to prove that her promotion was not given to her simply because her parents are war heroes.

    In addition, the fact that Dana is half-Zentraedi is not held in high regard by many humans who still harbor grudges due to the Zentraedi holocaust that decimated the planet 18 years ago.

    Dana clashes with Marie Crystal, a squadron leader within the Tactical Armored Space Corps and Nova Satori, an officer in the military police.

    Gregarious and outgoing, Dana proves to be a brilliant tactical leader during the Second Robotech War against the Robotech Masters but she is troubled, because she is half alien, over the fact that the enemy she is killing could be her own relatives (even though it is soon established that the forces of the Masters are not Zentraedi).

    Because of this, she has several clashes with supreme commander Anatole Leonard over his bigoted treatment of captured bioroid pilots.

    Leonard seems to tolerate her because of her relationship to Chief of Staff Rolf Emerson.

    Dana repeatedly demonstrates her skill as a pilot and leader throughout the Second Robotech War and never turns down an opportunity to prove herself and she eventually earns the respect of her squad as well as Nova and Marie.

    When Bowie is captured by the Masters, Dana leads her squad in an unauthorized mission to rescue him.

    The mission proves successful and although Dana fears she will be thrown in the prison, she is instead praised by her superiors who marvel at the fact that she was able to rescue Bowie with such a small force against the Masters' superior technology and numbers.

    In only a short time, Dana, in recognition of her military prowess, is promoted to First Lieutenant.

    As the war rages on and the Southern Cross and UEF take greater and greater casualties, Dana continues to lead her squadron into battle with incredible skill, even as the situation grows more and more dire.

    Dana would lead the 15th squadron on several dangerous missions, including an attack against and infiltration of the Masters' mothership. During the mission, two of Dana's subordinates, Simon and Jordan, are killed in the line of duty. Dana also faces a challenge after Bowie falls in love with Musica, a clone who shares his love of music. Dana and Bowie smuggle her out of the mothership and back to earth but her presence soon becomes known to the authorities. Dana then tries to protect them both from Nova Satori, who wants both of them arrested. Dana always presents a positive outlook, even in the worst of times, to help rally those under her command.

    Dana is attracted to Zor Prime (a captured Bioroid pilot and a clone of Zor, the Tirolian who discovered Protoculture) who was attached to the 15th squadron and helped him regain his memory. Zor Prime, although initially withdrawn, slowly regains his memory and grows closer to Dana. At one point, Dana asks Zor out on a date, although their potential romance is hampered by Zor's unfamiliarity with human culture and the ongoing battle against the Masters. Eventually, Zor and Dana launch a plan to infiltrate the Masters's mothership and kill the Command Triumvirate. Zor becomes obsessed with revenge against the Masters for their abuse of protoculture.

    During the final battle with the Robotech Masters, Dana accidentally touches the terminals of a protoculture chamber and the surge awakens racial memories inside her. Through a waking dream, she meets a young girl, the younger sister she had yet to meet but had been born in deep space during the SDF-3's mission. (This sister was named Aurora in the decanonized Jack McKinney novels. Maia Sterling appears to replace Aurora in the retconned timeline and is a major character in the movie Robotech: The Shadow Chronicles). During the vision, Dana briefly sees her parents for the first time in seven years. Dana begs for them not to leave her again, but she is pulled back to reality, and the war that is still ongoing.

    After killing the last member of the Masters' Command Triumvirate, Zor kisses Dana (for the first time) before pushing her into an escape pod and jettisoning her back to Earth. Zor then sacrifices himself by piloting the Masters' command ship in a suicide run to destroy the Earth mounds where the ruins of the SDF-1's protoculture matrix were located as they had mutated and began to attract the Invid Sensor Nebula. Unfortunately, the explosion he creates only spread the spores throughout the planet causing Earth to become a fertile greenhouse for the Invid flower of life. Dana, and the survivors of the 15th Squadron, can only watch helplessly as the spores are spread by the wind across the planet. The arrival of the Invid was a certainty now and their chances of winning were non-existent as the United Earth Forces and the Robotech Masters had exhausted themselves.

    第三次星間戦争、別名対インビッド戦争(後半は地球奪還戦争)の後のダーナ



    彼女が彼と恋に落ちたので、ゾア・プライムの死は「重い感情的な犠牲」をダーナへもたらします。

    そのうえ、ロルフ・エマーソン(ダーナの名づけ親で且つ後見人)が、ロボテック・マスターズとの最終的な戦いで死にます。

    第二次星間戦争に起因する大きい荒廃と犠牲に、これは組み合わさりました。

    そして、インビッドが1年未満(薄暗くて悲観的になる原因ダーナと彼女の前明るい自身の薄い色の影)に後で侵入するとき、より多くの荒廃だけが続きました。

    彼女と第15戦隊を他の生き残った人が西暦2031年にインビッド侵入との「勝利の見込みのない戦い」に遭遇したと考えられています。

    その後、ダーナがインビッド占領に対して地下抵抗(レジスタンス)に加わったと考えられています。

    しかし、出来事の正確な連続は不明なままです:



    ダーナ、彼女が シリーズに現れて現在32歳:シャドウ・クロニクルへの序曲(「影の年代記への序曲」)漫画版のロボテック・ミニシリーズに於いて:インビッド侵入が始まるちょうどその時、2031年に遠征艦隊軍に連絡する目的のジョナサン・ウルフ大佐のマラソン 級・超時空輸送艦【Marathon-class Super Dimensional Transport】で、明らかに地球より立ち去るのを、ボウィ・グラントとアンジェロ・ダンテ(そして、第15の戦隊をなんとか生き残った他の人々)が短く見られる愛と戦争に於ける(ダーナ)ボウイ。

    二次的連続性作品に左遷【decanonized】されたジャック・マッキニー両氏小説「ルビコン川の決断」(ロボテック小説シリーズの第17冊)では、ダーナ、ルーイ・ニコルス、ボウイ・グラント、アンジェロ・ダンテ、ショーン・フィリップス、-マリー・クリスタル 【Marie Crystal】(大佐に昇進済み)、ムジカ・ノヴァ【Musica】とアレグラは、ジョナサン・ウルフの船を得て、衛星ティロル【 Tirol 】へ旅立って、西暦2033年に「遠征艦隊軍」【 Robotech Expeditionary Forces 】に会合・合流します。


    ワイルドストーム社の漫画単行本 ロボテック:シャドウ・クロニクルへの序曲(「影の年代記への序曲」)で、少なくともダーナとルーイ・ニコルスは、深宇宙ステーションリバティ(フランス語で「リベルテ」)に到達します。
    • Dana, now age 32, as she appears in Robotech: Prelude to the Shadow Chronicles.

    彼女がボード上にティロルの科学者(そして、センチネルのメンバー)「レム」に会うとき、序曲コミック(抑制されたデーナが不思議なことに反応させるスチール)の彼女の短い出演の間、宇宙ステーションリバティに間隔をあけてください。

    彼女の大部分は非言語的行動は彼女が彼を認めることを示しました、しかし、Zor Primeのように、RemがZorのもう一つのクローンであるというだけで、これはそうです。

    レムがダーナと彼ならば尋ねる時は前に会いました。そして、ダーナが単に「もう一つの生涯で」出会ったのみでした。

    再び非言語的行動を通して、摩擦がダーナと彼女の妹マイア・スターリング中佐の間にあることは明らかでもあります。

    そして、その人は遠征艦隊軍の22年の使命の間、衛星ティロル近傍の宇宙空間で出生しました。

    ダーナとマイア・スターリング大佐が会うとき、ダーナが逃げるまで、彼女らは単に長い瞬間の間互いをじっと見つめ、彼女の顔の悲しい表情で、語を話すことなく。

    2人の姉妹の間の緊張の原因は、知られていません。

    1つの可能性の説明は、マイアの出生(実母ミリヤへの言及がシャドウ・クロニクルへの序曲 漫画でないこの説明をも説明します。)の間、ミリヤが死んだということです。

    もう一つの可能性は、難しい幼児期に耐えるために地球で取り残された後に、それから、彼女の両親にはもう一人の娘がいたという事実に、ダーナが怒っているということで、そして、彼女の心において、長女である彼女の存在が、両親にとってマイアと「取り替えられた」ということであります。

    ダーナは、今度の最初の実写映画:ロボテックでは見られません:シャドウ・クロニクル(影の年代記)に於ける彼女の運命は、現在までのところ、知られていません。

    二次的連続性作品に於けるダーナ

    • Secondary Continuity
    驚異的な出生
    協同ペンネームである「ジャック・マッキーニ」両氏による二次的連続性へと左遷【decanonized】された本「武器の力」(小説シリーズの第5冊)に、ゼントラーディ男性の女性による男児再生がこれまでに記録されなかった時から、マックスとミリヤがどのように子供を妊娠することができたかについて誰もまだ理解できなかったので、ダーナを出産したミリヤはいっそう驚異的です。

    科学者が提供した説明は、人間スタイルの食物がゼントラーディの消毒的な食物分とは対照的に、ミリヤの人間の食物摂取と人間の感情への彼女の露出が、微妙な生化学変化を引き起こしたということでした。

    ダーナが実際にマックスとミリヤの子供であるかどうか、何人かさえ疑問に思いましたが、しかし、徹底的なテストによって証明されるように、ダーナは明白に彼らの子供でした。

    リサ・ハイエス提督(艦隊司令)にとって、意味をなした(または、重要でした)唯一の説明は、ダーナがマックスとミリヤにはお互いの為にあった「愛の結果」であったということでした。

    Extraordinary Birth

    In the decanonized book "Force of Arms" (book 5 of the series) by Jack McKinney, Miriya giving birth to Dana is all the more extraordinary because nobody could quite figure out how Max and Miriya had been able to conceive a child since no Zentraedi male-female reproduction had ever been recorded. Explanations that scientists provided were that Miriya's consumption of human-style food (as opposed to antiseptic rations of the Zentraedi) and her exposure to human emotions had caused subtle biochemical changes. Some even wondered if Dana was actually Max and Miriya's child but, as proved by exhaustive tests, Dana was indisputably their child. To Lisa Hayes, the only explanation that made sense (or mattered) was that Dana was the result of the love that Max and Miriya had for one another.
    難しい幼児期
    協同ペンネームである「ジャック・マッキーニ」両氏による二次的連続性へと左遷【decanonized】された本「南十字星」小説シリーズの第7冊)では、彼女の両親が西暦2022年に遠征艦隊軍任務とともに去った後、ダーナの幼児期は非常に難しいものとして示されます。

    西暦2011年のゼントラーディ人大虐殺は後でまだ明白な年である人間によって心からの憎悪に終わりました。

    そして、人類ゼントラーディ人同盟の唯一の子供の時、彼女の「混血児」(彼女の入り混じった遺産のための)(彼女は言葉で、または、身体的な暴力でしばしば応えます)に電話をした他の子供たちによって、ダーナはしばしばからかわれて、嘲笑(ちょうしょう、あざけり笑われること)されました。

    ダーナがどんなゼントラーディ人血による地球の上のただ一人の残りの人でもあったことを意味して、地球の上のゼントラーディ人の全ては人種隔離政策によって遠征艦隊軍とともに去りました、そして、従って、ゼントラーディ人に対する彼らの憎悪を表明したくなっている人々の「生け贄の羊」(スケープゴート)として彼女がしばしば使われたように、ダーナは非常に孤独であると感じました。

    彼女の両親が去ったあと、遠征艦隊軍への同行任務で去らなかった唯一のゼントラーディ人は、元第67グリマル級分岐艦隊の戦域司令部偵察艦艇ケル・カリア艇のコードネーム「青い風」のスパイ「ブロン・リコ・コンダ」(彼らはダーナを短い間、擬似家族の娘として世話をしました)でした。

    3人が「少なくとも僅かな期間」そのような幸せな家庭生活を示されます
    ブロン・リコ・コンダが縮小化装置の後遺症が突然に劇症化して、病院で亡くなった後、ダーナの少女期はさらに難しくなりました。



    彼らの名づけ親(ロルフ・エマーソン将軍)は彼の任務のために彼と子供たちがいることができなかった時から、彼女とボウイ・グラント(また、彼の両親が遠征艦隊軍とともに去る間、後に残った)は政府青春期避難所と学校でかなりの時間を過ごしました。

    エマーソン将軍は彼の妻からも離婚しました、そして、ダーナは彼女の両親と名付け親が彼女を捨てたのをしばしば感じます。

    しかし、ボウイ・グラントはダーナよりエマーソンと非常に親しいままでした。

    結局ダーナが幼年士官学校に入ったとき、彼女はまだ-ゼントラーディ人の血縁(負の遺産)の為に多くの他によってなじられて、拒絶されました。

    そして、彼女は復讐をしました、しばしば passive-aggressively な、彼女が彼女の敵のどれとでも同じくらい強かったということを証明するためにそうすることができた。

    ロボテック小説シリーズは、ダーナを非常に悲しくて薄暗いものとして示します。

    そして、テレビ・シリーズにおいて表される彼女の幸せで、呑気で、外向的な性格と鋭い正反対のもので、それはあります。

    小説の1ポイントで、彼らが彼女が耐えることになっていた痛みと悲しみを知っているならば、彼女が両親にはこれまでに彼女がいたかどうか疑問に思うように孤独で悲しいと、ダーナは感じます。

    Difficult Childhood

    In the decanonized book "Southern Cross" (book 7 of the series) by Jack McKinney, Dana's childhood is depicted as being very difficult after her parents left with the REF mission in 2022. The Zentraedi holocaust of 2011 resulted in a deep hatred by humans that is still evident years later and as the only child of a Human-Zentraedi union, Dana was often teased and ridiculed by other children who called her "half-breed" (due to her mixed heritage), to which she would often respond verbally or with physical violence. All of the Zentraedi on Earth had left with the Robotech Expeditionary Force (REF), meaning that Dana was the only remaining person on Earth with any Zentraedi blood, and consequently, Dana felt very alone as she was often used as a scapegoat for those wishing to express their hatred of the Zentraedi. The only Zentraedi who had not left on the REF mission were former Zentraedi spies Rico, Konda, and Bron, who briefly cared for Dana, until all three died only a short time after her parents left. The book states that the three had "shown [Dana] such a happy family life, at least for a little while."

    After Rico, Konda and Bron died, Dana's childhood became even more difficult. She and Bowie Grant (who also stayed behind while his parents left with the REF) spent considerable amounts of time in government youth shelters and schools since their godfather, General Emerson, was unable to have children with him due to his duties. Emerson had also divorced from his wife, and Dana often feels that both her parents and godparents had abandoned her - although Bowie Grant remained much closer to Emerson than Dana. When Dana eventually entered the academy, she was still taunted and rejected by many others due to her Zentraedi heritage, and she took revenge, often passive-aggressively, whenever she could to prove she was as strong as any of her adversaries.

    The Robotech novels depict Dana as being very sad and somber, which is in sharp contrast to her happy, carefree and outgoing nature that is depicted in the television series. At one point in the novels, Dana feels so alone and sad that she wonders if her parents would have ever had her if they knew the pain and sadness that she was to endure.

    元ゼントラーディ諜報部員との束の間の擬似家族


    ブロン・リコ・コンダ
    • 【Bron Nantes / Rico Dose l/ Konda Bromco】


    • 中央下コマで殴られているのは 「シーン・フィリップ」二等兵(日本版の「シャルル・ドゥ・エトワード」二等兵)。


    協同ペンネームである「ジャック・マッキーニ」両氏による二次的連続性へと左遷【decanonized】された小説「最終的な悪夢」(第9冊)にて、ダーナは、ノヴァ・サトリによって記録される言葉で、3人の元ゼントラーディ人、自軍コードネーム「青い風」スパイ・ブロン・リコ・コンダ【Bron Nantes/Rico Dosel/Konda Bromco】と少女期の彼女との相互関係に関する、より多くの詳細を提供します。

    3人は艦橋ウサギ(ブリッジバニー)(註記*1 )「ヴァネッサ・リーズ」、「キム・ヤング」と「サミー・ポーター」と恋に落ちました。

    そして、その人全員が西暦2014年にキーロン(カムジン・クラヴシェラ)【Khyron】指揮下で反乱ゼントラーディ部隊との新マクロス市の最終的な交戦において死にました。

    居ることが決して出来なかった ゼントラーディ・半分混血児として彼ら(元)土着地球人類が彼女を見たので、彼女の両親が SDF-3パイオニアと共にヴァリヴェール恒星系へと去ったあと、3人(その人は新しい好きなものを決してしませんでした)は一人決めの名付け親になって、ダーナを気に掛けるのを助けました。

    彼らが「誰よりもこれまでに私に親切だった」、しかし、プロトカルチャー (資源)室で縮小化(マイクロン微粒状)にされることから生じる副作用と後遺症の合併症により、彼らが病気になったと、ダーナは述べました。

    有りうる限りの当時の投入可能な最大限の医療技術と治療があったが、それは巨人である通常態・フルサイズのゼントラーディ人に対してのみ取り組ことが可能なだけで、彼らは養女「ダーナ」の世話をすることが出来るように、3人は人間縮小体の大きさのままを、抑制されて存在を選び続けました。

    そして、彼らはそれぞれ、遺伝子疾患等様々な合併症によって、劇症化の症状の発症から各々2〜3週間以内に死にました。

    彼女のゼントラーディ遺産を理解して、ゼントラーディ人が人間と同じくらいちょうど愛と親切ができると理解するのを彼女が援助することを、ダーナは彼らがしたと思います。

    彼女が人間とゼントラーディ遺産を誇りに思って、「私が半分の異星人であることを恥じているかどうか、決して私に尋ねないでください」と宣言すると、ダーナは述べます。

    Friendship with former Zentraedi spies Rico, Konda, and Bron

    In the decanonized Jack McKinney novel "The Final Nightmare" (book 9), Dana, in a remark recorded by Nova Satori, provides more detail on her relationship with the three former Zentraedi spies Rico, Konda, and Bron. The three had fallen in love with bridge operators Vanessa Leeds, Kim Young, and Sammy Porter, all of whom were killed in the final battle with the rebel Zentraedi under Khyron in 2014. The three, who never took new loves, became self-appointed godparents and helped to care for Dana after her parents left with the SDF-3, as they viewed her as the half-Zentraedi child they were never able to have. Dana stated that they were "kinder to me than anyone ever was" but that they became ill due to complications resulting from being micronized in the Protoculture chambers. Although there was a possible cure, it would only work on a full-size Zentraedi and the three chose to stay Human-size so they could look after Dana, and they died within a few weeks of each other. Dana credits them with helping her understand her Zentraedi heritage and realize that the Zentraedi are just as capable of love and kindness as humans. Dana states that she is proud of both her human and Zentraedi heritage, and proclaims "don't ever ask me if I'm ashamed of being half alien."

    テリー・ウェンストンとの関係

    漫画版と異なる風貌のテリー・ウェンストンに注意!(銃を構えた人物)
    Robotech 21 Before The Invid Storm
    by Ken Steacy

    エターニティ【Eternity】/ マリブ【Maribu】漫画出版社のミニシリーズ 「電脳海賊」【Cyberpirates】は、14才のダーナをジャイルズ・幼年士官学校の学生であるものとして示します。

    伝えられるところでは 一部の限られた独占的な要人や戦争の英雄【VIP】の子供達 の為の特別な軍人学校。

    現実(彼のジョセフ・ピートリー博士と一緒の「ヘンリー・ジャイルズ」 校長【Headmaster】兼・博士)に、アナトール・エリ・レオナルド(レナード)司令官の駒はありました。

    そして、レナードの政敵であるかもしれない勢力のある、有力な人々を見張るために、学校は建てられました。

    そして、その人は地球の彼の制御を強化する決心でした。

    実験的なベリテック【Veritech】可変戦闘機 、ロックウェル&ベル・テキストロン社の「VF-X-6 ジニーア」を飛ばしているテスト・パイロット『エイミー・デボラ・ポラード』【Amy Deborah Pollard】の偽装された航空事故死を調査している間、エマーソン将軍はジャイルズ幼年士官学校を調査して、テレパシーでベリテック【Veritech】可変戦闘機を乗っ取るために学校の子供たちを利用していた秘密のプロジェクトに気が付きます。

    幼年士官学校(アカデミー、その間、ウエストンはダーナと親しくなります)の軍事教練の教官として、彼の代理人(エージェント)「テリー・ウエストン」が雇われるように、エマーソンは手配します。

    彼の許嫁【フィアンセ】は、今回の疑わしさに満ちた「事故死」(見かけ上)の次期試作可変戦闘機の期待を掛けた空軍のテストパイロットであった、『エイミー・デボラ・ポラード』でもありました。

    そして、教え子である彼女「ダーナ」は、教官である「彼」つまり「テリー・ウエストン」が学校の黒い闇を調査するのを手伝います。

    「漫画雑誌芸術」(しかし、はっきりとでなく記載の)で、ダーナがウエストン(その時に年齢25である)に彼女の処女性を失うことが暗に示唆(しさ)されます。

    彼らの友好は幼年士官学校の露顕に続き続け、彼らは第二次星間戦争の終結の直後に再会します。

    ウエストンとダーナが「ジャイルズ幼年士官学校」の「黒い霧」事件の間、二人は夜の帳で寝たことを、ロボテック小説「インビッドの嵐の前に」(小説シリーズの第21冊)は確認します。

    しかし、テリー・ウエストンの名誉の為に申し添えるならば、彼らがそうすることはダーナ自身の願望に由来しました。

    これはダーナの青春期の為の「ウエストン」と養父「ロルフ・エマーソン将軍」間である種の亀裂を引き起こしました。

    しかし、エマーソンがどのように発見したかは明らかでありません。

    結局、2人の男達の間の和解は、彼らの死の前にありました。

    Relationship with Terry Weston

    The Eternity/Malibu Comic miniseries Cyberpirates depicts a 14-year old Dana as being a student at the Giles Academy, an allegedly exclusive school for the children of VIPs. In reality, Headmaster Dr. Henry

    戦闘機/戦闘車輌・パイロットとしての技量


    協同ペンネームである「ジャック・マッキーニ」両氏による二次的連続性へと左遷【decanonized】された小説「エンド・オブ・サークル」(邦訳例「円環の終わり」、或いは「輪廻の結末」小説シリーズの第18冊、現時点での最終巻)に、ダーナは、マックスとミリヤ・スターリング夫妻の娘たちとして、空前の最も危険で強力な戦士の1人と考えられます。

    本では、彼女がインビッド女王リージスによって欺かれて、父マックスとの個人戦を始めるとき、ダーナの技術は直接他の世代の戦士たちと比較してあります。

    本は、カジアナ・ヘッシュ【Kazianna Hesh】が介入しなかったならば、ダーナが父親さえ打ち負かしたかもしれないことを示唆します。

    Skills as a fighter pilot

    In the decanonized book "End of theCircle" (book 18 of the series) by JackMcKinney, Dana, as the offspring of theMax and Miriya Sterling, is consideredone of the most dangerous and powerfulRobotech warriors of all time. In thebook, Dana's skills are directlycompared to Robotech warriors of othergenerations when she is deceived by theInvid Regis and initiates personalcombat with her father. The book seemsto suggest that if Kazianna Hesh hadnot intervened Dana might even havebested him.[5]
    ジャンヌ・フランセーズ/(フランセ)
    ダーナ・スターリング」は、日本の原典超時空騎兵団サザンクロスの登場人物で主要な柱となるヒロインであるジャンヌ・フランセーズ(フランセ)を変更して作られます。


    彼女は、富沢 美智恵によって声に出されます。

    現実的で、呑気で、南十字星軍(サザンクロス軍)のA戦術級【註記:*2・第15分隊の指揮官が部隊を機甲化することを、ジャンヌは 開拓母星プロキシマ恒星系「リベルテ」【Liberté】の自国の惑星から似合いました。

    独房監禁(しばしばラーナ・イザヴィア大尉(別名:「ノヴァ・サトリ」)によってそこに置かれる)に、彼女の反抗的な性質は、彼女をしばしば連れていきます。
    幸いにも、必要であるとき、彼女は常になんとか出されることができます。

    ジャンヌはサイフリート・ヴァイス(別名ゾア・プライム)に対するロマンチックな関心をもちます。


    しかし、彼の反応は当惑と軽蔑の1つです。

    シリーズの大部分は、第15分隊によるジャンヌ・フランセーズの冒険と故郷奪回に侵入してくるゾル人【英語ではゾア【Zor】と記す】との彼女のほとんど個人の戦いを中心に回ります。

    Jeanne Fránçaix
    Dana Sterling is adapted from thecharacter Jeanne Fránçaix, ofthe anime Super Dimension CavalrySouthern Cross. She is voiced by MichieTomizawa. Down-to-earth and happy-go-lucky, Jeanne, from the native planetof Liberté became the leader ofthe 15th Squad in the Southern Cross' ATactics Armored Corps. Her disobedientbehaviors often lead her to solitaryconfinement, often placed there by Lt.Lana Isavia (aka Nova Satori).Fortunately, she always manages to belet out when needed. Jeanne develops aromantic interest in SeifrietWeiße (aka Zor Prime), but hisreaction is one of puzzlement anddisdain. Most of the series revolvesaround Jeanne's escapades with the 15thSquad, and her almost personal war withthe invading Zor.

    他の親類

    テレビ・エピソード第13話「三頭政治」において、ダーナは、彼女が自宅に残した弟に簡単に言及します。
    オーロラ・スターリング(最初の連続性)とマイア・スターリング(現在の連続性)以外のどんな姉妹兄弟の不足があればでも、センチネルズと他の継続的な記事の筆者が単にこの記載を忘れて、それをスクリプトへまとみなすと、大部分のファンは結論します。
    家族をほとんど育って、考慮したボウイに、彼女が言及していることができたと、他のファンは推測します。
    実際には、この線は、ジーンには弟がいた元の日本のスクリプトからの残り物でした。
    この問題に関する幾らかの説明は、2007年4月14(土曜日)上の宇宙ステーションリバティ【Liberty】ポッドキャスト番組中で、クリス・メドースによってカール・フランク・メイセックとインタビューにおいてされました。
    メイセック氏は、ダーナには兄弟と姉妹がいると述べました。
    これは、Sentinelsシリーズのためにスクリプトでさらに開発されることになっていました。
    西暦2002年に再起動されたロボテック年表の全ての背景詳細が、未だに制作中であるので、弟がまだ存在するならば、それは見られないままです。

    Other relatives

    In the television episode"Triumvirate", Dana briefly mentions ayounger brother that she left behind athome. Given the lack of any siblingsother than Aurora (original continuity)and Maia (current continuity), mostfans conclude that the writers ofSentinels and other continuing storiessimply forgot about this mention andtreat it as a script blooper. Otherfans speculate that she could have beenreferring to Bowie with whom shepractically grew up with and consideredfamily. In actuality, this line wasleftover from the original Japanesescript where Jeanne did have a youngerbrother. Some clarification on thisissue was given in an interview withCarl Macek by Chris Meadows on theSpace Station Liberty program on4/14/07. Mr. Macek stated that Dana hasboth a brother and a sister. This wasto be further developed in scripts forThe Sentinels series. Because all thebackground details of the rebootedRobotech timeline are still beingcreated, it remains to be seen if ayounger brother still exists.

    赤ちゃんダーナが主演している削除場面

    最初の日本版の 第30話「ビバ・マリア」は「超時空要塞マクロス」(Viva Maliaと表題をつけられる、英語版Robotechの Viva Miriya)です。
    そして、搭載Breetaiがヒカル・イチジョー/リック・ハンター、ミサ・ハヤセ/リサ・ハイエスとクローディア・ラサール/「クローディア・グラント」がマクシミリアン・ジーナス/マックス・スターリングとミリア・ファリーナ/ミリヤ・パリナ(スターリング)の部屋に飲物のために座っている船であることを、場面は思いつきます。
    誰でも首尾よく見ていて、ミリアは赤ちゃんコミリア・マリア・ジーナス/ダーナ・スターリングに彼女の哺乳瓶を与えます。
    その後、彼女が腕でコミリア・マリア・ジーナスを持って、穏やかに彼女をくすぐって、ミリアは微笑みます;応えて、ミリアの顔の方に手を伸ばしている間彼女がふざけてくねくねして、コミリア・マリア・ジーナスは笑って、クークー鳴きます。
    ミサは、彼女がちょっとでコミリア・マリア・ジーナスを持つことができたかどうか、妬んで眺めた後に、ミリアに尋ねます。
    まず最初に、ミリアは拒絶して、ミサに話します、ミリア:「子どもが抱きたかったら、自分でつくればいいだろう? これはわたしがつくった子どもだ。」
    どのミサが衝撃をうける表現で応えるか。
    それから、彼女がそのように話してはならなくて、でコミリア・マリア・ジーナスをそうさせられたミサに保持してはならないと、マックスはミリアに話します。
    それから稗粒腫同意して、そして、誰(マックス以外は)のショックにでも、「捕えようとしてください!」ことを叫んで、そして、ミサ(かろうじてなんとか遅れずに彼女を捕えることができます)にテーブルを挟んだでコミリア・マリア・ジーナスを投げます。
    マックス: ミリア、そういういいかたはよくないよ。早瀬少佐に抱かせてあげなさい。
    ミリア: わかった。 少佐、いきますよ
    マックス(その人はミリアがしたことによって完全に動じないです)は、でコミリア・マリア・ジーナスが「強い骨格」を持つ時から、問題ないと言います。(マックス: だいじょうぶですよ、コミリアは骨格がしっかりしてますから。 )
    ミリア(彼女が彼女自身の子供を保護することができるとほとんど感情で述べない)をでコミリア・マリア・ジーナスを投げて、そのような危険な任務で全てで彼女を連れて来たことでミサが強烈【harsly】に批判して、コミリア・マリア・ジーナスは、ミサの髪の房をふざけてつかみます。
    そして、それにとって、ミサは、最初のショックの後、微笑んで、応えて笑います。
    それから、ミサとクローディアはすべての彼らの注意をでコミリア・マリア・ジーナスへ移します。
    そして、彼女を賞賛します。
    そして、誰が彼女を抱かなければならないかについて議論して、彼女を笑わせます。
    両者ともでコミリア・マリア・ジーナスが魅力的であるとわかって、彼女が彼らの回りにまったく内気でないことに驚きます。
    彼女が腕ででコミリア・マリア・ジーナスを持って、上に彼女を持ち上げて、特にミサは大喜びします。
    一方、ミサがとても幸せな現状維持のでコミリア・マリア・ジーナスに見える、そして、彼女が赤ちゃんを本当に愛していると、マックスは「ヒカル・イチジョウ」に囁きます。
    それから、マックスは、それが彼女自身の赤ちゃんであるならば、ミサがさらにより幸せだろうように提案します。
    それから、挑発的に「ヒカル・イチジョウ」をちらっと見て、「彼女自身の赤ちゃんと彼女に会いたくありませんか?」と、彼は付け加えます。「ヒカル・イチジョウ」が「そのように私を見ないでください」と答える正しい隊長「ヒカル・イチジョウ」?。
    場面の終りまでに、誰でも笑っています、そして、誰もミリアaの行動(または懸念のマックスの不足) ? またはコミリア・マリア・ジーナスが赤ちゃんを取り扱う方法でミリアの厳しい誤解中にによることができたという深刻なおそれ 対する少しの更なる懸念も示すようでありません。
    後で、クローディアは「あなたがコミリア・マリア・ジーナスを持っているのを見て」ミサにそれを話します...
    どのミサが驚く表現で応えるかについてそれは、あなたにとって好都合でした」。
    クローディアが一人であるとき、彼女は、恋人(ロイFocker/ロイ・フォッカー)の死に際して思って、心に思います。「ロイ...私は、あなたの赤ちゃんを抱く機会を決して得ませんでした。」
    ミリ「ヤ」【Miriya】の腕と若干の食器をきれいにしているマックスで眠っているデーナを示している短いショットを除いて、シリーズがロボテック:マクロス・サーガに編集されたとき、この場面はほとんど完全に削除されました。
    印象的に、マックスが着るのを見られるエプロンはマックスを読みます、そして、英語版と対比してのミリアはマックスとミリヤに名をつけます。
    彼女がダーナを全ての午後の間拘束した、そして、すべての全ての時間とそのような美しい少女を持つためにスターリング夫妻を妬むと述べているクローディアで、彼女が泣くというわけではなかったと述べているリサが、この場面に関する唯一の対話に、関係します。
    ジャック・マッキニーRobotechNovels(「最後の審判の日」)の第6冊では、この場面への短い言及が、あります。
    リック、リサとクローディアが党から歩いて戻っていて、「私は、ミリヤMiriyaがあなたにダーナを放り投げなければならなかったと思いません」と、クローディアはリサに言います。
    彼女は、より慎重なことを学ばなければなりません!」と、「それは、彼女の調整です」ために、それから、リサは答えます。
    結局、彼女の役割モデルは、多分近隣の試験管であったでしょう」(Miriyaが人工的に大きくなったZentraediであるという事実への言及)。
    ADV Filmsが最初のマクロス・シリーズの未編集の英語の吹き替えを2006年にリリースしたとき、この場面は削除されませんでした。
    しかし、マックスの対話はわずかに変わります‐それを述べる代わりに、コミリアは「強い骨格」を持ちます、彼はコミリアが「驚くほど強い骨格」を持つと述べます。
    この場面は激しい議論の議題になりました、そして、ロボテックの間の議論はそれがなぜ削除されたか、そして、ミリア Milia / ミリヤ Miriya のアクションが彼らが現れるのと同じくらい コミリア Komilia / ダーナ に危険だったかどうかに関して風を送ります。
    Second Robotechサガにリードするのを助けるために彼らの低いプロト文化レベルを議論しているRobotechマスターズ命令三頭政治のクリップを考慮に入れるために、場面が、元の日本のバージョンで、簡単に削除された(そしてそれは、完全に無関係なシリーズである)と、一部のファンは思っています。
    実生活で赤ちゃんを放り投げることが、一般に禁忌とされている行為よりは「遥かに危険でないという誤解の印象」を、その番組が子供たちに潜在的に与える可能性を考慮して、場面が削除されたと、他のファンは思っています。

    Deleted scene featuring baby Dana

    In episode 30 of the original JapaneseThe Super Dimension Fortress Macross,entitled Viva Maria, (or Viva Miriya inthe English Robotech), a scene occursonboard Breetai's ship in which HikaruIchijyo/Rick Hunter, Misa Hayase/LisaHayes and Claudia LaSalle/Claudia Grantare sitting for drinks in MaximilianJenius/Max Sterling and Milia FallynaJenius/Miriya Parina Sterling's room.As everyone happily watches, Miliafeeds baby Komilia/Dana her bottle.
    Afterward, Milia smiles as she holdsKomilia in her arms and gently ticklesher; in response, Komilia laughs andcoos as she playfully wiggles whilereaching for Milia's face. Misa, afterwatching enviously, asks Milia if shecould hold Komilia for a bit.Initially, Milia refuses and tells Misa"If you want to hold a baby, why notmake one of your own? I made this one."to which Misa responds with a shockedexpression. Max then tells Milia thatshe shouldn't talk like that and to letMisa hold Komilia. Milia then agreesand, to the shock of everyone (exceptMax), yells "Catch!" and throws Komillaacross the table to Misa, who barelymanages to catch her in time. Max, whois completely unfazed by what Milia hasdone, says not to worry since Komiliahas "a strong skeleton."
    As Misa harsly criticizes Milia (whostates with little emotion that she canprotect her own child) for throwingKomilia and taking her along at all onsuch a dangerous mission, Komiliaplayfully grabs a lock of Misa's hair,to which Misa, after an initial shock,smiles and laughs in response. Misa andClaudia then shift all their attentionto Komilia, admiring her, arguing overwho should hold her and making herlaugh. Both find Komilia adorable andare amazed that she isn't shy at allaround them. Misa in particular isoverjoyed as she holds Komilia in herarms and lifts her up in the air.Meanwhile, Max whispers to HikaruIchijyo that Misa looks so happyholding Komilia and that she reallyloves babies. Max then suggests thatMisa would be even happier if it washer own baby. He then adds,suggestively glancing at Ichijyo, that"Wouldn't you like to see her with ababy of her own? Right captainIchijyo?" to which Ichiyo responds"Don't look at me like that."
    By the end of the scene, everyone islaughing and nobody seems to show anyfurther concern about Milia's actions(or Max's lack of concern) - or theserious danger that Komilia could be indue to Milia's severe misconceptions onhow to handle a baby.
    Later, Claudia tells Misa that "Seeingyou holding Komilia...It suited you" towhich Misa responds with a surprisedexpression. When Claudia is alone, shereflects on the death of her lover, RoyFocker/Roy Fokker, and says to herself,"Roy...I never got a chance to holdyour baby."
    This scene was almost completelydeleted when the series was edited intothe Robotech saga, except for briefshots showing Dana sleeping in Miriya'sarms and Max cleaning up some dishes.Tellingly, the apron which Max is seenwearing reads Max and Millia as opposedto the English version names Max andMiriya. The only dialogue in referenceto this scene involves Lisa statingthat she held Dana for the entireafternoon and that she didn't cry atall the entire time an

    引用

    1.「Robotechマスターズは、延長した版vol #01のマスターを新しいものにしました」という^。Mania.com.取り戻された2010-06-07。
    2.^「Robotech:新世代vol #1」.Mania.com.取り戻された2010-06-07。
    3.^ Robotech、エピソード28:再建ブルース(エピソード28で利用できる概要:Robotech.comの再建サッカー日本代表
    4.^ Robotech、エピソード30:歓声Miriya(エピソード30で利用できる概要:Robotech.comの歓声Miriya
    5.^「Robotech:新世代vol #1」.Mania.com.取り戻された2010-06-07。

    1. ^ "Robotech Masters Remastered Extended Edition Vol. #01". Mania.com. Retrieved 2010-06-07.
    2. ^ "Robotech: New Generation Vol. #1". Mania.com. Retrieved 2010-06-07.
    3. ^ Robotech, episode 28: Reconstruction Blues (summary available at Episode 28: Reconstruction Blues at Robotech.com
    4. ^ Robotech, episode 30: Viva Mirya (summary available at Episode 30: Viva Miriya at Robotech.com
    5. ^ "Robotech: New Generation Vol. #1". Mania.com. Retrieved 2010-06-07.

    外部リンク

    • 公式ウェブサイト「Robotech.com」のダーナ・スターリングの半生記評伝

    関連人物

    コメントをかく


    「http://」を含む投稿は禁止されています。

    利用規約をご確認のうえご記入下さい

    Menu

    1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
    2. ロボテック:実写映画の構成案
    3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
    4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
    5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
    6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



    開く(Open)

    の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

    Variable Fighter / Attacker MASTER File

    管理人/副管理人のみ編集できます